searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

エギング講師さんのプロフィール

住所
名古屋市
出身
福井市

初心者エギンガーや苦戦をしているエギンガーを救います! あなたは今 満足な釣果を手にしていますか? もし!今よりもっと釣りたいのなら 僕を頼ってください!

ブログタイトル
今まで一杯も釣れなかったエギングを始めたばかりの社会人が1日10杯以上釣れるようになった方法
ブログURL
https://riki-0415.hatenablog.com/entry/2019/10/18/185557
ブログ紹介文
【10杯以上釣りたい】【キロアップもあげたい】 でも、 全く釣れないし。教えてくれる人もいない。 だから上達しない。 そんな人の為のエギング教室です! 僕があなたの先生になります!
更新頻度(1年)

31回 / 96日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2019/12/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、エギング講師さんの読者になりませんか?

ハンドル名
エギング講師さん
ブログタイトル
今まで一杯も釣れなかったエギングを始めたばかりの社会人が1日10杯以上釣れるようになった方法
更新頻度
31回 / 96日(平均2.3回/週)
読者になる
今まで一杯も釣れなかったエギングを始めたばかりの社会人が1日10杯以上釣れるようになった方法

エギング講師さんの新着記事

1件〜30件

  • 【エギング】ドリフト釣法の考え方

    どうも、りきです! 初心者の強敵、ドリフト釣法 初心者エギンガーの方は とても苦戦強いられます。 苦戦する理由に そもそも考え方がわからない人が多いなと 思いました。 みなさんは ドリフト(流し釣り)にどの様な考えを 持ちますか? エギの選択なども多分 沈むのが速くて、重いエギ! みたいな考えかなと思います。 ちょっと考え方を変えましょう! まず、エギを選ぶ時は 流れが速いから 今言った、沈むのが速くて、重いエギ を選択されると思います! まず、ここから変えましょう! ドリフトのメリットに キャストでは 届かないところにいる イカにエギを届ける事ができる という最強メリットがあります! そんな…

  • ショックリーダーの理想の長さ

    どうも、りきです! この前、リーダーの理想の長さを 生徒さんに聞かれたので少し解説します! みなさんは、どのくらいの長さの ショックリーダーを繋ぎますが? このくらいかな? でも、根ズレで切れたらどうしよう 長いとエギが動かなそうだし みたいな事を思っているのではないでしょうか? 磯なら長め 堤防からなら短め 大半がこの様な決め方をしていると思います。 しかし、初心者の方に そんなこと言っても伝わらない事が 最近わかったので、僕なりに 長さの目安を作りました! リーダーの長さは ロッドのトップから 1番リール側のガイドまで これを目安にしてください! 何故か!? まずこれはキャストに関係します…

  • リーフを攻めときに意識する事

    どうも、りきです! 沖縄の初心者エギンガーさーーん! 沖縄エリアは今シーズン中だと思います! でも、初心者エギンガーからしたら リーフの攻略は中々難しいですよね! 水深は1m〜2mの様な遠浅のポイントばかり そんなポイントでエギングをすると 根掛かりのオンパレードですよね。 そんな時にまずやってほしい事 リーフは遠浅に見えて 急に深くなっているところが たくさんあります! 1mから急に6mみたいな! そこの 駆け上がりを狙ってください! リーフ特有の狙い方です! 狙うのはその駆け上がりだけでいいです! 駆け上がりを過ぎそうになったら 回収してもらっても大丈夫です! こうやってどんどん ランガン…

  • 沈下速度でアクションを変える

    どうも、りきです! みなさんは、エギの沈下速度で しゃくりを変えたことがありますか? もし、変えていなくて アンバランスなしゃくりをしているなら 少し参考にしてみて下さい! まず、沈下速度の早いエギ。 これを使う時に意識して欲しいことは 手返しのいい キビキビしたアクション まず 沈下速度が早いエギを使う理由に 活性の高い個体を狙うため、という理由があります! そして、沈むのが速い分 根掛かりのリスクもあるので なるべくキビキビした動きを意識するといいですよ! それは対照的な沈下速度が遅いエギ。 これを使う時のアクションは スローなアクションです! そもそも 沈下速度が遅いエギを使うときは 親…

  • 流れがある所での釣り方

    どうも、りきです! 今回は流れの中では どのように釣ればいいかを解説します! 多分あなたも流れでのエギングは 苦戦しているかと思います。 でも、少し考え方を変えるだけで 「苦手」が「得意」に変わります! まずみなさんは 流れがきついポイントでも テンションフォールを使っていますか? 確かに初心者エギンガーさん達には 「テンションフォールを覚えれば大丈夫だよ」 と言ってきましたが、 流れがある所では違います! ここでは フリーフォールを使って下さい! 流れの中でテンションフォールを使うと 流れのせいで エギが浮いてきてしまいます。 だから、フリーで流すんです! ここでのフリーフォールのポイントは…

  • 流れの中にいるイカ

    どうも、りきです! みなさんは 流れの中にいるアオリイカって どの層にいるか 考えたことはありますか? これを考えると ・手返しが良くなる ・エギをロストする事がなくなる という事があります! まず、 アオリイカは基本 ボトム付近にいるという 認識はあると思います! しかし 流れの中にいる アオリイカはボトムで じっとはしていません。 基本は 中層付近にいます! だから 流れがある所では ドリフト釣法を使うんです! みなさんは今まで 流れがあるから ボトムを取るのが難しいです。 こんな悩みを持っていたかと思います! でも、 そんな悩みを持つ事が間違いでした! もう、これで そんな悩みはなくなっ…

  • 潮が動いているかを見極める

    どうも、りきです! みなさんは 潮が動いている、止まっているの 判断は出来ていますか? 何を見ていいかわからない。 どうなったら潮が動いているの? この悩みを解決していきましょう! まず、潮が動いているかは 目で確認できます! 誰でも確認できるもの。 まず 海藻がどっちになびいているか これに着目してください! もし、 海藻が真っすぐ立っているなら それは潮が止まっています。 横に寝ているなら、動いている証拠です! これで潮が動いているのが分かります! そして、 地域によっては ウミガメがいるかいないか でも確認する事ができます! まず、ウミガメは 潮が止まっているときにしか 水面に浮いてきま…

  • 【盲点】荒れた日はミオ筋を攻める!

    どうも、りきです! みなさんは、荒れた日は もぅエギング行くのやめようかな… って思うことありますよね。 僕もそうだったんです。 でも、荒れた日でも イカの釣果が上がっているので 何でかな?と思う事がありました。 でも、イカはいなくなる訳はないし 全部の個体が沖に出る訳ないなと思ったんで ショアから届くところに アオリイカはいないものかと思った時に 1ヶ所、アオリイカが休めそうな所があって それが『ミオ筋』何です! ミオ筋は、大型の船とかが通る為に 深く掘り下げられた船の通り道。 ここなら、泳ぎがそんなに上手でない アオリイカでも、 生きていけるなと思いました! そして、1度荒れた日に ミオ筋…

  • イカが釣れなくてもサビキ師の釣果を見る!

    どうも、りきです! みなさんは 自分は釣れないからもう帰ろう。 とか思ってすぐに帰ろうとしていませんか? まだ早いです! もし、磯ではなく 堤防、漁港でエギングをしていると サビキ師の方ってよくいますよね? そこに注目して欲しいんです! もし、釣れていなかったサビキ師の方が 釣れ出したら、それは 潮が動き出した、 何か海に変化が起きた そういう合図なんです! そうなったら帰ってはいけません! あなたに アオリイカを釣る 大チャンスが巡ってきました! サビキ師の方が 釣れなくなるまで投げ続けましょう! これを実行してくれれば いい釣果に恵まれる確率は グンと上がるので 是非諦めず粘りましょう! …

  • キャストは引き手と押し手

    どうも、りきです! 今回はキャストのコツについてお話しします! まずキャストが苦手な方って そもそも 人前で投げたくない 周りに見られていそうで嫌だ こんな事を思いながら キャストをしていませんか?? こんなんじゃ、楽しいエギングが 楽しくないエギングになってしまいますよね。 でも、大丈夫です! 今回教えるポイントを理解すれば 明かに飛距離が伸び周りの目を気にせずに エギングを楽しむ事ができます! では 今日、理解して欲しいコツは 『押してと引き手』です! 右投げの人なら 右手はラインに指をかけていますね? 左手は竿の1番下を持っていますね? キャストの時、 この右手で竿を押し出して欲しいんで…

  • 【え!?】ディープタイプのエギの新しい使い方

    どうも、りきです! デープタイプのエギって 深いポイントや、風が強い日とかでしか 使い道がないと思っていませんか? 実はディープタイプのエギでしか 出せないアクションがあるんです! これができると困ったとき、 普段のしゃくりで乗らないときに使うと いいアクセントになります! では、どうするか。 テンションフォールって エギの沈下速度を抑えますよね? それも、ロッドを立てて 角度をつけると尚遅くなります! ディープタイプでも同じこと! これを利用するんです! まず ①テンションフォールで沈下速度を遅くします。 ②そして、一気にテンションを抜きます! そうするとエギは 一気に急降下し、今までになか…

  • ボトムを攻める時のエギのカラー

    どうも、りきです! 冬と言えばボトムの釣り! そんなボトムを攻める時 どういったカラーを使っていますか? あなたはこの記事を、理解すると エギのローテーションのパターンが もう1通り増えて、確実に エギのローテーションに困らなくなります! 考えてみて下さい。 海底には何がありますか? 海藻、岩、フジツボなどの貝類 いろんな物が海の中にはあります! 海の底の色=自然色(ナチュラルカラー)に なってきます! 例えば、岩礁帯なら フジツボなんかの貝類が たくさんありますよね? フジツボは、何色かと言われれば 赤茶のような色です! その色にエギのカラーを合わせるんです! そうする事で 活性の低いアオリ…

  • 風の日のエギングの意識

    どうも、りきです! 今回は風の日のエギングについて 書いていきます! 風の日って中々アタリも取れないし そもそも海の中でエギがどう動いているか 分からないですよね。 その時みなさんは どうにかしてアタリを取ろうと テンションを強めに張ってみたり 軽く合わせてみたりと 普段絶対しない事を してしまいます! わかっててもやってしまう。 仕方ないです! 風の日は色々な心配が出てきますもんね。 でも! こういう時ほど 無駄なアクションに気をつけなければいけません! 言ってしまえば エギにイカを連れてきてもらって下さい! あなたは、エギが仕事を しやすい環境を作ってあげるだけ。 安定したフォールをさせて…

  • 冬のエギングはスローに

    どうも、りきです! みなさんは 春夏秋冬でエギングの仕方を変えていますか? 変えない人… 秋は釣れても春は釣れません 春は釣れても 冬はもっと釣れません! オールシーズン 同じことをしていてはダメなんです! 特に、 冬は他の時期と変えなければなりません! 何故か? まずアオリイカは水温が15度を下回ると 活性が低くなります。 そして、圧倒的に動きがにぶくなります。 まずこの事を頭に置いて エギングをしましょう! ===================== 1年を通して1番活性が低く 動きが鈍い冬のアオリイカ。 そんなアオリイカの前でやってはいけない事。 それは、 激しいアクションで誘う事! そ…

  • 実際、テンションフォールって何??

    どうも、りきです! 前回の最後に 「テンションフォールの説明をする」 って言いました! その記事はコチラ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ riki-0415.hatenablog.com テンションフォールは是非 初心者エギンガーに1番初めに 覚えてほしいフォールです! これを覚えさえすれば 漁港で全くアタリが分からず途方に暮れる イカがいるか分からず不安になる などの不安がなくなります! そこで、今回は そんなテンションフォールに ついて解説します! ズバリ テンションフォールとは ラインを張りエギの重みを感じながら フォールさせる事です! その為、このように 手前に寄って来ながら 沈んでいく…

  • イカのアタリってどんか感じ??

    どうも、りきです! 初心者の方、 イカのアタリを感じた事がない方。 そんな人にイカのアタリを取るには! なんて説明しても そもそも、 どれがアタリかわからないですよね? 今回は僕が イカのアタリはこういう感じ というのを説明します! まず、イカのアタリを感じた事がない方。 イカのアタリは魚のような 「ブルブルブル」 というアタリではありません。 イカのアタリは大きく分けて3種類! ・引っ張られる ・止まる ・戻される 決してブルブルではありません! そして、アタリを感じるのに 難しい順番は 1位 戻される 2位 止まる 3位 引っ張られる なので引っ張るアタリが1番簡単なので まず引っ張るアタ…

  • 広範囲をサーチする為に

    どうも、りきです! みなさんは仕事をされている もしくは学校に通いながら エギングを楽しんでおられる方ばかり だと思います。 その中で こういった悩みはないですか ・時間がない ・手返し良く攻めたい ・早く見切りをつけたい やはり平日や仕事、学校の日でこその お悩みがあるかと思います。 僕もそうなので。 そこで、 みなさんに意識してほしいのは 扇状にキャストしていく ということ。 まずこれをしないと ・探れる範囲が激減する ・イカがすぐスレる ・いつ移動すればいいか わからない という事が起こってしまいます! この冬場は長い時間エギングをするのは なかなか体がしんどいですよね。 寒すぎて出来て…

  • スラックジャークってどれだけ糸ふけを出せば良いのか?

    どうも、りきです! みなさんは スラッジャークはどのくらい 糸ふけを出せば良いかわかりますか? そもそも、スラックジャークは ベテランさんしかできないものだと 決め付けていませんか? 実はそうではないんです! 誰でもできます! 初心者でも可能です! 意識することはたった1つ! それは 竿が1番上に 来たときに やっとテンションが かかるくらい の糸ふけを出すこと! たったコレだけです! これでスラックジャークの完成です! え?っと思うかもしれませんが 少しスラックジャークの解説をしながら 説明していきます! そもそもスラックジャークは ・エギをその場でアピールさせたい ・何回も誘いたい ・しゃ…

  • 同じカラーでも実は使い所が違う、エギの不思議

    どうも、りきです! みなさんは 釣具屋さんで 「何で同じカラーがたくさんあるんだ?」 とか思ったことはありませんか? エギのカラー、テープの理解を しっかりできれば エギのローテーションのバリエーションは 5倍には増えます! 釣具屋さんに行って、 棚に並んでいるエギ達 ピンク、ピンク、ピンク オレンジ、オレンジ、オレンジ は?? 僕はカラーを気にしていなかった時 素直に思いました笑 どれも一緒やん。って思ってました。 みなさんの中にもいるのでは? でも、違います。 1番の違いは何と言っても テープの違いです! 例えば ・ピンク 金テープ ・ピンク ケイムラ これでも使う場面は違います! 金テー…

  • 実は!ファーストフォールでも簡単にアタリが取れる!

    どうも、りきです! 今回は、みなさんが大嫌いな ファーストフォールでのアタリの取り方を 解説します! キャストしてからの ファーストフォールって、正直 ・難しくてアタリが取れない ・そもそも取る気がない ・カウント数えるのに必死 とか色々理由付けて 意外とアタリを取る事をしていませんよね。 でも、エギングっていうのは このファーストフォールが 1番肝心だったりします! なぜか。 ・イカから見て 初めてエギを見るかもしてない ・スレていないかもしれない ・高活性でいるかもしれない もしこうだった場合 ファーストフォールに抱いてくる可能性って 高くないですか? 実際僕も、 エギを投入してすぐにガン…

  • イカが1杯釣れたらする事

    どうも、りきです! みなさんは、アオリイカが1杯釣れたら エギは交換していますか? 多分していないと思います。 心の中で 「今日はこのエギがアタリや…」 とか思っていませんか? 僕もそうでした。 でも同じエギを投げるより もっと釣れる方法があります! 具対的な数字で言うと 3杯釣れたのは7杯くらいになります! では 1杯釣れたら何をするか。 それは 釣れたエギと全く違うタイプのエギを投げる! えっっ。。 いや、ホントです。 簡単に解説します! あなたはご飯を食べるとき 大好物でもずっと 同じ物を食べ続けられますか? 無理ですよね。 大好物を食べて その後にデザートなんか出たら 嬉しくないですか…

  • 冬のエギングの水深

    どうも、りきです! 冬のポイント選びって難しいですよね。 どこにいっても釣れない ベイトすらいない ましてや人もいない ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎ チャンスです!! ということで、 今回は、冬エギングでの ポイント選びと言うことで 『ベストな水深』について書いていきます! 冬のエギングのポイント選びでは 水温が安定している事が 条件の一つになって来ますよね。 その状況を作るために 水深があるポイントが条件になります! では どのくらい水深があればいいのか。 大体50Mですね!! でも現実的に無理です。 ショアからなら 10mから15mのポイントに 入ってください! なぜこの数字なのか… まず…

  • 【重要】1投目は足元から!

    どうも、りきです! 今回は、釣り場について まず、どこにキャストすれば良いか解説します! みなさんは、釣り場について すぐフルキャストなんてしていませんか? これ、やっている自分は気持ちいいのですが もし釣れた時にとても勿体無い事になります。 これを理解していないと 10杯釣れるはずが1杯になんてことも… 今回覚えて欲しいこと。 それは、 釣り場に着いてすぐ、 沖でイカ墨を吐かせない! なぜか? ・イカが沖で墨を吐いてしまう ・墨で他のイカに影響が出る ・1杯釣れたら後が続きにくくなる などの問題があるんです。 まず、イカの墨というのは ・煙幕の役割 ・仲間への危険信号 の役割があります。 そ…

  • テンションフォールは完全にテンションをかけない!?

    どうも、りきです! 今回は、 テンションフォールについて書いていきます! 本当のテンションフォールを習得すれば ・アタリが増幅する ・フリーフォールも簡単に ・自ずと釣果が伸びる! 確実にこの未来が手に入ります! ==================== テンションフォールと聞くと ラインとエギがピンと1直線になるような フォールをイメージしますよね? でも、そのピンと1直線になっている状況で 海中のエギはどうなっているか 想像したことはありますか? その時のエギは 上を向いてしまうのはわかりますか? 実は 『イカが抱いて来にくい姿勢』 になってしまっている事が多いんですね… というのは エギ…

  • イカはエギの違和感に気付く

    どうも、りきです! みなさんはアオリイカは 目がいいこと 見た目に敏感なことを知っていますか? これを理解するのとしないのでは 全く釣果が変わってきます! アオリイカはまず 視力が0.6と言われています。 意外と目がいいんですね。 このことを頭に置いておいてここから 読み進めて言ってください! エギングのあるあるですが エギに 海藻が引っかかることってありますよね? あれ本当に嫌ですよね。 でも、取るのが面倒だからと このまま、投げたりしていませんか? 絶対ダメです。 これだけのことですが エギに近づく個体数が激減します。 イカが抱いてくる確率が 半分に。いや 1/3にまで減ります! これは大…

  • 実はエギのある場所でエギの動きは変わる!

    どうも、りきです! みなさんは エギのある場所でしゃくりの 強さを変えていますか? 実は エギが近くにある場合 エギが遠くにある場合で エギの動きが 変わってくるのです! 近くにエギがあるときは しっかり動いているのが 自分に伝わると思います。 しかし、 遠くにある時はどうでしょうか? エギがどうなっているかわからない。 あるあるですよね。 これでしっかり 動いているのだろうか。 イカは反応てくれるのだろうか。 こんな不安を抱えたまま しゃくっている初心者エギンガー とても多いです。 では、遠い遠いところにエギがあるとき 海中ではどうなっているか 解説します! この僕が書いた汚い絵のように笑 …

  • 冬はボトムステイが有効

    どうも、りきです! 冬のエギングはどうしても 活性が下がってしまいますよね? そんな時でも 激しくしゃくったり 中層それ以上にまで しゃくり上げたりしていませんか? 冬のアオリイカは 秋や春に比べて活性が低くなっています! そんな時に シーズン中のようなしゃくりを してしまうと エギに追いつかない 反応すらしない ということが起きてくるんです! では! そんな時は どうすればいいのか。 僕が冬のエギングでオススメする釣り方は 『ボトムステイ』です! 1度は聞いたことはあるかもしれません。 ただただ、ボトム(海底)で じっとエギを放置するんです。 時間にして大体 30秒〜40秒ほど 放置します!…

  • イカのパンダマークについて

    どうも、りきです! 今回はイカのパンダマークについて 書いていこうと思います。 このパンダマークは何かわかりますか? これが何か分かると どこにイカがいるか分かるよいうになります! そして、 1杯釣れたらもう1杯釣れる いや 1杯釣れたら5杯は釣れる こんなことが起きることもあります! もう、早く パンダマークの真相を知りたいですよね では、書いていきます! パンダマークというのは 冒頭のアオリイカの写真にもあった エンペラに写る 黒い斑点のことなんです! これは何かというと 『仲間に危険を知らせる信号』 なんです! ということは 仲間に危険を知らせる=仲間がいる ということです! 思い返して…

  • アオリイカはどこにいるのか

    どうも、りきです! みなさんは全く釣れない時 どこにいかがいるか考えたことはありますか? あまりわからないですよね。 自分だけ釣れないとか 周りも釣れていない日なんかは もうイカはいないんだ! とか思ったりもしますよね。 でもそんな時でも 必ずともイカがいないという訳ではありません。 まずイカがどういう所に集まるか。 それを考えましょう。 これが分かれば、 ポイントを絞れ、手返しがよくなり ラン&ガンする際に 考えている時間を無駄にせずに済む。 というメリットが生まれます。 では、まず どこにイカがいるかということで イカが好む海藻を理解しましょう。 ・アマモ ・ホンダワラ この二つを覚えてく…

  • エギングで釣果を上げる為に飛距離を伸ばす方法②

    どうも、りきです! 前回は、飛距離の伸ばす為に 『遠心力を使う』と言うお話をしました! ⭐︎前回の記事はコチラ ↓↓↓↓↓ riki-0415.hatenablog.com 前回の書いた通り 今回は、もう一つの方法 『テコを使う』 ということで書いていきます! まず、うまい人のキャストって どんな音がしますか? びゅっ!っと キレのいい音がしませんか? また、あなたはどうですか? 竿を振っても無音 目の前で着水 こんな感じではないですか? わかります。 僕も同じでした。 周りの目めちゃくちゃ感じます。 でも、僕は 前回の遠心力の記事 今回のテコを利用することで 僕のキャストへの不安はなくなりま…

カテゴリー一覧
商用