searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

リーガルシニアさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
遺産使い込み事件
ブログURL
https://legalsr.exblog.jp/
ブログ紹介文
請求金額 1千万 被告は姉 体験民事裁判
更新頻度(1年)

24回 / 86日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2020/01/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、リーガルシニアさんの読者になりませんか?

ハンドル名
リーガルシニアさん
ブログタイトル
遺産使い込み事件
更新頻度
24回 / 86日(平均2.0回/週)
読者になる
遺産使い込み事件

リーガルシニアさんの新着記事

1件〜30件

  • 総括10「使途不明金の請求と請求原因」

    先週末、訴訟代理人弁護士と打ち合わせした。被告から和解案の提示がない限り、次回期日で前回の被告準備書面に反論する必要がある。被告側は、10数年前の真偽不明...

  • 総括7「使途不明金が特別受益になる場合」

    被告側からは裁判所指示「3月末までに和解案を原告に出すこと」に対し現時点で何も答えが届かない。このような事件で被告が貰ったものと主張する場合、被告の態度が...

  • 総括7「遺産分割調停における使途不明金問題の取扱」

    被告から未だ和解案が届かない。期限は今日なのに・・・ということで総括6と同様に理論と実際について総括を続けます。(1)相続人全員の同意がなければ遺産分割の...

  • 総括6「問題の所在」

    本橋総合法律事務所編集の実務書をベースに、本訴訟のケースを赤で対比してみた。相続開始前の被相続人の預貯金の無断払戻1、問題の所在被相続人の明示の承諾の下口...

  • 総括5「代理人弁護士」

    特に関西人に人気の橋下弁護士は、口だけと違ってて知事市長の実績をみんな見ているから説得力がある。テレビに出ているほかの弁護士との違いは、話題について法的な...

  • 総括4「本人訴訟」

    月末期限の被告和解案は未だ提示されない。本訴訟のように主張整理および書証の提出がおおむね終わった段階での和解が成立する事件は多いらしい。今後どう展開してい...

  • 総括3「最初の弁護士」

    最初の弁護士は全く役に立たなかった。姉の変にプライドが高いところや、人を意味もなく見下す性格の悪さ、バレバレの嘘を平気でつくところなど小さいころから見てき...

  • 総括2「情報収集」

    最初、一つの口座番号から情報収集を始めた。約2ヶ月で3銀行6口座、2信託銀行、1証券会社、1保険会社及び市役所、老人ホーム、国税局に対して調査することが出...

  • 総括「遺産使い込み事件」1

    被告側から何らかの和解案が出される期限が迫ってきた。時間的余裕は充分あるのに未だ出てこない訳は、多分被告の姉と弁護士の調整がつかないからではと思う。今更、...

  • 争点整理一覧表まとめ

    争点整理一覧表のまとめとしてグラフを作成しました。出金額累計と着手金累計(原告主張)または贈与累計(被告主張)の差はそれぞれ容認経費または主張経費となりま...

  • 昨年の今頃

    昨年2月末の四十九日法要のあと事件が発覚した。翌日には取引履歴入手の話を銀行窓口で行うなど、動きは結構スピーディーに実行したが、いろいろ試行錯誤したのも事...

  • 気持ちの問題

    和解又は判決に向けて争点整理一覧表も作成し、後はネゴシエーションの問題なので代理人弁護士に任せることになるので原告としての仕事はほぼ終わった。和解又は判決...

  • 争点整理一覧表

    名古屋地裁民事プラクティス検討委員会のレポートに、争点整理のための一覧表について具体的な様式まで載っていました。裁判官にできるだけ分かり易く正確に争点を理...

  • 果たして和解はなるか

    今回期日に被告側に要求されていた和解金提示は、検討中として引き延ばしされたが、いよいよ被告は今月中に提示しないといけないことになった。最大の争点である贈与...

  • いよいよ和解協議

    先月末の期日に被告準備書面が出された。裁判官より要求されていた「いつ贈与された?」について明確な時期を提示できず、漠然と包括的な意思表示があったとの従来主...

  • プロの視点から 4

    被相続人の生前に引き出された預貯金等をめぐる訴訟について名古屋地裁民事プラクティス検討委員会第2 事実認定上の問題点1 預貯金の引出行為  訴訟の現段階で...

  • プロの視点から 3

    被相続人の生前に引き出された預貯金等をめぐる訴訟について名古屋地裁民事プラクティス検討委員会第1、不法行為構成における法律上の問題点 3 遺産分割手続との...

  • プロの視点から 2

    第1、不法行為構成における法律上の問題点  2 被相続人の損害をどのように捉えるか  ① 被告が引出した時点で損害発生を肯定する見解     実質的不利益...

  • プロの視点から 1

    本ブログ読者から以前大変有用なアドバイスをいただいた。それは本事件と同様の訴訟について名古屋地裁のプロによる整理がなされそのレポートが、判例タイムズ№14...

  • 今年最初の期日を終えて

    今年最初の裁判期日は被告の準備書面の提出であった。内容は相変わらず、必要経費以外は貰ったもんである である。必要経費の根拠資料も乏しく、間違いやウソの積算...

  • (立証責任)生前贈与の有無が問題となったケース(3)

    Ⅱ 不当利得返還請求債権 不当利得返還請求債権が相続財産に当たるとする、東京地裁平成23年5月17日判決の要旨を確認する。 被相続人Aの相続税の申告を 原...

  • (立証責任)生前贈与の有無が問題となったケース(2)

     いずれの特集記事も税理士によるもので、税務トラブルとして生前贈与をめぐる問題を扱っている。ただ、税法上の問題と民法上の贈与がどう関係するか不明だが、各記...

  • (立証責任)生前贈与の有無が問題となったケース

     いずれの特集記事も税理士によるもので、税務トラブルとして生前贈与をめぐる問題を扱っている。ただ、税法上の問題と民法上の贈与がどう関係するか不明だが、各記...

  • (立証責任)初めての国会図書館

     代理人弁護士から被告側準備書面の内容について電話があった。必要経費明細(但し領収書は千円単位のもの数枚のみ)と、要するに、これだけ大変な面倒をみたと言う...

  • (弁護士)弁護士もいろいろ(3)

     「ところでお姉さんは、お金もう使ってしまっているでしょうね」その弁護士から電話があったのは、前日面談し話を聞いてもらったばっかりのときだった。私「多分、...

  • (弁護士)雑感:弁護士もいろいろ(2)

     3、相手方弁護士 もしかしたら引き受ける弁護士がいなくて、しかたなく姉側の親族の弁護士に頼んだのではないかと、勝手に私が想像しているのが被告側弁護士であ...

  • (弁護士)雑感 弁護士もいろいろ(1)

     まず、ゴーン事件の弁護士の言い訳~問題のパスポートについては、失念していた。~よく言うわ。結果として依頼人の逃避行を招いたことに対し、法曹人としてどう責...

  • (自筆遺言書)隠匿の背景を暴いて欲しい

     いよいよ勝負の年が明けました。早々に第4回目の裁判期日が来ます。相手方はどんな反論を用意したのか、少し気にはなりますが、訴えの変更による請求額の増加に対...

  • (立証責任)親子間の贈与契約も書面で

     前3回は贈与への反論を贈与時期がいつか?の3つのケースについて書きました。いずれのケースでも贈与があったとの主張は成り立たないと原告としては思うが、さて...

  • (生前贈与)反論(3)

    3 When? 年金入金口座以外の定期性口座は解約時に贈与された。 年金入金口座の贈与を出金時とするのは、さすがあまりに不自然であるため当初一括して贈与さ...

カテゴリー一覧
商用