searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

hiroshiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/fukushimahiroshi2011
ブログ紹介文
歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療
ブログ村参加
2020/03/30
本日のランキング(IN)
フォロー

hiroshiさんの新着記事

1件〜100件

  • 前歯の差し歯の長さが左右でちがう場合の治療方法

    あなたも差し歯の長さを左右でそろえてきれいな見た目にしませんか?前歯の差し歯の長さが左右でちがう場合見た目が気になってしまうかもしれません。左右の差し歯の長さをそろえたいとお考えの方には朗報かと思います。では、どういった方法を行うかですが、歯茎の再生治療と言って下がってしまった歯茎の位置を元に戻す方法を行います。通常歯茎が薄いので、移植を伴う歯茎の再生治療を行います。歯茎の位置を左右でそろえることで差し歯の長さをそろえることができます。歯茎の再生治療例きれいなオールセラミックの差し歯が入っていますが、左右の長さがちがいます。長さをそろえるために、いったん差し歯を外して仮歯に交換します。仮歯を入れた状態で、歯茎の再生治療を行い、歯茎の位置を調整します。そして、歯茎が落ち着いた時点で新しい差し歯の型取りをします。治...前歯の差し歯の長さが左右でちがう場合の治療方法

  • もう長いオールセラミックで悩まずに済みます。

    差し歯が長い見た目を気にされていませんか?例えば上のお写真のように差し歯の長さが長い方がいらっしゃいます。歯茎の再生治療とオールセラミック治療で普通の長さの差し歯にすることが可能です。歯茎の再生治療のペーじ無料カウンセリングお問い合わせ神田ふくしま歯科東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6Fスターバックス上0120-25-183903-3251-3921歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面上前歯6本の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミック5本の再治療を行なっております。歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、...もう長いオールセラミックで悩まずに済みます。

  • 70歳の方でも歯茎の再生は可能です。

    年齢とともに歯茎が下がってしまって歯の長さが長くなってしまいます。歳なので歯茎の再生治療はできないと思われている方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。むしろ、インプラントと治療などより可能な治療になります。下のお写真は70歳の方の歯茎の下がってしまった状態です。全体的に歯茎が下がって歯の根っこが削れてしまっています。部分的にはもう少しというところもありますが、全体的に歯茎を回復させることができました。~歯茎の再生治療の注意~歯茎の再生治療を文章で書いても誤解が生じてしまうこともございますので、典型的な治療例をいくつか紹介させていただきます。なるべく多くのケースを紹介することでご理解いただければと思います。ただし、上記文章の通り、保険外診療であることと、リスクもありますので上記文章をしっかりとご確認くだ...70歳の方でも歯茎の再生は可能です。

  • 差し歯の歯茎が下がってしまって歯茎の位置を治せないと言われた方も驚かれています。

    差し歯の歯茎が下がってしまって、歯の長さが長くなってしまうと、ほとんどの歯医者が治せないという説明をしております。例えば下の写真のような歯茎が下がってしまった場合に、差し歯の交換をすると左右で差し歯の長さが違う状態になってしまいます。当院では、歯茎の再生治療を差し歯の治療と合わせることで、見た目をきれいにしております。上の写真の治療後の写真が下の写真になります。お問い合わせ神田ふくしま歯科東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6Fスターバックス上JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)0120−25−1839歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面左上前歯3本の再生治療を行っております。また、合わせてオ...差し歯の歯茎が下がってしまって歯茎の位置を治せないと言われた方も驚かれています。

  • 神田ふくしま歯科

    神田ふくしま歯科の紹介ドクターズファイルにて病院の紹介記事を書いて頂きました。神田ふくしま歯科神田ふくしま歯科

  • 歯茎が下がったところには歯石がつきやすくなる場合があります。

    歯茎が下がってしまうことがあります。歯茎が下がっても問題がない場合は良いのですが、歯石が付きやすくなって歯茎が腫れてしまったりすることがあります。そんな時は歯茎の再生治療を行うことで、歯ブラシをしやすくすることができます。下のお写真は下の前歯の歯茎が下がってしまったところに大量の歯石がついてしまっている状態です。歯茎が腫れてしまっています。磨くとお痛みや出血があるためしっかりと磨けず、より歯茎が悪くなってしまう状態です。こういった場合、歯茎の再生治療を行うことで歯ブラシをしやすくします。治療後の状態角化歯肉と言って硬い歯茎を移植することで磨いてもお痛みを感じなくなります。また、歯茎が将来的に下がりにくくなります。歯茎の再生治療のページ無料カウンセリングお問い合わせ神田ふくしま歯科東京都千代田区神田鍛冶町3−2−...歯茎が下がったところには歯石がつきやすくなる場合があります。

  • 歯茎が下がってしまった場合は歯ぐきの再生治療で歯の形も変わります.

    写真が小さくてみにくいでしょうか?右の写真が歯茎が下がって歯が長くなってしまっている状態。左の写真が再生治療後の状態です.歯の長さが短くなっています.元々は左の写真の歯茎だったのがこんなに下がってしまっていたと言う事です.大きな写真も載せています.歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯茎の再生治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療7万円(税別)かかりました。また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸で...歯茎が下がってしまった場合は歯ぐきの再生治療で歯の形も変わります.

  • なぜ前歯の差し歯の歯茎が下がって黒く見えるのか?また、治療方法は

    前歯を差し歯の経験をされた方のお悩みの一つに歯茎が下がって歯茎が黒く見えてしまうということがあります。歯茎が下がるとお写真のように歯茎が黒く見えてきます。歯茎は年齢とともに下がってしまうというより、歯ブラシの仕方が強すぎる場合や、歯茎が薄い方の場合に起こりやすくなります。そして、一度下がってしまった歯茎は基本的には自然に回復しません。そのため、前歯の差し歯治療をされた方は丁寧な歯ブラシをすることと、定期的にはクリーニングに歯科医院に通われて専門的なクリーニングを受ける必要があります。歯茎がすでに下がってしまって、見た目を気にされている方は、差し歯の交換や歯茎の再生治療で歯茎の黒ずみを消すことができます。お写真は、上の歯茎が下がってしまった写真の治療後の状態です。歯茎の再生治療を前歯の左側3本に行って、前歯4本を...なぜ前歯の差し歯の歯茎が下がって黒く見えるのか?また、治療方法は

  • 矯正治療後の歯茎の退縮には歯茎の再生治療が有効です。

    矯正治療後に歯茎が退縮してきていませんか?矯正治療をされた方の中には、歯並びが綺麗になっても歯周病が進行してしまう方が後を絶ちません。歯茎が下がってしまった場合は、歯茎の再生治療をお勧めしております。下のお写真の方は矯正治療後に歯茎が退縮してしまっております。今後もさらに歯茎が退縮して歯がもっと悪くなることが予想されます。これ以上歯茎が下がらないように下の歯全体的に歯茎の再生治療を行いました。歯茎の位置を回復し、厚みを増しています。将来的に歯茎が下がるのを予防します。歯茎が下がって放置して更に悪くするよりも、お早目に対処されることをお勧めしております。歯茎の再生治療に関しまして、詳しくは、下記のリンクページをクリックして、歯茎の再生治療の専門ページをご覧ください。歯茎の再生治療専門ページまた、只今無料カウンセリ...矯正治療後の歯茎の退縮には歯茎の再生治療が有効です。

  • 前歯の差し歯は、古くなると汚く見えます。その原因はご存知ですか?

    前歯の差し歯が古くなると、セラミックなど差し歯自体はあまり変わりませんが、歯茎が下がって、ブラックマージンと言って歯茎のところが黒く見えるようになる事がしばしばあります。今回は、露出して黒く見えている歯の根っこを、歯茎の位置を回復させる事で見た目を改善する治療をご紹介いたします。治療例治療前、典型的なブラックマージンのケースです。歯茎が退縮してしまっているために、セラミックの差し歯の上の方が黒く見えるようになってしまっています。こういったケースでは、まず差し歯を仮歯に交換した後に、歯茎の位置を改善するために歯茎の再生治療を行なって歯茎の位置を回復させます。歯茎の位置を改善した後にオールセラミックの差し歯を入れる事で、自然な見た目になります。治療後、下がってしまった歯茎の位置が元に回復したため、歯茎の黒ずみもなく...前歯の差し歯は、古くなると汚く見えます。その原因はご存知ですか?

  • 矯正治療後には歯茎の再生治療がお勧めです。積極的な予防治療のご紹介です。

    矯正治療後には、どうしても歯茎が下がってしまうことがよくあります。歯茎が下がってしまうと、将来的に歯の寿命が短くなってしまいますので、歯茎が3ミリほど下がってしまった段階で、しっかりと歯茎の再生治療を行うことをお勧めしております。下のお写真の患者様は、矯正治療後歯茎が薄いため、下の歯の歯茎が下がってしまってきています。歯茎の再生治療を全体的に行うことで歯茎が回復するのと同時に歯茎の厚みが増して、将来的に歯茎が下がってしまうことを予防します。今では、歯が悪くなってから、歯を抜いてインプラントなどを行うより、歯が悪くならないように予防する時代になっています。ただ、歯茎が悪い状態ではしっかりとメンテナンスできませんので、歯茎の状態を良くすることが必要です。詳しくは、下記のリンクページをクリックして、歯茎の再生治療の専...矯正治療後には歯茎の再生治療がお勧めです。積極的な予防治療のご紹介です。

  • あなたは歯茎が下がったときの治療方法をご存知ですか?

    歯茎が下がったまま放置されている方が非常に多いのはなぜでしょうか?歯茎が下がってしまうと歯と歯茎を結合している歯根膜というコラーゲン繊維や血管、神経など歯を支える組織が無くなってしまいます.そのため,進行状況によっては歯を支えている骨も吸収してしまいます.歯茎が下がってそのままにしているとさらに歯周病が進行してしまいますし,場合によっては歯を残せなくなってしまう場合もあります.歯茎が下がってしまって放置するのはお勧めしません.もしかしたら歯茎が下がったときの歯ぐきの再生治療をご存じないのかと思う事があります.歯ぐきの再生治療を行う事で、歯茎を回復される方が良いと思います.歯茎が下がり始めてしまったら歯茎の再生治療で歯茎を回復させる事をお勧めしているのは、このためでです。歯ぐきの再生治療前歯ぐきの再生治療後このケ...あなたは歯茎が下がったときの治療方法をご存知ですか?

  • 歯茎が壊死してしまった場合の歯茎の再生治療

    歯茎が壊死して、骨が露出してしまった方のご相談を受けることがあります。例えば下のお写真のように、前歯の差し歯の歯の根っこが露出した上に顎の骨が見えてしまっています。こういったケースの歯茎の再生治療をすることもあります。下の写真は治療後のお写真です。歯を抜くことにはなってしまいましたが、骨と歯茎を再生させてブリッジを入れています。見た目も改善しています。歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面前歯3本の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミックブリッジの再治療を行なっております。歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関して...歯茎が壊死してしまった場合の歯茎の再生治療

  • あなたの差し歯は長くなってしまっていませんか? 歯茎を回復させる歯茎の再生治療のご紹介

    歯茎が下がってしまったまま差し歯の治療を行うと長い差し歯になってしまいます。長い差し歯を入れた場合、数年するとまた歯茎が下がって歯茎の黒い部分が露出してしまいます。歯茎が下がってしまった部分の差し歯の治療をされる場合は、歯茎の再生治療を合わせて行うことをお勧めしております。お写真のご説明歯茎が下がってしまってから差し歯を入れているためにと長い歯になってしまいます.犬歯の隣の歯だけ差し歯のやり直し治療を行うために歯茎の再生治療を行いました。左側のお写真が治療前、右側のお写真が歯茎の再生治療後仮歯を入れた状態。歯茎の位置が変わったのがわかるかと思います。拡大したお写真は下に掲載させていただいております。ご興味のある方はスクロールして拡大写真をご覧ください。こういった長くなってしまった差し歯はよく見かけますが,長い歯...あなたの差し歯は長くなってしまっていませんか?歯茎を回復させる歯茎の再生治療のご紹介

  • 歯茎が下がってしまったときの差し歯の治療方法

    前歯に差し歯を入れている方必見差し歯の治療を行う場合に歯茎が下がってしまって黒く見えていたり、歯が長く見えてしまったりして困ってしまう事があります.歯茎が薄いのに差し歯にすると歯茎が下がりますので、しばらくすると差し歯の歯茎が下がって歯の根っこの黒い部分が見えたりしてみた目が悪くなってしまいます.差し歯の治療を行う場合は、歯ぐきの再生治療を合わせて行う事で差し歯の寿命が長くなります.上のお写真のように差し歯の歯茎が下がってしまって歯の根っこが露出してしまった場合、そのままの歯ぐきの状態で差し歯を交換すると、差し歯の長さが長くなってしまう事になります.また、歯ぐきの状態を改善してないため、将来的に歯ぐきがまた下がってしまう可能性があります.こういったケースでは歯ぐきを回復させるために歯ぐきの再生治療を行う事をお勧...歯茎が下がってしまったときの差し歯の治療方法

  • 矯正後に歯茎が下がってしまうことがあります。特に下の前歯の歯茎が下がってしまうことがあります。

    歯茎が下がった時の治療法に歯茎の再生治療があります。治療前歯茎の再生治療後歯茎の再生治療は保険外治療となります。歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯と歯の間の骨が吸収して隙間ができているケースでは、歯と歯の間の歯茎の回復はあまり期待できません。見た目がきになる場合は、ダイレクトボンド法(保険外診療で1箇所3万円税別)にて隙間を埋めることも可能です。歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面下前歯6本の再生治療を行っております。歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療14万円(税別)また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療で...矯正後に歯茎が下がってしまうことがあります。特に下の前歯の歯茎が下がってしまうことがあります。

  • 成人矯正を行う方の歯周病治療  歯ぐきが下がるのを予防します。

    成人の方が矯正する前に歯茎が下がる事を注意する必要があることがあります。知らない方が多いのでご確認ください。成人の矯正治療は顎の骨ができあがっているため、骨のないところに歯を動かすと、歯ぐきが下がって長い歯になってしまいます。また、歯周病にかかっている方に矯正をした場合、歯周病が進行してしまうことがあります。歯周病の管理をすることが必要です。また、骨のないところに歯を動かすにはPAOO(急速増骨矯正)という方法を使います。矯正中歯の根っこが歯茎から透けて見えています。歯茎が下がってきてしまったため、装置をいったん外した状態で紹介されました。この状態で矯正を続けると歯茎が下がってきてしまいます。心配した矯正の先生からの紹介です。人工の骨と皮膚を移植しました。術後は歯茎に厚みが出ています。その後、無事矯正治療が終了...成人矯正を行う方の歯周病治療歯ぐきが下がるのを予防します。

  • 歯茎の再生治療例 〜若いのに全体的に歯茎が下がってしまった方の例〜

    年齢は若いのに歯茎が全体的に下がってしまうことはあります。歯茎が下がってしまったまま放置しておくと虫歯や歯周病の進行により歯が悪くなってしまいます。お忙しい方は、まとめて10本ほどの歯茎の再生治療を行うことも可能です。今回は、上の歯茎10本をまとめて歯茎の再生治療したケースのご紹介です。お写真では、歯茎が2〜3ミリほど全体的に下がってしまっています。今回は上の歯10本だけ歯茎の再生治療を行いました。治療後の状態が下の写真です。上の歯の方が下の歯より短くなったのがわかるかと思います。歯茎の再生治療は、お写真のケースのように2〜3ミリ歯茎が下がった段階で、歯茎が下がりきって手遅れになる前に行うことをお勧めしております。歯ぐきの再生治療に関しまして詳しい内容を知りたいと言う方は下記のリンクページをクリックしてご覧くだ...歯茎の再生治療例〜若いのに全体的に歯茎が下がってしまった方の例〜

  • 歯ぐきが下がってしまっても放置しておくか、歯ぐきの再生治療で歯ぐきを回復させるかについて

    歯茎が下がってしまった場合,どこまでなら大丈夫だろうかとお考えになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?基本的に歯茎が下がり始めたら早い段階に回復させる事をお勧めしておりますが,しばらく様子を見たいと言う方もいらっしゃるでしょうから,このラインを超えるとまずいという目安をご説明いたします.例えば下のお写真の歯ぐきの下がりですが,歯ぐきの下がり方が前歯により異なるのがわかるかと思います.歯ぐきの下がっている位置が血管の透けて見えている動く歯ぐきに達しないのかどうかが重要になります.動く歯ぐきは粘膜と言って歯茎が下がりやすく、炎症を起こしやすい歯ぐきです.歯ぐきが歯の粘膜に達するまで下がってしまった場合は歯ぐきを回復させる歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております.放置して置かないようにご説明させて頂いておりま...歯ぐきが下がってしまっても放置しておくか、歯ぐきの再生治療で歯ぐきを回復させるかについて

  • ご注意ください。長くなった差し歯を直す時に歯を小さくすることができます。

    前歯の差し歯を小さくしたい、というお悩みをお持ちの方。歯を小さくすることをあきらめていませんか?ご存知の方も少ないのですが、歯茎の再生治療という方法を行うことで、歯茎の位置を回復して、歯の長さを小さくすることができます。治療前のよくある長い差し歯のお写真治療後の歯茎の再生治療とオールセラミックで審美歯科治療を行ったお写真歯が短く、平均的な長さにすることができました。歯茎の再生治療の詳しい内容は下記の専門ページに詳しく乗せさせていただいております。クリックしてご覧ください。歯茎の再生治療のページ歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面前歯12本の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミックの再治療...ご注意ください。長くなった差し歯を直す時に歯を小さくすることができます。

  • あなたの差し歯は大丈夫?歯茎が下がった時の審美歯科治療の注意

    あなたの差し歯は大丈夫でしょうか?差し歯の歯茎が下がってしまって黒く見えてしまうことがあります。そういった場合、単に差し歯の交換をするだけでは、歯の長さが左右で異なる長さになってしまいます。今回は、差し歯の歯茎が下がって再治療をされる際に歯茎の再生治療を合わせて行うことで歯並びを綺麗に見せた治療例のご紹介をいたします。治療前、差し歯の歯茎が下がって歯茎が黒く見えます。また、下がった歯茎の位置が左右でちがうために、再治療をそのままの歯茎の状態で行うと歯の長さが左右でちがってしまいます。こういったケースでは、歯茎の再生治療で歯茎の位置を整えた状態で差し歯を交換します。治療後の状態。歯茎の再生治療を行うことで、前歯の長さを左右で揃えることができました。差し歯の歯茎が下がって交換したいと考えている方、ただいま無料カウン...あなたの差し歯は大丈夫?歯茎が下がった時の審美歯科治療の注意

  • テトラサイクリンで変色した歯のオールセラミック治療が改善されました。

    テトラサイクリンで変色した歯の審美歯科歯の色自体の色が変色してしまっている場合の多くはテトラサイクリン系の抗生剤によるものだと考えられます。変色していても虫歯ではないのですが、見た目が気になるという方は、ホワイトニングがまず第一選択だと思います。ただ、ホワイトニングでは劇的な効果が出にくいので、オールセラミックにて変色歯を覆う治療の方が歯を白くするにはお勧めかもしれません。最近のオールセラミックは透明感を調整できますので、真っ白な感じでないくても変色歯の治療ができます。テトラサイクリン変色歯治療前テトラサイクリンという抗生剤の副作用で歯の変色をしてしまうことがあります.変色してしまった歯は、ホワイトニングのみではご希望の白さにはならないことが多いです.こちらの患者様も20年ほど前にラミネートべニアで治療をされた...テトラサイクリンで変色した歯のオールセラミック治療が改善されました。

  • 30歳以上で差し歯治療を行っている方には朗報です。差し歯の歯茎が下がってしまった時の治療法

    差し歯の歯茎が下がって歯が長く見えてしまうことはありませんか?お写真のケースは差し歯の歯茎が少し激しく歯茎が下がってしまったケースです。こういったケースでは歯の見た目に歯が長くなってしまって気になるでしょうし、神経を抜いた歯の歯茎が下がってしまった場合は歯茎が黒く見えてしまいます。また、歯が抜けてしまうのではないかと心配させる方もいらっしゃいます。こういった歯茎の下がってしまったことでお悩みの方には朗報です。一番上のお写真程度の歯茎の退縮であれば、上のお写真のように歯茎の再生治療で歯茎を完全に回復させることができます。(このケースでは差し歯をオールセラミックの歯に交換しております。)歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。歯茎の再生のペ...30歳以上で差し歯治療を行っている方には朗報です。差し歯の歯茎が下がってしまった時の治療法

  • 歯周病が進行して見た目を諦めている方のための新しい審美歯科治療

    歯周病が進行してしまった場合、歯を抜かずに済むようにするだけで、見た目は諦めている。という方には朗報かもしれません。歯周病が進行してしまった方のための新しい審美歯科治療方法のご紹介です。例えば上のお写真は歯周病が進行した方の典型的な見た目です。歯茎が下がり、歯がゆれて歯並びが悪くなっています。新しい審美歯科治療では、単に見た目を改善するだけでなく、顎の骨の再生、歯茎の再生を行うことで、歯を支える組織を回復し、歯を長持ちさせます。治療後お写真歯の周囲に丈夫な骨と歯茎ができました。見た目も歯周病が進行してしまっているようには見えません。歯茎の再生治療と審美歯科の詳しい内容は専門ページをご覧ください。歯周病の方のための審美歯科のページ歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっか...歯周病が進行して見た目を諦めている方のための新しい審美歯科治療

  • 歯周病と矯正 歯茎の薄い方の矯正は歯茎がさがる可能性が高いです。 無料カウンセリング実施中

    成人の矯正治療は顎の骨ができあがっているため、骨のないところに歯を動かすと、歯ぐきが下がって長い歯になってしまいます。また、歯周病にかかっている方に矯正をした場合、歯周病が進行してしまうことがあります。歯周病の管理をすることが必要です。また、骨のないところに歯を動かすにはPAOO(急速増骨矯正)という方法を使います。矯正中歯の根っこが歯茎から透けて見えています。歯茎が下がってきてしまったため、装置をいったん外した状態で紹介されました。この状態で矯正を続けると歯茎が下がってきてしまいます。心配した矯正の先生からの紹介です。人工の骨と皮膚を移植しました。術後は歯茎に厚みが出ています。その後、無事矯正治療が終了しました。お問い合わせ神田ふくしま歯科東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6Fスターバックス上03−3251−3...歯周病と矯正歯茎の薄い方の矯正は歯茎がさがる可能性が高いです。無料カウンセリング実施中

  • 若いころに入れた前歯のセラミックが古くなって歯茎が下がってしまって、息が漏れたり、歯茎が黒くなったりしていませんか?

    前歯にセラミックの歯を入れた方の中には、10年ほど経つとセラミックに問題が無くても歯茎が下がってしまったりして息が漏れたり、歯の根っこが黒く見えて見た目に悪くなってしまったりしてきます。セラミックを再治療するにも歯茎が下がってしまっていますので、露出した根っこをおおうセラミックを作ると歯が長くなってしまいます。たとえば、下のお写真のようなケースでは、セラミックの上の部分が歯の根っこになりますが、歯茎の外に露出しております。このまま歯茎と歯の根っこの境まで歯を削ってセラミックを作成すると、通常よりかなり長い歯になってしまいます。もともと歯の長めな場合は、特に長くて目立つようになってしまうのでお勧めはできません。そんな時にお勧めなのが、歯茎の再生治療を併用した審美歯科治療です。歯茎の再生治療で、歯茎の位置を元に戻し...若いころに入れた前歯のセラミックが古くなって歯茎が下がってしまって、息が漏れたり、歯茎が黒くなったりしていませんか?

  • 歯の長さが長くなってきたなと思ったら、まずはご相談ください。

    左側の写真と右側の写真のちがいはわかりますか?下の前歯の歯茎が下がって気にされている方にはお分かりいただけるかもしれませんが、通常の方はわからないと思いますので、簡単にご説明します。歯茎は、強い歯ブラシをされている場合などにだんだんと削れて退縮してしまう傾向があります。特に下の前歯は歯茎が薄いため退縮しやすくなっております。下の歯の、下がった歯茎を再生させました。歯ぐきの再生治療のお問い合わせ神田ふくしま歯科東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6Fスターバックス上JR神田駅北口より徒歩1分(JR東京駅の隣の駅です。)0120−25−1839〜歯茎の再生治療の注意〜お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面下の前歯の再生治療を行ってお...歯の長さが長くなってきたなと思ったら、まずはご相談ください。

  • 歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療

    歯周病が進行すると、歯が揺れる・歯茎がさがるということが起こります。歯の揺れてしまっている方の歯周病治療を行う場合、歯の固定用の差し歯を使用して歯の揺れを止めることがあります。歯茎が下がってしまっているので、差し歯の長さが長くて見た目が悪くなってしっているかたが多くいらっしゃいます。見た目は諦めてしまっているかたもおおいようです。すべてのケースでできるわけではありませんが、歯周病が進行して歯茎が下がってしまっている場合、骨の再生及び歯茎の再生治療を行うことで、差し歯の長さを通常に近い長さに回復させることができる場合があります。治療例ですが、歯周病が進行して歯茎が下がって、歯が揺れてしまっています。歯の揺れを抑えるために差し歯で固定することになりましたが、歯の長さが長いため骨の再生・歯茎の再生を行って見た目をなる...歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療

  • 歯ぐきの再生治療はもうご存知でしょうか? 歯茎が下がったときの治療法です.

    歯ぐきの再生治療のご紹介です.歯ぐきの再生治療は下がってしまった歯ぐきを回復させて露出した歯の根っこを覆う治療方法です.歯ぐきが退縮して歯が長く見えると見た目によくないですし、歯周病のように見えてしまいます。歯ぐきが退縮してしまったら歯ぐきの再生治療が有効です。ただ、できれば歯ぐきが退縮しない前に予防することが大切だと思います。歯食いの再生治療に関しての詳しいページをご覧になりたい方は下記のリンクをクリックしてご覧ください.歯茎再生歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面上前歯6本の再生治療を行っております。また、合わせて5本分のオールセラミックの再治療を行なっております。歯茎が下がって歯の根が露出していま...歯ぐきの再生治療はもうご存知でしょうか?歯茎が下がったときの治療法です.

  • 歯周病の治療方法は誰でも一緒ではありません。 

    あなたの歯周病の進行が進んでしまっている場合、どのようにして歯周病を食い止めるのでしょうか?歯周病は骨の吸収の進行度により軽度・中等度・重度に分類し、歯周病の進行具合によって、必要な治療法が変わってきます。そのため、しっかりと歯周病の検査をする必要があります。軽度の歯周病では、歯石を取り、しっかりとメンテナンスすることで進行を防げます。中等度の歯周病では、歯周病の原因を解決する処置が必要になります。また、メンテナンスに入る前には、清掃しやすい環境にすることが重要です。重度の歯周病では、歯の揺れを固定する必要が出てきたり、歯が抜けてしまっているときはインプラント治療などによって咬み合わせを安定することも重要です。また、再生治療によって骨を再生させる必要がある場合もあります。歯周病は痛みがほとんどないですので、自覚...歯周病の治療方法は誰でも一緒ではありません。

  • 大人の方が矯正する場合は歯茎が下がる事を予防する必要があります.

    あなたの歯茎は対丈夫ですか?矯正治療後に歯茎が下がってしまってご相談いただく事がよくあります.大人の方は矯正治療前に歯茎の確認をされた方が良いでしょう.成人矯正をされる方の注意歯茎の問題点成人矯正をされる場合考えなくてはいけないのが、骨の成長が期待できないということです。歯を抜かずに広げる場合などの時、歯が骨から飛び出してしまうことがあります。こういったケースでは歯茎が退縮して歯が長く見える上に、歯の寿命が短くなります。矯正前に骨と歯茎を再生・増殖することが必要です。急速増骨矯正歯並びを気にされて来院されました。歯茎が長くなってしまっているため、そのまま矯正をするともっと歯が長くなってしまいます。歯茎の再生と同時に矯正をする急速増骨矯正法を行いました。左の写真から1か月後の状態上の歯には白い審美矯正装置を使用し...大人の方が矯正する場合は歯茎が下がる事を予防する必要があります.

  • あなたの歯茎が下がってしまうことがあります。

    矯正治療を行った後、歯茎が下がってしまっています。矯正治療後に歯茎が下がってしまうことが多いように感じます。歯茎が下がってしまった場合は、そのまま放置しておくと歯周病が進行してしまいますので、歯茎を回復させる歯茎の再生治療を行うことをお勧めしております。下の歯の歯茎を回復させた状態。通常、本数が多い場合、10本程度までの歯茎の再生治療を1回で行います。不十分な場所や、10本以上歯茎が下がってしまっている場合は、3ヶ月ほど間隔をあけてから、また10本ほどの歯茎の再生治療を行うことができます。歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面下顎前歯小臼歯10歯の再生治療を行っております。歯茎が下がって歯の根が露出してい...あなたの歯茎が下がってしまうことがあります。

  • 気づいたら歯が抜けそうになってしまった。 歯茎が下がった時に治療をする時期とは

    歯を抜きたくない方はご注意ください。多くの方の歯茎は年齢とともに歯周病が進行して下がってしまうものです。しかしながら、歯茎が下がりすぎると歯を抜くことになってしまう場合もあります。歯茎がさがてしまった場合、歯茎の再生治療を行うことで歯茎を回復させることができますが、費用がけっこう掛かってしまいますので、下がってすぐに治療するのに躊躇する方もいらっしゃいます。しかし、歯を抜くことになるのならまた、抜いてインプラントを入れるようになるくらいなら歯茎の再生治療の方が少し料金が安いので歯茎の再生治療を行いたい。ということでしたら歯の寿命に影響すると思われる歯茎の下り具合についての基準を知っていただくのが良いと思います。では、歯茎が下がって歯を抜くようにならないために、どの段階で歯茎の再生治療を行うべきかという基準をご説...気づいたら歯が抜けそうになってしまった。歯茎が下がった時に治療をする時期とは

  • 歯茎が下がってしまっている方の矯正治療 増骨矯正法 PAOO

    成人の方の矯正治療をする際に、歯茎が下がってしまっていることがあります。下のお写真の方は、オープンバイトと言って、前歯が噛めません。(お写真では奥歯で噛んだ状態ですが前歯が当たっていない状態です。)このオープンバイトを矯正治療で治すためには、下の前歯を上に動かさないといけないのですが、下の前歯の歯茎が下がってしまっているために、通常の矯正治療では歯が抜けてしまうリスクもあります。こう言った場合の矯正治療は増骨矯正(PAOO)と言って、矯正治療と合わせて骨を増やす治療を行います。矯正治療後の状態下がってしまっていた歯茎が増骨強制法を行なったため、回復しております。また、下の歯の周囲に骨ができたため将来的に歯茎が下がる心配が軽減しました。歯茎が下がってしまっている方は、矯正治療をする前に一度無料カウンセリングにお越...歯茎が下がってしまっている方の矯正治療増骨矯正法PAOO

  • 下がってしまった歯茎を再生させるたった1通りの方法

    差し歯の境界の歯茎が下がってしまっています。元に戻す方法は、唯一歯茎の再生治療になります。歯茎の再生治療は保険のきかない治療となります。歯茎が下がった状態は感染が起こって歯周病が重度に進行してしまうリスクが高いので、歯茎を元の状態に直しておくことは将来歯を抜かずに済むためには必要です。歯茎の再生治療の専門ページRSSリーダーで購読する歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面上前歯6本の再生治療を行っております。また、合わせて前歯を仮歯に交換している状態です。このケースではオールセラミック5本の再治療を行なっております。お写真では歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯...下がってしまった歯茎を再生させるたった1通りの方法

  • 歯周病の方のための審美歯科治療

    あなたの歯茎が腫れてしまって形の悪い差し歯が入ってしまっている場合、歯周病を改善する審美歯科治療で見た目も改善します。歯周病の方の審美歯科治療は通常の方のものとは方法が異なります。歯周病の治療もしながら、歯茎を整えて差し歯をきれいに入れる必要があります。ただ差し歯を交換するだけでは、歯周病が治らないうえ見た目も悪いものとなってしまいます。審美歯科と歯茎の整形ケース歯茎の整形治療を行わないと歯の形、大きさが左右で不揃いとなってしまいます.また、歯周病の治療も必要でした.歯茎の整形を行う事で、歯茎の位置がそろった上見た目にもきれいになりました.このケースはメタルボンドで治療しました.審美歯科治療をお考えの方は下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。審美歯科の専門ページ...歯周病の方のための審美歯科治療

  • 歯周病が進行した場合抜いてインプラント治療をする前に再生治療を検討されていますか?

    すぐに歯を抜いてインプラントにしたくない方へ歯周病が進行してしまったけどインプラント治療は嫌だな何とかならないかという場合、骨の再生治療で歯を保存できるかもしれません。歯周病が進行してしまった場合、歯の周りの骨が吸収してしまいます。歯を抜くか残すかという選択をしなくてはいけない場合もあります。もちろん再生治療で骨を再生させることができると歯を抜かずに済むことになります。再生治療は、歯を抜かずに残すための方法ですが、もし歯を抜いたときはインプラント治療ということになるかと思いますので、再生治療をやるかやらないかはインプラント治療との比較になるかと思います。歯はなるべく抜かないということは世界の歯周病医の共通認識でありますが、再生治療が可能な部分は歯周病が進行しても再生治療を選択して、抜かないようにする方法がベスト...歯周病が進行した場合抜いてインプラント治療をする前に再生治療を検討されていますか?

  • 歯茎が下がってしまったときはまず歯周病の細菌検査で歯周病菌を確認しましょう

    歯茎が下がってきてしまったとお感じの方、原因は歯周病が進行してしまっているからかもしれません.歯周病は歯周病菌が原因で起こる感染症だと言う事が知られております.歯周病の炎症を進行させる菌がいるかどうかを確認する事で現状での進行を確認する事が出来ます.具体的には細菌検査を顕微鏡やDNA検査で行う事で、歯周病の菌を確認します。歯周病の菌が大量にいる場合は歯周病のリスクが高いため、すみやかに歯周病治療を行う事が勧められます.歯周病菌がいなくて歯茎が下がってしまっている場合は、歯ぐきの再生治療を行う事で歯ぐきを回復させる事が出来ます.細菌検査に関しまして詳しい内容はかきのりんくぺーじに詳しく説明させて頂いております。ご興味のあるかたはクリックしてご覧ください.細菌検査のページ細菌検査は保険外診療となります。費用は5千円...歯茎が下がってしまったときはまず歯周病の細菌検査で歯周病菌を確認しましょう

  • あなたの前歯の歯茎が黒い場合、すぐに治療を始めない方が良いでしょう。まずはこちらをご覧ください。

    典型的なセラミックの歯茎が下がって黒く見えてしまっているケース。前歯のセラミックの歯の神経がないために、歯の根っこが黒くなっています。歯茎が下がることで歯の根っこの黒い部分が露出して歯茎が黒く見えてしまっています。通常、この歯茎の状態でセラミックを治してしまう歯科医院も患者様も多いようです。ただ、この歯茎の状態でセラミックを直すと長い歯になってしまいます。(当院には長くなってしまったセラミックの再治療に訪れる患者さんが絶えません。)歯茎の再生治療とセラミックの再治療で、歯の長さが平均的な長さになりました。満足していただけました。歯茎の再生治療をご存知ないという方は、歯茎の再生治療の専門ページを用意させていただいております。下記のリンクページをクリックしてご覧ください。歯茎の再生治療のページ歯茎の再生治療の注意お...あなたの前歯の歯茎が黒い場合、すぐに治療を始めない方が良いでしょう。まずはこちらをご覧ください。

  • 歯が揺れてしまっている方は歯周病が重度だと思ってください。

    歯周病で歯が揺れている場合は歯を支えている骨が吸収してしまっています。歯周病の程度としては重度である可能性が高くなります。重度の歯周病の場合、硬いものを噛みしめてしまったり、通常に使用しているだけでも骨の吸収が進行してしまうことがあります。そのため、歯が揺れている場合は固定と言って隣の歯とくっつけて束にして歯の揺れを抑える方法がとられています。ただ、歯を固定したらそれで終わりというわけではなく、しっかりと歯周病を治す必要があります。歯石を取るだけでなく、吸収してしまった骨を再生させる再生治療をすることがお勧めでです。歯茎や骨の再生に関しては専門ページがありますのでそちらをご覧ください。写真なども用意しています。歯茎や骨の再生治療のページまた、歯ぐきや骨の再生治療を行う場合,再生治療前に歯周病菌を減らすあるいは無...歯が揺れてしまっている方は歯周病が重度だと思ってください。

  • 差し歯の長さは満足してますか? 長い差し歯の治療法のご紹介です。

    近年、審美歯科治療が多くの病院で行われるようになってきました。お近くに病院で審美歯科治療が受けられるというのは良いことかもしれません。ただ、オールセラミックのような金属を使用しない白い綺麗な差し歯を入れたとしても、歯の長さが左右で揃っていないため満足できないというご相談が増えています。例えば、下のお写真のようなケースです。オールセラミックで、歯並びや歯の色を改善したようですが、歯の長さが左右でまちまちなために、見た目が綺麗に見えません。当院では、歯茎の再生治療によって、長い差し歯の長さを改善した上でオールセラミックをお作りしております。治療後下のお写真のようになりました。審美歯科治療をお考えの場合は、歯の長さを揃えることも大切です。歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。し...差し歯の長さは満足してますか?長い差し歯の治療法のご紹介です。

  • 歯茎の位置が左右でちがう。そんな時歯茎の整形処置できれいに見えます。

    歯茎の整形で笑った時の歯茎の位置を並べます。なんで、そんなことをするのか?歯茎の位置を変えることは、究極の審美歯科治療といえます。通常、歯の色や形が良ければ満足していただけることが多いのですが、よりこだわりたい方は歯の大きさも気にされます。歯茎の位置が左右対称になれば、歯の長さも同じに見えます。そんなことができるとは知らなかったという方がほとんどではないでしょうか。今回は、歯茎の整形・再生法についてのご説明をいたします。歯茎の位置が左右で不揃い、短い長いといった長さを平均的な長さにする方法に歯茎の整形術があります。歯の大きさのちがいに不満や、コンプレックスを感じている方は、歯の大きさや長さを変えることで満足いただけます。非常に簡単な処置で、痛みもありません。術後の結果に満足いただけるでしょう。さっそく症例の紹介...歯茎の位置が左右でちがう。そんな時歯茎の整形処置できれいに見えます。

  • 歯茎の問題は歯茎の厚みが原因かもしれません.

    歯茎が薄い場合には歯茎が下がりやすくなります.歯茎の問題の多くは歯茎が薄くなってしまう事が原因で起こります.歯茎が薄いと、炎症を起こしやすく腫れやすいうえ、しっかりと磨くために時間をかけて磨くと歯茎が下がってしまうという問題も抱えてしまいます.歯茎の厚みは、遺伝的にある程度決まってしまっているため,自然に厚くする事は難しいので、薄い歯茎の方は注意しながら歯ブラシをして頂く事が大切です.また、歯茎の厚みを増したい場合は歯ぐきの再生治療という方法で歯茎の厚みを増す事も可能です.歯ぐきの再生治療を行って歯茎の厚みを増したケース。歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯と歯の間の骨が吸収して隙間ができているケースでは、歯と歯の間の歯茎の回復はあまり期待できません。見た目がきになる場合は、ダイレクト...歯茎の問題は歯茎の厚みが原因かもしれません.

  • 前歯の差し歯の周りの歯茎が黒く見えて気になるってことはありませんか?

    差し歯の歯茎が黒ずんだ時の治療法のご紹介です。下のお写真は典型的な保険の差し歯で前歯を治療したケースのお写真です。時間とともに歯茎が腫れて赤くなってしまったことと、歯茎に黒い斑点があるのを気にされてご来院されました。治療後のお写真です。奥歯を含めてオールセラミックで治療を行いました。前歯の歯茎は歯茎の再生治療にて歯茎の色を改善しております。歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面上前歯6本の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミック4本の再治療を行なっております。歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯...前歯の差し歯の周りの歯茎が黒く見えて気になるってことはありませんか?

  • 歯茎の再生治療例 下の前歯の歯茎が下がってしまったケース

    下の前歯の歯茎が下がってしまった場合の歯茎の再生治療例です。歯と歯の間の歯茎は回復が難しいのですが、表側の歯茎を回復させることと、厚みを増して歯茎が下がりにくくすることが可能です。治療前治療後下がってしまった歯の根っこが皮膚に覆われています。お写真のケースでは下の前歯6本の歯茎の再生治療を行っています。治療前に歯の根っこが透けて見えてしまっていましたが、治療後には歯茎の厚みも増して下がった歯茎の一部も覆うことができました。歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯と歯の間の骨が吸収して隙間ができているケースでは、歯と歯の間の歯茎の回復はあまり期待できません。見た目がきになる場合は、ダイレクトボンド法(保険外診療で1箇所3万円税別)にて隙間を埋めることも可能です。歯茎の再生治療の注意お写真を見...歯茎の再生治療例下の前歯の歯茎が下がってしまったケース

  • 歯茎の再生治療は、歯周病の進行を止めます。

    歯茎が下がってしまうと、歯の周囲にある歯根膜がなくなります。いわゆる歯周病が進行した状態と同じことが起こります。歯茎の下がってしまった状態単に見た目はが長くなってしまっただけではなく、歯の周囲の歯を支えるコラーゲン繊維などの組織が歯周病と同様に失われてしまいます。歯茎の再生治療は、単に歯茎を復活させるだけではなく、歯の周囲の組織を再生させます。歯茎の再生治療後の状態しっかりと歯茎を回復させるだけでなく、歯の周囲の組織を回復させることで、歯周ポケットのない健康な状態に戻すことができました。歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面上下前歯12本の再生治療を行っております。歯茎が下がって歯の根が露出しています。こ...歯茎の再生治療は、歯周病の進行を止めます。

  • 矯正治療の後に下の前歯の歯茎が下がってしまうことがよくあります。

    矯正治療後に歯茎が下がりやすい部分があります。その一つの部分に下の前歯の歯茎があります。下の前歯は顎の骨の中でも非常に薄い場所になります。顎の骨が薄い場合、歯茎が下がりやすいことが知られています。下の前歯の歯茎が、矯正治療などで歯を動かした場合に下がってしまうのは、顎の骨が非常に薄い場合に起こります。下のお写真は矯正治療後にだんだんと下の前歯の歯茎が下がってしまってきたということでご相談にいらっしゃったケースです。歯と歯の間の歯茎、表側の歯茎が下がってしまっています。歯と歯の間の歯茎は回復が難しい部分となります。部分的な回復と歯茎の厚みを増やして将来的に歯茎が下がりにくくする歯茎の再生治療方法を行いました。下の写真が歯茎の再生治療後の写真です。歯茎の位置を少し上げることができました。歯茎の再生治療に関しましては...矯正治療の後に下の前歯の歯茎が下がってしまうことがよくあります。

  • 長い差し歯の治療 〜ピンクの歯茎のついたセラミックにならない治療法〜

    審美歯科治療に関するご相談んもいろいろありますが、今回は差し歯の長さが長いのを元の歯の長さにしたい、左右の歯の大きさを揃えたいというご相談についてご紹介いたします。このケースは前歯の差し歯の治療をしていたのですが、担当の先生は歯の長さは治せない、歯茎の部分はピンクのセラミックにして歯茎っぽく見せましょうと言われて当院にご相談にいらっしゃいました。ご来院時の前歯の差し歯に仮歯が入った状態。確かに左右の歯の長さがちがいます。同じようなご相談が最近増えています。多少長くても気にされない方が多かったのでしょうけど、気になってしまう方も多いようです。当院では長い差し歯の歯茎を再生させて差し歯を入れることで見た目を左右で揃える治療を行っております。歯茎の再生後の状態が下のお写真になります。歯茎の位置が下におりたため、歯茎の...長い差し歯の治療〜ピンクの歯茎のついたセラミックにならない治療法〜

  • もうご存知ですね。セラミックの差し歯が長くて気になってしまっている方のための審美歯科治療

    セラミックの差し歯の歯茎が年齢とともに下がってしまって黒く見えるから、セラミックの差し歯を交換したいというかた。ご注意ください!従来の方法でセラミックの差し歯を交換してしまうと長い差し歯になってしまい、どうしても気になってご相談にいらっしゃるかたが後を絶ちません。どの歯も歯茎が下がってしまっていますが、セラミックの差し歯の歯茎が下がってしまって中が黒くて見た目が悪い。セラミックの差し歯は数年前にかかりつけの先生のところで入れたので、相談に行ったら、歯茎のことはできないと言われた。というご相談をよく受けるようになりました。セラミックが入っていても差し歯の長さが長いと見た目が気になるというかたが増えているようです。こういった場合は、最新の審美歯科治療を行うことをお勧めしております。最新の審美歯科治療では、セラミック...もうご存知ですね。セラミックの差し歯が長くて気になってしまっている方のための審美歯科治療

  • 歯周病が進行して、歯茎が下がってしまったり、歯が揺れてしまっている方のための審美歯科治療のご紹介です。

    歯周病が進行して、歯茎が下がってしまったり、歯が揺れてしまっている方のための審美歯科治療のご紹介です。歯周病が進行してしまうと、歯の周囲の骨が吸収して溶けてしまうことが知られています。骨が吸収してくると、歯が揺れてしまったり、歯茎が下がってきます。放置していると、見た目が悪くなる以上に、歯が残せるかそれとも抜かなくてはいけないか判断しないといけない状態となってしまいます。今回は、歯周病が進行してはと歯の間の歯茎が下がってしまったようなケースを審美的な見た目にする審美歯科治療をご紹介いたします。治療前、歯と歯の間の歯茎が下がってしまっています。また、骨が吸収してしまったために、歯が揺れて動いてきています。このケースでは、骨の吸収が進行しているため、骨を回復させる骨の再生治療を行い、また、歯が揺れないようにするため...歯周病が進行して、歯茎が下がってしまったり、歯が揺れてしまっている方のための審美歯科治療のご紹介です。

  • 要注意です。歯を抜いた後にブリッジ治療をする場合、歯茎が下がって歯が長くなってしまう事があります。お勧めの審美歯科治療

    ブリッジの歯茎が下がって、歯が長くなってしまったケースのご紹介です。歯を抜いた後、ブリッジをする場合、歯茎が下がらないようにしないと、下がった歯茎に合わせて長い歯のオールセラミックブリッジを入れることになってしまう場合があります。多くの歯科医院では、下がった歯茎を回復させずにそのままの歯茎の位置で治療を行うので、長い歯ができて見た目が悪くなってしまいます。下がった歯茎を再生させて位置を回復した後にブリッジを作成すると元の長さのブリッジが入ります。治療例治療前には典型的な歯茎の退縮とダミーの歯が長くなってしまっている状態です。歯茎の再生治療後にオールセラミクブリッジを再度作成し直しました。歯の長さが長いと見た目が悪くなりますので、歯茎の位置を回復させることは審美的な治療の結果を希望される場合は非常に大切です。無料...要注意です。歯を抜いた後にブリッジ治療をする場合、歯茎が下がって歯が長くなってしまう事があります。お勧めの審美歯科治療

  • あなたの差し歯の歯茎は下がってしまっていませんか?

    差し歯の歯茎が下がってしまった場合に、歯医者に相談に行ってもセラミックの交換しか選択肢がないような説明を受けると思います。これは、患者さんと同様多くの歯科医師の先生が歯茎の再生治療という方法を知らないあるいはやったことがないからです。まだご存知のない方は歯茎の再生治療をお調べ下さい。調べ方のわからない方は下記の歯茎の再生専門ページのリンクをクリックしてご覧ください。歯茎の再生治療の専門ページ歯茎の再生治療の注意歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療2本で7万円(税別)オールセラミック治療2本...あなたの差し歯の歯茎は下がってしまっていませんか?

  • 歯茎の退縮しやすさは人によってちがいます。 ~歯茎が下がってしまった方へ~

    歯茎の退縮しやすさメイナードの分類歯茎の退縮と言って、歯茎がやせて、歯の長さが長くなってしまい歯の根っこが露出してしまうことがあります。歯の根っこの部分は、知覚過敏が起きやすく、またむし歯になりやすく、歯を磨きにくいことから歯周病にもかかりやすい傾向があります。あなたの歯茎が退縮しやすいかどうかを知っておけば、歯茎の退縮の予防がしやすくなります。知覚過敏を起こしやすい方などは歯茎が退縮しやすいので強く歯ブラシで歯茎をこすったりしないよう気を付けた方が良いでしょう。歯茎の退縮ですが、歯の周りの環境によって進行が変わります。歯を支えているあごの骨や、歯茎の厚みは、遺伝や歯並びなどによって決まっています。骨や歯茎の厚みによって歯茎の退縮しやすさが変わります。それを分類したのがメイナードの分類です。メイナードは歯茎と骨...歯茎の退縮しやすさは人によってちがいます。~歯茎が下がってしまった方へ~

  • あなたの前歯のブリッジは長さがそろっていますか? ブリッジの長さをそろえる歯科治療法

    前歯の差し歯の見た目は、歯の長さで決まります。たとえば、下のお写真のような差し歯のブリッジが前歯に入っている場合、歯の長さがそろっていない場合があります。笑ったときに、不自然位見えてしまいますので見た目が悪く感じます。こういった場合、歯茎の位置を整えるために歯茎の再生治療を行うことで見た目を改善することができます。歯茎の再生治療を行うことで、歯の長さを短くすることができました。歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面上前歯6本の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミックブリッジ6本の再治療を行なっております。歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の...あなたの前歯のブリッジは長さがそろっていますか?ブリッジの長さをそろえる歯科治療法

  • 歯茎が下がるのは歯周病だから?

    歯茎が下がるのは歯周病だからというわけでもありません。炎症がなく健康な歯茎の方でも歯茎は下がってしまいます。そして、炎症が起こらなくても歯茎がどんどん痩せて歯が顎の骨の支えを失って悪くなってしまうことはあります。歯茎が下がってしまっている方は、まずは歯ブラシ方法の確認が必要です。強く磨きすぎていないか・固い毛先の歯ブラシを使用していないかに注意してください。全た的に歯茎が下がってしまッた場合も歯ぐきを回復させることが可能です。上の写真の方の歯茎の回復後の写真が下の写真です。歯茎をお写真のように回復する治療法は歯茎の再生治療という方法を行います。歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面上下前歯12本の再生治療...歯茎が下がるのは歯周病だから?

  • 歯茎の再生治療例 

    歯茎の再生治療では、下がった歯茎を回復させるだけではなく、厚みを増やすために将来的に歯茎が下がりにくくなります。歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面下前歯6本の再生治療を行っております。歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯茎の再生治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療14万円(税別)かかりました。また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血...歯茎の再生治療例

  • 前歯の差し歯の長さが左右でちがうと気になりませんか?

    前歯の差し歯の長さが左右で違う場合の審美歯科治療は歯茎の審美歯科治療です。なぜこんな長さが違う差し歯を入れられてしまうのでしようか?それは、歯茎の位置が左右でちがうからです。歯茎の位置によって差し歯の長さが決まってしまうために歯茎の位置が違うと差し歯の長さが変わってしまいます。これでは見た目が悪くなってしまいます。せっかくの白い歯も長さが左右で違うことで見た目が悪くなってしまいます。こういったケースでは、歯茎の再生治療を行って歯茎の位置を改善してから差し歯を直します。上の写真を歯茎の審美歯科治療を行うことで下の写真のように歯茎の位置を変更して差し歯の長さを短くすることができます。歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写...前歯の差し歯の長さが左右でちがうと気になりませんか?

  • 歯茎が黒い場合も歯茎の再生治療が有効です。

    歯茎が黒く的になる方にオススメな治療法です。差し歯の歯茎が黒い場合、差し歯がどんなに綺麗でも見た目が悪くなってしまいます。歯茎の黒ずみには歯茎の再生治療が有効です。歯茎の黒ずみの治療例治療前の状態。差し歯が古くなってしまっています。左側の前歯には黒い斑点の様な黒ずみがあります。これは、差し歯の金属を削った時に歯茎に金属の粉が入り込んでしまったために起こります。歯茎の再生治療と、金属の除去術で見た目をきれいにします。治療後の状態。歯茎の黒ずみが取れました。差し歯もオールセラミックにしてなるべく自然に見えるようにしました。歯茎の再生治療(結合組織移植術)とは、歯茎が下がって露出した歯の根っこをご自身の皮膚を使用して回復させる治療法です。保険外診療です。また、オールセラミックの再治療を行う場合、歯科医院で行うオールセ...歯茎が黒い場合も歯茎の再生治療が有効です。

  • 矯正治療をお考えの方歯茎が下がる予防についてはお考えですか?

    成人の方の矯正治療を行う場合最も注意する必要があるのが歯周病です。せっかく歯が並んだのに歯茎が下がってしまう問題がよく怒ってしまいます。これは子供の矯正治療と異なり、成人の方の矯正治療はあごの成長が期待できないために、あごの骨の薄い部分に歯が並ぶと歯茎が下がってしまうためです。そのため、歯を抜かずに矯正治療を行う場合は特に気を付けてあごの骨の位置を確認する必要があります。骨がない場合は増骨法を行って骨を増やしてから歯を移動するか、骨のない部分に歯を移動しないようにプランを立てる必要があります。そしてもしも歯茎が下がってしまった場合は、歯茎の再生治療を行うことで歯茎を回復することができます。歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合は審美歯科治療で対応することもあります。お問い合わせ神田ふくしま歯科東京都千代田区神田...矯正治療をお考えの方歯茎が下がる予防についてはお考えですか?

  • 差し歯の長さを元の長さに戻すなんて無理と言われたのに、治って本当に良かった。 

    差し歯の歯茎が黒く、長いのが気になって何件も病院を回ったけど、どの病院でも差し歯の歯茎を回復させるのは無理といわれたり、歯茎の再生治療なんて一時的ですぐ剥がれてしまうといったことを言われてしまった。本当にあった話です。差し歯の長さを回復させることを諦めかけていた患者様のお話です。前歯のブリッジは外したくないということで、犬歯の隣の小臼歯という歯の差し歯の長さと歯茎の黒さを気にされて治療を行いました。犬歯の隣の歯とその奥3本の歯茎を再生治療で歯茎を回復しました。犬歯の長さはそのままですので、長く見えてしまっていますので気づかないでしょうか?犬歯の隣の歯とその奥の歯の長さが短くなっています。また、犬歯の隣の差し歯だけをオールセラミックで直しています。犬歯の色と合わせています。歯茎の再生治療から2年経っていますが、歯...差し歯の長さを元の長さに戻すなんて無理と言われたのに、治って本当に良かった。

  • 細菌検査で歯周病の状態を詳しく確認することが可能になります。 ~なかなか治らない歯周病の方へ~

    従来歯周病の検査といえば歯ブラシの磨き残しや歯茎の腫れ具合の確認と歯茎の歯周ポケットの測定、レントゲンで骨の状態の確認で歯周病の状態を確認していました。この方法で何十年と治療を行っているわけですので、ある程度歯周病の状態を把握することは可能でした。しかし、これだけでは歯周病の状態をしっかりと判断することは難しいといえます。歯ブラシをしっかりとしていない方の歯周病が進行せず、歯ブラシをしっかりと行っているのに歯周病が進行してしまうことがあることなども従来法の検査では難しいことでした。問題は、歯周病が感染症で細菌が原因なのに従来法の検査では細菌を確認しなかったということです。細菌検査は歯周病の状態を細菌の様子を見ることで確認する方法です。炎症も少なく問題なさそうに見える歯茎の中に歯周病菌が増殖してしまっていることが...細菌検査で歯周病の状態を詳しく確認することが可能になります。~なかなか治らない歯周病の方へ~

  • 歯茎が下がってしまったときの歯茎の再生処置 

    今回は大画面で歯ぐきの再生治療をご紹介します.下がってしまった歯茎を回復させる方法が歯ぐきの再生治療です.歯茎が下がってしまった時に歯茎の再生治療が有効になります。下がってしまった歯ぐきを回復させる治療になります。歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面上前歯6本の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミック4本の再治療を行なっております。歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治...歯茎が下がってしまったときの歯茎の再生処置

  • 成人矯正は歯茎が下がらないように注意が必要です。

    矯正前に歯茎の退縮の予防と再生がお勧めです。成人の方で矯正治療をお考えの方は、歯茎のこともお考えになる必要があります。成人の方は歯茎が下がりやすいため、すでに歯茎が下がっている方などは歯茎を回復させてから矯正治療を行うなどの方法を取られることをお勧めしております。歯を抜かずに歯並びをそろえる場合などはあらかじめCtで歯の周囲の骨の状態を確認させていただいてから矯正治療を行うなどの対応を取られたほうが良い場合もあります。歯茎が薄い方、少し下がり始めている方は、矯正をする前に歯茎の再生治療で矯正後の歯茎の退縮を予防します。矯正治療が進むにつれて歯の長さが長くなってしまうことがあります。矯正治療をしているのに歯の長さが長くて見た目が悪いということになってしまう可能性があります。歯茎が薄く歯茎が退縮しています。矯正治療...成人矯正は歯茎が下がらないように注意が必要です。

  • 歯周病でも見た目が気になる方必見 歯周病と審美歯科のご紹介 無料カウンセリングの神田ふくしま歯科

    歯周病が進行すると、歯ぐきがやせたり、歯が動いてしまい、見た目が悪くなってしまうことがよくあります。例えば、出っ歯や、すきっ歯などになることがよくあります。そういった場合、ただ単に歯周病を治しても見た目は改善されません。そういったときに、審美歯科治療が喜ばれることもあります。審美歯科治療後来院時お問い合わせ神田ふくしま歯科東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6Fスターバックス上03−3251−39210120−25−1839担当福嶋広審美歯科治療の注意お写真のケースでは、前歯4本のセラミックをオールセラミックにて治療を行っております。このケースでは、技工士さんの立会いのもと周囲の歯に調和させた色合いや透明感、色のグラデーションをオーダーメイドで調整するタイプのオールセラミックを使用しております。上のお写真のように歯...歯周病でも見た目が気になる方必見歯周病と審美歯科のご紹介無料カウンセリングの神田ふくしま歯科

  • 歯と歯の間の隙間を埋める方法のご紹介

    矯正治療後に後戻りをして歯が動いてしまったことが原因で歯と歯の間に隙間ができてしまった場合、部分的な矯正治療を行うことで歯と歯の間の隙間と歯並びを改善することができます。治療前は下の歯に隙間ができてしまっています。部分矯正治療で歯と歯の間の隙間を埋めました。また、歯並びも改善しています。歯周病の専門ページ歯茎の再生治療の注意お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面下前歯6本の再生治療を行っております。また、合わせてマウスピース矯正を行なっております。歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯茎の再...歯と歯の間の隙間を埋める方法のご紹介

  • 差し歯が古くなると歯茎が下がって歯茎が黒く見えてきます。

    歯茎の黒ずみは、前歯を差し歯で直した経験がある方の多くが経験することです。例えば、下のお写真のように、歯茎が少し下がってきてしまうと、歯の白色と歯茎のピンク色の間に黒い色が見えてしまうことがあります。これは、虫歯ができたわけではなく歯茎が下がってしまったために歯の根っこが露出しているために黒く見えています。歯と歯茎の見た目を改善するために、オールセラミックで治療をしております。歯茎の黒ずみの治療の紹介ページ歯茎の黒ずみ〜歯茎の再生治療の注意〜お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面上前歯2本の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミック2本の再治療を行なっております。歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケース...差し歯が古くなると歯茎が下がって歯茎が黒く見えてきます。

  • 神田ふくしま歯科では歯周内科治療も行います。

    神田ふくしま歯科では、歯周内科治療を行います。歯周内科治療と言っても一般的な診療科目ではないのでご存じない方も多いのではないかと思います。歯周内科というとお薬のみで歯周病を治療するものと勘違いされている方も多いようですが、歯周内科治療は歯周病の原因菌を確認してその菌に合ったお薬を歯周病治療に並行して行う治療法です。(お薬のみではいったん減った歯周病菌が増殖して歯周病が再発してしまいます。)歯周内科で最も効果的な場合は、カンジダというカビが歯周病の病巣から見つかる場合と言われています。カビに聞くお薬を歯ブラシにつけて磨くことでお口の中のカビが取れて歯周病が劇的に改善する場合があります。歯周病菌を確認するために位相差顕微鏡を使用することも歯周内科の特徴です。しっかりと菌を目で確認することによって、歯周病が進行中なの...神田ふくしま歯科では歯周内科治療も行います。

  • 歯茎が下がってしまったままで審美歯科治療を行った場合の見た目について

    全体的な歯並びや噛み合わせを治すために、審美歯科治療を行う場合ばあります。こういった場合に、歯茎が下がってしまっている方もいらっしゃいます。歯茎が下がってしまったままで、審美歯科治療を行うかあるいは歯茎を再生させて元の状態に戻してから治療を行うかで少しはの見た目が変わります。多少はの長さが長くても気にならないという方には、そのままの状態で審美歯科治療を行います。例えば、下のお写真のようなケースです。歯茎が下がってしまっていますが、特に気にならないということで、全体的にオールセラミック治療を行い、噛み合わせや歯並びの見た目を改善しました。少し歯の長さが長い部分もありますが、ご自身でもあまり気にならないということでした。こういったケースでは、まず一番気にされている見た目を改善したのちに、歯茎の再生治療を行って、将来...歯茎が下がってしまったままで審美歯科治療を行った場合の見た目について

  • あなたの周りにも歯磨きをしないのに歯周病や虫歯にならない方はいませんか?

    あなたの周りに歯磨きを丁寧にしないのに虫歯や歯周病の問題もなく健康な歯をしている方はいませんか?そういった方は虫歯や歯周病の菌が少ない方かもしれません。歯医者さんに行ったときにご自身の細菌の状態を確認されることができるようになっています。細菌検査と言っています。細菌検査は位相差顕微鏡を使用します。位相差顕微鏡を使用することによってご自身のお口の中の細菌の中にカビや活動性の歯周病菌が見つかることがあります。こういった状態を放置しておくと歯周病が進行していくことが知られています。歯のメンテナンスをされている方や、しばらく歯医者に行っていない方、歯茎から血が出てしまう方は細菌を確認することでより詳しく歯周病の状態を確認することができます。歯のメンテナンスをされている方の場合、メンテナンス期間やメンテナンス中に治療が必...あなたの周りにも歯磨きをしないのに歯周病や虫歯にならない方はいませんか?

  • 年々前歯の見た目が悪くなってきていませんか? 若返りのための審美歯科治療のご紹介です。

    年齢とともにあごの骨が薄くなり、前歯を含め歯の周りの歯茎が減ってしまうため、歯の長さが年々長く見えるようになります。加齢現象の範囲でしたら病的なものでない場合もあります。ただ、見た目が気になってしまうけど、かかりつけの歯医者さんでは治せないと言われていると言った方には朗報かもしれません。下のお写真をご覧ください。歯茎が減って歯の長さが長くなっている上、歯が欠けてしまったり、変色して黒ずんでしまっています。こういった場合の歯の見た目を改善する場合、単なる審美歯科では不十分です。加齢現象によって下がってしまった歯茎を回復させてから審美歯科治療を行うことで、歯の見た目が若返ります。治療後の状態です。歯の長さも色も程よく治っております。歯茎の再生治療を行った効果です。歯茎の再生治療と審美歯科のページ〜歯茎の再生治療の注...年々前歯の見た目が悪くなってきていませんか?若返りのための審美歯科治療のご紹介です。

  • 前歯の差し歯の長さに満足されていますか? 歯の長さを短くする審美歯科治療のご紹介

    今回は、前歯の差し歯の長さが長いのが気になると言う方にオススメの審美歯科治療法のご紹介です。審美歯科治療をしたけど前歯の長さが長い場合があります。例えば、下のお写真の方のように何本かの歯の長さが長くなってしまっている場合があります。そのままでも問題ないのかもしれませんが、見た目に関しては良くないと言えるとおもいます。こういったケースでは歯茎の再生治療と審美歯科治療を合わせて行うことで、見た目を改善することができます。下の写真が治療後の写真となります。歯の長さが揃って綺麗に見えます。歯茎の再生治療と審美歯科のぺーじ無料カウンセリングお問い合わせ神田ふくしま歯科東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6Fスターバックス上JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)0120−25−1839〜歯茎の再生治療の注意〜お写真...前歯の差し歯の長さに満足されていますか?歯の長さを短くする審美歯科治療のご紹介

  • 矯正モニター治療のご案内

    歯並びを治したいけど、矯正治療の料金が高くてあきらめていた方、矯正モニター治療はいかがでしょうか?通常、矯正治療は100万円近い料金がかかります。なかなか治療に踏み切れないという方も多いと思います。神田ふくしま歯科では矯正治療のモニターをしていただける方にモニター料金で矯正治療をしていただいております。装置代、毎回の調整料、リテーナーを含めて¥398,000−(税別)にて矯正治療を行うことができます。矯正モニター治療中のお写真歯並びが悪いと見た目だけではなく、虫歯や歯周病になりやすかったりします。歯の健康のためにも矯正治療を検討されてみてはいかがでしょうか?矯正モニター希望の方は、まず無料カウンセリングにお越しいただいております。無料カウンセリングお問い合わせ神田ふくしま歯科東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F...矯正モニター治療のご案内

  • 八重歯の審美歯科治療に歯茎の再生治療が有効です。

    八重歯の差し歯が古くなって、綺麗にしたい!!とお考えの方、非常に重要なのですが、いきなり治療を開始される前に、歯の長さや歯茎のことをご確認ください。つまり、差し歯の歯が長くて嫌じゃないか確認する必要があります。たとえば、下のような差し歯のケースでは、画面右側の八重歯が非常に長く歯茎の位置が上にあります。このままの形が希望の方は問題ないのですが、歯の長さを揃えたい方や、八重歯の長さを短くしたいという方は歯茎の再生を検討されることをお勧めします。歯茎の再生治療と審美歯科治療を行って、下のような結果になりました。歯茎の位置を歯茎の再生治療で作って、左右で揃えたため、歯の大きさが均等になりました。お問い合わせ神田ふくしま歯科0120−25−1839~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険...八重歯の審美歯科治療に歯茎の再生治療が有効です。

  • 複数の歯の歯茎が下がってしまった場合でも歯ぐきの再生治療が可能です.

    大人になって矯正治療をされた方などに歯茎が下がってしまう問題が起こってしまう事があります.1本や2本ではなくいっぱいの歯の歯茎が下がってしまってしょうがなしに経過を見ているという方が多いようです.今回は、どこの歯科医院に行っても歯茎を治せないと言われて困ってしまっている方には朗報だと思います.歯茎が下がってしまった時に回復させる歯ぐきの再生治療は歯茎の移植を伴う治療ですので、歯茎の取れる量によって治療が可能な範囲が決まってしまいます.しかしながら、取った歯茎はしばらくすると回復しますので、再度別の部位に歯ぐきの再生治療を行う事が可能です.今回は上の歯も下の歯も歯茎が下がってしまってお困りの方の歯ぐきの再生治療を行ったケースをご紹介いたします.治療前の状態。上下の歯茎が下がって歯が長く見えます.歯ぐきの再生治療を...複数の歯の歯茎が下がってしまった場合でも歯ぐきの再生治療が可能です.

  • 差し歯の歯茎の位置によって歯の見え方が変わります。

    前歯の差し歯が短くて出てしまっている場合の審美歯科治療のご紹介です。歯の長さが短いと見た目が悪く思いませんか?差し歯の長さが短くてお悩みの方は、歯茎の整形治療という方法があります。30分ぐらいで終わるほとんどお痛みのない処置です。歯茎の整形を行うことで、差し歯の長さが平均的なものになります。前歯の差し歯の長さが短くて再度治療を考えている方は、ただいま歯茎の整形治療の無料カウンセリングを行っております。審美歯科治療の料金に関しましては専門ページをご覧ください。審美歯科の専門ページ無料カウンセリングお問い合わせ神田ふくしま歯科東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6Fスターバックス上JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)0120−25−1839〜歯茎の整形治療の注意〜差し歯の歯茎の整形による歯茎の位置をそろえ...差し歯の歯茎の位置によって歯の見え方が変わります。

  • 重度の歯周病でなかなか治らない方は歯周内科で細菌除去治療がお勧めです。

    重度の歯周病で歯茎がなかなか引き締まらない、膿が出てくるという方は、通常の歯周病治療で治す前に細菌を確認したうえで歯周内科治療という方法を取ることで劇的に改善する場合があります。重度の歯周病の場合、通常の歯ブラシや歯茎の上のお掃除をしただけでは歯周病は改善されません。これは歯茎の内部に細菌の増殖があるからです。通常の方法では歯を磨けるようになって歯茎の腫れを歯ブラシの改善で引き締めてから歯茎の内部の歯石を取りますので歯茎の内部の細菌を除去するのに数か月かかってしまうこともざらにあります。歯周内科治療では、初期の段階で細菌検査を位相差顕微鏡を使用して行いますので、原因の菌やカビを確認することができます。そして、お薬の力を使って初期の段階に細菌を減らしていきます。そのため、1~2週という初期の段階で劇的に歯茎の腫れ...重度の歯周病でなかなか治らない方は歯周内科で細菌除去治療がお勧めです。

  • いまどき、歯茎の再生治療は歯周ポケットが増えるだけだからよくないという歯医者がいるとは

    歯茎が下がってしまった方も多いかと思いますが、そのまま放置しておくのと、歯茎の再生治療を行った上で歯茎の厚みも増すのとどちらが良いでしょうか?歯茎の下がってしまった状態歯茎が下がってしまうと、歯と歯の根っこをくっつけているコラーゲン線維が失われます。このコラーゲン線維があるから、歯茎と歯の根っこの間に隙間ができない仕組みになっていますので、歯茎が下がるということは、この歯根膜線維と言われるコラーゲン線維が失われることを意味します。歯茎の再生治療は結合組織移植術とも言われています。下がってしまった根っこの上にエムドゲインという歯の根っこにコラーゲンを誘導するお薬を塗った上で皮膚を移植した上、血餅という血の塊を安定させます。そのため、歯茎の再生治療を行うことで、歯茎の内部の歯と歯の根っこをくっつけるコラーゲン線維が...いまどき、歯茎の再生治療は歯周ポケットが増えるだけだからよくないという歯医者がいるとは

  • 成人矯正と歯茎の退縮予防

    矯正治療を始める前に歯茎の確認をしましょう成人の方が、歯の矯正治療をする場合、矯正後の歯茎の下がりに気を付ける必要があります。歯茎が薄い場合は歯茎が下がりやすくなります。ねじれている歯を並べるとき、歯と歯の間の歯茎がさがり、三角形の隙間ができることがあります。この隙間をブラックトライアングルと言っていますが、成人の矯正の場合よく見かけます。こういった歯と歯の間の隙間は矯正治療中に歯と歯の間を削って詰めるか、矯正治療後に隙間をレジンなどで埋めることになります。歯茎の退縮ねじれている歯の歯と歯の間の隙間にあるあごの骨が、非常に薄いことが多いため、矯正移動中に気を付けないと歯茎が退縮してしまいます。成人矯正と歯肉退縮成人矯正と歯茎の退縮予防

  • インビザラインなど矯正治療後に歯茎が下がってしまっていませんか? 〜歯茎が下がった時の歯茎の再生治療のご紹介〜

    歯茎が下がってしまった時、どうされていますか?今回は、歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療をご紹介いたします。歯茎の再生治療は、年齢とともに下がってしまって、長くなってしまった歯の歯茎を回復させる治療法です。歯茎が下がって歯が抜けてしまうと心配されている方、矯正後に歯茎がどんどん下がってきている方が増えてきています。歯茎が下がってしまったところに歯茎の再生治療を行うことで、歯茎の位置が回復し、歯茎の厚みが増し、将来的に歯茎が下がりにくくなりますので、歯を長く持たせるためにはオススメな治療だと考えております。上のお写真は歯茎の再生治療の治療例です。左のお写真は、矯正治療後に歯茎が下がってしまい、歯の根っこが露出して(歯茎のつけての少し色の濃い部分が歯の根っこになります。)歯の長さが長くなってしまっています。右...インビザラインなど矯正治療後に歯茎が下がってしまっていませんか?〜歯茎が下がった時の歯茎の再生治療のご紹介〜

ブログリーダー」を活用して、hiroshiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
hiroshiさん
ブログタイトル
東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広
フォロー
東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広
カテゴリー一覧
商用