searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ぜつえんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ぜつえんラボ
ブログURL
https://zetuenlab.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ぜつえんアウトドアの人のサブブログ 気になったアウトドア新着情報などを紹介
更新頻度(1年)

47回 / 49日(平均6.7回/週)

ブログ村参加:2020/04/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぜつえんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぜつえんさん
ブログタイトル
ぜつえんラボ
更新頻度
47回 / 49日(平均6.7回/週)
読者になる
ぜつえんラボ

ぜつえんさんの新着記事

1件〜30件

  • サタケのアルファ米を箱買いはお得なんじゃないか計算

    サタケ1箱 尾西 内容量 5kg 100gx10個=1kg 金額 7000円 2780円 1g辺り 1.4円 2.78円 Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B00LIR2YLW https://www.amazon.co.jp/dp/B01GZY71JM サタケ マジックライス 炊き出し用 梅じゃこご飯 5kgが値下がりしてる 50人分の5kgで定期便で7000円をわずかに切る程度になってる 定期便は1回限りで止めれば定期便価格で1回の購入も可能だ、手間はかかるが 定番尾西の白米と比較すると約半額のコスパだ お湯戻し15分、水60分は変わらない、大箱でくるた…

  • PRO TREK WSD-F30のバンド金具の壊れて修理に出したのが戻ってきた

    ある日突然、という言い方は好きではないが、手につけてるときにポロっと外れて落ちてきた 森の中で必死にパーツを無くさないように探して、全部そろっているが、組み立てることができず、おそらく割れてるようだ 修理に出したら数日で見積もりがでて、出してから10日ほど修理されて戻ってきた やはりピンが折れていたようだ、そこが修理されて1000円+送料で1500円程度だ 時計自体を落として無くさなくてよかったと心の底から思った // リンク

  • 【読書】ふたりソロキャンプ 6巻

    彰人多めの巻でキャンプ観を語りながら進んでいく 一人を「独り」と表現するのが素敵 いつもそうだが、出てくる道具が見知ったモノが多いのも楽しいところ 最近はdedonやmooseなどガレージブランドも多い コフランのホットサンドメーカーで作った餃子がすごくおいしそうだった // リンク

  • 【読書】PEAKS(ピークス) 2020年6月号

    コロナは登山界において大きな転換期であることは随所から感じられる 今号からもコロナに影響された内容が非常に多い 中でも「バーチャルアルプス2056」はワクワクだけではないリアルな未来を感じてしまった。2056年山岳VRが普及し、ゴミ拾いなどをすることでポイントがたまる行ける山域やウェアが買えるという妄想による記事だ。便利で快適だけど、そんな山はいやだな // リンク

  • MSRのセラミックフレックススキレットが地味にアップデートしてた

    今まではノンスティック・セラミック加工だったMSRのフライパン。 今年からFusion セラミック加工という独自の表面加工になっていた。 セラミック(陶器系)加工はテフロンと並んで有名な加工だが、フッ素系のテフロン加工に比べると安全面で優れ、表面の摩耗・耐熱強度が高く、遠赤外線が出るためじっくりと焼くことができる特徴がある。ただテフロンよりはくっつきやすく、油を引いて使いたいのが欠点だ。 ウィンドバーナーやフロントレンジが話題になってたせいかカタログでもまったく気づかなかった。 加工がどう変わったかはわからないが、なにより黒光りした見た目がカッコイイ。 20.4×4.9cm180gの深型フライ…

  • Boundless voyageからチタントング

    17cm19gのチタントング。 トングに熱伝導も求めないけれど、チタンは好きだ、そういう意味で魅力がある。 いるかいらないか、使うか使わないかで言えば、いらないし使わない。 // リンク

  • Luchs(ルークス) チタンハンドルナイフがアマゾンに出てきてる

    日本企画のツールブランドらしいLuchs(ルークス)のミニフォールディングナイフが登場。 もちろん名前も聞いたことがないし、調べてもロブスターロール専門店しかでてこない。合同会社ユニトレード社のオリジナルブランドらしい。 チタンハンドルの超小型ナイフで、なにやら目を引かれてしまった。 名称が連番でわかりやすい。 LCM-01Ti~LCM-09Tiまでの9種類確認できた。 鋼材はD2スチールとシンプルなモノが基本で、ダマスカス鋼のモデルもある。 グリップ形状、ブレード長、ブレード幅などでわかれているが、形状に微妙に統一感がないのが気になる。 37g // リンク 57g // リンク 42g /…

  • 【読書】山釣りJOY 2019

    渓流釣りの源流よりで登山要素、宿泊要素強めの釣り誌 昨年のものだが、年1刊行でvol3 アマゾンアンリミテッドの対象に2020年の山釣りJOYはなっていなかった ルアー、テンカラ、餌、フライ、様々な装備で山釣りをするいくつかの記録が載っている 写真のキレイさ、渓流釣りの魅力を上手に映し出していて、釣りにいきたくなってしまう 小さくだが、山+釣りの装備一覧紹介もあり参考にしている 登山ともキャンプとも違う沢登系の装備は少し特殊だ 変わらず、タープ泊が主流のようだ // リンク

  • BE-PAL(ビーパル) 2020年6月号

    付録はコールマンのランタン型マルチツールカラビナ 表紙からわかる通りメインはアウトドアナイフ特集だ ナイフの基礎から始まりブッシュクラフトや狩猟よりのアウトドアマンが使っているナイフ紹介にいたる 基礎は6ページほどの簡易的な特集で、ナイフ目的で読むにはあまりに物足りない 付録、内容共に軽く目を通すだけで十分な号で、アマゾンアンリミテッドなどで読み放題だから読んだが、買うほどではないという印象だ // リンク

  • テンマクデザインから2つのダウンシュラフ登場

    出典:tent-Mark DESIGNS テンマクデザインからダウンシュラフが2種類登場 750FPのNEGJIL INNERとめんたいシュラフだ ネグジルインナーは着れる寝袋だ 腕と足を出して歩けるウェアに近い存在だろう 総じて多機能寝袋は保温力とトレードオフで、本来の性能を得られず本末転倒になっていく ネグジルインナーもウェアよりの寝袋でどっちつかずといえるだろう それでも性能では計り知れない夢が詰まっている、ぼくらは寝袋を着て歩き回りたいのだ www.tent-mark.com

  • テントファクトリー TCワンポールテント180V

    テントファクトリーから入口を逆V字にポールで確保したワンポールテントが登場 製品写真のだるだる感がなんともやる気のなさを感じてしまう そしておそらくフロアレス テントとは、スクリーンシェルターである 手ごろな価格でTC、スカート、出入りのしやすさ、メッシュと使い勝手も需要もありそうだ www.naturum.co.jp

  • 5/6まで 【90%オフ】テントファクトリーカタログ2冊+ステッカー2枚

    4/16~5/6の間、通常カタログ500円x2冊=1000円 が90%オフで100円(税込み+送料無料)で販売している 注文してから、テンファクのカタログにもステッカーにもあまり興味がないことに気付いたがまあ100円なら問題はないしお得だろう tentfactory.buyshop.jp

  • ユーコ スプラウト+ USB充電可能な変形吊り下げランタン

    小型ランタンのUCOスプラウトに新モデル登場、スプラウト+ 従来のスプラウトは100ルーメン、104g、IPX4、単4電池x3本だった それがリチウム充電池+単4x3どちらでも使えるハイブリッドになったのが+だ リチウム電池仕様で84gと20g軽量化、明るさ防水性サイズは変わらない 吊るすためのループが磁石で本体と繋がる少し特殊な可愛いランタンだ // リンク

  • エクスペド フレックスマットプラス

    エクスペドは今までフレックスマット(厚さ1.8cm)を出していたが、2倍以上の厚さを持ったフレックスマットプラスを2020年に発売 アコーディオン型マットの中では最厚で最高のR値だ 定番Zライトソルやニューフェイススイッチバックよりも、収納サイズ、重量は相応に大きく重くなる しかしR値も高く、寝心地も良くなるだろう 微妙な差だが、差別化できているためサイズ重量がシビアではない、キャンパーが選ぶなら最有力候補になりえるだろう 180cmと120cmの2サイズ展開だが、買うなら180cm一択だろう、要らないのならカットして座布団にすればいいのだ // リンク

  • モンベルがウイックロン製マスクを~5/7で抽選販売

    www.montbell.jp モンベルがシャツや靴下に使っている吸汗速乾UV素材のウイックロンクール(ポリエステル)を使ったマスクを抽選販売する 2020.5.7.18時までに予約 5月中旬~6月中旬にお届け予定 送料無料で1200円+税→1320円だ 2サイズあり、スモール(S)8x15cm レギュラー(M)8.5x17.5cm 1人2枚までで90000枚用意されている フィルター機能はなく、花粉やウイルスを防ぐ機能はないが、内側にガーゼを仕込むことができる、二重になった生地は写真からは厚めに見える ウイックロンクールのTシャツは洗濯脱水した時点でほぼ乾燥しているような速乾素材だ マスクな…

  • 山と渓谷社が電子書籍を期間限定無料公開

    4/29~5/10までの間 山と渓谷社の出す、山と渓谷、ワンダーフォーゲル、夏山秋山JOYの2019年バックナンバーがkindleにて無料配布中 www.yamakei.co.jp

  • パチノックス風のテーブルワンが2000円以下

    テーブルワン型のHとXがつながった構造のテーブルで2000円以下は初めて見た 700gで薄いカモ柄なのもいい ハードトップではないが組み立てが用意で軽量、使い勝手は良さそうだ // リンク

  • soomloomからネイチャーハイクHiby似テントが登場!

    // リンク タイトル通り ネイチャーハイクHibyより安く、少し重く感じ 人気なテントだけど、中華製品のパチモン出てくると世も末、もっとやれって感じ 色が微妙に違うから好みはあるだろうけど、安いからコスパは断然soomloom あともう一つsoomloomから新作テントがでている // リンク 完全にスノーピーク ヴォールト トンネル型でインナー吊り下げ式の大型幕 これで2万切るからヴォールトより1万円以上安い 重量7.15kgでヴォールトの7.6kgよりも軽い 在庫が切れなければ初心者ファミキャン、カップル用の新定番になるでしょこれ コスパが良すぎる

  • ニーモのエアピンULステーク

    出典:NEMO Equipment 昨年から登場しているが今年もnew表記になっているエアピンULステーク4本セット H形になったペグヘッド部分にロープワークで巻きつけることが可能になるのだ 自在金具が必要なくなりロープ絡まりのストレスが減ってくれるだろう 何よりそんな実用性よりもこのカッコイイペグが欲しい、そんな魅力がある そういえば、今年のニーモからはペグが3種類出ている このエアピンペグのほかに、T字の鍛造型ペグ、そしてついた泥を落とせるビスケットがついたスイープペグだ grips-outdoor.jp

  • SOTO レギュレーターストーブST-310 ナチュラム限定カラー

    ナチュラム限定のサンドカラーが登場中 www.naturum.co.jp

  • なかちんさんがブログをはじめた

    過去にAEGISMAXのウルトラのレビューを書いていただいたなかちんさんがブログを始められていた すでにMSRウインドバーナーとNANGAのミニマリズム180のレビューを書いている ツイッターもあるがほとんどツイートがない 最新の記事では手持ちのギア紹介をしている スピードやULハイク系のギアで異常に尖った道具が多い この記事が埋まるほどのレビューが楽しみだ naka350z.hatenablog.com

  • 防水LEDライトCLAYMORE 3FACEがMakuakeに登場中

    公式ページ→CLAYMORE 3 FACE+ クレイモア|アウトドア・防災用充電式LEDランタン LEDランタンのクレイモアから新しいLEDライトが登場し、マクアケで資金調達中 すでに500%越えでプロジェクトは成功、期間は2020年06月29日まで 最大3200~5000ルーメンの3種類 吊ったり、三脚スタンドにつけたりと使い方は自由自在 ソロには少し重量級で、3色調光もあるメインランタンになってくれるライトでしょう CLAYMORE 3 FACE+ M CLAYMORE 3 FACE+ L CLAYMORE 3 FACE+ X の3つ最大31500mAhですでにライトというかポータブル電源…

  • ドッペルギャンガー バイクツーリングテント1

    DBT531-GY バイクツーリングテント1 - DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) すっかりDODしか見なくなったなぁと思っていたらまさかのドッペルギャンガーからツーリングテントが登場していた スノーピークアメニティドームやMSRハバツアーといったテントの形状で圧倒的な前室を持ったドームテントだ そして前室に横からアクセスできるのが特徴だ ポップアップするタイプではしにくい前室を荷物起きにする用途に長ける この居住性、前室の広さ、サイズ間、金額、そして2.8kgという重量が魅力だ 徒歩キャンなら重いが、バイクなら関係なく、前室の広さが大きなアドバンテージになってくれるだろう 少し…

  • SOTO(ソト) マイクロリフター

    サーモスタッククッカーコンボに付属していたリフターが魅力的だったが単品販売がされていなかった それがついに単品で販売開始されてるのだ わずか13gで幅8.8×奥行2.2×高さ2.2cmとコンパクト 隙間に収納もしやすいアイテムだ、これはそのうち買うと思う // リンク

  • GENTOS(ジェントス)小型USB充電ヘッドライト CP-01R

    ジェントスの2020年新製品のヘッドライトで41gという軽さが魅力 基本のゴム紐バンドだけでなく、ベルト式バンドも装着可能だ 220ルーメンと一般使用では光量は十分だが、サイズに比例して使用時間は短い 長時間使うメインにはし辛いだろうが、用途を絞れば1泊2日くらいなら十分持つだろう USB充電できるので使わないタイミングで充電していけば長く使うことができる、現状充電しながらライトを使えるかの情報は見つけれなかった Amazonレビューではビンディよりも電源ロック機能があまく、ボタンも軽いので誤作動でつくリスクも示唆されていた しかし性能で見ればビンディよりも安く、ほぼ同性能だ、メインにせよサブ…

  • 【読書】バックパッキング登山入門/四角大輔

    2018年発売の四角大輔さんの本、バックパッキング登山入門と登山紀行の2冊を出している。先に読むなら登山入門をオススメする 現在はニュージーランドで釣りをしながら暮らしているという四角大輔氏 少し変わった経歴とアウトドアスタイルだ しかし変わり者ほど考え方も行動も道具選択も面白いのだ とりわけこの本はUL思考と釣りをミックスにしたようなギア選択と宿泊前提の釣り本という感じだ ぼくもテンカラを始めてから道具や遊び方、読む本にも変化が出てきたところがある 多くの人に共通する内容の本ではないし、日本では違うのでは?という内容もある それでもULキャンパーや野遊びマンにはオススメできる本であるだろう …

  • DamMaps(ダムマップ) 川の位置を知れる便利なサイト

    グーグルマップや国土地理院の地図を参照し、その上に川やダムをレイヤー表示できるサイト 渓流釣り、山菜取り、野営地探し、森や山散策、川探し、等に使える便利なサイトだ PCでの話になるが、ぼくは画面右の「川と流域地図 (詳細)」にチェックを入れて使っている、バーでレイヤーの透過率も調整可能だ グーグルマップは論外だが、国土地理院以上に細かい川の位置を表示してくれる 使わない人は使い道すらわからないであろうが、野遊びのジャンルが合う人は手放せないサイトだろう テンカラを始めてから使うようになったが、釣りと山菜取りでは必須のサイトになった ちなみに、毎回長野辺りで開かれてしまう欠点があるが、よく使う位…

  • ZEROGRAM(ゼログラム) El Chalten Pro1.5/2P 2020日本限定カラー発売

    出典:ZEROGRAM かねてから発表されていた韓国のゼログラムのドームテント「エルチャルテン」の日本限定カラーモデル その公式→初の日本限定カラーを加えて El Chaltenシリーズ 2020モデルを新発売 | ZEROGRAM 日本公式サイト 1.5Pがブルー(1441g)、2Pがレッド(1540g)だ 従来品に比べ長辺が10cm長くなり210cmになっている 短辺はブルーが104cm、レッドが120cm 1.5P(一人分半)のサイズはソロ用じゃ狭い、だから2人用を選んでいた人が多い中魅力的なサイズである。国産メーカーも出してほしいと思う フライ吊り下げ式でフライ、インナー、シートをまと…

  • モンベルが会員以外でも3300円以上で送料無料

    会員の場合はオンラインショップ全て無料 非会員では税込み11000円以上で無料だった それがコロナの影響で非会員でも税込み3300円以上で送料無料になっている webshop.montbell.jp

  • Millet(ミレー)2020新製品チェック

    ティフォン 50000 ストレッチ Vネック ジャケット | ミレー公式オンラインストア ティフォンVネックジャケット!? 何に使うの、え、Vネックのレインウェア?と驚いた製品 タウンユース?何に使うんだろうね ストーム コットン パーカ | ミレー公式オンラインストア 綿98%のコットンパーカ、驚くほどの撥水性らしい 今年のミレーは不思議な製品多いなあ ハクバ 38+ | ミレー公式オンラインストア 白馬山案内組合監修のテクニカルザック サイドからのアクセスやスキーアタッチメントなど使い勝手がすこぶる良さそう オールユースで使えるようだが、バックカントリー寄りに思える 38+5Lで1590g…

カテゴリー一覧
商用