searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ぽぽぷーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
耳を澄ませば〜ソウルで野鳥観察
ブログURL
https://popopooseoul.hatenablog.com/
ブログ紹介文
野鳥好きが期間限定で韓国(ソウル)に住むことになりました。身近な鳥との出会いを記録します。
更新頻度(1年)

19回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2019/12/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぽぽぷーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぽぽぷーさん
ブログタイトル
耳を澄ませば〜ソウルで野鳥観察
更新頻度
19回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
耳を澄ませば〜ソウルで野鳥観察

ぽぽぷーさんの新着記事

1件〜30件

  • 冬の川辺に佇めば〜オシドリ他、大賑わい

    コロナの勢いが再び強まっている今日この頃・・・。 三密を避け、自然と足が向かうのは、やはり鳥たちがいる空間です。 옥수駅からハンガン沿を一駅分歩いていくと、ハンガンの支流であるウンボン川にぶつかります。 このハンガン沿〜ウンボン川のエリアが今、カモ類をはじめ冬を越そうを飛来してきた水鳥たちで賑わっています。 まず目を惹くのが「派手なカモ」ことオシドリ(웡앙)です! 「派手なカモ」って私が名付けたわけではなく、本にそう紹介されているんです。笑 確かに周囲のオオバンたちと比べても派手さは否めません😄 わらわら・・・。 たくさんいますね〜! その他の水鳥たちは、 こちらも大群のカワウ(민물가마우지)…

  • ワクワクの混群〜エナガの瞳にドキドキ

    寒くなってくるにつれ、よく見かけるものが増えました。 「混群」です! ・・・?コングン?? と、鳥に特段興味のない方には馴染みのない言葉かもしれません😅 何種類かの鳥が非繁殖期に一つの群れを作ることを言いますが、群れのメンバーは主に「カラ類」です。 シジュウカラ、ヤマガラ、ハシブトガラ、ヒガラ、がうちの近所の混群の中心メンバーのようです。 これらのカラ類の混群に、よく混ざっているのが、メジロやコゲラ、そして今日の主役のエナガ(오목눈이)です。 「コンニチハ、今日も見つめていいかしら?(ジーーーっ)」 エナガってどうしていつも、こちらを見つめているような瞳なんでしょう?!😍 (ジーーーっ) そ、…

  • セグロコゲラとヤマゲラ〜キツツキ達との出会い

    前回の상암근린공원(サンアム近隣公園)散策記の続きです。 次に林の中で出会ったのは・・・ コゲラ・・・? でもなんだかコゲラより一回り大きい気がします😳 鳴き声も、コゲラ特有のギーギーという木が軋むような声ではなく、アカゲラのような鳴き声です。 背中を見てようやく正体がわかりました。 セグロコゲラ(아물쇠딱다구리) でした!! セグロコゲラは日本には生息していないようで、私は韓国で初めて出会うことができました。 背中の模様がコゲラとは異なり、黒地をベースに白い斑がはっきり見えます。 「初めまして〜。背中の模様は違うけど、お腹の縞模様はコゲラちゃんとお揃いなのよ〜。」by セグロコゲラ(メス) …

  • 初めての出会い、シマゴマ!〜カラアカハラも

    ソウルは秋晴れ、絶好の鳥見日和が続いています。 先日マポ区に用があり出かけたついでに、상암근린공원( サンアム近隣公園)なるところを散策してきました。 この公園、歩いてみると(登ってみると?)なんと野鳥の宝庫でした!!! 色々な種類の鳥に出会えて大興奮、後日カメラ持参で出直しました😁 そんな大興奮の筆頭は・・・ 「こんにちは〜、私、誰だかわかる?」 ジョウビタキのメス??? にしては白の斑点もないし、全体の色も若干暗めな感じがします。 ルリビタキでもないし・・・誰だろうと思っていると、 正面を向いてくれました! 胸のその鱗模様は・・・もしや・・・ シマゴマ(울새) ではないですか!😳 シマゴマ…

  • 秋の渡りに〜コサメビタキに再会。ヤマガラにも。

    秋晴れの気持ちの良い日! 爽やかな空気に包まれた国立中央博物館を散策してきました。 春にも出会ったコサメビタキ(쇠솔딱새)に再会できました。 春と秋の渡りの季節に日本や韓国を通過する旅鳥です。 短い期間しか出会うチャンスがないので、再会できて嬉しい限りです😊 雀ほどのこの小さな体で、これから海を越えて南の国へ渡っていくなんて・・・。 ガンバレガンバレ!! 無事に到着できることを祈っています。 再会といえば、可愛いこの子にも・・・🐥 「見てみて!木の実、たくさんあるよ〜!」 枝先でコンコン小さな音を立てているのはヤマガラ(곤줄박이)でした。 1月に出会った時と同じく(1月19日の記事)両足にしっ…

  • 立派な脚のチゴハヤブサ〜ソウルの水害の記録も

    気付けば9月、夏はいつの間にか終わっていました。 この夏は梅雨がなかなか明けず、観測史上最長となる54日間の長雨となりました☔️。 多くの川が氾濫し、いつも鳥見をしながら散歩をしていたハンガン沿の遊歩道も、8月の初旬にはすっかり水没する事態となりました😨💦 (↑水没したハンガン公園&付近の道路。当時のテレビ中継画像より。) (↑氾濫後、数日経った川沿の様子。遊歩道は依然水の下に・・・。ベンチの周辺をカモが泳いでいるのが非日常な光景です。) ダルマエナガのお気に入りだった川沿の藪は、すっかり流され、枯れ果ててしまいました。 ↑ダルマエナガたち、どこか他の場所で元気にしているかなあ・・・と思いなが…

  • 巣立ち雛が続々と〜コウライウグイスの巣立ちも

    夏を迎え、巣立ち雛の姿をよく見かけるようになりました。 巣立ったはよいけれど、まだ一人では上手に餌が獲れない幼鳥が、ぴいぴい鳴きながら、親鳥を追いかけて後をついて回っている姿をよく見かけます。 自分の体ともうほぼ変わらない大きさの幼鳥に追われ、ひと息つく暇もないくらい、餌をねだられている雀やヒヨドリの親を見かけるたびに、「お疲れ様☕️」と心の中で呟いては応援する日々です😄。 「お母さん!ご飯!ご飯!おなかすいたよーー!!」by ヒヨドリ幼鳥 「イタタタ・・・!今、ご飯とってくるからもう少し待っていなさい!」by母 この幼鳥は頭もまだホワホワ、あどけない顔が可愛いですね☺️。 こちらはジョウビタ…

  • 高層アパート窓の外に訪問者が!〜チョウゲンボウ

    我が家の2匹の猫が、6月初旬からどういうわけか立て続けに体調を崩してしまいました。 2匹が交互に入院治療となり、気が休まらない日々でした😿が、ようやく少し体調も落ち着いてきて、ほっとしているところです。 (検査の為、お腹を剃られ、別の生き物のようになっているチコ・・・) (病院に行くのが嫌で、ぬいぐるみの仲間のふりをするテト・・・)? そんなわけで、鳥見にもなかなか行けなかったのですが・・・昨夜のことです。 ベランダに設置してある洗濯機に洗濯物を入れようとしたら・・・。 わーーーー???!!!😱😱😱😱 窓の外に何かいる?! ここ16階ですけど?!! ・・・と予想外の珍客にびっくり仰天。 落ち着…

  • ついに拝顔、コウライウグイス!

    何日も何日も、その姿を見たい見たいと願いつつ、声しか聴けずに虚しく(?)帰路についていたコウライウグイス (꾀꼬리)ですが、ついに!!! その姿を拝むことができました!!!😻😻😻😻😻 (しかもうちの近所の公園で!!!) 「あなた辛抱強いねえ・・・呆れて出て来てあげたよ。」 なんて鮮やかな黄色なんでしょう! 大きさもヒヨドリよりひとまわり大きい感じです。 こんなに存在感があるのに、姿を見るのは何故か至難の技なんです💦 現に、写真を撮っているところに通りかかったおじさんが、「何を撮っているの?」と聞いてきたので、コウライウグイスです、と答えると、心底びっくりした顔で、「え??!!😳😳😳ここにコウラ…

  • 縞々のエゾビタキ、コサメビタキにも遭遇

    気温も上がり、最近は夏鳥や旅鳥に遭遇することが多くなってきました。 今、一番姿を見たいのは、やはり夏鳥である「コウライウグイス」なのですが、声はすれども姿が見えない!!泣 日本でもお馴染みのウグイスとは姿も声も全く異なり、 ミヤーーっミヤーーっ!!! と、あなたは発情期の猫ですか??というような、不思議な鳴き声のコウライウグイスなのですが、林の中から声はすれどもいつまで待っても姿は見えず・・・という日が続いています。 そんな待ちぼうけの時間にも、素敵な出会いがありました😊 か、可愛い😍😍😍 大きな瞳に吸い込まれそうです。あなたはだあれ?? 「こんにちは〜、僕、エゾビタキです。よろしく!」 つぶ…

  • コウライキジとカッチの尾っぽ比べ

    韓国はコロナの封じ込め、かなり頑張ったと思います。 先日はついに新規感染者がゼロの日もあり、街中やお店には人の姿が戻ってきました。 まだまだ予断は許されないとは思いますが、手洗いうがいをしっかりと、人との距離を保ち、三密を避けながら、少しずつ外にも出て行けたら良いなと思います✨ というわけで、カンナム駅から2つ目の선릉駅から徒歩数分、世界文化遺産の「宣陵と貞陵」に散策に行ってきました。 ここは新宿御苑のような有料公園(公園というか王陵ですが)で、広大な敷地には木々が生い茂り、近場で森林浴をするにはもってこいの場所でした。 ケーンケーン・・・。 と、大きな鳴き声がしてくる方に目を凝らすと・・・。…

  • コイカルのカップル、桜咲く?

    2月10日に記事にした「コイカル (밀화부리)」との初遭遇なのですが、その後、チラホラとその姿を見かける機会が増えてきました。 あの日は雄の姿しかなく、その後、雌に無事に出会えるかなあ😊と心配していましたが、ついにカップル誕生?!した模様です! 「初めまして、コイカル♀です〜。チャームポイントは黄色の嘴と、羽先の白い点々です。宜しくお願いします✨」 コイカルの雌は、頭から顔が黒くなくて淡いグレーでした。お陰で可愛い瞳がよく見えます。 一方雄は、、、 顔が黒いから、瞳がなかなか写真に写らない😂 何とか写ると嬉しいです。雄も可愛い目をしていますね! 同じ枝にとまっていた雌のコイカル。カップル誕生か…

  • 春爛漫・・・3月最後の日に。

    気付けば、春爛漫。 そして気付けば今日で3月は終わりです。 人の気配がない公園を、少し散歩してきました。 ツツジにとまるエナガに会えました✨ 関係ないですが、 エナガってなぜか、どの写真を見ても・・・ (じーーーっ) (じーーーーーーーーーっ) こちらを見つめているように見えるのは何故なんでしょう?!😍 (ちなみに上記2枚は2月撮影です) ツツジが綺麗でした。 キジバトも地面に羽を広げて日向ぼっこ。 ヒヨドリたちは大喜びで桜の蜜を味わっていました。(嘴の先が花粉で黄色に!) 池ではカエルがケロケロ。 新芽にとまるヤマガラ。 どことなく嬉しそう。 世界は大変な事態になっている今日この頃、春の変わ…

  • 強面のシメさん、そしてチコ(うちの猫)

    日本でも冬になると良く出会っていた鳥がいます。 その鳥は、雀よりは大きく、ヒヨドリよりは小さく・・・。 顔は一度見たら忘れられないインパクト?があります。 「あー?何勝手に撮ってんだヨ!」 ・・・と、強面の顔で一喝するのは、咥えタバコのシメさんです😅 シメ 콩세 ソウルでも出会えて嬉しいです。 「・・・ま、撮りたきゃ撮りゃ〜イイさ。」 一見、強面のシメさんなんですが、声は綺麗で繊細な金属楽器のようです。 そして、個人的には・・・うちの猫(チコ)にどことなく似ている気がして、気になってしようがない鳥なんです😄 「・・・どこがどう似ているのよ?」by Chiko シメは地上で長い間、一生懸命に餌を…

  • ソウル・・・コロナ話とハチジョウツグミ

    最近はどこへ出かけるにもコロナウイルスに警戒しなくてはならない日々です😿 数週間前には、こんなにも日常が緊迫ムードに包まれるとは思っていませんでした。 先週からは私の住むマンション内でも外部の人(宅配や出前の人など)の出入りが制限され、荷物の受け取り等は一階の玄関前で、などの細かい規則もできました。 買い物に出ても、建物の入り口で発熱感知器でチェックされてから入館・・・というように物々しい雰囲気です。 もちろん学校も幼稚園も休みとなり、なかなか気楽に鳥見に出かける時間も取れなくなりました。 事態の一刻も早い収束と、いま最前線でコロナと戦っている方々の健康を祈るばかりです。 (人っ子一人見当たら…

  • 春はすぐそこに〜初めてのコイカル

    韓国は日本より一ヶ月早く、3月から新学期が始まるそうです。 なんだか2月は慌ただしい雰囲気だなあと思っていたら、年度末だからなんですね。 〜〜〜 まだまだ寒い日も多いソウルですが、春の訪れを微かに感じる瞬間もあります。 枝先にいつのまにか出てきた硬い蕾や、陽だまりの中で野良猫がお腹を出してコロコロ転がっているのを見た時などなど。 そしてこの鳥との出会いも、春の足音を感じさせてくれました🌸 ↓↓↓ 久しぶりに歩いたハンガン沿いで、聴き慣れない小さな声が聞こえてきました。 ちょっと音が小さすぎて聞こえないですね😅 (でも実際の声も、かなり頼りなさげなか細いチィ、ヒヨヒヨ〜だったんです。) なんの鳥…

  • 見事な保護色、キバシリ

    鳥を見ていると、素晴らしい保護色だなあ・・・とその羽の色に感心することがあります。 新緑に紛れ込むワカケホンセイインコや、河原の小石の上を歩くコチドリ、木の幹にとまるコゲラ・・・などなど、みんな背景に見事に溶け込んでいます。 そんな鳥たちの中でも、この方は一際見事に溶け込んでいる気がします。 ↓↓↓ えっ、木しか写っていないけど?? という方のために、もう一枚! んんん?? どこどこ??? 「ここよ〜!ここ、ここ!!」 木の幹にしがみついていたのは、小さな小さなキバシリでした。 나무발발이 横を向いてくれると、お腹の白さが目立って認識できます。 でも後ろを向いてしまうと・・・ ・・・難易度が一…

  • 雀の群れにミヤマホオジロが

    先日、携帯電話が壊れました😱 更に問題発生で、バックアップデータにアクセスも出来なくなり、今まで使っていたアプリがLINEやカカオ含め、全て使えなくなるという事態になっています。 アカウント復旧まで約一ヶ月もかかるそうで、暫く音信不通となり御迷惑をおかけする方もいるかもしれません。申し訳ありません。。。涙 〜〜〜 さて、気を取り直して・・・! 前回の続きです。 国立中央博物館敷地内で、次に出会ったのは・・・😊 チュンチュン 地面で餌を探す雀の群れです😚・・・ん?? んんん??? 一番手前の子は、もしかしたら、 ミヤマホオジロのメスではないですか! 노랑턱멧새 「あら!よくわかったわね!この自慢…

  • 木の実を抱くアカゲラ&ヤマガラ

    先日、所用があり国立中央博物館(국립중앙박물관) に行ってきました。 博物館自体も広大なのですが、敷地もかなり広く、散策道もあります。 帰りがけに少し歩いてみました。 すると林をバサバサと舞う鳥影発見! そっと後をついていくと、 アカゲラ(メス♀)でした! 오색딱다구리 「落とさないように気をつけて・・・っと」 アカゲラは、松ぼっくりを木の上に運び、コンコンと割って食べようとしていました。 アカゲラも松ぼっくりを食べるのですね。または中にいる虫を食べようとしていたのかな? 脚でしっかり押さえています。 「ちょっと〜!見ていてもあげないからね〜!!」 はいはい、大丈夫、横取りしませんよ〜💦 別の…

  • なぜ鳥が好きなんですか?という問いに

    少しの間、日本(東京)に帰っていました。 僅かな時間でしたが、いつも鳥を見ていた近所の川辺で、鳥見の大先輩のOさんにも再会することができました。カワセミやクイナにも再会でき、嬉しいひと時でした。 〜〜〜 どうして鳥がそんなに好きなんですか? と、聞かれることがあります。 その度に、「うーん、、、鳥だけが好きっていうわけではなくて、、、いや、鳥はもちろん大好きなんだけれども、、、モゴモゴ(汗)」・・・ 語彙が無いのか、はたまた文才が無いのか、うまく理由が説明できなくて歯痒い思いをしていたのですが、先日読んでいた鳥に関するエッセイに、まさに「ああ!私が感じているのと同じだ!」という箇所があったので…

  • 良いお年をお迎えください〜謎のホシゴイより

    今年も残り僅かとなった昨夜、ソウル中心部を流れる清渓川のクリスマス&新年のライトアップを見てきました。 人工河川を煌びやかな電飾が覆っています。 灯籠流しもありました。 寒さや暗さにも関わらずの大賑わいの清渓川でしたが、意外な珍客がいたんです! 、 ・・・え??どこ??? という方のためにアップで! えーーー?!😳😳😳😳😳 まさかまさかのホシゴイです!! ホシゴイはゴイサギの幼鳥の通称で、羽に星のような白い模様が点々と見えることからの愛称のようです。 ちなみに成長となると綺麗なツートンカラーとなります↓ (下が成鳥のゴイサギ、上が幼鳥のホシゴイ) ホシゴイって冬に出会ったことは無かったような・…

  • 真冬だけどカッチは巣作り!

    先日カッチに関する記事を書いたところ、ブログを読んでくださったS.Hさんから面白い話を聞きました。 何でも韓国では子どもの乳歯が抜けると、カッチがそれを回収して、大人の歯を用意してくれると言われているそうです😄 (抜けた歯は、屋根に投げるそうですが、最近はtooth fairyと乳歯の熾烈な争奪戦を繰り広げているとか・・・笑) そんなカッチなんですが、今月に入り、ペアで巣作りをしている姿をよく見かけるようになりました。 小枝を運んできてはせっせと巣を作っています。 鳥の巣作りって春先のイメージがあったのですが、年を越す前の12月からせっせと巣を作っている姿を見てびっくりしています😳 あっちでも…

  • ソウルの森にて〜ヤマゲラとの出会い

    先日、ソウルの森(서울숲)という公園に行ってみました。 途中通ったウンボン川では、オオバンやマガモが仲良く日向ぼっこしていました。 ソウルの森は都会のオアシスですね☺️ 池が凍っていました。(↑氷に閉じ込められた葉っぱたち。) 池で水鳥を探すのは諦めて、公園内を散策していると・・・ 「コンコンコン・・・」 枝の向こうに緑の姿が!!! 日本でもたまに出会っていたアオゲラかな??😊 (参考図、アオゲラ) と思ったのですが・・・ うーん・・・🤔 何かが違う・・・? 「さっきから、ブツブツ煩いなあ〜。何か用?」 と、こちらを向いてくれて・・・分かった! アオゲラにはあるはずの後頭部の赤い部分が無いので…

  • パンダガラス?、いえカッチ(カササギ)です。

    ソウルで、一番よく目にする鳥って何でしょう。 カラスや雀をおさえて、一番目にくるのはカッチ(カササギ)じゃないかしら?🙂 昔、韓国で初めてその姿を見た時に、 「え??パンダガラス???🐼」 としか思えず、それ以来、長年私の中では勝手にパンダガラスと呼ばせてもらっていました。 とにかくカッチはよく見かけます。 街中の街灯の上にも、アパートの屋上の柵にも、街路樹にも、川辺の遊歩道にも、オフィス街の生垣にも、もちろん公園にも、カッチは至る所にいます。 (ガサゴソガサゴソ・・・) (木の実、みーつけた♫) (美味しいなあ〜!) カッチはまるで日本のカラスのような存在感ですが、カラスよりは一回りも小さく…

  • ダルマエナガの大群が!

    韓国はソウルに住むこととなり早数ヶ月・・・。 日本でもライフワーク?としていた鳥見をぼつぼつ再開することにしました。 韓国は日本と近く、同じような顔ぶれの鳥も多いですが、日本では見かけたことがない鳥なども身近にいて、びっくりしたり、胸が高鳴ったり・・・。 お散歩がてら出会った身近な鳥を中心に、記録に残せたらと思います。 〜〜〜〜 12月に入り、最高気温がマイナスだったりのソウルですが、特に川沿いは寒さが身に染みます・・・。顔が凍ります・・・。でも鳥に会いたくて今日もハンガン沿をお散歩🦆🦆🦆 ちいちいピピぴビビビッがやがやわやわや・・・ (ん?茂みの方から賑やかな声が・・・) 雀たちの群れかぁ☺…

カテゴリー一覧
商用