プロフィールPROFILE

o-nasukingさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ブリッジ コンツェルン
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/o-nasuking
ブログ紹介文
いい橋がたくさんあります
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2020/01/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、o-nasukingさんの読者になりませんか?

ハンドル名
o-nasukingさん
ブログタイトル
ブリッジ コンツェルン
更新頻度
集計中
読者になる
ブリッジ コンツェルン

o-nasukingさんの新着記事

1件〜30件

  • 江島大橋

    大空への滑走路鳥取県境港市島根県松江市【中海】江島大橋箱桁橋2004年橋長:1446m勢いをつけてぐんぐん坂道を登ると青い空が近づいて風を受けると飛び立てる穏やかな水面に映る影が見えていえるゆっくりゆっくりとした滑空は橋げたのラウンドカーブに合わせながら時間もふんわり流れていくもう少し眺めていよう江島大橋

  • 犬山橋

    同じ道を行く愛知県犬山市岐阜県各務原市【木曽川】犬山橋曲弦ワーレントラス橋1926年橋長:223m敷かれたレールの上を行く鉄道とハンドルを操り行きたい方へ行く自動車が同じ橋を何の隔たりなく渡って行くお互いに姿は違うけれども木曽川という大河を渡りたいという目的を同じくするその景色も今は過去のもの鉄道は厳めしい下路トラス橋道路は広々とした上路箱桁橋それぞれに似合ってはいるけれど目指すものが同じなら一緒に走ってもいいじゃない犬山橋

  • 多々羅大橋

    鋼鉄の龍広島県尾道市愛媛県今治市【多々羅海峡】多々羅大橋斜張橋1999年橋長:1480m深い海を轟く海流が阻む一町先の対岸は遠かった龍の背中にでも乗らなければ容易に行き来することはできないだろうそう空想していた島々を繋ぐ龍が現れた現在その背中の乗り心地を楽しむことができる潮流の音の中に聞こえる龍の鳴き声とともに多々羅大橋

  • 第三五ヶ瀬川橋梁

    その日が来るまで宮崎県日之影町【五ヶ瀬川】第三五ヶ瀬川橋梁鋼ワーレントラス橋+コンクリートラーメン橋1939年橋長:274.8m深い緑の水面に映り込んだ役目を終えた橋自分の姿を見続けるのみの日々コンクリートと鋼鉄はどちらが先に朽ちてゆくのか美しい曲線と逞しい骨格がいつの日か失われる不安不安があるから今日が輝くその日が来るまでここに居続ける第三五ヶ瀬川橋梁

  • 旭橋

    北の守り北海道旭川市【石狩川】旭橋カンチレバータイドアーチ橋1934年橋長:224.9m滔々と流れる大河を遡り,この場所に街を置く。安心できるこの場所に人たちが集まってくる。ここに橋を架けるのならば,この橋になるだろう。重たい鉄の部材はその空気のように冷たいはずだけど,その姿にはほっと安堵感。この街をこの大地を守り抜く。これまでも,これからも。旭橋

  • 北九州空港連絡橋

    新大陸へ福岡県苅田町【周防灘】北九州空港連絡橋アーチ橋2006年橋長:2100mかすむ海の向こうに忽然と現れた陸地そこは新しい世界への入り口未知との遭遇への期待と不安を胸に橋を渡る高鳴る鼓動がアーチを描く大きく曲がる橋のカーブを眼下に見た後前を向く振り返らない北九州空港連絡橋

  • 山陽新幹線遠賀川橋梁/九州自動車道遠賀川橋

    大動脈福岡県北九州市直方市【遠賀川】山陽新幹線遠賀川橋梁/九州自動車道遠賀川橋直弦ワーレントラス橋(1975年)/鋼桁橋(1975年)橋長:368m/482m情報化社会が進展し,瞬時にやりとりができるようになると,人や物はより活発に動くようになる。早く,速く。たくさんの人の願いを運ぶ大動脈信頼される存在感と責任感ふさわしい姿で高めあう2本の橋山陽新幹線遠賀川橋梁/九州自動車道遠賀川橋

  • 東京ゲートブリッジ

    WelcometoTOKYO東京都江東区【東京港】東京ゲートブリッジ連続トラス・ボックス複合橋2012年橋長:2618m東京に降り立った高いビルも印象的だったが皇居をはじめとして緑が多くあることも心に残ったひっきりなしに来る電車やバスは遅れなく目的地へ運んでくれる世界が東京を目指している左のトラスと右のトラスが手を取り合い迎えてくれる東京を知れば知るほどゲートブリッジを見たくなる降り立ったあの日を思い出すから東京ゲートブリッジ

  • 岩井川橋

    最後の砦宮崎県日之影町【五ヶ瀬川】岩井川橋曲弦ワーレントラス橋1958年橋長:62m街の生活の背後に切り立った崖が迫る大きく崩れた山肌がその恐ろしい力を見せつける真下の道はすでに飲み込まれたその暴力の目の前で橋はまっすぐに座り続けている全身のリベットをそばだてて,震えているのかそれでも守り続けてきた,これまではそしてこれからも岩井川橋

  • 吉松橋

    難所に挑む鹿児島県湧水町【川内川】吉松橋曲弦ワーレントラス橋1912年橋長:151.6m橋を渡って吉松駅ここにやってくる汽車ここから出ていく汽車ひとりひとりの思いを乗せて駅に降り立つ乗客がひとり街の方向へ歩き出す橋を渡るときふと駅のほうを振り返った声にならない言葉がもれた吉松橋

カテゴリー一覧
商用