searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

華谷 忍さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
華谷忍の妄想科学
ブログURL
https://shinobu-hanaya.hatenablog.com/
ブログ紹介文
日々妄想した「もしこうだったら」「実はこうなのでは?」ということを徒然なるままに。非科学的であろうとも考えてみる。がモットー。 読んでいただければきっと脳への刺激になるはず!
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2020/05/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、華谷 忍さんをフォローしませんか?

ハンドル名
華谷 忍さん
ブログタイトル
華谷忍の妄想科学
更新頻度
集計中
フォロー
華谷忍の妄想科学

華谷 忍さんの新着記事

1件〜30件

  • 人間とAIの差(境界)について―[4]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 3テーマ目は「人間とAIの差(境界)について」というテーマで書いています。 前回は、導入部分と本論をほんの少し書きました。 前回までの記事↓ 人間とAIの差(境界)について―[1] - 華谷忍の妄想科学哲学 人間とAIの差(境界)について―[2] - 華谷忍の妄想科学哲学 人間とAIの差(境界)について―[3] - 華谷忍の妄想科学哲学 今回は、人間の脳とAIの関係に関する3つ目、4つ目の場合…

  • 人間とAIの差(境界)について―[3]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 3テーマ目は「人間とAIの差(境界)について」というテーマで書いています。 前回は、導入部分と本論をほんの少し書きました。 前回までの記事↓ 人間とAIの差(境界)について―[1] - 華谷忍の妄想科学哲学 人間とAIの差(境界)について―[2] - 華谷忍の妄想科学哲学 今回は、人間の脳とAIの関係に関する2つ目の場合について扱おうと思います。。 【目次】 《人間の脳とAIの関係》 ② AI…

  • 人間とAIの差(境界)について―[2]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 3テーマ目は「人間とAIの差(境界)について」というテーマで書いています。 前回は、導入部分と本論をほんの少し書きました。 前回の記事↓ shinobu-hanaya.hatenablog.com さて、今回からさらに深いことを扱っていこうと思います。 【目次】 《AIについて生じる疑問》 ①AIがこのまま進化し続けた場合、人間の脳との差はなくなる。またはそれを凌駕する。(AI≧脳) 《AIに…

  • 人間とAIの差(境界)について―[1]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 3テーマ目は「人間とAIの差(境界)について」というテーマで書いていきたいと思います。 【目次】 《導入》 《人間とAIの境》 《導入》 2020年現在、AI(artificial intelligence)は、非常に注目され、実用化がすすめられています。その典型が、Softbank社のPepper君です。彼(あえてこの言い方をする)は、我々人間の行動に対して反応をし、質問をされれば答えを返し…

  • 宇宙の外にはなにがある?[4]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 過去3回では、我々が一般的に思い浮かぶ一番大きなモノである「宇宙」について考えております。 「我々の宇宙の外には何があるのか?」について書いて、もう4回目です。 前回の記事↓ shinobu-hanaya.hatenablog.com 第1回目:宇宙の外にはなにがある?[1] - 華谷忍の妄想科学哲学 第2回目:宇宙の外にはなにがある?[2] - 華谷忍の妄想科学哲学 第4回目の今回で、このテ…

  • 宇宙の外にはなにがある?[3]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 前回から、我々が一般的に思い浮かぶ一番大きなモノである「宇宙」について考えております。 「我々の宇宙の外には何があるのか?」について書いて、もう3回目です。 前回の記事↓ shinobu-hanaya.hatenablog.com 前々回(初回)の記事↓ 宇宙の外にはなにがある?[1] - 華谷忍の妄想科学哲学 第3回目の今回は、前回に引き続き宇宙の外側についての場合分けの後編です。 【目次】…

  • 宇宙の外にはなにがある?[2]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 前回から、我々が一般的に思い浮かぶ一番大きなモノである「宇宙」について考えております。 今回はずばり、「我々の宇宙の外には何があるのか?」についてです。 【目次】 《宇宙の果てに関する場合分け》 《宇宙の外側についての場合分け~前編~》 ① 宇宙の外側には、別の宇宙がある。 ② 宇宙の外側には、別の宇宙がある 〈観測は難しい〉 〈外側の宇宙は内側の宇宙を認識している〉 《宇宙の果てに関する場合…

  • 宇宙の外にはなにがある?[1]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 今回は、我々が一般的に思い浮かぶ一番大きなモノである「宇宙」について考えてみたいと思います。ずばり、「我々の宇宙の外には何があるのか?」について考えようと思います。 我々は日々の生活の中で「宇宙の果て」という概念について考える機会は少なかれど、その言葉自体は使ったことがあると思いますし聞いたこともあると思います。今回はその「果て」の向こう側に目を向けてみようと思います。 【目次】 《そもそも宇…

  • 【機能美を目指して】LE ARGENT(ル・アルジャン)のマネークリップを購入【長財布(ロングウォレット)から移行】

    皆様どうお過ごしでしょうか。 華谷忍です。 普段、私の個人的な妄想を書き綴っている本ブログですが今回は私の生活について書こうと思います。 【目次】 《もともと使っていた財布》 《マネークリップにしようと思った理由》 〈マネークリップ選び〉 〈マネークリップ購入レビュー〉 《まとめ》 昨今、ミニマリストなどの流れで話題のマネークリップ。 《もともと使っていた財布》 私は特にミニマリストでもなく、大学生の頃より革製の長財布を愛用してまいりました。 使っていたのは、「ART BROWN(アートブラウン)」のロングウォレットです。 artbrown.jp 色は3種類のうち「タン」をチョイス。 この財布…

  • 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[7]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 今回は第7回。最終回です。 前回からの詳細な考察を経て、私がどう結論付けたのかについて述べていきます。 ↓前回の記事↓ shinobu-hanaya.hatenablog.com ↓それ以前の流れが気になる方はこちら↓ 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[1] - 華谷忍の妄想科学哲学 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[2] - 華谷忍の妄想科学哲学 未来が過去を規定している…

  • 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[6]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 今回は第6回。 前回からの詳細な考察。 ↓前回の記事↓ shinobu-hanaya.hatenablog.com ↓それ以前の流れが気になる方はこちら↓ 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[1] - 華谷忍の妄想科学哲学 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[2] - 華谷忍の妄想科学哲学 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[3] - 華谷忍の妄想科学哲学 未来が過去を…

  • 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[5]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 今回は第5回。 前回からの詳細な考察。 ↓前回の記事↓ shinobu-hanaya.hatenablog.com ↓それ以前の流れが気になる方はこちら↓ 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[1] - 華谷忍の妄想科学 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[2] - 華谷忍の妄想科学 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[3] - 華谷忍の妄想科学 今回は「4つの壁」のうち…

  • 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[4]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 今回は第4回。 いよいよ詳細な考察に入っていきます。 詳細な考察をする対象の「4つの壁」については前回と前々回の記事を参照ください。 前々回→未来が過去を規定していると考えたら・・・?[2] - 華谷忍の妄想科学 前回↓ shinobu-hanaya.hatenablog.com 【目次はこちら】 <詳細な考察> ①「時間の果てにあるものは「無」である」について ② 時間の果てには「神」のよう…

  • 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[3]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 今回は第3回。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 【目次はこちら】 4つの壁(後半) ③時間は無限に続くので終わりはない。 ④時間は途方もない未来まで行ったら、我々にとっての途方もない過去に戻る。 前回までの流れは以下の記事をチェック 第1回目⇒未来が過去を規定していると考えたら・・・?[1] - 華谷忍の妄想科学 第2回↓ shinobu-hanaya.hatenablog.com 4つの壁(後半) ③時間は無限に続くので終…

  • 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[2]

    『華谷忍の妄想科学』。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 今回は第2回。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 【目次はこちら】 未来が過去を規定していると考えると? 4つの壁 ①時間の果てにあるものは「無」である。 ②時間の果てには「神」のような何かしらの超常的な力を持った存在がいて、その存在が時間を規定している。 未来が過去を規定していると考えると? 前回の最後で、「未来が過去を規定している」という仮定をもとに議論を進めると書きましたが、「いったいこいつは何を言い出すのだ」と思ったか…

  • 未来が過去を規定していると考えたら・・・?[1]

    今回から、『華谷忍の妄想科学』。はじまります。 科学的に正しくないことであっても、「こう考えたらどうなるのかな?」ということをただただ書き綴っていきます。 これを読んで、考えることって楽しい。って思ってもらえればうれしいです。 第1回は、「未来が過去を規定していると考えたら・・・?」というテーマです。 <導入> <一般的な時間の概念について> <導入> 皆さんは、「時間」について考えたことがありますか?いきなり、出だしから何を言い始めるのかと思う方も多いでしょう。しかし、私たちの生活の中で普通に存在していて特に気にも留めないことについて、あえて考えてみるというのも面白いかもしれません。 もし、…

カテゴリー一覧
商用