searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

モカごろうさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
20代カナダ駐在員が資産最大化に挑む!
ブログURL
https://canadade-expat.hatenablog.com/
ブログ紹介文
カナダ某都市で働く20代駐在員による、資産運用や日常のあれこれをまとめるブログ。まずは20代のうちに金融資産1,000万円を目指す!
更新頻度(1年)

18回 / 113日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/03/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、モカごろうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
モカごろうさん
ブログタイトル
20代カナダ駐在員が資産最大化に挑む!
更新頻度
18回 / 113日(平均1.1回/週)
読者になる
20代カナダ駐在員が資産最大化に挑む!

モカごろうさんの新着記事

1件〜30件

  • 資産状況(2020.6月末)

    毎月初の定点観測、資産状況の公開です。 今回は2020年6月末の資産状況です。 総資産額及び株式やソーシャルレンディング等のリスク資産額(円換算) 総資産:11,016,742円(前月+952,557円) うちリスク資産:5,323,195円(約48%) 6月は日本円支給の夏のボーナスにより大きく資産が増加し、また、配当金も1万円を超える額が入金されました。 上記大半を投資に回せていないことから現金比率が大きくなりました。 金融商品の売買ですが、6月はカナダエネルギー大手のサンコア・エナジー株を全て売却しました。30%ほどキャピタルゲインが出ました。 コロナショックで原油価格が落ち込んでいると…

  • ボーナス(2020年6月)

    2020年もあっという間にそろそろ折り返し地点、夏期賞与支給の時期がやってきました。 当社の水準は上場企業としては特段高いわけではないと思います。 しかし、あまり業績に左右されないような算出の仕方をしているので、コロナで会社がダメージを負っても例年とあまり変わらない額の支給となりました。 景気がいい時の上振れがない代わりに、落ち込んでいるときの下振れリスクも限定的であるということです。今回は後者に助けられた形となりました。 20代駐在員の夏ボーナスはいくら? 2020年夏のボーナスはいくらだったのでしょうか。気になる額はこちら。 2020年6月: 563,438円(手取り額) ボーナスには駐在…

  • 株式配当金(2020年5月)

    月末恒例の配当受領額の発表です。 今回は5月です。 2020年5月受取配当額:約4,800円(税引後日本円換算、受領時のレートを使用) 昨年同月比+1,100円 配当銘柄(ティッカーシンボル) ・AT&T(T) ・ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) ・アップル(AAPL) ・アッヴィ(ABBV) 昨年同月比で約1,100円受取額が減少しました。 受け取った配当は米ドルのままネット銀行に移し、良いレートで利子を受け取ることを目指します。 そうしてちりつもで大きくなった米ドル残高を、いざ日本に帰国し投資制限が解除された際に再度米国株への投資に回していきたいと思います。 来月6月は年2回配当の…

  • 資産状況(2020.5月末)

    毎月初の定点観測、資産状況の公開です。 今回は2020年5月末の資産状況です。 総資産額及び株式やソーシャルレンディング等のリスク資産額(円換算) 総資産:10,113,584円(前月+594,431円) うちリスク資産:5,104,671円(約51%) 20代で金融資産1,000万円をとりあえずの目標としてやってきましたが、ついに到達したようです。 2か月前はコロナの影響で800万円台まで落ちたためかなり遠のいたように思えましたが、ここ最近の株式市場のリバウンドとカナダドル高で一気に評価額を戻しました。 外出自粛でお金を使う機会が激減していることも追い風となったように思います。 なお、5月は…

  • 久しぶりにモールに行ってきた

    最近、フェーズごとにではありますが徐々にnon-essentialなサービスも再開されてきました。感染拡大ペースはひとまず落ち着いてきていますし、そろそろ市民も我慢の限界が来ているようにみえていましたから、政府もその辺勘案して再開に踏み切ったのでしょう。 今日は、約3か月ぶりに市内のモールが開いたということで、特に何を買うわけでもありませんが久しぶりに足を運んできました。モール内では家族連れやカップル問わず、思ったより多くの人々が買い物を楽しんでいました。 コロナ前と変わったのは、各店舗の入り口に消毒液が設置されており、店内にはソーシャルディスタンスを喚起する掲示がたくさん設置されていることで…

  • 外出自粛中の娯楽

    日本ではほとんどの県において、緊急事態宣言の解除がされたようですね。 日々の感染者増加数も低下しており、少しづつこれまでの我慢の成果が出てきているように感じます。 カナダも各州ごとにタイミングや内容は異なるものの、徐々に経済活動が再開しております。 一部多少強引な再開プランに対し反対の声も上がってはいますが、過度に楽観せず油断しなければリフレッシュのために外出することもよいと思います。 最近の私は一時期の気分どん底状態から復活し、ソーシャルディスタンスを取りながらの散歩や室内での趣味を楽しんでいます。 特に、昨年日本で購入したニンテンドーSwitch(現在品薄が続いてるようですね…買っておいて…

  • 株式配当金(2020年4月)

    月末恒例の配当受領額の発表です。 今回は4月です。 2020年4月受取配当額:約2,700円(税引後日本円換算、受領時のレートを使用) 昨年同月比-2,500円 配当銘柄(ティッカーシンボル) ・コカ・コーラ(KO) ・フィリップ・モリス(PM) ・ゼネラル・エレクトリック(GE) 昨年同月比で約2,500円受取額が減少しました。 受け取った配当は米ドルのままネット銀行に移し、良いレートで利子を受け取ることを目指します。 そうしてちりつもで大きくなった米ドル残高を、いざ日本に帰国し投資制限が解除された際に再度米国株への投資に回していきたいと思います。 相変わらず外出自粛・在宅勤務が続いているの…

  • 資産状況(2020.4月末)

    毎月初の定点観測、資産状況の公開です。 今回は2020年4月末の資産状況です。 総資産額及び株式やソーシャルレンディング等のリスク資産額(円換算) 総資産:9,707,893円(前月+674,357円) うちリスク資産:4,868,978円(約50%) 株式市場のボラティリィティは相変わらず大きかったですが、総資産額の減少は2か月でストップし、先月比で約70万円の増加となりました。 総資産額は過去最高額となり、とりあえずの目標である1,000万円に最も近づいた月でした。株式市場次第ですが、5月中に到達の可能性もあるかもしれません。 なお、リスク資産の割合も50%を回復しました。 また、4月の株…

  • 1か月3万円生活

    カナダもようやく暖かくなってきました。状況が状況だけに残念ですが、本来であればバーベキューやアウトドアアクティビティを楽しめるいい季節だと思います。 さて、今日は在宅勤務1か月間の生活費(円換算)をまとめてみました。以下の通りです。 食費(スーパー):20,000円 外食(テイクアウトのみ):5,000円 Kindle本:3,000円 日本携帯維持費:1,700円 合計:約30,000円 ...以上です!笑 上記からわかるように、食べ物以外にほとんどお金を使うことがなくなりました。 当然同僚や知人との飲み会もないので交際費はゼロ、スーパーへ行く以外に外出もほとんどしないのでガソリン代もゼロです…

  • 給付金対象外のようです

    在宅勤務開始から1か月が経ちました。街の状況は変わらず閑散としたままです。 私自身も、最近はなぜかひどく落ち込むような気分になることが増えました。精神面は強いほうだと思っていたのですが、いつ収束するかもわからないこの状況にさすがに参ってきているのかもしれません。 さて、日本ではようやく1人あたり定額10万円を給付することが決定したようですね。対応が遅いという批判もあるようですが、まずは一律給付の実施が決定したということは評価できると思います。 しかしこの給付金、私のような在外邦人も給付の対象なのかというと...残念ながら対象外のようです。 というのも、4/18現在、外国人を含めた住民基本台帳に…

  • 外出自粛中に身につけたいスキル

    Happy Easter! の連休中です。 緊急事態宣言及び在宅勤務開始からすでに1か月が経とうとしています。街は相変わらずゴーストタウンの様相を呈しています。 先日会社から、当初予定していた在宅勤務期間をさらに延長する旨連絡があり、しばらくは平日も1人で引きこもるこの状態が続きそうです。 最初こそ、家で働くことが新鮮かつ好きな時に休憩を入れながら自分のペースで働けることに好感を持っていました。 しかしいざここまで続けてみると、誰とも会話や交流のない寂しさの方が勝ってきて、最近は1日テンションの上がらないまま何となく日々過ごしてしまっています。 そこで、せっかく自由に使える時間は増えたのだから…

  • 株式配当金(2020年3月)

    少し更新が遅れましたが月末恒例の配当受領額の発表です。 今回は3月です。 2020年3月受取配当額:約6,900円(税引後日本円換算、受領時のレートを使用) 昨年同月比+2,300円 配当銘柄(ティッカーシンボル) ・ビザ(V) ・ゾエティス(ZTS) ・サザン(SO) ・ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ) ・ロリンズ(ROL) ・エクソン・モービル(XOM) ・ラスベガス・サンズ(LVS) 昨年同月比で約2,300円受取額が増加しました。 受け取った配当は米ドルのままネット銀行に移し、少しでも良いレートで利子を受け取ることを目指します。 そうしてちりつもで大きくなった米ドル残高を、いざ…

  • COVID-19による生活への影響について

    COVID-19の影響はカナダでも非常に大きく、私の生活する地域の状況は以下のような感じとなっています。 ・感染確認者数は毎日増加している。 ・緊急事態宣言が政府から発令されており、non-essentialな店舗(スーパーや病院を除く)、娯楽施設は原則営業停止、クローズ。マンション内に存在するジムですらクローズ。 ・一時に比べスーパーでの生活必需品の買い占めパニックは収まりつつあるものの、トイレットペーパーや消毒液、パスタ等特定の品物は品薄が続いている。 ・いわゆる完全な外出禁止(ロックダウン)ではないものの、不要不急の外出は控えるべきであり、外に出た際も周囲の人間とのSocial dist…

  • 資産状況(2020.3月末)

    毎月初の定点観測、資産状況の公開です。 今回は2020年3月末の資産状況です。 総資産額及び株式やソーシャルレンディング等のリスク資産額(円換算) 総資産:9,033,536円(前月-115,464円) うちリスク資産:4,348,588円(約48%) 歴史的な金融商品の暴落が続いた影響により、2か月連続での総資産額の減少となりました。表面上の減少額は10万円ちょっとですが、給与や配当合わせて30万円近く収入があってこの額なので、実際は40万円くらい溶けた計算になるでしょうか。 そしてとうとうリスク資産の割合が50%を切りました。株式を筆頭に急速に評価額がしぼんだためです。 暴落のさなか、新た…

  • 米国株ポートフォリオ(2020年3月)

    前回2019年11月時点からだいぶ時間が空いてしまいましたが、2020年3月時点での米国株ポートフォリオを公開します。 エクソンモービル (XOM)が2つあるのは、別口座で保持しているためです。 現在のところ、私のポートフォリオの主力は、上から順に ・アップル (AAPL) ・ビザ (V) ・ジョンソン・エンド・ジョンソン (JNJ) ・ゾエティス (ZTS) ・フィリップ・モリス (PM) となっています。 昨年11月と比較し、エクソンモービルが群を抜いて大暴落しているため、トップ5から姿を消しました。 例によって、日本国非居住者のためSBI証券で買付を停止されている関係で、新たに取得した株…

  • BMOの証券取引プラットフォームがクソな件

    タイトルの通りです。 1週間もほったらかし(現在進行形) BMO Investorlineは、カナダ五大銀行の一角であるBank of Montrealグループのサービスで、私がカナダで使用している証券取引プラットフォームなのですが、現在全く使い物になりません!! 1週間前にBMOの預金口座から入金指示をしたものの未だに着金せず。2日前にこの件についてダイレクトメッセージを送るも全く音沙汰なし。入金できたとしても取引ができないらしく、Twitterで検索をかけると同様の嘆きが散見されました。 こんな時だからこそ、入金し安値で優良株を拾いたいと思う投資家が多くいるのに、この状況はいかがなものでし…

  • ついにカナダへの入国禁止措置が施行される

    3/16、ついにカナダは、原則他国からの入国を禁止する措置を発表しました。なおここにはカナダ市民や永住権保持者、アメリカ市民や外交官は含まれないとのことです。 私のような日本企業の駐在員のほとんどは永住権でなく労働ビザ (Work Permit)でカナダに滞在しているため、カナダ国外に出てしまったら再入国不可となってしまうこととなりました。つまり、国外への出張はおろかプライベートでの一時帰国もできないということです。 この一週間で、私の住む地域のスーパーでも、食料品をはじめトイレットペーパー等の生活必需品が棚から姿を消し始めました。また多くの企業は在宅勤務を開始し、普段は車が一杯の通りもすっか…

  • バーゲンセールに参戦

    昨日のトランプ大統領の演説を受けて、今日のアメリカ市場も大きく下げていますね。今日だけで現在のところ2,000ドル以上ダウ平均が下がっており、今週月曜日に記録した過去最大の下落幅を更新しそうな勢いなのですが、最近のあまりの値動きの荒さに慣れてしまったのかあまり動揺していません。暴落の真っただ中にいることで少しづつ耐性がついてきたのでしょうか。慣れって恐ろしいですね。笑 待ちに待った買い出動です そんな中にあって、これまで様子見で我慢していましたが、そろそろどの銘柄もおいしそうな価格になってきたので購入に動いていきたいと思います! 狙っているのは、カナダ市場の ・ZSP(S&P 500連動カナダ…

  • 正念場が来たか

    おはぎゃあどころじゃない あんぎゃああああああああああ!!!!!!!! という投資家・投機家の皆様の断末魔で目が覚めました。ブラックマンデーです。 OPEC+の会合でロシアが原油の追加減産及び協調減産の継続を拒否し、怒ったサウジアラビアが自爆特攻ともいえるような増産計画を表明したことで、今朝のWTI価格はなんと前営業日マイナス30%の28Bbl/$まで暴落しました。 為替も大きく円高ドル安に動き、一時1ドル101円台までになりました。 さらに株式市場では、ダウ平均が取引時間中の過去最大幅となるマイナス2,000ドルを超えての急落となっています。 ここまでせっかく耐えていた方々の、あえなく退場し…

  • コロナの影響はカナダにも

    ついに海外出張禁止 カナダ国内では、東のトロントと西のバンクーバーを中心に新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向にあります。 その影響により、ついに当社でも原則海外出張禁止のお触れが出ました。しばらくはカナダの現地法人から日本への出張はもちろん、日本本社からの出張もなくなる見込みです。 現在のところ、カナダ政府はまだ日本への渡航禁止命令は出しておらず、日本からの入国禁止措置も取っていません。渡航については、現在レベル2の不要不急の渡航自粛となっています。 しかし、いつこれが渡航禁止及び日本からの入国禁止となるかわからないため、私にような駐在員にとってはプライベートでの一時帰国も控えざるを得ない…

  • 資産状況(2020.2月末)

    毎月初の定点観測、資産状況の公開です。 今回は2020年2月末の資産状況です。 総資産額及び株式やソーシャルレンディング等のリスク資産額(円換算) 総資産:9,149,000円(前月-180,069円) うちリスク資産:4,750,496円(約52%) コロナウイルス感染拡大を主な理由とし先週1週間続いた下落相場の影響で、リスク資産が大きく目減りしました。そのため、給与から20万円以上入金したにもかかわらず、総資産額が前月比で若干マイナスとなりました。 ただ、駐在してからの半年間、リスク資産に投資できていなかったことから現金比率が高まってきていましたので、結果的にディフェンシブになっていたポー…

  • 長期投資における心構え

    2月24日、ダウ平均株価が1,000ドル以上下落しました。これは過去3番目の大きさの下落幅とのことです。 下落の理由としては、以下3点が挙げられます: ・新型コロナウイルスの中国外での感染拡大 ・総合PMIが50割れ ・米大統領選挙民主党内予備選でのサンダース候補の躍進 短期の株価乱高下は無視していい 私はリスク資産のうちかなりの割合を米国株が占めていますので、昨日時点での総資産額がかなり減少しました。おそらくブログ開設してから最大の一日のドローダウンでしょう。 しかし、あくまで志向しているのは長期での資産形成であり、短期の株価変動はあまり気にしないようにしています(意識せずとも気にならなくな…

  • 株式配当金(2020年2月)

    コロナウイルスの感染拡大により目下株価下落中ですが、月末恒例の配当受領額の発表です。 今回は2月です。 2020年2月受取配当額:約4,600円(税引後日本円換算、受領時のレートを使用) 昨年同月比+1,000円 配当銘柄(ティッカーシンボル) ・AT&T(T) ・ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) ・アップル(AAPL) ・アッヴィ(ABBV) 昨年同月比で約1,000円受取額が増加しました。 受け取った配当は米ドルのままネット銀行に移し、少しでも良いレートで利子を受け取ることを目指します。 そうしてちりつもで大きくなった米ドル残高を、いざ日本に帰国し投資制限が解除された際に再度米国株…

  • 【祝】カナダに来てから初の株式投資をしました

    先日開設したTFSAから、ETF (上場投資信託、Exchange-Traded Fund) を早速購入しました。 カナダのプラットフォームを使用して、またカナダ赴任以降初めての株式投資です! 購入商品 購入銘柄:BMO S&P 500 Index ETF (カナダドル建て) ティッカ―シンボル:ZSP ベンチマーク:S&P 500 TR 過去リターン:23.49%(1年)、13.20%(5年) 総資産:7.8百万ドル(2020年2月19日現在) 配当利回り:1.45%程度(2020年2月19日現在) 購入数:C$1,000相当 https://web.tmxmoney.com/quote.p…

  • TFSAを開設しました

    冒頭からアルファベット4文字、「TFSA」とは何のことでしょうか? 答えは、「Tax-Free Savings Account」の頭文字をとったもので、「課税免除預金口座」とでも訳されましょうか。 en.wikipedia.org 18歳以上のカナダ在住の人ならば誰でも開設可 TFSAは、2009年1月よりカナダ国民の資産形成を推進する目的でカナダ政府により導入されました。18歳以上でカナダのSocial Insurance Number (SIN)を所持していれば誰でも口座開設ができます。 運用益&配当が非課税! Saving Accountという名前ですがただの預金口座ではなく、この口座か…

  • 海外生活における気持ちの変化について

    最近、ふと虚無感や無力感に苛まれ、無性に寂しくなることがあります。 そしてその日1日は何もしたくなくなります。 「ああ、なんで駐在なんかしてるんだろう」「気を張ることなく楽に生きていける日本に帰りたいなあ」と思ってしまうことがあります。自分で駐在希望したのに。 よく耳にするのは、海外生活への適応は以下のようなステージごとに分かれているということです(大きく個人差があります)。 ・ハネムーン期(移住直後~2か月くらい) ・ショック期(2、3か月目~半年以上1年未満) ・回復期(移住1年後~1年半後) ・適応期(1年半後~) 時期的には「ショック期」にあたるのですが、異文化になじめないとか狭い日本…

  • 資産状況(2020.1月末)

    毎月初の定点観測、資産状況の公開です。 今回は2020年1月末の資産状況です。 総資産額及び株式やソーシャルレンディング等のリスク資産額(円換算) 総資産:9,329,069円(前月+84,454円) うちリスク資産:4,923,806円(約53%) 給与の入金額と比較し、資産増加額がかなり少ないです。 内訳をみてみると、1月中旬から世界中で猛威をふるい始めた新型コロナウイルスによる経済減速への不安から、各市場の株価が調整に入ったことが大きく影響していました。 加えて、ここ最近のアメリカの経済指標が予想を下回ることが増えてきており、それによるリスクオフの流れも多少関係しているでしょうか。 通貨…

  • 株式配当金(2020年1月)

    月末恒例の配当受領額の発表です。 今回は1月です。 2020年1月受取配当額:約3,700円(税引後日本円換算、受領時のレートを使用) 昨年同月比-700円 配当銘柄(ティッカーシンボル) ・フィリップ・モリス(PM) ・CMEグループ(CME) ・ゼネラル・エレクトリック(GE) 駐在に伴うNISA口座の解約により、残念ながら1月は昨年比マイナスとなってしまいました。額も少し寂しい感じです。 ただ救いもあり、CMEグループから$2.5/株の特別配当を通常配当($0.75/株)に加えて受領しました。CMEグループは業績に応じときどき特別配当を出すことで知られており、その際は一瞬だけ高配当になり…

  • 【速報】Apple、 四半期最高決算を発表。またも高値更新か【祝】

    現地時間1/28に発表されたAppleの2020年度第1四半期(2019年10-12月)決算において、過去最高の売上高及び一株当たり利益を叩き出したことが判明しました! もちろんアナリストたちの予測値を上回り、株価は時間外で上昇しています。めでたい! 要因としては好調だった年末商戦が挙げられています。 四半期で10兆円の売上高...異常でしょ プレスリリース↓ www.apple.com によると、 売上高:前年比+9%の $91.8B(約10兆円) 一株当たり調整後利益:前年比+19%の $4.99 税引き後純利益:前年比+11%の $22.2B(約2.4兆円) とのことです。 たった3か月…

  • 乾燥度合いが異常

    冬になってからというもの、朝起きたときの喉と鼻の不快感がすごいです。 外気温が低いことから非常に乾燥するカナダの気候に加え、気密性の高いコンドに住んでいることもあり、起きると毎日のように鼻が詰まっており、喉の痛みも感じます。 調べてみると、鼻づまりについては極度の乾燥で粘膜がダメージを受け、時には血交じりとなった鼻水が固まって詰まらせるそうです。 Amazon Canadaで加湿器を探すと一応あるにはあるんですが、現地日本人に話を聞くと品質が良くないみたいで、なかなか手を出せずにいます。 日本で使用していたSHARPの加湿兼空気清浄機を持ってこれたらよかったのですが、赴任時の荷物容量制限に引っ…

カテゴリー一覧
商用