searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

つがらーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アニメで育む人間性~アニメやマンガの名言集~
ブログURL
https://animeigen.tsugarer.com/
ブログ紹介文
アニメやマンガで自分が名言だと思うものを、そのシーン等のちょっとした内容と、自分が感じたこと・思ったこととともにご紹介します。
更新頻度(1年)

8回 / 34日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2020/05/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、つがらーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
つがらーさん
ブログタイトル
アニメで育む人間性~アニメやマンガの名言集~
更新頻度
8回 / 34日(平均1.6回/週)
読者になる
アニメで育む人間性~アニメやマンガの名言集~

つがらーさんの新着記事

1件〜30件

  • 自然の産物と慈悲

    「人が自然から生まれた生き物なら人が出すゴミや毒も自然の産物ってことになる。このまま人間が住めなくなったとしても、それはそれで自然がバランスを取った結果ということなんだろう。」 「自然に慈悲なんてものはない。」 アニメ:ガンダムユニコーン RE:00906 第11話 制作:サンライズ・メ~テレ 発言者:スロベア・ジンネマン

  • 機械は決断しない

    「どんな時代だろうが機械は決断しない。戦闘は…人間がやるんだ。」 アニメ:ジパング 第21話 製作:ジパング製作委員会 TBS 発言者:角松 洋介 (みらい副長)

  • 卑怯なのは誰か

    「裏切られたって裏切ったヤツが卑怯になるだけだ。」「私が相手を信じることと、相手が私を裏切ることとは何の関係もなかったんだ。」 アニメ:十二国記 第7話 制作・著作:NHK アニメーション制作:スタジオぴえろ 発言者:中嶋 陽子(主人公) アニメ・シーンの概要 小野不由美さん原作の小説「十二国記」。つがらーも現在、少しずつ原作を読んでいるところです。アニメではオリジナルキャラクターがおり、やや展開が異なる部分もありますが、とにかくこのアニメ・小説は名言が非常に多い!このブログでも今後何度もご紹介することになると思います。 ストーリーはざっくり言うなら、1人の女子高生が異世界に飛ばされ、一国の王…

  • 組織の死因

    「組織のトップに立つ人間が自身の権力争いの道具として組織を利用し始めた時から緩やかな死が始まる」 アニメ:攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG 第16話 製作:攻殻機動隊製作委員会 発言者:荒巻 大輔(公安9課課長)

  • 教育と自主性

    【あなたは“教育”をしていない】 【あんたは彼らに「よーいドン」を言う義務がある。スタート地点を教えて、向かう方角を教えて、「よーいドン」で背中を押してやる。子供ってのはそれがあって初めてどこまでだって行けるんだろう。】 【ほっとくことが自主性を養うことにはならない。】 アニメ:ALL OUT!! 第8話 製作:神高ラグビー部 漫画:ALL OUT!! 第4巻 作者:雨瀬シオリ 発言者:籠 信吾(こもり しんご:神奈川高校ラグビー部コーチ)

  • 頭を下げる意味

    「頭は立場が上の時にこそ下げてこそ、初めて効果がある」 アニメ:攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 製作:攻殻機動隊政策委員会 発言者:荒巻大輔 アニメ・シーンの概要 攻殻機動隊も言わずと知れた有名シリーズであり、この記事を書いている現在Netflixにてフル3DCGアニメーションとして攻殻機動隊 SAC_2045も配信されています。 物語終盤、公安9課課長の荒巻が、車の中で法務大臣に対してある頼み事をしようとして話をしますが、法務大臣は難しいといいます。その後車を降りようとする荒巻に対し、法務大臣がどうして頭を下げて頼まないのかを問われた時に言い返した言葉です。

  • 自分を決める部品

    「自分で自分を決められるたった1つの部品だ。なくすなよ。」 アニメ:ガンダムユニコーン RE:0096 第9話 製作:サンライズ・メ~テレ 発言者:ダグザ・マックール アニメ・シーンの概要 言わずと知れた機動戦士ガンダムシリーズの一つ、ユニコーンより。ユニコーンガンダムを含めて、本作のガンダムは変形機構があり格好いい上に、CGによるメカ、戦闘のリアルさと絵の綺麗さが目を引きます。 主人公:バナージ・リンクスに対して特殊部隊の隊長ダグザ・マックールが、自分の役割を果たすように言った後、自分の役割とは何かを知っているのはここだと、バナージの心臓(心)を指さして発した言葉です。 つがりあんの思うこと…

  • 争いの種

    「俺たち人は惨めな生き物だ。怖いから拒絶し、理解できないから攻撃する。人の臆病が戦いを生むのだ。」 引用元 アニメ「甲鉄城のカバネリ」 第12話(最終話) 製作:カバネリ製作委員会 発言者:美馬(びば)

  • 撃ち抜くべきもの

    「秩序は人を守るためにあるのです。」「撃ち抜くべきは互いを疑う心です!」 引用元 アニメ「甲鉄城のカバネリ」 第12話(最終話) 製作:カバネリ製作委員会 発言者:菖蒲 アニメ・シーンの概要 アニメ自体のご紹介は前記事にありますので割愛を。 ↓ 前記事 己を誇れ! - アニメ・マンガの名言集 tsugarian-anime-meigen.hatenablog.c 今回は 主人公たちの拠点になっている機関車「甲鉄城」の実質的な主たる菖蒲の言葉です。 市民たちから秩序を守るのがお前らトップの務めだと銃口を向けられつつ言われた時に返した言葉。 その後さらに銃を向ける相手を間違えてはならない、撃ち抜く…

  • 己を誇れ!

    当ブログ記念すべき(笑)第一号の名言として紹介したいものはやはりこれです。 *2020/5/4追記しました。 「今こそ、俺は、俺は、俺の誇れる俺になるんだぁぁぁ!」 引用元 アニメ「甲鉄城のカバネリ」 第11話 製作:カバネリ製作委員会 発言者:生駒(主人公) アニメ・シーンの概要 甲鉄城のカバネリは個人的に最も好きなアニメの一つです。 内容的にはいわゆるゾンビものですが、これに対抗する手段が蒸気機関を使った武器と少しレトロなのがポイントで、鉄道好き+アクション・戦闘という題材が好きな筆者にはもう最高の組み合わせです。 物語も終盤、主人公が限界を引き上げる薬を打った後、決意のもとに放った言葉で…

カテゴリー一覧
商用