searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

miyamuroさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
宮室信洋 blog
ブログURL
https://miyamuro.hatenablog.com/
ブログ紹介文
宮室信洋(メディア評論家)によるエンタメ、アイドル、ネット世論、お笑い、情報社会、政治・経済・社会の記事
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2020/01/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、miyamuroさんの読者になりませんか?

ハンドル名
miyamuroさん
ブログタイトル
宮室信洋 blog
更新頻度
集計中
読者になる
宮室信洋 blog

miyamuroさんの新着記事

1件〜30件

  • 2019年テレビ朝日 「M 1グランプリ」(の審査)は実は荒れていた

    2019年のテレビ朝日「M-1グランプリ」は、ふわっとした感じに思うM-1であった。この感覚はさすがに言うだけでは共感が得られないので、データを利用しながらできるだけ客観的に検証してみたい。 データを使ったM-1の分析というとビッグデータを使った分析がWeb上で見られるが、 M-1に限らずエンタメを対象とするビッグデータ調査というと、情報過多のズレた分析が多いように思う。ビッグデータ調査というのは、あらゆるデータを駆使することにより、客観的な答を得ようとするものであるが、結局はどのデータが重要なのかの目利きがうまくいかなければ駄目だということを示している。特にエンタメ分析ではどこに着目すべきか…

  • テレビ東京佐久間宣行プロデューサーが手掛ける青春高校3年C組MV

    2020年1月22日にメジャーデビューする番組発の女性アイドルグループ「青春高校3年C組」のMVが2019年12月20日金曜日に公開された。「青春高校3年C組」は秋元康とテレビ東京の有名プロデューサー佐久間宣行によるバラエティ番組である。当初は生放送で平日に毎日、曜日がわりの芸人MCとNGT48の中井りかのサブMCで放送されていた(現在は生放送をやめ収録)。かつてのフジテレビ「夕やけニャンニャン」を彷彿とさせるように、一般の学生を募集し、番組をつくる企画であった。合格した学生らは、ツインプラネットに所属し、生放送バラエティでどんどん洗練されていった結果、それぞれがアイドル部や軽音部などにグルー…

  • これからは芸人・永野の時代だ

    2019年10月3日、NHKの「有田Pおもてなす」という番組に竹中直人がゲストとして登場していた。この番組は、1人のゲストのリクエストに合わせて、芸人がネタを披露する番組である。 竹中直人は、自身の持ちネタである「笑いながら怒る人」などを2018年キングオブコント王者のハナコにコントの中に取り入れるよう要求した。竹中直人は、予定調和の笑いが好きではないと笑いの好みを説明していた。竹中直人はもともと、お笑いで世に出てきた。当時、「TVジョッキー」という番組のザ・チャレンジという素人お笑い勝ち抜きコーナーで初代チャンピオンになるなどし、そのコーナーの3代目チャンピオンはとんねるずの石橋貴明であった…

  • 道徳性が暴走する木下優樹菜のタピオカ店騒動

    2019年11月18日、木下優樹菜が活動自粛を公表した。これは木下優樹菜の姉とその友人とのタピオカ店店長との間でのトラブルに対し、木下優樹菜がTwitter上のDM(ダイレクトメール)でタピオカ店店長に対し恫喝をしたとして騒がれているものだ。 しかしこの騒動もまたやたらと一方的な展開である。この経過の初期を見ていたものならわかることだが、木下優樹菜の姉は Instagram に長文を投稿している( https://oricoma.com/entertainer/10590/ )。このサイトにもあるように、 木下優樹菜姉妹側の言い分は簡単に見ることができる。簡単にまとめれば、元々、木下優樹菜の姉…

  • AI美空ひばりが今後の情報技術(IT)のメルクマールである理由

    2019年9月29日放送のNHKスペシャル「AIでよみがえる美空ひばり」という番組が話題を呼んだ。これはAIの技術により美空ひばりの歌声を再現しようというものだ。既存の曲であれば過去のVTRを観ればいいわけだが、これはAI技術により、美空ひばりが過去に歌ったことのない新曲を歌わせようというものだった。その新曲の製作には秋元康らが携わった。 この記事では、その試みがどのような現代的意義を帯びているかを解説したい。ただ、この番組には否定の声もあったようだ。その大きなものは死者の扱いに関してのものだ。ただし、この記事では、そのような倫理的側面について扱うものではない。 このAI技術は、美空ひばりの声…

カテゴリー一覧
商用