searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

赤菱さんのプロフィール

住所
東京都
出身
埼玉県

自由文未設定

ブログタイトル
ゆるっと投資〜ゆるっと・気軽に・楽しむ投資〜
ブログURL
https://www.enjoy-investment.net/
ブログ紹介文
投資、資産運用を中心になるべく分かりやすく語ります。米国株、ETF、投資信託などの金融資産と金、不動産などの実物資産の両方を扱います。
ブログ村参加
2019/12/03
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、赤菱さんをフォローしませんか?

ハンドル名
赤菱さん
ブログタイトル
ゆるっと投資〜ゆるっと・気軽に・楽しむ投資〜
フォロー
ゆるっと投資〜ゆるっと・気軽に・楽しむ投資〜

赤菱さんの新着記事

1件〜30件

  • 資産運用報告〜今月はお休みします

    7月の資産運用報告はお休みします。 パフォーマンスは6月とさほど変わりないのですが、投資方針を微調整しており積み立て投資の対象や個別株の保有先を一部見直しています。 見直し完了後に再開します。

  • 資産運用報告〜2021年6月

    2021年6月の資産運用報告です。 収益は+20%超え。6月に入って米国株は順調に伸びてきました。 APPL、AMZNがプラ転、CRWDは過去最高値を更新(新値をつけました)。 <6月の売買> PFE(ファイザー)を売却しました。 特にマイナスになっていたわけではないのですが、購入銘柄を調整する関係でより良い銘柄に入れ替えるための売却です。ファイザーはコロナワクチンとして注目されていますが、株価への影響はそれほどでもなく、むしろmRNAワクチンの製造・普及をきっかけにしてファイザー社全体の価値がどれだけ上昇するかに注目だと思います。とはいえ一旦手放しました。 ・アマゾン(AMZN)買い増し ・…

  • 資産運用報告〜5月

    2021年5月の投資状況です。 <個別株投資> 収益は20%割れ。5月はGAFA、グロース銘柄が伸び悩みました。 <5月の売買> ZG(ジロー・グループ)を売却しました。取得単価127ドルで売却。 5月に直撃したグロース銘柄の下落と決算ガイダンス(来期の予想)がコンセンサス予想を下回ったため、成長が一旦頭打ちしたと判断しました。この実質損切りは個人的には反省です。ジロー・グループはNEXT GAFA候補と言われています。不動産テックの今後も期待なのでまたどこかで購入する機会巡ってくると思います。 ZGを売却して ・アマゾン(AMZN)新規購入 ・S&P(SPGI)新規購入 ・アップル(AAPL…

  • 資産運用報告〜2021年4月

    2021年4月の投資状況です。 <個別株投資> ほとんどの銘柄が株価上昇しました。収益は20%超え。 <4月の売買> 4月は追加購入した銘柄はなし。 フルインベストメントなのでまとまった収入がない時期は仕方がありません。 売りたい銘柄が出なかったのも良かったと思います。 4月に入って長期金利の急上昇などのマイナス要因が緩和され、全面高ではないのものの満遍なく株価が上昇した月になりました。一部は横ばいですがポートフォリオとしては問題ないと思います。 <配当> TSM:18.02ドル <確定拠出年金> ・拠出額累計:1,120,000円 ・資産評価額:1,571,999円 ・損益:+451,999…

  • 【書籍紹介】逃げて勝つ 投資の鉄則 大負けせずに資産を築く10年戦略〜マクロ目線の投資戦略とは?〜

    https://www.amazon.co.jp/dp/B08NJL1ZKS/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_X92HQ3DKRZ0VNX0DPM0T 田中泰輔さんの著書「逃げて勝つ 投資の鉄則 大負けせずに資産を築く10年戦略」について紹介します。 田中泰輔さんはTwitter(@tanaka_taisuke)や楽天証券トウシルでも動画配信しています。 中長期目線での投資戦略を米国株を中心に解説しています。非常にロジカルです。 著書の内容は逃げて勝つというタイトルにある通り「出口戦略」にスポットを当てています。巷の投資本はいかに買うかの解説がメインなので売ることを念頭にした著書は異…

  • 【書籍紹介】元証券ディーラーが株を長期放置で2倍4倍にする方法〜恩株の効果とは?

    www.amazon.co.jp 公認会計士KYさんの著書「元証券ディーラーが長期放置で2倍4倍にする方法」の解説です。 この本は ・長期間投資をして収益を稼ぐ売買方法 ・長期放置をして2倍、4倍になる銘柄の見つけ方 について解説しています。著者は証券ディーラー出身で、主戦場は短期投資ですがそこで学んだことや先輩から影響を受けたことを長期投資に応用させています。 最大のポイントはこの本の帯にある 買う→放置→ちょっと売り→永遠に放置して4倍→X倍 です。この動きは「恩株」の効用を説明したものです。 恩株とは 1.株価が購入価格の2倍になったところで半分売却する 2.この時点で購入した時に投資し…

  • 投資とSNSのバランスについて

    元々このブログの告知と情報収集を目的として使っていたTwitterアカウントを自分のしくじりもあって閉じることにしました。 SNSで投資をメインとしたアカウントのフォローの数をだいぶ減らしたところ ・余計な情報が入らなくなった ・自分にとってネガティブな情報が入らなくなった なと感じています。 投資を成功させるコツの1つとして「投資したら後はほったらかし」というものがあります。何もしないで放置すればいつの間にか資産が膨らんでいるというもので、投資が成功するのが実は「亡くなった方」という皮肉な話があります。 SNSを活用することで自分の知らない情報もたちどころに手に入りますし、自分の考えと近い方…

  • 資産運用報告〜2021年3月

    今回から毎月1回資産運用状況を公開します。 対象は ・確定拠出年金(企業DC) ・つみたてNISA ・積立投資 ・個別株投資 です。 <個別株投資> 今回は最初なので前月との比較はありません。 好不調の差がはっきり出ていますね。 2020年の早い段階で購入した ・クラウド・ストライク ・スクエア ・台湾セミコンダクター のパフォーマンスが光ります。 これらはまだ株価が大きく跳ねる前に購入できました。 2,3月はグロース株にとっては逆風でしたが安く仕込むと多少の調整はものともしないことが確認できました。 中国株が大きくダウンしたのでCXSEが足を引っ張っていますが、これは反対に買い時が来たと捉え…

  • 決算ピラミッドと王道銘柄積立投資について

    2月に入り株式の新規購入を控えています。 大きな調整・下げを見込む声が多くなってきておりブレーキを掛けています。アノマリーに乗っかっているので当たらない可能性もあります。保持している銘柄はそのままにしているので最悪予想が大滑りしても保持銘柄の上昇は期待できる。そういった作戦です。 もう1つ買いを控えている理由として2〜3月は保持銘柄の決算シーズンです。 www.enjoy-investment.net 私のポートフォリオの半分近くは、決算投資法を軸としています。 これは ・決算が良い:ホールド、または買い増し ・決算が悪い:売却 というルールの元に投資をしていますが、決算投資法で狙っているのは…

  • 中長期の保有投資における最適と思われる銘柄とは?

    www.financialpointer.com この記事を元に中長期目線での投資を行うのに相応しい銘柄について考察しました。 <株式投資は二種類の方法がある> これは私個人で定義していることですが、株式投資は二種類あると思います。 ①トレーディング と ②保有投資 です。株式投資を期間で区切ることには違和感があり、 ・売買を前提とする投資方法:トレーディング ・保有を前提とする投資方法:保有投資 と定義しています。 期間で区切りたくないのはデイトレード・スイングトレードは別として、投資によって期待する効果が現れる(あるいは現れないと確信する)タイミングは「そもそも自分ではコントロールできない…

  • コア・サテライト投資方法について〜投資は取捨選択がカギ

    1/7に私のTwitterで書いたスレッドがそれなりに反応を得たのでブログにまとめます。 ポイントは「投資は取捨選択がカギであるということ」です。 ポイントを踏まえると構え方として、コア・サテライトで投資を考えるべきという結論になります。これを掘り下げます。 <投資情報は百花繚乱である> スタートラインは投資にまつわる情報はあまりにあふれ過ぎているというところから始めます。 ・米国株 ・米国株の個別銘柄 ・中国株 ・金、銀 ・新興国 ・仮想通貨 ・インフレ ・バリュー、ハイパーグロース ・EV、クリーンエナジー など話題に挙がっているテーマを拾うだけでも沢山あります。 そしてこれらのテーマの全…

  • バフェットオンラインスクール(BOS)体験記〜基本的にはオススメしません〜

    今回は投資セミナーを実際に受講した体験記を紹介します。 これから受講しようか迷っている方がもしいらっしゃったら参考になれば幸いです。 紹介するのは「バフェットオンラインスクール(BOS)」です。 live-create-seminar.com ウォーレン・バフェットの投資術セミナーに変わっていますが、バフェットオンラインスクールの入会に向けたセミナーの案内サイトです。 結論から言いますが、このセミナー、スクールへの申し込みはオススメしません。 私は費用を払って2年間スクールを受講しました。その上で「オススメできない」という結論に達しています。 <セミナー・スクールの概要> ・セミナーに申し込む…

  • 2021年あけましておめでとうございます〜2021年の投資方針について

    皆様あけましておめでとうございます。 2020年はコロナショックという投資家にとっては大きな出来事、貴重な経験となった1年でした。 2020年の投資成果は+15%でした。 ダウ平均は6% S&P500は16% なので「ダウ以上S&P500未満」という結果でした。個別株投資を含めて市場平均とほぼ同等なのでリスクを取っている分、インデックス運用(パッシブ運用)より劣後しているという評価になります。 反省点は ・コロナショックで全降りはしなかったものの、投資銘柄の入れ替えなど耐えきれなかった部分があった ・投資方法を複数回見直したので、パフォーマンスが安定しなかった 今回それなりにプラスになったのは…

  • 投資方針の整理〜王道銘柄に長期投資することを軸にする

    投資を本格的に始めて約2年が経過しました。 この2年で様々な投資方法に取り組んできましたが、コロナショックなどのアップダウンも経験できたことでだいぶ自分のやり方が定まってきたかなと思ったのでここで整理したいなと思いました。 <様々な投資方法の特徴から向き不向きを考える> 自分のライフスタイルに適さないと思ったのは ・短期投資 ・スイングトレード ・先物 ・オプション ・タイミング投資 です。 短期投資やスイングトレードはごく短期間に売買を行います。 チャートなどから投資に適したタイミングを探り、売買を完結させるまで相場に張り付く時間が長くなりやすいのが特徴です。 私は ・本業 ・育児 ・家事 …

  • 少額からの資産形成方法について〜もしくは弱者のためのポートフォリオ〜

    SNSやブログで株式投資や資産運用をやられている方を見ると ・資産運用額がすごい ・毎月投資できる金額がすごい ことに気付きます。1000万以上、下手すると億に届くぐらいの金額を動かしている方もいらっしゃいます。無論それぐらい目を引く金額が扱えるからこそSNSやブログでネタになるという側面もあります。 でも大半の方は恐らく毎月せいぜい数万円程度、資産運用額でいうと数十万、多い人で数百万あたりに落ち着くのではないかと思います。 www.enjoy-investment.net このブログはどちらかというとこれから投資を始める方、あるいは始めたばかりでまだ資金がまとまっていない段階の方を想定して書…

  • 情報に惑わされることを見越した安全域

    これは考え方の1つだと思いますが、 いわゆる投資における「安全域」とは ・株価認識のギャップへの備え ・期待したより株価が上がらない、あるいは暴落が発生した場合でも損失を抑える、あるいは利益を得るための余幅(バッファ) のことです。 ハワード・マークスは誤りの許容範囲と表現しています。見込みが誤ったとしても致命傷にならないようにするためにバッファを設けておこうという発想です。 いかなる投資方法でも安全域の確保は大事だと思います。バリュー投資はもちろんですが、グロース投資であってもエントリータイミングは高値になり過ぎない段階から入り安全域を確保出来る展開を狙いたいところです。 これと同じく情報に…

  • 投資難易度上昇にどう向き合うか?

    2020年はコロナショックがあったのにも関わらず ・ダウ平均 ・NASDAQ ・S&P500 で最高値というフレーズを何度も耳にしました。日経平均もバブル崩壊後最高値を更新し、過去30年で比較して良かった年になると思います。 このため理屈から言えば昨年から変わらず投資している、年初から投資している、4月ぐらいから投資している方であれば変な銘柄を掴まない限り途中でガチャガチャ売ったり買ったりしなければプラスになっている可能性が高いことになります。 これは債券、ゴールド、ビットコインでも同様です。もちろん売り買いの衝動に駆られる材料も豊富だったので体感の難易度は高かったようにも感じますが方向感が見…

  • プロや成功者の投資を真似ることの是非

    誰しも最初は初心者なので、何事も上手くいかないものです。 勉強したり、経験から教訓を得たりするわけですが手本となるプロや成功者を真似る方もいると思います。 投資の世界は様々な定義が明確でないこともあり、インフルエンサーが幅を利かせやすいです。バフェットも影響力という点では世界屈指のインフルエンサーと言えます。 なのでインフルエンサーの言うことに追従する信者が多くなりやすい世界で、それを利用してマネタイズして稼ぐ方もいます。 こうした点から単にマネをするのは良くない。自分で考えなきゃダメだ!と思う方も多いです。私も基本的には自分で考えて自分で決断するのが望ましいと考えています。 ただ投資方法を自…

  • 保有銘柄数について。幾つが良いの?

    ポートフォリオの銘柄数は永遠なる議論のテーマ。 集中投資と分散投資は常に議論の対象であり、半永久的に交わらないもの。 エントリータイミングと同じで絶対的な正解、完璧主義に応えられる理論はないのかなと思います。 ただ、原理原則はあります。 資金を短期間で膨らませたいなら集中投資しかありません。その代わりダメージが大きくなることは受け入れないといけない。 最適な銘柄数と言われる7〜10、あるいは10〜15といった一定数に絞り込めば適度に分散されてかつ当たりがあれば収益も膨らみます。ただ銘柄を取捨選択する手間はかかります。何かを諦める葛藤と戦わないといけないし、より良い銘柄が出てきたら入れ替える必要…

  • 決算8回連続成功銘柄へのエントリーを核とした投資について

    https://seekingalpha.com/ seeking alphaというサイトで、過去8期(無料版の場合、有料版ならそれ以前もチェックできます)の決算の成功・失敗を確認できます。 比較対象がEPSと売上高のみ(ガイダンスとの比較結果はない)ですし、コンセンサス予想の基準が分からないので、広瀬隆雄さんが著書などで薦める決算確認方法の簡略化バージョンのようなものですが、seeking alphaだけでも傾向は追いかけられます。 zoom、クラウドストライク、ヴィーバーシステムなどコロナ禍で株価がググッと伸びたいわゆるハイテクグロース銘柄は8回連続決算成功しています。8勝0敗。パーフェク…

  • エントリータイミングの難しさについて

    お目当ての銘柄をいつ買うかというのは結構悩ましい話。 ・収益に直結するから、価格にはシビアであるべき ・株式は時間かけて右肩上がりになるのだから価格は関係なく欲しい時に買うべき 意見は様々。 グレアムの「安全域」、ハワードマークスの「誤りの許容範囲」というワードから「なるべく安く購入した方が良い」という考え方が主流のように見えます。 でも高値を更新するような勢いある銘柄なら、価格気にせず飛びつかないといけない(安くなるのを待っていたらいつまでも買えない)し、暴落待ちだと長い期間現金を寝かせてしまうことになる。 迷っていると他人の動きが気になるので、自分のタイミングではない時にエントリーすること…

  • ワクチン承認→長期金利上昇でハイテクグロースは終わりを迎えるのか?

    Valueのターンは来るのでしょうか? 2008年のリーマンショック以降、2010年代はグロースの時代になりました。GAFA、GAFAM、FANGMANなどいろいろな表現がありますがAmazon、Apple、Facebook、Google、Microsoftといった企業が経済を牽引し株価を押し上げた時代でした。 コロナショックを経てもこれらの企業はなお伸びています。 さて、11月は大きな転換点を迎えました。 ・ファイザー社の治験結果の公表(90%有効とのアナウンス) ・モデルナ社の治験結果の公表(94%有効とのアナウンス) これらはまだFDA承認前の状況ですが、株価は前のめりに「コロナ後」を織…

  • 兼業・子育て投資家に適した投資方法とは?

    私は ・サラリーマン(給与所得が得られる本業がある) ・子育て中 の立場です。 このため、投資にかけられる時間は限られています。スキマ時間で情報収集はしていますが、これも限られます。 つまり ・値動きやチャートを追いかけている時間がない ・企業の取り組み細部まで追いかけるには時間が必要 ということです。これらを踏まえると実施できる投資方法は限られてきます。 実施が難しい投資方法は ・デイトレーディング ・スイングトレードなど株価に応じて機動的に動かないといけない投資方法 ・先物、オプションなど期限が決まっている投資方法 です。 期限が決まっている場合、期限のタイミングで調整するスケジュールを確…

  • コロナワクチン承認動向、長期金利動向による投資シナリオについて

    200記事目です。 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO66016210Z01C20A1EA1000 コロナワクチンに関して大きなニュースがありました。ファイザー社のリリースなので、これによってコロナ禍終了と短絡的に決めつけるのは良くないですが、着実にゴールに向かいつつあることは窺い知れます。 一方で大統領選挙がバイデン勝利で実質的に決着し、今後の政策面での方向性がクリアになったこともマーケットには追い風になっています。 政治とワクチン、この2つの追い風が ・景気循環銘柄の上昇 ・金利の急上昇 ・ハイテクグロース銘柄の大幅下落 という現象を招き米国株界隈はお祭…

  • 久々のブログ更新〜キャッシュポジションの調整でリスクコントロール

    物凄い久しぶりの更新です。 他にやることがあって、更新する時間がなかったというのが正直なところです。 とりあえず落ち着いたので更新再開です。 当面は軽いネタでリハビリをします。 9月・10月は大きな調整が何度も入り上げ下げを繰り返していました。 そこで行ったのは ・自動投資、個別購入した株式はそのまま継続 ・一部売却してキャッシュポジションを増やす この2つです。つまりリスク回避の姿勢を少し強めたというわけです。 効果はあったと思います。 キャッシュがあることで、ポートフォリオ全体の変動幅が軽減したのに加えて増やした資金を10月下旬から買い増し資金に活用したことで今週の反転上昇に対応できました…

  • ETFを活用した「自分に都合の良いポートフォリオの組み方」とは?

    今回は色々な方からヒントを得て思いついたポートフォリオ調整方法をお伝えします。 題して「自分に都合の良いポートフォリオの組み方」です。 着想は diamond.jp 山崎元さんのこちらのコラムと selfinvest.net 東大バフェットさんのVIG=貯金箱という考え方 から得ています。 山崎元さんは私も以前誤解していたのですが、投資をしない方向けの著書などから「インデックスおじさん」という印象が強いのですが、個別株投資に関する著書も多く知見も豊富です。今回のコラムはインデックス投資をベースとした上で「個別株投資にもチャレンジしてみたらどうですか?」という内容なのですが、投資資金のコントロー…

  • 【注意】マーケットの潮目が変わった可能性あり

    9月に入ってNASDAQやS&P500が右肩下がりになっています。 www.enjoy-investment.net 大前提として8月末のジャクソンホールでのパウエル議長の講演や9月のFOMCから ・当面利上げしない ・インフレ率2%を超える段階ではじめて利上げを検討する ・経済状況、失業率の推移など景気動向に気を配っている といったアナウンスがありました。これらは基本的に株式投資や金などのコモディティ投資にとっては青信号のシグナルです。 基本的には政策上は金融商品を買って良しなのですが、ポジティブな状況ではないのはここ数日のマーケットの動向からも何となく分かるかと思います。 3月のコロナショ…

  • IPO投資は寝て待つ

    9月に入って米国株ではIPO銘柄の話が多くなってきました。 コロナショックで途絶えていたIPOですが、7月のZI(ズーム・インフォ)をきっかけに再び盛り上がってきました。 IPO投資はIPO直後に飛び乗って価格が跳ね上がるかどうかを狙っている人が多いため、IPO直後は話題になりやすいですが、その後「あの銘柄は今」状態になりやすいです。 でもIPO銘柄の仕掛けどころはIPOしてしばらく経過してからだと思います。 2017年にIPOしたZM(ズーム・ビデオ・コミュニケーション)と2019年にIPOしたCRWD(クラウド・ストライク)です。ZMは2020年に大化けしました。CRWDも倍に伸びています…

  • 気になるアクティブファンド〜ベイリー・ギフォードの紹介

    気になるファンドを見つけましたので紹介します。 アクティブファンド(アクティブ投信)は商品性質上、資産作り投資ではなく楽しむ投資に該当します。資金運用はプロに任せるものの、市場平均を上回る結果を目指す商品なので、リスクを積極的にとりにいく能動的な投資という位置付けです。 www.enjoy-investment.net 投資信託の評価基準についてはこちらをご覧ください。ここでは「おおぶね」シリーズを解説しています。 今回紹介するのはスコットランドの老舗顧問会社ベイリー・ギフォードのアクティブファンド ・ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド ・ベイリー・ギフォード インパクト投資ファンド …

  • 現状の相場での現金の扱いについて

    私は元々全天候型ポートフォリオを構築していました。 www.enjoy-investment.net www.enjoy-investment.net ただコロナショック後の金利低下により、債券の購入メリットが低下しています。 www.enjoy-investment.net 債券は現時点でかなり値段が上がっており(利回りが下がっており)、さらに今後インフレが進行した場合、債券の利回り<インフレ率になると債券を持つよりも他の投資商品を保有した方が良いことになります。 現状、及び今後の経済状況を見据えるとポートフォリオのメインから債券を外した方が良いのでは?と思うようになりました。 将来金利が動…

カテゴリー一覧
商用