searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

トリさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ボルダリングナレッジ
ブログURL
https://boulderingclothes.com/
ブログ紹介文
最高グレードジム初段、外岩2段。 ボルダリング大好き、普及活動をしていうちに教えることにハマリ、 ボルダリングを始めたい人には少しでもわかりやすく、 上達したい人を助けることを理念に運営しています。
更新頻度(1年)

76回 / 201日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2019/12/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、トリさんの読者になりませんか?

ハンドル名
トリさん
ブログタイトル
ボルダリングナレッジ
更新頻度
76回 / 201日(平均2.6回/週)
読者になる
ボルダリングナレッジ

トリさんの新着記事

1件〜30件

  • ボルダリング上達のコツ【中級者~上級者への道】

    ボルダリング上級者になるにはどうすればいいですか? よく聞かれる質問です。 私は上級者は2級をコンスタントに登れている人だと考えています。 今回は私が2級をコンスタントに登れるまでに意識したこと、周りのベテランクライマーからもらった意見をもとに上級者への道を解説します。

  • ボルダリング上達のコツ【初心者~中級者へ進化しよう】

    初心者から中級者になるのは、保持力・ムーブが必要となってきます。 これは足限定の課題が増えて、より動きに制限がかかりバランスを保つことが難しくなるから。 今回は、初心者から中級者になるためのコツをご紹介。

  • ボルダリング上達のコツ【ゼロから始める初心者までの道!】

    ボルダリングをやってみたい!興味がある!でも難しそう。 ボルダリングをゼロから始めたい方必見。 ボルダリングのルール、マナー、登るコツをご紹介します。

  • ボルダリング女子のお悩み【肩幅は広くなるのか?メリット・デメリット】

    ボルダリングを始めるにあたって、女性が気にする問題が「肩幅が広くなるのか?」 ボルダリングをするとよく肩幅が広くなるって聞きますもんね。 確かに肩幅が広くはなりますが、初めてすぐに広くなることはありません! 今回は女性が気になる肩幅の問題について解説していきます。

  • ボルダリングトレーニング【初心者からでも出来る公園での雲梯トレ】

    皆さんボルダリングうまくなりたいですよね! 自分のペースで誰とも競わずに出来ることが大きなメリットでもあるのですが、 私みたいに負けず嫌いな人も多いのでは。 私はおひとり様で始めたのですが、 同じタイミングで始めた全く知らない人と セッションする機会が増え、 勝手にライバル心を燃やしてました。 毎日登りに行ければベストなんですが、 仕事があるので遅くなったらいけないですし、 翌日が早ければ諦めてし

  • ボルダリングトレーニング【保持力+腹筋を鍛える最適方法】

    ボルダリングでは、保持力と腹筋(体幹)が必要不可欠。 3級をチャレンジする頃には、必要な筋肉をトレーニングすることで上達が早くなります! 今回は強度は高いですが、保持力と腹筋の両方を一気に鍛えることのできる方法をご紹介します。

  • ボルダリングダイエット【初心者からでも冷え性改善にも効果抜群!】

    ボルダリングのダイエット効果が高い理由には自然と続けられることと、冷え性が改善出来る点が大きいです。 冷え性は特に女性に多く、近年では男性の冷え性も多くなってきています。 冷え性はダイエットの天敵と言われるほど、ダイエットとは切っても切れない関係。 今回は「ボルダリングで冷え性を改善しながらダイエットが出来る」お話。

  • ボルダリングダイエット【初心者からでもわかる身体の見た目の変化】

    ダイエットにも効果があるといわれる人気のボルダリング。 体重の変化をすぐに感じるのはどのダイエットでも難しいですが、 ボルダリングでは、身体の変化が1ヵ月でわかります! 今回は、ボルダリングでの身体の見た目の変化について解説します。

  • ボルダリングダイエット【初心者が勘違いしやすい!ボルダリングには有酸素運動効果有】

    ボルダリングはダイエット効果もあると人気沸騰中のスポーツ。 ダイエット効果あるとは聞くけど、難しそう。消費カロリー少なそう。 と思われている方必見! ボルダリングは誰にでも出来る、且つ消費カロリーも多いスポーツ。 さらにプラスの効果があります。

  • ボルダリング初心者講座【難しそうを簡単に思える登り方】

    ボルダリングは難しそうと思っていませんか? 一見難しそうに思えるボルダリングですが、実は意外と簡単なんです。 簡単で奥が深い。 今回はボルダリングが難しく感じる理由と、簡単に登れる方法をご紹介。

  • ボルダリング考察【初心者が常連さんを怖いと感じる心理と解決方法】

    ボルダリングを始めたての頃、常連を怖いと感じることありますよね。 私も初心者のころ、「近づきにくいな~」と感じていました。 しかし、これは常連さんが怖いのではなく、私たちが環境の所為で勝手に決めつけてしまっていたのです。 今回は、ボルダリングの常連さんを怖いと感じてしまうことを解決します。

  • ボルダリングは女子のダイエットにも最適⁉意外と多い消費カロリー

    ボルダリングは、ダイエット効果が高いスポーツです。 一見無酸素運動にみえますが、実は有酸素運動の効果もあります。 今回は意外と知られていないボルダリングのダイエット効果をご紹介します。

  • ボルダリングをすれば大人でも身長が伸びる!

    大人になると身長が伸びない。むしろ毎年縮んでいる⁉ 大人になると身長が伸びないのは、骨が関係しているのです。 また、大人になっても身長を高くする方法があります! 今回はボルダリングをすることで、身長が高くなることをご紹介します。

  • ボルダリングは体重90kgでも出来る!初心者でも登るだけで自然とダイエット効果が!

    ボルダリングは体重が軽い人でないと出来ないスポーツと思っていませんか?ボルダリングは体重が重い人でも楽しめるスポーツ。 さらに、ダイエット効果もあるんです。 今回は、私が教えた90kgの方のエピソードを交えてボルダリングのダイエット効果をご紹介します。

  • ボルダリングのダイエット効果!初心者でも引き締まった体に!

    ボルダリングは楽しく続けることが出来るのでダイエットに最適なスポーツです。 無酸素運動のイメージが強いと思いますが、実は有酸素運動も行えるんです! 今回は、そんなハイブリット運動が出来るボルダリングのダイエット効果をご紹介。

  • ボルダリング初心者講座~簡単に登る方法!【体重重い人編】~

    ボルダリングは体重が重いと登れないのでは!?と気になる方多いです。 確かに軽い人の方が有利になるようにみえますが、重い人でもしっかり登れて楽しめるのです。 今回は体重が重い人でも楽に登れる方法をご紹介します。

  • ボルダリングは有酸素運動と無酸素運動の最強コラボスポーツ!

    ボルダリングはダイエット効果があるとよく聞きます。 でもボルダリングは力で登る無酸素運動に見えますよね。 脂肪燃焼効果があるのは有酸素運動なので矛盾を感じます。 しかし、ボルダリングを実際にやってみると有酸素運動と無酸素運動の両方をやらないといけないんです。 今回はボルダリングの有酸素運動と無酸素運動が出来る理由とメリットをご紹介します。

  • ボルダリングトレーニング【怪我の療養中】

    怪我をしてしまって登りたいのに登れない!なんてことありますよね? 無理して登ると余計に悪化するので絶対にやめましょう。 しかし、だからと言ってなにもしないわけにもいきません。 今回は、怪我をしたときに使える心構えとトレーニング方法をご紹介します。

  • ボルダリング50代から始めても3級をクリア出来るようになる!

    最近体の衰え感じていませんか? 自分では思っていなくても周りからは「おじさん、おばさん」呼ばわり… 若いときのように、気力・体力をとりもどした。 そんな方にボルダリングがお勧め! ボルダリングで自然と体を鍛え、若々しく気力あふれ、怪我をしにくい体をつくことが出来ます。

  • ボルダリング上達への近道は怪我をしないこと!落下は要注意!

    ボルダリングで上手くなる近道は怪我をしないこと! 怪我をしてしまうと登る機会が減り成長速度が遅くなるからなんですよね。 怪我で一番多いのが、落下時です。 今回は落下時の怪我の予防方法をご紹介します。

  • ボルダリングにスランプはつきもの!スランプ攻略法

    ボルダリングをやっていると誰しもが陥るスランプ。あなたも経験しているのでは? 私も何回もスランプを経験しています。 そんな私がスランプを脱出できた方法をご紹介します。

  • ボルダリングでスタートが出来ない人必見!スタート出来るコツ

    ボルダリングでスタート出来ないことって意外とありますよね。 スタートはある種コツがわかれば簡単に出来るのですが、それに気づくのが難しい。 さらに初心者に多いのが、思い込み。 これがあるとさらに気づきにくくなります。 今回はそんな「スタート出来ない問題」を解決していきます。

  • ボルダリングで毎日筋肉痛が来るのを防ぐ方法

    ボルダリングをすると必ず襲われる筋肉痛。 とくに腕への筋肉痛は半端じゃないですよね。 初心者の方は登り方をちょっと気を付けるだけでもかなり抑えることができるんです! 今回は「筋肉痛を抑える登り方とケア方法」をご紹介していきます。

  • ボルダリングで必要な筋肉を毎日トレーニングするには?

    ボルダリングで必要な筋肉を鍛えるにはボルダリングをするのが一番! しかし毎日登ってしまうと筋肉は発達するどころか減退してしまいます。 そこで毎日やっても筋肉が発達する方法をご紹介します。

  • ボルダリング毎日登ると故障するリスクが高くなる!

    ボルダリングは楽しくて仕方がないのでついつい毎日登りに行きたくなりますよね。 しかし、毎日登りに行ってしまうと怪我のリスクが高くなり、逆に筋肉が衰えることになりかねません。 今回は毎日登ることで起こる怪我のリスクと適切な通う頻度のご紹介。 毎日登れる方法もご紹介します。

  • ボルダリングで指立て伏せは効果あり!

    ボルダリングのトレーニングでぶら下がりや懸垂よくやりますよね。 しかし、これらをするには器具が必要ですよね。 器具がないときにおすすめなのが「指立て伏せは」です。 指以外にも鍛えられるので、トレーニングに変化を加えれますよ!

  • ボルダリングで指立て伏せは効果あり!

    ボルダリングのトレーニングでぶら下がりや懸垂よくやりますよね。 しかし、これらをするには器具が必要ですよね。 器具がないときにおすすめなのが「指立て伏せは」です。 指以外にも鍛えられるので、トレーニングに変化を加えれますよ!

  • ボルダリングで炭水化物は必要!摂るタイミングを意識しよう

    減量中のクライマーの方、炭水化物抜いていませんか? 炭水化物はクライミングに必要な栄養素です。抜いてしまうとせっかく鍛えた筋肉が台無しになりかねませによ。 今回は炭水化物の必要性についてご紹介します。

  • ボルダリングで体が硬い人用のストレッチ

    ボルダリングで体が硬くてハイステップが上がらない!手が届かない!なんて経験ありませんか? ボルダリングは柔軟性が高いほど有利です。 今回は体が硬い人でも出来るボルダリングに役立つ柔軟方法をご紹介します。

  • ボルダリングは体が硬くても出来るスポーツ!

    ボルダリングと聞くと「体が柔らかくないと難しいスポーツ」と思うかもしれませんが、全然そんあなことはありません! 開脚が90度でも前屈で手がつけられない人でも、登ることが出来ます。 今回は体が硬い人でも登れるかの不安を解消します。

カテゴリー一覧
商用