プロフィールPROFILE

footballjさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
レアルに憧れるサッカー少年の奮闘記
ブログURL
http://footballj.livedoor.blog/
ブログ紹介文
プロサッカー選手を目指す息子の日々の成長日記。
更新頻度(1年)

5回 / 17日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2019/11/03

footballjさんのプロフィール
読者になる

footballjさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,526サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 90 170 480 50 30 50 910/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,013サイト
少年サッカー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 853サイト
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,079サイト
2011年4月〜12年3月生まれの子 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,048サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 10,555位 11,021位 10,797位 11,044位 13,202位 9,965位 7,716位 978,526サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 90 170 480 50 30 50 910/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 214位 221位 230位 237位 287位 255位 212位 9,013サイト
少年サッカー 40位 40位 40位 39位 44位 39位 31位 853サイト
子育てブログ 586位 622位 616位 624位 730位 550位 431位 65,079サイト
2011年4月〜12年3月生まれの子 8位 7位 8位 9位 10位 9位 6位 2,048サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,526サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 90 170 480 50 30 50 910/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,013サイト
少年サッカー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 853サイト
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,079サイト
2011年4月〜12年3月生まれの子 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,048サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、footballjさんの読者になりませんか?

ハンドル名
footballjさん
ブログタイトル
レアルに憧れるサッカー少年の奮闘記
更新頻度
5回 / 17日(平均2.1回/週)
読者になる
レアルに憧れるサッカー少年の奮闘記

footballjさんの新着記事

1件〜30件

  • 横の動き

    前回に引き続き、スキャモンの発育曲線に基づいた話。短距離走は神経系の要素もあるが、反復横跳びなどの横の動きは神経系の影響が比較的強いらしい。だいぶ前にも書いたが、うちの子は横の動きが弱い。例えばダブルタッチをするときには、横だけならできるけど前の動きも組

  • 認知とは

    前回の続き。スキャモンの発育曲線で神経系はほぼ完成されているはずなのに、ゴールデンエイジにおいては運動獲得が最もスムーズになるのは、神経系の成長がわずかに残されていることに加え、徐々に認知的な発達が追い付いてきて運動を理論的に考えたり、動きを本能的だけで

  • スキャモンの発育曲線

    前回に引き続きその時期にあったトレーニングについて。子どもと発育発達 vol.12no.4 特集:スキャモンの発育曲線を読み解く [単行本]日本発育発達学会2015-01-01この本を読んだわけではないけどスキャモンの発育曲線は、子供の発達を考える上では何十年も揺るがない理論とな

  • ゴールデンエイジ

    ゴールデンエイジってあるのか。どの本やブログを見ても10-12歳はゴールデンエイジだからそこでトレーニングをって書いてある。だけど、自分の経験上、特別その時期にすぐにいろんなことができたりってことはあんまりなかったように思う。もう一方で、育成はその時期にあった

  • 子供の成功を支える親

    レアル久保選手の幼少期をつづった著書にもありましたが、子供の成功は親にかかっているといっても過言ではないのかなと思う。個人的な意見だが、二つに大きく分かれると思う。一つは才能。トンビが鷹を生むは、フィジカルが重視されている近代サッカーでは、遺伝の要素や種

  • 練習時間と体の疲労

    今週はあまり練習できませんでした。だいたい、一日30分、週末も1時間弱程度。日々の疲労が強すぎることもあるけど、疲労が出てくると体調が崩れてくる。どんなに早く寝かせたりしても、やっぱり週末になるとかなりスイッチが切れてくるのか続かなくなりやすい。それを見て、

  • 何に重きをおくか

    小学一年生で大事なことってなんだろう。もちろんサッカー選手を目指すなら、サッカーでしょ。誰が答えてもそうなる。リフティング、パス、トラップ、シュートやることはあほみたいにある。だけど、それって正解なのかなって最近考えた。セレクションの日は迫っている。ただ

  • メンタル

    メンタルの強さ。色々あると思うけど、まずは自分のことを自分で守れることなんではないかなと。相手が強くても自分ができることをやる。決めたことをやりきる。何にとっても、今後必要になる能力だと思う。じゃあどうやってメンタルって鍛えられるの?つまり、忍耐力を上げ

  • 自主性

    今週から練習は本人がやるかどうか決める方式に変更しました。練習メニューは決めますが、やるかどうかは決めさせる。自主性を重んじることが大事だ、ということをよく言われていますが、これってすごく難しい。実際、今週は朝練は20分ぐらい、夜練やらない日はほとんどとい

  • 残り3カ月

    セレクションまで3カ月となりました。体調不良もあってかなり出遅れてますが、ここからどう挽回していくか。本人の意思を高めること、サッカー以外の取り組みを増やしていくこと。とにかくサッカーにこだわりすぎると続かないし、サッカー以外の動きも大事だ。サッカーはサッ

  • スペシャルクラス

    今度受ける予定のスペシャルクラスと試合する機会がありました。結果は0-2だったけど、個々のレベル、特にうちの子のレベルと大きく離れてた。止める、蹴る、運ぶはもちろんそうだけど、相手の位置を確認するために首をちゃんと振ってた。実際この意識を変えていくのが一番難

  • レベルアップと見せかけて

    今週は特にドリブルに重点を置いて練習しました。インサイド、アウトサイド、ロール、スライド、シザース、ダブルタッチなど。色々やりました。メッシのドリブルを目指して、細かいタッチのドリブルもやりました。シュート練習との組み合わせでは速いドリブルからのシュート

  • 位置づけ

    現在の少年団の位置づけはちょうど真ん中。親の甘い評価を含めるともう少し下かもしれない。上流階級の親御さんは、うまいですね、などと言ってくるが明らかにあなたの子供の方が上でしょう。といった感じ。悔しいが、今は仕方ない。月齢はほぼ互角、体格もほぼ互角。頭の切

  • 復調の兆し

    週末、少年団の練習に復帰できました。二日間二時間の練習。最後の方はバテバテだったけど、逃げずに立ち向かえたことを褒めました。ここ何日かの練習の様子について。直前もしくは前日は明日は頑張るといった感じなのに対して、その場になると足が痛い、頭が痛いの言い訳作

カテゴリー一覧
商用