searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ブラックライフさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ブラックライフ
ブログURL
https://blacklife.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
ブラックライフへようこそ!
更新頻度(1年)

6回 / 100日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2020/02/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ブラックライフさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ブラックライフさん
ブログタイトル
ブラックライフ
更新頻度
6回 / 100日(平均0.4回/週)
読者になる
ブラックライフ

ブラックライフさんの新着記事

1件〜30件

  • 債務整理は怖くないことがわかった

    借金の返済が滞りがちになり、金利によって借金が膨れ上がる状態になっていました。 返済が滞るごとに残高が増えていくのは本当に胃が痛くなるもので、余計に返済が難しくなるわけですからどうして良いのかわからなくなってしまったのです。 債務整理を行えば清算ができるのかもしれないけれども、債務整理自体もまた大きなデメリットがあるのではと思い相談にも行けなかったのです。 しかし、悩んでいても状況は変わることはありませんから最終的に知人から紹介された弁護士に、相談をすることになりました。 知人の紹介ということもあってか、親身になって対応をしてくれて債務整理をするとどのような形で借金問題にケリがつくのか、デメリ…

  • 消費者金融への滞納を債務整理で返済

    私が債務整理の手続きを開始しようと思ったきっかけは、消費者金融への滞納で借金が膨らんでしまったことにあります。 消費者金融への借金をなるべく早めに効率的に返済して借金問題を解決させたいという強い思いで債務整理の手続きをすることに決めました。 そのために私がまず最初に行ったことは、法律事務所に法律相談の申し込みをするということです。 債務整理を得意としている法律事務所に弁護士に相談することにしました。 消費者金融との契約書や取引履歴を持って法律事務所に行き弁護士に様々な相談をしたところ、任意整理と過払い金請求で借金を返済することに決まりました。 弁護士費用は私が想像していた金額よりも安くて安心し…

  • 金融への借金問題は法律相談所で相談

    一度金融機関でお金を借りてしまうと、その便利さに何度も利用をするようになっていました。 給料日前になってお金が足りなくなってくると、後少しで給料が入るのだから大丈夫と言う考えから、気軽に借りていたのです。 給料日が来ればすぐに返済をしていましたので、気持ちとしてはキャッシュカードで自分の口座からお金を引き出すくらいの軽い気持ちだったのかもしれません。 その生活が当たり前になってくると、友人と旅行に行きたいとか、大きな家電が欲しいといった風にどんどんエスカレートしてしまい、金額が膨れ上がっていきました。 気付いた頃には大変な金額になっていましたので、この先これだけの借金を金融機関へ返しながら生き…

  • 金融トラブルなら弁護士に頼ると安心です

    買い物などで借金が増えてきてしまい、返済できなくなり悩んでいました。 そんな時に法的知識のある弁護士に相談してみようと考えてすぐに近くの弁護士事務所に立ち寄りました。 すると、スタッフの人はとても丁寧に対応してくれてホッとしました。親身になって話に耳を傾けてくれ、適切な対処法の説明もわかりやすくて安心です。 初めての金融トラブルで借金の督促行為にも不安をかんじていたので、裁判所への申し立てなども全て代わりに行ってもらえて感謝しています。 また、債務整理手続きに必要な書類の作成や相手方との交渉も、プロの弁護士がスムーズに進めてくれたおかげで想像以上にスピーディーに金融トラブルを解決に導くことがで…

  • カードローンの審査に通る

    自宅で仕事をしているのであれば、自宅の固定電話に電話がかかってくることになります。 ただし、フリーランスなどで連絡先が携帯電話になっている場合、審査基準が少し厳しめになる可能性があります。 固定電話はその住所に住んでいる、もしくは働いているという証拠になりますが、携帯電話だと本当にその住所が正しいのか確認ができません。 連絡先が携帯電話しかないのであれば仕方ないですが、もし固定電話を持っているのであれば、カードローンを申し込む際に必ず固定電話の番号を記載しておきましょう。 総量規制の対象になりますか?総量規制とは、年収3分の1を超える借り入れを原則禁止とする法律のことです。 例えば年収300万…

  • 借入をうまく活用して業績拡大へ

    私は10年前に脱サラし、ソフトウェア開発の会社を立ち上げました。 その時は私ともう一人の2人だけの会社でしたが、起業してからしばらくして業績が波に乗り、増収増益を繰り返してきました。 そうなってくると受注を受けきれないという嬉しい悩みが発生してきます。 あまり固定費を増やしたくはないのですが、ユーザーからの信頼の確保や受注規模の増大、特に今までは大きくても数百万円規模の受注しか受けてこられなかったので、それを1千万円規模に拡大するためには人員拡大が急務だったのです。 ただし当然の事ながらリスクもあり、2人ぐらいだったら仕事はあるのですが、増やしていくとプロジェクトの合間などに待機人員が発生しま…

カテゴリー一覧
商用