searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

biyoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
誰にも聞けない健康お悩み解決ブログ
ブログURL
https://biyo.fc2.net
ブログ紹介文
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。
更新頻度(1年)

94回 / 365日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2020/05/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、biyoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
biyoさん
ブログタイトル
誰にも聞けない健康お悩み解決ブログ
更新頻度
94回 / 365日(平均1.8回/週)
フォロー
誰にも聞けない健康お悩み解決ブログ

biyoさんの新着記事

1件〜30件

  • 開運④

    皆様は量子をご存知でしょうか。量子とは原子より小さい電子、中性子、陽子それより小さい素粒子(光子、ニュートリノ、クォーク、ミュオンなど)の総称らしいです。現代の科学では量子がどのようなはたらきをしているかは全ては分からないそうです。現在グーグルやIBMでは量子コンピューターの開発を進めているそうです。量子コンピューターが完成したら量子のはたらきも全てわかってしまうかもしれませんね🥰グーグルやIBMの社員...

  • 開運③

    世界には無宗教を含め色々な宗教があるそうです。すべての宗教の教えは素粒子で仮説を立てられるそうです。その中で何を信じれば良いかというと自分に合った宗教を選ぶと良いそうです。人間の幸せはそれぞれ違うので自分が幸せになると思ったことを信じると良いそうです。こんなお話しがあるそうです。おにぎりが2つあり好きな人が握ったおにぎりと、嫌いな人が握ったおにぎりがあった場合、好きな人が握ったおにぎりの方が美味し...

  • 開運②

    皆様は量子コンピュータをご存知でしょうか、従来のコンピュータは0と1の組み合わせで計算しているのですが量子コンピュータは0と1の間にある有るか無いか分からない物を使って計算するみたいです。その計算速度は現在あるスーパーコンピュータの約15億倍だそうです。量子コンピュータを使えば新薬の開発、株価の正確な予想、人間の脳の解析などがすぐに出来てしまうみたいです。その他には現代科学では説明できなかったことが分か...

  • 開運①

    フランスの皇帝となったナポレオンは戦場で馬に乗っていた時に足元に四葉のクローバーを見つけて、身をかがめたおかげでその時飛んできた銃弾が間一髪当たらず助かったと言う逸話が残されているそうです。歴史に名を残した偉人さん達に共通しているのは自分のことを強運の持ち主だと思っていたことらしいです。運は私たちの生活に重要なもらしいです。最近では運はコントロールできるという話もあるそうです。皆様は原子より小さい...

  • ダイエット⑩

    階段運動はウォーキングといわれる代表的な有酸素運動で体脂肪を減少させるだけでなく、血液の循環を促進し心臓病の予防、骨粗しょう症の予防、ストレス・不安・抑うつまで低減する有酸素運動の良い点をすべて持っているそうです。階段運動は平地を歩くよりも1.5倍程度運動強度が高く、同じ時間運動した場合効果が大きく、太もも・お尻・骨盤・腹部の部位の筋肉をより多く使用して、筋力と筋肉を育てる効果があるそうです。階段運...

  • ストレス軽減No.53

    心理的な安定のために多くの人が音楽を鑑賞し疲れた心身を癒しているそうです。今は歴史上かつてないほどの音楽でいっぱいの時代だそうです。時間や場所にとらわれず、ほぼどこでも音楽を聴くことができるので、最近の音楽を聴く行為は純粋な鑑賞ではなく、行動を補助する機能的な側面もたくさんあるそうです。 好きな音楽を聴いて仕事をすると作業効率が向上したという研究結果もあるそうです。多くの音楽ストリーミングサービス...

  • ストレス軽減No.52

    ストレスの軽減に良い食品5選ストレスを解消しながら、健康にも良い食べ物と飲み物を調べてみました。1.ヨーグルト低脂肪ヨーグルトには、気持ちを良くする神経伝達物質を分泌するために必要なタンパク質やカルシウムが豊富だそうです。そこにストレスをなくす抗酸化物質と免疫力を向上させるビタミンCが多く含まれた新鮮なベリーを添加して食べれば、さらに良いそうです。2.ナッツクルミとピスタチオ、松の実、カシューナッツなど...

  • ストレス軽減No.51

    皆様はWhitenoiseはご存知でしょうか。一定の聴覚パターンなしに全体的一定のスペクトルを持つノイズをホワイトノイズと言うそうです。ホワイトノイズを聴くと集中力と心の安定効果を得られるそうです。代表的なのは雨の音、波の音、川の音、雷の音、風の音、鳥の声、コオロギの音などの自然音や空気清浄機、扇風機、旅客機のエンジン音などの機械音、カフェの音などの環境音があるそうです。ユーチューブなどのウェブ上では、ホワ...

  • 音楽療法②

    音楽療法は痛みや不安を軽減して、安心感と快適さ、精神的な支えを与えるだけではなく、生活を振り返り、感情表現をすることができる手段として使われるそうです。特に積極的な音楽は思い出の回想、言語を話す、感情表現を引き出すためなどに使用されるそうです。また、音楽は楽器を演奏する中で肯定的な環境を作って安心感を高めてくれると同時に、不安と緊張を減らす役割もするそうです。楽器演奏、歌、即興演奏は感情表現を自然...

  • 癌⑬

    胃癌、大腸癌などに比べてあまり知られてない癌が胆嚢癌と胆道癌だそうです。高カロリー食品の摂取量が増えて患者数が増加しているそうです。 5年相対生存率は約29%で、最悪の癌に選ばれる膵臓癌の約12%に次いで、予後が悪いそうです。・胆嚢癌と胆道癌。胆汁を十二指腸まで運ぶ経路を胆道で、この胆道に生じた癌が胆道癌だそうです。胆嚢は胆汁を一時的に蓄えるところで、この胆嚢に発生した癌が胆嚢癌だそうです。・胆嚢癌- 胆...

  • ストレス軽減㊿

    強いストレスを受けるとPTSDになってしまうことがあるそうです。PTSDは、生命を脅かすほどのストレスや精神的外傷を経験した後に発生する心理症状で心的外傷後ストレス障害というそうです。当時の状況を連想させる会話などを回避する症状が現れてしまい、めまい、頭痛、不眠、食欲低下などの症状も起きてしまうそうです。このような症状は心気症の症状と不眠、不安などが伴って発生してしまう場合が多いそうです。対策としてはスト...

  • 癌⑫

    現代医学は驚くほど発展して今は「がん」は、もはや「死の病」ではないそうです。がんにかかっても、適時適切に治療を受ける場合は生存率を高くすることができるそうです。癌治療の目的は、癌細胞をなくすだけではないそうです。癌患者を生かすことも、がんの治療において重要な部分だそうです。癌と戦う究極の理由は、がんをなくそうとするのではなく、がんにかかった人を生かそうとすることだそうです。新薬開発への期待はお金を...

  • 音楽療法①

    音楽療法とは音楽の様々な機能を活用して、身体・精神的に困難を経験する人々に肯定的な変化を誘導する療法だそうです。音楽療法を受ける対象は、子供からお年寄りまで様々だそうです。音楽療法の最大の利点は、副作用がないという点だそうです。特定の音楽に肯定的な感情を持つようにすると、次に患者さんが自らその音楽を聞いたとき、その感情を再び呼び起こすことができるという点もメリットだそうです。例えば、お母さんが歌っ...

  • パーキンソン病①

    老年期にうつ病があれば、パーキンソン病の発生リスクは約1.3倍に増加してしまうそうです。パーキンソン病は、脳の中のいくつかの神経伝達物質の運動に必要なドーパミン神経細胞の消失に起因する神経系の慢性変性疾患をいうそうです。症状は進行度に応じて手ブレから筋肉の低下に至るまで多様に現れて、ひどい場合は歩くのさえ難しくなってしまうそうです。うつ病は感情処理において重要な役割を担う脳の中の扁桃体の機能低下と関...

  • ドライアイ①

    マスクの着用よりメガネをかける人が苦労しているそうです。息によりメガネが曇ってしまうので、これまで使用していなかったコンタクトレンズを探す人が増えているそうです。角膜は、空気中の酸素と涙を必要とするそうです。ですが、コンタクトレンズの使用は、これを遮断して、様々な問題を誘発してしまう場合があるそうです。長い間使用すればするほど、レンズが汚れ、合併症の発生率が高くなってしまうそうです。長期間使用しな...

  • 顎関節症②

    顎関節症は、食べ物を噛んだり口広げるたびに顎でカチッと音がしたり、激しい痛みを伴って、日常生活に多くの不便を経験することになるそうです。顎関節症はなぜ発生するものなのでしょうか。 顎関節症の原因は、先天的原因と後天的原因の二つに分けられるそうです。先天的原因としては、不正咬合、顎機能障害などがあり、後天的な原因としては、過度のストレス、不適切な食習慣、神経過敏、外傷などらしいです。 このように、さ...

  • いびき②

    年齢を重ねると、ホルモンの影響で、簡単に肥満状態となり、気道が狭くなるため、いびきをしながら眠る人が増えてしまうそうです。いびきをする患者さんは、多くが睡眠時無呼吸症候群を持っているそうです。睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に身体に酸素の供給を妨害するため、長期的に健康に良くない影響を与えてしまうそうです。いびきは、主に中年以上の男性、おじさんたちという認識が強いですが、実際には10〜20代も少なくない人...

  • 不眠症⑨

    人は人生の3分の1を睡眠時間に使うそうです。計算してみると、平均26年ほど寝ることになるそうです。この26年は、残りの人生を元気に生きるために必要不可欠な投資だそうです。これを見落として睡眠時間を減らしてしまうことは、健康を台無しにしてしまう近道でもあるそうです。もし睡眠をきちんとできない生活が続く場合は、脳に老廃物が蓄積されてしまうため、免疫力が低下して、ウイルスや細菌感染などに非常に脆弱な状態になっ...

  • 不眠症⑧

    不眠症により寝不足が続くと、頭痛、吐き気、めまい、食欲バランスの崩れ、肌質の悪化、記憶力の低下、思考力の低下、ストレスの増加、うつ病リスクの増加など色々な症状が起こってしまうそうです。米国の学者さんたちが睡眠状態であるラットの脳を研究した結果、寝ている間に、脳細胞間のスペースが広くなり、脳の中に溜まった毒素を除去するという事実を明らかにし論文に出したそうです。2013年に学術雑誌「サイエンス」で研究成...

  • 不眠症⑦

    英国の研究者調査によるとコロナの時期で睡眠障害を経験する人は15.7%から24.7%に増えてしまったそうです。特に0歳から4歳の子供を持つ母親の場合、睡眠障害を経験する割合が19.5%から40%に、5〜18歳の子供を持つ母親の場合21.7%から38%に急増してしまったそうです。性別によっても不眠症に苦しむ程度に差があったそうです。男性の場合、睡眠障害を経験する割合が11.9%から16.5%に増加したそうですが、女性の場合は18.9%...

  • 不眠症⑥

    人は十分な睡眠をとらない場合、通常の生活の維持が難しくなってしまうそうです。十分な睡眠をとらなければ感情調節能力が歪曲されて、精神的健康に致命的な影響を与えてしまうこともあるそうです。睡眠時間の不足は、糖尿病や心血管疾患、肥満のリスクを増加させて、さらに3夜連続して安眠をとらなければ知覚の歪み、幻覚、妄想などが現れるという研究結果があるそうです。そのため、アメリカ疾病管理予防センター (CDC)は、現...

  • ストレス軽減㊾

    日本の会社員の終身雇用と安定した職場は昔話になってしまったそうです。終身雇用を当たり前のようにしてきた日本でしたが、2000年代以降、企業はグローバル競争力の強化のために、社員は積極的なキャリア形成と年収上昇のために、徐々に転職などを当然視するようになったそうです。1〜2回の転職経験ある会社員の割合も全体の約70%に達するほど、すでに転職は日本でも一般的な位置づけになったそうです。転職を考える契機は、「や...

  • うつ病①

    天気が肌寒くなると疲れていたり落ち込んだ人が増えてしまうそうです。うつ病は現代人に一般的な精神疾患だそうです。単に憂鬱な気分とは異なり、思考、意欲、関心、行動、睡眠、身体活動など全般的な精神機能が低下してしまうそうです。食欲低下をはじめとし、体重の変化、注意力、集中力の低下、否定、無気力、自傷の繰り返しなどがあるそうです。若年層さんの場合、学業や、就職、友人、家族関係などにより、うつ病が発生して、...

  • 薄毛④

    薄毛は、通常、頭髪が存在しなければなら部位に頭髪が少ない状態をいうそうです。日本人の場合、約10万本の髪があ​​り、一日に約50〜100本までの髪が抜けるのは正常だそうです。薄毛の場合、外見上の症状が現れてしまうので、薄毛を患っている人は、ストレスはもちろん、ひどい場合は対人恐怖症やうつ病が発症してしまうこともあるそうです。これらの精神的な問題が発生する前に、しっかりとした薄毛治療を受けるのが重要だそうで...

  • 潰瘍性大腸炎①

    潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の原因は明確にはわからないそうです。遺伝的要因、免疫学的異常やストレスなどの環境的要因が複合的に影響を与えるものと医療界は推定してるそうです。潰瘍性大腸炎は難治性疾患であり、症状が一時的におさまる寛解期と、悪化する活動期が繰り返すそうです。治療も完治ではなく、症状の調節と生活の質を向上させることに重点を置くそうです。いくつかの研究では、潰瘍性大腸炎の患者さんは大腸癌の...

  • 認知症⑧

    ハーバード大学のハーバート・ベンソン教授は、現代医学で解決できる病気の割合がわずか25%に過ぎないと主張したそうです。残りの75%は、食習慣をはじめ生活習慣、運動、瞑想などで向上させた自己修復能力に期待をかけなければならないというものだそうです。認知症も同じだそうです。正しい生活習慣を持ち、脳を部位別に均一に使って全体の機能を向上させると、心と体、そして脳にたまった毒素が抜けていき、体質が改善され、脳...

  • 認知症⑦

    国際アルツハイマー病協会によると、認知症の患者は、現在の5000万人レベルから2050年には3倍以上の1億5200万人レベルに増加すると予想され、世界で急成長している死亡原因の一つとしたそうです。協会によると、アルツハイマー病をはじめとする認知症が世界の死亡原因の5位を占めている状況だそうです。認知症に起因する年間の社会的費用は、約1兆ドル(約105兆円)で、2030年までには倍以上に増加すると予想したそうです。認知症...

  • 腰痛①

    今年の夏は例年とは異なり、コロナの影響で休暇の過ごしかたも大きな変化があったそうです。社会的距離を置くのが日常化されて、海外旅行ではなく、国内旅行で、人が集まらない静かな屋外を探して旅に出る人が多くなったそうです。この時、公共交通機関よりも車を利用する人が増えたそうです。車はとても便利ですが長時間運転をするときは、背骨の健康に特別の注意が必要らしいです。座った姿勢は、立っているときよりも、腰に加わ...

  • 筋肉③

    年齢を重ねるほど安定した筋力トレーニングと十分なタンパク質の摂取で筋力を守らなければならないそうです。 老年期に入った人の場合、お尻・太ももの筋肉が著しく欠けてしまうことが多いそうです。筋肉は、30歳前後と比較して、65歳では約25〜35%、80歳には40%以上減少し、筋力も急激に低下してしまうそうです。年を取れば、当然、筋肉が減るという考えをなおせば、筋力を維持して活気ある老後を送ることができるそうです。 ...

  • 耳鳴り①

    耳鳴りは、外部からの音がないのに、突然「ピー 」と音が聞こえたり、耳の中でブーンという音が聞こえるそうです。人口の約75%が一度は経験する非常に一般的な症状らしいです。ですが他の疾患も持っている可能性もあるので、正確な診断を受けたほうが良いそうです。ほとんどの耳鳴りは、50代に多く発症するそうですが、最近では、20〜30代の患者さんも増えているそうです。騒々しい地下鉄やバスの中でイヤホンをはめて、音楽を聴...

カテゴリー一覧
商用