searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

リンゴさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
シニア向け テニスとパドルテニス情報ブログ
ブログURL
https://shinia.hatenadiary.com
ブログ紹介文
シニア向けのテニスとパドルテニス関連の情報や、怪我の予防と改善する情報ブログ
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2020/04/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、リンゴさんの読者になりませんか?

ハンドル名
リンゴさん
ブログタイトル
シニア向け テニスとパドルテニス情報ブログ
更新頻度
集計中
読者になる
シニア向け テニスとパドルテニス情報ブログ

リンゴさんの新着記事

1件〜30件

  • テニスコーチが年収をアップして気苦労から脱出できた行動とは?体験談

    コーチ業から離れるという寂しい気持ちを押し切って転職した人のほとんどが、健康診断に引っかかり、再検査を受けて何もなくホッとするような「良かった」と感じている人が多いのです。 体力的なことや給料の面、さらに将来的に安心できる「スキル」を身につけられたようです。 10年後、20年後の不安材料がなくなると、黙々と仕事に集中できるため、やりがいを感じるようにもなります。 私の場合ですが、5年後に「お~、5年前よりこんなにスキルアップできたんだ~」と感じるような進化を、コーチの仕事では感じられなかったのです。 テニスコーチの仕事は評価されにくい業種のため、将来のためのモチベーションアップが難しい仕事でも…

  • テニスコーチが求人をみて労働条件に悩んだ!踏ん切りがついた体験談

    テニスコーチってやりがいがあって良い仕事なのに、本業にすると私生活で苦労が多くなる職業です。 このまま、自分の居心地が良い「好き」を優先していいものか、自分の「身体」や「家族」を守るべきなのか?内心考えてしまう人も多いのではないでしょうか? 「今は大丈夫!」と思って頑張っても、身体を駆使する仕事はプロ野球選手のように寿命が長くないものです。 身体は、年々衰えて故障が多くなるのに、環境は若い時とさほど変わらない。 「生涯現役なんてあり得ないのです」 長く頑張れば頑張るほど身体を痛め続けているため、人生の後半に「必ず」つけが回ってきます。 そうなったとき、身体を支えてくれたり、介護してくれるのは「…

  • テニスコーチが給料と激務を改善するために目線を変えて行動した体験談

    もし今の環境に不満がある方は、自分が行動することによって、「我慢する生き方」から「楽しい生き方」へ環境は変化させられるのです。 今の世の中は、一昔前とは違いお金を稼ぐ方法(仕事)が幅広くなり、想像以上の職種があるのです。 例えば、子供達の将来の仕事に「ユーチューバー」や「eスポーツプレイヤー」までもが仕事として成立してしまう、しかも資格を取らなくても桁違いな高収入を得られる世の中です。 インターネットの普及により、今まで不可能だったことが可能となり、仕事として成立することが多くなったのです。 この先、災害やコロナのように何が起こるか分からない世の中、少し目線を変えるだけで、労働条件が良くなり、…

  • テニスコーチが給料の不安と激務の不安から光ある未来を作り出すには?

    テニスコーチは、会社のために肉体を駆使して働く割には、年齢を重ねてもさほど給料が上がらない職業なのです。 テニスコーチを辞める人のほとんどが、給料面や怪我をしても休めないなどで「将来の不安」を感じて転職をしています。 職業病、不意なケガ、風邪で身体の調子が悪くても「休みづらい環境」のため、身体の調子を整えないままレッスンを行い、慢性化させてしまうこともあります。 ほとんどの規模のスクールでは、仕事のために肉体を駆使したことによって、身体を壊したとしても、その後の面倒をみてもらえる保証もなく、ある意味、一時的な兵士と変わらないのです。 しかも、テニス人口(大人)が急激に増える事もないため、なかな…

  • テニスみたいなスポーツのパドルテニスのダブルスの基本戦術とは?

    パドルテニスで行う基本的な戦術は、小さなコートを活用した攻撃を行い、自分たちは攻撃をされない球筋のボールを選択してチャンスを待ちます。 硬式テニスから比べると、ネットも低くコートが小さいので比較的かんたんにボールを上から叩きつけるショットをやりやすい為「突き球の工夫」が必要になります。 突き球を工夫できると、自分たちに「ふあっと上がった」チャンスボールの数が多くなり、気持ち良くプレーを進められます。 緩急をつけたスピードボールを混ぜる 反応が遅れる 威圧感を与えられる アウトボールに手を出してくれる ボールを足元に沈める 緩いボールで返ってくる 浮いたチャンスボールになりやすい ミスをしやすい…

  • テニスとパドルテニスの上達を早める効果がある家でできる練習器具5選

    テニスとパドルテニスの上達をするための練習って、コートじゃなく「家でもできる」事っていっぱいあるのです。 色々な事情(最近だとコロナのような)で、外で練習が満足にできない時は、練習をしていない不安を解消するのに、自分の家を有効に使って練習するしかありません。 家で練習をすると、時間や周りの人を気にしないで思う存分に練習ができ、「秘密特訓でもしてるの?」と思われるようなレベルアップもできます。 家で黙々とできる練習は、レベルアップするには持って来いの環境で、効果も早くに表れてもきます。 自宅で練習するメリット 時間を気にすることなく集中して黙々とできる。 普段やらない事などを練習する事ができる。…

  • テニスみたいなスポーツのパドルテニス!ミックスダブルスの戦術

    パドルテニスのような小さなコートでは、ロブを気にしないでネットギリギリに詰めてプレーをすることが可能なので、ボールを叩ける環境が多いのです。 そのため、男性と女性それぞれの持ち味を活かしたプレーをする必要があります。 男性はパワーとスピードでコート内を「かき回すよう」に動き、女性は男性をカバーするように「丁寧な粘り」を重視してプレーを行います。 2人で勝つ為に「プレッシャーをかける」事と、自分たちの「役割」に専念できるようになります。 パドルテニスのように狭いコートでは接近戦のため、接近戦ではスピードのあるボールの方が決まりやすくなります。 そのため、女性のボールよりも男性のボールの方がパワー…

  • パドルテニスなどの個人競技で意図的にゾーンに入るコツは脳波を操る

    スポーツや仕事に勉強など、自分の全ての行動の場面で集中することができると、物事って上手く行くと思いません? 他人と比較ではなく、持っている力を発揮できるか?が重要で「自分の中の」100点を取る行為をすることなのです。 「集中できれば」と、頭でわかっているのに「妨げ」が入ってしまう。 例えばスポーツの試合で、試合前など、人によっては前日から「不安」という妨げが頭の中で騒ぎ出し、なかなか寝付けなくなる。 頭の中が、いつもと違う「人前で上手くできなかったら、どうしよう……」などの「不安」で、興奮した状態を作りだし、いつもと違う行動を取ってしまうのです。 集中している状態とは 集中する状態を作りやすく…

カテゴリー一覧
商用