searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

reikai-2020さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
霊界の実在
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/takaisorakara2
ブログ紹介文
霊界は実在します。 霊体は脳細胞由来の死んだ細胞です。 霊界はその霊体が数千億と集まった世界です。
更新頻度(1年)

16回 / 71日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2019/12/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、reikai-2020さんの読者になりませんか?

ハンドル名
reikai-2020さん
ブログタイトル
霊界の実在
更新頻度
16回 / 71日(平均1.6回/週)
読者になる
霊界の実在

reikai-2020さんの新着記事

1件〜30件

  • 霊界は実在します

    新型ウイルスの蔓延が日本で起きそうです。不安ですね。中国の人々が半月前までは普通に暮らしていたのが今では都市が封鎖され怯えながら暮らしています。突然人生が変わってしまうなんて悲劇すぎます。たくさんの方が亡くなったようです。悲しいです。でも消えてなくなってはいません。魂は存在しています。天国の善霊が必ず霊界への保護に救いに行きます。自然を操る神は作り話ですが、霊界を創造し、維持し、人類を守る指導者たちが実在しています。大きな災害などの時にも、必ず天国の善霊たちが死者たちを救いにやてきます。肉体が滅んでも霊体は存続し、魂は霊界で実体となったように復活します。誰も消えてなくなりません。愛する人とは天国で再会してください。物に執着しなくても自分の霊体にそのデータは完全保存されます。物質はいずれ滅んで形を変えていきますが...霊界は実在します

  • 臨死体験のタイプ

    臨死体験にはだいたい3種類のパターンがあるようです。1瀕死の脳が見せる幻覚。2霊界と繋がってみる世界。3脳から霊体が離脱して周囲を見歩く。これらのどれか、または各パターンにグラデーションのように移行して区別がつかないケースが考えられます。特に霊体が脳から離脱するケースは霊体の実在を証明する良いケースだと思います。本人はICUなどで外に出られないのに待合室にいる家族や、看護師たちの振る舞いを見たり話している内容を聞いたり、入れない屋上に何があったかみたりして生還した時に実際に確認しているなど非常に面白いです。また交通事故にあった男性が一瞬で体を出て倒れている自分を見たという症例なども魅力的です。死の際の苦しみを感じずに死んでいく自分を見ていられたら楽でしょうね。霊界とのシンクロでは花畑や川、お迎えの人など共通項が...臨死体験のタイプ

  • 人生は一度だけ。生まれ変わりは他人

    貝の中の真珠のように、脳の中で霊体が作られ、発育した脳の中の個々人の霊体はひとつだけでそこに保存される魂もひとつ。魂は唯一のものです。だから生まれ変わりは「自分」とは違う「他人」です。魂が先に生まれて肉体を動かすとか、人の霊が別の肉体に繰り返し生まれ変わり続ける、それはありえません。人類の脳は対象の抽象化をできる領域を持ち、創造する脳に進化しました。人類がお話を作り出すようになったのは脳の進化の賜物です。これは地球では現人類が得た能力で進化の証です。神話もお話です。中でも生まれ変わりの教えは「他人や弱い命」への思いやりを教える素晴らしい物語だと思います。素晴らしい優しさを持つ天才が作った物語です。植物の生育を見て人間に当てはめたのかもしれません。その物語は「次は小さな動物に生まれ変わるかもしれない。金持ちも貧し...人生は一度だけ。生まれ変わりは他人

  • 心は脳が作る

    生まれた人間は肉体を通して感受したした感覚はそれぞれの器官で電気信号に変えられ脳で自分が体験した世界が形成されます。脳が処理した電気信号が記憶になり、思考する自分も脳内で生まれていきます。その電気信号は脳の海馬もしくは他の中心部位にある結晶細胞(霊体)に光の信号に変換されて蓄積されます。体験や思考、感情と理性そうした信号の塊が「自分を意識する」自我として生育していきます。もしも霊体が脳から離脱しても脳が生きていれば生活できるかもしれません。記憶が持続しないことや、それによって社会生活に障害が出るかもしれませんが原始的な生活ならできるのではないかと思います。肉体を動かすのは脳です。脳が壊れれば肉体を動かせません。しかし霊体がなければ意識は持続せず、肉体の死とともに全て消えます。脳と霊体は連携して働いていると思うの...心は脳が作る

  • 闇を照らすサインの意味

    テレビから録画した光の王のサインの中でこのクレージージャーニーの写真家・伊藤大輔さんのマフィアの写真は非常に良好な形で理想的です。これはかなり強い天使が光のサインを発現していると思われます。私はこのサインを現した天使が、マフィアの青年をとおして、闇から抜け出し、人生を光ある道に転換しなさいと見る人に伝えていると思いました。映っているマフィアだけでなく、この画像のように闇に落ちたものにも天国は見捨てずやり直す機会を与えるという意味だと解釈しました。それにしても光の王のマークサインが(逆さですが)たくさん現れています。暗闇に黒い姿の男が立ち、太陽が闇を照らそうとし、その男を天国の印が現れ照らす構成は本当に素晴らしいです。光の王のサインの説明はこちら闇を照らすサインの意味

  • 録画した光のサインの説明

    私のカメラにだけ光のサインが撮影されたのであれば、普通の人は「ねつ造」「作り物」を疑うと思います。しかし、私の関わることが出来な世界中の見知らぬ他人のカメラや、遠い国々のカメラ、日本のテレビ局が国内・外国で行ったロケなどに「光の王」は非常に多く撮影されています。テレビのニュースで世界で起きた戦争。災害。事故などの映像を見て、映っていてるな~と感動しました。私はバラエティーが好きでよく見ていまして、その番組の企画で毎回出ているケースがあって驚きました。「ごはんリレー」がそうでした。その品質のいい「光の王」の形には毎回驚きました。企画チャレンジャーのエリちゃんが日本全国あちこち移動しますがほとんど付いて行っているのようで光のサインが現れました。ごはんリレーは本当に面白くて、頑張ってるのを応援してみてました。ごはんリ...録画した光のサインの説明

  • 光の王と神話について

    何年か前の探偵ナイトスクープでも光の王のサインが出ていたのを見ました。中でも興味深かったのが、視聴者からの可愛い依頼ででたサインです。その依頼は飼い犬きなこちゃんを「太郎ちゃん」と間違えている近所のおばあちゃんに本当の名前を呼んでもらう作戦で、きなこちゃんの首にスピーカーをつけて「太郎じゃないよ、きなこだよ」とおばあちゃんに話しかける御伽話のようなシーンでした。王冠の特徴、とくに光の角のような部分がちょっと出ている中々のクオリティーでした。↓突然現れた光の王のサイン光の王が被っている黄金の王冠を現す部分が(逆さです)にでています。↑光のサインの拡大です。ひし形だけでなく逆さに冠のギザギザ?が見えます。↓そして光のサインは普通の六角形に戻りました。この依頼はとてもかわいいですが、とても興味深い面があります。犬を霊...光の王と神話について

  • 光のサインは頑張る人を応援して出現することがあります

    私が光の王のお顔を撮影し、その姿を象ったマークサインを知ったのは2007年でした。その後ユーチューブに撮影したUFOや太陽光に反射して現れる天国のサインをアップしましたが、当時すでに私より先に「光の王のサイン」を撮影している人たちがいました。残念ながら彼らはそれを宇宙船だと言っていました。霊現象、幽霊、幽霊という意味のゴーストであると伝えましたが拒否されました。中には2007年よりさらに10年近く前に光の王の光サインを撮影している人もいました。彼はそれを奇怪な生き物と書いてました。昔のムービーカメラは太陽の内部の反射を防げなかったからか撮影しやすかったようです。ユーチューブでみた映像ではアメリカで起きた9・11事件の時、飛行機がビルに…そうしてビルが崩壊していく動画に煙が魔物のような顔に見えるという動画がアップ...光のサインは頑張る人を応援して出現することがあります

  • 霊界の正体、電気を帯びた霊体が空に集まる

    ウイルスサイズの霊体は重さがなく、電気的性質を持って電磁力を帯びているので地上より天空に上昇しそこで集められていると思います。霊体同士はふわふわと距離を持って互いに電気信号もしくは僅かな電磁力でつながていて、強い結合ではないので空で集まった状態で浮遊し、地球を回っていると予想します。霊界は物質面では霊体が上下左右に並んだものだと思います。1000億を超えるだろう霊体が集まってもウイルスサイズなので霊界はさほど大きくないと思います。実は私はUFOタイプで光の王の顔を撮影した時期に、一瞬ですが空に黄金のリングをみました。金の指輪のようなものが横になった形が一瞬金色に輝き、そこから金色の光が下りてきたのです。慌てすぎて撮影できませんでした。残念。霊界では霊体の性質でデータと波長でできたイメージ世界が共有されるでしょう...霊界の正体、電気を帯びた霊体が空に集まる

  • 生きた脳内で死んでいる「自分」

    生きた脳から霊体を取り出した場合、肉体は別段生きていけます。例えば記憶が短い、自我がない、複雑で高度な人間社会に対応できない、そうした障害は起きるかもしれませんが、脳自体は言語機能もあるし、会話も感情ももち、行動できると思います。霊体の方は既に死んでいる細胞の結晶に似た物質なので脳内でとっくに死んでいます。死んだ結晶細胞に形成された自我は、とっくに死んでいる自分という実に矛盾したものです。生きた脳から例えば取り出した場合、取り出される前までで意識が形成され、その後の記憶は他人を見るような感じで同一感はないでしょう。離れた動く肉体である自分と別れて霊界に住んでもいいはずです。でも動いているのが自分ではあるという気分はあるでしょう。霊体が取り出された肉体は死んで滅びます。取り出された霊体はその後数千年以上、もしかし...生きた脳内で死んでいる「自分」

  • 霊体は目に見えない程小さい

    神経細胞由来の「霊体」は細胞が酸化で干からびて縮んだためにウイルスサイズだと予想されます。ウイルスサイズだと脳から出られるサイズです。胎児期に既に死んだ細胞だと思います。細胞内にあるDNAやミトコンドリアなどの小器官も結晶かそれに似た素材になり、電気的性質を帯びます。生きているときは脳の支配、体細胞などの関りで不自由ですが、脳から離脱した後は元細胞の器官が「メモリ、モーター、充電、周波数発生装置、電波受送信装置他」の働きを行い自由に行動すると思います。しかし手足もないので生きている人間とはコミニュケーションできません。先に死んで天国の仕事をしている天使の皆様はたくさんの役割を担っていると思います。最近はテレビでも「光の王」のサインを見る機会が減りましたが、一時期バラエティーによくでていました。松本人志さんMCの...霊体は目に見えない程小さい

  • 脳から霊体が離脱する

    光の王のサインが世界中で出ているのは人間の肉体死ののち脳から「神経細胞ニューロンのたぶん細胞体(もしくは細胞核)が胎児期に、脳の酸化ストレス及び電流刺激で炭素素材の電気的素材になった結晶細胞」が離脱したからです。「光のサイン」はテレビのニュース映像なすどぐに編集されて録画できなかったケース以外にバラエティー番組で録画できたケースがあります。何年前の番組だったか、世界番付という番組でオードリー春日さんが世界の村にいったりする企画があって、見たけど録画できなかったのが、海の上で生活する村での生活で光の王の逆さの王冠が出ているのと別の村で若者が空中で勇気を試す村とかいう海外ロケでみました。海の村では子供がかわいかったです。私が気づいたのがそのあたりで、たぶんこの企画が好きな天使のどなたかがもっと前から光のサインを出し...脳から霊体が離脱する

  • 光のサインは世界中に出ています

    子供のころからUFOを見ていて、母の死の後UFOを撮影しようと思いできるだけ遠くをアップにして正体を調べようとズームできるハンディカムを買いました。それがUFOの代わりに出現した「光の王のマークサイン」を撮影できるポイントでもありました。最初はUFOの形が「光の王」の顔だったパターンを発見。次に知らぬ間に背景に写り込んでいた。そのサインは、光がチカチカしたりして私に気づくように促していたと思います。窓越しに外の景色を何気に移してそのマークサインが現れたときは衝撃でした。太陽光が反射した部分全部に顔のマークが出ていたのです。私はその印を試しながら調べました。1年以上かかっています。最初は太陽光だけしか現れないと思いましたが、出かけた建物内で電灯がチカチカ光って見えて、気になって光をズームアップしたら光の王の姿を模...光のサインは世界中に出ています

  • 天国からの光のサイン

    前の記事に貼った動画を見ていただけましたか?あの動画は私が以前住んでいた家のベランダ側の部屋に座るテーブルがあり、そこで座って撮影したものです。何故私の家で私が座ってあの映像を撮影できたかというと、実は長い長いお話です。私は子供の頃からUFOをよく見ました。最初は宇宙人の船と思い、次に幻覚と思い、もしかして霊現象かもしれないと、いろいろ考えました。私は何十年もUFOを見ていたんです。私は子供のころから霊現象も多く体験しました。霊が物質だと私はそういう仮説をずっと考え、まとめ始めていました。その合間に母が亡くなって、私は霊現象であることを切に願いました。霊界の存在証明は、母が生きている保障になるからです。ムービーカメラは高かったのですが、10年前くらいにはお手頃になり、UFOを拡大する為のズーム機能が大きい物をか...天国からの光のサイン

  • 数千年前の死者「光の王」

    この動画は私が撮影した物です。光の中から黄金の王冠を被った人物の顔が現れます。この特徴から私は勝手に「光の王」と呼んでいます。本名は知りません。画面を大きくしたほうがわかりやすいかもしれません。この人物は数千年前に肉体を失った人物だと予想されます。ただ、もしかしたら数万年前…という可能性もあります。そう思うに至った流れは今後ゆっくり説明します。重要なのはこの人物の存在が動画に撮影されたことで、人間は肉体が滅んでも精神は存在するということです。数千年前の死者「光の王」

  • 全ての人々は霊界に保護されます

    愛する人、愛する家族、そして自分自身がこの世から消え去ると悲しむ皆様、どうか安心してください。肉体が無くなっても、これが自分であるという「意識は」脳から脱出し、私達は生き残ります。そうして全人類、誰でもが肉体を失ったあと霊界に保護されます。人種の違いも、男女の別も、国境も、宗教の違いも、善人悪人さえも越えて、全ての人類を霊界の指導者たちは保護します。意識障害で自縛霊、浮遊霊として彷徨う人々にも繰り返し働きかけて保護を目指しているでしょう。霊界は古から言い伝えられた世界、臨死体験でも語られた世界、それは実際にあり、そこはイメージが現実となったように感じられる世界、その大地に立ち、まるで生き返ったように感じるでしょう。かつて、霊界が存在しなかった時代、数十万年、数万年、そうした古い昔の霊たちは、死んだ後、自分たちの...全ての人々は霊界に保護されます

カテゴリー一覧
商用