searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

かまねこ古道さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
かまねこ古道
ブログURL
https://kodou.hatenablog.com/
ブログ紹介文
廃道、廃線、廃橋、廃墟の写真や動画を公開しています。
更新頻度(1年)

5回 / 44日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2020/04/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、かまねこ古道さんの読者になりませんか?

ハンドル名
かまねこ古道さん
ブログタイトル
かまねこ古道
更新頻度
5回 / 44日(平均0.8回/週)
読者になる
かまねこ古道

かまねこ古道さんの新着記事

1件〜30件

  • 定義森林鉄道跡の廃木橋群 その5

    よろしければクリックをお願いします<(_ _)> ←第4回 定義森林鉄道跡の廃木橋群 その4 - かまねこ古道 定義森林鉄道の廃木橋群 第4回 スラブの橋と木橋【廃線・廃橋】 定義森林鉄道跡を歩く(定義如来~十里平編)【宮城・定義山】 前回は潔く撤退し、帰宅後改めて探索再開のための策を練ります。といっても前回探索を断念した地点以降は地図上からもドローン偵察状況からも明らかなとおりとんでもない断崖絶壁です。そうであれば残された方法は事実上一つだけ。 探索ゴール予定地点から逆に辿るしかありません。若干不本意な感は否めませんが背に腹は代えられません。 動画で説明したとおり、地図上や周囲の地形を見ると…

  • 定義森林鉄道跡の廃木橋群 その4

    よろしければクリックをお願いします<(_ _)> ←その3 定義森林鉄道跡の廃木橋群 その3 - かまねこ古道 定義森林鉄道の廃木橋群 第3回 山中を進む列車【廃線・廃橋】 定義森林鉄道跡を歩く(定義如来~十里平編)【宮城・定義山】 看板を確認しに戻ります。 動画では触れませんでしたが、結構な急斜面に埋まっています。 普通に立つことはできないので、笹の茎につかまってなんとか撮影しています。看板を少しだけ掘り返してみると・・・ 鉄道の制限速度は6キロとのこと、本当に厳密に守られていたのかはわかりませんが、相当のんびりしています。 先に進みます。絵に描いたような大岩が転がっています。転がってきたの…

  • ブログ内記事総索引

    本ブログ内記事の総索引です ◎定義森林鉄道 定義森林鉄道の大橋梁 - かまねこ古道 定義森林鉄道跡の廃木橋群 事前情報 - かまねこ古道 定義森林鉄道跡の廃木橋群 その1 - かまねこ古道 定義森林鉄道跡の廃木橋群 その2 - かまねこ古道 定義森林鉄道跡の廃木橋群 その3 - かまねこ古道 ◎国道48号線 国道48号線旧道を歩く その1 旧湯渡戸橋 - かまねこ古道 国道48号線 旧関山峠 宮城側 前編 - かまねこ古道

  • 定義森林鉄道跡の廃木橋群 その3

    よろしければブログランキングのクリックをお願いいたします<(_ _)> ←第2回 定義森林鉄道跡の廃木橋群 その2 - かまねこ古道 定義森林鉄道の廃木橋群 第2回 かわいい鉄道橋【廃線・廃橋】 定義森林鉄道跡を歩く(定義如来~十里平編)【宮城・定義山】 第2回でみつけた掘割に降り立ってみます。進んでいくと路盤の一部が沢のようになっています。場所によっては一部泥沼状になっており注意が必要です。 目測で地表面から2~3メートル程度掘られています。この路線が建設された昭和初期にはどのような方法で掘り進めたのでしょうか。 しばらく進むと路盤右側は渓谷となります。高度差は目測7メートル程度。 路盤の大…

  • 国道48号線 旧関山峠 宮城側 前編

    よろしければブログランキングのクリックをお願いします<(_ _)> 国道48号線 旧関山峠 道にまつわる悲しみ (宮城側前編)【廃道・廃橋】【宮城・歴史】 関山峠は、国道48号線の宮城-山形県境に存在する峠で、国道48号線最大の難所です。現道は旧道と比較して大幅に改良されていますが、それでも苦手意識を持つ方はいらっしゃるのではないでしょうか。 関山峠に車両が通行できる道が開通したのは明治15年(1882年)。今から約138年前のことです。一方、現在の関山トンネルが開通したのは昭和43年(1968年)。旧関山峠は約86年間利用された計算になります。 関山峠の航空写真です。現道が開通した8年後に撮…

  • 定義森林鉄道の大橋梁

    【廃橋・廃線】 定義森林鉄道の大橋梁 大橋梁の現状を確認してきました。 ちなみに私は数年前、桁だけの状態になっていましたが、まだ辛うじて 橋が架かっていた時代に訪問したことがあります。 十里平から林鉄跡に続く道を進みます。奥に見える看板の前を90度左に進むと軌道跡入口が現れます。このように直角にターンする道ですので、この道自体は軌道跡ではないでしょう。 入口前の広場。一帯は泥濘地帯と化しています。おそらく先ほどの道を伝って流れた水が溜まってしまうのでしょう。 入口が見えてきました。 いったん後ろを振り返ります。理屈ではこの先にも定義如来に至る軌道跡があるはずなのですが・・・ そういった痕跡は見…

  • 定義森林鉄道跡の廃木橋群 事前情報 

    定義(じょうげ じょうぎ とも)森林鉄道は、1938年(昭和13年)から1963年(昭和38年)までの間、現在の宮城県仙台市青葉区大倉で運行されていた森林鉄道です。 定義森林鉄道は青森営林局旧仙台営林署管内の国有森林鉄道として運営されていました。wikipediaによると、当森林鉄道の建設は昭和恐慌に伴う失業対策事業や冷水害に伴う農村救済事業としての意味合いも持っていたとのこと。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9A%E7%BE%A9%E6%A3%AE%E6%9E%97%E9%89%84%E9%81%93 現在の定義交流センター周辺を起点として北西方向…

  • 国道48号線旧道を歩く その1 旧湯渡戸橋

    【歴史・廃道】 国道48号線 旧湯渡戸橋 この頁では、動画でご覧いただいた旧湯渡戸橋に関する補足情報を記す形式にしたいと思います。 ※このブログでは、現道から廃物件へのアプローチ方法について詳細を記載することはできるだけ避けることとしています。本気で訪れたいと思う人が本ブログを見て現地の状況を照らし合わせれば容易に発見することができると思いますが、危険性がゼロではありませんので、極めて安易な気持ちで来訪する人が出ないようこのようなかたちにさせていただきます。 現道より旧道のつづら折れを下って橋に近づいていきます。48号線旧道を歩くと必ず思うことですが、この道が仙台と山形を結ぶ幹線国道であったと…

  • 定義森林鉄道跡の廃木橋群 その2

    定義森林鉄道跡の廃木橋群 その1 - かまねこ古道 【廃線】定義森林鉄道跡を歩く 第一回 (定義如来~十里平編) ※現地へは複数回来訪しているため、各来訪時の写真が混在しています。 検討結果をもとに、推定される分岐を曲がって進みます。 (このブログでは、現道から廃物件へのアプローチ方法について詳細を記載することはできるだけ避けたいと思います。本気で訪れたいと思う人が本ブログを見て現地の状況を照らし合わせれば容易に発見することができると思いますが、危険性がゼロではありませんので、極めて安易な気持ちで来訪する人が出ないようこのようなかたちにしたいと思います。) この道は、とある現役施設へと続く舗装…

  • 定義森林鉄道跡の廃木橋群 その1

    前回 定義森林鉄道跡の廃木橋群 事前情報 - かまねこ古道 仙台市民には非常になじみ深い観光スポットである定義如来。平家落人伝説が残る歴史ある寺院であると同時に、中毒性ある油揚げの販売スポットとして地元では非常に有名のようです。 資料によるとこの付近がかつて定義森林鉄道の起点となっていたとのこと。 しかし周囲を見渡す限り森林鉄道との関連性を伺わせるような物は特に見当たりません。 地域によってはこういった場所にかつて林鉄で使われていた機関車が展示されていたりすることもあるんですが、見回してみても特にそういったものはなさそうです。 果たしてどこに起点(駅 というか貯木場)があったのか、残念ながらこ…

カテゴリー一覧
商用