プロフィールPROFILE

kansaishimizuさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
清水エスパルスが世界一クラブになるまで続ける観戦記
ブログURL
https://coupdenvoi.hateblo.jp/
ブログ紹介文
遠く関西から清水エスパルスを応援。チャント、コラムなど。
更新頻度(1年)

12回 / 10日(平均8.4回/週)

ブログ村参加:2020/01/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kansaishimizuさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kansaishimizuさん
ブログタイトル
清水エスパルスが世界一クラブになるまで続ける観戦記
更新頻度
12回 / 10日(平均8.4回/週)
読者になる
清水エスパルスが世界一クラブになるまで続ける観戦記

kansaishimizuさんの新着記事

1件〜30件

  • 松原、シントトロイデンへ

    少し遅くなりましたが、以下、公式URLです。 https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/44306/ 情報等なかったためすごく心配していましたが、オープンにならずとも動いていたようで、ようやく公式発表でした。それにしてもシントトロイデンとは、とても驚き。 シントトロイデンと言えば、鈴木優磨やシュミットなど、日本人プレイヤーが在籍しており、過去も多くの日本人プレイヤーがいた。 僕も鈴木優磨が在籍していることもあり、名前は知っていたが、松原が移籍すると聞いて調べてみた。 ベルギートップリーグに昇格した2015シーズンからは、13位、12位、10位、そして昨シーズン…

  • スイス1部ルガーノより、カルリーニョスの獲得決定的

    これは驚きました。 以下、GOALの記事からです。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00010015-goal-socc まだ確定記事は出ていないが、現所属チームから声明があったので間違いないだろう。 「海外でプレーすることを夢見ていた子供の頃、日本は僕が切望していた行き先の一つだった」というカルリーニョス・ジュニオール。 インターネットニュース中心ですが、一斉に報じられました。スイスリーグからの移籍というと、なかなか記憶にないものの、3年間在籍したルガーノで107試合出場、31ゴール。 ドウグラスに代わるストライカーかは置いておき、かな…

  • 移籍速報 2019-2020 1/21

    更新しました。 新体制会見であったメンバーはこれからも増える可能性があるような趣旨の発言は本当で、ここにきて大熊新GMの手腕か、実際のところドウグラスの移籍金によるところも大きいであろう、名古屋から金井選手の加入発表がありました。 現時点で発表のない外国人選手もおり、まだ何らかの動きがあると思われます。

  • 名古屋より金井貢史選手加入。

    移籍市場はまだクロージングしていない。これぞ電撃移籍という感じの発表だった。金井選手はユーティリティなサイドバックで、海外移籍を模索する松原の後任としてのピンポイント補強と思われる。いずれにしてもこの補強は相当大きい。 金井選手はすでに名古屋と合意に達しており、契約更新後の移籍となる。 報道によれば、移籍金は(当然だが)名古屋に支払われるとのこと。ドウグラス選手の移籍による神戸からの移籍金が効果を読んでいると思われる。自分も先週の記事 ↓ で 思いのたけを書いたように、素晴らしいFWで、いなくなってしまったことは悲しいが、清水にとっては莫大な移籍金を残してくれたのは唯一の救いである。 ドウグラ…

  • 鎌田翔雅、J3ブラウブリッツ秋田へ

    清水から契約しない旨の発表があったのが12/17。ちょうど1ヶ月の1/17に、秋田への完全移籍発表となりました。 15年の移籍後、16年に靭帯損傷、その翌年の復帰後にまた靭帯損傷と、怪我に泣かされた4年間となったわけだが、今季はエウシーニョの加入もありリーグ戦3試合の出場に留まっており、大きな結果を残せなかった。 鎌田の武器は何と言ってもスピード、正確なクロス。2015年、エスパルスが苦しんだ年は何度も助けられました。 ややもすると、本人としては悔しい4年間だったかもしれないが、今年30歳を迎えてサッカー選手生活も節目となる中、怪我の状態さえ良ければ、必ずまだ活躍できる。J3ではトップクラスの…

  • ティーラシン、移籍加入か

    散々噂されていたティーラシン、ようやく話がまとまったか。ティーラシン所属のムアントンの公式インスタグラムから、下のような発表が。タイ語を翻訳すれば、清水エスパルスに加入する旨と。 こちらも正式発表が待たれるが、本当なら嬉しい。ティーラシンはタイ出身で、提携国枠に該当し、実質日本人と同様に扱われる。 未確定なものも含めると、ヴォルピ、ソッコ、ヴァウド、エウソン、ヘナト、ドゥトラから5名、そこに加えて、同時にティーラシンも出場可能となります。 広島ではなかなかの活躍を見せたティーラシンですが、クラモフスキーサッカーではどうか。早い合流が待たれます。

  • GKヴォルピ合流、ヴァウドも日本入りか

    まだ確定発表のない2人ではありますが、初日練習でGKネト・ヴォルピの姿があり、加入ほぼ間違いなしの様子。 また、これも噂段階だったブラジル人DFヴァウドも、インスタアカウント(@oficialvaldo)で日本行きを示唆する内容で、間も無く日本入りではないかと噂される。 発表が待ち遠しいが、この情報はとりもなおさず、サポーターを安堵させます。早い発表が待たれますね。

  • ルヴァンカップ予選日程発表

    リーグ戦の前半日程発表に先んじて、ルヴァン杯の日程が発表されました。 エスパルスはA組で、川崎、名古屋と同組。もう1チームは、FC東京、鹿島、磐田のいずれか。ACL本大会の結果如何で変わります。少しややこしいレギュレーションではありますが、うちとしては第1節は2/16、アウェイで川崎戦から。長いシーズンはこの戦いから始まります。 予選は第1節以外、全て水曜開催。 予選以降については、 ●第1戦:5月27日(水)●第2戦:6月17日(水) ●準々決勝第1戦:9月2日(水)第2戦:9月6日(日) ●準決勝第1戦:10月7日(水)第2戦:10月11日(日) ●決勝:10月24日(土) と、水曜を多く…

  • 移籍速報 2019-2020 1/14(修正版)

    最新版、と言うかほぼ確定版です。何点か細かい箇所修正しました。失礼しました。

  • 移籍速報 2019-2020 1/14

    今日が新体制発表の日でした。 クラモフスキーの力強い言葉も聞けました。 移籍速報更新しました。松原は長く決まっていなかったが、海外移籍を模索しているとのこと。さらに、大熊GMから、当たり前ではあるが、ぎりぎりまで補強を継続するとの趣旨の発言もありました。新外国人は来日の噂もありますが、メディカルチェックなのか、まだ正式発表には至っていません。 とりあえず移籍情報も、新背番号について整理して更新していきたいと思います。

  • 補強がうまくいったかと言えばそうとは言えないが、ワクワクしている自分がいる

    結局ドウグラスは移籍、ティーラシンは破談と、センターフォワードの補強は後藤のみ。今のエスパルスにのんびり育てて行く余裕はなく、やはり、即戦力のセンターフォワードが必要だ。ただし外国人枠は埋まっており、エウソンとヘナトが通期で活躍できないことを考えるとイイが、実はいっぱいいっぱいである。 ではディフェンスの選手はその分厚めに補強できたのか?というと、それも微妙。二見、飯田、鎌田がOUT、その分の岡崎の補強は大きいが、ヴァウドの実力は未知なのに加え、松原は未だ更新なし。 中盤に大きな補強ができたかというと、ボランチ中心にやはり不安が大きい。 と、ここまで、補強がかなりうまくいったかというと、やはり…

  • さようなら、ドウグラス

    本日、ドウグラス選手の神戸への完全移籍が発表されました。ある程度覚悟はできていましたが、やはり現実を突きつけられるのはつらい。 選手の移籍はあって当たり前ですし、めぐりめぐってエスパルスに来てくれた選手にはいつも、どんな選手も感謝しかありませんし、それはドウグラスに限らずどの選手でも同じです。ただし、やはりこの一年半、エスパルス2015シーズンに次いで、はかなり大変な時期でした。そのエスパルスを残留せしめた立役者であり、このストライカーには特別な思いがありました。 さかのぼれば安貞桓、マルキーニョスやJJなど、エスパルスの危機を救ってくれた助っ人外国人助っ人選手もたくさんいましたが、1年半の在…

  • 移籍速報 2019-2020 1/11

    ドウグラス、神戸への完全移籍がついに発表されました。 いろいろ思うところありますが、本当に感謝しかありません。これからは相手チームとして戦うことになりますが、日本平では全力で拍手で迎えたいですね。素晴らしい助っ人でした。 テセ、ソッコの更新も併せて発表ありました。DF陣はここにヴァウドが加われば、意外と補強ができたのでは。 あとはティーラシン破談の噂もある中、強力なセンターフォワードが。。とは思うものの、時すでに遅し感あります。どうなることか。 ただし、このように更新してくれた選手には感謝しかありませんが、監督・スタッフも一新して始まる新しいシーズン。新加入メンバーも本気でスタメンをとりに行っ…

  • 移籍速報 2019-2020 1/9

    もはやお家芸の1日1人更新。 今日は中村慶太選手。昨年は期待を超える活躍とはならなかったが、確かなポテンシャルを感じた。相当なものをもっているはずで、まだ輝けていない。 本人は同郷の大前選手に憧れて、なんて話もあるが、大前以上の活躍をしてほしい。 期待しているぞ!

  • Youtube動画更新しました 2019/12/21 天皇杯神戸戦

    アウェイでもいつも頼もしいです。 スタジアムの作りのせいなのか、神戸サポの声はあまり届きにくく、より近い清水サポの声が良く通っていました。 コールリーダーもこの試合で最後だったのですね。お疲れさまでした。 マーチ 大量のフラッグ 選手入場時 vs ヴィッセル神戸 天皇杯準決勝 2019/12/21 グリコ 盛り上がる清水サポ 試合開始前 天皇杯 vs ヴィッセル神戸 2019/12/21

  • 移籍速報 2019-2020 1/8

    大変申し訳ありません。。。飯田選手の更新が抜けておりました。。。 今日の更新は梅田選手。一日一人更新というルールでもあるのか? 新体制発表までわずかだが、どうなることか。 ドウグラスの去就が注目されるのはもちろんだが、ここにきて大宮から奥井選手を獲得。エウソンがなかなかフルで活躍できる可能性も低そうであり、かつエウソンを一枚前で使う気なのか?いずれにせよ立田にSBをさせるよりは、よい補強になるのではと思います。

  • 移籍速報 2019-2020 1/7

    今日もドウグラスの発表はなしか。。 悶々としますが、一方で他選手の動きは少しずつですがあります。 岐阜に期限付き移籍中だった宮本選手が復帰。ボランチの枚数が足りていない清水にとって、大きな戦力となりそうです。 一方で、年末報道があって以降音沙汰がなかったティーラシン選手ですが、清水への加入が近づいているとの報道。ただしまだクラブが同意していないとのこと。一部では来日の噂もあったため、期待は高まります。ティーラシンの移籍話が再燃したということは、ドウグラス選手の移籍が決定的となったのではないかと勘繰ってもしまいます。 今は待つしかありません。 現所属選手でいうと、西部、ソッコ、テセ、慶太、松原な…

  • 移籍速報 2019-2020 1/5

    あけましておめでとうございます。 残留濃厚かと思われていたドウグラスですが、ここにきて神戸から正式オファー。契約を残しているとはいえ、ビッグオファーのはずで、本人も移籍に前向きでありそう。清水サポーターとしては当然残留を期待するが、一方で、ここまで貢献してくれたドウグラスには感謝しかなく、本人の気持ちを尊重してほしいとすら思っています。 大分より後藤選手の加入発表あり、これは朗報ですが、ドウグラスとはタイプも違うし、補強がこれまでということは考えにくいです。 一方で、竹内、河井など、在籍の長い選手も更新の発表があり、うれしい限りではありますが、このあたりからポジションを奪う選手が出てこないとか…

  • 移籍速報 2019-2020 12/26

    二見選手が長崎へ完全移籍、水谷選手は長野へ。 二見の移籍はフロントとしても誤算では?本来SBの選手なのですが清水の台所事情でCBの出場が多かったですが、本当によくやってくれました。長崎では本職で活躍するのでしょうか。ロングスローが光る場面が増えそうですね。 悠長なことは言ってられず、発表がないだけかもしれないが、うちのフロントは大分まずい状況。特にディフェンスラインがこのままではかなり厳しい。今シーズン通してみれば、ソッコが安定して通期で戦えるともいえず、明らかにCBは足りていない。 GKは六反が他チームよりオファーがあり、うちはコロンビアのチームから獲得を目指している。今期はフルでコロンビア…

  • 移籍速報 2019-2020 12/23

    天皇杯は完敗。意気揚々と現地に向かいましたが、ふたを開ければエスパルスの今年を象徴するような試合でした。惨敗です。 悔しいですが決勝は大方の予想通り、神戸VS鹿島です。 さて、移籍速報。動きがあったのは高木和、飯田。それぞれ獲得オファーが届いている模様。 翻ってうちのスカウトは、ブラジル人GKとの契約交渉決裂。また、あるJクラブがコロンビア人GKとの接触を図っており、それが清水との噂も。。清水かは定かではないが、確かに西部・大久保は今年頑張ってくれたが、補強ポイントであることは間違いない。

  • 移籍速報 2019-2020 12/18

    移籍情報更新しました。 鎌田選手は残念ですが、言い方は失礼ですが、J1にこだわらなければ、まだまだ活躍できるはず。新天地での活躍を期待しています。

  • 残留。

    ブログ休止しておりました。 かなり久々の更新となってしまいました。 結局最終節までもつれ込んでしまったが、何とか決めました。 休止期間中に行けたのは、33節C大阪戦のみ。最終節は清水に帰れず、DAZNでの観戦。 本当にドウグラスをはじめとするブラジル人助っ人に感謝しなければいけないシーズンですが、最後は みんなの力で勝ち取った勝利でした。最終節のロスタイムからのリバイブ、DAZN観戦でも本当に迫力がありました。 オフシーズンとなりますが、まだまだ天皇杯も残っています。難敵神戸ですが絶対勝ちましょう。自分も参戦します!

  • 【試合レポート】 第20節 清水 1-0 横浜FM 2019.8.3

    一週間空くと、久々感がします。2週間ぶりのJリーグ。DF吉岡選手・FWドゥトラ選手の加入が発表され、吉岡選手は早速スタメン、ドゥトラ選手もベンチ入りを果たしました。夏は比較的良い補強ができた模様。 試合はというと、前半はやはり横浜のパスサッカーに苦しみました。DAZN解説の名良橋さんが言うほど、清水が圧倒されていたわけではなかったと思いますが、中盤を支配される時間帯が長かった。ただし横浜FMも肝心のラストプレーでミスが多く、ゴール前に持っていけるシーンは多くなかったです。逆に清水は、ドウグラスが抜け出し決定機を作るも、トラップが流れて生かせず。前半は清水が耐える形で、スコアレスで終えました。 …

  • 吉本一謙選手、FC東京より完全移籍

    公式より発表がありました。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00962009-soccerk-socc ヴァンデルソンが大きな補強としては役不足であり、結果的に退団。ソッコの不調もあってCBは結構深刻な状況でした。そこでCBの補強として、今期福岡で、怪我もありわずか9試合の出場にとどまっていた吉本選手を獲得した形となりました。高さ・速さともに兼ね備えたリーダーシップの取れるCBとのこと。 東京都出身の吉本選手は、2007年FC東京トップチームに昇格し、2009年からはレンタルで岐阜・水戸・福岡と渡り歩いていました。 清水としてはCBはソッ…

  • 動く夏の移籍市場

    今夏の移籍市場では、は清水エスパルスを応援する人にとっては、いろいろなことが起きています。 ○まずは先日も記事にあげた北川航也の移籍。オーストリア一部のラピッドウィーンへの移籍が決定的となっています。まだ正式発表ではないですが、ほぼ間違い無いとの複数メディア報道があります。 ○続いて、北川の移籍に伴う前線補強で、元鹿島・現コリンチャンスのドゥトラの移籍が決定的との報道がありました。こちらも公式発表がまだですが、練習生として参加しており、間も無くとのこと。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000289-sph-socc 鹿島時代は攻撃的…

  • 北川航也、オーストリア1部へ移籍か。

    ⬇︎参考記事⬇︎ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-07210047-nksports-socc FC東京戦後、北川の涙の意味はこれだったか。かねてより自身が志望していた海外移籍への交渉が着々と進んでいるとのことです。 オーストリアリーグで知っている名前といえば、ザルツブルグくらい。2006年W杯後に三都主、宮本恒靖が所属しました。レベルとしては欧州主要リーグには劣りますが、それでもJよりはレベルが高いか、というところ。彼にとってもチャレンジングな移籍となることを願ってやみません。 静岡出身で、エスパルスで着々と力をつけ、気づけば日本代表に…

  • 【試合レポート】第20節 清水 0-2 FC東京 2019.7.20

    両監督の古巣対戦となった試合、アウェイFC東京がホーム清水を全く寄せ付けない試合展開… 正直チーム力が違う、完敗だったと言わざるを得ない敗戦でした。前半の15分くらいまでこそ多くのチャンスを作ったのは清水でしたが、1失点目以降は試合終了までずっと、東京ペースでした。後半は特に全く歯が立たず。 1失点目はペナルティエリア外からうちにカットインされ、左隅に突き刺されましたが、これも防げた失点な気がします。人数がしっかり揃っていたにもかかわらず、間を詰めずにシュートを打たせてしまうのはダメ。西部はノーチャンス。シュートも綺麗でしたが、防ぎたかった失点でした。 2失点目も左サイドから崩され、エウシーニ…

  • 【現地レポート】第19節 清水 0-1 G大阪 2019.7.13

    久々の現地観戦も、悔しい敗戦.... パナソニックスタジアムは、ルヴァンカップと合わせて今年2回目の参戦となりました。今の住居からは一番近いので。。スタジアムにつくとあいにくの雨。しかしスタジアムの雰囲気はさすがにルヴァンとはだいぶ違いました。 ルヴァンの時はアウェイゴール裏からの観戦でしたが、今日はガンバサポーターに囲まれながらバックの指定席で観戦。日本平もそうですが、さすがにピッチとの距離が近く、ボールをける音・コンタクトがバッチバチに聞こえてきます。 アップ前の写真。この時間でも3階席ですら少しずつ埋まっています。ピッチレベルなので本当に見やすい。試合前にだいぶ雨脚が強まると、全席屋根付…

  • 【試合レポート】 第18節 清水 2-1 神戸 2019.7.6

    イニエスタ・ビジャ擁する神戸に勝利、ホームで勝ち点3。 この日のスタメンでは、久しぶりに河井が先発、金子がスタメンを外れた。ここのところ調子を落としている金子のところに、河井がそのまま入った形。この日はポゼッションは気にせず、ショートカウンターからチャンスを作っていくという明確な意図が見られたこの試合。 前半26分。相手のピンチを凌いで前線のドウグラスにボールが渡ると、そのままドウグラスが突破しカウンター開始、右サイドから低いアーリークロスで北川が決め切って先制。その後すぐにビジャのビューティフルゴールで追いつかれるも、後半23分に二見のロングスローからまたもドウグラスが合わせ、2-1。そのま…

  • 今日は久々の現地観戦!

    今年に入って、現地観戦できているのはアウェイ神戸戦、ルヴァンのアウェイガンバ戦の1試合のみ。 仕事も忙しくなかなか清水に行けない中、今日は久々のガンバ戦、現地観戦。 ドグの連続ゴールに期待しています。そういえば昨年もドグのヘディングゴールで2-1で勝ったなあ。また、今年のルヴァンでもドグのFKで勝ったな、と。何気に相性の良い、というかずっと調子の良いドウグラス。今日もゴール期待してます。

カテゴリー一覧
商用