searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

慧さんのプロフィール

住所
北アメリカ
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
走馬灯
ブログURL
https://usjd.hatenablog.com/
ブログ紹介文
片田舎の平凡な主婦がアメリカで弁護士になるまでの軌跡
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2020/02/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、慧さんの読者になりませんか?

ハンドル名
慧さん
ブログタイトル
走馬灯
更新頻度
集計中
読者になる
走馬灯

慧さんの新着記事

1件〜30件

  • 私は昭和の時代に生まれ、昭和と共に成長し大人になった。 大阪のベッドタウン、近鉄奈良線沿線郊外で育った。 大正生まれの父親は自営業で子育てなどにはサラサラ興味が無く、家に帰るとビールと日本酒2合を飲み黙々とつまみを食べテレビを見ていた。 テレビが終わるとそそくさと2階に上がり、煙草を吸いながらしばらく読書をして就寝する。 私や妹にも全く興味を示すことはなかった。 よほど家庭という拘束された空間が肌にあわず、居心地が悪かったのだろう。 見合い結婚をした母は、そんな父に愛想をつかして離婚して、新しい男と人生をリセットしたかったようだが、これと言って手に職もなく、再婚して金持ちの男に養ってもらうしか…

  • 違い

    私のもう一つの財産はアメリカ人の友人達である。 友人には高校中退した者から一流の大学院で博士課程を修了した者までいる。 かなりの資産を持つ富裕層もいるし、山に篭りヨガの修業をしながら自給自足の生活をしている者もいる。 しかし、みな知的好奇心にあふれ人間的にも魅力的だ。 またアメリカ人は総じてエンパシ―(他人に対する共感や同調性)が強く、誰かが助けを求めると一緒に考え行動に移してくれるのだ。 また日本は諸外国に比べて雇用の流動性が極端に低い。 その上、40代までには社内の出世競争の勝負がついてしまい、逆転人事も期待できないため、自分の市場価値を上げる努力をしなくなる。 社外でも通用する絶対的市場…

  • 弁護士

    結果から言えば私は、1996年11月フロリダ州最高裁から弁護士資格と弁護士番号を与えられ、3年ごとに免許を更新し今日に至っている。 これによって得たものの価値は計り知れず大きい。 キャリアを確立することで、経済的な自立、自由と職業選択の自由を得た。 自由は私を幸福にし、また多様な生き方を可能にしてくれた。 ロースクール卒業後8か月目に、フロリダ州地方裁判所のスタッフ弁護士(仕事内容は日本の判事補と同等である)に採用された。 州政府の仕事をしている時は、タンパ湾を見下ろすダウンタウンの裁判所の6階に、ホテルのスイートほどの広さのオフィスをあてがわれた。 2000年アメリカ大統領選関係の訴訟も経験…

  • 計画

    その後、夫と話し合い、アメリカできちんと教育を受け直したい旨を説明した。 最初は2年と言っていたが、実のところ、アメリカの法曹資格を得るまでは帰国しないと秘密裡に決めていた。 しかしその目標を達成する方法を模索するうちに、様様なハードルが立ちはだかっているのが分かった。 気持ちが揺らぎかけると、私は自分のありとあらゆる長所を心に浮かべた。 私は自分の限界を知らない。 限界を感じるまで何かに挑戦したことがない。 成功する保証はないが成功しないという理由もない。 私はまだ27歳だ。 私は誰よりも行動力がある。 私は誰よりも直観力に優れている。 私は誰よりも呑み込みが早い。 私は誰よりも意志が強い。…

  • アメリカ

    その後、福井県立図書館で阿川尚之氏のアメリカンローヤーの誕生という作品に出会った。 阿川氏は作家、阿川弘之氏のご子息である。 阿川尚之氏は当時ソニーの社員で、盛田会長の意向により社内留学で、超名門校であるジョージタウンロースクールに留学し、アメリカで法曹資格を取った。 父親譲りの文章のうまさはもちろん、アメリカ法曹資格取得のために奮闘されたワシントンDCでの3年間を奢ることのない素直な、それでいてユーモラスな軽妙なタッチで書かれた興味深い一冊であった。 当時ソニーはベータマックスが映画の著作権を侵害するものという訴訟をフォックス社から起こされていた。 ソニーとしては負けることのできない訴訟であ…

  • 卒業から2年後、私は福井県に転勤していた元夫と結婚し福井で暮らすようになった。 見合いで結婚した夫は企業の開発研究員で、個性が強くないので私たちの間で言い争いなどもなかった。 他人の眼には仲の良い夫婦と映っていただろう。 しかし表むきの平和さとは裏腹に、私の中で徐々に現在の自分に疑問を抱くようになった。 夫はサラリーマン生活をつつがなく終え、60歳で年金生活に入ることに何の疑問も持っていなかった。 彼の父親は大正生まれの専制君主的家長であったため、彼は常に与えられたことだけを忠実に実行し、自分で判断するという訓練を受けていなかった。 そのため、予期しないアクシデントなどが起こると全く役に立たな…

  • 卒業

    目標が無いまま成人の日を迎えた。 成人の日というと、煙草の煙の中で流れるアルトサックスの音色とジントニックの香りが頭に浮かぶ。 その当時、私は単発的に入るチラシモデルの仕事と掛け持ちで、昼は喫茶店夜にはバーとなるカウンター席8つの小さな店で、夜7時から10時までアルバイトをしていた。 1月15日は母のたっての頼みで、実家近くの美容院で総絞りの豪華な振袖を着せてもらい、プロのカメラの人に写真を撮ってもらった。 そのあと洋服に着替え電車を乗り継ぎバイト先に急いだ。 美容院で髪を上げセットしたままだったので、店の木製ドアをあけるなり、バーテンダーの田村君から「すっげー美人のご登場!」と口笛で迎えられ…

  • 目覚め

    昔から法曹資格を得て将来は法曹界で仕事をしたいと思っていた。 医学や自然科学系の分野はあまり得意ではなく、それでいて人文科学系の分野にもピンと来るものがなかった。 歴史や国語や英語も人並み以上の成績をとってはいたが、古色蒼然とした大学院で研究をしたり、母校の教壇に立ち、英語か歴史を教える自分が想像できなかった。 実際の裁判など見たことはなかったが、高校生になったころから、なぜかいつかは訴訟弁護士として法廷に立つのだというヴィジョンが出来上がっていた。 そのころ話題になった徳島ラジオ商殺人事件で再審を勝ちとった林伸豪弁護士や、熊本の免田事件で死刑囚に対しては初となる再審無罪判決を勝ち取った日本弁…

カテゴリー一覧
商用