searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Nobさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Workers WIND
ブログURL
https://bookreviewwind.hatenablog.com/
ブログ紹介文
主に私の仕事に関する考え方と自分の知識・スキルを習得するために読んだ本、調べたこと、実施した結果などについて記載しているブログです。
更新頻度(1年)

87回 / 146日(平均4.2回/週)

ブログ村参加:2020/05/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Nobさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Nobさん
ブログタイトル
Workers WIND
更新頻度
87回 / 146日(平均4.2回/週)
読者になる
Workers WIND

Nobさんの新着記事

1件〜30件

  • SIerの業務ローテーションは難しい

    私が勤務する会社は顧客企業のシステム開発・導入・運用を担ういわゆるSIerです。 SIerに勤務するシステムエンジニア(SE)の技術領域は実に多岐にわたっており、各々の分野で専門性を発揮しています。 そんなSIerで担当者のローテーションをするのは正直難しいと私は考えております。 SEの技術領域が変わらない担当者のローテーションであればそれほど難しくないとも思いますが、アプリケーションエンジニアの場合は技術領域が変わらなくとも業務エリアが変わることがあります。 アプリケーションエンジニアとしては対応できる業務エリアが増えることはキャリアアップにつながるため、ローテーションは望むところだと思いま…

  • 倍速で講義を聞けるってスゴイ

    新型コロナウイルス対策として、大学等ではオンライン講義が急速に普及しているようです。 そして、そんな大学生の会話を電車の中で聞いたのですが、なんと録画された講義の内容を倍速で聞いてると言っているのです。 これって学習の効率が場合によっては飛躍的に高まるってことではないのかと考えました。 講師側は、オンライン講義用の教材を準備するのは手間がかかりますが、学生側からすれば学習内容の理解度に応じて講義の内容を再受講することもできれば、理解している内容は飛ばすこともできるため、個人のレベルに応じた受講スタイルが確立されるということなのだと思います。 実際に、会話していた大学生も倍速で講義を聴取している…

  • 投資は若いうちからはじめるべき

    私はこれまでの社会人生活をまったく貯金をせずに過ごしてきました。 自分の生き方にあまり後悔はしない性分ではありますが、まったく貯金をしなかったというのは正直後悔しています。 というのも、当たり前のことではありますが、生きていくためにはお金がいるのです。 そして、いつまでも今と同じ体力で仕事ができるわけではないということを最近考えるようになり(まったく遅い気づきではありましたが・・・)、このままではいけないとお金のことを勉強しはじめております。 本ブログでも、いくつか私が読んだお金の本については紹介しております。 その中で、もっともわかり易いのが、以下の記事で紹介した「本当の自由を手に入れる お…

  • オーダースーツ店を巡ってみた。

    最近は、ビジネスカジュアルが主流となってきているとは思いますが、私はポリシーとして夏でも上下スーツで過ごしています。 営業職として仕事をする上でビジネスカジュアルは正直難しいと考えているのと、やはりスーツが一番カッコイイと思っているので、仕事ではずっとスーツを着ているのです。 とはいえ、スーツにめちゃくちゃこだわりがあるというわけでもなく、お金もないため、痩せて体型が変わってもこれまで着ていたスーツをダボダボの状態で着ていました。 せっかくスーツを着ているのに自分の体型に合わないスーツを着ていると逆にだらしなく見えてしまうということもあるため、一念発起してオーダースーツを購入することにしました…

  • システム開発者の守秘義務に関する考察

    ドコモ口座の不正利用発覚から、キャッシュレス決済関連の業界ではドコモ口座以外でも不正決済が色々発覚してきております。 www.nikkei.com デジタル技術を利用した犯罪は、犯罪者が狙いを定めたシステムの仕様を想定して、当該システムに脆弱性がないかをいくつかの攻撃から確認します。 しかし、当該システムの仕様を想定せずとも、当該システムを開発したシステム開発者が犯罪者と通じてしまえば、より確実に攻撃をしかけられてしまいます。 つまりシステム開発者の守秘義務はシステムを守る上では大変重要な義務となります。 通常企業は、従業員に対して自社の秘密情報を漏洩しないように守秘義務契約を結んでいますが、…

  • ドコモ口座不正利用はドコモだけのせいではない

    キャッシュレス決済の普及に警鐘を鳴らすような事件が発生していますね。 2019年に発生したセブンペイ問題も記憶に新しいところで、今回のドコモ口座の不正利用について、ドコモ口座という名前からドコモが悪いという風潮になっています。 調査が進んできたことにより、ゆうちょ銀行の被害が大きいということがわかってきたことと、事件の当初から提携する金融機関により対応が異なるようなことが示唆されてきておりました。 www.nikkei.com つまり、完全に安全とは言えないもののドコモ口座が利用できる金融機関でも安全性には差があることが示唆されています。 ドコモ口座の連携方法 ドコモ口座不正利用の防ぎ方 本人…

  • 2つ以上のことを並行してできない

    最近めっきりブログ更新が滞ってしまっていましたが、再開します。 このブログ更新できていない期間中は、本業の会社員の仕事がそれなりに忙しかったということとそれ以外のプライベートの作業もそれなりに忙しかったため、ブログの更新をあきらめたというのが実態です。 ブログの更新をあきらめていたとはいえ、再開した時にネタに困らないようにブログのネタだけは書き留めておりました。 ブログ更新していない期間中も日によってはブログを書けたのではないかという時間はあったのですが、いったん書くのをやめてしまうとなかなか机に向かうことができないでいました。 職場の昼休みにPomeraで記事の草稿を書くということも昼休みを…

  • 効率化を図るには手順を少なくすべき

    業務をやっていて何か失敗をした時に原因を特定して、再発防止策を考えると何故かよくあるのが、精神論で再発防止するというのと、チェックリストや手順書を作成して再発防止するという案が出る。 しかし、大概この精神論もチェックリスト等の対策も、やりはじめこそは機能するが、時間が立つと形骸化して、また同じ失敗を繰り返すことになる。 また失敗する頃には前の失敗について忘れている(当事者が異動で変わっている)場合もあるため、結局業務の改善は図れないということが繰り返される。 この件について、私の中では答えが出ている。 精神論は喉元過ぎれば忘れる。 チェックリストや手順書は喉元過ぎれば(業務に慣れれば油断して)…

  • スマホアプリの調子が悪いときに確認すべき3点

    たまに、お気に入りのスマホアプリを利用している際に動作が重くなったりして、画面が表示されなくなったりすることがあります。 そんなときにスマホが壊れたかと思うのは早計です。そんなにすぐにスマホが壊れるということもないので、スマホアプリの調子が悪いときに確認すべき3点を紹介します。 3つの確認事項 他の同様のアプリでも同じ状況か 通信状況に問題はないか アプリのサーバ側に問題はないか まとめ 3つの確認事項 スマホアプリの動作が重いという観点で確認すべきは以下の3点になります。 他の同様のアプリでも同じ状況か 通信状況に問題はないか アプリのサーバ側に問題はないか これらの3点について、どのような…

  • 個人事業主としての考え方が学べる「Webデザイナーの教科書」を読みました。

    Webデザインに以前から興味があったので、「Webデザイナーの教科書」を読んでみました。 結果的には、本書にはWebデザイナーになる方法は記載されておりません。(はじめに書いてあります。) 本書にはWebデザイナーになった際に、疲弊しないで仕事を続けていく方法が記載されています。 本書に記載されている内容は、Webデザイナーに限定した話ではなくて、小規模な会社を起こして事業をしている人にはほとんどあてはまる話が書いてあります。 本書に記載されている仕事をする上で、私がポイントだと感じた点は大きく2つあります。 1つは、自分のスキルを安売りするなということ。 もう1つは、顧客を選べということです…

  • Macで簡単にバ美肉する方法

    特にYoutube配信に興味があったわけではないのですが、知り合いがスマートフォンアプリのRealityでYoutube配信はできないのか聞いてきたので、少し調べてみました。 自宅にはMacとWindowsの両方の端末があるのですが、スマートフォンがiPhoneであるため、アプリのRealityの画面をすぐにキャプチャするには、Macの方が簡単だというので、Macでやってみました。 今回Youtube配信まではやっていないのですが、Realityのアバターでバ美肉(バーチャル美少女受肉)して声をGachikoe!Coreで女性の声に変換して動画ファイルを作る手順を調べました。 一番苦労したのは…

  • 製造業者は転売屋を本当の意味でキライではない

    かなり世の中の消費者に向けては挑戦的なタイトルにしてしまったとは思いますが、今回の記事は私なりの転売屋に関する考えを書きます。 なぜこの記事を書こうかと思い立ったかと言えば、ヨドバシカメラが毎週行っていたNintendo Switchの抽選販売にようやく当選したにもかかわらず、「自分本当にSwitchほしいのか」と自問自答したすえに、「どうせゲームやらないんだから」という理由で購入しなかったことで、私は品薄という熱におかされていただけだと気づいたからですね。 そして、その熱を生み出しているのは転売屋の力が大部分を占めているのではないかと考えたからです。 ということで、私なりの転売屋の考えを以下…

  • テレワークか会社勤務かという2択ではない

    報道を見ていると企業のテレワークが推進されており、全社でテレワークをするという会社が大変増えてきていると感じている。 それ自体は別に悪いことではないが、何となく新型コロナウイルスに対して過剰反応して通勤して会社内で働くことが悪いことのように言われているように感じてしまう。 新型コロナウイルスの感染拡大は確かに未曾有の危機だとは思うが、これに対して完全にテレワークをするというのが唯一の解決策だとは思わない。 確かに一歩も家の外に出なければ新型コロナウイルスに感染する可能性は格段に低くなるだろうが、ゼロにはならない。 そして、新型コロナウイルスに感染せずとも一歩も家の外に出ないという状態は他の病気…

  • 「自分の「怒り」タイプを知ってコントロールする はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック」を読みました。

    私は自他共に認めるところによる口の悪い人間です。 すぐに放送禁止用語にあたるようなことを職場でも口をついて出てきてしまいます。そうすることによって、私自身はストレスを発散しているし、私がそういう人間だということも周りはわかってくれていると安心しているところもあります。 とはいえ、そんなことがいつまでも通用するとは考えられないため、「自分の「怒り」タイプを知ってコントロールする はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック」を読んで自分の怒りをコントロールしてみようと思い立ちました。 まぁ、私の場合は怒っているようにみせているだけで、怒ってはいないんですけどね。むしろ、職場で怒っているようにふる…

  • メールは当日中に処理すべき

    以前、私はメールの未読が1,000件以上もあるという仕事のしかたをしていました。 実際には読んでいるのですが依頼関係のメールですぐに取りかかれないものは、忘れないように未読に戻すという操作をしていたのです。 そして、依頼事項を完了したのに未読にした依頼メールを既読にするということをせずに未読メールが貯まっていったのです。 もっと言うとそのままメールサーバの移行があり、過去メールをそのまま引き継いだ際に未読もそのまま引き継がれました。 未読メールに埋もれる仕事をしていたので、それが仕事中の心の中で小さなしこりとなっていました。そうであるがために、他人に自分のメールソフトの画面を見られたくないと思…

  • アプリ開発が最強の副業

    最近本業の会社員以外で稼ぐ方法はないものかと悶々としながら、ココナラとかを眺めています。 ココナラをみていると、どんなものがいくらで提供されているのかの市場感がわかるので、勉強になります。 副業という観点では現時点ではまったく収益はないもののブログをやっています。 しかし、本ブログのような零細ブログでは収益が出るのがいつになることやらです。 ちなみに、本ブログのアクセスは月に500アクセスあるかどうかぐらいでGoogleアドセンスの収益は20円から30円といったぐらいです。 Googleアドセンスは8,000円貯まると銀行振り込みしてくれるので、このペースでは振り込みされるまで34年ぐらいかか…

  • 最強の自己投資はKindle Paper Whiteを購入して読書に励むこと

    定期的にやってくるKindle専用端末を布教したい病に侵されている私は、Kindle Paper Whiteを布教するために記事を書きます。 というか、Kindle Paper Whiteもカラーバリエーションが増えたので意味もなく買い換えたくなってしまいました。 まぁ、現在私が所持しているKindle Paper Whiteがまだまだ現役なのでさすがに買い換えはしませんけどね。 最強の自己投資は読書 最強の自己投資を支えるKindle Paper White Kindle専用端末はKidle Paper Whiteの広告無し版を購入すべき Kindle Unlimitedはとりあえず入っとけ…

  • 第2波に備えよ「コロナウイルスの終息とは、撲滅ではなく共存」を読みました。

    最新の時事問題として、正しい状況を把握しておこうと思い信頼しているジャーナリストの池上彰さんが著者の「コロナウイルスの終息とは、撲滅ではなく共存」を読みました。 コロナ関連のニュースは、さすがにかなり報道されているので、本書に記載された情報にはそれほど目新しいものはなかったのですが、いくつか気になる点もありましたので、それらについて少し記載しておこうと思います。 2020年8月の現状はまだ第2波ではない 未だに導入が進んでいない接触確認アプリ 正しい知識を得て共存について考える まとめ 2020年8月の現状はまだ第2波ではない 2020年8月現在の状況はいったん新型コロナウイルス感染者の新規感…

  • ネットの玉石混淆を見抜くは自分次第

    2020年8月5日の日経新聞に掲載された「ゆがむネット民意(2)抗議連動、匿名で連帯」という記事では匿名と実名の良し悪しについて触れられていました。 www.nikkei.com データ時代の民主主義に何が必要か。「匿名か実名か」という単純な対立軸は、かえって民意をゆがめかねない。匿名には自由さ、実名には確かさという利点がある。それぞれの利点の悪用を許さず、ネット上の個人の声を守る仕組みに生かすことが大切になる。 匿名では自由な意見が交換ができて、実名では確かな意見が交換ができるというような内容でしたが、必ずしもそうとは言えないケースもあります。 つまり、結局はネットに限らず情報の取捨選択は受…

  • デジタルノートはフリーノよりもiPad + Apple Pencilで決まり

    デジタルノートは、以前シャープの電子ノートを使っていた時期があります。 仕事をしているとメモを書くことが多く、書くページがなくなる毎にノートを買い足すというのが手間なのと、「デジタル化した方が管理がしやすいでしょ」ということで、シャープの電子ノートに手を出しました。 しばらく利用していたのですが、会社でiPadを使っても良いという風潮になってきたので、現在はBYOD(Bring Your Own Device)でiPad Pro + Apple Pencilでノートを取っています。 そんな時に私の大好きなメーカーであるキングジムよりデジタルノートの「フリーノ」が発売されたので、少し触ってみまし…

  • SI営業への道 Part VI 提案書の型をつくれ

    連載企画「SI営業への道」も第6回となりました。 まだちょっと早いかなとも思っていたのですが、今回は営業の醍醐味でもある提案活動における提案書の書き方について紹介しておきます。 SI企業では、営業担当者が自ら提案書を書く場合もあれば、SEや提案書を書く専門家が提案書を書く場合もあります。 自分で提案書を書くことがない営業であっても、提案書に盛り込む内容について理解しておくことは必要なので、今回ご紹介します。 提案書の型をつくれ 提案書目次案 提案概要から課題解決案 提案内容詳細と課題解決案 プロジェクト体制案から前提事項 見積費用と参考情報 まとめ 提案書の型をつくれ まず前段としては提案書に…

  • センスは磨ける「センスは知識からはじまる」を読みました。

    いつもとは少し毛色の違う本を読んでみようと思いWebをザッピングしていた際に、少し興味深い内容の書評ブログを読んで気になった「センスは知識からはじまる」を読んでみました。 私自身は、センスがないなぁって思っているのですが、本書を読むと「なんだ。勉強が足りないだけか。」という結論に達しました。 本書を読むとセンスというものが先天的なものではなく、後天的に身に着けることができるスキルであることがわかります。 本書の中で、私が最も重要だと感じた一文は以下になります。 センスを磨くには、あらゆることに気がつく几帳面さ、人が見ていないところに気がつける観察力が必要です。よいセンスを身につけることも、維持…

  • 請求書の電子化は不正会計や脱税の抑止力になるよね

    政府とソフトウェア企業などが請求書の完全デジタル化に向けて本格的に取り組むそうですね。 www.nikkei.com ぶっちゃけて言えば、電子化することで業務効率は上がるだろうけど、これってそれほど企業側にメリットがあるのかは、正直わからない。 大企業になれば発行している請求書の枚数も大変なものになるため、請求書の取り回しにかかる人件費、請求書の紙代、請求先に送付する郵便料金もバカにならないが、中小企業に対してはどこまでメリットがあるだろうか。 むしろ請求書電子化システムの導入で中小企業にとっては大打撃になりかねないと従来であれば考えねばならないところを今回は以下のような取り組みになるそうな。…

  • スマホでネットワーク管理ができるって便利なのか?

    テレワーク環境が推進されるとネットワーク関連のトラブルは、利用者が増えるのに合わせて増えるように思います。 これに合わせるというわけではありませんが、各ネットワーク機器ベンダーからはネットワーク管理をスマホで行えるアプリがリリースされているようですね。 xtech.nikkei.com ネットワーク機器を管理する手段として、これまで大きくCLIとGUIがあった。CLIはCommand Line Interfaceの略で、キャラクター(文字)ベースのコマンドラインでネットワーク機器を管理する方法だ。GUIはGraphical User Interfaceを指し、Webブラウザーを使った視覚的なイ…

  • イオンのレジゴー端末はアプリで良かったのではないかという考察

    半年ぐらい前に記事になっていたレジゴーが勤務先近くのイオンに導入されていたので、使われ方を見てきた。 www.watch.impress.co.jp 残念ながらレジゴーは20端末ぐらい置かれていたが、利用されていたのは2、3台程度でありました。そして、有人レジに普通に行列ができていました。 最近私はコンビニ(ローソン)でも無人レジがあれば無人レジを利用するようにしていて無人レジ関連の技術に非常に興味を持っています。 レジ改革については、訴訟になっているユニクロの無人レジも便利に利用させてもらっている。 diamond.jp 無人レジ導入については、万引き防止を店舗側がどのように対応しているのか…

  • テレワークで仕事の効率が下がったという考察

    日経新聞に気になる記事があったので、私なりに考察してみます。 www.nikkei.com 記事の概要は、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けてテレワークを導入した企業で生産性が高まったので、テレワークを継続するという企業がいる一方で、6月の内閣府の調査では、仕事の効率が「下がった」という結果が47.7%あり、オフィス回帰が進んでいるという話。 そして、仕事の効率が下がった要因は、テレワーク時に子供の乱入や通信状態などの家庭環境に問題があるということ。 この仕事の効率が下がった要因について本当にそうかという疑問が私にあるので、少し考えてみる。 テレワーク環境に問題はある 業務定義はできて…

  • プログラミングをするならMacを買うべき

    自分の新しいMacほしさが最強に高められているからではないが、Macを購入する利点について考えてみたい。 ただし、実際には現在はIntelMac(インテルCPUを利用しているMac)とAppleCPUを搭載したMacへの移行の過渡期に相当すると思われるため、人柱になる覚悟がない人には買い時ではないタイミングかもしれない。 まぁ、このタイミングで購入するならAppleCPUのMacを購入しておく方が幸せになれるとは思いますけどね。 では、Macを購入する利点について完全に私目線ですが整理していきたいと思います。 MacでしかiPhoneアプリは開発できない Adobeのソフトも利用できる ゲーム…

  • 電車乗客の総量規制をなぜしないのか

    新型コロナウイルスによる緊急事態宣言により、通勤時の電車の乗車率は大きく削減されたと感じておりましたが、最近少し乗車率が戻っているように思います。 というか戻ってきていますね。 ちなみに、乗車率に関する考え方は以下のサイトをご参照ください。 www.passtele.com 本サイトによれば、日本人の誰もが乗車率100%を満員電車とは呼ばず、乗車率100%は空いてると感じるでしょうね。 今回私が注目しているのは、乗客の自助努力ではなく鉄道会社側の仕組みとして乗客の総量規制をして乗車率をなぜ下げないのかということです。 何か電車に乗っている時に、満員電車でのケンカとか、乗車時のストレスとか、日本…

  • キャッシュレス決済の闇

    近年では政府がキャッシュレス決済の普及を後押ししていたりして、QRコード(スマホ)決済事業者が複数登場したりとキャッシュレス決済が進んできているように感じます。 経済産業省の「キャッシュレス決済の現状及び意義」というレポートによると日本では2019年で約20%のキャッシュレス決済比率となっているそうです。 政府は2025年までにこの比率を2019年の倍である約40%に普及させ、最終的には80%まで普及させたいそうです。 そして、キャッシュレス決済を推進する理由としては以下の3点をあげています。 消費者の利便性向上 店舗の効率化・売上拡大 データの利活用 経済的発展を目指すには市場にお金が回らな…

  • SI業界は文系でも入れます

    入社した当初、私は新卒採用の手伝いをやっていた時期がありました。 この際に、就活生からよく聞かれた質問は「残業はありますか」「文系でもやっていけますか」だった。 私自身、高校は理系で、大学は会計学部ではありましたが、仕事をしていて高度な理系の知識が求められると感じることはないため、SI業界に入るのに文系でもまったく問題ないと言えます。 では、どんな人がSI業界に向いているのかを書いていきます。 SI業界に向いている人の素養 システムに興味がある 一つのことに没頭できる コミュニケーション能力がある まとめ SI業界に向いている人の素養 私がSI業界に向いていると考えている人の素養には以下の3つ…

カテゴリー一覧
商用