searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

octdelverさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
とある発達障害者の生き方
ブログURL
https://octdelver.hatenablog.com/
ブログ紹介文
発達障害を持っている僕の感じたことや考え方を発信していきます。
更新頻度(1年)

9回 / 28日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2020/01/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、octdelverさんの読者になりませんか?

ハンドル名
octdelverさん
ブログタイトル
とある発達障害者の生き方
更新頻度
9回 / 28日(平均2.3回/週)
読者になる
とある発達障害者の生き方

octdelverさんの新着記事

1件〜30件

  • 無理は禁物

    こんにちは、オクトです。 先日から体調を崩していてなかなか調子が戻らず、 会社の上司と相談して今週は少しお休みをもらいました。 お休みをもらう前は歩くのもしんどいくらいでしたが、 今は調子の方は少しずつ戻ってきていて、今日は友達とカラオケに いけるくらいには戻りました。声を出してストレス発散にもなりました。 また、病院の先生にも相談して薬を調整してもらいました。 この休みでしっかりリフレッシュして、また来週から普段通り仕事が できていければなと思います。

  • 2月は体調を崩しやすくて苦手

    こんにちは、オクトです。 2月は季節の変わり始めの時期ですね。今日も暖かったです。 僕は冬が苦手で特に2月頃に体調を崩しやすいです。 というか今まさに崩しています・・・。 疲労が出やすい時期なのか、自律神経が乱れやすい時期なのか 自分でもまだよくわかっていませんので、この時期の対処方法が まだできていない状態です。 今僕がやっている疲れに対しての主な対処方法は ・マッサージ器でマッサージする ・湿布を貼る ・意識して何もしない時間を作って休息を取る です。最近読んだ「スタンフォード式疲れない体」で IAP呼吸法(簡単に言うと腹式呼吸)や肩甲骨の体操なども試してみています。 また病院の先生と相談…

  • 読書:メモの魔力

    こんにちは、オクトです。 読書のカテゴリーを作ってみました。 今日ご紹介するのは、前田裕二さんの本「メモの魔力」です。 この本を読もうと思った理由は、アウトプットの練習のための ハウツー本として使いたいと思ったからです。 この本を読んで特に重要だと思ったことは「事実を抽象化して他の事に転用する」 というところです。具体的な例に僕の好きなポケモンの例があったのでそれを 引用すると、 事実:ポケモンはモンスターに属性があり、こうかはばつぐんもあればいまひとつもある 抽象化:相手に応じて攻撃方法を変える 転用:相手よってコミュニケーション方法を変える といった具合に事実に対して、「何、なぜ、どのよう…

  • 就労移行支援事業所を利用した時の話

    前回のカウンセリングの記事からの続きになります。 前回の記事はこちらから。 octdelver.hatenablog.com カウンセリングが終わって、状態が安定してきたときに 病院の先生から就労移行支援事業所の案内を頂いて、入所することになります。 就労移行支援事業所は学校のように通って、就職に向けたサポートや スキル等を学べる場所です。費用はほとんどの方が無料ですが 前年度の収入次第では料金が発生することがあります。 僕が入所しようと思った理由は、「働き続けるためのスキルを学びたい」 というのが一番大きいです。前職では結局無理を続けて体調を壊して 辞めてしまいました。そうならないために自分…

  • 僕のカウンセリングのお話

    カウンセリングを利用したことありますか? 僕は大学生の頃からうつで学校に行けなくなった時に初めて利用しました。 大学4年生の頃うつで学校に行けなくなった時に初めて利用したのが 大学の中にあるカウンセリングルームでした。 「一人でさみしい」とか「気分の落ち込みがひどい」とか そういった感情の相談をしていました。カウンセリングには定期的に 行っていたのですが、症状は良くなったり悪くなったりの繰り返しで 大学院に進学はできたもののその後症状が悪くなってしまい 実家に帰ることになります。 実家に帰った後、病院のカウンセリングも利用しました。 ただ、その時はカウンセラーの人があまり信用できなくて 途中で…

  • 20代の頃の悩み2

    前回からの続きです。 前回の記事はこちら octdelver.hatenablog.com 病院で発達障害と診断された後、まずしようとしたことは職業訓練でした。 入った学科は金属加工科でした。ものづくりに関係した職業に就きたいと 思っていたので。ですが、この時の僕は自分の障害を理解しておらず、 金属加工での光や音に強いストレスを感じて体調を崩し、1か月もたたずに 辞めてしまいます。発達障害の人の特性の一つに感覚過敏があって、 全ての人がそうではないですが、健常者の人より様々な刺激を感じやすい人がいます。 僕もどちらかというと感覚過敏で、くすぐりに弱かったり、突発的な音が苦手です。 それなのに、…

  • 20代の頃の悩み1

    学生だった頃の悩みの続きです。 学生だったころの悩みはこちらから。 octdelver.hatenablog.com 僕の20代の頃は人生で一番悩んでいた時期です。 大学院を中退した後は、しばらく自宅で療養していました。 その後体調がよくなって、橋の設計などをする会社に入社。 ただ入社当初から残業を平均3時間ぐらいさせられた上に休日出勤で 土日も働かされて休みなしとかありましたので、3か月ですぐ辞めました。 次の会社は環境分析の仕事で、化学系の学部を卒業した僕に向いている仕事だと 思ってました。仕事自体はやりがいがあり、人間関係も良好でした。 しばらくして、仕事を任される量が増えてきたと同時に…

  • 学生だった頃の悩み

    僕の学生だった頃の悩みは、高校、大学の頃に出るようになりました。 小学校、中学校の頃は悩みはほとんどありませんでした。小さいころは 活動的だったんです。引っ越ししてきた子仲良くなってその日にその子の 家に遊びに行ったこともありました。たぶんその頃は素直に行動できていた からなのかなと思います。友達にも恵まれていました。 人間関係で躓いたのは高校生の時です。1年の頃は少ししゃべれる友達が いましたが、2年になったときにその友達と違うクラスになって孤立して しまいました。3年ではまた少し友達ができましたが、高校はあんまり 楽しくなかったです。 大学の頃は友達関係で悩むことは少なかったのですが、進路…

  • 僕の発達障害

    僕の障害はアスペルガーになります。 対人関係やコミュニケーションの時は苦手で、特に大人数でいる時の コミュニケーションが本当に苦手です。言葉を考えている間に話題が 変わっていってついていけなくなります。 こだわりも強いです。特に裸足へのこだわりが強いです。 大学生の頃は夜の公園を裸足で歩いていたこともあります。 今は雪駄や下駄を愛用しています。自然の素材なので、足の裏の感触が気に入ってて 冬でも出かける時は雪駄や下駄で出かけることがあります。 また僕が過去に受けた病院の心理検査や職業適性検査などの結果をまとめると 長所 感受性や創造性が高い 語彙に関することや実践的な知識を表現する力は高い 結…

  • ブログを書こうと思った理由

    僕がブログを書こうと思った理由は 自分の体験したことや思ったことを発信したい アウトプットの練習がしたい 自分を成長させたい 主にこの3つです。 1の「自分の体験したことや思ったことを共有したい」は 発達障害を持っている僕ならではの視点や体験を発信することで 健常者、障害者関係なくなにか役に立てることがあるかもしれないと 思ったからです。 2の「アウトプットの練習がしたい」は苦手なことを少しでも克服したいからです。 僕は自閉的傾向があるアスペルガーなのでインプットは得意だと思っていますが 正直アウトプットは苦手です。その苦手を少しでも克服して自分で考える力を 養いたいと思いました。 3の「自分…

  • 初めまして!

    初めまして! このブログでは発達障害を持っている僕の 感じていることや、考えていることを発信していくブログです。 よろしくお願いします!

カテゴリー一覧
商用