searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

tomokame0712さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
倫仁(ともひと)の哲学
ブログURL
https://tomo-kame.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
常に「第一原因」を考えてしまう日常。時々の心情を吐露します。
更新頻度(1年)

107回 / 31日(平均24.2回/週)

ブログ村参加:2020/01/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、 tomokame0712さんの読者になりませんか?

ハンドル名
tomokame0712さん
ブログタイトル
倫仁(ともひと)の哲学
更新頻度
107回 / 31日(平均24.2回/週)
読者になる
倫仁(ともひと)の哲学

tomokame0712さんの新着記事

1件〜30件

  • 異性を意識した瞬間

     片田舎で育った僕は、保育所から小学校までずっと同じメンバー。  おむつが外れた頃から一緒だったので、クラスメート全員が兄弟か親戚みたいな関係だった。  だから強烈に女子を意識したのは、他校と合流する中1からである。  特に記憶に残っているシーンがある。  入学して間もない頃、女子数名がトイレの前に立たされて、保健の先生からお説教を食らっていた。  「女性がティッシュ持ってないとは何事か!」  ???  なぜ「女性はティッシュ??」  知らなかった。  男は知らないよね。  知らないことがたくさんあったわ。  だから今、女性は小用を足したときにトイレを「小」で流すのか「大」で流すのか疑問に思っている。  でも聞けない。

  • 花粉症もひどい!

     新型コロナウィルスで大騒ぎだが、花粉症もひどい。  花粉症は「アレルギー」であり、危険な場合もある。  僕は、くしゃみ、鼻水だけではなく、めまい、下痢まで引き起こす。  花粉症を甘く見てはいけない。  花粉症だって、「植林事業」という政策の失敗。  なぜ花粉症治療が無料にならないのかわからない。

  • 酒で消毒だあ!という上司には見切りをつけよう。

     新型コロナウィルスがこれだけ広がっているのに、「酒で消毒しよう!」と宴会を開きたがる上司がいる。  そんな上司は「意識が低い」ので、ついていく必要はない。  会社や、上司を見極める良い機会になるのでは?

  • 昔の仕返しか?

     おふくろが時々、すごいわがままを言ったり、悪い目でにらむんだ。  僕の子供時代に僕からされたことの仕返しか?  まあ、すごいよ。

  • 皮肉だなあ・・・

     長野オリンピックでモーグルの会場となったスキー場が昨日、長年の歴史に終止符を打ったという。  近年の地球温暖化で縦に長い長野県では、長野市より南でスキー場を運営するのはリスクがある。  雪が降らないからだ。  本来は3月末で閉鎖の予定だったのを、昨日に前倒しして終わりにしたという。  しかし、今日の天気予報で明日は「雪」。  皮肉なものだなあ。  自然を相手にした商売は難しい。  僕は、雪の降らない地域で、無理やり降雪機を回してスキー場を運営することに異を唱えてきた。  生まれ育った町は、町内に2か所もあるが、もともと雪がたくさん降る地域ではない。  やればやるほど赤字。  町長に、1か所に集約するように進言したが、東京の大手コンサルタントの意見しか聞かない。  もともと倒産した会社の人事部長だから経営がわかっていない。

  • 確定申告書を郵送した!

     確定申告書を作成し郵送した。  昨年から微々たる額だが、1社だけ源泉徴収をしたからだ。  マイナンバーを登録しているので、自動的に関係機関に報告されるので、今回から確定申告を出すことにした。  今までは会社の顧問税理士が作成して提出してくれていたのだが、移住して自営に切り替えたから自分でやるしかないと思った。  だけど今は便利な時代で、ウェブ上で無料で記帳から確定申告までできるサイトがある。  1年間、マメに入力してきた結果、あっという間に確定申告書が作成できた。  ほっと一息だ。

  • 1日で気温差10℃!!

     暑い、寒いと言っていられるほどましだが、昨日と今日の気温差10℃は体にこたえる。  こんなところに新型コロナウィルスなんかがインフルエンザのごとく流行って来たら、抵抗はできない。  特効薬があるから悠長に構えているが、インフルエンザだって危険な感染力。  1年に2度罹ったことがあるが、普段は熱が出ない体質なので、死ぬほどつらかった。  予防接種を受けていたのにである。  だから3年間予防接種は受けていない。  新型コロナウィルスの特効薬や予防接種が早く開発されることを祈るばかり。

  • 春の嵐?

     朝から風が吹き荒れているが、春の嵐か?  時期的にちょっと早い気もするし、風の強さも中途半端。  今日は暖かいようだが、明日は一気に寒くなる。  体調を大きく崩すとしたら明日だろう。  雨の後に風が強いと花粉が飛ぶ。  今日は外出せざるを得ず、花粉対策を万全にしていかねば。

  • 生きているうちに・・・

     おふくろの殺し文句。  生きているうちに少しでも楽しみたい。  そういわれてお供させられる。  もう2年。  あと何年?  と、不謹慎なことを考える。

  • 作詞家志望の人いないかな?

     親友が死んでから(いや、大失恋してからかな?)歌詞が書けない。  経験が乏しいので、何かモチーフがないとダメ。  誰か僕がインスパイアされるような詩を書いてくれる人いないかなあ。  詩を読んでいるだけで、曲が湧いてくるような。  もう丸1年曲ができていない。  ストックを、チマチマと音楽配信サイトで売りに出しているだけ。  さすがに、そろそろ新曲を書かないとまずい。

  • 鍵を付けた

     引きこもり生活で最も重要なポイントは、他人が自室に入ってこないことである。  特に悪いことをしているわけではない。  ただ、他人と接触したくないだけ。  今、多くの時間を過ごす部屋には鍵がついていない。  そこで、鍵を付けた。  ドアノブごと変えたかったが、ドアの厚みや構造が独特で、調べたうえで2つ買ってみたけど、両方付かなかった。  仕方ないので、「簡易鍵」をネットで調べて買って付けた。    鍵がついていることで、「部屋に入ることを拒んでいる」というアピールにはなるだろう。

  • ’70年台前半のブリティッシュ・ロック

     一番影響を受けたのは、1970年代前半から中盤のブリティッシュロックかなあ。  最初に聞いた洋楽は、FEN(極東放送)から流れてきたローリング・ストーンズの「TELL ME」かな。  小学校4年生くらい。  それから幼馴染がプレスリーやビートルズのアルバムを無期限で貸してくれて、思いっきりかぶれた。  プレスリーはともかく、それ以外はイギリス生まれでアメリカで活躍した人やバンドの演奏に影響を受けた。  一番好きなのはエリック・クラップトンかな。  演奏して楽しかったのはレインボー。  アメリカンロックはグランドファンクレイルロードとフリード・ウッドマックくらいだろうか?  「ハートブレーカー」はレッドツェペリンとグランドファンクの2曲はライブでやった。(バンドは違うんだけど)  両方とも好き。

  • アルバート・ハモンドのバラード

     一番好きな曲は?と聞かれると、迷うことなく答える。  アルバート・ハモンドの「For the piece of all mankind」(邦名は「落ち葉のコンチェルト」)だ。  旋律の美しさもあるが、何よりも振られた男の惨めさが、見事に「For the piece of all mankind」に込められている。  子供の頃は、世界平和の歌だと思った。  「全人類に平和を!」と歌っているからだが、大人になって実は失恋の歌で、未練たらしい女々しさが「For the piece of all mankind」にこもっていることを知り、より一層好きになった。  たった1回、ラジオのゲストに呼ばれたことがあるが、その時に流してもらったのもこの曲だ。  今の僕にぴったり。

  • 雨の日は・・・

     子供の頃から雨と雪は嫌い。  よく学校も休んだ。  今日も朝から雨。  だから午前中いっぱい寝ていた。  怠惰な生活が許されるのも独身ならでは。  3年前までは日曜日は移動日で飛行機に乗っていたなあ。  ホテルはだいたい衛星放送が見られるから、6時までに着くような便に乗って、着いたら大河ドラマを見ていしまう。  それから近くのコンビニに夕食と朝食を買いに行き、あとは仕事をするかテレビ三昧。  一人で過ごす日曜日は15年位前から普通だったから、独身になっても特に戸惑いはない。

  • 土曜日か・・・

     曜日の感覚がなくなっている。  土曜日かあ。  以前は何をしていたんだろ?  休みのたびに野球をしていた気がする。  野球がなくなったら、何もなくなった。

  • 確定申告

     いよいよ来週から確定申告の提出期間が始まる。  1年間、ウェブ上で収入や支出をマメに入力してきたので、すでに作成済み。  楽になったものだなあ。  混んだ税務署へは行きたくないから、郵送するように準備した。  今までは何か所からか収入があったので税理士に会社の顧問を頼んでいたけど、1か所に絞ってしまえば税理士いらず。  なーんだ!という感じだ。

  • 怠い

     気温が変わりすぎて、なんだか怠い。  今はやる気がないときに無理しないことにしている。  おふくろは末っ子の僕が近くにいるだけで「夢のようだ」といって甘やかしてくれる。  しかし、パラサイトシングル状態に慣れてしまうと、再び「育った環境が違う」他人と一緒に生活することはできないな。  今は仕事も、プライベートも自分のペースに合わせてもらっている。  だから、なんとなくでも寿命が延びる。

  • 福島県教育委員会には抗議したが・・・

     槇原敬之氏が逮捕されたが、結局はやめられないということ。  彼は性的にも歪んでいるから、何かで補完しないと創作活動ができなかったのだろう。  許せないのは長渕剛と清原和博。  特に長渕は福島県の高校の校歌を作った。  青少年に悪影響を与える薬物による前科者なのにだ。  福島県教委にはすぐに抗議をしたが、止められなかった。  清原が薬物で逮捕されたとき、長渕との交友関係が取りざたされていた。  長渕は、ドラマでチンピラ役を演じてから楽曲もがらりと変わった。  タモリさんが昔言っていたけど、福岡県人会で集まるときなど、へらへらしていかにも軟派という感じの男だったらしい。  つまり、「強い男」を演じているのだ。  本来は女々しい男。昔の曲を聴けばわかる。  女々しい男が強い男に見せ続けるストレスは薬物依存の原因になる。  槇原氏も..

  • "Son of a bitch!"

     海外ドラマをよく見るが、アメリカのドラマだと10分に1回くらい、だれかしらがつぶやく(吐き捨てる)言葉がある。  "Son of a bitch!"  昔は(今でも?)タブーだと言われた"Fuck you!"も頻繁に使われる。  英語の本場、イギリスのドラマでは聞かない気がする。

  • 消毒用アルコールのプール

     自分の神経質さにもホトホト疲れる。  だけど、消毒用アルコールのプールがあったら、頭から飛び込みたい。  毎日1回は飛び込みたい。  花粉症なのに、1年中匂いには敏感。

  • 火葬は嫌だ!

     火葬されることを考えると憂鬱。  だいたい、もしも「魂」があるとしたら骨には宿らんだろ?  ましてや、他人を焼いた窯の中に閉じ込められるのは本当に嫌。  どうしても焼きたかったら、僕専用の窯を作るか、新品の窯で焼いてほしい。    祖母や父とは生前に「もし霊界があったなら、わかるように合図をして」と頼んでおいたが、二人とも何もしない。  つまり霊界なんてないということだ。  だいたい、親友が夢にも出てこない。  毎日何本もメールを送っていたのに・・・。  宗教観を押し付けるのはやめてほしい。  僕は無宗教だから、手を合わされたくもないし、花は花粉症だから好きではない。  死んだら機械が壊れたのと同じで、ただ血が通わない肉体だけが残るだけだと思う。    僕は、他人と同じ釜で焼かれるくらいなら、その辺に放置して微生物の餌になった方が..

  • とうとう一緒に苦楽を共にした人が1人に・・・

     勤めていると仕方ないかもしれないが「異動」は本人の希望でなければ嫌なものだ。  もう10年くらいお付き合いしているクライアントの担当から、来週から別部署になると連絡があった。  一番忙しいときには、毎週一緒に全国各地を回っていたメンバーの一人だ。  その部署からは昨年1人が定年退職、今回一番若手が異動。  ついに妙な縁がある(僕の遠縁だった)担当が一人だけになった。  確かに今、不調な分野。  僕も、動くと金がかかるので、電話かメールで相談に乗るだけになって3年。  5年の付き合い。  異動って嫌だね。  僕は、人生で2度だけ異動の経験がある。  今は毎日異動しているようなものだけど。  また別の部署で活躍してほしい。

  • 理想の音に!

     音には貪欲だ。  2スピーカーでも十分に良い音をしていたのだが、ちょっと物足りなさを感じ、展示品だったというYAMAHAのサブウーファーを購入。早速セッティングした。  人混みが嫌いなので滅多にLIVEは行かないのだが、知人から誘われて15年前に行って聞いたJAZZベーシストのCDを聴いているが、サブウ-ファー効果で理想的な音が実現した。  名前を忘れちゃったんだよな。  たまたまカーオーディオ用にコピーしたCDがあったから聴けているが、サイン入りの実物は元自宅にある。  演奏も良かったが、前半に主役のベーシストのズボンのチャックが開いていたことばかり覚えている。  久しぶりに聴いたけど、結構いいよ。  ベースの曲を作ってみたいな。

  • 常習者でも普通に見える覚せい剤の怖さ

     昨年逮捕された俳優兼ミュージシャンもだが、長年覚せい剤を使用しているのに、アップで見てもそれらしい気配がない。  槇原敬之さんも1999年に一度逮捕されたようだが、最近のメディアの露出を見ても、薬の影響は全く感じなくて、すっかりリハビリに成功したと思っていた。  わからんものだな。  ただ、最近は清原和博さんもメディアに出始めているが、甘すぎると思う。  青少年への影響を考えるべきで、「薬に手を出したら一生終わり」くらいの社会的制裁が必要だ。  いまだに長渕剛さんに公立高校が効果を作らせたというのは暴挙だと思っている。  ファンが多いようだが、僕は大っ嫌いだ。

  • 病院混んでる!

     今日はおふくろの通院介助で病院に行ってきた。  地方のお年寄りは朝が早いから、駐車場に停められないほど混んでいた。  これに、新型コロナウィルスの罹患者が増えたらどうなるのだろう?  新型だけではなく、インフルエンザやノロウィルスなどの集団感染も心配なシーズンだ。  なるべく部屋から出ないようにしよう。

  • 槇原さんは覚せい剤で捕まるのが2度目だって?!

     そうかあ。  前回の警察沙汰は、男娼ともめたんじゃあなかったっけ?  覚せい剤で2度目はアウトだな。  もうやめられないだろ。  薬に頼る気持ちはわかるけどね。  僕だって不眠症歴15年で睡眠薬と安定剤をずっと処方してもらっている。  一時期、仕事のストレスから逃れたくて、主治医が絶対だめだと言った睡眠薬と安定剤の同時飲みをして、意味不明のメールを送ってしまったこともある。  覚せい剤をやっているとあんな感覚なのかなあ。  友人たちは、海外へ行って合法的に大麻を試してきたものが多い。  日本が合法だったら、たぶん吸っていたのではないかな。  今は、煙草も酒も止めてきれいな体だけど。  吸いすぎ、飲みすぎだったから案外未練はない。  誘惑に勝つのも人間の理性ならではだと思うけどな。

  • オーディオ・・・全部で6万円くらい

     子供の頃から音にはこだわりがあり、ずっと音楽をやっていたこともあり、オーディオも好き。  ただ、昔ほど金はかけられなくて、1時間300ドルの仕事が入るたびにだんだん買い揃えてきた。  やっと明日サブウーファーが届けば一区切り。  でも、全部合わせても6万円ちょっと。  オーディオに30万円以上かけ、家を新築するときにスピーカーケーブルまで壁に埋め込んだころとは桁が違う。  でもいい音。  以前も今も、YAMAHAで揃えてしまう。  秋葉原で何度も視聴した結果だし、今はDAWなんかもヤマハ系のシステムを使っているから。    ギターとベースも5本中3本はヤマハ。  安心のブランドだよね。  もっとも冒険できるほどのゆとりはないから。

  • 自分の子供をコントロールできなくなったとき

     親が通報して高校生が大麻所持で逮捕されたという。  注意しても無駄だったんだろう。  そういう時は来るよね。  親の力はちっぽけだから。  僕も好き勝手にやってきたけど、親が大切に育ててくれたことはわかっているから、「親は裏切れない」という思いで踏みとどまったこともある。  自分も親になってみて、無力さを感じている。

  • 槇原敬之さん覚せい剤で逮捕!

     J-POPの雄、槇原敬之さんが覚せい剤使用?所持?で逮捕されたという。  警察沙汰は確か2度目だと思う。  前回の騒ぎで同性愛者だとわかってしまい、それ以来、純粋に彼の音楽を楽しめない。  歌詞はラブソングが多いのだけど、「相手は男性?」と思ってしまう。  本人も現実と創作とのギャップに悩んでいたのでは?  僕も、歌詞で悩む。  経験がないから。

  • ヤマハ ワイヤレスストリーミングアンプ WXA-50を導入!

     少しでもいい音を聴きたい! ということで「ヤマハ ワイヤレスストリーミングアンプWXA-50」を買った。  社会人になってから最初にそろえたオーディオがヤマハでかなり金をかけた。  しかし、もうそんなに投資できないので、音源を買い増しをせずに好きな音楽を聴けるネットワークオーディオに注目。  散々調べつくして、やはりヤマハのWXA-50に行き着いた。  こんなに小さくて、こんなにいい音で、こんなに大きな音が出るの?と思うくらい小さい。  ドルビーなどを使いたいと思う時もあり(映画もよく見るので)AVアンプにしようかと思ったが、どっちにしろ音楽を聴くことの方が多いから、これで十分。  と言いながら、サブウーファーを追加で注文しちゃった。(新古品だけど)  とりあえずは満足。  オーディオは凝りだすと天井知らずだからこの程度にしておく。

カテゴリー一覧
商用