searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
ミャンマー人とベトナム人の嫁を探して
ブログURL
http://myanmar-one.com/blog/
ブログ紹介文
ミャンマー人女性とベトナム人女性との結婚をお手伝いをしています。
更新頻度(1年)

57回 / 37日(平均10.8回/週)

ブログ村参加:2020/05/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、bonoxyloveさんの読者になりませんか?

ハンドル名
bonoxyloveさん
ブログタイトル
ミャンマー人とベトナム人の嫁を探して
更新頻度
57回 / 37日(平均10.8回/週)
読者になる
ミャンマー人とベトナム人の嫁を探して

bonoxyloveさんの新着記事

1件〜30件

  • Facebookでお見合い相手を募集してみよう!

    Facebookで私を誹謗中傷したミャンマー人男性に対して裁判を起こしたということで、ようやくフリーハンドで動けるようになったので、以前(というか一年以上前)から温めていた企画を実現したいと思います。 Facebookにミャンマー人女性またはベトナム人女性の結婚相手募集の広告を出してみませんか? 対象は在日のミャンマー人女性・ベトナム人女性、もちろんミャンマー語・ベトナム語で広告を出します。 東南

  • 東京在住のミャンマー人男性に対して名誉毀損の慰謝料請求訴訟を起こしました。

    Facebookで私を誹謗中傷した東京在住のミャンマー人男性に対して総額約500万円の慰謝料請求訴訟を起こしました。 事件の経緯 2018年10月、Facebookの匿名アカウントを使ってミャンマー語で私の顔写真入りの誹謗中傷投稿が、ミャンマー人の日本語学習者が集うFBグループに複数掲載され広く拡散しました。 ↓こちらが誹謗中傷文の全文日本語訳です。 在日ミャンマー人男性による私に対する誹謗中傷文

  • ミャンマー人女性の不都合な真実

    ミャンマーの貴重な生活情報源であるミャンマー歳時記に「ミャンマー人が激白 心の優しいミャンマー人に沢山の貧乏人が多い理由」というエントリにミャンマー人の欠点がずらずら挙げられているので、これにコメントしていきたいと思います。なおエントリのタイトルから明らかですが、件の欠点の指摘はミャンマー人の方によるもので、ブログ主でも私でもないのであしからず。 ・チームワークが悪い ミャンマー人は民族・宗教・階

  • Facebookにおける東京在住ミャンマー人男性による私に対する誹謗中傷文日本語訳全文

    旧ブログのエントリをリライト。誹謗中傷記事の投稿があったのは2018年10月、執筆したのは2020年5月です。 本文 東京に来てから一年後、私は日比谷公園で行われた東京ダジャン祭りに行きました。そこで私はミャンマーの服を着てボランティアとして働く日本人男性に出会いました。私は他人が捨てたゴミを拾って回る彼を見てとても感心しました。他にもそんなことをしている日本人はいましたけれど。その後、友人に紹介

  • 第五回ミャンマー視察(2018年1~2月)(5)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 2月10日(土) まず会員になっていただいたMY026さん。31歳の看護婦さんで、インド人風の美人でした。あまり私の友人にいないタイプで、かつ美人すぎていまいち現実味がなく、正直言って苦手とするタイプなので、あまり打ち解けることができませんでしたが、こちらの質問にハキハキと答えるしっかりとした女性でした……と最近仲の良いミ

  • 第五回ミャンマー視察(2018年1~2月)(5)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 2月10日(土) まず会員になっていただいたMY026さん。31歳の看護婦さんで、インド人風の美人でした。あまり私の友人にいないタイプで、かつ美人すぎていまいち現実味がなく、正直言って苦手とするタイプなので、あまり打ち解けることができませんでしたが、こちらの質問にハキハキと答えるしっかりとした女性でした……と最近仲の良いミ

  • 第五回ミャンマー視察(2018年1~2月)(4)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 2月6日(火) 恋愛相談に乗っていた若いミャンマー人女性に会ってきました。のCさんにお会いしてきた。日本人男性と遠距離恋愛をしていたCさんだが、最近、彼との関係を解消。現在は年下のミャンマー人男性と交際しているよう。彼女は彼のことをさほど好きでもないのだが、彼が彼女にぞっこんで、職場が近いこともあって、仕事が終わった後、毎

  • 第五回ミャンマー視察(2018年1~2月)(4)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 2月6日(火) 恋愛相談に乗っていた若いミャンマー人女性に会ってきました。のCさんにお会いしてきた。日本人男性と遠距離恋愛をしていたCさんだが、最近、彼との関係を解消。現在は年下のミャンマー人男性と交際しているよう。彼女は彼のことをさほど好きでもないのだが、彼が彼女にぞっこんで、職場が近いこともあって、仕事が終わった後、毎

  • 第五回ミャンマー視察(2018年1~2月)(3)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 1月28日(日) ダマレキタ僧院の生徒たちに会ってきた。最初はたくさんいる日本語教室の生徒たちだが、N4レベルまで行くと、残るのはほんの僅か。しかも男性に関してはお坊さん以外は全員途中脱落という体たらく。真面目な男性の相当数がお坊さんになるから、こんなに独身女性が多いのだと訝りたくなる。そしてこのYさんはその数少ない生き残

  • 第五回ミャンマー視察(2018年1~2月)(2)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 1月24日(水) MY016さんにお会いしてきた。待ち合わせ場所はJunction Cityというデパートの中にある某和食レストランだったのだが、私が間違ってJunction Mawtinという他の姉妹店に行ってしまったため、約束の時間に10分ほど遅れて到着。初めて顔を合わせた彼女はモデルのように目鼻立ちが整っていて、英語

  • 第五回ミャンマー視察(2018年1~2月)(1)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 1月19日(金)、20日(土) 中部国際空港からソウル経由でヤンゴンへ。ヤンゴン国際空港には夜の十時頃に着く。ミャンマー渡航前に常宿のWhite House Hoteにタクシーで空港まで迎えにきてくれるように何度もメールを出したのだが、梨のつぶてだった。とはいえ、あの眼鏡のマネージャーが経営から手を引いて以来、あのホテルは

  • 第四回ミャンマー視察(2017年7月)(3)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 7月25日(火) 朝10時にDICAへ。登録証を貰ってミャンマーにおける会社登録完了。ビジネスパートナー二人と一緒にスーレーへ。彼らは会社の印鑑を作りに行ったが、私はお腹が痛かったのでホテルに引き返し、速攻、トイレに駆け込む(苦笑)。しばらく部屋でパソコンをいじっていたが、煙草を吸いたくなって一階のロビーに降りると、既に彼

  • 第四回ミャンマー視察(2017年7月)(2)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 7月18日(火) 11時にDICAへ。先週と同じくDICAの役人の方と食堂のテーブルを囲んで会社登録の手続きを進める。用事が終わった後、タクシーでビジネスパートナーの家へ行ったが、車が走り出した時、車窓の外にホワイトハウスの前マネージャーの姿が見えた。恐らく彼も新ホテル設立の準備で忙しいのだろうが、昨日に引き続いてなんたる

  • 第四回ミャンマー視察(2017年7月)(2)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 7月18日(火) 11時にDICAへ。先週と同じくDICAの役人の方と食堂のテーブルを囲んで会社登録の手続きを進める。用事が終わった後、タクシーでビジネスパートナーの家へ行ったが、車が走り出した時、車窓の外にホワイトハウスの前マネージャーの姿が見えた。恐らく彼も新ホテル設立の準備で忙しいのだろうが、昨日に引き続いてなんたる

  • 第四回ミャンマー視察(2017年7月)(1)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 7月11日(火) ベトナム航空の便でハノイ経由でヤンゴンへ。ハノイ~ヤンゴン間の便がひどく揺れて疲労困憊。初めて雨季に降り立ったヤンゴン空港はなかなか快適な涼しさ。これならば日本の夏のほうが暑いくらいだ。実際、日本に住んでいるミャンマー人は、みんな「暑い、暑い」と言って、日本の夏に辟易している様子である。入国手続きを経て、

  • 第三回ミャンマー視察(2017年2~3月)(4)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 3月2日(木) 朝11時、隣のホテルまでシャンガールを迎えにいき、タクシーでシェエダゴン・パヤーへ連れていく。彼女はヤンゴンに来たのはン十年ぶりで、シェエダゴン・パヤーに一度も行ったことがないというので連れていくことにした。ミャンマーの仏教徒にとっては、ムスリムにとってのメッカのような場所だから、さぞかし感動するだろうと思

  • 第三回ミャンマー視察(2017年2~3月)(2)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 2月16日(木) 朝11時にスーレーに行って、ビジネスパートナーの男性と会う。Messengerで話していたときの胡散臭い感じはあまりなく、精悍な感じの男性だった。将来、本格的なコーヒー店を開きたいと言っていたので、お土産のコーヒードリップを渡すと、嬉しそうに「ありがとう」と言った。ミャンマー人にしては珍しくこまめに連絡を

  • 第三回ミャンマー視察(2017年2~3月)(1)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 2月9日(木) 成田からヤンゴンへ。機内でワインを飲んで熟睡していたので、あっという間に着いた感。ヤンゴン空港では、今回、とある事情で日本にお連れすることになったMさん(50代の女性。かつて日本人男性と結婚していたことがあり、日本語ペラペラ)とその姪と女友達が迎えてくれた。姪御さんとはMessengerで何回か話したことが

  • 第三回ミャンマー視察(2017年2~3月)(1)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 2月9日(木) 成田からヤンゴンへ。機内でワインを飲んで熟睡していたので、あっという間に着いた感。ヤンゴン空港では、今回、とある事情で日本にお連れすることになったMさん(50代の女性。かつて日本人男性と結婚していたことがあり、日本語ペラペラ)とその姪と女友達が迎えてくれた。姪御さんとはMessengerで何回か話したことが

  • 第二回ミャンマー視察(2016年5~6月)(4)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 6月1日(水) 午前中、ダウンタウンを散策して時間を潰して、午後、Tとの待ち合わせ場所であるHledan Centerへ電車で向かう。お金の節約に頭が回るようになったということは、若干心に余裕が出てきたということだろう。かなり早く着いたので、ドーナツショップでブログをまとめる。Tは少し遅れてやって来て、二人で近くの洒落たレ

  • 第二回ミャンマー視察(2016年5~6月)(3)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 5月25日(水) 午前中にKとTに大事なメールを出した後、力尽きて夕方まで昼寝。起きた後、昨日から宿に泊まっている長渕剛似のやはり福岡出身だったYさんとBBQストリートへ。私が婚活事業をしたいと言うと、「ほう」という顔をして、人妻、シングルマザー、女子大生、タイ人、タイ人娼婦、韓国人などこれまでの自分の女性遍歴を披露してく

  • 第二回ミャンマー視察(2016年5~6月)(3)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 5月25日(水) 午前中にKとTに大事なメールを出した後、力尽きて夕方まで昼寝。起きた後、昨日から宿に泊まっている長渕剛似のやはり福岡出身だったYさんとBBQストリートへ。私が婚活事業をしたいと言うと、「ほう」という顔をして、人妻、シングルマザー、女子大生、タイ人、タイ人娼婦、韓国人などこれまでの自分の女性遍歴を披露してく

  • 第二回ミャンマー視察(2016年5~6月)(2)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 5月18日(水) 午前中、ホテルのロビーでTさんと話し込む。ヤンゴンからマンダレーへ行く列車でボラれたので、帰国したらミャンマー政府に厳重に抗議しにいくと騒いでいた。「大金持ちなのに小さな人間やなあ」と思ったが、色々話を聞いていると、毎年社員を10人ほど東南アジア一ヶ月旅行に連れ出したり、外国人に日本人と同じ給料を払ったり

  • 第二回ミャンマー視察(2016年5~6月)(2)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 5月18日(水) 午前中、ホテルのロビーでTさんと話し込む。ヤンゴンからマンダレーへ行く列車でボラれたので、帰国したらミャンマー政府に厳重に抗議しにいくと騒いでいた。「大金持ちなのに小さな人間やなあ」と思ったが、色々話を聞いていると、毎年社員を10人ほど東南アジア一ヶ月旅行に連れ出したり、外国人に日本人と同じ給料を払ったり

  • 第二回ミャンマー視察(2016年5~6月)(1)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 5月11日(水) 藤が丘駅から中部国際空港へ。今回はベトナム航空だったが、終始、ひどく揺れて居心地悪かった。天候のせいなのか、それとも機体のせいなのか? 途中、トランジットで立ち寄ったハノイでじっくりベトナム人を観察。11年ぶりの生で見る現地のベトナム人だったが、中国の影響下にあるからか、やはり活力に満ちている。ミャンマー

  • 提携失敗の歴史

    私のようなものに時々提携の話が舞い込みます。私としても男性自生双方の幸せ、そして何よりも私の利益につながることでしたら、他社と組むのはやぶさかではありませんが、現時点ではそれに至っていません。ということでその提携失敗の歴史のはじまりはじまり―― :lol: 1.ベトナム人女性を紹介している国際結婚斡旋業者 あちらからアポがあって、名古屋駅構内の喫茶店でお会いしました。同業者に会うのは初めてだった

  • 第一回ミャンマー視察(2016年1~3月)(4)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 2月14日(日) 早朝Tさんを送りだし、朝食を食べた後、ダマラキタへ。僧院の外で煙草を吸いながらN先生を待っていると、Mさんが車に乗って現れた。早速来てくれたのだ。N先生が来ると、「ゲストを連れてきました」と言ってMさんを紹介する。MさんがJICAの職員の奥様だと聞くと、N先生は大変驚いていた。早速Mさんに教壇に立ってもら

  • 第一回ミャンマー視察(2016年1~3月)(3)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 2月4日(木) 記憶も記録もなし。 思いつきでミャンマーに来たものの、コネなし金なしで俺この歳でこんなところで何やってるんだろう?感が日に日にましてきて、時々何もしたくない日が出てきました 異国のホテルの一室で何もしていないとさらにそんな思いが募ってきて悪循環。 :roll: 2月5日(金) 午前、ウィン先生と面会すべく徒

  • 第一回ミャンマー視察(2016年1~3月)(2)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 第一回ミャンマー視察(2016年1~3月)(1)→ 1月26日(火) ヤンゴンの老舗日本語学校であるウィン日本語学校が、ホテルの近くにあることが分かったので、翻訳を頼みに出かける。が、その途中、場所が分からず迷子になり、結局、学校の職員に迎えに来てもらう。待ち合わせ場所にやって来た女の子は、白い肌をしたそれはそれは凛々しい

  • 第一回ミャンマー視察(2016年1~3月)(1)

    旧ブログのエントリを加筆・修正したものです。青字は現在視点からの解説です。 2016年(1月15日~) 1月15日(金) デヴィッド・ボウイの死の衝撃を引き摺ったまま、地下鉄東山線藤が丘駅からバスで中部国際空港へ。空港自体へ行くのも11年ぶり。荷物受け取り場でビジネスビザを取ってくれたI社の荷物を受け取る。会社の荷物を運ぶ代わりにビザ取得代をただにしてくれるのだ。まるで運び屋みたいで怪しい仕事だと

カテゴリー一覧
商用