searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

cotonaraさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

地域密着型で、九州に特化した濃い情報を発信し、⾝近で安⼼、便利で役⽴つサイトに育てていきます。また、本サイトを通して、多くの⽅が供養というものを改めて知る、⾒つめ直すきっかけ作りのお手伝いをさせていただきたいと思います。

ブログタイトル
九州のくようのコトナラ
ブログURL
https://5948.jp/news
ブログ紹介文
地域密着型で、九州の供養に特化した濃い情報を発信しているサイトです。記事以外にも霊園・墓地やお墓のお役立ち情報を日々更新しております。
更新頻度(1年)

29回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2019/12/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、cotonaraさんの読者になりませんか?

ハンドル名
cotonaraさん
ブログタイトル
九州のくようのコトナラ
更新頻度
29回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
九州のくようのコトナラ

cotonaraさんの新着記事

1件〜30件

  • 喪中はがきのマナー|喪中・年賀欠礼状|もし余ったら?

    Tweet 身内に不幸があった際、私たちは喪に服します。 その際、「喪中のため新年の挨拶を遠慮する」という欠礼を伝えるため、新年の挨拶をしていた方に喪中はがきを送るのが一般的です。 いつ送ればいいのだろう? どういうはがきがいいのだろう? どこで買えるのだろう?

  • 洋型墓石の特徴|洋風のお墓ってどうなの?

    お墓と聞いてどのような形を思い浮かべますか? 多くの方は和型と呼ばれる縦長の形をしたお墓をイメージされるのではないでしょうか。 お墓の形は大きく分けると和型墓石、洋型墓石、デザイン型墓石に分類されます。

  • 芝生墓地とは?メリット・デメリットを教えます

    お墓の形態のひとつに芝生墓地があります。 芝墓地とも呼ばれ、欧米でよくみられるタイプのお墓です。 近年、日本でも都心部を中心に選ばれるようになりました。 そこで今回は、芝生墓地についてご紹介します。 目次 1.芝生墓地って? 2.墓石の形状 3.芝生墓地のメリット 4.芝生墓地のデメリット 5.まとめ 芝生墓地って?

  • 戒名は自分でつけられる?つけるときの注意点を教えます

    お墓の墓誌やお仏壇のお位牌などに刻まれる戒名ですが、お寺の僧侶につけてもらうのが一般的です。 中には自分で戒名をつけたいと考える方もいるかもしれません。 意外に思われる方もいるかもしれませんが、戒名は自分でつけることは可能です。 ただし、自由につけられるわけではなく、ルールにそってつける必要があります。

  • お墓の文字彫刻に赤色(朱)が入っているのはなぜ?

    墓地や霊園に建つほとんどのお墓には文字が彫刻されています。 お墓の一番上に位置する仏石の表には「○○家之墓」や「南無阿弥陀佛」などの文字を刻み、裏面もしくは横面には建立者名や建立年月日を刻みます。 地域などによって異なりますが、彫刻部分には金箔や白、黒などの色を入れるのが一般的です。

  • お墓の歴史について|いつからお墓は建てられるようになった?

    お盆やお彼岸になると多くの方がお墓参りをします。 もちろん、日常的にお墓参りをしている方も少なくはないでしょう。 多くの日本人にとってお墓参りは子供の頃からの慣習になっています。 では、お墓自体はいつから私たちの生活に溶け込んでいったのでしょうか。 今回は、お墓を歴史的観点から見ていきます。 目次 1.お墓の歴史

  • だるまについて|歴史・供養方法|詳しく解説します

    縁起物と聞くと何を思い浮かべますか? 熊手、雛人形、こいのぼり、招き猫など縁起物と呼ばれるものは数多く存在します。 古くから私たちの生活に根づいてきた「だるま」も縁起物のひとつです。 だるまさんがころんだなど子供の遊びとしても定着しています。

  • お墓の色選び|多彩な御影石からどう選ぶ?

    お墓を建てるには住宅と同じで場所や形状、色などを決める必要があります。 その中で比較的イメージしやすいのが色ではないでしょうか。 霊園や墓地に行くと、さまざまな色をしたお墓を見ることができます。 意外に思う方もいるかもしれませんが、お墓には白色や灰色だけではなく、黒、赤、ピンク、緑など実に多彩です。

  • 宮本武蔵のお墓について

    日本には様々な偉人がいますが、天下無双の剣豪と呼ばれる宮本武蔵もそのひとりです。 巌流島での佐々木小次郎との決闘が有名でご存知の方も多いでしょう。 生涯のほとんどを剣とともに生き、全国各地を渡り歩いた剣術家といわれています。 その宮本武蔵が眠るお墓が九州の熊本県にあります。 なぜ熊本県にお墓があるのでしょうか。

  • 副葬品にできないものは?その理由をご紹介します

    日本では人が亡くなると、ほとんどの場合、火葬を行います。 荼毘に付す際、故人にとって思い入れが深いものを副葬品として棺に入れたことがある方もいるでしょう。 できるだけ故人の好きだったものを副葬品として入れてあげたいところですが、中には火葬にふさわしくないとされるものもあります。

  • 副葬品にできるものは?その理由をご紹介します

    日本では人が亡くなると、ほとんどの場合、火葬を行います。 火葬は故人との最後のお別れです。 その際、火葬する前に故人にゆかりのあるものなどを棺に入れることがあります。 それを副葬品といいます。

  • お墓に大理石は使用できない?詳しく解説します

    石材と聞いて、最初に何を思い浮かべますか? 岩石、砂利、さまざまありますが、中には大理石を思い浮かべる方もいると思います。 大理石は主に建築物や彫像に用いられています。 古代ギリシアのパルテノン神殿、ローマのコロッセオ、インドのタージ・マハルなどの建築物は多くの方がご存知でしょう。

  • アマビエとは?熊本発祥の妖怪?

    世界的に猛威をふるっている感染病で、日本も深刻な事態に陥っています。 日本各地で外出自粛を余儀なくされ、一斉休校やイベントの中止など、日常生活に大きな影響が出ています。 2020年夏に予定されていたオリンピックも延期が決定されました。 先が見えない不安の中、インターネットを中心に、とある妖怪が注目されています。

  • 日本人形の役割と供養方法

    日本では、古くから人形を飾る習慣があります。 女の子がいる家庭では3月近くになると雛人形を飾り、男の子がいる家では5月になると五月人形を飾ります。 日本人にとって人形は愛玩の対象でもあり、また畏敬や信仰の対象でもありました。 そのような日本人形は日本文化の一端を担っているといえるでしょう。

  • お墓参りに相応しくない花とは?|花選びの注意点をご紹介

    お墓参りの際、どの花を選べば良いのか悩んだことはありませんか? ご先祖様にお供えするのですから、喜ばれる花を選びたいものです。 菊やカーネーションあたりは仏花向きの花としてよく好まれています。 反対にお墓参りで選んではいけない花はあるのでしょうか。 今回は、お墓参りで相応しくない花について見ていきます。 目次

  • 菊の種類|お供えに選ばれる理由とは?

    日本の代表的な花のひとつに、菊があげられます。 お墓参りの際にも見かけることが多い菊ですが、どうして菊がお墓やお仏壇に供えられるようになったのでしょうか。 菊とはどういう花なのか、どうして仏花に菊が選ばれるのか。 今回は菊について見ていきます。 目次 1.菊について 2.伝統ある菊 3.菊の種類

  • デジタル終活とは?方法・注意点などわかりやすく解説します

    近年、終活という言葉を耳にする機会が多くなりました。 終活は遺言書やエンディングノートの作成、生前にお墓を建てる寿陵など、人生の終わりのための活動を指した言葉です。 自身が亡くなった後の供養を考える世代の間に浸透していますが、年齢を問わず行うことができるのが終活です。

  • 古いお守りやお札はどうする?|期間・返納方法|詳しく解説

    神社やお寺へ参拝した際、お守りやお札を購入する方も多いのではないでしょうか。 自分で購入しなくても受験や試験の合格祈願、厄払いなどでいただくこともあり、所有する機会が多いものです。 そして、古くなったお守りやお札をどうすれば良いかわからず、気づけば長い間放置してしまっていた……という方もいるのではないでしょうか。

  • 花まつりとは?|灌仏会・花祭り|わかりやすく解説します

    春になると梅や桜が咲き、職場の仲間や友人などとお花見をする方も多いでしょう。 この時期に開かれるイベントで、花まつりと呼ばれる行事があるのをご存知でしょうか? 4月8日は花まつりの日とされています。 花の開花時期に合わせた催し事のように思えますが、仏教行事のひとつです。 今回は、花まつりについてご紹介します。 目次

  • 墓じまいを知る|費用・方法・手順|詳しく解説します

    現代社会では少子高齢化やライフスタイルの変化により、これまでのように先祖代々のお墓を守り続けることについての意識が大きく変わりつつあります。 近年では様々な供養のスタイルが登場し、それに伴い「墓じまい」という言葉がテレビやマスコミに取りあげられる事が多くなりました。 目次 1.墓じまいとは? 2.墓じまいの種類

  • お墓参り代行|魅力と絶対に注意するべきポイント|詳しく解説

    近年、お墓参り代行というサービスを提供する石材店や業者が多くなりました。 メディアで取り上げられたこともあるお墓参り代行ですが、いったいどんなサービスなのでしょうか。 今回は、お墓参り代行について詳しく見ていきます。 目次 1.お墓参り代行って? 2.サービス内容 3.お墓参り代行の依頼先 4.お墓参り代行の注意点

  • フランキンセンス|お香・おすすめ|乳香について詳しくご紹介

    フランキンセンスというお香をご存知でしょうか。 フランキンス自体は、エッセンシャルオイルなどアロマとしてメディアで取り上げられることもあり、ご存知の方も多いかもしれませんね。 もともとはキリスト教圏を中心に親しまれているお香の一種です。

  • りんの使い方|宗派・種類・お手入れ|詳しく解説します

    仏壇にお参りする際、りんを鳴らすことが習慣になっている方は多いのではないでしょうか。 子供の頃に綺麗な音に惹かれて何回も鳴らし、怒られた記憶がある方もいるでしょう。 しかし、りんはむやみに鳴らすものではありません。 仏壇に欠かせない仏具のひとつで誰もが知っているりんですが、そもそもどういう役割があり、なぜ鳴らすのか。

  • 御朱印について|受け取り方・朱印紙の貼り方|わかりやすく解説

    神社やお寺に行った際、御朱印をもらっている方を見かけることがあります。 また、SNSやメディアで御朱印集めが話題として取り上げられることが多くなりました。 神社やお寺でいただける御朱印ですが、具体的にどのようなものかご存知でしょうか。 今回は御朱印について解説します。 目次 1.御朱印とは 2.御朱印帳とは

  • 仏像の見分け方|如来・菩薩・明王・天部|わかりやすく解説

    近年、神社仏閣についてメディアで取り上げられているのをよく目にします。 その影響もあり、神社仏閣を目的に観光される方も多いでしょう。 中には、仏像展などのイベントへ赴く方や、仏像を目的にお寺を訪れる方も多いかもしれません。 仏像には実にさまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なります。

  • お参り・お詣り・参拝・参詣それぞれの言葉の意味を解説します

    お寺や神社へ行き、拝むことを「おまいり」といいます。 同じ「おまいり」でも、漢字で表すとお参りとお詣りの2通りの言葉があります。 厳密にいえばそれぞれ違った意味をもち、使い分けられている言葉です。 ほかには「参拝」と「参詣」も似たような使われ方をする言葉ですが、厳密にはそれぞれ意味が異なります。

  • 個人墓地とは?|みなし墓地・無許可墓地|詳しく解説します

    お墓を建てる際、まず確保しなければならないのが墓地です。 どんなに良い墓石を用意しても場所がなければ建てられません。 墓地もいくつかに区分されており、運営母体によって呼び名が異なります。 地方自治体が管理する墓地は公営墓地、民間企業の場合は民営霊園、お寺の場合は寺院墓地、地域であれば共同墓地に分けられています。

  • 仏事と六曜の関係とは?先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口

    法事や葬儀など、日取りを気にして執り行うことがあります。 古くからの言い伝えで「友引に葬儀をしてはいけない」と教えられた方もいるでしょう。 友引のほか、仏滅など日取りを調べる際に用いる暦注を六曜といいます。 どうして友引に葬儀をしてはいけないとされているのか。また、葬儀以外の弔事でも六曜を気にするべきなのか。

  • お墓と名字が異なる場合は?|家族墓・両家墓|詳しく解説します

    昨今、永代供養墓や樹木葬といった新しい供養形態が誕生していますが、今でもお墓といえば、先祖代々受け継いでいく家族墓(墓石)が日本の主流です。霊園や墓地に行くと、実に様々な家族墓を見ることができます。

  • 国産の御影石について|お墓・種類・特徴|詳しく解説します

    墓地や霊園に建っているお墓ですが、その多くは御影石でつくられています。 御影石といってもすべて同じ石を使ってつくられているわけではなくさまざまな種類の石が用いられており、産地もばらばらです。

カテゴリー一覧
商用