searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Kodono㊥Familyさんのプロフィール

住所
高知市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
甲殿Life~海辺のお家と小さな動く箱
ブログURL
https://www.blueheaven.work
ブログ紹介文
高知市の一番南…甲殿(KODONO)という海辺に自宅を構え 太平洋での日常と、動く箱で『暮らすような旅 』を今、現在も…続けています。
更新頻度(1年)

26回 / 99日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2020/05/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Kodono㊥Familyさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Kodono㊥Familyさん
ブログタイトル
甲殿Life~海辺のお家と小さな動く箱
更新頻度
26回 / 99日(平均1.8回/週)
読者になる
甲殿Life~海辺のお家と小さな動く箱

Kodono㊥Familyさんの新着記事

1件〜30件

  • 山寺~煩悩が消える1000段の石段で修行!

    私達は、 宮城県から、山形県へと入ってきました。 山寺~煩悩が消える1000段の石段で修行! 山寺~煩悩が消える1000段の石段で修行! 朝一番で向かったのが「山寺」! 山寺の名所である美しき「仁王門」 「五大堂」に到着! 「奥之院」に到着!! 「えんどう」さんで東北地方の代表的な郷土料理のひとつ「芋煮」を頂きました。 「海辺のお家と小さな動く箱」Vlog 宮城県から、高速を使うのではなく、国道を使い、 秋保温泉(あきう)、作並温泉など、温泉街を楽しみながら 夕方 将棋の駒でも有名な天童市に入ります。 一晩、山形市内で滞在し… 朝一番で向かったのが「山寺」! 私達が、山形県を訪ねたのは、この山…

  • 桑田さんが願いを込めた木!

    私達は、昨夜、宮城県石巻で一晩過ごし 朝方、松島へとやってきました。 桑田さんが願いを込めた木! 桑田さんが願いを込めた木! 「よしたけ食堂」 「五代堂」へ! 『グランディ21 セキスイハイムスーパーアリーナ』 伊達政宗が建てた仙台城へ! 「海辺のお家と小さな動く箱」Vlog 松島と言えば 天橋立 宮島と・・・ 日本三景の一つですよね! 海に囲まれた国、日本を象徴する絶景! それは、もう! 大昔から、数々の歴史の舞台や、和歌にも登場するはずです! さっそく、松島の街を 巡ってみました!! まずは、お腹を満たそうと、 私達は、松島海岸駅の前にある 「よしたけ食堂」 牡蠣食べ放題40分 ¥990に…

  • ぐるっと北東北一周〜男鹿半島・盛岡市内巡って再び太平洋へ!

    今回は、長く滞在していた八戸から 海岸線を時計周りに 岩手県へ… と、入るのではなく… なんと 時計周りとは、逆に秋田県へとやってまいりました! ぐるっと北東北一周〜男鹿半島・盛岡市内巡って再び太平洋へ! ぐるっと北東北一周〜男鹿半島・盛岡市内巡って再び太平洋へ! 入道崎 八望台 なまはげ 今現在の私達は 海辺のお家と小さな動く箱Vlog 旅の始まりに、北海道を急ぎ 秋田県の重要な部分をカットしたため 太平洋側の八戸から浅虫温泉〜経由 津軽半島の付け根を走り 日本海側へと、約300キロのドライブで 秋田県を目指します! 今回は、秋田県の男鹿半島を一周しました。 入道崎 入道崎は、男鹿半島最北端…

  • 人情味あふれる八戸市~滞在5日間で調べた代表的グルメスポットへ!

    私達とゴールデンレトリバー、アロハは 青森県に来ています! 前回は、青森県の岬巡りで八戸のほうからお送りしましたが、 今現在も、八戸のほうに、まだいるんですよねぇ~。 人情味あふれる八戸市~滞在5日間で調べた代表的グルメスポットへ! 人情味あふれる八戸市~滞在5日間で調べた代表的グルメスポットへ! 八食センター 館鼻岸壁朝市 会場へ みろく横丁 館鼻岸壁朝市 八戸の代表的なグルメスポット 海辺のお家と小さな動く箱 Vlog 不便を楽しむはずの私達の旅が すべて便利で、なにもかも揃ってたから、ついつい居心地が良くて 長く八戸に滞在してしまいましたぁ。 長く滞在していると八戸の美味しい食べ物にもた…

  • あおもり岬めぐり~津軽半島・下北半島 5日間

    私達は青森県へと移動し、やってきたのは浅虫温泉・・・ 今回は、青森県にある津軽半島と下北半島を訪ねてみましたぁ。 あおもり岬めぐり~津軽半島・下北半島5日間 あおもり岬めぐり~津軽半島・下北半島5日間 浅虫温泉・鶴亀屋食堂 竜飛崎は津軽海峡冬景色 竜飛崎に到着! 階段国道 「津軽海峡冬景色」の歌碑 そして、太宰治も宿泊した「旧奥谷旅館」・・・ 途中、仏ヶ浦の海岸に立ち寄ります。 大間崎 恐山 現在、八戸市で滞在中! 海辺のお家と小さな動く箱 Vlog 浅虫温泉・鶴亀屋食堂 私達は青森県へと移動し、やってきたのは浅虫温泉・・・ もちろん温泉にも入りましたが 一番の目的は、鶴亀屋食堂へ行ってマグロ…

  • 北海道一周ついに最終章!~最終地点 道南へ

    ぶる~へぶん号は、いよいよ、函館へと入ってきました。 ここは、私達、北海道旅の出発地点。 「つまり、北海道を一周した事になりました。」 北海道一周ついに最終章! 道北 道東 道央 道南 北海道をVANLIFEで巡る 人生とは旅・・・ 海辺のお家と小さな動く箱 Vlog 北海道一周ついに最終章! 10月の初旬から北海道、函館へと入り 40日近く滞在してきたのです! この旅を道南、函館からスタートし、一気に北上・・・ 道北 道北には、日本最北端の地であり、晴れた日に樺太の姿を望むことができる「宗谷岬」もありました。 そしてサロベツ湿原!! ただただ感動しました・・・ 神秘的で美しく さすが日本の最…

  • 多彩なエリア“道央”も いよいよラスト!

    苫小牧で滞在中の私たちは ぶる~へぶん号の洗車と、お掃除 そして 自分たちの衣類の洗濯と身の回りを整えたカタチで 都市と自然が融合した北海道の中心地 札幌へと向かいました。 白扇の滝 支笏湖 札幌市内へ 登別温泉 この旅はじめて雪に出会いました 海辺のお家と小さな動く箱 Vlog 白扇の滝 途中、恵庭渓谷にある三つの瀧の中でもナンバーワンの迫力と美しさを誇る! 「白扇の滝」へと立ち寄ります。 白扇の滝という名称は 水流が飛沫をあげて滝壺へと流れ落ちるその姿が まるで白い扇のように見えることから名づけられたそうです。 絶景ポイントは滝見広場の階段を下って左に進み、さらに下りの階段を進むと、白扇の…

  • 襟裳岬~猛烈な風を全身で受け突端へ!

    美瑛・・・富良野の感動も冷めやらぬうちに 私達は再度、帯広市へと帰って来ました。 帯広に、とても素敵な公園があると聞いていたので立ち寄り 彩られた公園を楽しみました。 緑が丘公園 襟裳岬へ 海辺のお家と小さな動く箱 Vlog 緑が丘公園 帯広にある緑ヶ丘公園は、帯広市の中心に位置している公園で、50.5ヘクタールもの敷地を持つ広大な総合公園で ドライブで疲れた身体を緑ヶ丘公園の自然が癒やしてくれました。 美瑛で詰め放題で買った、じゃがいもをポテサラダにして、サンドイッチをつくり 色づいた緑に囲まれピクニック気分です。 アロハも 大喜びで 芝生広場を走り回りお気に入りのようです。 襟裳岬へ そし…

  • 絵本のような丘のまち美瑛・青い池~昼と夜 不思議BLUE

    丘の街・・・ なだらかな丘が続く 美瑛を訪れました。 まるで絵本のような、その世界の 虜になってしまったのでした。 ケンとメリーの木 セブンスターの木 青い池 海辺のお家と小さな動く箱 Vlog 最北端 稚内と宗谷岬で三日間過ごした私たちは一度、旭川へと帰って来て翌日から、北海道の中心部へ… 四季折々の色彩が美しい「パッチワークの路」や「青い池」など、まるで絵ハガキのような景色が広がる 人気のエリア。 お天気とも相談し 日程をわざわざ合わしてまで訪れた場所 そこは、「美瑛!」 ケンとメリーの木 樹齢は90年を超える 一本の ポプラの 大きな木。 美瑛の丘を象徴する 風景の一つで 1972年に放…

  • 旅人が再び訪れる街…。

    利尻富士を望む、「サロベツ原野」を経て 日本最北端の「宗谷岬」 前回、18日前に訪れて その素晴らしさに感動した私達は… 「もう一度行きたい」 との思いが早くも実現しました! サロベツ原野 宗谷岬 白い道 再び日本最北の地を訪れて… 海辺のお家と小さな動く箱 Vlog 深い青の空と海。 旅好きなら 何度でも行きたいであろう日本最北端の地! サロベツ原野 夕暮れの空に どこまでも続く雄大なサロベツ原野 そして海に浮かぶ利尻富士 美しい空を追いかけて、 ぶる~へぶん号で走る喜びは 「やっぱり 何度でも味わいたい!!」 何故なのか… サロベツの原野に続くただ一本のまっすぐな道は 心揺さぶる風景なので…

  • 層雲峡~旭川市~旅するゴールデンレトリバー“アロハ”

    私達は、朝、層雲峡で目覚めました。 大雪山のふもとにある層雲峡は、石狩川を挟んで断崖絶壁が続くところ。 層雲峡は、もともとアイヌ語で「ソウウンベツ」と呼ばれていて「滝の多い川」という意味だったそう。 海辺のお家と小さな動く箱 Vlog さっそく、朝一番に「流星の滝」と 「銀河の滝」を見に出かけました! 日本の滝100選にも選ばれているこのふたつの滝は、切り立った崖の間から流れ落ちていて、 駐車場の入り口から先に見える方が、水量も多く、太く力強く流れ落ちていて、雄滝と呼ばれる「流星の滝」 そして、駐車場の奥の方へ行くと見えてくるのが「銀河の滝」 こちらは幾重にも分かれて白糸のように流れる様子から…

  • 阿寒摩周国立公園~地球の鼓動を感じよう!

    これまで、北海道の海岸線を時計回りにまわってきた私達・・・。 今回、初めて、内陸部の方へと入っていきます。 そこには、北海道を代表する湖と大自然か点在していました。 阿寒摩周国立公園 硫黄山へ 海辺のお家と小さな動く箱(Vlog) 阿寒摩周国立公園 阿寒摩周国立公園は、 阿寒湖、屈斜路湖、摩周湖、など 美しい青さが特徴の神の子池などの湖沼をふくむ地域で、 雌阿寒岳や雄阿寒岳、 硫黄山といった火山も多く、雄大な 北海道らしい大自然を感じることができる景観スポットや 温泉地が数多くある国立公園・・・ 辺りは、すっかり秋めいてきた 朝晩の冷え込みにより、周辺の樹々が色付き始めていました。 硫黄山へ …

  • 自然豊かな釧路へ!~世界三大夕日と雄大な湿原

    私達は、根室でおこった “ぶる~へぶん号”のハプニング以来、 消耗しているサブバッテリーを充電しに、4日~5日おきには、キャンプ場を訪れています。 www.blueheaven.work それは 大切な「動く箱・ぶる~へぶん号」のライフラインを守るため・・・ あとは、ゴミの処理や飲み水の確保、 そして たまった洗濯物も洗える手段でもあるのです。 有料であるコインランドリーで洗濯するより 物干しを外に出し、太陽のもと、 思いっきり洗濯物を干せるのは、やはり、気持ちいいものです。 そして、冷え込む北海道の夜、 こうして焚き火をして 暖を取れる、いい役割・・・ なかなか、道の駅では、このようにはでき…

  • 根室でハプニング!旅は続けられるの!?

    この度、北海道の根室にて、キャンピングカーの電気系統の不具合がおこりました。 旅をしながら生活する私たちにとってとっても大きくて重要な故障だったのです。 旅をしながら生活する私たちにとってとっても大きくて重要な故障だったのです。 ライフラインが全滅 奇跡的な出会い ハプニングを通して気づいたこと 移動する我が家 ご心配をおかけした皆様へ 海辺のお家と小さな動く箱(Vlog) ライフラインが全滅 それは、私たちが旅を続けていくうえで一番大切な部分お家で言えば電気・水道・ガス、という ライフラインを提供してくれている 「サブバッテリー」がまったく機能しなくなりました。 このサブバッテリーによって …

  • 知床の旅情

    私達は、 雨の知床五湖を後にして 楽しみにしていた、国道334号、 知床横断道路を 羅臼(らうす)方面へ・・・ “ぶる~へぶん号”を走らせます。 峠までたどり着くと あたりは、霧と雨につつまれて 羅臼岳も全く顔を見せてくれません。 しっかりと色付いた知床の紅葉と羅臼岳をを見たかったな・・・ 残念な気持ちで知床横断道路を下ります。 そんな気持ちで迎えた 次の日の朝・・・ 滞在した標津町にあるキャンプ場は とても良いお天気に恵まれてました。 「このお天気なら知床峠の紅葉も羅臼岳もみれるんじゃない?」 「もう一度行ってみようか?」 ここは50キロ離れた標津だけど… おもいきって引き返そうよ! 「知床…

  • 日本の最北端!最果ての地で見た絶景!

    私達は、小樽市内へとたどり着きました。 小樽観光のシンボルといえば、石造りの倉庫が立ち並ぶ「小樽運河」です。 オシャレでレトロな雰囲気が漂っていて 運河沿いには、歴史的な建築物が数多く建っています。 小樽運河の周りでは、絵描きさんがいて似顔絵を書いていたり、手作りものを売っていました。 サロベツ原野 ノシャップ岬 宗谷岬 海辺のお家と小さな動く箱【Vlog】 サロベツ原野 そして 小樽から稚内までの約380㎞の海岸を走る道、 日本海オロロンラインへ… ぶる~へぶん号を走らせます! すると、どうでしょう!! 見渡す限りの広い草原・・・ まるでテレビで見たサバンナの様な草原が ずーっと、真っ直ぐに…

  • 積丹ブルーの美しい絶景へ!

    北海道 函館の街に上陸! 立待岬でのんびり過ごしてから異国情緒漂う函館の街へくり出します…。 レトロなレンガ造りの建物や「世界三大夜景」に数えられる函館山など、数多くの観光名所が集まっていました。名物の函館ラーメンや津軽海峡の新鮮な魚介、ご当地ハンバーガーなど、美味しいものも多く、1年を通してたくさんの人が訪れる街なのです。 見てよし、歩いてよし、食べてよしの魅力いっぱいの 街は二日間過ごしただけの私たちには全然たりません 北海道を一周すれば 再度また帰ってくる この街…。 今回、他の楽しみは残したまま 出発することにしました。 北海道でも時計回りでめぐる旅は渡島半島(おしま)を日本海側から北…

  • いよいよ北海道へ上陸!

    日本海を 北へ北へと走らせる“ぶる~へぶん号” なんだか、いっきに 秋が駆け足でやってきたような・・・ 秋から冬へと変化する季節なんですよねぇ 地元、高知県を出発した頃は、吹く風や空は、秋の気配をしていたけど、 まだまだ陽射しも強くて夏の服を来ていたのに。 寒がりの私は、もう冬の着用です! 寒くなり始めると、キャンピングカーでの旅には、いろいろな心配事が増えはじめました。 まずは、道路が凍結してしまう恐れをどうしても考えてしまいます。 今一度、日本地図を広げ、 行き先や日程の調整、確認作業をしてみることに! 相談し合った結果、今回は、思いきって北海道に大移動することに決めました!! 10月の北…

  • 夢の千里浜なぎさドライブウェイ

    キャンピングカーで…美しいビーチを駆け抜けてみたい! 波打ち際を水しぶきをたてて走ってみたい! 私達の憧れが現実となってやってきましたぁ~! 石川県にある 「千里浜なぎさドライブウェイ」で、 そんな夢が叶ってしまったんです!! 日本海の荒波が押し寄せる 「千里浜なぎさドライブウェイ」は、 石川県羽咋市(はくいし)にある 全長、約8キロメートルの 砂浜の道。 日本で唯一、車でビーチを走ることのできる自動車道!! さっそく! ここでしか体験できない、憧れの砂浜をドライブしてきましたぁ!! 渚で潮の香りを感じながらどこまでも続く砂浜と 美しい夕陽に出会うことがてきて感動しました。 この感動は、私達が…

  • 東尋坊より海岸線を時計回りで!

    日本一周を時計回りで旅をはじめる私達! メタセコイア並木を後にし次に立ち寄ったのは… 福井で観光しながら遊べる場所! 東尋坊です! ついに海岸線を時計回りで走るための出発点ということになります。 サスペンスドラマなどの 舞台として有名ですよね! 国の天然記念物と国の名勝にも指定されていて、 荒々しくカットされた断崖絶壁が、三国町の海岸線約1㎞にわたり 続いています。 「おぉ~こわ~ぃ!」 崖の先端に恐る恐る近づくと、目がくらむほどの絶景が飛び込んできます。 上からも、下からも、ぐるりと見渡せる、その場所は、迫力満点!! 足もとは「岩」!! 足元が悪いだけてなく、滑りやすいところもあって、アロハ…

  • メタセコイアの並木道

    いよいよ、日本の真ん中から日本一周の旅がはじまりました!! 当初からかかげていたように 海岸線を時計回りにまわる旅!! まずは海をめざします! ところが! 海岸線を目指す途中、マキノ高原へ立ち寄ることに! 私が以前から憧れてやまないメタセコイアの並木道があるからです。 ここが有名になったきっかけは、 あの韓国ドラマ「冬のソナタ」のオープニングシーンや 各場面に登場したメタセコイアの並木道と似ているとして注目を浴び始めたそうなんですよ! たくさんの人達が訪れていて、思い思いにポーズを決めて撮影していました。 お天気も良くて 空と並木と道路がとっても絵になっていて感動!! 日本紅葉の名所100選に…

  • はじまりは日本の真ん中から…

    いよいよ日本一周の旅が始まりました! www.blueheaven.work www.blueheaven.work www.blueheaven.work 私達夫婦がずう~っと夢を描き、語ってきた とっても、とっても大きなイベント…。 「この夏、この計画があったからこそ!頑張ってこれたよねぇ!!」 なんて会話・・・ “ぶる~へぶん号”にエンジンがかかりだすと アロハも、どこか嬉しそうな表情・・・ 「この夏は、どこにも連れて行ってあげてなかったもんねぇ・・・」 「たぁくさん!楽しもうねぇ!!」 アロハも暑い夏を無事に乗り切ってくれました。 日本一周!! この計画を 何度も何度も シュミレーショ…

  • 今夜出発!日本一周の旅路へ…

    いつの頃からだったかなぁ? ずっと夢見てきた日本一周の旅…。 半年前から計画に入りいよいよ今夜 出発します。 この日を迎えるにあたってこれまで多くの手続きが必要でした。 ネット環境 留守中、自宅である海辺のお家の安全面は セキュリティカメラを設置することで防犯対策を確保できました。 携帯電話で手軽に家の中を確認できるようになったのです。 また、ありがたいことに定期的に家族が空気の入れ換えにも来てくれます。 銀行の手続きもモバイルバンキングを登録。全国どこからでも携帯電話の端末からインターネットに接続して、銀行振込みや預金残高の照会といった金融機関のサービスを利用できるようになりました。 このよ…

  • Life is journey

    ALOHA VENUS 閉店… コロナウィルスの蔓延という大変な事態の中お客様に安心・安全に過ごしていただけるよう 高知駅西横にキャンピングカーにハワイアン雑貨を積み晴れの日だけOPENするお店… 『晴れの日Café』をスタート! 当初から決めてあった5ヵ月間という営業期間。 先日、9月26日をもって 晴れの日Caféの営業は無事終了しました。 五ヶ月間の課題 密閉されていない開放された空間で 趣味でもあるキャンプスタイルを取り入れることで お客様にも楽しんでいただけるのではないか? フードメニューも 自分たちが今まで楽しんできたキャンプ飯を提供すれば 新しいスタイルとなって受け入れられるので…

  • 旅の準備

    『日本一周をしよう!』 「月日も決めず時間に拘束されず、行きたい場所へ旅をしようよ!」 こうやって決まったお店を辞めて出発する無期限の旅『日本一周!』というとんでもない計画!! 夏限定で営業を続けてきた “晴れの日Café”も終わりが近づき旅の実現へ少しずつ実感もわいてきました。 自宅の整理 ミニマリストになれる? 「カプセルワードローブ」という考え方 これからはじまるVANLIFEに向けて… 自宅の整理 数々の旅行は、経験してきましたが長期間、家を留守にするとなると、全く違った準備も必要です。 なるべく家を綺麗にして出掛けたいから大急ぎでやらなければならないことも いっぱいで大変です! 私が…

  • 心の声だけを聴いて…

    この度、 高知市内で続けてきたお店を閉店しました。 ekm.blueheaven.work このことは、突然に決めたわけでもなく私達にとっては、とってもシンプルで素直な気持ちから至ったことなのでした。 それは… キャンピングカーが海辺のお家にやってきて “バンライフ”というスタイルを暮らしに取り入れ始めた頃から、少しずつ感じてきた心の声が発端だったように思います。 思考と感情のバランス 虚像の自分と実像の自分で悩む彼… これからの私たち 感銘を受ける出来事 私たちの出した答え…それは「Now or never」 自分達の想いに許可を… 心の声を聞いて生きる 最後に… 思考と感情のバランス 私達…

  • 自宅を楽しもう!

    世の中は、大変な状況… 私たちが暮らす高知も 夜間の外出自粛要請が出ました。 夜の街でお店を営む私たちにとって 大変な状況ではありますが…決めた一週間の臨時休業。 外出を控え 海辺の自宅で過ごすことにしました! 引きこもりライフをもっと楽しく、ポジティブに過ごす為… 「お家でできること」を楽しもうと思います! 車上遊動生活を続けてきた私たちは… 久しぶりに 家の敷地内で朝を迎えました! やっぱり自宅はいいですね!トイレ・お風呂も好きな時間に入れるから~ 自宅に帰ってきてるのに車で寝てるのって…ご近所の方が見たらびっくりするわね(笑) 「 自宅を楽しもう!」って決めた私たちは この敷地内でお庭キ…

  • 車上生活の日常をお話し ます。

    動く箱“ぶる~へぶん号”が我が家にやってきて ちょうど一年になろうとしています。 それは…私たちの住む 海辺のお家に 寝室がなくなってしまった一年でもあるのです。 中古で買った古いバスが 寝床であり 移動するマイカーでもある…。 ずっと同じ場所で、同じことにこだわらない生活において、全ての「モノ」に縛られない暮らしを…と一年間続けてきた 私たちの日常を 今日は、お話ししたいと思います。 お家にホカホカのお布団が あるのに何故、車で寝るの? 『最初は、すごく嫌でした。』 車上生活する私たちの日常 《目次》 車上生活する私たちの日常 生活スタイル 北本町の秘密基地 私たちは、家には帰りません。 た…

  • 「湯YOUパーク・クアパーク津田」を利用しました!

    一日をフルに使って遊び最後に立ち寄った場所が滞在場所となる 行き当たりばっ旅を続ける私たちが今回たどり着いた 滞在場所は… 香川県さぬき市 にある津田の松原 に到着! 私たちは、日本各地に続々オープンしているキャンピングカーオーナーや、車中泊ファンが 快適に安心して楽しめる場所…。日本RV協会が推進している…RVパークを巡っています。 湯YOUパーク・クアパーク津田 わたしたちは、2020年3月にクアパーク津田を実際に利用しましたのでご紹介します。 湯YOUパーク・クアパーク津田 『 湯YOUパーク(ゆうゆうパーク)』って何? 雰囲気は? 湯YOUパークシステムは? パーク内の食事は? 設備・…

  • 父母ヶ浜海岸はフォトジェニックなビーチ !

    色々な海を巡り旅をしてると「日本の夕陽百選」という場所にたどりつきます。 夕陽という自然が織り成す幻想的な限られた時間(瞬間)…。 そんな天然の観光資源がもたらす景観に 特化した場所が、百選に選定されたのでしょう。 “夕陽の名所百選” 美しい景色を求めて旅する私たちにとって 気になる場所… 「そこには、どうしても訪れてみたくなります。」 父母ヶ浜(ちちぶがはま)海岸 父母ヶ浜(ちちぶがはま)海岸 ボリビア「ウユニ塩湖」のような場所… 父母ヶ浜ロングビーチに到着! 雰囲気は最高! 全国的な人気のきっかけは? 撮影にチャレンジ! 絶景フォトの撮り方? 自然が織り成す幻想的な瞬間へ! ステキな瞬間で…

カテゴリー一覧
商用