searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

yurirohaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
中年ポケモン初心者の日記 ~令和の時代に赤緑から
ブログURL
https://yuriroha-poke.hatenablog.com/
ブログ紹介文
40にして初めてポケモンをプレイした中年のゆる~い日記です。
更新頻度(1年)

12回 / 42日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2020/05/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、yurirohaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
yurirohaさん
ブログタイトル
中年ポケモン初心者の日記 ~令和の時代に赤緑から
更新頻度
12回 / 42日(平均2.0回/週)
読者になる
中年ポケモン初心者の日記 ~令和の時代に赤緑から

yurirohaさんの新着記事

1件〜30件

  • スカウトによる進化

    こんにちは、「ゆりろは」です。 突然だが、齢40にして転職する事になりそうだ。 といってもポケモンの「リサーチフェロー」ではない。 そんな仕事があれば妻に相談なしに即応募している。私が身を置く業界は少し特殊な分野でそもそも同業他社は身近には数える程にしかない。現在働いている会社の前の会社は、中堅どころで長年勤めていたのだが、倒産の憂き目にあってしまった。 やむ無く今の会社に入社したのが2年程前だ。 こちらも中堅どころではあるものの前の会社に比べて規模は倍以上である。 倒産は残念ではあったがお陰でステップアップに成功したのである。しかしおよそ1カ月程前、私の住む街の最大手の会社からヘッドハンティ…

  • イーブイ爆誕

    こんにちは、「ゆりろは」です。 最近は仕事以外にも私の周囲が慌ただしい動きを見せており、それに時間を割かれ中々更新できない日々が続いている。無論、「ポケモン」の事ではない。 40にもなれば、仕事さえしていればあとは「ポケモン」三昧で万事オッケーとはいかないものなのだ。それでも冒険の時間を捻出しなければ図鑑は埋まらない。 寝る前の30分でもプレイの時間に充て徐々にではあるが「ホウエン図鑑」も埋まりきつつある。前回で触れた「イーブイ出てこない問題」だが、私は画期的な方法を思い付いてしまった。私の「ファイヤレッド」から一時的に「サンダース」などの進化済みを連れてきて「そだてや」で卵を産ませればよいの…

  • イーブイ問題

    こんにちは、ゆりろはです。 今回の「ルビー」はレベル上げもそこそこに、ポケモン集めに勤しんでいる。 ゲームを満喫する事よりも「ファイヤレッド」の図鑑完成を目指している為、何よりも優先して収集に徹しているのだ。 しかし「エネコ」を捕獲するのに2時間も費やしてしまった。 これでは先が思いやられる。それにしても今回も全種捕獲するには何かと面倒な仕様になっている。 「ヒンバス」は決まったポイントのみでしか釣れないようだし、その「ヒンバス」を「ミロカロス」に進化させるには「美しさ」の値を最大限まで上昇させなければならないらしい。その他にもあるが何よりも厄介なのは、またもや「イーブイ問題」だ。 なつき具合…

  • 「エキスパンション」パスして「サファイア」を

    こんにちは、「ゆりろは」です。 幻のポケモンを発見したものの捕獲する手段がなく、正に「絵に書いた餅」状態だった訳だが、無論その程度の事で動じる私ではない。すぐさま「通信ケーブル」を発注。 世界中の人間と繋がる事のできるこの時代に、およそ1メートル目の前の相手としか繋がれないケーブルを購入したのだ。 (勿論、純製品を購入)しかし、おかげでようやく幻6種類を一網打尽にできたのである。 そしてようやく私の「ルビー」におけるホウエン地方の冒険がスタートしたのである。御三家の中から私が選んだのは「アチャモ」。このまま全てのシリーズで炎タイプをチョイスしていこうと思う。ちなみに「キモリ」や「ミズゴロウ」も…

  • ホウエンで幻のポケモン発見!

    こんにちは、「ゆりろは」です。 本気で「ゲームギアミクロ」4種を制覇しようか悩んでいるSEGAマニア兼中年ポケモン初心者です。 さて、遂にカントーを制圧してホウエンの地に足を踏み出した訳だが、初プレイが「ルビー・サファイア」より後発の「ファイヤレッド」だった為、色々な部分で不便を感じてしまう場面がある。40にもなると昨夜食べた食事の内容も思い出せなくなってしまうものだ。 そんな認知症ぎみの脳ミソにも優しい機能だったのが「これまでのあらすじ」である。 その機能がまだ搭載されていない為、再びプレイした際に冒険の目的や人生の目標まで見失いそうになる。中でも一番気になったのが、ポケモンをゲットした際に…

  • ポケモンコレクション 第1世代

    こんにちは、「ゆりろは」です。最近は仕事の事よりも、ポケモンの事を考える時間が増えてきたダメな中年です。さて、今回は徐々に揃いつつある私の「ポケモンコレクション」の一部をご紹介しようと思う。コレクションというものは、やはりコンプしてなんぼである。 そうなると「赤・緑」から揃えるべきだが、どう考えてもプレイしないであろうものに高額な資金を投入できるほど私のお小遣いは潤沢ではない。本来はプレイせずとも当時の箱説付きの完品を購入するつもりではあったが、よもやプレミア価格になっているとは思いもよらなかった。 24年も前のソフトなら当然とはいえ、あれほど流通したのなら大してプレミアは付いていないのではな…

  • カントー制圧

    こんにちは、「ゆりろは」です。 最近は仕事が忙しくて中々、ポケモンの世界へ旅立てないでいる。だが、できる大人はどんな状況下でも仕事のパフォーマンスの質を維持する為に適度に息を抜き、リフレッシュの時間を捻出できるものなのだ。という訳で晴れて「ポケモンリーグチャンピオン」に就任した。どちらかと言えば現実世界より、こちらの世界の方がより質の高いパフォーマンスを発揮できているような気もするが。長男チョイスのベストメンバーに死角はなく、もはやレベルも四天王の手持ちを軽く凌駕している為「舐めプ」状態であった。 初めてこの言葉を使ってみたが、正にそれである。殿堂入り後、ナナシマを巡り「ネットワークマシン」を…

  • 打倒!ロケット団

    こんにちは、「ゆりろは」です。 よくよく読み返してみると、プレイした感想をほぼ書いてない事に気付いた。感想としては、 思っていたよりおもしろい。 以上である。 さて、「ナツメ」「カツラ」と立て続けにジムリーダーを余裕で撃破し、残りのジムバッジはいよいよ最後の一つとなった。この時点での私の手持ちラインナップは「リザードン Lv67」「ピジョット Lv61」「フシギバナ Lv63」「ギャラドス Lv65」「フーディン Lv60」「ゲンガー Lv63」 「バトルサーチャー」を使って、16ばんどうろでちまちまレベル上げをしたおかげで今のところ敵なしである。ちなみにこのメンバーは長男のイチオシである。 …

  • 幻のポケモンを追い求めて

    こんにちは、「ゆりろは」です。 SEGAマニアの私がよもやGBA2台持ちになろうとは全くもって「ポケモン」恐るべしである。こうして私は、妻の前では長男に向かって「いつまでゲームやってるんだ!」などと威勢の良い事を言っておいて、影でこそこそと二人で通信交換する日々に明け暮れていったのである。ただ、2台持ちをもってしてもカントー制覇にはまだまだ苦難が待ち構えていた。 そう、御三家の選ばなかった残り1種類とイーブイ問題だ。 ご存知の通り、イーブイは「ファイヤレッド・リーフグリーン」の時点でも3種類に進化する為、どうしても残り1種類をゲットできない。だが、もう既に「ポケモン」にどっぷりとハマっていた私…

  • ポケモン交換の旅

    こんにちは、ゆりろはです。 攻略本を手に入れ、これでようやくカントー制圧の旅支度は整った。 これにより、昼は会社員として世間の荒波に揉まれ、夜は冒険者としてポケモンチャンピオンを目指す日々が本格的に始まったのだ。 現実的には、夕食の後の皿洗いと子供たちのお風呂と寝かし付けがあるので私に与えられた冒険の時間は実質2時間程度。その時間をフルに使ってしまえば妻のご機嫌を確実に損ねてしまうので、使えてせいぜい半分の1時間か。 その僅かな時間を活用し386種類の図鑑完成を目指す。 この時点での図鑑登録数は12種。 気が遠くなりそうだ。 完成する頃には次の作品が発売されてそうだ。 しかし、私は肝心な事を忘…

  • ポケモンからのメッセージ

    こんにちは、「ゆりろは」です。毒にも薬にもならないブログへようこそ。さて、2回にもわたってただ、おっさんがポケモンを始めたいきさつを説明してきたわけだが、ようやく私なりのプレイした感想を書いていこうと思う。そもそも、私は「ポケモン」というものに否定的であった。深く知る前の私が持っていた印象は・モンスターを捕まえる。・捕まえたモンスターを戦わせる。 この程度であった。 深く知った後の印象も大差ないのだが。 いくらゲームの世界とはいえど、己を鍛練するのではなく、その辺のモンスターを捕まえて自らは戦わず、それらを使役するのは子供の教育上いかがなものか。と思っていた。 しかし、よくよく考えてみると社会…

  • 中年、カントーの地にようやく立つ

    こんにちは、「ゆりろは」です。 ポケモンの最新情報や役に立つ攻略情報など一切ない、こんなおっさんの独り言ブログを読んで下さる方がいらっしゃるとは驚愕である。本当にありがとうございます。 さて、SEGAマニアな私がモンスター相手にボールを投げまくるようになったきっかけだが、勿体ぶってしまったが何の事はない、子供の存在である。私には現在3人の子供が居るが、今年小学4年生の長男が2年程前からポケモンにハマった影響という至極シンプルなものだ。いくら親がSEGA信仰者といえど、子供も「セガマークⅢ」や「スーパー32X」が欲しいとは言わないものである。とは言え、当時の我が家にも任天堂製のハードはない。自分…

  • 中年、カントーの地に立つ

    はじめまして。「ゆりろは」と申します。このブログはタイトル通り、齢40という人生の折り返し地点で初めてポケモンの世界に足を踏み入れてしまった中年のイタイ日記である。まずは、そこに至る経緯を説明せねばなるまい。 させて下さい。私が小学生の時代、世はファミコンブームのまっただ中。 クラスの男子どもの話題はファミコン、ビックリマン、ガンダム、噛みつき婆ちゃん消しゴムが主流だった。 当然、我が家にもあった。 メガドライブが。 何故、白とえんじが眩しいスマートな印象とは対象的の、黒と、金色の「16BIT」の文字が怪しく光るゴツいハードが我が家にあったのかは定かではない。 だが、そのおかげで私はすっかりS…

カテゴリー一覧
商用