searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Nickさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Nick Study
ブログURL
https://www.nick-study.com
ブログ紹介文
プログラミング(Python独学)&英語学習のメモと記録を投稿しています。 初心者の方でもわかるように工夫しているので是非ご覧ください! 英語学習はディズニー映画を主な教材としています。
更新頻度(1年)

7回 / 54日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2020/05/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Nickさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Nickさん
ブログタイトル
Nick Study
更新頻度
7回 / 54日(平均0.9回/週)
読者になる
Nick Study

Nickさんの新着記事

1件〜30件

  • 【ラプンツェル英語学習】第4回 ゴーデル嫌なやつ…

    withoutゴーテルが吊り上げてもらった後のシーン(10:21~)です。How you manage to do that every single day without fail.この文はこの後の文法でも触れますが、ここではアクセントに着目します!withoutの発音を「ウィズアウト」だと思っていると聞き取れません!このシーンでゴーテルは特にアクセントをはっきりつけているので、withoutは「ゥズアウト」という感じで発音されます!冠詞aの発音ラプンツェルが必死にゴーテルに訴えるシーン(ゴーテルは聞いてない)(10:41~)です。tomorrow is a very big dayこのセリフでは冠詞のaを「エイ」に近い音で発音しています。これは、1つという意味を強調したいときによく使うそうです。ちなみに、iPhoneの人は無料で聞ける「Podcast」というものがありますが、そこにある「オズの魔法使い(英語版)」では、この発音がかなり頻繁に出てくるので、iPhoneの方はぜひ聞いてみてください!

  • 【Python独学】第6回 オウムボットからinput()関数とwhile文を学ぼう

    こんにちは、ニックです!今回は結局何が作れるの?基礎知識はつまらん。という方が多いと思うので(私もそのうちの一人)超簡単な会話ボット(オウムボット)のコードを書いて、そこからinput()関数とwhile文を学んでいこうと思います!オウムボットを作ろう会話ボットとは、入力に対して返答をするプログラムです。LINEの公式アカウントがイメージしやすいと思います!公式アカウントは何を送っても同じことが返ってきたり、ランダムで数パターンの返答をしてきますよね!あんな感じです!

  • 【ラプンツェル英語学習】第3回 歌のシーンが楽しすぎる!

    リスニングso do you外に行きたいというパスカルに対するラプンツェルのセリフ(5:50~)です。I like it in here and so do you.このso do youではdoの発音が弱く聞き取りにくいので注意しましょう!the歌の曲調が変わった後の部分(7:44~)ですTomorrow night, the lights will appearこの部分では、theがほとんど聞こえないので、オーバーラッピングやシャドーイングのときもそこを意識しましょう!ちなみに、私の予想ですが、

  • 【Python独学】第5回 変数を使ってみよう!

    変数とは、簡単に言うと値に名前を付ける仕組みのことです!全然簡単じゃない…笑とりあえず例を見て、やってみればわかると思います!習うより慣れろ!が重要!まず下の4問を解いてみましょう!(例) [問題]式はすべて演算子を用いて表しなさい。1⃣ ニックは4人家族です。(1か月を30日とする) 1)1人につき1日1,000円の食費がかかります。1か月の食費は? (2)家族全員で月40,000円の光熱費がかかります。1人分は月いくら? 2⃣ ニックに弟ができて5人家族になりました。(1)1人につき1日1,000円の食費がかかります。1か月の食費は(めっちゃ食いしん坊の赤ちゃんということで!笑) (2)家族全員で月40,000円の光熱費がかかります。1人分は月いくら?(食べまくるくせに光熱費は変わらないということで!笑)

  • 【Python独学】第4回 演算子を用いた数値計算をしてみよう【プログラミング】

    プログラミング用の式前回、プログラミングに用いる式は普段手で書いているような式とは違うということを書きましたが、実際にはどう記すのかを今回やっていきます!!実際手で書くときは+,-,×,÷のような記号で表します。しかし、プログラミングではこれらに代わり、演算子というものを使います。 これは実際に見たほうが早いと思うので、今回はこの演算子を前回学んだprint()関数で表示していきたいと思います!!

  • 【ラプンツェル英語学習】第2回 フリン・ライダーのナレーション早すぎ...。

    golden flowerの説明が始まるシーン(1:10~)のスクリプトです。Now, once upon a time, a single drop of sunlight fell from the heavens and from this small drop of sun, grew a magic, golden flower.日本語訳は「さて、むかしむかし、天から一粒の陽の光が落ちてきた。そして、その小さな陽の光から神秘的な"黄金の花"が生まれた。」となります。私が最初に訳したときは「さて、むかしむかし、一粒の太陽の光が落ちてきた天国と小さなその光から」とそこまでいって???でした。andの後ろにfromがあったら前の前置詞のカタマリと並立だと思うじゃないですか…。実はここにトリックがあるんです。今回、andは「句と句」ではなく「文と文」を結んでいるんです。すなわち、Now, once upon a time, a single drop of sunlight fell from the heavensとfrom this small drop of sun, grew a magic, golden flower.に分けられるということです。そして、厄介なのが後ろの方の文です。from this small drop of sun, grew a magic, golden flower.は倒置形になっているんです!!本来は golden flower grew a magic from this small drop of sun.になるはずの文が倒置されているということです!

  • ラプンツェルで英語学習

    プログラミング学習と並行して英語学習もしていこうと思います! 英語学習を始めようと思った理由 ラプンツェルで英語学習をする理由 現在の自分 到達目標 大まかな学習計画 第一段階の計画(ラプンツェル) 第一段階の計画(ラプンツェル以外) Teddonとは 教材について 英語学習を始めようと思った理由 ・安宅和人さんの「シン・ニホン」に触発され、使える英語を身に付けるため・英語は社会に出ても必要とされるから・自分にこれといったスキルがなく、使えるスキルを身に付けたかったから ラプンツェルで英語学習をする理由 ・ディズニーは子供も見るため、比較的簡単かつ聞き取りやすいから・会話が多くその中でもラプン…

  • 【Python独学】第3回 print()関数を使ってみよう【プログラミング】

    print()関数とは「関数」…もうこの言葉を聞くだけで頭が痛くなる方もいますよね...笑ただ、print()関数に関しては、「これから〇〇するよー!」というときに使うのが「関数」っていう認識で大丈夫です!つまり、「今から〇〇って入力するからそれをを表示してね!」というのがprint()関数です。詳しくはもっと関数っぽいのが出てきたら学ぼうと思います!print()関数を使ってみる数値計算の結果を表示する 実は前回使っ「print(1 + 2)」というのが数値計算を表示するprint()関数だったんです。つまり、print(数値計算式)と書けば、その計算結果を表示してくれるということです!今回は試しにprint(2 + 2と、さっき準備したVS Codeの1行目に書いてみます!

  • 【Python独学】第3回 print()関数を使ってみよう

    print()関数とは「関数」…もうこの言葉を聞くだけで頭が痛くなる方もいますよね...笑ただ、print()関数に関しては、「これから〇〇するよー!」というときに使うのが「関数」っていう認識で大丈夫です!つまり、「今から〇〇って入力するからそれをを表示してね!」というのがprint()関数です。詳しくはもっと関数っぽいのが出てきたら学ぼうと思います!print()関数を使ってみる数値計算の結果を表示する 実は前回使っ「print(1 + 2)」というのが数値計算を表示するprint()関数だったんです。つまり、print(数値計算式)と書けば、その計算結果を表示してくれるということです!今回は試しにprint(2 + 2と、さっき準備したVS Codeの1行目に書いてみます!

  • 【Python独学】第2回 VS Codeでコードを書こう!【プログラミング】

    こんにちは! 今日は前回の開発環境準備に次いで、さっそくコードを書いてみようと思います! フォルダの作成 手順 1.cmdの起動 2.カレントフォルダの指定 3.フォルダ「Nick_Study」の作成 コードを書いてみる 手順 1.VS Codeの起動 2.新しいプロジェクトの作成 4.コードを書いてみる 実行してみる 手順 1.cmdを起動する 2~4カレントフォルダ指定 5.実行 次回予告 注意点 ・当ブログは素人が書いているため、プログラミング経験者の方からすると専門用語など不適切な表現もあるかもしれません、ご容赦ください。・当ブログは素人が書いているため、間違いがあるかもしれません、そ…

  • 【Python独学】第2回 VS Codeでコードを書こう!

    こんにちは! 今日は前回の開発環境準備に次いで、さっそくコードを書いてみようと思います! フォルダの作成 手順 1.cmdの起動 2.カレントフォルダの指定 3.フォルダ「Nick_Study」の作成 コードを書いてみる 手順 1.VS Codeの起動 2.新しいプロジェクトの作成 4.コードを書いてみる 実行してみる 手順 1.cmdを起動する 2~4カレントフォルダ指定 5.実行 次回予告 フォルダの作成 前回コマンドプロンプトを使いましたね! せっかくなので今回はそのコマンドプロンプトを使って今後Pythonのファイルを保存するフォルダを作成したいと思います! 手順 cmd(コマンドプロ…

  • 【Python独学】第1回 学習計画とPythonの開発環境準備

    今日からプログラミングの勉強を独学で始めようと思います! プログラミングを始める理由 Pythonを選んだ理由 現在の自分 プログラミングの到達目標 学習計画 エディタの準備 エディタの必要性 Microsoft Visual Studioを選んだ理由 Microsoft Visual Studio2019のインストール Pythonのインストール Pythonを起動してみる さいごに 注意点 ・当ブログは素人が書いているため、プログラミング経験者の方からすると専門用語など不適切な表現もあるかもしれません、ご容赦ください。・当ブログは素人が書いているため、間違いがあるかもしれません、その点は自…

  • 学習計画とPythonの開発環境準備【プログラミング】【第1回】

    今日からプログラミングの勉強を独学で始めようと思います! プログラミングを始める理由 Pythonを選んだ理由 現在の自分 プログラミングの到達目標 学習計画 エディタの準備 エディタの必要性 Microsoft Visual Studioを選んだ理由 Microsoft Visual Studio2019のインストール Pythonのインストール Pythonを起動してみる さいごに プログラミングを始める理由 ・安宅和人さんの著書「シン・ニホン」を読み、今後生きていくうえでAIをはじめとしたテクノロジーの知識が重要であることを知ったから・現在自分で行っているものを自動化することで人しかでき…

カテゴリー一覧
商用