searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜
ブログURL
https://www.kokotoriri.com/
ブログ紹介文
テレビ一筋だった38歳。扶養や住宅ローンを抱える中、パパ業に全力を尽くすため会社辞めてました。セルフリノベで2軒の大家になりました。このブログでは、赤字生活で始まる脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。
ブログ村参加
2019/11/08
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、kokotoririさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kokotoririさん
ブログタイトル
双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜
フォロー
双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

kokotoririさんの新着記事

1件〜30件

  • ✅初めてのタイプのCM納品したら喜んでもらえたし校長先生からメールきて嬉しかった

    考えたことやったことメモ。 1日編集。だいぶ進む 1本納品。この動画は、古典系CMとはいえ初めて作るタイプだったので試行錯誤して時間がかかった。ただその分納得いく作品になった。お客さんも喜んでくれた\(^^)/ お昼の酸辣湯麺は酢でむせたし、あんまり酸っぱくて顔が歪んだ。 他のお客の編集6本あげた。あと3本 別のお客の請求書完成した くしゃみと鼻水が止まらない ヤクルトみたいなのを飲んだらお腹の調子がよくなった。ああいうのって本当に効き目があるんだなと初めて実感。すごい プレミアにもフォトショにもだいぶ慣れた プレミアは新たなショートカットキーを覚えた(sht+2,shi+3) ショートカット…

  • ✅世界を旅する前に日本の名所をきちんと巡りたい

    12月は撮影が入っていない。 おかげでのんびりした気持ちになっている。 ただ、編集しなくてはいけないものが10本以上残っている。 編集はしなくてはならない。 土日で家に居飽きたのでコワーキングスペースに出向いて なんとか作業した。 一人でパソコン作業するのは 6時間くらいが限界。 午後3時すぎにあがることにした。 帰宅の道中、頭に浮かぶのは 海外に旅に行くことばかりである。 家に帰って 双子の相手をして(肩車からのアクロバット)テレビをつけた。 久しぶりにまる見えを見た。 相変わらず面白い番組だと感心する。 「世界中から面白い番組を集めて流す」というスタイルをいち早く確立した いい番組だと思う…

  • ✅休日に自分を野放しにしたら風邪をひきつつも本に浸る

    秋口からの怒涛の撮影から選挙に突入し ようやく編集も落ち着いてきた。 先延ばしにしてきたお客にも納品し 双子のお遊戯会の編集まで済ませてしまった。 (さすがに幼稚園のお遊戯会を一家庭のためだけに撮影編集するのは労力がもったいないと感じた。来年は全員用に撮影して編集したのを園に寄付してあげよう) きょうは何もしない日曜になった。 サンデーモーニングをたっぷりと見て 一緒にプリキュアの録画を2回見て 先週のプリキュアをもう1回見た。 部屋が寒く 鼻水が止まらなかった。 双子がテレビに飽きて別部屋でやはりダラダラしているママのところに向かうと 一人サンデージャポンを見てアッコにおまかせを見て、You…

  • ✅ついにアフターエフェクトの書き出しができた

    思えば長かった。 ついにアフターエフェクトの素材を書き出した。動画が完成した。 ヤバい。 なんだこれ。 美しすぎる。 アフターエフェクト 先生に教えてもらいながら完成させた。 何とか出来上がった。 アフターエフェクトを使うのは 思った以上に難解だった。 この編集ソフトはずば抜けてすごいけど ずば抜けて難解だ。 しかし難解であればあるほど 使える人は少ない。 商機があるということだ。 とにかく動画を仕上げるまでこれた。 これで映像クリエイターとして生きていく自信がついた。 いろんなお客さんのものを アフターエフェクトで動画にしながら 訓練しよう。 きっと喜んでもらえる。 むふふ。

  • アフターエフェクトに一歩踏み出してもらった日

    脱サラした喜び、独立した喜びを改めて感じる、ということがよくある。 きょうはアフターエフェクトを納品してもらってその喜びを感じた。 今回はちょっと変わった納品方法であった。 とあるお客に 「動画を覚えて受注したい」 と言われた。 正直この手の客は困る。 動画というのはひと月やそこらで身に付くものではない。 僕は26歳でテレビ局に入って 以来14年間、テレビを作る側で見てきた。 アニメだって 見ていてカット割りやBGMなどに自然と意識が向く。(となりのトトロがダントツすごい) そういう立場からすれば 「動画を覚えたい」 なんて言われても 「ベスト・キッドみたいにワックスがけペンキ塗りの修行してか…

  • ✅ダンス発表会のカメラは思った以上に楽しかった

    ダンスってすごい。 舞台は総合芸術だ、なんて言われるけど ダンスもまさにそれに近いんだと思った。 出演内容も全体の流れも考慮されていて 素晴らしいものだった。 踊り、音楽、そして照明。 僕も踊りながら撮影した。 楽しかった。 大音量で違う世界にいざなわれ 踊りで悦に入り 照明で異次元から戻ってこれなくなる。 そんな気がした。 ドラえもんで考えたダンスとヒト 成長を掛け合わせる 娘と自分もやりたい 動画と掛け合わせる? ドラえもんで考えたダンスとヒト 照明がとにかくすごい。 美しいのだ。 これならどんな踊りを撮っても とても美しく撮れるだろう。 ダンス披露会 照明の美しさは 焚き火の火の美しさを…

  • ✅ひげ脱毛を始めた

    僕が通っている理容室で 脱毛サービスを始めた。 導入前の段階で 金融機関への申し込み方法や 投資回収の考え方など 相談を受けていた。 髪を切りながら。 僕は「やった方」がいいとアドバイスしていた。 個人的にもやりたかった。 そこで今回初挑戦した。 「髭が濃い人はとても痛い」 と脅かされていたり 脱毛しようという日に双子が着いてきたりして なかなか始められなったのだ。 しかも髭が濃いうえに広範囲なので 痛い、痛い、が続く。 しかし双子が 「髭嫌い」を連発するので ようやく決心がついた。 僕自身皮膚が弱いので 髭を剃ると、顔がヒリヒリ痛い。 東北に住む蝦夷の末裔、東北人として ちょっとした抵抗はあ…

  • ✅娘が骨折したらもう一人もぐずる

    双子の一人が雲梯から落ちて手首を痛めたという。 シップが張ってあった。 夕方になっても 立ち上がったときに「痛い」と泣いた。 捻挫だろう。 それでも妻はきょう 医者に連れて行った。 そしたらなんと骨折だという。 ギブスして帰ってきた。 それでも娘は機嫌が良かった。 「骨折」の重大性がわからないということもある。 それ以上に、ママを独り占めできたのがうれしかったようだ。 昼食は3人で食べた。 双子にしてみれば久しぶりの「一人っ子」気分だっただろう。 終始ご機嫌だった。 「パパ、私が落ちた場所わからないんでしょ?じゃあ説明するから一緒に行こう」 ということになり 双子のもう一人を パパが迎えに行く…

  • ✅無事、納品

    今回は編集にちょっと難儀した。 疲れているせいもあっただろう。 1日で終わるものが 3日かかった。(実働は8時間くらい) それでもとにかく久しぶりに明日は休める。 何しようかな♬ 他のお客さんの編集を進めつつ やっぱり次の飯の種をどうするか、考えよう。

  • ✅撮影業って役得以外に何もない。自分の映像をもっと多くの人に

    観光地の撮影の仕事が入った。 発注者が忙しく 「一人で行ってくれ」 ということだった。 日曜日なので 人のいない早い時間に撮影に向かった。 山形市のもみじ公園。 @山形市 美しい。 紅葉を楽しむには撮影が一番だと思う。 次は南陽市へ。 熊野神社の大銀杏を撮りに向かった。 話を聞いていたことはあったけど 行くのは初めて。 @南陽市 美しい。 紅葉を楽しむには撮影が一番だと思う。 帰りも美しい景色に出会った。 @南陽市 江戸時代に東北を旅したイギリス人、イザベラバードが 著書「日本奥地紀行」で この美しさを称えた理由がわかった気がした。 美しい景色を見て美しいと感じ 他の人にも美しいと感じてもらえ…

  • ✅NHKへの怒りをどう収めるか

    先日の一件で 僕の心の残るNHKに対する強い怒りが 消化されていないことがわかった。 参考 ✅NHK様々だと思っているNHKたち ただ あの横柄な天狗カメラマンも 平気でフレームインしてくる素人記者も 下手に刺激すると激しく仕返しされる 僕のことを「要注意人物」だと認識しただろう。 そうなると もうこちらの機嫌を損ねるようなことはしてくるまい。 僕には苦い思い出がある。 NHKに対して仕返しし損ねた 苦い思い出だ。 記者になりたてのころだった。 記者はたいてい 取材時の質問内容で 互いの実力を知る。 カメラマンも同じで どのタイミングで何を撮っているかで 互いの実力がわかる。 放送されたものを…

  • ✅NHK様々だと思っているNHKたち

    テレビ業をやっていて NHK様々にうんざりしたことのない人はいないんじゃないだろうか。 いや、断言しよう。 NHKのマナーの悪さ、 非礼さに怒りを覚えたことがない人がいたとしたら その人はテレビ業者ではない。 と言っても NHKのカメラマンでも老練なカメラマンは 最低限の立ち振る舞いができる。 その余裕さえも感じられる立ち振る舞いから 正職員のカメラマンであることが察知できる。 そういうカメラマンとは 阿吽の呼吸で 普通に仕事を終えることができる。 問題はプロダクションのカメラマンだ。 本当にひどい。 撮影してくるところに平気で入ってくる。 撮影の邪魔になっていることを知っていて 邪魔してくる…

  • ✅妻の誕生日

    きょう妻の40歳の誕生日だった。 おととい大きな日中戦争が勃発して まだ戦後処理が済んでいない中での誕生日だった。 一応花を買ってきた。 自分で渡すのも何なので双子に渡してもらった。 「へんっ」 と言う感じだった。 わざわざ街中の店に注文したのに 実際、心のこもっていない花束だった。 きょうは双子の撮影があった。 とにかく双子女子が必要らしく 我が家にお声がかかったのだった。 妻は 「行ってられるか」 と言う感じだった。 僕としては「いい思い出」を プレゼントできると思ったけど 裏目に出たらしかった。 記念撮影は3人で。 双子も無意識に 険悪な空気を避けたのだろう。 帰宅後 双子の一人がママと…

  • ✅やっと納品だと思ったら夫婦げんか

    きょうやっと納品となった。 DVDを16枚書き出した。 どうしても明日必要だというので 僕が直接、宅急便で送り出した。 16枚。 16枚間違いなく送れたのか 正直、不安。 というのも DVDを書き出している間中 僕はずっと罵られていたからだ。 妻がずっと僕を罵っていた。 なぜそんなに罵られる必要があるのか 僕には理解できなかった。 しかし、理解し合えないのが夫婦げんかというもの。 僕は 「理解できないよ」 力なく答えるのが精いっぱいだった。 「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」というのは 日本だけなのか 中国は夫婦喧嘩はみんなのもの。 中国人妻は中庭に通じる窓を開けて 大声で僕への不満を叫んでいた。 時折…

  • ✅久しぶりの子供と公園

    久しぶりの休日だ。 今日は仕事をしない。 朝起きると双子が張り切っていた。 午前はママと人形劇を見に行くという。 「パパも一緒に行こう‼」 えー。 面倒くさい。 パパはパス。 「パパ午前は休みたい。午後一緒に遊ぼう」 と言うと 意外とすんなりOKが出た。 以前ならここで大泣きされた。 成長を感じる。 おかげでパパはオムロン低周波治療器 でマッサージしながら 寝て過ごした。 3人が帰るのを待って遅い昼食。 そして久しぶりの公園へ。 太陽がずいぶん南に位置している。 静止画を撮影するときは 太陽の位置を強く意識する。 こんな風に太陽の位置を意識するのは 40歳にして初めて。 逆にテレビの時に 太陽…

  • ✅自分のペースができはじめたな

    きょうは久しぶりにゆったりとした気分だった。 きのう10時に寝たにも関わらず 朝9時、朝食を済ませた双子が 「パパ起きて‼」 と騒いで、ようやく起きた。 お昼前からダラダラと編集を始めた。 ダラダラと。 このダラダラと編集に向かう瞬間に 「ああ、峠を一つ越えたな」 としみじみ思った。 独立してからの悩みは 編集が億劫で仕方なかったこと。 「やるぞ‼」と 気合いを入れなければ 集中できない。 集中できる場所を探して カフェに行き コワーキングスペースに行き ホテルを借りた。 そうして最近ようやく 家でダラダラと机に向かっても 自然と集中して編集ができるようになった。 (集中できない理由を分析して…

  • ✅いい日だった

    脱サラして丸3年。 ようやく 「忙しい日々が続いて何よりだなぁ」 と思う日がきている。 きのう今日と 青森は弘前城に仕事で連れて行ってもらった。 撮影旅 双子 新聞 頑張ろ @弘前城 撮影旅 弘前城の美しいもみじと楓の紅葉は 何とも筆舌に尽くしがたい圧倒感があった。 その壮大な美しさをどう切り取るのか カメラマンは四苦八苦していた。 しかし、アシスタントの僕にとっては 新鮮で楽しい仕事であった。 久しぶりに他人の撮り方を目の当たりにして 自分の撮り方を客観視出来て いい刺激になった。 自分も撮る立場で考える。 その後 カメラマンが撮る映像をのぞき込んでは 「ああ、なるほどなぁ」 「カメラマンの…

  • ✅仕事と双子との関係は反比例

    最近忙しかった。 実際、双子が起床する前に家を出ることが多かった。 家に戻ってきても部屋にこもって編集している時間が多かった。 双子が僕の部屋に来ても 相手をしてやれなかった。 「手伝いたい」という人もいたが 気持ちが急くパパは 「お願いだからパソコン触らないで‼」 とジャマ扱いしていた。 選挙が終われば終わったで 順番待ちしてもらっていたお客の撮影が始まった。 待ってもらっていた分 編集もすぐに上げねばならない。 ラフランス あしたは青森へ宿泊出張だ。 なんとしてもきょう5分の編集を終わらせないといけない。 祝日で双子が家にいるので 仕事がはかどらない。 双子には悪いが外出して編集した。 無…

  • ✅選挙が終わって

    日本中で開催された秋祭りが終了した。 個人的な印象としては 「思ったほど野党が伸びなかったな」 ということ。 コロナであれだけ政権批判されたにもかかわらず 自民はそれほど議席を減らさなかった。 野党の筆頭である立憲民主が 議席を減らしたのが印象的だ。 野党同士の潰し合いをやめて 共産党と手を組んだのが仇になったらしい。 年配の人たちには 我々40代以下の人間にはわからない 「共産アレルギー」が依然、強いようだ。 僕個人としてはやることを全うした12日間だった。 @飯豊町 仕事 今回の仕事は、候補者の活動を撮影・編集し、その日のうちにYouTubeにアップする、というものだった。 撮って編集して…

  • ✅自分にとって当たり前のことこそ商売になる

    会社を辞めてあと数日で丸3年になる。 石の上にも3年。 一区切り感がすごくある。 ようやく僕にも商売のポイントが見えてきた気がする。 @南陽市 頭で考えたこと 当たり前のこと 大変な思いは必要 やること 頭で考えたこと 人間は、頭の中で何度も考えたことは やらずにいられなくなるらしい。 何かやりたいことが思いついて それを毎日考えていたら 絶対にやらないわけにはいかないらしい。 そのことを学んだ3年間だった。 「やってみたい」と思うことを 手当たり次第やっていった3年間だった。 その結論としては 「無理ゲー過ぎる」 やっていて楽しくなければ 自分の機嫌が良くならない。 自分の機嫌がよくなければ…

  • ✅新しい仕事は悩みの連続

    衆議院選挙が公示された。 今回も、知事選挙同様、毎日候補者を撮影しては YouTubeにアップすることになっている。 仕事だ。 選挙もSNSを駆使する時代になったのだ。 それを業として請け負っているわけだけど もちろん周囲に先輩はいない。 全部手さぐりである。 全部一人でやるので ただひたすら一人で悩み続ける。 ちなみに僕個人としては 「特定の候補者を応援してるから」というよりも 投票率を上げたい、という思いの方が強い。 だから投票率の低い若者向けにSNSを使うべきだ、 というのがあるし 新聞やテレビでは伝えきれない部分をYouTubeを使って伝えたい、 というのもある。 それがきっと選挙への…

  • ✅勝者の休み~おばあちゃんプリンセス~

    きょうは2社への納品があった。 無事午前中に届けた。 お昼12時に今日の仕事が終わった。 勝者のお休みである。 勝者の余韻を楽しむ。 これで来月の住宅ローンや生活費もOKだ。 滞納していた自動車税も支払ってきた。 これで滞納はなくなった。 時間が合ったので 双子を幼稚園に迎えに行った。 子育てに何より必要なのはこの心の余裕だなぁとつくづく感じる。 双子は最近クイズを楽しんでいる。 必ず合の手を入れるらしい。 「クイズクイズ♬」 「な~んのクイズ♬」 「プリンセスクイズ」 「はいどうぞ」 「白い髪のプリンセスはな~んだ??」 双子の一人が答える。 「エルサ‼」 パパも手を挙げる。 「はい、パパ‼…

  • ✅おれ頑張ってるなぁ

    10月の忙しさは尋常じゃない。 ただでさえ10月は忙しい時期だ。 山形は11月になれば冬という感覚で イベントごとは10月に済ませたい感覚がある。 コロナで延期になっていた行事が10月にずれこみ さらに選挙が入ってもうてんやわんや。 撮影が突然入るのは構わない。 困っちまったのが 「編集しなくていいのは気が楽だな」 と思って撮影していたら 「そのまま編集もお願い」 と言われたことだ。 「できる範囲でいいのであさっての朝までください」 「できる範囲」かぁ。 「できる範囲」と言ったって 結局この動画は僕の「works」になる。 誰作ったの? という話になる。 そこに 「たった1日で仕上げた」 とい…

  • ✅1日中編集だけどやっぱり脱サラして良かったな

    きのうおとといの撮影をきょう編集した。 きょうで終わらせたかった。 午前8時にスタバに行き 3時間頑張ったが途中で力尽きた。 (ちゃんとおかわりし食べ物も頼んだ) 家で残り物で昼食を摂った。 さあ、午後も頑張らねば。 部屋にこもって編集していると たびたび双子がやってきた。 「パパ見て」 で見ると集中力が切れる。 「パパ見ない」 を繰り返していたら 話しかけなくなってきた。 クローゼットで遊んでいた。 双子っていろいろ大変そうだけど ホント楽しそう。 僕が仕事している間中 ずっと僕の周りで遊んでいた。 編集中の音声が聞こえなくて 大きくしたりもした。 楽しそうで何より。 仕事しながらでも 忙し…

  • ✅眠たくてしょうがない

    きのうときょう、撮影業だった。 朝7時前に起きたんだけど 眠たくてしょうがない。 撮影は午前10時ごろ無事終わった。 そこから編集できると思ったけど 眠くて眠くて仕方がない。 昼食後、寝た・ 夕方、今週いっぱいまで提出しなくてはいけない見積もりを書いているうちに 頭痛がしてきた。 「疲れ」のサインだ。 寝よう。 あさってキャンプ、というよくわかんない仕事だ。 明日、編集を終わらせなければ…

  • ✅子どもは好きで大人はめんどう

    10月は忙しい。 みんなそうらしい。 撮影 出来事 感じたこと やること 撮影 小学生の校外学習の撮影だった。 きょうも撮影の合間にヘラヘラと冗談を飛ばした。 小学生でも 冗談と真面目な発言を きちんと区別してやり取りしてくれた。 最後は 「カメラマンのおっちゃん、またね‼️」 とみんなとバイバイした。 子どもたちが馴れ馴れしいと感じたのか 先生は 「すみません‼️」 と本気で恐縮していた。 恐縮されるのが面倒くさい。 恐縮されたらそれに 「い〜え〜」と 返事しなくてはいけない。 大人になってもお互いの仕事をきちんとこなして 子ども同士のようにやり取りできたらいいのになぁって思う。 校外学習で…

  • ✅行政と仕事するためには契約書が必要らしい

    行政からの仕事を受注した。 これまで「町」からの仕事はあったが 初めての「市」単位での受注だ。 しかし受注するにあたって 「契約課」なる場所に書類を提出しなければならない、という。 発注してくれた担当者は もろもろの契約書を準備はしてくれたが 「詳しくは契約課に聞いてくれ」 とのことだった。 その発言には 「契約書のことはこれ以上質問しないでくれ」 という圧がこめられていた。 契約書は重かった。 僕は家に帰り 文字だけでびっしりと埋められた書類に目を通した。 何度読んでも何を揃えればいいのか頭に入らない。 一つ一つチェックしていった。 書類は全て ワードかエクセルでダウンロードできることがわか…

  • ✅ホームページ業、ついに初仕事完了

    ホームページ作成を受注したのは たしか6月だった。 今あるホームページを全面ガラッと変える。 自分でできるけど 最初の立ち上げの部分は友人に発注した。 今後のことも考え、 外注できるものは外注しておきたかったのだ。 僕は動画を受注する。 その際、HPやSNS周りも 受注できるようにしておきたかったのだ。 友人はアイコンや画像をオシャレにしてくれた。 そうした芸術感覚に優れた友人なのである。 友人が作ってくれた骨組みベースに 僕はひたすら肉付け作業を続けた。 直しもたくさんあった。 でもそこで鍛えられた。 ずいぶんとパワーアップした。 そして遂に完成。 いよいよドメイン引っ越し作業である。 この…

  • ✅一気に仕事きた9月末

    とある客の打ち合わせで 「9月は暇だったのにいきなり忙しくなった」 と言われた。 「僕もです」 「なんでだろう?」 なんでだろう? 毎年、お盆が終わってから9月が忙しい。 それがコロナの第4波や総理が変わるで 動きが止まっていたからだろうか? 9月は発注が少なかったが きょうバタバタといくつかの仕事が決まった。 ありがたい限りである。 この勢いに乗ってしまおうと思った。 お客が打ち合わせに遅れてきた。 数分、空いた。 以前から飛び込み営業していたところに電話をしてみた。 行政だ。 もちろん 「今いま頼むことなどない」 と取り付く島もない感じだった。 それは想定内。 そこから粘って 「いろんな媒…

  • ✅屋根の修繕

    きょうも投資物件の屋根の修繕。 はがれてなくなったトタンとハフの穴を埋めた。 貸し主も顔は笑顔だけど 心は鬼にしてやってきた。 屋根の上は直射日光で暑かったが 何とか作業も終わった。 もう一人が屋根を歩くたびに 屋根が沈んだのを直接目の当たりにした。 恐ろしくなった。 もっと補強することにした。 帰りはついでに撮影して帰った。

カテゴリー一覧
商用