searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

マツさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
カテキャン(家庭円満のためのキャンプ術)
ブログURL
https://katecamp.net/
ブログ紹介文
皆さんは、家族との仲に悩みを抱えていませんか?キャンプには、家族の絆を深めることが作用があります。 キャンプを利用して趣味も家庭も充実させることを目指してみましょう!
更新頻度(1年)

58回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/03/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、マツさんをフォローしませんか?

ハンドル名
マツさん
ブログタイトル
カテキャン(家庭円満のためのキャンプ術)
更新頻度
58回 / 365日(平均1.1回/週)
フォロー
カテキャン(家庭円満のためのキャンプ術)

マツさんの新着記事

1件〜30件

  • 【徹底比較】ファミリーキャンプにおすすめの焚き火台!(ユニフレーム・スノーピーク・ロゴスなど)

    導入文 この記事でわかること ・焚き火台の選び方がわかる ・おすすめの焚き火台がわかる ファミリーキャンプの焚き火台に求められること 焚き火台に求められることは6つあります。それぞれどんな観点で選べばよいか説明していきます。 サイズ 一般的に売られている薪のサイズが30㎝なので、出来ればそれが収まる大きさが良いです。 薪の組み方によってはそれ以下のサイズでも良いですが、お子さま連れで大きな炎が上がる事に抵抗がある場合は、薪を横にして置けるように一辺が30㎝は以上のものを選びましょう。 丈夫さ シンプルな作りの方が壊れにくく、扱い方も簡単です。 単純に素材の問題もあり、ステンレス製の方強度が高く

  • 【徹底比較】ファミリーキャンプ用ツーバーナーのおすすめモデル

    キャンプのメインイベント、夕食。焚き火や炭での調理はキャンプの醍醐味です。 しかし、焚き火も炭も火を起こすのが一苦労。火力調整が難しく弱火で煮込む料理は苦手です。パパっと済ませたい朝食の準備も、わざわざ火を起こすのは手間ですね。 ツーバーナーなら点火は簡単、準備も手間いらずですぐに調理を始めることができます。 ママも家庭のコンロのと同じ感覚で使えるので不便を感じることはありません。パパだって男料理を思う存分作ることができます。 そこで今回はそんな、着火が簡単、弱火もいける。ファミリーキャンプでつかえるツーバーナーをご紹介します。 そもそもツーバーナーって?燃料は?選ぶときに見るポイントは? こ

  • ファミリーキャンプだけに必要なおすすめタープと選び方

    皆さん、タープはどんなものを探していますか?今回はソロキャンプ向けを一切排除して、ファミリーキャンプだけにおすすめなものに特化してまとめました。 タープを導入すれば、キャンプは好きだけど雨の日が憂鬱だ。そんなあなたでもきっと快適な1日を過ごせるようになります。 タープにはどんな種類がある?うちの家族構成ならどんなタープがいい?必要な耐水圧は? この記事を読めばそれらのことがわかり、あなたにピッタリの1張りがわかります。 ファミリーキャンプ用タープの種類 ヘキサタープとは ヘキサタープとは、布の形が六角形をしたものを指します。 初心者でも設営しやすく、張り方のアレンジの幅が広いのが特徴です。 レ

  • どれだけ知ってる!? ファミリーキャンプのおすすめテントと選び方

    キャンプを始めようと思って、はやい段階で購入を検討するのが、テントではないでしょうか。 家族といざ量販店へ、ネット通販サイトへとのぞいてみると、テント売り場にはたくさんのテントがあります。店員さんに勧められるままに購入すると予算案はいくらになるやら、通販サイトのレビューでは決め手にならない。 そこで今回はファミリーキャンプでのテントの種類、選び方、おすすめテント10選をご紹介します。 お店に行く前にこの記事を読めば、購入するときの役に立ち、テントの基礎的な知識を知ることができます。 ファミリーキャンプ用テントの種類 ドーム型とは ドーム型とは、2本のポールをグイっと曲げて、そこにテントを引っか

  • 冬キャンプでの寝袋の選択(モンベル・ナンガ・イスカ)

    冬キャンプの寝袋は、キャンプを楽しいものとするために重要な道具です。 しっかり選んで快適な睡眠を取り、楽しいキャンプにしましょう。 冬用寝袋(シュラフ)の選び方 形状はマミー型と封筒型の2種類 マミー型の特徴は、体に沿う形をしていて、体への密着性が高く、隙間が少ない構造で体温を保持しやすいのが特徴です。 封筒型の特徴は、文字通り封筒の様な形をしていて、頭から足先まで同じ幅になっています。中に入った時に余裕のある作りで、お布団に近い感覚で寝返りをうつことできますが、体への密着感が少なく、マミー型と比べると保温性が落ちます 以上のことをふまえて、冬キャンプでは保温力の高いマミー型を選ぼう! 素材は

  • 地面からの冷気を防げ!冬キャンプでおすすめのコットの活用

    冬キャンプでは底冷えが恐ろしい!対策にコットが有効 冬キャンプでは、日中だと意識的にストーブで暖をとることができます。 しかし、寝る時はストーブを消しているので、体温の維持は、防寒着と寝袋、強いて言えば湯たんぽが頼りになります。 そして一番問題なのが底冷えです。体の重さでどうしても地面側の綿のかさ(ロフトと言います)がつぶれてしまい、保温力が低下し、地面からの冷気が伝わってきます。 その対策として最も効果のあるのが、コットの利用です。 コットとは折り畳み式、または分解することのできる簡易ベットで、最近キャンプで使用される方が注目のアイテムです。 コットで物理的に地面とふれないのはもちろん、地面

  • バイクで行く冬のキャンプツーリング

    冬キャンプツーリングの魅力 バイクツーリングと言えば夏。 多くの方々はそう思われているでしょうが、実は冬のツーリングもとてもいいです。 夏の入道雲に向かって走るのもいいですが、遠くに雪山を見ながら走り、立ち寄るコンビニで温かい缶コーヒーをというのは、冬ならでのものです。 キャンプも、夏のイメージがありますが、夏にくらべて人も虫も少ない冬は、実はキャンプに持って来いの季節でもあります。 焚き火も調理だけではなく、より暖かさが感じられますし、星空も空気が澄んでいるぶん、夏よりもきれいに見えます 寒さ対策をしっかりすれば、寒さが苦手な方でもきっと楽しい思い出が作れます。 冬のツーリングキャンプの魅力

  • ファミリーキャンプのおすすめ食器(クッカー)

    アルミニウムは比較的軽く熱伝導率が高く、煮物をしても焦げ付きにくいです。価格も安価なものが多く、はじめの一歩としては最適でしょう。ステンレスは若干重いですが頑丈で、多少雑にあつかっても変形しません。ステンレスの光沢も魅力で、重量を気にしないのであれば一番の候補にあがります。

  • ファミリーキャンプのおすすめマット10選

    寝袋がお布団としたら、マットは、文字通りマットレスの役割を果たします。テントの中とはいえ、布一枚下は地面なので、就寝時に硬さや冷たさが応えます。いくら平らな場所を選び、小枝や石をどかしたつもりでも、いざ寝ようとする春秋の地面の冷たさだけでなく、夏の砂浜の暑さも緩和することができます。と小さなデコボコが気になります。

  • 冬キャンプにお布団・毛布を持って行くと安く済む

    冬キャンプを計画していて一番不安なのが、就寝時の寒さです。3シーズン用の寝袋ではいくら中に着込んでも、限界があります。かといってガチガチの冬仕様の寝袋はお値段がお高いので、二の足を踏んでしまいます。そこでお勧めしたいのが、お布団と毛布を持っていく方法です。

  • 冬キャンプのエアーマットはこれに決まり

    キャンプで寝る際には寝袋の下にマットを敷きます。マットを敷かないと地面からの冷気と硬さが直に背中に伝わり、寝袋だけでは緩和しきれないからです。材質はフォーム材(ウレタン)、エアー注入式、2つを合わせたインフレータブル式があります。どれを選んでも一長一短があり、使用環境、予算で選びますが、今回は冬キャンプで使用する断熱性に優れたエアーマットの紹介です。

  • 冬キャンプの寝具は暖房器具との組み合わせが大事!よくある4パターンの寝床から決めよう

    冬キャンプの就寝時の冷え対策。 なるべくコストをかけない手段と、コスト度外視で、とにかく暖かく寝る方法を考えました。 お布団+毛布 (+湯たんぽ or 布団乾燥機) 自宅で使用しているお布団をキャンプに持ち込む方法です。それに冬に使う毛布をプラスして暖かくします。 それでも布団に入った時の冷たさは嫌なので、湯たんぽで布団を温めておきます。 AC電源を取れるサイトであれば、布団乾燥機の使用も有効です。 寝る少し前にスイッチを入れておけばフカフカぽかぽかのお布団が出来上がります。 https://katecamp.net/huton/ 寝袋+エアマット (+湯たんぽ) 冬用の寝袋の下にエアマットを

  • キャンプの薪割りに役立つおすすめのナタ(鉈)と手斧

    ナタを使った薪割りの方法 キャンプの醍醐味、焚き火。 そのはじめの一歩、薪割りに使う【ナタ】についてお話ししようと思います。 今回はキャンプ場に落ちている枝や倒木ではなく、ホームセンターやキャンプ場で売っている薪の場合です。 最後にはナタよりも太い木に適した【斧】のおすすめもご紹介しています。 最後までご覧ください。 薪割りの手順 まずは、薪割りをするときに薪を立てる場所です。 コンクリートの上ではでは薪が割れたときに、勢い余ってナタがコンクリートに当たると、刃がこぼれてしまいます。 かと言って土の上では、叩いた力でめりこんでしまうので、うまく力が伝わらなくて割ることができません。 ですので、

  • 冬キャンプのおすすめ防寒着

    冬キャンプの防寒着、今回は一番外側に着るアウターについてお話しします。アウターは大きく分けて3つあります。素材による選択肢それぞれ長所、短所について見ていきましょう。長所短所ダウン軽く、保温能力が高い濡れに弱い化繊濡れに強く、洗濯等メンテナンスが容易ダウンほどの保温能力は無く、かさばるフリース通気性が良く、温度調節がしやすい通気性が高すぎるため、恐怖に弱い。嵩張るダウン羽毛の隙間に空気を溜める事で高い保温能力を持ちます水鳥の胸の毛が高級品とされ、寒いところで暮らす鳥に生えていることを想うと、その暖かさが想像できますね。ただ、水に濡れると、わたあめが小さくなるように羽毛が収縮してしまい空気を溜め

  • ファミリーキャンプでおすすめの3シーズン用寝袋と選び方

    キャンプで寝袋なしで過ごせるか? 春先や秋などは、寝袋なしではきびしいですが、逆に夏ですと寝袋に入ると暑くて眠れないという事態になります。 春、秋のキャンプでまだ慣れていない方は、お布団を持ち込むという手もあります。 この方法だと寒暖差に対応しやすく、普段家で眠る感覚と近いので、安心です。 また、夏は寝袋に包まってしまうと、暑くて目が覚めることもあるので、寝袋を広げてタオルケットの様に使うのも良いでしょう。 おすすめの寝袋 モンベル ダウンハガー800 #3 モンベル ダウンハガー800#3#1121360 サンライズレッド(SURD) R/ZIP created by Rinker

  • ファミリーキャンプでおすすめの3シーズン用寝袋と選び方

    キャンプで寝袋なしで過ごせるか?春先や秋などは、寝袋なしではきびしいですが、逆に夏ですと寝袋に入ると暑くて眠れないという事態になります。春、秋のキャンプでまだ慣れていない方は、お布団を持ち込むという手もあります。この方法だと寒暖差に対応しやすく、普段家で眠る感覚と近いので、安心です。また、夏は寝袋に包まってしまうと、暑くて目が覚めることもあるので、寝袋を広げてタオルケットの様に使うのも良いでしょう。おすすめの寝袋モンベル ダウンハガー800 #3モンベルの代表的な3シーズンモデル。独自の伸縮生地により、体と寝袋の空間を少なくしつつ、そのままあぐらをかけるほど窮屈さがありません。ちなみに#3の数

  • 楽天のふるさと納税でおすすめのキャンプ用品

    数年前から盛んなふるさと納税。自分の故郷はもちろん、応援したい自治体に納税することで、その自治体を応援しつつ、返礼品がもらえるというものです。その返礼品にどうやらキャンプ用品があるようなので、今回は楽天のふるさと納税の返礼品をチェックします。新潟県 三条市[内山産業] キャンプ用品 ステンレス焚火台(焚き火台)グリルセット納税額:20000円商品相場:10000円サイズ:使用時/約38×51×高さ31.5cm、収納時/約40.5×40.5×5cm、グリルスタンド/約38×38×高さ14cm金属加工で有名な新潟県の三条市で作られた、焚き火をするために必須の焚き火台です。材質はステンレス製、市販の

  • 冬キャンプの靴(暖かさ重はどのくらい?・コスパの良い安い靴は?)

    冬用靴(ウインターブーツ)ってどんなもの?冬用靴(ウィンターブーツ)とは一般的に撥水、防水加工が施されていて、内側にボアなどの防寒機能も備えたものになります。雪や氷の上でも滑りにくい底(ソール)が付いているのも夏靴とは違うポイントです。ウインターブーツを取り入れるメリットウィンターブーツを取り入れる最大のメリットは防寒です。足、特につま先は冷えると再度温めようとしてもなかなか温まってくれません。決め手は“冷やさない”ということです。ウィンターブーツはその点内側のボアに加え防風能力もあり、つま先を冷やすことを避けることができます。豆知識どうしてもつま先が冷えがちな方は、お茶を入れる時のお茶パック

  • 冬キャンプ おすすめのアウター

    冬キャンプで寒さ対策のかなめになるアウター、その代表的なものとしてダウンジャケットがあります。今回は冬キャンプでつかえるおすすめのダウンジャケットを見ていきます。ダウンジャケットザノースフェイス ジャケット バルトロライトジャケット素材構成: <表地>30D GORE-TEX INFINIUM WINDSTOPPER Insulated Shell (2層)(表:ナイロン100%、裏:ePTFE)<中わた>CLEANDOWN 光電子(ダウン72%、レーヨン20%、フェザー8%)<裏地>Nylon Taffeta(ナイロン100%)真冬の寒さの中の天体観測や、雪上トレッキングに

  • キャンプブログが伝える冬キャンプで寝るときの服装

    冬キャンプで一番心配なのが寝るときの寒さです。暖房器具は消さないと一酸化炭素中毒が心配なので、対策としては着込むことになります。ではどのようなものが良いのか、上半身、下半身に分けて詳しく見ていきましょう。上半身基本は重ね着(レイヤリング)です。レイヤリングすることで空気の層を作り保温力を高めます。インナーインナーは肌ざわりが良く、あまり圧迫感ないものを選択します。圧迫感の強いものは血流が悪くなり逆に冷えの原因になります。裏起毛の防寒肌着 BEIXIER素材: 綿95%,合成繊維(スパンデックス) 5%「抗菌防臭効果」のある素材を使用し、菌の繁殖をおさえ、においを防いでくれ、静電気防止繊維でイヤ

  • 冬キャンプのおすすめセラミックヒーター

    寒い冬を乗り越えるセラミックヒーター寒い冬キャンプ対策として、薪ストーブ、石油・灯油ストーブはちょっとハードルが高いと感じている方にセラミックヒーターをおススメします。使用上の注意、電気量その他のストーブとのメリットデメリットを見ていきましょう。就寝時の扱い就寝時は寝返りやそれに伴い、ものが倒れるなど注意が必要です。セラミックヒーターは直接炎が見えないため、石油・灯油ストーブ、薪ストーブよりも安全衛生が高いと思われますが、セラミックヒーターでも発熱部に長時間接触すると発火の危険があります。就寝時に不意に寝具や、燃えやすいものが触れてしまうと火災に繋がりますので、就寝時は可燃物から離して設置する

  • 冬キャンプで人気ののおすすめ石油・灯油ストーブ

    冬キャンプを快適に楽しむうえで欠かせないストーブ。燃料、燃焼方法により色々ありますが、中でも簡単な操作で十分な熱量を得られる、石油・灯油ストーブを見ていきます。

  • これがなきゃ始まらない!冬キャンプのおすすめ薪ストーブ

    寒い冬を乗り越える薪ストーブ薪ストーブは遠赤外線の効果で芯から体を温めてくれます。火力が強いので暖を取るのはもちろん、調理もできます。おでんに熱燗なんて良いですね。薪ストーブがあると冬キャンプはどう変わる?では薪ストーブがあると冬キャンプはどう変わるのでしょうか?使用上の注意点、必要な薪の量から見ていきましょう。就寝時の扱い起きて活動している時は意識的にテントの入り口を開けて喚起をして使用しますが、就寝時にはついドアを閉めてしまいます。絶対にダメです。就寝時は消火を確認して(熾火(炎があらずに燃えている状態)もダメです)から寝るようにします。テントに備わっているベンチレーションシステムでは不十

  • 冬キャンプで寒さ対策のおすすめストーブ(薪ストーブ・石油・灯油ストーブ・セラミックヒーター比較)

    いくら着込んでも熱源がないと冬キャンプは寒いので、ストーブの導入を考えてみましょう。キャンプで使えるストーブはどのようなものがあるのでしょうか?とくに食事の後のまったりタイムでは、体を動かすことが少なくなるのであっという間に体は冷えてきます。風邪をひかせて家族から「もう行かない!」と言われる前に先手を打ちましょう。

  • 冬キャンプの魅力と楽しみ方 経験しないのはもったいない!?

    冬キャンプをすると言うと「寒くないの?」そんな声が聞こえてきます。確かに寒いです。でもそれにもまして冬にわざわざ行く魅力があるのです。冬キャンプまでやっているとキャンプ好きとしての自信もわいてくると思います。今回はその魅力についてご紹介したいと思います。

  • キャンプブログが伝える「初心者ソロキャンプ」の始め方

    ソロキャンプの魅力 ソロキャンプが家庭円満に役立つ https://katecamp.net/solocamp-efect/ ソロキャンプで必要な道具 寝るための道具 キャンプのメインを司る「テント」 ファミリーキャンプを楽しく過ごすには、テント選びが非常に重要です。 大きなリビングを持つテントからコンパクトで運びやすいテントなど、好みに合わせて選ぶことができます。 https://katecam

  • コンパクトで軽すぎる!!ソロキャンプ向けのおすすめ焚火台10選

    ソロキャンプの焚き火台は、コンパクトで軽いものが良いソロキャンプは移動手段にかかわらずテントサイトまで1人で荷物を運ぶので、軽量コンパクトであることが求められます。

  • 初めての冬キャンプ 初心者がどうやって始めたら良いか

    冬キャンプって寒そうでなかなか踏み出せないと思っていませんか?冬キャンプは夏のキャンプで得られない非日常感が味わえます。寒さを理由に避けているのなら、一度試してみましょう。

  • すべて1万円以下!コスパで選ぶソロキャンプのおすすめテント10選

    キャンプを始めようと思い必要な道具を揃えるとそれなりに金額がかかってしまいます。特に値が張るのがテントです。価格と機能を照らし合わせて選ぶことができます。

  • 3~4人の初心者ファミリーキャンプでおすすめクーラーボックス

    クーラーボックスの選び方は人数、年齢構成によりますが、ファミリーであればメインのハードタイプ、サブのソフトタイプを併用すると不足ないでしょう。保冷力が高いハードタイプと携帯性に優れたソフトタイプがあります。

カテゴリー一覧
商用