searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

nagoyaohitoriさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
なごやおひとりさま通信
ブログURL
https://nagoyaohitori.hatenablog.com/
ブログ紹介文
お金をかけずになるべく楽しくスッキリと暮らす方法を模索しつつ、名古屋で一人暮らしをしています。日々のなんでもないこと、本や音楽について書いてます。
更新頻度(1年)

52回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2020/03/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、nagoyaohitoriさんをフォローしませんか?

ハンドル名
nagoyaohitoriさん
ブログタイトル
なごやおひとりさま通信
更新頻度
52回 / 365日(平均1.0回/週)
フォロー
なごやおひとりさま通信

nagoyaohitoriさんの新着記事

1件〜30件

  • 熱中症対策、確実に!

    「電気代、もったいないよなー」 エアコンのスイッチをつける時にいつも思う。 しかし、歳をとればとるほど判断能力は鈍る。 エアコン代をケチって、熱中症で倒れてしまったら大変だ。 一人暮らしの我が家で、私を見つけてくれる人は誰もいない。 で、これを買った。 A&D みはりん坊W(乾燥指数・熱中症指数表示付温湿度計) AD5687 メディア: 熱中症指数表示があるので、「警戒」という表示にならないよう気をつけながら冷暖房器具を使っている。 快適な室内環境なら、仕事でも趣味でも捗る。 収入だって上がるだろう。 光熱費も投資だと考えることにした。 にほんブログ村

  • 月一回の不燃ゴミの日を待たなくても

    深型フライパンと玉子焼き器の買い替えで出た不燃ゴミ。 次の回収日までベランダで保管しておくしかないか‥と思っていた。 ところが。 市民団体がスーパーなどの駐車場を利用して、毎月決められた日に開催している「リサイクルステーション」に出すという方法もあるらしい。 よくよく調べてみるとうちの近所のリサイクルステーション、回収日が間近ではないか! 当日いそいそと出かけてみると、新聞/雑誌/段ボール/紙パック/古着/なべ・やかん類/空きビンに分けられた回収コーナーに近所のみなさんがどんどん持ってきた品を置いていく。 全然知らなかったなー。 お母さん同士のネットワークとかを持っているとこういう情報も早くに…

  • 簡単キレイに卵焼き

    昨日記事に書いたディープパンと一緒に、玉子焼き器も買った。 ディープパンと同じシリーズの商品で、北陸アルミニウム製。 サイズは小さいが案外ずっしりと手応えがあり、頑丈な作り。 シンプルなデザインが美しい。 ツールバーにかけて、見せる収納にしても生活感が出にくいのがいい。 【Amazon.co.jp 限定】BKキャスト 玉子焼 ブラック M テフロン加工 「ガス専用」 メディア: ホーム&キッチン 以前のものは向け有名なティファール製で、東急ハンズでいろいろ見比べて買ったものだった。 ティファール 卵焼き フライパン 12×18cm ガス火専用 「 グランブルー プレミア エッグロースター 」 …

  • アラフィフのフライパン選び

    炒め物はもちろん、煮物から汁物まで様々な料理に使ってきた深型のフライパン。 これまでは栗原はるみさんのシリーズを使っていた。 私が使ってたのはもう廃番みたいで、今は下のモデルになってるみたい。 ヨシカワ 栗原はるみ フライパン ネイビー 24cm IH対応 深型フライパン HK10856 メディア: ホーム&キッチン 8年くらい使ってたかな。 すっかり焦付きやすくなってしまって。 やっと買い替えたのがこちらのディープパン。 【Amazon.co.jp 限定】BKキャスト ディープパン ブラック 22cm テフロン加工 「ガス専用」 メディア: ホーム&キッチン Amazonのオリジナルモデルみ…

  • 名古屋駅から歩いていける森

    バスの車窓からは見たことがあったが、中には入ったことのなかった「ノリタケの森」に行ってきた。 今は海外からのお客さんが居ない分、空いているだろうと思ったからだ。 やっぱり空いていた。 建物も、庭も、とてもキレイ。 わたしは洋食器よりも和食器の方が好きである。 行っても欲しい器がないのはわかっていた。 しかし、クラフトセンターで器の製造工程を見るのはなかなか面白かった。 ちなみにクラフトセンター&ミュージアムの入場には大人一人500円が必要。 キャッシュレス決済には対応していない。 今はほとんどの施設がキャッシュレス決済に対応していると思っていたので驚いた。 会社の方針ですかね。 にほんブログ村

  • 今夜はしらす丼!

    スーパーで釜揚げしらすが山盛りになっていたので買ってみた。 産地が静岡県の場合、しらすの餌になるプランクトンが発生しやすい6月から9月が旬なのだそう。 細く刻んだ大葉、すりごま、刻んだ梅干しと一緒に、熱々ご飯に乗せて食べる。 ご飯3杯くらいは余裕でいけちゃいそうな美味しさ。 しらすはパスタに入れてもいいし、チーズと一緒にトーストに乗せても最高。 旬の間、新鮮な釜揚げしらすを楽しませてもらおう。 にほんブログ村

  • 幸せな人はやるべきことをやっている

    ある時、飲み屋で知人Aが知人Bに「Bさんは恵まれすぎている」と、からみはじめた。 大人なBさんは適当にスルーしていたが、気分は良くなかったに違いない。 私はただ、Aさんが語る「どうしてそう思うのか」という理由をじっと聴いていた。 酔っているせいもあっただろうが「うーん。マジでどうでもいい。」と思うようなしょーもないことばかりだった。 もしわたしがAさんから見て「恵まれすぎ」な立場になったら、わたしも同じように妬まれるんだろう。 つまりAさんが身近に置きたいのは自分より下または自分より不幸と思える人間か、ギリ自分と同じくらいかなーと思えるレベルの人。 嫉妬心が半端ないのだ。 そのくせ具体的な行動…

  • スマホを買い換えなくても

    ここ数年、旅行やら歯の治療費やらで家計がずっと厳しい。 とてもスマホを買い換える余裕はないのだが、スマホのカバーだけを買い換えた。 これまで使っていたものはすっかりくたびれてしまい、合皮の表面がポロポロ剥がれてくるようになってしまった。 今のスマホにしてからこれで3つ目のスマホカバー。 これがなかなか調子がいい。 値段はこれまで買ったものとそう変わらないのだが、どことなく高級感がある。 スマホを触る度に嬉しい気分になる。 あと2年くらいは今のスマホで行きたい。 にほんブログ村

  • どうしたら素直になれるのか

    素直の効用は凄まじい。 他人の優しさをストレートに受け取ることができるので、自分も相手もHAPPYになれる。 良い人間関係が生まれ、幸せ度だけでなく収入さえアップ。 あの松下幸之助さんも「素直」の尊さを説いているほどだ。 しかし、素直でいるのはなかなか難しい。 一番良いのは素直な人の側にいることだと思う。 素直は伝染するのだ。 厄介なのはこれまで培養してきた「素直じゃない自分」だ。 素直な自分の比率を少しづつでも上げていこう。 素直な人をチラチラと眺めながら。 にほんブログ村

  • 悪意ある顧客天国においても、素敵な人は得をする

    わたしは自分の仕事が嫌いである。 B to Cの仕事である。 最前線で顧客と接する。 中には「こいつは頭も身体も悪意だけでできてるんじゃないか」と思うほど酷いことを言ってくる人も居る。 わたしの中にも「悪意」はある。 しかし、それを他人にむき出しにしても良いことは何もない。 だから、悪意を「悪意」として相手に返すことはないし、どんなしょうもない客にでも適切なサービスをプロとして提供する。(ちなみに、うちの会社に一円も落としてない人でも、わたしたちが接した相手は全て客としてカウントされる。悪質なクレーマーだとしても。) だから、世の中の「悪意」に溢れた人たちは平気で「悪意」を私たちにぶつけ続ける…

  • バナナの特等席

    うちの間取りはちょっと変わっている。 以前の住人があちこちの壁を取っ払ったり、「え?そこに?」という場所に新しく壁を作ったからだ。 おかげでキッチンの風通しが著しく悪い。 夏にバナナを置いておくとすぐさま発酵(?)が始まり、買ってきた翌日にバナナを持つと熱い(笑)。 仕方なく冷蔵庫で保管していたのだが、どうしても風味が落ちるし、皮が真っ黒になる。 ある時、リビングダイニングのテーブル上にバナナを置いてみたら4日くらいは美味しいまま保管できた。 確かに我が家の中では比較的風通しの良い場所。 バナナって、どこかにぶつけるとすぐ黒く変色するし、温度や湿度によって鮮度が大きく変わってしまう。 なかなか…

  • そろばん塾のモンスター

    小さい頃、親に勧められてそろばん塾に通った。 わたしは計算が苦手だったので、克服させたいと思ったのだろう。 しかし、そろばん塾に行くことによって、わたしはますます計算が嫌いになった。 今から思うと何の意味もないどころか、デメリットしかなかった。 あんなくだらないことに親が貴重なお金を払っていたと思うと悔しい。 小学4〜6年くらいまでの間、通っていたと思う。 そこでわたしはそろばん塾の先生(浅黒、小太り出っ腹、顔濃い目、当時の年齢40~50歳くらい)からセクハラに遭っていた。 課題が終わると先生のところまで見せに行くのだが、その時によく「胸が小さい」とからかわれた。 具体的には、「他の子はもうだ…

  • 10年後、笑ってる?の罠

    数年前に同僚が会社を辞めた。 理由を教えてもらうと、「今のままだと10年後に笑ってる自分が想像できない」との事。 退職後は歩合制でセールスの仕事をすると言っていた。 1年くらいして再会したその人は、「暇すぎて」と苦笑い。 暇すぎるのが続くと、10年後には苦笑いさえできないのかもしれない。 昨年知人が起業すると言って一流企業を辞めた。 LINEに「10年後笑ってる自分に会いたいから、怖いけど決断しました。」と書いてあった。 1年後、仕事が激減したらしく「もう、鬱かもしれない」というLINEが届いた。 二人とも、会社を辞める時には純粋に「今のままじゃダメ」と思ったんだろう。 「10年後の自分が笑っ…

  • 鳩忌避剤の異臭

    100円ショップに売っている鳩の忌避剤は効かなかった。 もう我が家で何年も前に実証済みである。 忌避剤は独特の匂いがするので、近所迷惑にならないよう小分けにして設置したためかもしれない。 小分けにせずにドカンと置いたら鳩は来なくなるのだろうか? どうやらそれを実践した人が他階の住人に居たようだ。 2週間ほど、その異臭がマンションの一角を包み、どんなに暑くてもほとんど窓が開けられない日々が続いた。 そろそろ管理会社に苦情を申し立てようかと思った矢先、異臭は無くなった。 設置した本人が効果の無さに気づいたのか、誰か別の人が苦情を言ったのか。 理由はわからない。 今は目立たないタイプの鳩よけネットが…

  • スーパーに行かない日

    3密を避けたいこともあり、スーパーに行く頻度を下げた。 それまでのわたしは、少なくとも休みの日の朝は必ずと言っていいほど2軒のスーパーをはしごしていた。 家に戻ると11時近くになっている。 あっという間にお昼になり、掃除やアイロンがけをして1日がほぼ終わってしまう。 なんだかちっとも休みじゃないな、といつも思う。 ところがスーパーに行くのをやめてみると、午前中も家でやりたいことがいろいろできる。 なかなか快適である。 問題は2つ。 【1】スーパーをはしごすることで稼いでいた歩数(毎日10,000歩が目標)を他で稼がなければならない。 【2】朝一で行くとゲットできる昨日の売れ残り品(=お値下げ価…

  • 本業と副業

    以前に副業をしたくて勉強を始めたことがあった。 勉強仲間の中には会社を辞め、起業した人もいた。 わたしは中途半端なまま辞めてしまった。 大した成果もあげられなかったし、そもそも自分のキャパでは本業で手一杯と感じたからだ。 新型コロナウィルスの件があって、あの時副業がうまくいかなくてよかったなーと思う。 起業していたら今頃無収入だったかもしれない。 本業あっての副業。 無理のない範囲であればリスクヘッジになるし問題はないであろうが、現在はコロナの影響をほとんど受けなかった本業に大感謝の日々である。 にほんブログ村

  • インテリアとテクニック

    先日テレビを見ていたら、インテリアを素敵にするテクニックを特集していた。 プチプラの小物とか、古着などをリメイクしてインテリアに活用するというものだった。 なるほど素人には思いつかないテクニックがいろいろと紹介されていたが、教えてもらっても実践しようと思うテクニックは一つもなかった。 それでも、そういうのが好きな人もちゃんと居て、そういうことを考えることを職業としている人が居るのだろう。 わたしはどうしても掃除のしやすさとかを重視してしまう。 飾り付けのテクニックよりも断捨離を学んだ方が良いのかもしれない。 にほんブログ村

  • 手放しても大丈夫

    昔、事情があって大量のCDを処分したことがある。 入手しづらい希少なCDも含まれていたので、中古CD店の人から「もったいないですね」と言われたのだがそれでも構わず売り払ってしまった。 今思うとそれだけ金銭的にというよりも、精神的に追い詰められていた。 あれからもう10年以上になる。 私はコレクターではなくて単なる音楽愛好家だったのが幸いしているのかもしれないが、沢山のCDを手放したことで失ったものより得たものの方が大きい。 手放したCDの中に入っていた曲がどうしても聴きたくなったら、音楽配信でも何でも、今なら比較的たやすく音源を探すことはできる。 そして、手放しても再度入手したい音源こそ、自分…

  • 土用の丑はまだ先だけど。

    高くてなかなか手が出ない食べ物の代表「うなぎ」。 今年の夏は早々に食べることができた。 スーパーでうなぎの蒲焼が入ったお弁当が安くなっていたのだ。 (ラスト一個だった!) やっぱり美味しいなー、鰻。 またいつか安くなってたら買おうっと。 にほんブログ村

  • キャベツが高くて。

    春先までキャベツ一個が100円しなかった時期が続いていたのだが、最近はめっきりキャベツも高くなってしまった。 どうせ高いなら面倒なスライス作業が省けるカット野菜にしてみよう。 そう思って普段は買わないカット野菜のキャベツを買ってみた。 色んな野菜と組み合わされたものもあれば、キャベツだけのものもある。 その日の気分でカット野菜を選ぶのは意外に楽しい。 カット野菜を買い始めて、これまで指を怪我する危険と隣り合わせで行っていたキャベツのスライス作業から解放された。 しかも今のカット野菜は製法が進化したおかげでとても美味しいのだ。 もう、キャベツを自分でスライスするのはやめよう、と決めた。 にほんブ…

  • 今年の梅仕事完了

    昨年、頂き物の梅を使って初めて梅酒を作った。 梅の実を使ったレシピには他にも梅ジャムとか梅シロップがあるが、一番簡単そうだったのが梅酒。 洗って乾かしてヘタをとった梅の実は、しばらく冷凍保存していた。 漬け込む作業が面倒だったのだ。 9月になってようやく漬け込んだ際には、蜂蜜とブランデーを使った。 美味しくできているのかどうかはよくわからないけど、最初の一ヶ月は毎日、その後も三日に一度くらいは瓶を揺すっている。 その方が味が均一になり、美味しくできるらしい。 やってみたらそんなに面倒でもなかったし、今年も漬けてみることにした。 今年はスーパーで梅の実を入手。 今回は蜂蜜ではなく甜菜糖からできた…

  • 一眼レフじゃないカメラが使いこなせない

    写真を撮る時はほとんどスマホである。 本気を出したい時だけ、一眼レフを使っている。 一眼レフは長年使っているので操作方法は体が覚えている。 しかし、重いし、取り扱いに気を使うので頻繁には取り出さない。 ある時、有名な観光地へ旅行した。 ずっと憧れていた場所だった。 写真はスマホで撮ったが、景色の素晴らしさが十分には表現できない。 そうかと言って、一眼レフを持ち歩くほどの体力&気力は今の私にはない。 旅行から帰った後、スマホと一眼レフの中間くらいの性能のカメラが必要だと思った。 そこで入手したのがズームレンズのついた、そこそこのコンパクトカメラである。 あれからもうじき1年ほどになるが、そのコン…

  • Amazonギフト券が好き

    Amazonでマーケットプレイスの商品を買う時、いつもAmazonギフト券を利用している。 一度だけ、マーケットプレイスの出品者でひどい業者に遭遇したことがあり、支払い情報が伝わるのが嫌だと考えるようになったからだ。 後でその業者を検索したら、店舗画像はなく、Amazonから表彰されたとかで夜のお店で祝杯をあげている写真が見つかった。 いかにもやばそうな面子である。 要領よくやればこんな連中でもAmazonから表彰されてしまうのだ。ああ怖い。 それからもう、基本的にマーケットプレイスはなるべく避ける、どうしても欲しいものがあればお店の名前で検索して、真面目に長年実店舗で営業しているお店からなる…

  • ホットクックとブロッコリー

    ほぼ毎日、茹でブロッコリーを食べている。 うちの近所のスーパーでは安い時で128円(+税)、高い時で298円(+税)で売られているブロッコリー。 その変動幅は厄介である。 ブロッコリーは買ってきて早めに調理しないとすぐに傷んでしまうので、安いときに何個か買っておくというのができないのだ。 ある時、生活の知恵サイトで「ブロッコリーは生のまま食べやすいサイズにカットし、冷凍しておけば買い置きも可能」と書いてあるのを見つけた。 なるほど、茹でて冷凍しておくと水っぽくなるが、生のまま冷凍すれば大丈夫なんだな。 そう思ったわたしは、ある時安くなっていたブロッコリーを2株買った。 どちらも洗った後に食べや…

  • 緊急事態宣言解除。久々の外食はどこへ行く?

    愛知県の緊急事態宣言解除後、初めての外食は焼肉屋さんだった。 割と早い時期から予約して、相方もわたしも当日を楽しみにしていた。 お店に入るとあっという間に店内が満席に。 やはり同じ気持ちで待っていた人がたくさん居たんだな。 肉の香りに誘われて、換気のために開けられたドアからは何人もの人が「入れますか?」と顔をのぞかせる。 その度に「今日は予約のお客様で満席で。」と申し訳なさそうに断る店員さん。 まだ明るい夏の夕方、家では食べられない極上の肉を味わいながら、こういう楽しみが日常に戻ってきてくれたことに心から感謝した。 にほんブログ村

  • わざわざ複雑にしない

    もっと要領よく、生きられるといいなあと思っていた。 頭の良さそうな人が書いた本とか、心理学の本とか、スピリチュアルな本もいろいろ読んだ。 読めば読むほど、分からなくなる本が多い。 結局、早寝早起きして、腹八分目を守って、小さなことにも感謝しながら生きてればいんじゃないの? そういうわけで、おやすみなさい。 にほんブログ村

  • 飽きずに食べられる鶏胸肉メニュー

    健康と節約のために、鶏胸肉をよく買っている。 好きなレシピはいろいろあるが、ずぼらなわたしがよく作るのは鶏胸肉を使ったオムライスだ。 人参、玉ねぎ、ピーマン、しめじなどのみじん切りと、塩麹につけて柔らかくしておいた鶏胸肉をキッチンバサミで小さめに切ったものをフライパンで炒める。 味付けは塩胡椒にケチャップとコンソメ。 炒まったところへ温かいご飯を入れて、ケチャップご飯の出来上がり。 ケチャップご飯は多めに作って小分けして冷凍しておく。 仕事から帰って疲れていても、レンチンしたケチャップご飯の上に薄焼き卵を乗せればオムライスの出来上がり。 お味噌汁やスープ、サラダなどを添えれば立派な夕食だ! に…

  • カラオケに行けなくて買ってしまったもの

    集合住宅に住んでいる。 古いマンションで、防音はたいしたことない。 おっさんのくしゃみとか、カーテンの開け閉め、エアコンの室外機の音など、ご近所さんの生活音は割と聞こえてくる。 もちろんこちらの音も聞こえているのだと思う。 気軽にカラオケに行けない昨今、本当は自分の部屋で思い切り歌いたいが、そんな状況では無理である。 それでこれを買った。 PROIDEA プロイデア UTAET mini メディア: ヘルスケア&ケア用品 「UTAET(ウタエット)」という商品で、メガホンみたいな形をした装置を口に当てて歌うと、多少周りの人へは音が聞こえにくくなるらしい。 Stay Homeで多くの人が外出を自…

  • 詩が音でしかなかった頃

    沢田研二さんがめちゃくちゃ売れっ子だった、わたしの幼き頃。 「勝手にしやがれ」という曲を覚えて、歌いながら帽子を投げるパフォーマンスをどんだけ真似したことか。 沢田研二 - 勝手にしやがれ (1977 TMF) あの頃、歌詞は単なる音に近く、意味とか背景とかを理解できないまま歌っていた。 大人になって歌詞を読んでみると、日当たりの悪い1DKのアパートから出て行く女と、痩せた若い男がやさぐれている背中が浮かんでくる。 作詞は大御所の阿久悠氏だ。 もうこの男はダメだと見切りをつけた女が出て行く時、頭の中は多分「いや、マジ損した。無かったことにしたいわ。」という思いしかないだろうが、歌詞はあくまで男…

  • 使い捨てマスク、その後。

    長いこと店頭ではお目にかからなかった使い捨てマスク。 いよいよドラッグストアのマスク売り場に現れ始めた。 ただし、新型コロナウィルスの影響による品薄が始まる前のお値段とは全く違う。 我が家に今でも在庫としてストックされている使い捨てマスクは、60枚入りで500円くらいだったと記憶しているが、現在うちの近所ではその3倍以上の値段で売られている。 ある程度の品質が保証された品を買おうとすれば仕方がないのかもしれないが、現在の価格になっているのは需要と供給のバランスによるところも大きいだろう。 こっちはもうすっかり布マスクに慣れちゃってるし。 使い捨てマスクがこれだけ高いと、「それなら結構です。」と…

カテゴリー一覧
商用