searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

チェリーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

東京在住、ツバメさんが大好きな主婦です。 以前、周りに畑が多かったのに、最近ではどこも家が建ち、 緑も少なくなってきてしまいましたが ツバメさんが来てくれる限り守りたいと思います。

ブログタイトル
ツバメのお父さん
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/cherrybomb
ブログ紹介文
ツバメさんが我が家に巣を作ってから今年で8年目。 見守りの観察日記を始めることにしました。 色々あった今までのツバメさんとのお話も思い出しながら綴りたいと思います。 宜しくお願い致します。
更新頻度(1年)

57回 / 56日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2020/05/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、チェリーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
チェリーさん
ブログタイトル
ツバメのお父さん
更新頻度
57回 / 56日(平均7.1回/週)
読者になる
ツバメのお父さん

チェリーさんの新着記事

1件〜30件

  • 妬み(続き)

    友の嫉妬について私がもう境遇の違ってきてしまった友と無理して会わなくてもいいのでは?と思われるかも知れないけど、私の数少ない学生時代からの友私は特に友達と会わなくても平気な方(織田裕二さんの言う『べたべたとした付き合いでなくめったに会わなくても友情関係はある』という感じ?)誘われて会うたびに彼女からは「やっぱり一番気が合う、気兼ねなく話せる」と言われた。友は交友関係は色々あったが上辺だけの付き合いはうんざりしていて「本心を話せるのはあなただけ」と言うのだ。なので私と会う事がストレス発散になると言うので気持ちのずれを感じた私の本心を話して関係を良くできるのもなら良くしたいと思った。私は人に対してあえて意見などしないタイプ。(考え方は人それぞれなので)なので友にしてみれば言いたい事言えて話を聞いてもらえる、都合の良...妬み(続き)

  • 嫉妬について

    人を妬むとは時分と違う立場の人を羨ましく思い悔しい気持ちになる事だと思うけど私は昔からあまり嫉妬心というものはない方だった。でも全くない訳ではなく、たまにはあったがもともとプライドというものもあまりないし比べる事があまりなく「自分は自分、人は人」という気持ちが強いからなのかも知れない。だけど社会に出てすごくハラスメントは受けた方だと思う。上司にセクハラだとかモラハラだとかそういう面では辛い思いを人一倍してきたように思う。自分に至らない面が多いのも関係してるとは思うけど仕事でも交友関係の知り合いからなども嫉妬される事が多く意地悪、陰口などもなどされたり先日では親友から散々イヤミの様な意見をされて嫌気がさしてきたところだった親友との事は解決したが、やはりこれは妬まれての事だと感じた。{嫉妬深い女性はアルツハイマー型...嫉妬について

  • もうすぐ七夕

    7月3日です。近所の雨戸の戸袋から巣立ちしたムクドリさんまだ戸袋から出入りしていてよく手すりにとまっています。巣の場所なんでいつまでもいるんですね。家の巣立ちしたツバメの雛ちゃん達などはそこまでいつまでも車庫に寄り付いてくれたことはないので少し羨ましいです。きっとムクドリの家主さんは戸袋のお掃除など後で大変だと思いますが・・・洗濯物を干す奥さんらしき方を先日初めて見かけましたがきっと生き物に優しい方なんだと思いました。家のツバメさんはお父さんも他のツバメさんも見かけません。少し先の住宅に2件ほど巣を作り子育てしてるようです。通りかかると気にして見ています。ただ車庫の中なんで襲われないことを祈るばかりです。もうすぐ七夕

  • 友へ

    私の数少ない友、長年親友だと思っていた。何でも話せた気ごころ知れた友とたまに会うとここ数年は違ってきていた昔はそんなじゃかなかった。始めのうちは気にしないでいた。だけどここ数年会話するのに疑問に思った。どうも私の日常に嫉妬しているかのよう「なんでそんな楽してるの?私はこんなに大変なのに…わがままな人が幸せで~」わがままとは私のこと?のようだ。友との待ち合せに旦那に送迎してもらう事が気に入らぬようで「自分の友だちと会うのに自分で行けと言われないの~!?信じられない」と、何もかもがそんな感じの会話だ。友の方から誘ってくれるので会っていたが意を決しメールで伝えることにした。病気なのに悪いかとも思ったけど、治療は薬の効果で良い方向に向かい日常生活も普通に戻っていた友。「年取ると思ってることと違う事を言ってしまうんだよね...友へ

  • 「人生の目的は魂を磨く事」

    という記事を目にしました。私の友の話ですが重い病気にかかってしまい「私はこんなに頑張っているのに離婚はするし病気になるし、なぜ何事もうまくいかないのだろう。我儘な人が幸せで神様っていないと思っちゃう」と言った時に友としてどんな言葉をかけていいのやら、落ち込む友に「神は修行をさせるために試練を与えるらしいよ」と以前どこかで聞いたことを伝えてみた。神が過酷な試練を与えるのは魂を精進させる為。と。私も辛い経験をして確かに魂が磨かれてきたように感じた。しかし友は辛い経験をするたびに人に対しても嫌味を言ったりキツイ言葉を投げかけるような人格になってしまったように思えて(昔はそんなじゃなかった)神から与えられた試練を糧にできずどんどん、卑屈になっていくような友にいくら試練を与えても精進しない魂に神は余計に試練を与えるのでは...「人生の目的は魂を磨く事」

  • 「人生に無駄な事など何ひとつない」

    のだと、どこかで目にした事があった。(すみません忘れました)辛い事嫌な経験なぜこんな経験しなくてはならないのかと運の悪さみたいなものをよく感じた頃には疑問に思えた。でも考えてみた。私はあの辛い経験があって人を思いやれるようになったんじゃないか。あの時キツイ上司に怒られたから社会の厳しさも知った。辛いからと仕事をすぐに辞めてしまって自分は根性がない「人生の負け犬」だと思った。皆辛くても働いている、働く全ての人を労い感謝する心が芽生えた。でもそんな経験を糧にして今がある。と納得できた。人生良い事ばかりでなく嫌な事ばかりと感じていた若いころネガティブだった私がポジティブに生きる事願いは叶う、笑いが福を呼ぶ(もともと笑い上戸だったが)など幸せに生きる方法奇跡は起こる信じて起こす(これもどこかで見た)という気持ちに切り替...「人生に無駄な事など何ひとつない」

  • 動物に感情があるなら…

    わんこが獣医さんから「太り過ぎ」と言われた頃の写真です。私達は牛、豚や鶏肉をいつもおいしくいただいているなぁ~と少し複雑な思いがよぎります。「ドナドナ」という歌を中学生の頃歌いましたがあの歌を何故かよく思い出します。あらゆる動物に感情があるのなら、育てられ市場へ出される頃は悲しい思いもあるのでしょうか??とか考えたりします。ツバメさんに感情があるから鶏にだってきっと感情はあるはず。鶏を育てていて自分の家の鶏を食卓に出すまでの行程を見てしまった私の母はショックでそれから鶏肉が食べられなくなってしまったと言っていたことを思い出します。中国では犬も食用になるらしいのでとても複雑な心境です。動物に感情があるなら…

  • わんこカット

    ツバメのお父さん、来てくれないので・・・わんこの写真を載せました。わんこはたまに家でサマーカットしてましたがトリミングにも行っていました。もとはもっと長い毛並みですが、この時は少し短くカットしてます。ムクドリさんご近所の、雨戸の戸袋の手すりにとまっている姿よく見ます。巣立ちしてもまだ戸袋の中で寝てるんですかね。夕方7時近くに2羽ほど出入りしてました。わんこカット

  • 動物愛護

    ワンコをシャンプーしてる時の写真です。ツバメさんに限った事でなく、生き物の命を大切にしたいとは思うのです。猫や犬の処分を無くそうと、最近はペットをペットショップで購入するのでなく保護されてるところから里親になるという方法も多く広まってきています。人は動物と小さいころから関わっていると生き物が自然とカワイイと思えるようになると思うのですが関わってこなかった人は興味ない感じで動物の気持ちを考えず不潔、病気がペットから感染する(これは気を付けたいと思いますが)などと、話しをされます。私は父が動物好きで子供の頃から色んな動物に関わってきたので自然と生き物は何でも好きな方ですが(虫はカブトムシクワガタ以外は苦手ですが)織田裕二さんんも同じように父親が動物好きだったから自分も好きだと言っていてTV番組で織田さんがアザだらけ...動物愛護

  • 保護生活を振り返ってみて…

    私が保護した雛ちゃんは巣からコンクリート落ちた時に羽の骨が折れていたのだと思われます。それを戻してくれた店主さんによって無事成長はした。が・・・飛ぶことができないツバメだった。巣から落ちる雛は珍しくないことから私は雛が落ちても大丈夫なように、落下場所にはやわらかい物を敷くまたは巣の直ぐ下にフン受けを設置して地面に落ちないようにしています。(カラスなど足場にならないような位置に)保護した雛ちゃんの事を気にされて何度かお店の方に尋ねられた時は「元気にしています~」と伝えるとにこやかにされていたけど、「旦那さんには何か言われなかった?」と気にされていたり保護を決めた時も「大丈夫?」と心配されました。やはり野生の鳥を家で面倒見るにも家族の承諾も必要かと思いますしたまたま家はダメだという家族は居ませんでしたけど私は時間の...保護生活を振り返ってみて…

  • 保護つばめちゃんとのお別れ

    保護したばかりの頃は家の車庫にも雛を巣立ちさせたあと、親だけたまに来ていたりしたので、ぴいちゃんを窓から見せてみたのです。ぴぃちゃんは「ウィッ、ウィッ、」と呼びお母さん「なんで家の中に雛がいるの?うちの子じゃないわよね」的な・・・?「この子は、飛べないからお家にいるの、よその子なの」と私は説明しましたが気になるようで何度か車庫に来ていたお母さんツバメ。ぴぃちゃんは全く飛べるようになりませんでしたし、それどころか何となく筋力も衰えてきたように思い止まり木から落ちたりするのも気になり下から止まり木に自分で乗れるのか練習させたりしました。やはり下に置くと、止まり木に飛び乗ろうと努力するので羽ばたきやっとの思いで低い止まり木にあがると「ジュジュジュ」と不満そうな文句を言っているようでした。(笑思えば段々、パチパチとくち...保護つばめちゃんとのお別れ

  • 保護ツバメちゃん観察

    ぴぃちゃん、日光に当ててあげようと日当たりのよい部屋に行くと日向・・・」。独特の羽を開き気味の体制で私は始めその体制を見た時、具合が悪いのかと勘違いしたくらいです。顔も、ボーつとしてアホみたいな顔になるので面白いです。鳥は表情があまりないかと思いましたがこの時は「おかしい顔!」と思いました。いつもはくりくりの目でかわいい顔ですがあまりアップの写真を撮り続けてい時は険しいきつい顔に撮れたので「もうやめてよ」と機嫌悪くしていたのかな・・??日光が当たり暑くなるとエサの横にある飲み水の中に顔を突っ込み体にかけるようなしぐさでブルブルと水浴びのようなことをいつもしていました。寝るときは自分の頭の上あたりにぴいちゃんボックスを置いて寝ていました。ある時は夜中に止まり木から何度か落ちたりしてバサッと羽の音がして慌てて起きた...保護ツバメちゃん観察

  • 保護ツバメちゃん

    「チュチュ…チュィ、ピ、ピ、ぴぃちゃんぴぃちゃん、ぴぃちゃん、、、チュチュ、ピピィピピー,ぴぃちゃんぴぃちゃん、ぴぃちゃん、ピピィチュチュ・・・」という風にぴぃちゃん、と本当に繰り返し言っていました。聞き取り方でそう聞こえたと思われるかも知れませんが家族もハッキリ「ぴぃちゃん、って言ってたね」と驚きました。それっきり一度限りの事でしたが。保護していて普通は暖かい国へ渡る鳥、ツバメが日本の冬を越す為に色々調べて寒さに弱いらしいので保温できる専用の「ぴぃちゃんボックス」も作りました。お留守番や寝るときに入っていてあとは家の暖房が点いてる部屋にいるときは専用のカゴにいてよく話しかけていました。父が来ていて見ている前でぴぃちゃんがエサを咥えて飛ばしたりすると「ダメじゃないか~飛ばして」と言い投げたエサを皿に戻すとまたそ...保護ツバメちゃん

  • 久しぶり~のツバメさん達

    昨日、夕方ツピー!ツピー!ツピーッ!!の声。お父さん??5~6羽のツバメさんが家の上空を舞っていたと思ったら家の駐車場に入ってきた~4羽止まり木にとまっていた(中には幼いツバメも)すごいスピード、ツバメ返しと言われるような鋭角カーブで飛んで来たり惚れ惚れするほどツバメの飛び方は独特でカッコイイ!?(といつも思う)そんな飛び方のできないツバメさんはとても可哀想に思えたけど、私がお世話しなければ生きていけないので保護したヒナちゃんに名前を付けた。止まり木にいるとごく普通で少し羽が傾いている程度でなのにやはりまったく飛べなかった。1メートルくらい飛んで落ちてしまう。私はいつもそばにいたけど、家族が帰ってくると「誰?」と言う顔して見たりしていた。夕食の準備を始めると決まってしきりに鳴き出して「私にもご飯、ちょーだい」と...久しぶり~のツバメさん達

  • 飛べない巣立ち雛を保護

    私は巣立ちできなかった飛べない雛を保護しました。その時の写真です。それは丁度お盆の初日でした。兄弟が皆巣立っていくのを追いかけて飛んだけど、飛べずに落ちてしまい地面から飛び立つことができなかった雛ちゃんどれほど心細く悔しかったでしょう。店主の方が「バタバタするんだけど、飛べなんだよね、親は上から見ていて何度も来るんだけどねこのままだと死んじゃうから」と。やはり親も子を置いて行けず気にしているんだなぁ~と人間のような感情があり心配しているんだと思いました。巣立ちを観察していてくれて落ちた雛を一時保護してくれていた店主さん誰も見ていなければ一つの命を落としていたかもしれない大切な命を救う事ができました。私はまた違う巣の雛を保護することになりましたが今までとは違い今度は飛べません。今は飛べなくてもこれからもしかして飛...飛べない巣立ち雛を保護

  • 飛べない雛

    私が巣をつけたお店の道を挟んだ場所にもお店があり私が巣を付けているときにもそこの店主さんが見ていて「どうしたの?」と聞かれ「巣が落ちてツバメが死んじゃったのでも2羽助かったみたい」と会話されていていました。後にも巣立ちの時も私が来て見ていたのをその店主さんもニコニコと見ていました。で、ある日「飛べない雛がいる、どこへ問い合わせてもわからないようなのでどうしたらいいかしら?」と連絡が来たので私は駆けつけました。すると巣を付けたお店のツバメが巣立ちした、その後その前の店の2階のアパートにも巣を作りそこで雛が落ちて戻したらしいのですがどうも飛べないので1羽巣立ちできなかったようで皆が巣立ちした後1羽地面に落ちてしまっているので保護してあるが親が気にしている。という話。飛べないのなら私が引き取りますが親が気にしているの...飛べない雛

  • ついてくる?ツバメさん

    《この画像は4年前頃のカワイイヒナちゃん、プチ巣立ちした時のものです。車庫にたくさん止まり木をつけ足したので車庫内で少し飛んで練習できるので便利になりました。》行きつけの店舗でツバメさんが営巣始めていたことに驚いた私ですが不思議に思う事は他にもあります。私がワンコの散歩で、歩いて行けるすごく近いまた違うお店によく通っていたのですがたまたまオーナーと、ツバメの話になりそこのお店には10年くらい前からツバメの巣が毎年作られていたというのです。聞くと数年前に改装した頃(家にツバメがきた頃)から来なくなった、と言うのです。それと私の家にツバメが来ていて私がある日、家族と車で近くのお店に食事に行った時、駐車場に停めて店内へ向かう為歩き出すと私の真横をツバメが低空飛行で飛んできたのです。2~3羽まるで私に気が付かせようと飛...ついてくる?ツバメさん

  • 偶然!行きつけのお店のツバメの巣

    私の家にツバメが巣を作りツバメのお世話をして数年だった頃、偶然私のよく行くお店の2階の店先の入り口近くにツバメが巣を作り始めていてビックリした。そんな確率でツバメさんの巣を見られるなんて・・・。そこのお店のオーナーが巣台を取り付けてくれていて心が和んだ。でもある日巣台があるのに「巣が壊れて落ちているヒナがどうなったか?お店の方は分からないからどうしていいかわからない」と話していた。私はエサを持参で助けに行った。巣が半分以上壊れて2羽生きていて口を開けていたのでエサを与えて帰宅した。カラス除けや猫の足場になるような物は置かない方がいいと助言してきた。その後2羽は元気に成長したようで、偶然私がお店に顔を出した時2羽の巣立ちを見られて嬉しさ込み上げてきた。それは私が置いた人口巣のを見ているとヒナちゃんがいて親が離れた...偶然!行きつけのお店のツバメの巣

  • カゴに移した時の雛ちゃん達

    《これも一年目の写真です。親はあまり逃げなくて、雛たちは少し不愛想な感じで親があげそこねて落ちた虫をあげてみたら無視されました。同じ食べ物でも親からもらわないと食べないんですね。》昨日巣立ちしたかと思われる近所のムクドリの雛たちは夕方7時頃1羽手すりにとまっていたのを見ました。今朝も、数羽で戸袋から出入り、家の前に降りてきて地面を突いていたのでエサでも拾ってるのかしら?近くで見ることができましたが、かわいいです。また戸袋へ戻っていきました。もう自由に外へ行き来できるので立派に成長しましたね。これでほっとしました。ご近所さんの話になりますが犬同士が仲良くて話するようになった奥さんその方は家の車庫を飛ぶツバメを見て「突かれないように気を付けて」と言われたのには少し意外でした。犬は好きでも鳥はそうでもないのかな・・・...カゴに移した時の雛ちゃん達

  • お父さんお帰り♡

    ☆《この画像は、巣が崩れる前の窮屈な5羽の雛の様子です。私は「早く巣立ちしないと崩れるよ~~~」と毎日ハラハラしていました。1年目という事もあり、手を出して良いのか?と、数日そのままだったのですがヒナが落ちそうになり脚一本で巣にぶら下がっているところを見つけ戻したとたん巣の半分が崩れ、かごに移し替えないと全部落ちてしまう!と決断しました。今なら崩れる前に人口巣に変えるんですがと言うよりもう始めから人口巣を取りつけています。》~本題~昨日は外出から帰宅すると車庫にツバメのお父さんは居なかったのですが車を入れて、7時頃に確認しに行くと、なんと!!お父さんがいるではないですか!窓から確認して、まさか!!幻覚を見てるんじゃないよね~と外へ飛び出し確認。来ています。定位置に。慌ててネットを閉めました!嬉しい~~~。思わず...お父さんお帰り♡

  • ご近所付き合いとツバメのお話

    朝から雨模様ですが、ムクドリさんは来週あたり巣立ちかも知れません。先日車庫にいたら近所の奥様に「スズメ?来てるの??」と聞かれました。「ツバメ・・・来なくなっちゃったんです」とお話ししましたが以前その奥様はご近所トラブルがあるようでほとんど一方的に私に愚痴をお話しされたのできっとずいぶんな鬱憤がたまっていたのだと思います。リフォーム会社のツバメのお話しをすると、「スズメ愛ですね」と。(いえいえ、ツバメです・・・スズメは家に近くには来ませんから・・・)あと、ご近所さんの私の少し苦手だったおじい様がなのですが、私がPTAで一緒だった親しい奥さんとトラブルがあり奥さんそのおじい様を見かけると逃げるようにして避けていたので私と立ち話しているときに逃げて行かれることもあり私までおじい様に{悪口言う仲間?}とでも思われてる...ご近所付き合いとツバメのお話

  • わんこの話

    わんこが天国へ逝ってから、たまに傍にいるような気がする時があった。わんこはいつも私が出かける用意をすると、どこでも付いて来たがってあとを追い吠えていたけど連れて行けない時は仕方なく置いて行っていたので魂になってからは「どこでもついてきていいよ。」と車の中で独り言を言ったりする。傍にワンコの魂がいて聞いているという気がして・・・。去年のお盆はワンコの夢を見たりワンコの足音がしたりそれを娘に話すと娘も、「あっ」と言いベッドの周りをワンコが歩いている気配がした、と・・・同じ日に私と娘がワンコの気配を感じていたのは不思議だった。お盆だからわんこの魂がきてくれたんだね、って話しました。わんこの話

  • 暑いですね。

    外出時、マスクをしていて、顔が熱くなり帰宅してからも不調になっています。お仕事されてる方々はもっと大変ですよね。昨日今日と気温も暑く、はやくもバテ気味です。バテるの早いですよね・・・まだこれから暑い夏がやってくるのに・・・。ツバメさんは巣立ちしてからも、家主さんに挨拶しに来てくれるという説があり私もそんな体験何度かしました。毎年同じ挨拶とか決まりはないようでその時々でただ家の前の電線に大勢(家族?仲間?)と並んでとまりにぎやかに鳴いていたりするだけとか、下から声をかけたらヒナちゃん特有の羽を震わせる、という態度や、軽く飛び上がるとかそれぞれですが掃除していた私のいる車庫の中を5羽くらいでパタパタと入ってきて私のすくそばまで来てくれゆっくり私の周りを廻ってくれた時は「ありがとう」とお礼を言われたような気持になりと...暑いですね。

  • わんこ

    とってもかわいいクリクリの瞳よくじーっと私を見てくれました。とっても癒されていました~。今日は暑いので何もやる気が出ないですね・・・。わんこ

  • ツバメが来る家

    ツバメが巣をかける家は繁栄すると言われているという事を私が知ったのは家にツバメさんが来てくれた後だった。その前はツバメさんのことなど関心がないという以前にツバメという名前しか知らないくらいだった。私は結婚してからは旦那の転勤などで引っ越しばかりしていた。でも旦那が’(多分)転勤がなくなりここへ来てからツバメさんが巣を作った。私はツバメさんと出会えたからここへ来て良かった~と今の住処が気に入っている。その前はまた引っ越すかも知れない?とも思っていたけどもうツバメさんが来てくれる限りはここに住み続けたい。緑地が減ってもうツバメさんの望む環境ではなくなってしまったら寂しいけれどそれは仕方ない事なので諦めるしかないけど・・・。ムクドリの事はよく知らないし好きって思った事は今まで特にないけど近所でエサを一生懸命運んでる親...ツバメが来る家

  • ツバメの仲間?

    ツバメの家族は生後一ケ月くらいは親と暮らす、とツバメ図鑑で見たけど家族、兄弟などがお助け隊(ヘルパー)になったりする率が高いのかな?と思えました。家の車庫で先に巣だった1番子らしき幼いツバメがよく車庫に現れて窓枠にとまったりしていた。ツバメの仲間?

  • 協力し合うツバメ

    ツバメのヘルパーさん?お助け隊?とかっていうのがあるらしいと私は1年目の営巣の時、知りました。4羽~6羽の雛が巣立ちしてあちこちに飛んで行く時、親以外にお助け隊が来てくれて巣立ち雛の面倒を見てくれたり誘導してくれたりするっていうのも感動した。私が初めて聞いたピピ、ピピ、と「大丈夫?大丈夫??」と言うような鳴き方で巣立ち雛のすぐそばに付き一緒に寄り添い、声をかける(多分)親の声の優しさは今も忘れない。そして巣立った1羽の雛の横に一晩電線で付き添って寝る、1羽の親以外のツバメはヘルパーかお助け隊だったのだと思う。☆今日の写真はダニがわいて巣を取り替えた時に花柄の布を付けたカゴ取り変えた時の写真です。お父さんの反応が面白かった。花柄のカゴを見るなり「ツピーーーッッ!!!!!??」それはそれは大声で「なんだ~?この巣は...協力し合うツバメ

  • ツバメさん仲良くね

    車庫に翌年4月一羽のツバメが来て寝泊りし始め嬉しかった。きちんと、夕方になると泊りに来ては同じ場所で寝る。胸の模様や尾の長さ性格で違いを判断していたのですがこの時はもしかして保護していたヒナちゃんが帰って来たのかと思ったりもして胸の模様はヒナちゃんと似ているかも?という気がして「ヒナちゃん?」と近寄り聞いてみたりしたけど逃げはしないものの、返事なし。(笑)毎夜1羽で寝泊りがしばらく続きそのうち昼間には違うオスが来て、お嫁さんが決まったようで賑やかにしてた。でも夕方1羽でて泊りに来るツバメは1羽で行動してる別のツバメのような?よーく観察しなければわからないくらい紛らわしくなってきた。昼間はひとしきり夫婦2羽が巣の準備をしたりしてる。寝泊りするのは1羽。夕方ぎりぎりに帰ってくる。どうも夫婦と別に4月から寝泊りしてた...ツバメさん仲良くね

  • ツバメ関係(人間関係)

    野生の世界は厳しい、と思う。「意地悪をするツバメの雛がいる」と私が何気なく旦那に話したとき「意地悪をするのは本能にあることだからツバメにだってある。」と旦那がある日言った。本能にあるというのはそうかも知れない、だけど私は「いじめ」に関して子供の学校では厳しく先生には教育して欲しいと思う方だった。私は子供たちには仲良く助け合う友情、人間関係の在り方などをモットーに教えてくれた小学生時代の先生がいた。そんな先生こそ教師の鏡だと感じた。本能にあるのだから、良い、仕方ないという事にはならないと思う。本能にあったとしてもそれは良くないから「仲良くね助け合いましょう」と私だったら自分の家にいるツバメたちに私はツバメの雛たちに伝えたかったのです。ツバメの世界では親以外のヘルパーが雛の給餌を手伝ったり迷子になった別のよその雛を...ツバメ関係(人間関係)

  • ツバメの兄弟について

    保護したヒナちゃんの兄弟はとても仲が良かったと思う。ヒナちゃんが家から出れば気にしてよく何度も迎えに来てくれてた。けれどそれは私が教えた、‥‥と言ったら笑われるだろうか。一番初めに家に巣を作った時の兄弟は仲が悪かった。親はキツイ親でもなかったのに雛たちは、私が観察していた時エサを自分がもらえないと食べた子を突いて「なんでお前が食べた!」と言わんばかり。兄弟で突き合いとかしてて私は「仲良くしなさい」と思わず声かけてしまうくらいで雛は落ちることが珍しくないのでいつももう下にクッションなど置いていたのだけど落ちた雛を戻すと「入ってくるな」というような態度をしてみたり巣立ちした時も、交互にを出ては巣に戻ってきたりした時に巣に入るな、という意地悪な様子の兄弟がいたりした。いつも私は「意地悪しないの、兄弟仲良くしなさい」と...ツバメの兄弟について

カテゴリー一覧
商用