searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

R.さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
パルのブログ
ブログURL
https://www.pal-ds.net/blog/
ブログ紹介文
神戸にある、自然素材で注文住宅を建てる工務店のブログです。 アレルギーにも対応し、健康で快適に暮らせる家づくりを目指しています。 ブログには家作りや日々の暮らしについて色々綴っています。
更新頻度(1年)

88回 / 104日(平均5.9回/週)

ブログ村参加:2019/12/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、R.さんの読者になりませんか?

ハンドル名
R.さん
ブログタイトル
パルのブログ
更新頻度
88回 / 104日(平均5.9回/週)
読者になる
パルのブログ

R.さんの新着記事

1件〜30件

  • それでもきっと春は来る!

    どんなに辛く困難な状況でも、絶対春はやってきます。 先の見えない状況ですが、みんなで一緒に乗り越えましょう。

  • 土地探し

    先日、姫路方面に土地の現地確認に行ってきました。まだ土地探し中のお施主様に提案する前の段階ですが、まずは周辺エリアの環境や雰囲気、利便性などがお客様のご希望と一致しているのかどうかを確認しに行きました。パルステージでは、家づくりを検討されているお客様で土地探しからという方が多いです。最近では、注文住宅でお家を建てられる方の半分以上は、土地探しからお手伝いさせていただいています。土地情報をなんでもご提案するわけではなく、ご希望の条件に合う

  • 「元気がもらえる木の家」~お施主様インタビュー6~

    木の持つ不思議な力に癒されて、日々元気がもらえる。そんな家のご紹介です。 奥様のこだわりのオーダーキッチンは家の中心に配置。ここから家中が見渡せます。

  • 奥須磨公園

    昨日、休みを利用して神戸市須磨区にある『奥須磨公園』に行ってきました。子供は春休み。遊びに連れていかないといけない。(私が基本平日休みなので、子供が春休みや夏休みなど長期休みの間は、普段遊べていない分ここぞとばかりに子供と遊びに動き回るようになっています)私は燻製がしたい…(定期的に燻製づくりをしたくなる…)昼の3時ごろから子供の用事あり。「じゃあ近場で(燻製づくりをかねて)簡単にバーベキューをしようか!」ということで奥須磨公園にやってきました

  • 工務店で建てるバリアフリー住宅

    将来の事を考え、永く住み続けるためにも、工務店でバリアフリー住宅を建てませんか。 住宅メーカーと違って、お施主様の家族構成や暮らし方に応じたオリジナルのバリアフリー対応が可能です。

  • 神戸市垂水区現場 躯体検査

    先日棟上げした神戸市垂水区の現場では本日、第三者機関である検査機構の検査員の方による躯体検査がありました。上棟後、大工さんによる木工事はまず屋根の仕舞をして、そのあと構造金物取付、耐力壁の施工と構造上重要な部分の工事をしていきます。↑基礎と柱を緊結するホールダウン金物と筋交いを取り付けている箇所です。躯体検査では、土台、柱、梁、筋交い、耐力壁などの構造躯体が設計図書通り施工されているか、またそれらを接合する金物が適切に取り付けられている

  • 自然素材の家のメンテナンス

    自然素材の家のメンテナンスが大変だというのは勘違いです。 無垢材や、漆喰壁のメンテナンスについてご紹介します。

  • ダイニングテーブル

    新しくお家が完成したら、引越にあわせて家具を新調したいと思っている方が多いと思います。お施主様に相談されることもありますが、そんな時は「ダイニングテーブルはちょっといいものを購入されたら良いと私は思いますよ」とお答えしています。TVボード…最近はTVを壁掛けにする場合も多い。TVボードは建物に合わせて新築工事の造作でつくる場合も。ソファ…生地やクッション、構造にいずれへたりがでてくる=メンテナンス又は買い替えが必要。そこそこのものを購入して、1

  • 収納の話

    収納の仕方や必要な大きさは家族構成や暮らし方によって様々です。 パルステージでは、お施主様それぞれに応じたオリジナルの収納を設計し、造作します。

  • 淡路島 国営明石海峡公園

    暖かくなってきましたね。昨日、休みをつかって淡路島の『国営明石海峡公園』に行ってきました。神戸の方からだと、明石海峡大橋を渡って最初の高速出口「淡路IC」で下道に降りて、南に少し車を走らせるとすぐにある公園です。(夢舞台のところです)2年ほど前に淡路で新築工事をしていた時にこの前をよく通っていて、遊びに行ってみたらとても良かったので、それから何度も来ています。大きな遊具が子供にはたまらないみたいです。(自分も子供のころ、長い滑り台とか大

  • 庭のある暮らし

    小さくても庭のある暮らしのメリットを挙げてみました。

  • 雑誌の取材 ナチュラルテイストな木の家

    昨日、雑誌の取材で神戸市須磨区のOB施主様邸を訪問してきました。無垢の木をふんだんに使って化粧で現しにしている、ナチュラルなインテリアテイストのお宅です。お施主様が元々お持ちだったり、引っ越しに合わせて新しく購入された家具がとてもかわいらしく、優しい感じの木の家の雰囲気にとても良く合っていました。小さなモデルさん達も大活躍で、写真が出来上がるのが楽しみです。「今までお住まいだったお宅に比べて、子供達が家じゅう・庭も含めて駆けまわ

  • 「リゾートスタイルの家」~お施主様インタビュー5~

    海と山に囲まれた神戸という立地を生かし、お施主様の希望を取り入れたアメリカ西海岸風のお宅です。 狭い敷地ながら、工夫して明るく開放感のある家になっています。

  • OB施主様邸

    約6年前に竣工したお施主様宅に、少しお家に手を加えたいということで弊社現場監督がリフォームに伺いました。外壁の焼杉板も色が少し変わり、お庭の植栽も育って、時間の経過とともにいい味がでていました。時間が経つのは早いものですね。このブログを書きながら「もうそんなに経つのか~」と社内で話していました。消費税がまだ5%の時ですもの…。個人的にはバイクのガレージが羨ましいと思ったお宅でした。 

  • ヒートショックを予防するには・・・

    ヒートショックを予防するには家の中の温度差を出来るだけ少なくすることです。 パルステージでは太陽熱を利用したOMソーラーシステムを採用しています。

  • 上棟しました

    昨日、神戸市垂水区の現場にて棟上げがありました。結構ボリュームのあるお家なのですが、順調に工事は進み、柱・梁など骨組みをあげ、屋根の下地の途中まで進みました。本日、現場にお施主様ご主人様もいらっしゃいましたが、「一日でこんなにできるんですね」と驚かれていました。棟上げが終わると大工さんは一人か二人で木工事を進めていくのですが、棟上げの時は応援の大工さんも含め大工6-7人で一気に作業します。引き続き安全第一に気をつけて、お家が完成した時に

  • 木の家に永く住み続けるためには・・・

    木の家に永く住み続けるために必要なこと。 ・国産材を使う。 ・木が呼吸できるような建て方をする。 ・定期的な換気を行う。 ・フレキシブルな間取りや設計にする。 ・技術の確かな業者を選ぶ

  • ウッドデッキの正しい使い方

    暖かくなってきました。春はもうすぐですね。先日、少し前に建てたお施主様のお宅にて。お子さん達も新型コロナウイルス感染拡大防止のための一斉休校の影響で、家で過ごす時間がいつもより長くなっているようです。それでも、家の中と庭とを行き来して、そこまで退屈しているようには見えませんでしたが…(笑)。 ウッドデッキの上でゴロゴロ。お子さん達も、内と外との中間のデッキがちょうど良いみたいです。これぞ正しいウッドデッ

  • トイレの話

    トイレはなぜ落ち着くのか。 より落ち着けるお気に入りのトイレにするための工夫

  • 神戸市垂水区現場 土台敷き

    神戸市垂水区の現場では基礎工事・水道の外部配管工事が完了し、大工による土台敷きをしました。いよいよ木工事が始まります。ここからは大工さんが工事のメインになります。作業している写真があまり撮れてなかったので、別の現場の写真を交えてご説明します。基礎の天端に土台を据える位置をだししておいた墨を基準に、アンカーボルトの位置を土台につけていきます。アンカーボルトとは、基礎と土台や柱を繋げるために基礎に埋め込まれたボルトです。(↑基礎からでているボルトが

  • 「アンティークを楽しむ家」~お施主様インタビュー 4~

    自然素材を使った日本の伝統建築と西洋モダンが合わさった「大正モダニズム」な家をお施主様の言葉とともにご紹介します。

  • 神戸市東灘区現場 外構工事完了

    神戸市東灘区の現場はお引渡し直前まで工事していましたが、無事外構工事も完了しました。昔からある宅地は新しい造成地等と違って、既存のものとの取り合いを考えて納めていく必要があります。今回の敷地も、道路後退に伴う整備や側溝の補修が必要であったり、資材の搬入に手間がかかったり。狭小地ゆえ現場担当の弊社スタッフは「外周の真砂土整地工事が終わってからあの工事をして、あの工事が終わって最後に木製フェンスをして」と作業がしやすいように工事の順番を考え、工程を組んでいました。

  • 子どもにとっては家も遊び場

    休校となった子供たちを何日も家の中に閉じ込めておくのは無理です。 子ども達も親もストレスをためないためには発想を変えて、この機会を有意義に過ごしてみてはいかがですか。

  • テレビ壁掛け

    先日、昨年末にお引渡しのお施主様宅に書類をお届けに伺ったついで、テレビの壁掛け設置のお手伝いをしてきました。(あくまでお手伝いです!)最近はテレビを壁掛けにすることが多いです。大体の現場において、工事の段階で壁掛け用の下地を入れているように思います。テレビ壁掛けを予定する場合、おおよそのテレビの大きさ・テレビを見るときの姿勢が床座かソファに座るか、などから取付の高さを決めておきます。あと、テレビの周辺機器(ブルーレイレコーダーやゲーム機器・オーディオ機

  • 工務店の良さをご紹介

    工務店で建てる家は100%お施主様のオリジナル注文住宅です。

  • もうすぐお引越し

    完成見学会をさせていただいている神戸市東灘区の現場に、見学会に来場されていたお客様が帰られた夕方、お施主様が荷物を持っていらっしゃいました。お子様達もご一緒に。お子様達は完成したお家を見るのは初めてだったようで、テンションがとても高かったです。兄弟で1階2階を行き来して、はしゃいでました。なんとも嬉しい光景です☆子供さんに喜んでもらえるのは。いつも思いますが、子供達はほんと木の家が好きですね。お子さんのテンションが他に見たお家と違ったと

  • 和風住宅いいとこどりの勧め

    インバウンド効果もあってか日本古来の伝統文化が見直されるようになって来ました。 古民家を内装だけ使いやすく改装したカフェが「おしゃれ」だと評されたり、田舎暮らしがブームとなったり・・・住宅においても和風住宅を希望される方が少なくありません。 和風住宅の大きな特徴といえば、木造であるということです。  一般的に木造は災害や火事に弱いというイメージを持ちがちですが、

  • 木の家の木の見え方 真壁or大壁 2/29・3/1完成見学会のお宅の場合

    少し前にブログで『木の家の木の見え方』について書きました。https://www.pal-ds.net/木の家の木の見え方%e3%80%80真壁or大壁/2月29日(土)・3/1(日)に完成見学会を開催させていただくお家は、建築の条件により準耐火構造で建てています。真壁か大壁かでいうと大壁です。パルステージでは↓こんな感じで勾配天井部分に木を現しにすることも多いですが、それもボードで覆っているので見えない仕様です。勾配天

  • 「人生を楽しむ家」~お施主様インタビュー3~

    それぞれが趣味をお持ちのご夫婦。 その素敵な暮らし方をご紹介します。 ご主人の趣味は車とバイク。奥様は長年、銅版画を楽しまれ、今ではプロ並みの腕前です。 それぞれの趣味に没頭できるスペース「自分だけの基地」を設けるには家族の同意も必要ですし、ともすれば家族それぞれが同じ家の中にいても会話も少なく孤立してしまう・・・ということにもなりかねません。 このお宅では

  • ひまわりの丘公園

    先週の定休日に子供の幼稚園がお昼までだったので、小野市にある『ひまわりの丘公園』に行ってきました。国道175号沿いにある公園です。平日のちょうどお昼時に到着したので「え、だれもおらんやん…」と少しあせりましたが、子供たちは楽しそうな大型遊具の前ではそんなことは関係なくうれしそうに遊びます。お昼をまわると地元の方が多くいらっしゃっていました。↑去年のゴールデンウイークにも来ましたが、その時はとても大勢の人でにぎわっていました。

カテゴリー一覧
商用