searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

荒さんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
あなたは神様に愛されている!!!
ブログURL
https://arasandesu78.hatenablog.com/
ブログ紹介文
日本基督教団 香川教会 牧師の個人的なブログです。
更新頻度(1年)

100回 / 365日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2019/10/31

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、荒さんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
荒さんさん
ブログタイトル
あなたは神様に愛されている!!!
更新頻度
100回 / 365日(平均1.9回/週)
フォロー
あなたは神様に愛されている!!!

荒さんさんの新着記事

1件〜30件

  • 初めから聞いていたことに心をとめなさい 2021年9月19日 聖霊降臨節第18主日礼拝説教 週報No.25

    ヨハネの手紙一2:22~25 初めから聞いていたことを、心にとどめなさい。初めから聞いていたことが、あなたがたの内にいつもあるならば、あなたがたも御子の内に、また御父の内にいつもいるでしょう。ヨハネの手紙一2:24 《本日の講壇》 ヨハネは「偽り者とは、イエスがメシアであることを否定する者」と言っています。「偽り」はイエスさまを救い主としないことであります。イエスさまは神の御子ですから、御子を否定する者は、御父をも否定することになります。父なる神が御子をお遣わしくださったのは、この世を愛するためです。御子を否定し、御父をも否定する者は、その者に示してくださった神の愛を否定してしまうことに他なり…

  • 聖なる方から油を注がれて いる 2021年9月12日 聖霊降臨節第17主日礼拝説教 週報No.24

    ヨハネの手紙一2:18~21 しかし、あなたがたは聖なる方から油を注がれているので、皆、真理をしっています。ヨハネの手紙一2:20 《本日の講壇》 ヨハネは「子供たちよ」と呼びかけ、「終わりの時が来ています」と告げています。「今や多くの反キリストが現れている」ことによって、「終わりの時が来ていると分かります」と言うのです。ヨハネが愛する者たちと呼びかけている教会の交わりから、彼らは去って行きました。ヨハネはひたすらに愛なるキリストを伝え、主の愛にとどまるように教会を牧しています。それにも関わらず主にある交わりの中から去って行った者たちは、そのことによって、「だれもわたしたちの仲間ではないことを…

  • 神の御心を行う人 2021年9月5日 聖霊降臨節第16主日礼拝説教 週報No.23

    ヨハネの手紙一2:12~17 世も世にある欲も過ぎ去って行きます。しかし、神の御心を行う人は永遠に行き続けます。ヨハネの手紙一2:17 《本日の講壇》 12∼14節は詩の形式で書かれています。ヨハネは、「子たちよ」、「父たちよ」、「若者たちよ」、「子どもたちよ」、「父たちよ」、「若者たちよ」と呼びかけ、教会に集う各年代の人々に、わたしがあなたがたに書いている理由を、詩の形で伝えています。各年代の人々が必要とするメッセージをヨハネは伝えているのです。 続く15節以下で「世も世にあるものも、愛してはなりません」と、ヨハネは勧めています。「世を愛する人がいれば、御父への愛はその人のうちに」ないのです…

  • 金曜夕礼拝を共に

    今晩は金曜夕礼拝があります。午後8時からです。「飲んだり食べたり」という説教題で、イエスさまの言葉を聞きます。レビの家での盛大な宴会が催されている最中、断食についての人々とイエスさまの問答の箇所に聞きます。礼拝で共にキリストの言葉を聞き、心から神さまを賛美いたしましょう。

  • その人にはつまずきはない

    兄弟を愛する人は、いつも光の中におり、その人にはつまずきがありません。ヨハネの手紙一2:10 今日、神さまが礼拝で与えてくださった聖書の言葉です。「その人にはつまずきがない」というのは、自分が何が起ころうとつまづかないというのではありません。逆で、隣にいる兄弟につまずきを置かないということです。 僕はなかなかこのブログの更新も長続きしていません。そのことがこのブログを見に来てくださっている方のつまずきとなっているかも知れません。家族にも、周りの人にもつまずきとはなれ、良き証をすることができないでいます。 けれども神さまの光に包まれていることを知りました。また、神の掟が与えられていることを知りま…

  • 兄弟を愛する者 2021年8月29日 聖霊降臨節第15主日礼拝 週報No.22

    ヨハネの手紙一2:7~11 兄弟を愛する人は、いつも光の中におり、その人にはつまずきがありません。ヨハネの手紙一2:10 《本日の講壇》 ヨハネは「愛する者たちよ」と呼びかけます。これまでは罪の赦しが語られ、赦された者は神の掟、神の言葉を守るということが語られています。罪の赦しは神の愛によるのであり、また、これからヨハネが兄弟たちに語り出すことも愛に他なりません。 ここでは「掟」をめぐる問題が語られています。ヨハネは新しい掟を書くのではなく、古い掟を書いていると言い、さらにはそれを新しい掟として伝えていると言うのです。 それこそ「兄弟を愛する」ということです。光のうちにあると言う者が、兄弟を憎…

  • 中四国夏期聖会

    ホーリネスの群中四国の夏期聖会に本日、参加しておりました。「祭壇を築く」とのテーマで潮義男先生(仙台青葉荘教会)のすばらしい説教を聞き、消化しきれていませんが、これからゆっくりと教会生活の中で消化して行きたいと思います。感謝。

  • 弁護者キリスト 2021年8月22日 聖霊降臨節第14主日 礼拝説教要旨 週報No.21

    ヨハネの手紙一2:1~6 わたしの子たちよ、これらのことを書くのはあなたがたが罪をおかさないようになるためです。たとえ、罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。ヨハネの手紙一2:1 《本日の講壇》 「子たちよ」と呼びかけられています。「これらのことを書く」は、1章を受けています。「命の言」を証しし伝え、「神は光である」と示したのは何のためであるか。「あなたがたが罪を犯さないようになるためです」とヨハネは語りかけるのです。ヨハネによる福音書8章にある姦淫の女の人にかけられたイエスさまの言葉を思い起します。罪なき神の御子が彼女の罪を赦し、放免されるとき、「これから…

  • 金曜夕礼拝

    日本基督教団 香川教会 2021年8月20日(金)午後8時 =準備賛美と祈り= どんな時でも 気づかなかった 主イエスと歩く道 = 金曜礼拝順序 = 司会・説教 荒又敏徳牧師 奏楽 荒又かおり 前 奏 *招 詞 ペトロの手紙5:5(新p.434) *讃 美 主イエスと歩く道 *交読詩編 146編1∼10(p.159) *主の祈り *讃 美 讃美歌21-481 平和の挨拶 互いに「主の平和、ようこそ」と挨拶をかわしましょう。 聖 書 マタイによる福音書20章34∼40節(p.44) 説 教 「最も重要な掟」 *讃 美 気づかなかった 献 金 讃美歌21-64 *頌 栄 讃美歌21-24 *派遣・…

  • 日々の聖句 2021年8月17日

    旧約聖書の言葉 詩編119編43 真実をわたしの口から奪わないでください。 あなたの裁きを待ち望んでいます。 新約聖書の言葉 テモテへの手紙二4:3~4 だれも健全な教えを聞こうとしない時が来ます。そのとき、人々は自分に都合の良いことを聞こうと、好き勝手に教師たちを寄せ集め、 真理から耳を背け、作り話の方にそれて行くようになります。 《黙想》 「健全な教え」を聞き続けていくことができるように導いてくださる神様に感謝します。

  • 神は光 2021年8月15日 聖霊降臨節第主日礼拝説教 週報No.20

    わたしたちがイエスから既に聞いて、あなたがたに伝える知らせとは、神は光であり、神には全く闇がないということです。ヨハネの手紙一1:5 《本日の講壇》 「わたしたちがイエスから既に聞いていて、あなたがたに伝える知らせとは、神は光であり、神には闇が全くないということです」とあります。この手紙の言葉から聞くのは、「神は光である」と言うことです。そしてこの箇所に出てくる「交わり」は、皆、光である神と私たちとの交わりを現わしています。 神との交わりを経験するというのは、光に闇が照らし出されていくようなことであります。光に照らし出されて、暗い闇の中にあるものが、はっきりと見えてくるのです。それこそが私たち…

  • 明日は金曜夕礼拝

    明日の金曜夕礼拝は、午後8時からです。 「離縁について」マタイによる福音書9章1~12節からのお話をします。 ご一緒に神さまを賛美し、礼拝しましょう。

  • 日々の聖句 2021年8月12日

    旧約聖書の言葉 詩編9:3 いと高き神よ、わたしは喜び、誇り 御名をほめ歌おう。 新約聖書の言葉 ヨハネによる福音書12:28 父よ、御名の栄光を現してください。」すると、天から声が聞こえた。「わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう。」 《黙想》 主の十字架と復活に現わされた栄光ある御名をほめ歌います。

  • 日々の聖句 2021年8月11日

    旧約聖書の言葉 サムエル記上26:24 今日、わたしがあなたの命を大切にしたように、主もわたしの命を大切にされ、あらゆる苦難からわたしを救ってくださいますように。」 新約聖書の言葉 使徒言行録23:11 その夜、主はパウロのそばに立って言われた。「勇気を出せ。エルサレムでわたしのことを力強く証ししたように、ローマでも証しをしなければならない。」 《黙想》 いったい何に「勇気を出せ」と主は仰せなのだろうか。

  • 日々の聖句 2021年8月10日

    旧約聖書の言葉 ヨブ記21:22 「人が神に知識を授けえようか。 彼は高きにいまし、裁きを行われる」と言う。 新約聖書の言葉 ローマの信徒への手紙12:1 互いに思いを一つにし、高ぶらず、身分の低い人々と交わりなさい。自分を賢い者とうぬぼれてはなりません。 《黙想》 高ぶってみても、自分の賢さを誇っても、神さまの前には役に立たないに違いない。へりくだりつつ、周りの人と思いを一つにし、交わりを大切にしていくことができるように願います。

  • 日々の聖句 2021年8月9日

    旧約聖書の言葉 イザヤ書11章2 その上に主の霊がとどまる。 知恵と識別の霊 思慮と勇気の霊 主を知り、畏れ敬う霊。 新約聖書の言葉 ルカによる福音書20章26 彼らは民衆の前でイエスの言葉じりをとらえることができず、その答えに驚いて黙ってしまった。 《黙想》 イエスさまには素晴らしい霊が豊かにとどまっているので、優れた答えをなさったことを覚えます。

  • 命の言について 2021年8月8日 聖霊降臨節第12主日礼拝説教要旨 週報No.19

    初めからあったもの、わたしたちが聞いたもの、目で見たもの、よく見て、手で触れたものを伝えます。すなわち命の言について― ヨハネの手紙一1:1 《本日の講壇》 「ヨハネの手紙一」とあるように、この後、第二、第三の手紙があり、これらの手紙は、イエスさまの弟子の一人であるヨハネが書いたものと受け止められてきました。「ヨハネの手紙一」はおそらく紀元1世紀終わりごろ、エフェソで書かれ、主に小アジアの教会で回覧されて読まれた書簡であり、他の使徒の名前が冠された書簡と共に、公同書簡と呼ばれてきました。 今日からこのヨハネの手紙一を通して、ヨハネを中心とした信仰共同体が、先在のキリスト、受肉のキリスト、十字架…

  • 日々の聖句 2021年8月7日

    旧約聖書の言葉 歴代誌上9:5 金は金製品のため、銀は銀製品のためであり、職人の手によるすべての作業に用いられる。今日、自ら進んで手を満たし、主に差し出す者はいないか。」 新約聖書の言葉 コリントの信徒への手紙二9:7 各自、不承不承ではなく、強制されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりにしなさい。喜んで与える人を神は愛してくださるからです。 《黙想》 明日は教会の礼拝ですので、心に決めたとおりにささげようと、用意しておきます。

  • ほんの少しだけ パート2

    このブログを見てくださっている方は、大変、物好きであるか、この近くで教会をお探しの方であるか、信仰の友で香川教会と僕を覚えてお祈りくださっている方か、そのいずれでもない方か、ともかくここを開いてくださったこと、本当にうれしいです。お会いできたら、ありがとう!うれしいです!シャローム!神さまの平安が豊かにありますように!とあいさつしたいです。だから、ブログ見ました。ホームページ見ました。必ず、必ず、おっしゃってくださいね! もうすこしだけ、ということでホームページの記事の並び替えをしたことをお伝えしましたが、今日はホームページのページ分けをしてみました。これまで通り、記事はホームに載せて行きます…

  • 金曜夕礼拝 本日の礼拝順序

    日本基督教団 香川教会 2021年8月6日(金)午後8時 =準備賛美と祈り= どんな時でも 私を守る方 ありのままに = 金曜礼拝順序 = 司会・説教 荒又敏徳牧師 奏楽 荒又かおり 前 奏 *招 詞 ルカによる福音書12:48(新p.133) *讃 美 ありのままに *交読詩編 *主の祈り *讃 美 讃美歌21-285 平和の挨拶 互いに「主の平和、ようこそ」と挨拶をかわしましょう。 聖 書 マルコによる福音書9章2∼10(新p.78) 説 教 「ここにいるのはすばらしい」 *讃 美 どんな時でも 献 金 讃美歌21-64 *頌 栄 讃美歌21-29 *派遣・祝福 後 奏 *はご起立ください…

  • 金曜夕礼拝は8時からです。

    今晩、金曜夕礼拝があります。この日にしか休みが取れない息子が、神さまに礼拝をささげたいからと言うので、仕事が増えるなぁと思いつつ、先月末から初めています。 プレイズ・ソングをも用いて神様を賛美し、礼拝をささげています。今のところ少ない人数でささげていますので、讃美歌はすべて歌っています。コロナ禍ですから人数が増えてくるようであれば、賛美を歌うことは少なくしようと思います。現状、喜びと感謝をもって賛美を神様にささげます。 今日の聖書箇所は、マルコによる福音書9章2~10節 お話は、「ここにいるのはすばらしい」です。 どうぞあなたもおいでください。感謝と献身の時として、献金がございますが、ご用意が…

  • ほんの少しだけ

    毎日、暑いです。日に数本、ペットボトルのお茶飲んでいます。 ミネラル麦茶にはまってますが、宣伝でも何でもありません。 ほかにもお茶を買っては、飲みしています。 熱中症対策をして、この暑さをなんとかしのぎましょう。 ヤコブの息子たちの袋に入っていた「銀」、何なんでしょうね。 神様のなさった不思議でもありますが、エジプトの司政管のヨセフが 人に命じて、こっそり兄弟たちの袋に入れておいたのですね。 彼らをヨセフの屋敷に連れていく執事は、「銀」を「宝」と言い換えて、 神様が隠された宝と意味深長なことを言っています。 「銀」・・・気になります。 ということで、ホームページに書き込んだ記事を ほんの少しだ…

  • 日々の聖句 2021年8月5日

    旧約聖書の言葉 アブラムが九十九歳になったとき、主はアブラムに現れて言われた。「わたしは全能の神である。あなたはわたしに従って歩み、全き者となりなさい。創世記17:1 新約聖書の言葉 そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」マタイによる福音書5章16節 《黙想》 部屋全体を明るく照らし出すような場所に燭台を置くように、私たちの光を人々の前に輝かせるように導かれています。キリストの光に照らされてこそ、光り輝き、周りを照らし出すことができるようになるのでしょう。キリストの光に照らされて、世の光とさ…

  • 主よ、この人はどうなりますか 2021年8月1日 聖霊降臨節第11主日(平和聖日)礼拝説教 香川教会週報No.18

    イエスは言われた。「わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるのか。あなたはわたしに従いなさい。」ヨハネによる福音書21:22 《本日の講壇》 ペトロは振り向きました。そこに「イエスの愛しておられた弟子がついて来るのが見え」ました。彼もまた、イエスさまに従います。彼は、最後の晩餐のとき、イエスの胸もとに寄りかかったまま、「主よ、裏切るのはだれですか」と言った人です。ペトロは彼を見ると、「主よ、この人はどうなるのでしょう」と聞きました。ペトロには殉教の予告をされたので、イエスさまは彼のことをどう思っておられるのかが気になったのでしょう。イエスさまは「…

  • 日々の聖句 2021年7月31日

    旧約聖書の言葉 むしろ、あなたの神、主を思い起こしなさい。富を築く力をあなたに与えられたのは主であり、主が先祖に誓われた契約を果たして、今日のようにしてくださったのである。申命記8:18 新約聖書の言葉 ヨハネは答えて言った。「天から与えられなければ、人は何も受けることができない。ヨハネによる福音書3:27 《黙想》 今ある地位や財産などはいつしか、自分ががんばって働いて築き上げたという思いになりがちです。しかし、神さまがお造りになられた世界に働きかけて、私たちはいろんなものを造りだしてきたことを、改めて思い返したいと思います。

  • 日々の聖句 2021年7月30日

    旧約聖書の言葉 神に逆らう者は悩みが多く 主に信頼する者は慈しみに囲まれる。 詩編32編10 新約聖書の言葉 希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。 ローマの信徒への手紙5:5 《黙想》 主に信頼する者として希望をもって歩みたい。

  • 金曜夕礼拝

    今晩も金曜夕礼拝が午後8時からあります。 「人々の不信仰のゆえに奇跡を行わないイエスさま」というお話をします。 よろしかったらおいでください。 感謝と献身をあらわす献金をささげます。ご用意がなくてもお気兼ねなく礼拝においでください。

  • 日々の聖句 2020年7月27日

    旧約聖書の言葉 あなたの贖い主 あなたを母の胎内に形づくられた方 主はこう言われる。 わたしは主、万物の造り主。 自ら天を延べ、独り地を踏み広げた。 イザヤ署44:24 新約聖書の言葉 わたしたちにとっては、唯一の神、父である神がおられ、万物はこの神から出、わたしたちはこの神へ帰って行くのです。また、唯一の主、イエス・キリストがおられ、万物はこの主によって存在し、わたしたちもこの主によって存在しているのです。 コリントの信徒への手紙一8:6 《黙想》 主によって僕は存在していることを、今日も再確認することができ感謝です。

  • 記事の削除について

    毎日、暑い日が続きます。いかがお過ごしでしょうか。 このブログにはささやかながら毎週の主日礼拝説教要旨と日々の聖句の黙想を載せています。 聖書の言葉に触れ、祈りをささげるための参考になれば幸いです。 ところで、これまで続けているこのぶろぐですが、聖書の著作権への配慮のため、およそ一年前の記事を削除しています。日々の聖句の黙想を合わせると、将来、半年前までの記事を削除する形をとるようになるか、と思います。聖書の言葉の引用を250節以内とすることが条件とされているためです。 どうか覚えてくださり、これからもこのブログに親しんでくだされば幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。

  • 日々の聖句 2021年7月26日

    旧約聖書の言葉 いなごが大地の青草を食べ尽くそうとしたので、わたしは言った。 「主なる神よ、どうぞ赦してください。 ヤコブはどうして立つことができるでしょう 彼は小さいものです。」 主はこれを思い直され 「このことは起こらない」と言われた。 アモス書7:2~3 新約聖書の言葉 そこで、まず第一に勧めます。願いと祈りと執り成しと感謝とをすべての人々のためにささげなさい。 テモテへの手紙一2:1 《黙想》 自分のことのためだけに祈ることの多い者であるが、できるだけ周りの「すべての人々のために」祈りをささげていきたい。

カテゴリー一覧
商用