プロフィールPROFILE

大和さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
メタトレーダーで聖杯探し
ブログURL
https://fx-gdb3288.hatenablog.com/
ブログ紹介文
メタトレーダーを使い倒して、聖杯を見つけます。 ほったらかしシストレFXで、目指すは1億円!! 自動売買用オリジナルEA公開中
更新頻度(1年)

14回 / 73日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2019/11/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、大和さんの読者になりませんか?

ハンドル名
大和さん
ブログタイトル
メタトレーダーで聖杯探し
更新頻度
14回 / 73日(平均1.3回/週)
読者になる
メタトレーダーで聖杯探し

大和さんの新着記事

1件〜30件

  • 「BrainTrend1Sig」というインジケータをEA化 (2)

    以前作成したEAに時間帯フィルターを実装してみました。 fx-gdb3288.hatenablog.com 2019/10/1-2020/01/05迄の期間で、さっくり最適化した結果がこちら。 USDJPY 中盤まではいい感じの成績ですが、後半は伸び悩んでいます。 もう少し改善の余地ありです。 EURUSD 全く希望が無い結果でした。 GBPJPY 中盤以降の結果が良いだけに、前半のドローダウンが惜しまれます。 うまいフィルターがあれば良いのですが...。 GBPUSD EURJPY 右肩上がりのグラフですが取引回数が少ないので、信頼性があまりありませんね。

  • 「ASCT1sig」というインジケータをEA化 (2)

    以前作成したEAに時間帯フィルターを実装してみました。 fx-gdb3288.hatenablog.com 2019/10/1-2020/01/03迄の期間で、さっくり最適化した結果がこちら。 USDJPY 前半はまずまずの成績ですが、後半の成績に不安が残ります。 EURUSD 右肩上がりではあるものの、取引回数が少なすぎます。 GBPJPY 取引回数は多いものの、ドローダウンの期間が長すぎますね。 GBPUSD GBPJPYと同様、ドローダウンの期間が長すぎます。 EURJPY 中盤から横ばいのグラフです。 全体的にテスト期間をもう少し長くして検証したほうが良さそうですね。

  • 「ASCT1sig」というインジケータをEA化 (2)

    以前作成したEAに時間帯フィルターを実装してみました。 fx-gdb3288.hatenablog.com 2019/10/1-2020/01/03迄の期間で、さっくり最適化した結果がこちら。 USDJPY かなり理想的な右肩上がりのグラフになっています。 これは期待出来るかも。 EURUSD だめですね。 GBPJPY 100回目の取引以降の成績が不安材料になってしまいます。 もう少し別のフィルターを追加すれば改善するかも。 GBPUSD グラフは良い感じなのですが、PFが低いのが玉に瑕。 EURJPY 使い物にならず。

  • 「ADX_Cross」というインジケータをEA化 (2)

    以前作成したEAに時間帯フィルターを実装してみました。 fx-gdb3288.hatenablog.com 10/1-12/27迄の期間で、さっくり最適化した結果がこちら。 USDJPY 小さい損失を重ねて、大きく勝つようなグラフになりました。 EURUSD 右肩上がりのグラフになりましたが、もう少し取引回数が多ければ...。 GBPJPY USDJPYと似たようなグラフですが、ちょっと不安。 GBPUSD これもUSDJPYと似たような、小さい損失を重ねて、大きく勝つタイプ。 EURJPY 使えません。

  • 「5 bar reversal v0115」というインジケータをEA化 (2)

    以前作成したEAに時間帯フィルターを実装してみました。 fx-gdb3288.hatenablog.com 結果としては、全く効果がありませんでした。orz... 時間帯による優位性が無いという事がわかっただけでも良しとします。

  • 「3 MA Cross w_Alert v2」というインジケータをEA化 (2)

    以前作成したEAに時間帯フィルターを実装してみました。 fx-gdb3288.hatenablog.com 10/1-12/27迄の期間で、さっくり最適化した結果がこちら。 USDJPY フィルター実装前とあまり変わらず。 EURUSD かなり良い感じの右肩上がりのグラフになりました。 GBPJPY フィルター実装前よりも成績が悪くなってしまいました。 EURJPY 多少の期待は持てそうです。

  • 最適化を高速化するTips (1)

    複数のMAラインを比較してシグナルを発生させるようなEAでは、各MAの期間をパラメータで変更可能になっている事が多いですね。 このようなEAを最適化したい時、短期MAの期間が長期MAの期間よりも大きな値をセットしてしまうようなパラメータパターンは最適化して欲しくない訳です。 そのような時は、OnInit()内に下記のようなコードを追加する事で無用な最適化時間を短縮出来ます。 // パラメータの設定ミス if (短期MAの期間 > 長期MAの期間) { return(INIT_PARAMETERS_INCORRECT); } これによって、短期MAの期間が長期MAの期間よりも大きな値をセットして…

  • MT4とMT5の定型チャートファイル(tpl)の内容の比較(objectタグ編(2))

    <object>タグ(テキストラベル) MT4 MT5 備考 type type object_name name period_flags create_time description descr style color font fontnm fontsize fontsz angle angle anchor_pos anchorpos refpoint background filling selectable hidden zorder corner x_distance pos_x y_distance pos_y <object>タグ(サイクル・ライン) MT4 MT5 備考 …

  • MT4とMT5の定型チャートファイル(tpl)の内容の比較(objectタグ編(1))

    <object>タグ(水平線) MT4 MT5 備考 type type object_name name period_flags create_time color style weight background filling selectable hidden zorder value_0 value1 <object>タグ(垂直線) MT4 MT5 備考 type type object_name name period_flags create_time color style weight background filling selectable hidden zorder t…

  • MT4とMT5の定型チャートファイル(tpl)の内容の比較(window,indicatorタグ編)

    <window>タグ MT4 MT5 備考 height height fixed_height objects <indicator>タグ MT4 MT5 備考 name name path apply show_data scale_inherit scale_line scale_line_percent scale_line_value scale_fix_min scale_fix_min_val scale_fix_max scale_fix_max_val expertmode fixed_height

  • MT4とMT5の定型チャートファイル(tpl)の内容の比較(chartタグ編)

    <chart>タグ MT4 MT5 備考 id id symbol symbol period period_type period_size digits digits tick_size position_time scale_fix scale_fixed_min scale_fixed_max scale_fix11 scale_bar scale_bar_val scale scale graph mode fore fore grid grid volume volume scroll scroll shift shift shift_size fixed_pos ohlc ohl…

  • 「BrainTrend1Sig」というインジケータをEA化

    [BrainTrend1Sig]というインジケータをEA化してみました。 ドットがローソク足の下に出現したらショート、ドットがローソク足の上に出現したらロング。 エントリー後、逆のドットでドテンしています。 このインジケータですが、最適化出来るパラメータが無いので最適化はしていません。 10/1-11/16迄の期間でバックテストした結果がこちら。 USDJPY EURUSD GBPJPY USDJPY以外は使えそうにありません。 今回のEAでは、サインとは逆方向でのエントリーとしてEA化してみました。 当初は順方向で作成したのですが、全て右下がりのグラフになってしまった為、方針を変えてみました…

  • 「ASCT1sig」というインジケータをEA化

    [ASCT1sig]というインジケータをEA化してみました。 矢印の方向にエントリーして、逆の矢印でドテンしています。 9/1-11/15迄の期間で、さっくり最適化した結果がこちら。 USDJPY EURUSD GBPJPY USDJPY以外はぱっとしない結果でした。 通貨ペアとの相性が成績に左右されやすいインジケータなのかも知れません。

  • 「AFStar」というインジケータをEA化

    [AFStar]というインジケータをEA化してみました。 矢印の方向にエントリーして、逆の矢印でドテンしています。 このインジケータですが、パラメータ数が多いので最適化はしていません。 10/1-11/14迄の期間で、バックテストした結果がこちら。 USDJPY EURUSD GBPJPY 何れもぱっとしない成績でした。 トレンド方向を判定するようなMAフィルターなどを組み込むと改善するかも知れません。

  • 「ADX_Cross」というインジケータをEA化

    [ADX_Cross]というインジケータをEA化してみました。 矢印の方向にエントリーして、逆の矢印でドテンしています。 10/1-10/30迄の期間で、さっくり最適化した結果がこちら。 USDJPY EURUSD GBPJPY 最適化しても成績がイマイチですね。 強力がトレンドが発生している時だけ利益が出るようですが、このままでは、まず実戦では使えません。orz

  • 「5 bar reversal v0115」というインジケータをEA化

    [5 bar reversal v0115]というインジケータをEA化してみました。 矢印の方向にエントリーして、逆の矢印でドテンしています。 このインジケータはパラメータが無いので、10/1-10/30迄の期間で最適化は行わずバックテストのみ実行してみました。 USDJPY EURUSD GBPJPY このインジケータは、サインが表示される足が最新足から6本後ろに表示される為、どうしてもエントリータイミングが遅れてしまいます。 長期的なトレンドが発生している時は稼ぎ易いのですが、それ以外の時は損失を積み重ねてしまうようです。

  • 「3 MA Cross w_Alert v2」というインジケータをEA化

    [3 MA Cross w_Alert v2]というインジケータをEA化してみました。 矢印の方向にエントリーして、逆の矢印でドテンしています。 10/1-10/24迄の期間で、さっくり最適化した結果がこちら。 USDJPY EURUSD GBPJPY トレンドフォロー型のEAなので、ドル円・ポンド円は10月の上昇トレンドにうまくマッチしているようです。

  • 消費税率の変更について

    皆さんご承知と通りかと思いますが、来月から消費税率が10%に変更されますね。 管理人が運営しているEA作成代行サイト「シストレパートナーズ」では、9月末日迄にご注文頂いた件については消費税率8%にて承っておりますが、来月からは10%にてお見積りを計算させて頂きます。 たかだか2%程度ですが、EA作成をお考えの方は当月中にご注文頂きますと、若干の節約になるかと思います。

  • 猛暑の中でのバックテストは危険

    いよいよ本格的な夏の暑さになってきました。 こんな時期、長時間にわたるバックテスト等を行う場合には注意が必要です。 室温が高い状態でPCに高負荷な作業をしてしまうと、どうしてもPC内部が高温にさらされてしまいがちです。 そのような状態が長時間続いた場合には、最悪PCが故障してしまいます。 メーカーもPCの内部温度が高温になったときには自動的に負荷を下げるような仕組みを搭載していますが、それでも、HDD・電源等の消耗品の寿命が縮んでしまいます。 ですので、出来る限りは室温を下げるように心がけたほうがいいですね。 PCが不調になったときには、元の状態に戻すのも意外に時間が掛かったりするものです。 …

  • 老後の年金だけでは2,000万円不足する!?

    「だから投資をしなさい。」 まあ、年金の破綻は薄々気づいていましたが...。 だからといって、国民に投資を推奨するのもおかしい話ですね。 投資に失敗したら老後はお先真っ暗になってしまいます。 勿論、何も備えなくても良い状況では無い訳で、老後を不自由無く過ごすのにも努力が必要な時代になってしまったようです。 FX投資も1つの選択肢として考えられますが、やはり努力が必須な訳で、今のうちから仕組みや手法を研究するのも有りかなと思います。 一番問題なのは、国に全てを頼ってしまい、何も行動を起こさない事ですね。

  • EAの寿命を伸ばすためには

    取引ロジックを漏洩させない工夫が必要だと思います。 これは、取引ロジックが拡散する事で使えないロジックになってしまう事を防ぐ意味を持ちます。 実際の対策としては、「VPS上にはmq4ファイルを置かないでex4ファイルのみで運用する」「口座番号縛りなどの制限ロジックを実装する」などがあります。 SNS等の発達により、情報の拡散スピードは飛躍的向上しました。 その為、一度取引ロジックが漏洩してしまうと、たちまち世界中に拡散されてしまうリスクが高くなってしまいました。 苦労して開発した稼げるロジックですので、あらゆるリスクに備えたいですね。 管理人が運営しているEA作成代行サイト「シストレパートナー…

  • ロット自動計算EAの性能評価に注意

    EAを設計するときに考えるべき事の1つに、ロット数の算出方法があります。 単純に固定値をパラメータで指定するのが最も簡単な方法ですが、 残高から損失率を計算してロット数を自動計算したり、前回の取引結果の損益からロット数を可変にしたり等、いろいろな方法が考えられます。 只、この可変ロットのEAをそのまま最適化するのは、ちょっと問題があります。 というのも、たまたま連勝したようなパラメータセットの場合ですと、PF(プロフィットファクター)が異常に高い値になってしまうからです。 なので、EAを設計する時は可変ロットと固定ロットを選択出来るように実装するのがセオリーです。 ですが、野良EAの中には固定…

  • フリーのmq4ファイルで新たな発見を

    かつて私がソフトウェア会社に勤務していた頃は、数人でお互いのプログラムソースをレビューし合う事が決まりでした。 これによって、熟練プログラマのスキルを盗む事が出来たり、本人には気づきにくいミスを発見出来たりします。 現在では、Webの発達により様々な方法で他人のプログラムソースを読む事が可能になりました。 私も時間が余っている時には、他人が作成したmq4ファイルを眺めたりしています。 結果、今迄苦労していたロジックの実装方法が非常に簡単な方法で実装可能だった事に気づいたりします。 また、エントリー・イグジットの考え方等も非常に参考になる物があったりと、他人のプログラムソースは宝の山です。

  • 「cannot load ....」のエラーの意外な原因について

    とあるインジケータの調査依頼があったので、そのインジケータを[Indicators]にセット。 チャートにプロットした所、「cannot load 'D:\MetaTrader 4\MQL4\indicators\xxx.ex4'」というエラーが発生。 このエラーの原因の殆どはMT4の古いバージョンでコンパイルしたex4ファイルが原因なのですが、今回は違いました。 このインジケータ、ここからダウンロードしたファイルのようで、[Indicators]直下にセットすると上記のようなエラーになってしまいます。 さて、この解決策ですが、[Indicators]フォルダに[Market]というフォルダを…

  • 年末・年始の営業について

    「EA作成代行 シストレパートナーズ」では、年末・年始も可能な限りサポートを行います。 遠慮なくご連絡下さい。 さて、株価が大幅に下落し、不安な心境での年越しをされる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 為替相場も同様の流れを受け、円高に振れていますね。 来年はどのような相場になるのか、明るい話題が出る事を期待したい所です。

  • もはやMT4のライブアップデートは回避出来ないのか...orz

    またしてもライブアップデートが実行されてしまいました。 「/skipupdate」パラメータは完全に無意味になってしまったようです。 ユーザーの意向は無視という事でしょうか...。

  • バックテスト結果のチャートにエントリーポイントが描画されない時は

    テストしたEA名のテンプレートファイルがあると、バックテストでも反映されてしまい、エントリーポイントが表示されないようです。 そんな時は、テンプレートファイルの名前を変更するか、ファイルを削除すると解決します。

  • 何故か[user32.dll]を実行するとMT4が落ちる?

    動作環境 : Windows 7 64Bit 未だに原因が解らず...orz [user32.dll]をwindowsフォルダからコピーしてきても治らない。 困りました。

  • 後出しサインを出すインジケータに騙されないで!

    パット見素晴らしいタイミングでサインを出してくれるインジケータが沢山ありますが、あまりにも良く出来すぎたようなサインを出す場合には、後出しサインを疑うべきです。 過去のチャート画像だけで、「このインジケータは優秀だからEA化してみよう」と考えるのは、時間と費用の無駄遣いになりかねません。 必ず、インジケータだけでのバックテスト・フォワードテストを行い、それでも良さそうな結果ならEA化を考えましょう。 「当たり前の事でしょ。」と思われる方がほとんどかも知れませんが、時々そのようなEA化のご依頼をいただく事があるので、記事にしてみました。

  • 大型の台風が接近しています

    このような停電等のリスクが高い時には、MT4のリアル運用は一休みするのも1つのリスク回避術ですね。 相場はこれからもずっと続くのですから、チャンスはいくらでもあります。 怖いのは、決済をEAに依存しているロジックを実装したEAが、ポジションを保持中にサーバーとの通信が出来なるなる事です。 昨今ではスマフォでもMT4に接続する事が出来るので、いざという時には強制決済する事も出来ます。 ですが、通信キャリアの回線が無敵という訳では無く、場合によっては通信局の被災等によってエリア外になってしまう事もあるかも知れません。 また、メンタル面でもリスクが高い時の自動売買では、意識がその事に集中してしまい、…

カテゴリー一覧
商用