searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

こみちさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
マンガなら分かりやすい!?
ブログURL
https://cartoon246.blogspot.com/
ブログ紹介文
イラストと文章で綴るブログです!
更新頻度(1年)

33回 / 112日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2020/01/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、こみちさんの読者になりませんか?

ハンドル名
こみちさん
ブログタイトル
マンガなら分かりやすい!?
更新頻度
33回 / 112日(平均2.1回/週)
読者になる
マンガなら分かりやすい!?

こみちさんの新着記事

1件〜30件

  • 「所さん」を描いてみました!

    生き方にも憧れる元祖「自由人」!? YouTube での活躍もそうですが、世田谷ベースで繰り広げられる愛車のカスタムなどは、 本当に憧れる生き方です。 ただ、あれだけ1つひとつのクオリティを高められる「センス」は、他のYouTuber とも重なりません。 もっ...

  • 話題の格闘家を描きました!

    兄弟で注目されている人気選手「海さん」を描きました! 格闘技は全くダメなこみちですが、海選手のファイトスタイルには魅了されるものがあり ます。 特にスイッチが入った時の「攻め」は、強い決断力と闘志を感じます。 つい大人になると理屈っぽく考えてしまいがちですが、...

  • 久々の似顔絵です!

    浪速のジョー「辰吉選手」を描きした! 実は完全した右のイラストですが、コレは2度目に描いたものです。 今朝、描いた時に上手く特徴を掴めなくて、そのまま紹介するのを躊躇ったからです。 そして、最初に描いたイラストが、その下にあげたもの。 こみちはトレースをしな...

  • ドローンで空撮したい!?

    ドローンでどんな世界が広がるのだろう? 今、小型カメラでも本当に高画質な撮影が可能です。 そんなカメラの性能アップもあって、ドローンでの撮影も驚くほど高品質となりました。 しかも、本体価格が10万以内の機種であっても、「こんなに撮れるの?」と驚きます。 実際...

  • スケッチが上手くなるコツ

    長年の工夫で見つけたコツ こみちが絵を描き始めた頃、顔を真正面から描けても、斜めや下からのアングルになると、途端に形が歪んでいました。 前回の記事に丸や四角が基本なのだと紹介したのですが、もう一つのポイントがあるとすれば、「できる限り正確に2Dに落とし込む」ことなのです...

  • スケッチを上手にする方法

    何十年も遠回りして分かったこと こみちは十代の頃からほとんど独学で絵を描いてきました。 今にして思えば、高校時代にでも美術部に入っていればもっと違ったのかも知れませんが、選択科目で「美術」を選んだだけで、それ以上は直接的な手ほどきを受けてきませんでした。 だからこそ...

  • 好きなバイクを描いてみる

    SR400のドコドコ感に想いを馳せる 学生時代、こみちはまだ中型二輪免許しか持っていませんでした。 そこで選んだ愛車は、CB400SF。 4気筒の高回転までスムーズに吹き上がる気持ちの良いバイクでした。 学校にもちょこちょこ愛車で通ったものです。 学校...

  • 画力をアップさせる特訓

    光の存在を描くために 宝石やガラスなどをよりリアルに描くなら、光の存在を活用しなければいけません。 そんな理由から、今回のイラストは「緑色の宝石」をモチーフに光を描く練習をしてみました。 どちらかというと、試験的な描写であるため、詳細部分の写実はかなり曖昧です。...

  • 画力をアップさせる特訓

    再び瞳そ描いてみた! 人物画を描く上でもポイントとなる瞳。 しかしながら、じっくりと観察したこともなかったように感じます。 前回も見よう見まねで瞳を描いたのですが、いろいろ注意深く見ていると新たなポイントを見つけたので、再度描いてみることにしました。 前回の...

  • スケッチブックと散歩

    携帯用のスケッチブック こみちは、スマホ全盛の今でも携帯用のスケッチブックを持ち歩いています。 散歩している時や、少し時間が余った時など、ちょっとした時間を使って目の前の景色を書き写します。 鮮明でないのは、作品として描くよりも、見た景色を残したいだ...

  • 画力をアップさせる特訓

    口もとの描写 口もとの難しさは、表と裏の境目があることです。 右のイラストの場合、上唇と下唇がつながる部分をしっかりと描写することで、リアリティが上がります。 また、唇自体も均一に丸みを帯びているのではなく、下唇なら中央部に2つの盛り上がりを見つけられます。 ...

  • 画力をアップさせるポイント

    鼻をどう描くのか? 子どもが描いた絵を見てもらうと、中心が突き出した「鼻」の形はとても不思議な存在だ と気づかされます。 鼻があるべき場所を線で囲んだり、全く別の色でグルグルと乱雑に描いたりと、その工夫は見ていて面白いものです。 右には、最近の手法で「鼻」を描...

  • 画力をアップさせる特訓

    目元を描く メイク動画を見ていると、女性がどれだけ「アイメイク」に力を注いでいるのか分かりま す。 実際、女性を描くには、鼻や口もの同様に目元がポイントとなるでしょう。 ついつい、目を描く時に、白目と黒目に注目しがちですが、それではリアリティが不足して質が向上...

  • マリーゴールドがお気に入り

    「あいみょん」さんを描いてみました! マリーゴールドを歌うMVを見て、その雰囲気や存在感に魅了されました。 ただ、「あいみょん」さんを描くとなると、その人柄や話している時の雰囲気もよく知らないので、どんなイメージで描いていけば良いのかかなり戸惑いました。 制作時...

  • 大林監督が残したもの

    映画監督という仕事 こみちはほとんど映画館で映画を観ない。 それでも年間に数本くらいは、ぶらっと訪れることもある。 特に映画館で観る「予告編」が好きで、あの短い時間の中で「世界観」や「期待感」がギュッと詰まっていて楽しい。 「次はこの映画を観たいなぁ」 ...

  • 強いメッセージを送る「エガちゃん」

    エガちゃんを描きました! こんな時だからこそ、彼の発する「強いメッセージ」をみんなが求めている! 動画サイトの枠を超えて「渋谷の街」に突如現れた彼 の姿。 若者に向けて、彼は独特の口調とボディーランゲージを使い発して行く。 真っすぐな...

  • 「ヒゲダン」に癒されます!

    「ヒゲダン」を聴くように 「Official髭男dism」のことを、「ヒゲダン」と呼ぶみたいですね。 いい曲がいっぱいあって、才能豊かな方たちだなぁとすぐに聴き惚れてしまいました。 特に「Pretender」が好きで、気分を変えたい時などに聴いています。 「...

  • シャツの袖をどう描くのか?

    袖口に注意して描く 形がシンプルなTシャツを使って、袖口周辺にできる「シワ」を描いてみました。 以前からどう描けばいいのかなぁと思っていた部位であり、改めて観察してみると、いくつかのポイントにも気づきました。 今回は正面からのアングルということもあり、両肩から両...

  • 中岡さんに癒される

    ロッチのネタが好き コカドさんももちろん良いんだけど、中岡さんの人間味に癒されます。 あの長髪が良いんですかね。 「カツ丼」、「マリッジオーシャンブルー」、「路上詩人」など、癒される鉄板ネタがたくさんあります。

  • 0.2mmのシャープペンシル

    普段はステッドラーだけど デジタルデバイスで使用するのは、「ipad」と「Apple pencil」 の組み合わせ。 以前は、Macにワコムのペンタブを接続して使っていたこともあります。 いずれも、趣味や興味本位での使用なので、ガッツリと作品を描くこともありませんで...

  • 「綾瀬はるか」さんを描いてみました!

    初の女優さんです! 似顔絵を描く上で、眼鏡や骨格などに特徴があると描きやすいのですが、髪を束ねた女性 は本当に難しいですね。 目鼻立ちなどの印象が少しでも違うと「別人」になってしまうからです。 初めて描いた「女性の似顔絵」。しかも、女優さん。 どこを特徴づ...

  • 「東京 03」のコントに感動します

    「東京 03」のコントは面白い! お笑いの中でも「コント」の魅力を最も感じさせてくれるのは「東京03 」ではないかと思います。 お三方のキャラもそうですが、コントで取り上げる絶妙なテーマもまた、「東京03」らしい特徴でしょう。 好きなコントネタもたくさん...

  • 「かまいたち」のお二人さんを

    M1でネタを見てから 優勝したミルクボーイのネタにも笑わせてもらいましたが、決勝で対戦したこちらのお二人さんにも笑わせてもらいました。 身長差があるコンビで、インパクトありますよね。 イラストは時間の関係で、着色した段階でのアップとなりました。 線が細いので...

  • コロナウイルスが心配です!

    有名人の名前も出てきて お笑い芸人というよりも、「コメディアン」という印象があります。 もう70歳になっていたんですね!? いつも活躍されている姿を見てきたので、「そうだったのか!」と驚きました。 さらには、あのウイルスでもニュースになっていました。 ま...

  • 170cmの男たち

    存在感をイメージするために 最近の若者たちは、とてもスタイルがいい。 男性の場合、1つの目安が「170cm」で、高いとも言えないし低いとも言えない「平均的」な存在ではないだろうか。 右のイラストは、170cm前後の身長と思われるモデルを選び、描写してものだ。 ...

  • ネルネルの2番?

    M1での優勝をきっかけに知りました! こみち自身は、ダウンタウン世代。 その後もいろんな芸人さんが登場し、漫才やらコントやらで笑わせてもらっています。 でも、今一番乗っているのはこの方達でしょう! 特に掴みの「ベルマーク」のくだりは、彼らのスタイルですよね。...

  • 苦手アングルの克服

    斜め方向からの描写 今回のポイントは、瞳の存在感です。 正面画では誤魔化せるものの、斜め方向になると瞳とまぶたやその周辺部との調和が気に なります。 また、ここをしっかりと描けれいれば、リアリティも生まれますし、描画力の向上にも貢献するでしょう。 今回の場...

  • マジックアワーに憧れて

    夕方に現れる幻想的な空 「マジックアワー」と呼ばれる夕方の一瞬。 名前こそ知らなかったものの、その景色に幾度も遭遇していました。 そして、映画でもこの「マジックアワー」は絶妙なタイミングで、様々なシーンとなって現れます。 きっとそれもこれも、この俳優さんの演...

  • 気になるイケメン俳優を描いてみた!

    描いているうちに… 次に誰を描こうか思って選んだのは、若手イケメン俳優の方。 テレビでもよく目にする方で、誠実そうな印象を受けます。 それでいて、得意な空手では世界一になったこともあるそうで、ギャップがいいですね。 もっとも、彼独特の雰囲気まで描き切ることが...

  • 難しい!!

    誰を描いたか分かりますか? こみちの画力では、この方を描くにはハードルが高かったです。 というのも、このイラストは2度目に描いたもので、最初のものは自分でも誰なのか分からないほどのクオリティでした。 このイラストもどうかなぁと思いますが、もしかしたら「この人??」...

カテゴリー一覧
商用