searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ふじねこさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ふじねこ雑記帳 in ドイツ
ブログURL
https://notizbuecher.hatenablog.com/
ブログ紹介文
駐在妻。ドイツ在住。ドイツ語C1取得。日常、ドイツ語、旅行や食べ物について紹介していきます。
更新頻度(1年)

9回 / 43日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2020/01/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ふじねこさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ふじねこさん
ブログタイトル
ふじねこ雑記帳 in ドイツ
更新頻度
9回 / 43日(平均1.5回/週)
読者になる
ふじねこ雑記帳 in ドイツ

ふじねこさんの新着記事

1件〜30件

  • 【プラハ旅行 2】プラハ城とオペラを楽しむ

    プラハ城へ プラハ城敷地には見所がいっぱい 夜は初オペラ プラハ城へ 2日目。 第1のメイン、プラハ城へ行きます。 ホテルの朝食は地下でいただきましたが、なかなか豪華です。 チーズの切り方が豪快でした。 チェコの人は甘いものも好きらしく。 街の至る所にキャンディ屋さんやジェラート屋さんがありました。 ホテルにあった像。 なんか辛そうです。 朝のティーン教会。 今日はいい天気になりそうです。 芸術家の家(ルドルフィヌム)。 ここの大ホールは「プラハの春」国際映画祭のメイン会場。 今日は車やトラムも通るマーネスーフ橋を渡ります。 Prazsky hradが、たぶんプラハ城。 人がたくさん向かってい…

  • 【プラハ旅行 1】世界遺産プラハ旧市街を歩く

    世界遺産、プラハ歴史地区 ラグジュアリーなホテル 旧市街散策 カレル橋 オマケ 世界遺産、プラハ歴史地区 まだまだ寒いですが、チェコのプラハに一人旅してきました。 街全体が歴史地区として世界遺産に登録されています。 ドイツに来て外国へ一人旅するのは2回目。 前回はロンドンで、何回か一人旅している先かつ英語圏だったので、緊張感もなかったのですが、今回は初上陸で公用語も違い、通貨もチェココルナと初めてづくし。 ドキドキしながらヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港に降り立ちました。 空港から旧市街までは、バスと地下鉄の乗り継ぎが安いのですが、少し贅沢してホテル近くまでUberを利用。400コルナち…

  • 【スイス旅行 4】スイス最大の都市、チューリッヒで鳥に驚く

    チューリッヒ散策 チョコレートショップ チューリッヒ散策 最終日。 スイス最大の都市、チューリッヒを歩きます。 朝食は、野菜もサーモンもチーズもあり、この旅で一番豪華でした。 あいにく雨が降ったり止んだりのお天気でしたが、あまり寒さは感じません。 ホテル近くにあるパラデプラッツという広場に、UBSの支店(本店はここから数百メートル離れたところ)と、クレディスイスの本店がありました。 UBS。 クレディスイス本店。 地下に各国の資産が金塊で埋まっているとか。 このトラム乗り場から、空港へ行くこともできます。 聖母教会。 入場料5CHF。 Issay Miyakeのお店がある広場。 チューリッヒ湖…

  • 【スイス旅行 3】強風で予定変更、首都ベルンへ向かう

    朝のグリンデルワルト スイスの首都、ベルン アインシュタインハウス 最終地、チューリッヒへ 武器庫レストラン 朝のグリンデルワルト 旅行3日目。 夜は真っ暗で、どこかへ帰ってしまったように見えたアイガー、ちゃんと戻ってきていました。 でも、今日のアイガーは少しご機嫌斜めの様子。 とりあえず朝食です。 昨日泊まったホテルは、駅前のこちら。 www.kreuz-post.ch ロビーに会ったジュークボックス。 5曲1CHF。 その”十字架”は、この石のように美しく強く、永遠に続くはず。 朝食は、こんな感じ。 ホテルのすぐ横に、日本語観光案内所があります。 階段を上がってすぐ。 駅で確認すると、ユン…

  • スイスのホテル、朝食ビュッフェ スイスの鉄道 ボヘミアン・ラプソディ ゴールデンパスライン、パノラミック インターラーケン グリンデルワルト、アイガーがどーん スイスのホテル、朝食ビュッフェ スイスはチーズが有名だということで、朝食のチーズを楽しみにしていたのですが。。。 スライスされたチーズ1種類でした。 一応、四つ星ホテルで、フルーツやパン、温かいソーセージやベーコン、卵は揃っているのですが、チーズの種類がドイツの二つ星ホテルより少なかったのがちょっと残念。 (パン用のクリームチーズはあったようです) 温かい料理はこんな感じ。 スイス人、チーズは食べないのか、外国人が良く泊まるホテルだから…

  • 【スイス旅行】国連本部のある街、ジュネーブを歩く

    ドイツの隣国、スイス ジュネーブ市街地へ ジュネーブの街歩き 国連本部 和の香りのするフレンチビストロ ドイツの隣国、スイス 2月、一番寒い時期に寒い所へ行ってきました。 とはいっても、暖冬のようでこれまで経験したフランクフルトの冬にしてはかなり暖かいと思います。 やはり、温暖化は進んでいるのでしょうか。。。 スイスはドイツの南にありますが、アルプス山脈があり、ずいぶん寒いイメージがあります。 通貨もスイスフラン(2020年2月現在で110円ぐらい)、私の携帯のプランだと海外ローミングする必要があったりと、ヨーロッパの真ん中にあるのに少し不便です。 更に物価も高い! スイスフランは数年前よりか…

  • 【サン・マリノ/ボローニャ旅行 3】ボローニャでボロネーゼ色に染まる

    ボローニャの名所は徒歩圏内 サン・ペトローニオ聖堂 マッジョーレ広場 アルキジンナジオ ボローニャの旧市街は茶色 ボローニャ最後の食事 ボローニャの名所は徒歩圏内 旅行最終日。 今日はボローニャの街を歩きます。 ホテルの朝食は、チーズとハムが揃っていますが、野菜は少なめ。 グルテンフリー希望の人には優しい品ぞろえです。 パンやクッキー、ケーキ類は充実。 珍しくチョコレートもたっぷり置かれています。 コーヒーは、エスプレッソやカプチーノ、注文に応じて入れてくれます。 カップの影になっていますが、コーヒー豆入りのチョコレートと、右側のヨーグルトがセットです。 ホテルのロビー。 ここでチェックアウト…

  • 【サン・マリノ/ボローニャ旅行 2】坂の街、サン・マリノ旧市街を歩く

    霧の中の世界遺産 ロッカ・グアイタ 共和国宮殿 ボローニャへ 美食の街、ボローニャ 霧の中の世界遺産 サン・マリノの朝。 霧が濃く、朝の光景はあまり見えませんでした。 ホテル前の道路。 気温は一桁前半。今年は暖かいフランクフルトより寒いくらいです。 ホテルでもらった地図に、クライミングができる場所があったので、見に行ってみました。 駐車場横、右側のまっすぐな岩壁がクライミング場。 だんだん晴れてきたので、さっそく観光です。 なんだか中世の洗濯おばちゃんが出てきそうな雰囲気です。 そして坂。 左のレストランは冬季休業中。 パレス前の広場。 ケーブルカーの出ている場所には、眺めの良い(はずの)広場…

  • 【サン・マリノ/ボローニャ旅行 1】近くて遠い国、サン・マリノまでは1日かかる

    三連休は、ヨーロッパの小国へ サン・マリノは既に夜 サン・マリノも美食の国? 三連休は、ヨーロッパの小国へ 相方が、成人の日で三連休となったので、これまで行ったことのない国へ行くことになりました。 イタリアにある世界最古の共和国、サン・マリノ。 フランクフルトからボローニャへ飛行機で飛び、そこから電車とバスの乗り継ぎの旅です。 ボローニャ空港からは、BLQというバスでボローニャ中央駅へ30分弱、ボローニャ中央駅からは電車でリミニという海沿いの街へ向かいます。 乗車時間は電車によりますが、1時間から2時間ぐらい。 片道10€弱~。運賃も電車によって変わります。 イタリアの鉄道、驚くほど時間に正確…

  • 【コート・ダジュール旅行 3】雨のモナコを歩き、最後にご褒美を貰う

    モナコのカジノ 旧市街へ モナコ大聖堂 雨の旅行のご褒美 モナコのカジノ 最終日。 結局この日も雨でした。 どこか屋内で観光できるところ、ということで、カジノの見学に行くことにしました。 カジノへ行く途中にあったメリーゴーランド。 ちょっと寂し気。 カジノは高台の上にあるので、坂道をぐぐっと登っていきます。 右側のお城のような建物がカジノです。 他にもあるのですが、見学できるのはここだけのようです。そして多分この辺りで一番大きい。 カジノ・ド・モンテカルロ。 www.montecarlosbm.com 周辺は、ブランドショップと高級ホテルばかり。 犬の散歩をしている人も、なんだか格が違う感じで…

  • 【コート・ダジュール旅行 2】カンヌとモナコで土砂降りの雨を経験する

    インターコンチの朝食 モナコへ お金持ちリゾート、モナコ公国 モナコでタパス インターコンチの朝食 カンヌでは、見事に雨に遭いました。 海沿いのためか、かなりしっかりした量の雨と、風、高い波。 日本の土砂降りと変わらず、数分で足元がぐっしょり。 傘も少し曲がってしまいました。。。 海は、こんな感じ。 それでも、カンヌで有数のホテルに泊まることができたので、朝食はゆっくり楽しみます。 朝食会場は、ガラガラで、従業員の方が多いくらいでした。 定番の野菜やスモークサーモン、ハム。 ジャムやはちみつも充実しています。 フランスと言えば、クロワッサン。 ここでもヤギのチーズ(右側)がありました。 どれも…

  • 【コート・ダジュール旅行 1】ニースで海とシャガールの青に浸る

    雨のコート・ダジュールへ 城跡公園 シャガール国立美術館 南仏のランチ 雨のコート・ダジュールへ お久しぶりです。 1か月半ぶりの更新となりますが、その間、日本に一時帰国したり、新たに勉強を始めたり、個人的にはいろいろやっていました。 さて、今回は少しだけ暖かい所、閑散期のコート・ダジュールへ行ってきました。 閑散期と言っても、ホテルなどはドイツと比べるとお高めでした。 そして、今回の旅、ほとんど雨だったので、あまり観光もできなかったのですが、雰囲気を少しだけ書いてみようと思います。 ホテルと飛行機の値段を比較して、木曜日の夕方の便でフランクフルトを出発、3泊4日の旅程です。 ニースのコート・…

  • 【ドイツ世界遺産】ナウムブルク大聖堂は、ドイツ・ゴシック様式建築を代表する

    ナウムブルク大聖堂 ライプツィヒからナウムブルクへ 聖ヴァーツラフ教会 大聖堂に到着 ナウムブルク大聖堂 ドイツ中東部にあるナウムブルクは、ザクセン=アンハルト州にある小さな都市です。 ザーレ川が流れていることから、ナウムブルク・アン・デア・ザーレともいわれるそうです。 フランクフルト・アム・マインみたいなものですね。 マイン川が男性名詞で、ザーレ川が女性名詞になっているのが、ドイツ語の良くわからないところ。。。 そこに、2018年に世界遺産登録された、ナウムブルク大聖堂があります。 11世紀前半に建築が始まった教会です。 13世紀頃まで増改築を繰り返しており、ロマネスク様式から後期ゴシック様…

  • 【ドイツ世界遺産】古典主義の都ヴァイマールで、歴史的偉人のお宅を訪問する

    古典主義の都、ヴァイマール ヴァイマール中央駅から散策 アンナ・アマ―リアのヴィトゥムス宮殿 文化的なホテル ゲーテハウス リストハウス シラーハウス 市城と聖ペーターパウル教会 古典主義の都、ヴァイマール ヴァイマール、といえばヴァイマール憲法が1番に思い浮かぶ、単純な私ですが、今回はもっと文化的な物を見てきました。 人口約6万4000人ほどの小さな街ですが、ゲーテ、シラー、リストなど、たくさんの歴史的偉人が住んでいました。 まさに、18世紀のドイツ文化の中心ですね。 この人たち、自然にヴァイマールに集まったわけではないらしく、アイゼナハ公カール・アウグストとその母、大公妃アンナ・アマ―リア…

  • 【ドイツ世界遺産】ヴァルトブルク城は山の上にある

    ドイツの旅行シーズン ヴァルトブルク城 アイゼナハから古城へ 古城は大賑わい ドイツの旅行シーズン ドイツの冬は寒いです。 クリスマスマーケットや、冬景色が美しい場所を除いて、冬場の旅行には向いていません。 博物館や美術館は開いていて、もちろん屋内は暖かく見学することができますが、外観を楽しむようなものは、10月までに行くべきかと思います。 11月~3月は旅行のオフシーズンなので、施設によっては閉まってしまう場所もあるので、要注意! そんなわけで、世界遺産巡りは今回で今年最後の予定。 といっても、ドイツの世界遺産はかなり回ったので、来年目指すところは数えるほどしかありません。 いよいよ全踏破が…

  • 【ドイツ世界遺産】ベルリンのモダニズム集合住宅群は今も人が住んでいる

    ベルリンのモダニズム集合住宅群 白い町(Weiße Stadt) Siedlung Schillerpark ベルリン名所、ざっくり ベルリンのモダニズム集合住宅群 ベルリンには、世界遺産に登録されている近代建築があります。 主に、ドイツがヴァイマール共和政だった1919年から1933年の間に建築された、6つの集合住宅です。 ヴァイマール憲法は、基本的人権の1つ、社会権(社会を生きていくうえで、人間が人間らしく生きる権利)を最初に制定した憲法で、当時は低所得者層の生活改善に注力されていたようです。 これらのモダン建築が建つ住宅地を、ジードルング(Siedlung)と呼びます。 複数形でSied…

  • 【ドイツ世界遺産】ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群で雨に遭う

    ベルリンからポツダムへ ツェツィリエンホフ宮殿 サンスーシ宮殿へ ポツダムの街 イーストサイドギャラリー ベルリンからポツダムへ ベルリンの旅2日目。 この日は1日使えるので、ベルリンから電車で1時間程のポツダムへ行ってきました。 あの、ポツダム会談、ポツダム宣言のポツダムです。 このポツダム、フリードリヒ2世の時代、18世紀半ばに主な宮殿建築やや造園が行われました。 世界遺産に「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」として現在登録されているのは、150に及ぶ建築物と、500ヘクタール(東京ドーム100個分ぐらい?)の庭園群だそうです。 さすがにこれだけの物を見るのは難しいので、本当に主な物だけ…

  • 【ドイツ世界遺産】ベルリンのムゼウムインゼル(博物館島)の壮大さに感動する

    ベルリンマラソンの週末 ベルリンのムゼウムインゼル ボーデ博物館 ペルガモン博物館 新博物館 旧ナショナルギャラリーと旧博物館はまたいつか ベルリンマラソンの週末 9月29日、ベルリンマラソンが開催されるベルリンに行ってきました! いや、私は参加していませんが。。。 相方が参加するということで、便乗して観光してきました。 因みにこの週末のホテル、いつもより3倍ぐらいでした。。。 土曜日、ちょっとゆっくりしたいという相方を置いて、私だけ先にベルリン入り。 ベルリンのテーゲル空港から電車は無く、頻繁に出るバスで市街地に向かいます。 このテーゲル空港、いつの時代から変わってないんだ?というぐらい古さ…

  • 【ドイツ世界遺産】ブリュールのアウグストゥスブルク城の見学に失敗する

    ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト お城は駅前 とにかく広い庭園 ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト ケルンから電車で20分程南に、ブリュールという町があり、ここに、アウグストゥスブルク城とファルケンルストという、世界遺産に登録されている2つの建物があります。 ロココ様式の宮殿と鷹狩用の別邸が、庭園でつながっているのですが、この庭園が広大過ぎて、別邸まで2㎞、歩いて30分弱かかります。 2kmの庭園って。。。 この立派な城とに庭は、ドイツの名家、ヴィッテルスバッハ家(Das Haus Wittelsbach)のクレメンス・アウグスト・フォン・バイエル…

  • 【ドイツ世界遺産】世界遺産第1号のアーヘン大聖堂を見に行く

    世界遺産第1号 アーヘンの街 アーヘン大聖堂 アーヘン名物 世界遺産第1号 先日、念願だった世界遺産第1号のアーヘン大聖堂を見に行ってきました。 アーヘンはフランスとの国境近くにあり、フランクフルトから電車を使って、ケルン経由で約2時間半。 さて、ユネスコ世界遺産の登録は、1978年に始まり、その第1号は12か所でした。 ヨーロッパで登録されたのは、当時西ドイツだったアーヘンの大聖堂、ポーランドのクラクフ歴史地区とヴィエリチカ岩塩坑。 あとは、エチオピア、エクアドル、アメリカ合衆国、カナダの各2か所ずつと、エチオピア1か所が登録されています。 他のヨーロッパの国が入っていないのが意外でした。。…

  • 【ドイツ世界遺産】ケルン大聖堂を思い出す

    ドイツで最も有名な大聖堂 2年前の訪問 ケルン・チョコレート博物館 2019年秋 ドイツで最も有名な大聖堂 ケルン大聖堂といえば、恐らくドイツで最も有名な大聖堂といっても過言ではないと思います。 ドイツ旅行をするほとんどの人が行くのではないでしょうか? と、いうことで、その情報は至る所にあると思うので、ここではあまり触れないことにします。 ただ、現在の大聖堂は3代目で、初代は4世紀に正方形の形をしたものだったそうで、2代目は818年から1218年まで建っていましたが焼失、現在の物は16世紀から19世紀にかけて建造された物だそうです。 (財政難で中断していたらしく) 第二次世界大戦で内部が破壊さ…

  • 【ドイツ世界遺産】クヴェートリンブルク旧市街は木組みの家屋であふれている

    旧市街全体が世界遺産の街 木組みの家々 お城と聖セルヴァティウス教会 魔の山ハルツ 旧市街全体が世界遺産の街 ゴスラーから電車で1時間ちょっとの場所に、クヴェートリンブルクという街があります。 ここは、10世紀に歴史に登場した場所で、ザクセン朝のハインリヒ一世が城を築き、王国の中心として栄えたそうです。 二度の世界大戦の戦火を免れたので、ドイツの伝統的な家屋、木組みの家(Fachwerkhaus)が1300以上も残っています。 800年も前の建物が現在も残っていて、街を形成しているなんて、なんということでしょう! クヴェートリンブルク駅。 旧市街より少し離れた場所にあります。 到着したのが夕方…

  • 【ドイツ世界遺産】トロッコでランメルス鉱山に入る

    世界遺産、ランメルス鉱山と古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム ランメルス鉱山へ ランメルス鉱山博物館 トロッコに乗って採掘場へ 世界遺産、ランメルス鉱山と古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム ドイツは9月半ばを迎えて、急に寒くなってきました。 最低気温が一桁の日も珍しくなく、外ではダウンを着ている人もちらほら。 もうすぐ気軽に旅行できる季節も終わるので、再度、ドイツの真ん中辺りへ二泊三日の旅に行ってきました。 今回の世界遺産は2か所。 最初に向かうのはゴスラーです。 世界遺産としては、ランメルス鉱山、古都ゴスラー、オーバーハルツ水利管理システムが合わせて登録されているのですが…

  • 【ドイツ世界遺産】デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国は散歩するには広すぎる

    ヨーロッパ大陸最大級の庭園へ ヴェルリッツの小さな町 ヴェルリッツ庭園 ヨーロッパ大陸最大級の庭園へ デッサウ2日目。 ホテルのレストランは、比較的混んでいました。 お約束の生ハム、チーズ、スモークサーモンをたっぷりいただいて、今日はヴェルリッツの英国式庭園へ向かいます。 庭園近くの町まで、公共交通機関では、バスを乗り継いでいくか、2時間に1本の電車で行くかになります。 私は、気楽な電車を選択。デッサウ中央駅から、ヴェルリッツ駅までを往復している電車なので、迷うことなくたどり着けます。 この電車は、デッサウの電車会社が運営していて、チケットは駅か車内で買います。 片道5€。1日券や往復割引など…

  • 【ドイツ世界遺産】デッサウのバウハウスは100周年を迎える

    旧東ドイツに属していたデッサウへ バウハウスの歴史 現在も使用されるバウハウス マイスターハウス 旧東ドイツに属していたデッサウへ 旅行熱に侵されていますが、暖かいうちに再び2泊3日の旅に出てきました。 今回は、旧東ドイツの街、デッサウ。 フランクフルトからは、ライプツィヒまでICEで行き、そこから少し戻る形で向かいます。 電車で4時間以上かかるのですが、本を読んだり、ぼーっとしたり、寝たりしていると、結構あっという間。 デッサウの駅。 世界遺産のバウハウスがあるということで、駅も盛り上がっています。 バウハウスの歴史 今年、設立から100周年を迎えるバウハウス。 もともとは1919年にヴァイ…

  • 【ドイツ世界遺産】ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル教会で戦後の復興を感じる

    中世の面影を残すヒルデスハイム 聖ミカエル教会 聖マリア大聖堂 中世の面影を残すヒルデスハイム 旅の2日目、アルフェルトを後にしてヒルデスハイムへ移動しました。 ここは、映画「シンドラーのリスト」の主人公、オスカー・シンドラーがなくなった場所だそうです。 世界遺産の大聖堂と教会があることでも有名です。 ヒルデスハイム中央駅。 駅周辺にはあまりホテルがないようで、私は市街地に予約しておきました。 駅から十数分歩いたところにある、Buergermeisterkapelle。 ファミリー経営のようで、23時には鍵が閉まります。 (入り口の鍵は、部屋の鍵と一緒にもらえます。) 部屋は、1人には十分な広…

  • 【ドイツ世界遺産】アルフェルトのファグス工場は稼働している

    ヘクスターからアルフェルトへ ファグス工場 ファグス工場の軌跡 ヘクスターからアルフェルトへ 2日目。 ドイツのホテルの朝食は、大体似たメニューが出るのですが、ハムやチーズの種類が多く、スモークサーモンがあると豪華な気がします。 今回のホテルもスモークサーモンと生ハムがあり、朝からお腹いっぱいです。 このはちみつが置いてあると、レベルの高さを感じます。 駅に行く途中に見かけた銅像。 メルヘン街道にちなんだ、ヘンゼルとグレーテルの一場面のようです。 今日の目的地、アルフェルト(Alfeld)までは電車を1回乗り継いで行きます。 電車は単線。 一本逃すとダメージが大きそうです。 ファグス工場 アル…

  • 【ドイツ世界遺産】コルヴァイのカロリング朝ヴェストヴェルクとキウィタスは一本道の果てにある

    ドイツ中北部の街ヘクスター コルヴァイ修道院 ヴェストヴェルク城 ドイツ中北部の街ヘクスター 最近は週の半分ぐらい出かけていますふじねこです。 フランクフルトの自宅にいても、ひたすら暑いだけなので、逃げている感じです。 仕事をしている相方には申し訳ないですが、まあ、会社にはエアコンもあることですし、自由にさせてもらっています。(相方には感謝しかありません) 今回は、2泊3日で3つの世界遺産を回ってきました。 まずはドイツ中北部、ノルトライン・ヴェストファーレン州にあるヘクスターへ。 ICEでKasselまで行き、そこから電車を乗り継いで向かいます。 電車も順調につながっていたのですが、2両編成…

  • 【北欧旅行】ムーミンの国でムーミンとは関係ない観光をする

    フィンランドの首都、ヘルシンキ ヘルシンキ大聖堂 ヘルシンキ港周辺 ちょっと夕食難民 最終日は、世界遺産スオメリンナ要塞 フィンランドの首都、ヘルシンキ 朝10時、ヘルシンキの港へ到着しました。 そこからヘルシンキ中央駅近くのホテルまでは、トラムで移動です。 フィンランドの通貨はユーロなので、久しぶりに現金も使える環境に。 ドイツと比べると、いろいろなものが少し高い印象ですが、ここもあまりチップの習慣はないようなので、気分的に楽です。 ヘルシンキの交通機関はアルファベットでゾーンに分かれていて、どの区間を移動するかで運賃が変わってきます。 *ヘルシンキ首都圏交通局(HSL)公式パンフレットより…

  • 【北欧旅行】世界遺産ドロットニングホルム宮殿を見て、船でヘルシンキに渡る

    ローベン島へ 世界遺産ドロットニングホルム宮殿 中国離宮、Kina ストックホルム最後の食事 ヘルシンキへクルーズ ローベン島へ ストックホルムでは2泊したので、ゆっくり観光ができました。 この日は、午前中に世界遺産のドロットニングホルム宮殿のある、ローベン島まで足を伸ばします。 島なので、ゆったりフェリーで行くこともできますが、私たちは電車とバスで行きました。 (フェリーだと2時間近くかかるようです。) ストックホルム市内の交通機関が乗り放題の24時間券で行くことができます。 SLカードというカードで、130スウェーデンクローナ、+20スウェーデンクローナのデポジットがかかります。 カードは…

カテゴリー一覧
商用