searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

佐々張ケン太さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
★KENTAの写真創庫★
ブログURL
https://retro-nostalgy-kenta2020.amebaownd.com/
ブログ紹介文
東京や近郊(ごくまれに遠方)を中心に散歩がてらデジカメ📷で下手糞な写真を撮り続けています。 人様にお見せするというよりは、忘備録的なアルバムとなっています。
更新頻度(1年)

107回 / 349日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2019/12/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、佐々張ケン太さんの読者になりませんか?

ハンドル名
佐々張ケン太さん
ブログタイトル
★KENTAの写真創庫★
更新頻度
107回 / 349日(平均2.1回/週)
読者になる
★KENTAの写真創庫★

佐々張ケン太さんの新着記事

1件〜30件

  • 【茨城県】水海道(常総市)

    水海道は平成18年まで「水海道市」という独立した市だったが、隣接する石下町と合併して現在は「常総市」の一部になっている。  古くから江戸と下総、下野、会津方面とを結ぶ鬼怒川や利根川の水運の拠点として繁

  • 【愛知県】布施(江南市)

    江南市は昭和29年に3町1村を合併してできたしだが、古知野町とともに3町の一つだったのが布袋町である。  近世は小折村と呼ばれていたが、明治27年の町制施行と共に布袋町と改名された。  南北に岩倉街道

  • 【愛知県】古知野(江南市)

    愛知県と岐阜県の境界でもある木曽川に面した場所にある江南市は、昭和29年に3町1村が合併してできた町である。  中心駅は名古屋から名鉄犬山線特急で20分程の江南駅だが、昭和56年までは旧町名である"古

  • 【東京都】小野路(町田市)

    町田市北部に位置する小野路は、多摩丘陵の緑豊かな里山地域であると同時に、中世には府中と鎌倉を結ぶ鎌倉古道の宿場が置かれていた。  江戸時代に大山詣りの宿場として賑わいを見せ、「角屋」「福島屋」等6件の

  • 【千葉県】流山(流山市)

    千葉県の北西部、都心から北東に30㎞程の江戸川左岸に位置する流山市。  流山といえば、新撰組隊長の近藤勇が戊辰戦争で敗走の後に官軍の手によって捕らわれた地として有名だが、もともとは天領で、江戸川水運で

  • 【千葉県】佐倉(佐倉市)

    佐倉は慶長15(1610)年に土井利勝が佐倉城を築き、城下を整備させたことから城下町としての歴史が始まる。佐倉城は北に印旛沼、西と南に鹿島川や高崎川と2つの河川に囲まれ、馬の背状に伸びる台地の先端に築

  • 【東京都】檜原(西多摩郡檜原村)

    東京都の最西端に位置し、島嶼部を除けば都内で唯一の村にあたる、西多摩郡檜原村。  人口約2千人、面積は105平方㎞で村域のほとんどが関東山地内という山村で、多摩川支流秋川上流周辺に集落が点在する。  

  • 【神奈川県】日本民家園(川崎市多摩区)

    多摩丘陵が多摩川に接する東端の一角に位置する生田緑地内に、昭和42年に開園した古民家の野外博物館「日本民家園」。  当時は江戸時代の古民家が急速に消滅しつつあり、当時盛んだった民家研究と共にそれらを後

  • 【三重県】富田一色(四日市市)

    四日市からJRで名古屋方向に2つ手前にある富田(近鉄の場合は3つ手前の「近鉄富田」)に降り立つと、細かく区画された広いエリアに古い街並みを残す「富田一色」という街がある。  富田地区は四日市市に編入さ

  • 【三重県】四日市(四日市市)

    三重県の中核都市である四日市は、その地名の通り近世から「四」の付く日に市場が開設され、江戸時代には天領に指定されたと同時に、東海道の宿場町としても発展した。近代以降も国鉄(現・JR)と近鉄が名古屋から

  • 【宮城県】仙台(仙台市青葉区)

    仙台は伊達政宗を藩祖とする60万石の城下町。  しかし、昭和20年7月の仙台空襲で123機ものB29戦闘機により1万発以上もの焼夷弾による絨毯爆撃と高性能爆弾8個が投下され、市街地のほとんどが焼け野原

  • 【宮城県】村田(柴田郡村田町)

    仙台から高速バスバスに乗って30分、宮城県南部に位置する村田町は、結城合戦で敗れた小山業朝がこの地に落ち伸び、村田姓を名乗り伊達氏に従い築城したことで始まった城下町。  村田城から東に見下ろす位置、奥

  • 【静岡県】熱海(熱海市)

     伊豆半島の東岸部付け根に位置する熱海は、首都圏から気軽に訪れる事が出来る温泉地で、古くから「東京の奥座敷」として知られた。  背後の三方を山に囲まれ、正面に相模湾を望む地形で、海岸から斜面上に市街地

  • 【京都府】橋本(八幡市)

     京都市の南にある橋本は、かつて京都と大阪を結ぶ京街道の宿駅で、枚方や中書島とともに遊廓として繁栄してきた街だ。  昭和5年『全国遊郭案内』によれば 「淀川、桂川、宇治川の三川の合流に祖っているので

  • 【京都府】先斗町(京都市中京区)

    京都五花街の一つ「先斗町」は、鴨川に沿って三条大橋と四条大橋の間を南北に伸びる花街で、先斗町通りという細い通りに沿ってお茶屋が並ぶ。  歴史は祇園と比べると比較的新しく、江戸時代初期の寛文10年(16

  • 【滋賀県】豊郷(豊郷町)

    湖東地区にある豊郷町は中世から中山道の宿駅として発達し、京都から近いこともあって商業も活発化してきた。  街道沿いに南北に連なり、この地から近江商人が多く生まれるが、中でも伊藤忠兵衛は伊藤忠商事や丸紅

  • 【滋賀県】草津(草津市)

    "草津"というと真っ先に温泉が出てくるが、それとは別に滋賀県に草津市というのがある。  現在は京阪神地区のベッドタウンで、駅前は典型的な郊外都市の風景だが、かつては中山道と東海道の分岐点(追分)に広が

  • 【滋賀県】五箇荘金堂(東近江市)

    近江八幡と並んで近江商人発祥の地と言われているのが五箇荘。  一帯はほぼ平坦な水田地区で、平安時代には5カ所の荘園が置かれていたが(だから「五箇荘」という地名がついた)、江戸時代は天領となった。  そ

  • 【東京都】一之江(江戸川区)

    新中川の東岸沿いにある江戸川区春江町一~三丁目はかつて旧一之江村の一部で、江戸時代初期に大坂の陣の落ち武者といわれる田島図書がこの地に落ち着き、新田を開墾したことから「一之江新田」とも呼ばれた。田島家

  • 【京都府】三条通(京都市中京区)

    かつては平安京の東西の主軸だった三条大路とほぼ位置を同じにしている三条通。三条大橋は豊臣秀吉によって石柱を使った橋脚として整備され、江戸時代に東海道の西の起点となった。そのため、諸国問屋や飛脚問屋、両

  • 【滋賀県】近江八幡(近江八幡市)

    琵琶湖に面する近江八幡は城下町であり、近江商人発祥の地でもある。  豊臣秀次が八幡山に築城し、その南麓に城下町を形成、近在の商工業者を城下に集めて楽市楽座による商業振興策で発展させた。  江戸時代以降

  • 【東京都】日原(西多摩郡奥多摩町)

    多摩川支流の日原川に沿って北上する日原街道。最奥部には観光スポットになっている鍾乳洞があるが、その手前2㎞程の東日原バス停から中日原バス停にかけてまとまった集落がある。かつては天学教の霊山・天祖山を控

  • 【東京都】氷川(西多摩郡奥多摩町)

    青梅線の終着駅である奥多摩駅は都心から2時間で距離にして北西70㎞強、都市部と同じ通勤用の車両に乗って行くが、降り立つと周辺は山峡の小さな村といった感じで、同じ東京都内とは思えない風景だ。奥多摩駅周辺

  • 【富山県】金屋町(高岡市)

    高岡には、山町筋の他にもう一か所重要伝統的建造物群保存地区が存在する。  山町筋から西へ600m程と近くにある金屋町である。前田利長が高岡に築城の際に鋳物師を招き、市街地の西を流れる千保川の対岸に幅約

  • 【富山県】山町筋(高岡市)

    富山県第2の都市である高岡。  町のはじまりは慶長14年〈1609年〉に加賀藩主前田利長が高岡城を築城、北陸街道の道筋を城下に移して、碁盤目状の町筋を築いた。  高岡城は一国一城令により廃城となったが

  • 【富山県】岩瀬(富山市)

    富山市街地から北へ7㎞程離れた港町「岩瀬」は、近世に富山藩の外港、特に北前船の寄港地として繁栄した。 富山は加賀前田家の支藩だった越中富山藩の城下町だったが、昭和20年8月にB29戦闘機による空襲を受

  • 【千葉県】銚子(銚子市)

    日本地図を見ると、千葉県に酒器のお銚子のような形が太平洋に突き出している箇所がある。その場所こそ銚子市で、地名の由来もそこから来ている。利根川河口にあり、古くから漁業が盛んにおこなわれていたが、江戸時

  • 【広島県】御手洗(呉市大崎下島)

    瀬戸内海の芸子諸島の一つ、大崎下島の東端部に位置する御手洗は、近世以降に瀬戸内海航路の沖乗りの発達にともない、風待ち・潮待ちの港として北前船は勿論のこと参勤交代の諸大名の寄港地として繁栄してきた。それ

  • 【東京都】御岳(青梅市)

    武蔵御嶽神社東京都心から約60㎞西方にある御岳山は標高929m、山頂に武蔵御嶽神社が建立されている。  古くから霊場として崇められ、山岳信仰が盛んだったが、徳川家康が江戸入府後に本社が建立されると、「

  • 【群馬県】六合赤岩(中之条町)

    群馬県はかつて日本で1~2位を争う養蚕・製糸業が盛んな県だったが、現在も国内1位の養蚕県で、県内には養蚕農業集落が点在している。中之条町六合赤岩(旧吾妻郡六合村赤岩)集落も県内を代表する養蚕集落で、平

カテゴリー一覧
商用