searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ATMさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
毎日がホリデー
ブログURL
http://haijin004.hatenablog.com/
ブログ紹介文
日々のあーだこーだを書いています。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2020/02/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ATMさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ATMさん
ブログタイトル
毎日がホリデー
更新頻度
集計中
フォロー
毎日がホリデー

ATMさんの新着記事

1件〜30件

  • 無職な生活⑪

    day22,23 (6/22,23) 映画 Netflixに登録していたことを忘れていたので、この2日間でめちゃくちゃ映画を見た。 インターステラー、ゲットアウト、ラッシュアワー、インセプション、2ガンズ、遊戯王 クリストファー・ノーランの2本は、頭がボケボケだと前提条件を覚えるのが大変だったが、SFモノ(ある種のタイムトラベルや、近未来的な科学がでてくるやつ)は好きだなぁと思わせてくれる映画だった。「星を継ぐもの」をまた読みたくなった。 ゲットアウトは、終始淡々と気味が悪い感じが良かった。詳しい歴史を知らないのであれだが、人種差別は今も尚人々の心に蔓延る問題なのだろう。この映画で黒人をピーす…

  • 無職な生活⑩

    day20 (6/20) 金曜日に見忘れたバック・トゥ・ザ・フューチャー2のDVDを借りて見る。 2って違う世界線行ったり、実は1の時(1955年)にマーティがもう1人いたり、ラストで1885年のドクから手紙が届いたり胸アツな展開が多くてシリーズで1番好きかもしれない。 夜はクソデカステーキを焼いて食った。塩コショウとブラックペッパーだけでかなり美味いので、高い肉は伊達じゃないなと思った。 day21 (6/21) この日は滝を見に行った。水の流れが好きなので、永遠と見ていられる。 川の水量は結構なものなのだろうが、絶え間なく流れる水を蓄える山の保水力はすごいなぁという月並みな感想しか出てこな…

  • 無職な生活⑨

    day17〜19(6/17〜19) 色々と記憶がない。 Netflixで遊戯王のアニメを見ていた気がする。 漫画しか読んでこなかったけど、カードの絵柄がOCGと一緒だった。ただ、罠カードを魔法カードと言ったり、モンスターカードなのに魔法カードみたいな扱い方したりとガバガバだし、ターンを無視したり言ったもん勝ちの感じは相変わらずで良かった。 仲の良い元会社の同期と飲んだ。 元気そうで何よりだったし、結婚が決まって嬉しそうだ。 時間もあるし、前からやりたかったお遍路とか行きたい。

  • 無職な生活⑧

    day16 (6/16) 心はポイント制だ。 忙しいとき、イライラしてるとき、ポイントはそれぞれ負のスキルに振られる。 ちなみに私は無職なので、普段心は静かな海のように凪いでいる。そのためポイントは優しさに全振りされる。この世で1番優しい生き物が無職だ。 そんなことを考えていると1匹の蚊が部屋に入ってきた。緊張が走る。私は今この世で1番優しい生き物だ。平和的解決を望む。 普通に血を吸われて普通にムカついたので、普通にピーした。 そんなことをしていたら日が暮れてしまった。

  • 無職な生活⑦

    day13 (6/13) 自分はほとんど誰かに対して怒ることがない。 こちらに非がなく嫌な思いをした場合でも、基本的にキレたりすることなく過ごしてきた。そういうとき、怒るというよりも、まぁしゃーないかと諦めにも似た感情が湧いてくる。こういうこともあるよね・・・みたいな。もしかしたらただ単に怒るのが面倒くさくてなーなーにしたいという側面もあるかもしれない。 ただ最近、どうも嫌な思いをした側は心が広いだの優しいだの言われるだけで、割に合わないような気がしてきた。あいつは謝れば許してくれると、もしかしたら舐められてるのだけなのではないか。もしそうだとすれば、年単位でものすごい損をしていることになる。…

  • 無職な生活⑥

    day12 (6/12) 切れ散らかすおばちゃん 区役所に行ったら、カウンターの台をバンバン叩きながらおばちゃんがキレ散らかしていた。朝から元気だなぁと思った。内容はよくわからなかったが、どうやら役所の連絡ミスでおばちゃんが不利益を被っているようである。 めちゃくちゃキレてる人とめちゃくちゃ怒られている人がいる空間が苦手だ。別に自分が怒られているわけでもないのに心がギュッと捕まれる。それになぜかあの空間だけ、みんなが少し優しくなる。 それっぽいおじさん 同じく区役所内でそれっぽいおじさん二人組を見かけた。 しきりにカウンターの方を覗きながら自分の順番をソワソワと待つおじさんに話しかける別のおじ…

  • 無職な生活⑤

    day 11(6/11) ハローワークへ行った。 庁舎は最近新しくなったらしく、思ったより綺麗だった。(特にトイレが綺麗な施設は信用できる) 中は予想以上に人が多く、、、、と書いてハッとする。「予想以上に」の前に「平日にしては」と書きそうになっている自分に気が付いたからだ。そうだ、ここにいるほとんどの人は(恐らく)平日かどうかは問題なくなってしまったのだ。ジョブチェンし、これから旅に出んとするLv1の勇者達の集会場。そう考えると、全員が仲間のように思えてきた。 少し待った後、諸々の手続きをしたり説明を受けたりする。帰りがけに「どの職業にしようかお考えのようでしたら、適正検査もやってますよ」と声…

  • 無職な生活④

    day8 (6/8) 朝食を食べ、奥さんを送り出し、掃除やら洗濯をしたり窓の外を眺めたりする。正直なところ暇なのだが、暇だと思うことへの罪悪感やなんとも言えない後ろめたさから余り考えないようにしている。 ベランダで育てているトマトやキュウリが花を咲かせた。日のうちに花が咲いたり、実をつけたりだいぶ成長するので目が離せない。もはや隠居生活のようだ。昔話とかで「A市に暮らす某とかいう老人」みたいな紹介をされそう。 何百年後かにこの日記に歴史的価値がついたりしないかな~。 day9 (6/9) 6/11に書いているが、もはや記憶がない。やばい。 リアルに何をしていたんだろうか。最近なぜか応仁の乱には…

  • 無職な生活③

    day 5(6/5) 長らく働いていないため、社会との隔たりを感じていた私はバイトアプリをダウンロードしたりする。募集内容を眺めているだけで満足している自分は、昔と少しも変わっていない。参考書を買った時、過去問を手に入れた時…。歴史は繰り返されるのだ、と思った。 夜は奥さんの家のあるA市へ向かう。この時期の何とも言えない生暖かい風は、好きなもののひとつだ。夕飯はクソデカハンバーグを食べた。 day 6(6/6) A市は山間の土地であり、所謂「田舎」とか言われてしまうような場所である。しかし、都会に比べれば割と涼しく、自然豊かで気に入っている(ボーッと山を眺めながら聞くトンビの声は最高)。 チェ…

  • 無職な生活②

    day 4(6/4) 年賀状を待つ小学生のようにポストを確認するも離職票は届いていなかった。もう心配することは辞めにした。 百均で奥さん(仕事の関係で別居中)と父親へのレターセットを買ったり、ホームセンターで観葉植物を買ったりする。 彼の名前はヨシオ・スズキ2号。通称ヨッシー。ほとんど他人と会わないせいか、生命との関わりを持ちたいという私の願いを叶えるために我が家にやってきた不憫な男である。 夜は満月がきれいだった。

  • 無職な生活

    始まった無職生活 5か月間におよぶ休職生活が終わり、ついに無職となった。だいぶ休職期間も長かったことから開放感は皆無であり、ただただ不安だけが残る。まぁただズルズルと長引かせるよりかは、区切りをつけることができたということで勝手に納得している。 特にやることもないので(???)、おそらく人生で貴重な体験となるであろう休職・無職期間のことを記してみることにした。「あの頃はほんとうに大変だったよな~」とあとでしみじみと思い返してみたい。マジで。 あとはもしかしたら同じような境遇の方が1人でも見てくれて「あぁ、こんなやつもいるんだな」と思ってもらえたらこれ幸いである。 day 1(6/1) 調べると…

  • 青い空

    ブラりと散歩に出掛けた。いつもと違う方角へ特に目的もなく進んでみたりする。 途中、竹藪の中に古びれた神社を見つけた。もう随分と手入れがされていない様子で、狛犬なんかは右側の方がどこかへ行ってしまったのか、台座だけが残されていた。 本堂前の階段に腰掛けボーッとする。会社から連絡がないのをいいことに連絡を怠っていたり、かと言って辞める旨を伝えるのもなんだか出来ないでいる。 「なんだかもう疲れたな…。」と、他人行儀な言葉が口から溢れた。「いい歳して何やってんだか」誰でもない自分に対して。空は気が狂いそうなほど青かった。 「空が青いなー」「そうですね」なんとなく出した声に狛犬が答えた。 「君はひとりか…

  • 復帰など

    自分の性格を考えると、これはもう退職かなぁという思いがある。復帰したところでどの面下げてというのもあるが、このまま続けていてもまたいつか同じような状況になるような気もするし、周りの目が気になる質なので、変なプレッシャーから自爆すること請け合いである。 ただ、辞めたところでじゃあ次どうするのかと聞かれると、言葉に詰まる。目処無し。結婚しておいてこれ如何に。 昔からこういうところが嫌いだなぁと思う。「こうしなければならない」「こうであるべきだ」のような誰からも求められていない要求に苦しめられる。「結婚したばかりなのに無職は恥ずかしい」「定職についていないと恥ずかしい」etc あと人の意見を聞きすぎ…

  • なんだか

    こんなことを言うのもどうかと思うが、なんだか大義名分のあるニートのような生活をしている。 さすがに2ヶ月も休むと毎日が元気である。寝て食べて出す。うんこ製造業。 会社に連絡せねばならんが、なかなか気が進まない。

  • こっちはこうさ どうにもならんよ

    休職してから1ヶ月程経ち、少し落ち着いてきたので日記を書いている次第である。 朝は寝ぼけ顔で妻を送り出し、昼間は掃除洗濯をしたりや本を読んだりして過ごし、夜は飯と甘いものを用意して妻を迎える。 (そう、何がヤバいって既婚なのだ…!) 1ヶ月も休めばそろそろ働きたくなるかと思えばそんなこともなく、ただ日々を消費している感が否めない。ズルズルと。 今日はすき焼きが上手くできたのと、雪景色が綺麗な日であった。

  • 毎日ホリデー

    午前11時。早めの昼ご飯に味噌汁を作った。冷蔵庫に余っていた野菜を刻み、テキトーに鍋にぶち込む。 最近は毎日がホリデーのため、自炊をしている。30年近く生きてきてまともに料理をしたことがなかったが、スーパーに行ってはコンビニ弁当がいかに高かったかを思い知らされる日々である。 働いている会社には突然行けなくなった。出勤前に涙が止まらなくなり、有休を取って病院に駆け込んだ。軽い鬱と言われ、診断書が出た。1ヶ月の休み。有休なんて元彼女と別れた次の日に仮病で休んだ時以外使ったことがなかったが、案外簡単に会社って休めるんだなと思った。 あれだけ休みたかったはずなのに、平日は少し気が引けて何もせず、休日も…

カテゴリー一覧
商用