searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
武本道税理士事務所│福岡の30代若手税理士│クラウド会計専門
ブログURL
https://taxt.jp/
ブログ紹介文
福岡の30代若手税理士です! WEB会議ツールやクラウド会計を積極的に活用することで、業務を効率化しています。 お客様にとって相談しやすく、頼りになる存在として、全力を尽くします!
更新頻度(1年)

3回 / 10日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2020/05/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、武本道税理士事務所さんの読者になりませんか?

ハンドル名
武本道税理士事務所さん
ブログタイトル
武本道税理士事務所│福岡の30代若手税理士│クラウド会計専門
更新頻度
3回 / 10日(平均2.1回/週)
読者になる
武本道税理士事務所│福岡の30代若手税理士│クラウド会計専門

武本道税理士事務所さんの新着記事

1件〜30件

  • 創立費とは?会社設立前の経費をどう取り扱うか?

    会社設立のための費用である「創立費」と、会社設立前に発生した経費の取り扱いについて解説いたします。

  • 開業費とは?その範囲は?(個人・法人)

    「開業費」として処理した支出は、好きなタイミングで経費にできる、とても都合の良いモノとなります。そんなに都合が良いなら、なるべく多くの経費を「開業費」扱いにしたいですよね。どの程度まで開業費として処理できるものでしょうか。その取扱いを見ていきたいと思います。【個人/法人】

  • 消費税課税事業者選択届出書とは?提出すると得する?

    事業主によっては、提出することでトクをするかもしれない書類があります。今回はそのうちの一つ、「消費税課税事業者選択届出書」という書類についてご説明いたします。事業者免税点制度(小規模事業者の納税義務の免除)についても。ご参考になりますと幸いです。

  • 青色申告特別控除65万円の要件

    個人事業主が青色申告することよるメリットのうち大きなものとして、「最大65万円の特別控除を受けることができる」というものがあります。MAXの65万円まで控除を受けるためには、少なからず要件があります。今回は、この「要件」について説明していきます。

  • 青色申告のメリット・デメリット

    個人事業主/法人の確定申告の方法には、大きく分けて「青色申告」と「白色申告」の2通りがあります。果たしてどっちで申告するのが良いのでしょうか?青色申告のメリット・デメリットについて、解説していきます。

  • 税金の還付先に指定できる・できないネットバンク

    ネット専業銀行の場合、税金の還付に指定できないところがあります。そこで、ネットバンクのうち、還付に指定できる/できないものの一覧を以下の通りまとめました。ご参考になりますと幸いです。

  • 所得税の棚卸資産の評価方法・減価償却資産の償却方法の届出書とは?提出すると得する?

    「先入先出法」「総平均法」など色々な棚卸資産の評価方法があります。「定額法」「定率法」など色々な減価償却方法があります。税務署に届出をすることにより、納税者が自由に評価方法/減価償却方法選択することができます。

  • 青色事業専従者給与に関する届出書とは?提出すると得する?

    「青色事業専従者給与に関する届出書」という書類についてご説明いたします。家族が仕事を手伝ってくれている場合は、その家族に対して給与を支払った方が、世帯全体でみると節税になるケースが少なからずあります。期限は開業・または新たな専従者の発生から2か月以内です。

  • 開業時に提出が必要な書類の記載例③源泉税の納期の特例の承認に関する申請書

    今回説明するのは、「源泉税の納期の特例の承認に関する申請書」という書類。税金の納付を楽にするための書類です。7/10までと1/20までの年に2回、それまで差し引いた分を納税すればよいことになります。以下、記載方法等についてご説明いたします。

  • 開業時に提出が必要な書類の記載例②青色申告承認申請書

    今回説明するのは、「所得税の青色申告承認申請書」という書類。税金の申告方法には「白色申告」と「青色申告」の2パターンがあり、青色申告の方が税金が安くなります。以下、記載方法等についてご説明いたします。

  • 開業時に提出が必要な書類の記載例①開業届

    個人事業を開業した場合、開業届等の書類を税務署に提出する必要があります。以下、開業届の記載方法等についてご説明いたします。ご参考になりますと幸いです。

  • 税理士登録書類に代表者の署名は必要なのか?

    小さい事務所や会社ならまだしも、例えば社員1万人以上いる会社の社長の署名を貰うなんて、非常にハードルが高いでしょう。現実的ではありません。

カテゴリー一覧
商用