searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ヒロさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自動車税
ブログURL
https://carzeikin.seesaa.net/
ブログ紹介文
ご自身の自家用車の自動車税の金額や納付時期はご存じですか?
更新頻度(1年)

9回 / 79日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2020/01/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ヒロさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ヒロさん
ブログタイトル
自動車税
更新頻度
9回 / 79日(平均0.8回/週)
読者になる
自動車税

ヒロさんの新着記事

1件〜30件

  • 自動車税の住所変更の提出先

    住所が変わったら15日以内に車検証の住所変更の手続きを行なうことが勧められています。理由は法律的なことで、「道路運送車両法」で登録している型式や車台番号だけでなく名称、住所が変わった場合は15日以内に変更するよう求められているからです。 そのため、変更しないと法律違反となり、10万円以下の罰金になる可能性もあります。実際、それが理由で罰則が与えられたというケースはほとんど聞いた…

  • 自動車税の還付金の計算法

    既に自動車税を支払っていて、年度内に車を手放す場合、残った月分の自動車税が月割計算で、還付金が決まります。 廃車手続きが完了した日の翌月からの計算となるということだけは、確実に覚えておいてください。。自動車税の年額に廃車手続きが完了した翌月から3月までの月数をかけて、12カ月で割ります。それを…

  • 13年経過後の自動車税の増税額

    同じ自動車に長く乗り続けることは、物を大切にし、節約しているイメージがあり、良いことのように思えます。しかしながら、実際には節約どころか経済的な負担が増えてしまうことに納得いかない方もいるかもしれません。 13年経過した車の自動車税が高くなるのは、「グリーン化税制」と呼ばれる制度によるもので、環境負荷の小さい自動車については税率を軽減し(軽課)、環境負荷の大きい自動車については…

  • 青森県と秋田県の自動車税の納付期限は、いつ

    以前の投稿で、多くの都道府県において、毎年5月の初めごろに納税通知書が登録住所に届き、納付期限は原則として5月31日とお伝えしましたが、青森県と秋田県については、他の都道府県と異なり、6月末期限となっています。 なぜ、この2県だけ違うのだろうと、いろいろネットで調べてみましたが、理由まではわかりませんでした。ただ、青森県は1973年、秋田県は1975年の条例改正で自動車税の納付期限を6月末に設定したと…

  • 自動車税をクレジットカード払いにすることのメリット

    自動車税をクレジットカードで納付すると、現金払いよりも、様々なメリットがあると考えます。 ① 支払いまでの時間差 メリットの1つ目は、現金が出ていくまで、時間的な余裕があることが挙げられます。クレジットカードは、クレジットカードの所有者が利用した金額をクレジットカード会社が立て替え、所有者は利用した翌月にクレジットカード会社に支払いをするしくみになっています。そのため、手元に現金がない場合で…

  • 自動車税 納税証明書 車検

    車検の時に、自動車税納税証明書必要だと思っている方は多いかと思いますが、納税証明書が絶対に必要だったのは平成26年度までの話だそうです。 平成27年4月より車検の際に条件を満たしていれば車検時に自動車納税証明書(継続検査用)の提出が省略できるようになりました。 では、どのような場合に省略できるのか3つの条件をお示しします。 ・車検が継続検査である

  • 自動車税 早見表 貨物

    自動車には、用途や車両の大きさによって0~9番までの「分類番号」と呼ばれる番号が割り振られています。その中でも、小型の貨物車のことを4ナンバーと言います。分類番号はナンバープレートの上部に小さく書かれた番号(地域名の隣の数字)の最初の1桁目で表されており、4ナンバーは、その番号が「4」から始まっている車のことです。 4ナンバーの特徴としては、一般的な家庭で乗用されている、3ナンバーや5…

  • 自動車税 軽自動車

    軽自動車の自動車税は『軽自動車税』と呼ばれています。軽自動車税は、自家用乗用軽自動車の場合、一律10,800円です。 自動車税と軽自動車税では納付先が異なり、自動車税は都道府県税、軽自動車税は市町村税となります。 普通自動車の税と同じように、自動車購入時にのみ、各都道府県へ納付する自動車取得税や、新規登録の際や車検の際に自動車…

  • 自動車税 月割り

    自動車税は、4月1日時点での自動車の所有者に課せられる税金で、登録時に支払います。 年度の途中で新規登録した場合の自動車税は、「新規登録をした月の翌月から3月までの月割り分」で計算されます。 例えば、8月に車を購入した場合、自動車税は翌月の9月から翌年の3月までの7ヵ月分なので、年額の12分の7だけ納めればよいことになりますね。

  • 自動車税 減税

    2019年10月に消費税10%への引上げが施行されました。その消費増税に合わせて、家計への負担軽減策の一つに自動車税の減税があります。 減税になるのは、家計にとって非常に助かるのですが、条件として、2019年10月以降に登録した新車からになります。ですから、現在自動車を持っている人には関係なく、現行の税額が適用されます。 減税後の自動車税は1台あたり最大4,500円が減税になりますが…

  • 自動車税 住所変更

    毎年5月に支払通知書が届く自動車税(軽自動車の方は軽自動車税)は、基本的に車検証に記載された住所に送付されてきます。しかしながら、送付される前に引越しなどで住所が変更になる場合は注意が必要です。 引越し等で住所が変更になった際に郵便局へ転送届を出していれば新住所に届くかもしれませんが、郵送物の転送期間は1年間だけです。支払通知書が転送されていると気付いたら放置せずに…

  • 自動車税 還付

    何度も述べますが、自動車税は、車を所有している方が毎年納めなくてはならない税金です。年に1回、まとめて1年分を支払うものですが、条件が合えば還付を受けられます。自動車税の還付がかあるのは、どういった場合かご存じでしょうか? 軽自動車は自動車税の還付がありませんが、普通車であれば手続きをすることで還付を受け取ることが可能です。 所有者の登録抹消することで、車は持ち主がいない状態になります。自動…

  • 自動車税 納税証明書

    毎年5月に納税通知書が登録住所に届き、以前の投稿でも書いていますが5月31日までに支払いを完了させなくてはなりません。 納税が完了すると納税通知書の紙の横に付いている、自動車納税証明書(継続検査用)が発行されます。 車検時には申請書と共に自動車納税証明書(継続検査用)を陸運局に提出することで、 ・車の所有者が税金を納税していること ・車が国の基準を満たしていること ・自賠責保険に加入している…

  • 自動車税 13年

    自動車税は、平成27年度より新規登録から13年経過したガソリン車(ハイブリッド車を除く)及び、LPガス車は重課されることになり、ディーゼル車では11年以上で重課されることになりました。 重課の割合はガソリン車(ハイブリッド車を除く)、LPガス車は各排気量とも約15%です。自動車税が毎年支払う税金であることを考慮すると大きな増加額と言えます。

  • 自動車税 いつ

    自動車税は、車を所有している方に課せられる税金です。毎年4月1日時点の車の所有者に課税され、その年の4月から翌年の3月までの1年分の自動車税を支払います。 毎年5月の初めごろに納税通知書が登録住所に届き、納付期限は原則として5月31日(例外で青森県と秋田県は6月末が期限)です。ただし、5月31日が土、日曜日に当たる場合には、次の月曜日が期限となります。

  • 自動車税 クレジットカード

    クレジットカードで納税ができることは、意外と知られていません。クレジットカードには、買物やレストランの支払いというイメージがありますが、公共料金や国民健康保険料などの様々な支払いに利用できます。 平成28年度の税制改正(平成29年1月4日施行)により、クレジットカードでの税金の支払い(納付)ができるようになったそうです。 自動車税は地方税ですので、クレジットカードでの納付…

  • 自動車税 早見表

    自動車税の税額は、乗用車、トラック、軽自動車(乗用、貨物)など、種類、排気量などによって決まっています。 その他に燃費基準などでエコカーの基準をみたす車については、「エコカー減税」が適応されます。 それぞれ自動車税の早見表が色々なサイトで公開されていますので、金額について確認してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー一覧
商用