searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Nobさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Workers WIND
ブログURL
https://bookreviewwind.hatenablog.com/
ブログ紹介文
主に私の仕事に関する考え方と自分の知識・スキルを習得するために読んだ本、調べたこと、実施した結果などについて記載しているブログです。
ブログ村参加
2020/05/27
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Nobさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Nobさん
ブログタイトル
Workers WIND
フォロー
Workers WIND

Nobさんの新着記事

1件〜30件

  • 小学生向けの本の意識が高すぎてどうしていいかわからない「学校では教えてくれない大切なこと8 時間の使い方」

    ちょっと前に、有名なレジャー施設に出かけました。 そして、乗り物に乗るための列に並んでいたときのこと、少し前に並んでいる小学生くらいの女の子が持っていた本をみて、衝撃を受けました。 その本のタイトルは、「学校では教えてくれない大切ねこと8 時間の使い方」。 その親子から発せられる空気のエグゼクティブ感も相当にハンパなかったのですが、どう見ても小学校3、4年生ぐらいの女の子がマンガとは言え、時間の使い方に関する本とか読むのかという衝撃でした。 そして、内容が気になり、Kindle化もされていたので、購入して読んでみました。 本書は、時間の使い方に関して例にしている題材こそ家の手伝い、宿題、習い事…

  • Kindle Oasis vs Kindle Paperwhite

    Kindle端末が好きすぎるので、Kindle端末がいつの間にか3台になっていて、Kindleで本を読むって読書が本当に捗るなということを記事にしました。 bookreviewwind.hatenablog.com そんな記事も書いたところで、Kindleの最上位機種であるOasisとPaperwhiteならどちらが良いのかという個人的比較記事をお届けします。 結論から言うとKindle端末好きであれば、Oasisを購入すべき。 コスパ重視で読書を楽しみたいということであればPaperwhiteを購入すべきということになります。 決め手はラグジュアリー感と画面サイズ Oasisの形状は実際に持…

  • Kindle端末についてひたすら語る

    Kindleで本を読むと読書が驚くほど捗り、最近は以前にも増して読書量が増えています。 とはいえ、本当の読書好きの人ほど読んでいないとは思っております。 というのも、私が読書をするのは自分の隙間時間がほとんどだからです。 ガッツリ読書時間をとってしっかり読むということはほとんどしていません。 週末は、家事、ロードバイク、アニメ・TV鑑賞、外出などで時間を費やしてしまうため、読書に時間を取るというのは色々なことの優先順位から考えると低いためなかなかできていません。 では、どんな時に本を読むのかというと出勤時の電車に乗っている時間や会社の昼休み、夜寝る前の少しの時間というのが定番になっています。 …

  • テレワークか出社勤務かという無駄議論をやめるかなという話

    新型コロナウイルスの影響により、多くの企業でテレワークが普及しました。 しかし、ホワイトカラーの仕事であっても完全にテレワーク化が進んだという状況にはない企業がほとんどでしょう。 テレワークを取り入りていても、週や月に何回かは会社に出社して、仕事をするということがほとんどの企業でみられるでしょう。 週や月に何回か出社するという行為には、どうしてもテレワークでは実現できない壁があると感じている人たちがいて、テレワークに慣れていない状況が、そういった人たちに何某かの壁があると思わせているということなのかもしれません。 とはいえ、その目に見えない壁があるために、完全テレワークに業務を切り替えることが…

  • やっぱりAmazonのサポートは神すぎる!!

    先日、Kindle端末が好きすぎてKindle Oasisを購入し、Kindle端末としては3代目(私にとって3代目であり、3台目)のKindle端末を入手しました。 これまでにKindle Paperwhite7世代目、Kindle Paperwhite10世代目を持っておりましたが、どうしてもKindle Oasisを使ってみたい欲に負けてKindle Oasisを購入。 Oasis専用のシェル型のカバーも購入しましたが、Paperwhiteの時もそうでしたがシェル型カバーをつけると重くなるし、かさばるしで結局スリーブ型ケースに変更しました。 ここら辺は学習できていません。公式でスリーブ型…

  • 一流、二流、三流、四流の本の読み方

    私の場合、主に読んでいる本はマンガですが、マンガの次に読むのは自己啓発本だったりします。 自己啓発本を今のように読むようになったのは、Kindle Paperwhiteを購入してからになります。 読書熱は高い時と低い時はありますが、少なくとも月に1冊はマンガ以外の本を読んでいます。マンガを入れると月間何冊読んでいるかわかりませんが、Kindleの蔵書数は2,500冊を超えました。 そんな感じでここ最近はマンガ本以外の本を月に3冊から5冊ぐらい読むようになってきています。 なぜ、本を読むようになったかと言えば、やはり仕事や生活を通して、私には知らないことがたくさんあると40歳を過ぎても実感するこ…

  • 結局AIという言葉では何をするかわからない

    以前にも記事にしましたが、SIerがお客さんに対してAIという言葉を使うのはやっぱりモヤモヤしてしまう。 それって、SIer自身もAIがなんだかわかっているのか、いないのかがわからなくなるからだ。 一言でAIといっても要素技術が色々あって、それをつなぎ合わせてAIと呼べるものになるため、作成物としてのAIはすごくSI(システムインテグレーション)っぽい。 だからこそ、SIerはAIについての説明をしっかりとお客さんにできるようになるべきなのではないかと思うし、社内で技術研究する際にはAI研究ではなく要素技術を明確にして、どのような成果を狙うのかを明確にしていくべきである。 私は前述のような考え…

  • ライフワーク的に受験しているTOEICで825点を取った話

    私は大学時代をアメリカで過ごしたという経験があるため、日本に帰ってくると当然のように英語がペラペラ話せると周りの人から思われます。 しかし、実際には英語を使ってビジネスをやるというようなレベルではまったくありません。 事実、TOEICのスコアでこれまで800点以上を取得することはできていませんでした。 TOEICのスコアが高ければ英語が話せるというわけではありませんが、英語が話せればTOEICのスコアは高くなります。 そんな私が先日受験したTOEICのオンラインテストで悲願の800点以上を取得することができたので何をしたかをご紹介します。 そもそものTOEICスコアレベル 825点取得までに何…

  • システム開発には費用がかかる

    システム開発会社の営業をやっているとお客さんから、システム開発費用をとにかく安くしてほしいというような話を毎日のように聞くことになります。 私は自分自身でシステム開発をしない(できない)ので、お客さんから「なぜ、こんなに費用がかかるのか?」と問われるとその説明に困ることが以前はありました。 現在は、かかるものはかかりますという説明をしつつ、予算がなければ発注していただかなくてもかまいませんと内心では思いつつ、申し訳なさそうに予算確保をお客さんに依頼します。 当然、お客さんは私の会社だけでなく別のシステム開発会社にも提案・見積もり依頼をしていて、安い会社に発注することになります。 営業は、お客さ…

  • ブログの毎日更新再開が遠い

    とりあえず今日は時間が少しあるので文章をダラダラ書きます。 最近やっていることは、仕事と家事と漫画読みとアニメ鑑賞と自転車トレーニングとゲーム(主にスマホゲーのログイン、どうぶつの森)、NHKラジオビジネス英会話、動画作成。 これにブログが入らない状況。 週末にまとめ書きをするという計画は、計画倒れになっており、早くなんとかしないとという状況。 長時間集中できる性格ではないため、やはり毎日書く習慣にするのがいいんだろうなというのが結論。 でも、毎日出来ないのでそれをできなかった場合は、週末でキャッチアップというのが好循環プロセスに持っていける方法。 ただ、どうしても考えてしまうのが書くことで私…

  • 不定期更新になることを宣言しておきます 。

    先日、文章を書きたくなってきたという話を書きましたが、なかなかブログの更新に時間をさくことができません。 一度書かなくなると本当に腰が重たくなり、ブログの更新ができなくなってしまいます。 前回も書きましたが、ただ書く以外のことを意識しすぎなんだろうなとは考えております。 それは、ブログ村のリンクを貼ることと見栄えのするアイキャッチを作成すること、文章に関連するアフィリエイト広告を差し込むことも考える項目にはあります。 ブログ運営は「はてなPro」を利用しているため、年間の利用料が発生します。 私としては、はてなの利用料以外に毎月発生しているAdobeへのお布施費用も本ブログの運営によりまかなう…

  • 文章を書きたくなってきたような気がする

    このところ全くブログの更新に熱が入らなくなってしまっていました。 習慣化するという意味では週一回まとめて書くという行為ではなくて、毎日少しづつ書くという方が向いているのだとわかりました。 私は文章を書くのがそれほど苦ではないという話をこのブログでも何回か書きましたが、これだけ書かない期間が続くと実際には「文章を書くのが苦だった」のだなと認識しました。 実際に書き始めてしまえば、それほど苦ではないと思ってはいるものの書かなくなると新たに書き始める腰が非常に重くなってしまいました。 書くことの労力を考えてしまい尻込みしてしまうという状態に陥っていたのです。 なので、一度その状態をリセットすることが…

  • 適材適所は組織ではなく個人でつかみ取るもの

    マネジメントの業務として社員の特性をみて業務を割り振り組織を回すというものがあります。 ただ、組織内のリソースは限られているため、必ずしも適材適所で人的リソースを配置できるというわけではありません。 組織の中には、自分は今の業務に合っていないと思う人は多数いるでしょう。 しかし、そのような状況でも何となく業務がこなせるというのは日本の高等教育の賜物です。 一方で、何となく業務がこなせるからといって、個人がそれで満足しているかと言えばそんなわけもなく、自分にあった仕事、自分が成長できる仕事を探そうとするのは最近ではすごく当たり前になってきていると感じます。 組織内での自分の業務割り当てが適切でな…

  • NHKラジオビジネス英会話はじめました。

    先日受験したTOEIC L&Rオンラインの結果が芳しくなかったので、少しマジメに英語の勉強をしよう熱が高まりました。 bookreviewwind.hatenablog.com 英語の学習教材はKindleでもいくつか持っているのですが、日常生活でまったく英語を使わない生活をしているため、どれも中途半端な状態となっています。 やはりキライな勉強は習慣化しなければ続かないと考えましたので、今回はNHKラジオビジネス英会話を試してみることにしました。 ちょうどラジオビジネス英会話の新シーズンが3月29日(月)から開始されるということもあり、3月下旬に電車に乗ったらラジオ英会話の広告が貼ってあったの…

  • 習慣化するというのは慣れてやらなくなるということではない

    「初心忘れるべからず」という言葉があります。 色々なケースで利用できる言葉だと思いますが、今回の記事では、何かをする際の目的を忘れてはいけないという点に焦点をあてた内容を記載します。 会社員として業務をしていると何のためにやっているのかよくわからないけど、ただやるというタスクにしばしば出くわします。 目的を考えなくともこなせるタスクというのはある意味では会社の中で習慣化しているタスクと言えます。 しかし、このようなタスクで気をつけなければいけないのが、チェックリストなどのチェックの意味を考えずにただチェックの印をつけているだけという状況に出くわすこともあるということです。 たとえば、自分が勤務…

  • 新年度がはじまってもやることは変わらないが重要

    新年がはじまる時や新年度がはじまる時には、気持ちを新たに目標の再設定をします。 そして、だいたい目標達成できなくなるのが私の場合の常だったりします。 ブログで宣言した新年の目標も昨日のブログで記載したように毎日のブログ更新は進捗ダメですという感じになっています。 bookreviewwind.hatenablog.com bookreviewwind.hatenablog.com 確かに新年、新年度は気持ちを新たにするには良い機会だと思いますが、このような新年、新年度の目標設定は効果がある人と、効果がでない人にわけられます。 効果がある人は、実は新年、新年度に目標を立てなくても自分の立てた何か…

  • 2021年3月ブログ振り返り~生活の優先順位を考えてブログを書く~

    3月の当ブログのアクセス状況は、2月と比べて減少。 1月よりは多いという感じでした。 3月1週目でアクセス数が100を超えるというのは、当ブログでははじめてのアクセス数でしたが、その後に記事更新が滞る傾向に陥り、全体のアクセス数としては2月より減少したという状況です。 やはりブログは書かないとアクセス数は減るということを実感しました。 特に私のブログは継続的にアクセスを呼び込むような読ませるコンテンツがほとんどないと認識しているので、継続力が足りないとアクセス数を伸ばしていくことができないようです。 では、最近の近況も踏まえて今後のブログ取り組み方針について以下に記載します。 まず現在の状況で…

  • 作り手のエゴは受け手には関係ないが限度がある~プロフェッショナル仕事の流儀 庵野秀明~

    2021年3月22日(月)放送のNHKプロフェッショナル仕事の流儀をたまたま視聴したところ新世紀エヴァンゲリオンの総監督 庵野秀明さんの回だった。 あまりメディアに出てくる方ではないだけに、興味深く視聴しました。 その際に、庵野さんがエヴァの最終回後に、インターネット掲示板にどうやって庵野さんを殺害するかという内容のスレッドが立てられて、議論されている様子を眺めて2回自殺を考えたという話があった。 私は作り手は必ずしも受け手のことを考えて作品作りをしているわけではないと考えていますが、実際に作ったものが受け手にどのように受け取られたかをまったく気にしないという作り手はいないのではないかとも考え…

  • 営業の心得を知りたい方にオススメ「トップセールスが絶対言わない営業の言葉」

    私は営業職についていますが、自分が営業に向いているとは思っていません。 正直、身内や友人以外の人と話すのは疲れます。 お客さんと話をしない(相対しない)で商品・サービスが売れれば何の問題もありませんが、私が取り扱ってい企業システム(SI)という商材をお客さんに理解していただき注文をもらうには、まだまだお客さんと話をしなければいけない状況にあります。 幸いにも私が担当しているお客さんとの関係はおおむね良好なため、お客さんから困りごとの相談を受けることが多いです。したがって、私が自ら自社の商材を積極的に売り込むということはあまりありません。(今後はどうなるかはわかりませんが・・・) というのも、企…

  • 経験に基づいたトライ&エラー

    日々営業の業務をこなしていると提案書を作成する際に、はじめから自分のテンプレートに沿って資料を書き始められるときと、シナリオを検討して資料を書き始めるときで大きく作業時間は異なってきます。 提案書に限らず、人に説明する文書を作成する際には、伝えたいことは何で、どのように伝えれば、伝えたいことが適切に伝わるかを考えます。 私のこのブログの記事はほとんどが思いつくままに書き連ねているため、本当に伝えたいことが伝わっているかは大変微妙です。 私の場合は、だいたい脊椎反射で物事に取りかかるため、考える時間は非常に少ないです。これは過去の経験から対応できる事象について、脊椎反射で対応していると考えており…

  • Web会議の普及による営業的危機感

    新型コロナウイルスの影響により、急速に浸透したWeb会議(テレビ会議も同じ)により、私は営業担当として強い危機感を最近感じております。 今回の記事では、Web会議にまつわる営業的危機感についてお伝えいたします。 Web会議のセットアップ 非対面による情報収集力低下 雑談による情報収集力低下 まとめ Web会議のセットアップ まず何はなくとも、Web会議をするのは通常の会議をするのと比べて準備に時間がかかります。 リモートワークで自宅から一人でWeb会議に参加するとしても、環境音にノイズが多いとWeb会議の参加者に迷惑がかかるなど、通常の会議ではあまり気にしなくても良いことを気にしなくてはなりま…

  • 無駄作業だが重要な作業でもあるスケジュール調整

    毎回やっていて思っているのですが、社内の関係者とだけでもスケジュール調整にかかる作業時間を減らすことができないものかと考えています。 自分でやらずに営業アシスタントをつけて、スケジュール調整を任せるというのも解決策の一つではありますが、作業時間を減らすという観点においては私の作業時間は減ったけど、私以外に同じタスクが移っただけなので、根本的な解決にはなっていません。 まず私の環境では、スケジュール調整の何に時間がかかっているかを説明します。 スケジュール管理には、MicrosoftのOutlookを全社で利用しています。 正直このOutlookの動作が重すぎるため、自分の予定のみを入れるのであ…

  • 課長はツラいよという思考

    課長になって数年経ちますが、正直自分は課長というか管理者には向いていないと思っています。 管理者の仕事というのがよくわかっていないから、管理者には向いていないのだと思うのでしょう。 課長になった際には、課長とは何をするかという本も何冊か読みました。 日本固有の課長という役職について書いた本はそれなりにありましたので、世の中の課長はそれなりに悩んでいるのだということが書籍数から読み取れます。 課長業務を一言で言えば、グループ運営ということになるのでしょうが、グループ運営とは何でしょうか。 グループの目標を達成させることが、第一に思い浮かびます。 つまりグループ目標をグループの要員を先導し、達成さ…

  • ムーアの法則を意識したサービス設計

    IT業界の有名な法則にムーアの法則というものがあります。 ムーアの法則とは、インテル創業者の一人であるゴードン・ムーアが1965年に提唱した「半導体の集積率は18ヶ月で2倍になる」という半導体業界の経験則であります。 実際に、IT業界の技術革新はムーアの法則に支えられて発展してきたと言っても過言ではないでしょう。 このムーアの法則は、単純に2年弱で半導体の集積率が2倍になるという表面的な話ではなく、2年弱で半導体の性能は同じコストで2倍になるという考え方ができます。 実際に、私が一番はじめに購入したWindows95端末から比べると現在利用しているWindows10端末の処理速度は比較にならな…

  • 営業日の時間配分を考えてみた

    一日は誰にでも等しく24時間与えられている。 この24時間をどのように過ごすかで、自分として成功できるか失敗するかが決まってくる。 というわけで、私の営業日における大体の時間の使い方を整理してみた。 私の場合は、通常営業日は以下のような感じになる。 就寝:7時間 身支度:1時間 通勤(往復):3時間 就業:9時間 昼食:1時間 夕食:1時間 余暇:2時間 合計:24時間 上の時間は、1時間の塊で整理しているので、端数は全部切り上げですが、大体ずれはないかな。 就業時間は残業しなければ8時間で上がるときもあれば、残業して12~14時間くらいやるときもあります。まぁ、平均すると9時間か10時間ぐら…

  • サービス過多を見直せばコストは下がる

    会社で働いていると最近は至るところでコスト削減という言葉を聞くことになる。 営業としてお客さん先に行っても、当然コスト削減を求めれます。 そのコスト削減と同時に機能と品質は維持してということを言われたりもする。 これは、お客さんから言われる場合は要は値引きの依頼ということだ。 社内で言われる場合もコスト削減して、品質や提供している機能がなくなるということは求められていない。 このようなコスト削減しつつ、機能と品質を維持するという依頼をする人たちはよく考えているのか疑問に思うことがある。 何に疑問を持っているのかというと、つまり今のやり方に無駄があり、改善できると思っているのかということだ。 実…

  • TOEIC L&Rのオンラインテストを受験した

    私は会社で受験できるTOEIC L&Rを機会があれば受験しております。 2020年の受験機会では新型コロナウイルスの影響により、会社開催のTOEICは中止になりました。 2021年はオンラインで個別受験ができるというので、どんなものかと受験しました。 通常のTOEIC L&Rの公開テストは、Listening Sectionが45分、Reading Sectionが75分の合計120分なのですが、TOEIC L&RオンラインテストではListening Sectionが25分、Reading Sectionが35分の60分で終了します。 会社で受験するTOEICのスコアは公式テストではないので…

  • 自動化サービスを使いこなす思考力が足りない

    MicrosoftがWindows10の機能としてPower Automate Desktop(以下、PAD)を正式にリリースするということで、RPA/RDAの普及が加速していくのではないかという記事を読みました。 www.orangeitems.com OSに標準でついていればコンピューターが好きな人はこれまで以上に容易に自動化プログラムを作るという敷居が下がることになるため、確かに普及は加速しそうです。 一方で、Windows10にPADが追加されたからといってすぐに使う人ってどれだけいるのかなという疑問があります。 この手のソフトをすぐに使う人は、既に自分である程度コンピューターを使える…

  • みずほ銀行のATM障害からみる目線が大事という話

    2021年2月28日に発生したみずほ銀行のATMの大規模障害においては、原因は定期預金のデータ移行において処理能力を超えてしまい、そこから波及してATMも止まってしまったというです。 何度かの延期を繰り返して、3メガバンクの中で唯一つぎはぎシステムの大規模更改をなしとげたみずほ銀行の大規模障害だけに、結局更改したシステムに問題があったのかと邪推してしまいそうです。 さて、本障害において2021年3月3日の日経新聞にて気になるコメントが書かれていました。 www.nikkei.com あるみずほ銀の行員は「キャッシュカードや通帳という生活に不可欠なものが戻らなければ利用者はそこから動けなくなる。…

  • コントロールできるのは自分だけと考えるとやるべきことが見えてくる

    世の中は、自分の思い通りにならないことが多すぎて、私は非常にストレスを感じていましたが、ここ最近読んでいる本などの内容から、考えを改めることにしました。 私はどうやらこれまで色々なモノをコントロールしよう、コントロールできると考えていたようなのですが、結局のところコントロールできるのは自分だけということに気付きました。 私は、色々なことが気になる性質であるため、自分の意図とそぐわない事象が発生すると何故そうなるのかを考えて、改善したいと考えてしまう傾向がありました。 まったく自分の範囲外の出来事だとそういった考えも浮かばないのですが、自分の手の届く範囲はなんとかしたいと考えてしまうのです。 結…

カテゴリー一覧
商用