searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

zikkunnさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
続けられる株式投資
ブログURL
https://www.zikkunn.com/
ブログ紹介文
株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介
更新頻度(1年)

201回 / 294日(平均4.8回/週)

ブログ村参加:2019/12/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、zikkunnさんの読者になりませんか?

ハンドル名
zikkunnさん
ブログタイトル
続けられる株式投資
更新頻度
201回 / 294日(平均4.8回/週)
読者になる
続けられる株式投資

zikkunnさんの新着記事

1件〜30件

  • 9月18日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比40円高の2万3360円と小反発しました。 朝方は、17日の米国株安や円高・ドル安が重しとなり、一時小甘くなったが、世論調査で高支持率だった菅内閣への期待感もあって、前場の早い段階で2万3398円(前日比79円高)まで値を上げました。 その後、再びマイナス圏入りする場面もありましたが、売り一巡後は持ち直しました。 ただ、戻りは限定され、大引けにかけて小高い水準で推移しました。 4連休を前に積極的な売買は手控えられました。東証1部の出来高は14億9974万株、売買代金は2兆7151億円、騰落銘柄数は値上がり1600銘柄、値下がり488銘柄、変わらず88銘柄でした。連休を…

  • 9月17日 株価動向

    概況 日経平均株価は、前日比156円安の2万3319円と反落して取引を終了しました。 朝方から手がかり材料に乏しいなか、外国為替市場で円がドルやユーロに対し、円高方向に振れていたことから売りが先行しました。 時間外取引で米株価指数先物が下落したこともあり、さえない動きを強いられました。 後場の取引開始直後には、前日比203円安の2万3272円と今日の最安値を付けました。その後は、動意薄のなか、もみ合い商状が続きました。 東証1部の出来高は11億894万株、売買代金は2兆35億円、騰落銘柄数は値上がり1116銘柄、値下がり931銘柄、変わらず127銘柄でした。時間外取引で米株価指数先物が下げ、上…

  • 9月16日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比20円高の2万3475円と小反発して取引を終えました。 朝方は、連日売りが先行して始まりました。 15日の米国株式は続伸したものの、1ドル=105円台前半への円高・ドル安が重しとなり、一時2万3397円(前日比57円安)まで下落しました。 ただ、下値は限定的で一巡後は持ち直し上げ転換し、後場寄り付き直後には2万3506円(前日比51円高)まで上昇しました。 その後は買い気が鈍く、引けにかけて小高い水準でこう着しました。 現地16日まで開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)を控え、様子見気分となって終了しました。東証1部の出来高は11億6886万株、売買代金は2兆139…

  • 9月15日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比104円安の2万3454円と4営業日ぶりに反落しました。 昨日、日経平均が3連騰して約7カ月ぶりの高値水準に進んだことで利益確定売りが出やすく、一時2万3351円(前日比207円安)まで下落しました。 一巡後は、日本時間午前11時に発表された中国8月経済指標の改善を受け、前引けにかけ下げ渋りました。 後場は、やや上値が重くなる場面もありましたが、日銀のETF(上場投資信託)買い観測や、時間外取引での米株価指数先物高などが支えとなり、一時2万3477円(前日比81円安)まで値を戻しましたが、その後は戻り一服となりました。 東証1部の出来高は11億7172万株、売買代金は…

  • 9月14日 株価動向

    概況 日経平均株価は前週末比152円高の2万3559円と3営業日続伸しました。 2月17日以来ほぼ7カ月ぶりに2万3500円台を回復しました。11日の米国株式は高安まちまちながら、日本時間14日の時間外取引で米ダウ先物、ナスダック100指数先物ともに上昇しました。 英製薬大手アストラゼネカが現地12日、中断していた英国での新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を再開したと発表し、上海株や香港株の上げも支えとなり、前場終盤には2万3582円(前週末比175円高)まで上げ幅を拡大しました。 その後、上値が重くなる場面もありましたが、大引けにかけては高値圏で推移しました。 個別では、傘下の英半導体設計…

  • 9月11日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比171円高の2万3406円と続伸しました。 この日算出の日経平均先物・オプション9月限のメジャーSQ(特別清算指数)値2万3272円を上回りました。 朝方は、10日の米国株安を受け、売り先行に2万3114円(前日比120円安)と安く寄り付きました。 すかさず持ち直し、上げに転じた後、前日終値を挟んでもみ合う場面もありましたが、その後は株価指数先物買いをきっかけに上げ幅を拡大しました。 時間外取引での米株価指数先物高が支えとなり、後場終盤には2万3412円(前日比177円高)まで上昇しました。 東証1部の出来高は12億9776万株、売買代金は2兆5640億円、騰落銘柄数…

  • 9月10日 株価動向

    概況 日経平均株価は、前日比202円93銭高の2万3235円と大幅に反発して取引を終了しました。 昨日9日に下げ渋りの動きをみせ、現地9日の欧米株が上昇したことから買いが先行しました。 買い一巡後は、戻り待ちの売りに上値を抑えられる格好となり、上値は重かったです。 後場に入り、もみ合い商状が続いていたが、時間外取引で米株価指数先物が再度上昇したことが意識され、午後2時55分には、前日比217円高の2万3250円と前場の高値(2万3242円)を更新するなど、上げ幅を拡大しました。 ドル・円が1ドル=106円10銭台(9日終値は105円93-94銭)で小動きでした。東証1部の出来高は11億5119…

  • 9月9日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比241円安の2万3032円と大幅に反落しました。 朝方は、8日の米国株式がハイテク株中心に下落した流れを受け、売り優勢で始まりました。英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発する新型コロナウイルスワクチンで安全性の懸念が生じ、最終段階の臨床試験(治験)を中断していると報じられたことも重しとなり、一時2万2878円(前日比395円安)まで下落し、前引けにかけて安値圏で推移しました。 後場は、日銀のETF(上場投資信託)買い観測を支えに下げ渋りました。 時間外取引での米ナスダック100先物高も持ち直しにつながりましたが、戻りは限定されました。東証1部の出来高…

  • 9月8日 株価動向

    昨日は週末から横浜に行っていたので株の取引は行っておらずブログはお休みしました。 昨日はコーユーレンテイア(7081)がストップ高をつけるなど持ち株で大きく損をしている株が暴騰し時価総額は大きく上昇しました。 明日はビーエンドピー(7804)の第三四半期の決算発表なので期待しています。 損失の大きかった新興株が上がってきたのでよりJREITに投資を行います。 またIPOが目白押しなのでこの相場の勢いならセカンダリーでの買いも面白いかもしれませんが銘柄選びは慎重に行う必要があります。 概況 日経平均株価は前日比184円高の2万3274円と3営業日ぶりに反発しました。 7日の米国株式市場はレイバー…

  • 9月4日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比260円安の2万3205円と3日ぶりに大幅反落しました。 朝方は、3日の米国株式の急落を受け、売り優勢で始まりました。 昨日の日経平均が、新型コロナウイルスの感染拡大で急落する前の水準(2月21日終値2万3386円)を回復していたことで利益確定売りが出やすく、前場早々に2万3098円(前日比366円安)まで下落しました。 一巡後は下げ渋ったが、戻りは限定され、大引けにかけて2万3200円近辺で推移しました。 中国・上海総合指数、香港ハンセン指数が軟調に推移したほか、週末要因に加え、米国で8月雇用統計の発表や3連休を控えていることもあり、見送り気分が強まりました。東証1…

  • 9月3日 株価動向

    概況 日経平均株価は、前日比218円高の2万3465円と大幅に続伸して取引を終了しました。昨日の堅調な地合いや、米国株高などで買いが先行、午前9時3分に、前日比333円高の2万3580円を付けました。 買い一巡後は、戻り待ちの売りに押されたほか、時間外取引で米株価指数先物弱い動きとなったことも重しとなりました。 新型コロナウイルス感染拡大による急落前の水準(2月21日終値2万3386円)を上抜けたことに対する達成感や、短期的な過熱感などから、引けにかけて上げ幅を縮小する格好となりました。 ドル・円が1ドル=106円20銭台で小動きでした。 東証1部の出来高は10億2167万株、売買代金は1兆9…

  • 9月2日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比109円高の2万3247円と反発しました。 朝方は、米景況指数の改善を背景に1日の米国株式が上昇した流れを受け、買いが先行しました。 円安・ドル高も支えとなり、前場の早い段階に2万3287円(前日比149円高)まで上昇しました。 一巡後は利益確定売りに上げ幅を縮小し、後場前半に2万3170円(前日比32円高)まで押し戻されました。 ただ、買い気は根強く、その後は持ち直し、大引けにかけて引き締まりました。東証1部の出来高は9億7648万株、売買代金は1兆8785億円、騰落銘柄数は値上がり1228銘柄、値下がり846銘柄、変わらず97銘柄でした。買い上がる材料がないですが…

  • 9月1日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比1円安の2万3138円と小反落して取引を終えました。 総じて方向感に欠ける展開でした。 朝方は、前日に大幅高した反動で、利益確定売りが先行し、その後いったん上げに転じましたが、再び軟化し、一時2万3047円(前日比91円安)まで下落しました。 一巡後は、財新の中国8月製造業PMI(購買担当者景況指数)の改善が支えとなり、前場終盤には2万3206円(前日比66円高)まで持ち直しました。 後場は、売買が交錯し、前日終値をはさんでもみ合う場面が目立ち、新規の手掛かり材料に乏しく、様子見気分となりました。東証1部の出来高は10億2769万株、売買代金は1兆8612億円、騰落銘…

  • 8月31日 株価動向

    概況 日経平均株価は前週末比257円高の2万3139円銭と4営業日ぶりに大幅に反発しました。 朝方は、買いが大きく先行しました。 前週末の米国株高に続き、時間外取引(日本時間31日)での米株価指数先物の上昇もあり、一時2万3342円(前週末比459円高)まで上げ幅を拡大しました。 辞任を表明した安倍晋三首相の後任を選ぶ自民党総裁選に菅義偉官房長官が出馬の意向を固めたと伝えられ、安倍政権の路線継続への期待も支えとして意識されましたが、買い一巡後は上値が重くなり、大引けにかけて伸び悩みました。東証1部の出来高は13億4148万株、売買代金は2兆3508億円、騰落銘柄数は値上がり1605銘柄、値下が…

  • 注目されるJREIT

    私はJREIT中心に取引を行っています。 松井証券の1日信用で下がった銘柄を買い500円~1000円の利益で売却し下がったものは現引きし持ち越して上がれば少ない利益でも現金に換えています。 コロナの影響でリスクが取りにくくキャッシュを多めにして運用しています。 しかしJREITにも大きくスポットが当たる動きが出てきました。 FTSEグローバル株式指数への日本のREITの組み入れ 新型コロナウイルスの影響で東証REIT指数の出遅れが広がる中、世界の機関投資家が、ベンチマークとするFTSEグローバル株式指数への日本のREITの組み入れが9月から本格的に始まります。英FTSEラッセルは、同指数への日…

  • 8月28日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比326円安の2万2882円と大幅に3日続落しました。 朝方は、買いが先行し、27日のパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の講演で、ゼロ金利政策が長期化するとの見方からNYダウが上昇し、円安・ドル高も支えとなりました。時間外取引での米株価指数先物の上伸もあって、後場寄り付き直後には2万3376円(前日比167円高)まで上昇する場面がありました。 一巡後は、再び下げに転じ、「安倍首相辞任の意向固める」とのニュースが流れ、株価指数先物売り主導で下げ幅を拡大し、一時2万2594円(前日比614円安)まで下落しました。その後は下げ渋りましたが、戻りは限定されました。東証1…

  • 8月27日 株価動向

    概況 日経平均株価は、前日比82円安の2万3208円86銭と続落して取引を終了しました。 現地26日の米国株高を受け、買いが先行したものの、積極的に買う動きは限られたもようで、戻り待ちの売りに弱い動きが続きました。 後場の取引は、買い優勢でスタートしたものの、追随する動きは限られ、軟調に推移しました。 午後2時43分には前日比112円安の2万3178円と、本日の安値(2万3177円)に迫る場面がみられましたが、取引終了にかけては底堅く推移しました。 ドル・円が1ドル=106円前後(26日終値は106円30-31銭)で、午後に入り動意に乏しい展開が続きました。 東証1部の出来高は9億2362万株…

  • 8月26日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比5円安の2万3290円と4営業日ぶりに小反落しました。 朝方は、売りが先行しました。 日経平均は昨日3連騰し一時、新型コロナウイルス感染拡大で急落する前の水準を回復したこともあり、利益確定売りが出やすく、弱含んで始まりました。 いったん上げに転じ、2万3348円(前日比52円高)まで切り返しましたが、買いは続かず、再び軟化しました。 昼休みの時間帯に中国・上海総合指数が下げ基調を強めたこともあり、後場寄り付き直後には2万3203円(前日比93円安)まで値を下げました。 一巡後は持ち直し、プラス圏に戻す場面もあったが、大引けにかけては小安い水準で推移しました。東証1部の…

  • 8月25日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比311円高の2万3296円と大幅に3営業日続伸しました。 一時は、新型コロナウイルス感染拡大で急落する前の水準(2月21日終値2万3386円74銭)を回復する場面がありました。 朝方は、新型コロナウイルス治療への期待感を背景に24日の米国株式が上昇した流れを受け、買いが先行しました。 時間外取引での米株価指数先物高も支援要因となり、後場の早い段階に2万3431円(前日比445円高)まで上昇しました。 一巡後は、徐々に上値が重くなり、大引けにかけて伸び悩み利益確定売りが出ました。 東証1部の出来高は12億989万株、売買代金は2兆1242億円、騰落銘柄数は値上がり164…

  • 8月24日 株価動向

    概況 日経平均株価は前週末比65円21銭高の2万2985円51銭と続伸しました。 朝方は、売り物がちで始まりましたが、前週末の米国株高もあって、いったん上げに転じました。 再び弱含み一時2万2862円(前週末比57円安)まで軟化しましたが、下値は限定的で、その後はプラス圏に引き戻しました。 香港ハンセン指数などアジア株高が支えとなり、前場終盤には2万3012円(前日比92円高)まで上昇しました。 買い一巡後は後場中盤にかけて伸び悩む場面もありましたが、買い気は根強く大引けに向けて引き締まりました。東証1部の出来高は7億7614万株、売買代金は1兆5397億円、騰落銘柄数は値上がり999銘柄、値…

  • 8月21日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比39円高の2万2920円と小反発しました。 朝方は、買いが先行して始まり、現地20日の米国株式市場で、NYダウが4日ぶりに反発し、ナスダック総合株価指数が2日ぶりに最高値を更新した流れを受け、一時2万3135円(前日比254円高)まで上昇しました。 一巡後は円高・ドル安もあって株価指数先物売りを交え、いったん2万3000円割れ水準まで押し戻されましたが、その後持ち直す場面もありました。 しかし利益確定売りに大引けにかけ上げ幅縮小の流れとなり、この日の安値で引けました。東証1部の売買代金は1兆6777億円と5日連続の2兆円割れとなり、出来高は9億1028万株、騰落銘柄数…

  • 8月20日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比229円安の2万2880円と大幅に反落しました。 心理的なフシ目となる2万3000円割れは12日以来6営業日ぶりです。 朝方は、19日の米国株式が下落した流れを受け、売りが先行しました。 円安・ドル高を支えに下げ渋る場面もありましたが、買いは続かず再び軟化し、株価指数先物売りを交えて下げ幅を拡大しました。 時間外取引で米株価指数先物が値を下げ、中国・上海総合指数や香港ハンセン指数の軟調推移も重しとなり、後場中盤には2万2851円(前日比258円安)まで下落しました。 その後の戻りは鈍く、大引けにかけて安値圏で停滞しました。東証1部の出来高は9億4567万株、売買代金は…

  • 8月19日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比59円高の2万3110円と3日ぶりに反発しました。 朝方は、円高・ドル安歩調を受け、輸出株を中心に売りが先行しました。 取引開始前に発表された6月機械受注が市場予想に反して減少したことも重しとなり、前場早々に2万2953円(前日比97円安)まで軟化しました。 いったん上げに転じた後、再度弱含む場面もありましたが、買い気は根強くプラス圏に再浮上しました。 円高一服もあって株価指数先物買いを交えて上げ幅を広げ、後場の早い段階に2万3149円(前日比98円高)まで上昇しました。 その後は大引けにかけて伸び悩みましたが、不動産株やその他金融株、空運株などは値上がりしました。東…

  • 8月18日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比45円安の2万3051円と続落しました。 朝方は、17日のナスダック総合指数の最高値更新を受け、買い物がちで始まったが、まもなく下げに転じました。 米商務省が17日に中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する輸出禁止措置を強化すると発表、米中関係の悪化懸念が重しとなりました。 円高・ドル安もあって、下げ幅を拡大し、一時2万2948円(前日比147円安)まで下落しましたが、一巡後は、前引けにかけて安値圏で推移しました。 後場は、日銀のETF(上場投資信託)買い思惑が支えとして意識され、終盤に向けて下げ渋りの動きとなりました。東証1部の出来高は9億7425万株、売…

  • 8月17日 株価動向

    概況 日経平均株価は前週末比192円安の2万3096円と5営業日ぶりに反落しました。 朝方は、売りが先行しました。 前週末の米国株式は高安まちまちで、方向感がつかみづらいなか、前週末に日経平均が4日続伸して約半年ぶりの高値水準に進んだことで、高値警戒感から利益確定売りが出ました。 株価指数先物売りを交えて利益確定売りが続き、後場前半には2万3068円(前週末比220円安)まで下落しました。 一巡後は下げ渋りましたが、戻りは限定され、大引けにかけて上値が重くなりました。東証1部の売買代金は1兆5014億円と1月20日(1兆4179億円)以来ほぼ7カ月ぶりの低水準となり、出来高は8億1922万株、…

  • 8月14日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比39円高の2万3289円と小幅ですが4日続伸しました。 この日算出の日経平均先物ミニ・オプション8月限のSQ(特別清算指数)値2万3350円を一度もタッチできず、「幻のSQ」となりました。 朝方は、買いが先行して始まり、13日の米国株式は高安まちまちでしたが、前日の好地合いを引き継ぎ、寄り付き直後に2万3338円(前日比89円高)まで上昇しました。 昨日までの3連騰(合計919円高)で利益確定売りも出やすく、下げに転じる場面もありましたが、下値は限定的で、その後はプラス圏に持ち直しました。 ただ、上値も重く、大引けにかけて小高い水準で膠着しました。東証1部の出来高は1…

  • 8月13日 株価動向

    概況 日経平均株価は、前日比405円高の2万3249円と大幅に3日続伸して取引を終了しました。 昨日12日の堅調な地合いや現地12日の欧米株高で、朝方から買いが先行しました。 戻り待ちの売りでやや停滞する場面もみられたものの、総じて堅調に推移しました。 午後1時40分には、前日比472円高の2万3316円の高値を付けました。 その後は、戻り待ちやポジション調整の売りなどで、引けにかけてやや伸び悩む格好となりました。 ドル・円が1ドル=106円60銭台(12日終値は106円78-80銭)で、午後2時すぎからは、やや円高方向に振れていました。 東証1部の出来高は14億1149万株、売買代金は2兆5…

  • 8月12日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比93円高の2万2843円と続伸しました。 TOPIX(東証株価指数)は同19.57ポイント高の1605.53ポイントと続伸し、6月10日(終値は1624.71ポイント)以来の1600ポイント乗せとなりました。朝方は、米追加経済対策をめぐる不透明感から11日の米国株式が下落した流れを受け、日経平均株価は弱含んで始まりましたが、円安・ドル高や時間外取引での米株価指数先物高もあって、上げに転じました。 再度マイナス圏入り後に持ち直し、一時2万2874円(前日比124円高)まで上昇する場面もありました。 一巡後は再び小安くなりましたが、後場序盤にかけて戻り歩調となり、前場高値…

  • 8月11日 株価動向

    概況 日経平均株価は前週末比420円30銭高の2万2750円24銭と4営業日ぶりに大幅に反発しました。 米トランプ大統領が現地8日に追加経済対策の大統領令に署名し、10日のNYダウが上昇、円安・ドル高もあって、朝方は買いが先行して始まりました。 株価指数先物買いを交えて上げ幅拡大の流れとなった。香港ハンセン指数高も支えとなり、大引け近くには2万2760円(前週末比430円高)まで上昇しました。東証1部の出来高は16億2714万株、売買代金は2兆7430億円、騰落銘柄数は値上がり1810銘柄、値下がり330銘柄、変わらず33銘柄と全面高でした。日経平均は25日線を回復しましたが、レンジを越えた訳…

  • 8月7日 株価動向

    概況 日経平均株価は前日比88円21銭安の2万2329円と3日続落しました。 朝方は、6日の米国株高を支えに小高く始まりましたが、まもなく下げに転じました。 半導体関連株の一角や業績悪銘柄が売られ、重しとなりました。 その後、トランプ米大統領が中国の動画投稿アプリ「TikTok」などに関わる取引を45日後に禁じる大統領令に署名したと伝えられ、米中関係の悪化懸念から一段安となり、時間外取引での米株価指数先物安や、中国・香港株の下げをにらみ、後場入り後には一時2万2204円(前日比213円安)まで下落しました。 一巡後は、大引けにかけて下げ渋りの流れとなりました。東証1部の出来高は11億8938万…

カテゴリー一覧
商用