searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

しましまいるかさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
強迫性障害の子供〜5歳で発症した娘
ブログURL
https://stripedolphin.hatenablog.com
ブログ紹介文
5歳にして強迫性障害を発症した娘の成長を通して、同じ悩み、不安を持っている方々が笑顔になれるように、希望が持てるようにと願い発信していきます。その時々でどのように強迫性障害を乗り越えていったのかを書いていきます。
更新頻度(1年)

3回 / 68日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2020/01/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しましまいるかさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しましまいるかさん
ブログタイトル
強迫性障害の子供〜5歳で発症した娘
更新頻度
3回 / 68日(平均0.3回/週)
読者になる
強迫性障害の子供〜5歳で発症した娘

しましまいるかさんの新着記事

1件〜30件

  • 強迫性障害の再発に怯える毎日

    2年生になり、担任が変わった。教師になって2年目の若い女の先生になった。とても優しい先生で休み時間には、ポケモンの絵を描いてくれる。

  • 娘が強迫性障害を発症して2年。今までと現在

    娘ちゃんはもうすぐ小学2年生に上がろうとしていた。強迫性障害を発症してから約2年が経った。

  • 強迫症だけど大丈夫と言ってあげよう!

    新しい先生のアドバイスをもとに、娘に対する対応を変えることにした。

  • 子供の強迫性障害の治し方〜その②〜

    5歳で強迫性障害を発症し、6歳で認知行動療法を実践し始め、1年が経ちました。

  • カウンセリングやめてみた

    認知行動療法は一通り学んだ。やり方、考え方はわかったので、取り敢えず、強迫症状が出たら 曖昧に答える 強迫の悪魔の相手にしない 敢えて怖がっている事をやらせる

  • 不完全恐怖&加害恐怖

    小学に入学して、娘本人は非常に楽しんでいました。しかし、その楽しさとは裏腹に強迫症状は悪化していきました。

  • 強迫性障害の娘小学校に入学

    この入学には不安しかなかったです。 カウンセリングの先生には、入学したら、すぐに先生に言うようにと言われていたので、入学式の午後、改めて学校に出向き、担任となった先生におはなしをしました。

  • それからの日々〜強迫性障害と共に〜

    一進一退 それからと言うもの、娘の強迫性障害は消えることはなく、良くなったり、悪くなったりとその繰り返しでした。新しい強迫症状はと言うと、

  • 認知行動療法Part2〜子供バージョン〜

    絵や字を書き直させない さあ、次の行動療法開始! 娘は、家にいる時、よく絵を書いていました。しかし、強迫性障害になってからは最後まで完成させる事はできなくなっていた。なぜなら、完璧を求める不完全恐怖にも陥っていたからだ。 この不完全恐怖、どのように現れるかと言うと、 ➡︎娘、上機嫌で絵を描き始める ➡︎すぐに、消して書き直す ➡︎また、書き直す ➡︎何度も消すので紙がボロボロになる ➡︎癇癪を起こし、寝っ転がって、泣き喚く ➡︎「できない、できない、できない」とにかく泣き喚く、この時の表情は強迫モードマックスの鬼の形相 と、こんな感じ。で、今までの私の対応はと言うと、とにかく娘を落ち着かせたい…

  • 認知行動療法の結果は?〜子供バージョン〜

    認知行動療法を実践し始めて、私の中では「これで本当に良くなるのか?ますますひどくなるんじゃないか?」と半信半疑でした。

  • 認知行動療法〜子供バージョン〜

    強迫モードを落ち着かせる方法 さあ、前回のブログで、認知行動療法を開始しましたが、娘は治療をすると強迫モードに突入して暴れだすのであった。

  • 6歳の子供に認知行動療法実践

    認知行動療法とは、敢えて「嫌だなぁ」と思っている事をする!という事だそうです。

  • 認知行動療法の為のカウンセリング初日

    カウンセリング当日 強迫性障害を発症してから約5ヶ月娘ちゃんも5歳から6歳になっていた。 娘ちゃんを一緒に連れて行ったが、娘ちゃんは私の横にちょこんと座っているだけ。私が認知行動療法のやり方を聞くことになった。 ❶認知行動療法とは?❷娘に対しての周りの対応の仕方❸娘に言ってはいけない事 今まで、私がしていた事が全て、やってはいけない事に入っていた。だから、娘ちゃんはどんどん強迫の沼に入って行ったのだ。 知らなかったぁ〜。 強迫性障害を治す為の考え方が全く逆だった それと同時に、最初に行った精神科の医師にかなりの怒りを覚えた💢 適当な事言うんじゃねぇよぉー おかげで娘は、長い間苦しんだじゃないか…

  • 強迫性障害と鍼治療

    鍼治療をしてから、調子が良くなったので、予約した認知行動療法をしてくれるカウンセリングはキャンセルしよっかなぁ〜☺️って思うようになっていました😀

  • 強迫性障害に鍼治療の効果はいかに?

    効果 思ったより効果あり! 何か詰まっていたものがす〜っと取り除かれたかのように、娘ちゃんの表情、言動がかわった。 ====強迫症状が全くなくなったわけではないが、明らかに症状が出る回数が減った😃 昔の明るい娘ちゃん戻ってきた😀表情が違う! 言葉では言い表わしずらいが、なんか治っていく気がする。 光が見えた🤩 恐るべし鍼 治療をする前は、半信半疑であまり期待はしていなかったが、これはすごい! これで、治るかもしれない!取り敢えず、週一で通おう😊 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 強迫性障害に鍼治療が効く?

    診察の日を待ちながらも、常に強迫性障害のことを調べる毎日が続いた。 調べれば調べるほど、強迫性障害の恐ろしさが浮き彫りになってくる。

  • 認知行動療法は5歳でも可能

    見つけた!!!! 強迫性障害で有名な先生を!そして、電話で聞いてみると、5歳の子でも認知行動療法が可能だと言ってくれた。

  • 不安症状は薬物療法によって悪化するのか⁈

    薬を飲ませるようになってからというもの、娘ちゃんは、今にも増して、「〜したけどいーい?」と聞いてくることが多くなった😥

  • 薬物療法って、子供にでも大丈夫?

    娘ちゃんが強迫性障害と気付き医師からは、「大丈夫と言って安心させてあげてください」と言われてから、早1ヶ月、強迫症状が治まるどころか日に日に酷くなっていく。

  • まさかの遺伝⁈

    なんとなんと、夫と義理親に聞くと幼少期に強迫行為があったというじゃないかぁー😳

  • 遺伝?原因は?

    そんなこんなで、毎日娘ちゃんの強迫に怯えながら、ネットで情報収集 強迫性障害(精神疾患)の原因として、気になる記事を発見した。

  • 不完全恐怖

    新たな敵がやってきた。 それは不完全恐怖娘ちゃんは、強迫性障害を発症してからというもの、やたらヒステリーになっていた。初めは、精神的に不安定でヒステリーになっているもんだと思っていた。

  • 精神科ってこんなもん②

    検査結果 知能的には問題なし!⬅︎予想通り 「お話を聞く限りだと、強迫性障害と言っていいでしょう」と医者は言う。

  • 精神科ってこんなもん?

    拍子抜け いざ、診察に行くと、大量の問診票を書かされる。その後知能テスト・臨床心理士との面接。 そんなんで2時間なんか違う。

  • 精神科

    初めての精神科 娘ちゃんの強迫症状は治る事もなく、そして円形脱毛症まで発症😰 そして、日に日にヒステリックになっていく娘ちゃん😵

  • 円形脱毛症

    そんなこんなで、強迫性障害を調べに調べまくった。 しかし、私の心の中には、まぁ、何か楽しめる事に集中したら、おしっこを気にする事なんかなくなるだろう😚 ====今は、とりあえず娘ちゃんを甘やかせてあげて、優しくしよう🤗 となんの根拠もない、勝手な解釈をしていた。 だがしかぁーし、私の考えは甘かった。強迫性障害を甘く見ていた😱 ある日の朝、娘ちゃんは起きてくるや否や、大泣きをして、階段を駆け下りてくる。 「〇〇君が私の水着を変だって言ってくる この水着、着たくない 😭恥ずかしいから嫌だ嫌だ嫌だ 」 あまりの大泣きぶりに私も、わかった、わかった今度、新しい水着を買いに行こうと娘をなだめた。 泣き方…

  • 強迫性障害

    検索 「尿 気にする 何度も」 このキーワードですぐに引っかかった。 強迫性障害 ====何それ❓❓❓❓❓❓❓❓ 記事を読み進めると、娘ちゃんの症状にドンピシャ‼️‼️ 頭の中が一気に真っ白になった。耳には何も入ってこない。そばでは子供達が遊んでいるのに、その笑い声も何も聞こえない。まるで、私だけが別世界に居るかのように。自分の心臓がバクバク音を立てて凄まじいスピードで鼓動している事だけはわかった。 どうしよう どうしよう どうしよう どうしよう どうしよう 娘ちゃん、大変な事になっちゃってる!何とかせねば😵 娘ちゃんを助けなければ とりあえず、情報を集めよう! 強迫性障害とは何者なんだ? 娘…

  • さらなる症状出現

    次の確認は? そして、そんな確認の毎日が治る事もなく、 次は…「ママ〜、おしっこが出ちゃった気がするぅ〜 」「ママ〜、おしっこが足に付いた気がするぅ〜 」と訴えだした。 ====私も初めは、「少しぐらいなら、おしっこ出ちゃっても別にいいから」とか「足に付いたなら拭けばいいから」と答えていたのですが、 これが、まぁ、トイレに行くたびに訴えくる。 そして、そのうち「足におしっこが付いていないか見てぇ〜」と言い出す。 もう 我慢の限界 ついにキレた 「もう おしっこが出たか出てないかもわからないの? 赤ちゃんじゃないからわかるでしょ 何回同じ事言ってくるの?そんな事もわからないんだったら、明日から幼…

  • 確認、確認、また確認

    娘ちゃんは、それからと言うもの、私の顔を見るとすぐに駆け寄って「〇〇しちゃったけどいーい?」と確認を取るようになった。

  • 強迫症状の初期段階

    来るべくして来た お友達に心無いカミングアウトをされた日の夜、娘の様子が少し変わった。

カテゴリー一覧
商用