searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

新熊屋さんのプロフィール

住所
新潟市
出身
未設定

EOS6Dmk2を持って新潟をうろうろ回って写真を撮っています。

ブログタイトル
新潟を撮って回って記録する
ブログURL
https://www.nii-kuma-foto.com/
ブログ紹介文
その名の通り、新潟で撮った写真を中心に記事にしています。
更新頻度(1年)

71回 / 365日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2020/03/23

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、新熊屋さんをフォローしませんか?

ハンドル名
新熊屋さん
ブログタイトル
新潟を撮って回って記録する
更新頻度
71回 / 365日(平均1.4回/週)
フォロー
新潟を撮って回って記録する

新熊屋さんの新着記事

1件〜30件

  • 朝焼けと田んぼリフレクションを狙ったお話

    こんにちは。新熊屋@二礼四拍手一礼です。 前回の胎内チューリップフェスティバルに続いて、GWの写活第二弾は弥彦山山頂からの朝焼けです。新潟ではGWに田植えをしている農家の方が多いので、この時期は田んぼリフレクションが狙えるのですが、それと朝焼けを絡めた一枚を狙ってきました。 弥彦山ってどこ? お弥彦様のご来光 山頂へGO! ちょっとマナーが。。。 さいごに 弥彦山ってどこ? 弥彦山はここ。 弥彦神社側からはロープウェイもありますが、朝焼けを狙う時間には動いていません。早朝撮影には、ふもとから車か登山道を登ってくるかどちらかになります。私が行った日には思いのほか登山道を登ってきている方も多く見か…

  • GWに胎内チューリップフェスティバルに行ってきたお話

    こんにちは。新熊屋@臨時花屋です。 このGWはなかなか天気がすっきりしませんでしたが、時間を見つけて胎内市で開催されている「胎内チューリップフェスティバル」に行ってきました。 胎内チューリップフェスティバルってどこ? スタンダードチューリップ 変わり種チューリップ 満開の菜の花畑 レンズボールには青空がよく似合う さいごに 胎内チューリップフェスティバルってどこ? 胎内チューリップフェスティバルの会場はここ。 「長池憩いの森公園」と「長池農産物直売所リップル」に併設された2万平方メートルの敷地に70種類80万本のチューリップは圧巻です。チューリップフェスティバルと銘打っていますが、敷地内には菜…

  • スタートレイル写真にシマ模様が浮き出てきたお話

    こんにちは。新熊屋@夜活最前線です。 最近は夜活が多くなってきてスタートレイルやタイムラプスにも挑戦している新熊屋です。やり方さえわかれば、比較的簡単に撮影できるスタートレイル写真。私も何回か挑戦していますが、最近スタートレイル写真にシマ模様が出てくるようになりました。どうしてこんなシマ模様が出てくるのか心当たりがまるでない中、いろいろ調べてみると原因がLightroom(以下LR)の「レンズ補正」にあることがわかりました。今回はそんなスタートレイル写真を合成する際に失敗しないための豆知識です。 スタートレイル写真とは シマ模様のスタートレイル 原因は「プロファイル補正」 ちなみにDPPでは?…

  • 上堰潟公園で夜桜を撮ってきたお話

    こんにちは。新熊屋@YOASOBIハマりそうです。 個人的に機会が増えてきた夜景撮影。今回は上堰潟公園で夜桜と菜の花を撮影してきました。 上堰潟公園ってどこ? 上堰潟公園はここ。 新潟市西蒲区にある上堰潟公園は、四季を通じで被写体があふれた公園です。とくに春は桜と菜の花のコラボが楽しめる撮影スポットです。しかもやたらと広いので歩いているだけで運動不足解消になります。 布目の夫婦桜 上堰潟公園のはずれの田んぼにある「布目の夫婦桜」です。バックに角田山が隠れていますが(笑)、この時間は雲もなく満点の星空が広がっていました。上の写真は縦構図ですが、横構図でも撮影してみましたが、両サイドに街の明かりが…

  • 快晴の鷲ノ木桜遊歩道公園で桜を撮ってきたお話

    こんにちは。新熊屋@サクラバンザイです。 最近は夕方や夜に撮影することが多いのですが、今回は新潟市南区の「鷲ノ木桜遊歩道公園」に行ってきました。 鷲ノ木桜遊歩道公園ってどこ? 鷲ノ木桜遊歩道公園はここ。 新潟市南区の鷲ノ木大通川沿いにある桜並木です。川沿いに遊歩道が整備され散策がてら満開の桜を眺めることができます。約450mの遊歩道に80本の桜があり、1本1本が大ぶりな桜が多い印象でした。ただし、駐車場がないので昼間は自動車を止めるスペース確保が難しいので、ゆっくり見てわまりたい場合は早朝の時間がねらい目だと思います。 青空と桜 この日はこれでもか!というくらいの快晴。雲が全くありませんでした…

  • 新発田城址公園で夜桜を撮影してきたお話

    こんにちは。新熊屋@夜活絶好調です。 最近は夜に撮影に行くことが多くなってきてまして、とくにこの時期、夜桜や菜の花を追って夜な夜な撮影に出かけています。 今回は、新発田城址公園で夜桜を撮影してきたお話です。 新発田城址公園ってどこ? 新発田城址公園はここ。 江戸時代、溝口氏新発田藩の藩庁があった新発田城の跡地につくられた公園です。現在はお城はありませんが、お堀、櫓、本丸表門がある公園になっています。春にはお堀に沿って植えられた桜が満開になるお花見スポットです。ちなみに新発田城は戦前から陸軍の営所として使用され、戦後も自衛隊駐屯所となっています。このため、自衛隊の敷地内にある三階櫓は内部公開はさ…

  • 蒲原神社で満開のウメを撮影してきたお話

    こんにちは。新熊屋@臨時花屋さんです。 今年は3月の気温高のせいで桜の開花、満開も異様に早かったですが、梅の花も見頃を迎えていました。今回は蒲原祭りで有名な蒲原神社で梅を撮ってきたお話です。 蒲原神社ってどこ? 蒲原神社はここ。 毎年6/30~7/2にかけて「蒲原まつり」が開催されるの蒲原神社。新潟三大高市のひとつに数えられる蒲原まつりは蒲原神社の周囲1kmにわたって夜店がならぶとても盛大なお祭りです。そんな盛大な蒲原まつりが開催される蒲原神社ですが、普段はひっそりとした雰囲気につつまれた静かな神社。その神社の境内にところ狭しと梅が植えられ満開になっていました。 ウメ、いろいろ 「ウメ」と一口…

  • この春に撮りたい被写体をまとめてみたお話

    こんにちは。新熊屋@花粉症敗北中です。 花粉症のくせに外に出たがる困ったちゃんですので、この春に撮影してみたい新潟市近郊の場所、被写体をまとめてみました。 ウメ 田上町梅林公園 サクラ、菜の花 上堰潟公園 加治川堤防 福島潟 ヒメオドリコソウ 田んぼリフレクション さいごに ウメ もうすでに新潟近辺でも 開花の便りが届いてきています。 新潟市内だと蒲原神社や白山神社が有名でしょうか。サクラと比べると有名スポット的なところはすくないかもしれませんが、私が知る限り、新潟市近郊で一番のウメスポットは「田上梅林公園」です。 田上町梅林公園 田上町にある梅林公園は、枝垂れ梅や白梅、紅梅などあわせて約二千…

  • 朝焼けに染まった福島潟放水路のお話

    こんにちは。新熊屋@朝活万歳です。 何度も通っている場所でも、不意に違う景色を見せてくれることがあります。 今回は、福島潟の放水路側からいつもと違うポジションから撮影してみました。 福島潟放水路ってどこ? 最近はやりのスタートレイル 朝焼けはやっぱりきれい さいごに 福島潟放水路ってどこ? 福島潟放水路はここ。 いつもは潟来亭のほうで撮影していますが、今回は、ビュー福島潟の裏手にある福島潟放水路から朝焼けを撮影しました。 福島潟放水路ってどこ? 最近はやりのスタートレイル 朝焼けはやっぱりきれい さいごに 最近はやりのスタートレイル この日は天気がよく雲が出ていなかったので、まずはじめに最近ハ…

  • 上堰潟公園でスタートレイルから朝焼けを撮ってきたお話

    こんにちは。新熊屋@寝不足耐性なしです。 前回記事にしたスタートレイルは新潟市上堰潟公園で撮影したのですが、スタートレイル撮影後、その上堰潟公園で朝焼けを撮影してきました。 上堰潟公園ってどこ? 上堰潟公園はここ。 新潟市西蒲区にある上堰潟公園は、桜、菜の花、ヒマワリ、コスモス、白鳥と四季を通じて被写体に困らない公園です。秋になるとコスモス畑では、ファミリーフォトを撮影しているプロの方もよく見かけるほどに咲き乱れます。 個人的には、この上堰潟公園は「花の公園」という印象が強かったのですが、今回の撮影ではちょっとイメージを覆されました。 布目の夫婦桜と絡めてスタートレイル 私自身は、本格的なスタ…

  • 意外と簡単!スタートレイルを撮ってきたお話

    こんにちは。新熊屋@夜景最高です。 今年の冬は大雪に見舞われていますが、そんななかでもぽっかり雲間が開ける夜がたまにあります。そんな星空が見えるチャンスを生かして、スタートレイル(星の軌跡)を撮影してきました。 はじめにお断りしておきますが、私は北極星がどの星かもわからない夜空のシロウトです。そんなシロウトでもやり方さえわかれば星の軌跡写真を撮影することができるので、難易度はそれほど高くはありません。 24時間で360度回転している夜空 素材写真の撮影 カメラの固定 ピントの設定 カメラの露出設定 インターバルタイマー 撮影開始 レタッチで不要な光跡を取り除く 比較明合成とは 比較明合成ソフト…

  • ハーフNDフィルターが3枚そろったので減光具合を比較してみるお話

    こんにちは。新熊屋@フィルター沼手前です。 昨年末にKANIの「Dual Purpose GND filter 0.75」を購入しました。フィルターの種類がそろってきたので、それぞれどんな減光具合かを改めて確認してみたかったので、ちょっとした実験を行いました。 ハーフNDフィルターって? 実験内容 KANI SOFT GND 0.9 実験結果 中央グラデーション部分 その1 実験結果 中央グラデーション部分 その2 KANI REVERSE GND1.2 実験結果 中央グラデーション部分 実験結果 上端部分 KANI Dual Purpose GND filter 0.75 実験結果 中央部(…

  • 雪国の朝焼けと角型フィルターのお話

    こんにちは。新熊屋@フィルター万歳です。 年初のブログに「定期的なブログの更新」などと書いておきながら、1月中の記事が 3本。。。 ちょっと更新をさぼり気味になっていた新熊屋です。 私の撮影スタイルが、朝焼け、夕焼け狙いなので、日本海側のこの時期は天候に恵まれないため撮影に出かける回数が少なくなっているため、記事も少な目になっているのですが。。。 今回は、いい天気になった福島潟と、去年購入したKANI製角型フィルター「Dual Purpose GND filter 0.75」のお話です。 福島潟ってどこ? 今日は撮ってもいい天気 KANI Dual Purpose GND filter 0.7…

  • ヒストグラムを使って写真の明るさを判断するお話

    こんにちは。新熊屋@夜景スキスキーです。 私は工場夜景を撮影することがよくあります。 工場夜景の撮影現場で写真を確認してバッチリ成功!と思っても、家に帰ってパソコンの画面で確認するとなんだか思った以上に暗い写真になっている。。。ということがよくあります。 みなさんも撮影現場で確認した写真と、家に帰ってきてから確認した写真では、同じ写真なのに明るさが全然違ってみる、なんていう経験はありませんでしょうか。 これ、周りの明るさがまったく違った環境だったための目の錯覚のようなものです。 今回は、こんな失敗をしないためにヒストグラムで明るさを確認するといいですよ、というお話です。 そもそもどうして写真の…

  • 雨の中、いくとぴあ食花のイルミネーションを撮影してきたお話

    こんにちは。新熊屋@ビバイルミネーションです。 新潟市はこの年末年始でずいぶん雪が積もりましたが、まだ雪が積もる前にいくとぴあ食花のキラキラガーデンで開催されているイルミネーションを撮影してきました。 いくとぴあ食花ってどこ? 雨が降ったりやんだり 今回の機材 さいごに いくとぴあ食花ってどこ? いくとぴあ食花はここ。 鳥屋野潟公園の隣に位置する、食と花をメインテーマにした複合施設になります。 「食育・花育センター」や「こども創造センター」などは小さいお子さん連れの方におススメです。とくに「こども創造センター」はお子さんが走り回るスペースや壁のぼり、積み木や工作スペースなど一日いても飽きないく…

  • あけましておめでとうございます

    新年あけましておめでとうございます 新熊屋@年賀状未提出です 2020年は皆様にとっても激動の1年だったのではないでしょうか。 巷では新型コロナウィルスのため外出もままならない状況にも陥りました。 私的には、このブログを開設したのが2020年2月24日。ブログの開設にあわせてTwitterも始めたりして、写真を公開する機会も増えてきた1年だったかなと思います。 2020年は、ブログを開設したため意識的にいろんな場所へ足を運びました。ブログのネタ集めのために初めて行った場所なんかも何か所かありました。 ただ、年の後半からは外に出て撮影する機会も増えてきた状況でしたが、生来のめんどくさがりのおかげ…

  • 2020年の撮り納めに北越コーポレーションで工場夜景を撮ってきたお話

    こんにちは新熊屋@ビバ工場夜景です。 最近すこしブログの更新が滞り気味ですが、2020年も終わりを迎える今日この頃、気合を入れて更新していきたいと思います。 今回は久しぶりに北越コーポレーションで工場夜景を撮ってきました。この年末年始はだいぶ大荒れの天気予報が出ていますが、「荒天前の静けさ」のように穏やかな空模様でした。 北越コーポレーションってどこ? 荒天前の静けさや 塔に萌える 今回の機材 最後に 北越コーポレーションってどこ? 北越コーポレーションはここ。 私が撮影したのは新潟市中央区にある北越コーポレーション新潟工場。 新潟の方には「北越製紙」の名前のほうがなじみがあるでしょうか。 も…

  • 夜景のおとも、クロスフィルターでイルミネーションを撮ってきた

    こんにちは。新熊屋@夜景好き好きです。 冬になるとそこかしこでイルミネーションが開催されます。それは大きく有名なものから、小さなこじんまりしたものまで規模もいろいろです。 今回はJR越後線の岩室駅に飾られているイルミネーションをクロスフィルターを使って撮影してきました。 岩室駅ってどこ? 手作り感満載のイルミネーション クロスフィルターで綺羅星煌めく 最後に 岩室駅ってどこ? 岩室駅はここ。 JR越後線の小さな無人駅です。岩室温泉の玄関口にもなっています。 毎年11月末になると岩室駅の駅前、駅裏の公園でイルミネーションが飾られます。 さほど大きいイルミネーションではなく、地元の方が手作りしてい…

  • 人生初の雲海は弥彦でした

    こんにちは、新熊屋@ラッキーボーイです。 雲海、見てきました。 「出たらいいなぁ」と期待はしていきましたが、まさかホントに見ることができるとは思いませんでした。 弥彦山頂ってどこ? 雲海の発生条件とは? レアモンスター出現 一面の雲 最後に 弥彦山頂ってどこ? 弥彦山頂はここ。 ふもとの弥彦神社からロープウェイが運航しています。ちょうど夏の暑い盛りにロープウェイに乗ったことがありますが、森林浴を楽しめて気持ちいい場所です。梅雨時にはアジサイの名所になっています。 また山頂公園から10分くらい歩くと弥彦神社奥宮があります。ここからは大河内分水が流れる分水の街を一望できます。 雲海の発生条件とは?…

  • 久しぶりの福島潟、晴れて盛大に朝霧が出てきたお話

    こんにちは。新熊屋@晴れ男疑惑です。 冬が近づくにつれて晴れ間が少なくなってくる新潟。 そんななか、晴れの予報が出ていたので福島潟へ朝活に行ってみたら予想以上に朝霧が立ち込めていたお話です。 日の出前 太陽爆発 レンズボール 最後に 日の出前 休前日の恒例、SCWをチェックしていると朝方の時間が真っ黒になっていました。つまり雲がない状態。 ここのところ天気が良くなかったのでこれはと思い、朝から福島潟へ行ってみました。 予報通り雲一つない快晴が広がっていましたが、逆に快晴が広がっていたので放射冷却のため車のフロントガラスが凍るくらいの冷え込みになりました。 冷え込んだおかげで、この日の福島潟は盛…

  • マンフロットの三脚を掃除した話

    こんにちは。新熊屋@砂砂噛み噛みです。 このあいだ、波打ち際で撮影したあとに掃除もせずにそのまま三脚を片付けてしまったら、三脚の足に砂が詰まってしまってかなりの目詰まりになりかけました。。。 動かなくなる前に分解清掃したお話です。 Manfrotto055プロアルミニウム三脚3段 分解作業 そして組み立て さいごに Manfrotto055プロアルミニウム三脚3段 私が使用している三脚は「Manfrotto055プロアルミニウム三脚3段」です。 // リンク (Amazonや楽天では、055三脚だけの取り扱いはしていないようですので、雲台付きのリンクを張っておきます。) 「プロ」の名前に恥じな…

  • 泉恵園でマイナスイオンを浴びながら散策した話

    こんにちは。新熊屋@プラスイオン放出中です。 前回、中野邸記念館について記事にしました。 www.nii-kuma-foto.com この中野邸記念館、邸宅だけではなく裏山的な存在の「泉恵園」も一緒に公開されています。中野邸記念館のチケットで入場できるので、こちらも散策してきました。 泉恵園って? マイナスイオン吸収中 最後に 泉恵園って? 中野邸記念館は、明治から昭和初期にかけて石油で財を成した中野家の邸宅です。その中野家が明治期に整備した山地庭園が「泉恵園」です。当時の近隣住民の失業対策として巨大かつ長期間をかけて造営されたそうです。(どっかのピラミッドのようなお話ですが、昔のお話は現代と…

  • まさにモミジ王国!中野邸記念館は紅葉まっさかり!

    こんにちは。新熊屋@モミジハンターです。 紅葉の名所として名高い「中野邸記念館」。なかなか訪れる機会がなかったのですが、新潟市南区に所用で出かけたついでに足を延ばしてみました。 中野邸記念館ってどこ? 中野邸 PLフィルターを使うべきか使わないべきか 最後に 中野邸記念館ってどこ? 中野邸記念館はここ。 中野家は江戸時代から庄屋を務める豪農として栄え、明治からは石油事業で財を成し「日本の石油王」と言われた中野貫一、忠太郎親子が建造したお屋敷が中野邸記念館として残っています。 2018年からは、秋のみ(毎年9月1日~11月30日) の公開となっています。入館料は1000円と少しお高めですが、高校…

  • 錦秋とはこのこと!弥彦もみじ谷は今が見ごろ!

    こんにちは。新熊屋@紅を求めて三千里です。 先日、弥彦もみじ谷に行ったときには「もう一歩」というところでしたが、先週末に行ってみたら紅葉真っ盛りでした。 弥彦もみじ谷はどこ? 弥彦もみじ谷はここ。 2020年は11月1日~11月24日まで弥彦駅前、観光案内所付近は 9時~17時まで有料駐車場になります。逆にいうと、朝は9時前まで、夕方は17時以降は無料になりますので、車で行かれる方はこの時間帯がおススメです。 観月橋付近 やっぱりおすすめポイントは観月橋付近です。 観月橋を下から見上げるのもよし、上から見下ろすのもよし、たぶんもみじ谷内で一番紅葉しているポイントだと思います。 その分、たくさん…

  • 追悼。。。ベルボンの三脚が逝った日

    こんにちは。新熊屋@傷心真っ只中です。 普段の撮影ではマンフロットのごつい三脚を使っていますが、子供のビデオ撮影などでまだ現役だったベルボンの三脚がとうとうご逝去いたしました。 最近は使う機会も少なくなってきましたがもう7年以上使ってきただけに、三脚の足が抜けたときには一瞬目を疑ってしまいました。 今までありがとう Sherpa 435II 最後に 今までありがとう Sherpa 435II 足が外れています。。。 あなたが家に来てからもう7年ほどになるでしょうか。まだカメラを始めたばかりの私にはずいぶん大きな買い物をしたな、という感慨がありました。 この7年間、一緒にいろいろな場所へ出かけま…

  • 2020年初紅葉!弥彦もみじ谷の見頃はもう少し先!

    こんにちは。新熊屋@モミジゲッターです。 この週末に弥彦もみじ谷に様子見がてら行ってきまいた。 思ったより紅葉していて真っ赤になっているモミジもありましたが、見頃はまだもうちょっと先という感じです。 弥彦もみじ谷はどこ? 観月橋付近 緑と紅を混ぜてみる 最後に 弥彦もみじ谷はどこ? 弥彦もみじ谷はここ。 JR弥彦駅を出てすぐに弥彦公園に続いています。 紅葉の時期には、弥彦神社の菊祭り(2020/11/01~11/24)と重なり周辺が混雑し、週末は交通規制も実施されます。また夜はライトアップ(2020/10/31~11/23)されてこの時間も混雑するので、ゆっくり撮影するのは早朝の時間帯がおスス…

  • 手持ちのフィルター種類について解説してみる

    こんにちは。新熊屋@フィルター万歳です。 世の中にはいろいろなフィルターがあります。 私自身も使用しているフィルター、今回は私が持っているフィルターの種類について解説していきます。 レンズ保護フィルター PLフィルター PLフィルターの注意点 太陽の位置 偏光ムラに注意 NDフィルター ハーフNDフィルター クロスフィルター クロスフィルター使うときの注意点 F値はほどほどに ボケると模様がつく 最後に レンズ保護フィルター まず初めはレンズ保護フィルター。レンズを購入するのと同時に購入するであろうフィルターです。 名前の通りホコリや傷からレンズを守るためのフィルターになります。 レンズを保護…

  • 魚眼レンズ片手にやすらぎ提を散策

    こんにちは。新熊屋@夕景ハンターです。 1か月ほど前になりますが青空がひろがるなか、やすらぎ提を散歩してきました。 なぜ1か月前のことをいまごろ記事にしているのか。。。単純に記事にするのを忘れていたせいです。。。 やすらぎ提ってどこ? 軽い魚眼レンズ 夕焼け小焼けで日が暮れて 最後に やすらぎ提ってどこ? やすらぎ提はここ。 新潟市の中心部、千歳橋から柳都大橋にかけての信濃川沿いに整備された堤防です。 堤防といっても勾配の穏やか緑地のような広場で、夏になるとイベントで屋台が出たり新潟祭りの花火が上がったりと市民の憩いの場になっています。 今回は、萬代橋~柳都大橋付近でふらふらしてきました。 軽…

  • コスモス満開の上堰潟公園で朝活してきた!

    こんにちは。新熊屋@朝焼け分補給完了です。 先週末の日曜日、久しぶりの朝焼けの予感をSWCから受信しまして、さてどこに撮りに行こうかと悩んだ末の上堰潟公園。 ちょうど2~3日前の新聞にコスモス満開の記事が載っていたので、「今しか撮れない」満開コスモスと朝焼けをからめた一枚を狙いに行きました。 朝焼けとコスモスと広角レンズと プラス ハーフNDフィルター 青空とコスモスと標準レンズと 最後に 朝焼けとコスモスと広角レンズと 去年から上堰潟公園のコスモスを撮っていますが、ここまで満開になるとは知りませんでした。 いやもうほんと一面が満開のコスモスです。ノゲイトウが咲き誇っていた場所も、いつのまにか…

  • 角田岬で夕日を撮りながら写真の奥行き感を考えてみた

    こんにちは。新熊屋@夕景写真家と名乗りたいです。 今年の秋はなんだか天気に恵まれない気がしますが、そんななかで晴れ間を見つけて角田岬へ夕日を撮りに行ってきました。 今回は前景なんてものを意識して撮影してみました。 角田岬ってどこ 角田岬はここ。 角田山の登山ルート「灯台コース登山口」がある場所です。 波打ち際まで角田山が迫っており、冬に来ると荒々しい日本海のイメージそのままの場所です。 のっけから急峻な上り坂を上がっていくと、「恋する灯台」に認定されている「角田岬灯台」があります。今回は角田岬灯台よりすこし上のほうで夕日を狙ってみました。 なにか物足りない気がする 角田岬灯台付近からの一枚です…

カテゴリー一覧
商用