searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

なりさんのプロフィール

住所
東栄町
出身
東栄町

自由文未設定

ブログタイトル
消防書士のブログ ~元消防士が書く行政書士ブログ~
ブログURL
http://gyoseisasaki.livedoor.blog/
ブログ紹介文
消防士が行政書士に転職・開業。 日常を綴ったり、行政書士の仕事(消防・終活)の備忘録のようなことを綴ったりするブログです。
更新頻度(1年)

19回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2020/05/19

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、なりさんをフォローしませんか?

ハンドル名
なりさん
ブログタイトル
消防書士のブログ ~元消防士が書く行政書士ブログ~
更新頻度
19回 / 365日(平均0.4回/週)
フォロー
消防書士のブログ ~元消防士が書く行政書士ブログ~

なりさんの新着記事

1件〜30件

  • デジタル終活、チェックリストの作成

    今回は終活関係(デジタル終活)のお話です。デジタル終活でまずやっていただきたい重要なことはスマホのロック解除のパスワードを家族などに伝えておくことだと以前書きました。※参考「終活とデジタル終活」そして、余裕のある方は登録してる様々なデジタルサービスの一覧

  • 近況(火災図上訓練の指導を受けるため出張)

    先日、消防機関紙を見ていたところ、事業所を対象とした火災図上訓練の記事がありました。※火災図上訓練とは、事業所等で火災が発生したと想定し、建物図面上で従業員の動き等を確認するとともに課題を洗い出し、解決策を参加者全員で考えることで、今後の火災対応に役立て

  • 秋の火災予防運動

    今回は消防関係のお話です。毎年11月9日から15日までの1週間は、秋季全国火災予防運動が実施されます。例年なら、各地で火災予防普及啓発のためのイベント等が開催されますが、今年はコロナウイルス感染症の影響で縮小傾向のようです。また、このコロナウイルス感染症により

  • 【お知らせ】おうちで学ぼう住宅防火

    今回は消防関係のお話(お知らせ)です。火災には、建物火災や林野火災、車両火災など、その種類ごと大きく分けて6種類に分類されていますが、その中でも建物火災が総件数の半数以上を占めています。毎年35,000~40,000件くらいの火災が発生し、そのうち20,000件近くが建物火

  • 近況

    今日は終活アドバイザー協会主催の終活講座で、名古屋へ向かいました。久しぶりの電車時間より乗換回数が少ない方が好きです午後からの開催で、受講は30名程度でした。今回の講座は2部構成で、第一部『おひとり様の終活の実際』第二部『これからの時代にかかせない「デジタル

  • 消防用設備等の点検アプリ

    今回は消防関係のお話です。※この記事は2020年10月21日現在の消防関係法令に基づいて掲載しています。※この記事は消防法第10条に規定する指定数量以上の危険物を貯蔵・取り扱う施設は含みません。前回、消火器などの消防用設備等が設置(義務)されている20項(消防法施行

  • 消火器などの消防用設備等の点検義務は?

    今回は消防関係のお話です。※この記事は2020年10月18日現在の消防関係法令に基づいて掲載しています。※この記事は消防法第10条に規定する指定数量以上の危険物を貯蔵・取り扱う施設は含みません。防火対象物には、その用途や規模などによって消火器や自動火災報知設備など

  • 近況

    今日は名古屋国際会議場で行政書士の新入会員基礎研修会でした。業務をする上で必要となる基本的なことを一日みっちりと勉強させていただき頭がパンクしそうでしたそして来週も名古屋で終活の研修しっかり身に付けて仕事に活かしていけるといいなと思っていますが、脳みそが

  • 避難所の開設とコロナ対策

    今回は防災関係のお話です。※この記事は2020年10月14日に作成しました。豪雨や地震などのときに、市町村が開設する避難所コロナ禍の避難所運営はどのようになっているのでしょうか?新型コロナウイルスが日本に入ってきてから、国からいろいろな通知などが発出されています

  • 「避難をする=避難所に行く」なのかを考える。

    今回は防災関係のお話です。※今回の避難は、台風や豪雨の際の避難についてです。最近は豪雨による災害が増えています。豪雨(水害)による被害をなくすため、避難の判断や避難の方法などの見直しがされました。なお、今回のお話では、新型コロナウイルスに対する避難所の対

  • 葬祭費や埋葬料の請求

    今回は終活関係のお話です。先日、伯父と話しをしていたら、役場が葬祭費を補助してくれるのを知らなくて祖母の葬儀の費用を補助してもらえなかったと聞きました。死亡届を提出した際に、死亡に伴う手続きの一覧を役場から手渡されたようなのですが、心が落ち込んでいたり葬

  • 違反対象物公表制度

    今回は消防関係のお話です。※この記事は2020年10月6日現在の消防関係法令に基づいて掲載しています。※この記事は国の示している火災予防条例(例)および国からの通知等を参考に作成しています。※詳細等は各市町村により異なる場合があります。違反対象物の公表制度という

  • お袋の味、家庭の味

    今回は終活関係のお話です。突然ですが、みなさんはお袋の味、家庭の味と言われたら何を思い出しますか?私は、母親の味噌汁、祖母のけんちん汁が思い出されます。また食べたいなと思っても、母親も祖母もすでに他界していますので食べることはできません。ふとした時に食べ

  • 危険物の保管

    今回は消防関係のお話です。※この記事は2020年10月2日現在の消防関係法令に基づいて掲載しています。※この記事は火災予防条例(例)を基準に書いています。10月に入り、朝晩はだいぶ寒くなってきました。寒くなってくると出番が来るのがストーブやこたつストーブに使う灯油

  • 終活とデジタル終活

    今回は終活関係のお話です。終活は、人生を見つめなおし、今後のプランをまとめたり財産などの整理や、死後に家族などが困らないように準備し、これからの人生を明るく楽しく自分らしく生きていくために行うものです。ですから、退職後や老後に終活を始める人が多いのが事実

  • 地震後の通電火災を防ごう

    今回は防災関係のお話です。大きな地震の後の電気復旧後に発生するおそれのある通電火災地震により電気配線が損傷しているところに、電気が復旧して火災になったり、漏れ出ていたガスに電気の火花が引火したりして発生するのが通電火災です。地震の際に自宅から避難するとき

  • 散骨

    今回は終活関係のお話です。亡くなられた方の遺骨をお墓に納めず、海や山などに撒く散骨今では空や宇宙に散骨するなど多様化しているようです。この散骨で、気を付けておいた方がいいことには次のようなことがあります。散骨を規制する条例を制定している自治体もあるので、

  • 京都アニメーション火災(火災抑制剤放射器の誕生)

    今回は消防関係のお話です。前回は京都アニメーション火災を契機としたガソリンの携行管等での購入方法が変わったことをお話ししましたが、今回は、火災抑制剤放射器というものが誕生したことをお話します。この火災抑制剤放射器は、京都アニメーション火災のような痛ましい

  • 京都アニメーション火災(ガソリンの購入方法の変更)

    今回は消防関係のお話です。※この記事は2020年9月22日現在の消防関係法令に基づいて掲載しています。令和元年7月18日に京都市伏見区で発生し、大多数の方が死傷した京都アニメーション火災ガソリン蒸気に引火し爆発的に燃え広がりました。この火災を受けて、ガソリンを携行

  • 家族葬

    今回は終活関係のお話です。遺族や親族、親しい友人などだけで故人を送る家族葬前回お話した直葬との大きな違いは、家族葬には通夜や告別式があることです。家族葬は、一般葬のように広くお知らせすることはせず、また、ご近所や会社関係の方には参列を辞退していただくこと

  • 立入検査の事前連絡や実施時間帯

    今回は消防関係のお話です。※この記事は2020年9月17日現在の消防関係法令に基づいて掲載しています。※今回の立入検査の記事には、消防法第16条の5に規定する指定数量以上の危険物に関係するものは含みません。消防機関は火災予防の目的を達成するため、色々なところに立入

  • 100歳以上の高齢者が8万人を超えたそうです

    今日のニュースで、全国の100歳以上の高齢者が8万450人に上り、初めて8万人を超えたと厚生労働省が発表したと報道していました。百歳の高齢者へのお祝い状及び記念品の贈呈について(厚生労働省ホームページ)国が統計を取り始めたのが1963年(昭和38年)で、その当時は全国

  • 露店の防火

    今回は消防関係のお話です。※この記事は2020年9月13日現在の消防関係法令に基づいて掲載しています。お祭りやイベントにつきものなのが露店今年はコロナ禍で、お祭りやイベントの開催が中止されることが多く、露店の出番も少ないと思いますが、この露店の出火防止対策が数年

  • 直葬

    今回は終活関係のお話です。「直葬」これは、通夜やお葬式を行わず、火葬だけをして亡くなった人を見送るものです。家族だけの告別式や読経を加えることもあります。終活などをしていない場合に、家族が直葬を選択すると、葬儀も終わりひと段落してから、あの送り方で本当に

  • 「住警器」って知っていますか?設置していますか?

    今回は消防関係のお話です。※この記事は2020年9月9日現在の消防関係法令に基づいて掲載しています。住警器って知っていますか?正式名称は住宅用火災警報器といいます。こんな感じのものです。↓自分の家にあったかなあ??と、設置してあったか分からない方は、寝室の天井や

  • 延命治療の希望とその準備

    今回は終活関係のお話です。延命治療とは、回復する見込みがない患者に、生命を維持、延長させるために、人工呼吸器や心肺蘇生装置などにを装着し心肺機能の補助などを施すことです。一方、延命治療を選択しないで、人としての尊厳を保って死を迎えることを尊厳死といいます

  • 消防機関による立入検査

    今回は消防関係のお話です。※この記事は2020年9月4日現在の消防関係法令に基づいて掲載しています。消防機関は様々な場所に立入検査をすることができます。どのようなところに立入検査を行うかについては、各消防本部で決めています。いったいどんなことを踏まえて立入検査

  • 遺影の準備

    今回は終活関係のお話です。故人を偲ぶため、また、葬儀に用いるために準備する遺影亡くなった後、葬儀までに必要となることがほとんどですが、次のようなことが、遺影を準備する上で支障となります。葬儀までには時間が短い。アルバムなど写真が保管してある場所を探しだし

  • 終活アンケート

    6月末に開業して早2ヶ月が経ちました。コロナウィルスにより、誰もが色んな形で影響を受けていると思いますが、私も例に漏れず影響を受けておりますやってみたいことは色々あるのですが、今の時期は思うようにできませんねと、落ち込んでばかりもいられないので、出来そうな

  • 安否確認の方法

    今回は防災関係のお話です。けが人や死者が出るような大きな災害が起きたとき、皆さんのお知り合いが、災害地にいるとその安否が心配になりますよね。安否確認の方法として、電話連絡がありますが、たくさんの人が一斉に電話回線を使い、つながりにくい状況に陥りますので、

カテゴリー一覧
商用