chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
荒さん
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/10/31

1件〜100件

  • 多くの人のために流されるわたしの血、契約の血 2022年10月2日 聖霊降臨節第18主日礼拝説教要旨 週報No.27

    マルコによる福音書14:10∼25 そして、イエスは言われた。「これは、多くの人のために流される血、契約の血である。マルコによる福音書14:24 《本日の講壇》 イスカリオテのユダは、祭司長たちのところへ行き、イエスさまを金と引き換えに引き渡すことを約束しました。 除酵祭の第一日、過越の子羊を屠る日、イエスさまは二人の弟子を都に遣いを出しました。イエスさまが言われた通り、用意ができた部屋に過ぎ越しの食事の準備をしたのです。 「一同が席について食事をしているとき」です。イエスさまはご一緒に食事をしている者の一人が、裏切ろうとしていることを告げられます。 同様に「一同が食事をしているとき」、イエス…

  • 日々の聖句 2022年9月29日 何をお言いつけに

    彼は答えた。「いや。わたしは主の軍の将軍である。今、着いたところだ。」 ヨシュアは地にひれ伏して拝し、彼に、「わが主は、この僕に何をお言いつけになるのですか」と言うと、ヨシュア記5:14 そして自分は、石を投げて届くほどの所に離れ、ひざまずいてこう祈られた。 42「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください。」〔 43すると、天使が天から現れて、イエスを力づけた。 44イエスは苦しみもだえ、いよいよ切に祈られた。汗が血の滴るように地面に落ちた。〕 ルカによる福音書22:41~43 《黙想⦆神さまの言葉を待ちます。

  • 日々の聖句 2022年9月27日 自分の神を知る者

    契約に逆らう者を甘言によって棄教させるが、自分の神を知る民は確固として行動する。ダニエル書11:32 信仰によって、モーセは成人したとき、ファラオの王女の子と呼ばれることを拒んで、ヘブライ人への手紙11:24 《黙想⦆自分の神を知るがゆえに、確固たる態度を示すことができることを覚えて、神を知ることを求めたい。

  • 福音が宣べ伝えられる所では 2022年9月26日 聖霊降臨節第17主日 週報No.26

    マルコによる福音書14:1~9 はっきり言っておく。世界中どこでも、福音が宣べ伝えられる所では、この人のしたことも記念として語り伝えられるだろう。」マルコによる福音書14:9 《本日の講壇》 「過越祭と除酵祭の二日前」、イエスさまが十字架におかかりになる日がもう間近です。イエスさまは重い皮膚病の人シモンの家で食事の席に着いておられたとき、一人の女の人が石膏の壺を持って来ました。 その中には「純粋で非常に高価なナルドの香油が入っていますが、彼女はそれを壊して、香油をイエスさまの頭に注ぎかけました。いい香りを通りすぎて、鼻につくものであったのでしょう。そこにいた何人かの人が怒り出してしまいます。「…

  • 日々の聖句 2020年9月19日 光として世に来られたキリスト

    主はすべて虐げられている人のために 恵みの御業と裁きを行われる。詩編103編6 わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た。ヨハネによる福音書12:46 《黙想》 キリストの光を見つめるようにしていきたい。

  • レプトン銅貨二枚 2022年9月18日 聖霊降臨節第16主日 敬老祝福式礼拝 週報No.25

    マルコによる福音書12章35~44 イエスは、弟子たちを呼び寄せて言われた。「はっきり言っておく。この貧しいやもめは、賽銭箱に入れている人の中で、だれよりもたくさん入れた。マルコによる福音書12:43 《本日の講壇》 イエスさまは律法学者たちが「メシアはダビデの子」と言っていることを取り上げ、詩編110編1節を引用してダビデが主と呼んでいるのに、どうして主はダビデの子なのかと問いました。 大勢の群衆が喜んでイエスさまの教えを聞いているので、イエスさまは「律法学者に気をつけなさい。彼らは、長い衣をまとって歩き回ることや、広場で挨拶されること、会堂では上席、宴会では上座に座ることを望み、また、やも…

  • 日々の聖句 2022年9月16日 憂いなき休息の場所

    わが民は平和の住みか、安らかな宿 憂いなき休息の場所に住まう。イザヤ書32:18 従って、あなたがたはもはや、外国人でも寄留者でもなく、聖なる民に属する者、神の家族であり、 使徒や預言者という土台の上に建てられています。そのかなめ石はキリスト・イエス御自身であり、 エフェソの信徒への手紙2:19~20 《黙想》キリスト・イエスこそ、平安な家の土台です。

  • 日々の聖句 2022年9月16日 軽率な一言が

    軽率なひと言が剣のように刺すこともある。 知恵ある人の舌は癒す。箴言12:18 だから、平和や互いの向上に役立つことを追い求めようではありませんか。 ローマの信徒への手紙14:19 《黙想⦆平和や互いの向上に役立つことを追い求めて行こう。

  • 日々の聖句 2022年9月14日 そばにいて力づけてくださる神さま

    わたしは苦難の中から呼び求めるあなたを救い 雷鳴に隠れてあなたに答え メリバの水のほとりであなたを試した。詩編81編8 しかし、わたしを通して福音があまねく宣べ伝えられ、すべての民族がそれを聞くようになるために、主はわたしのそばにいて、力づけてくださいました。そして、わたしは獅子の口から救われました。テモテへの手紙二4:17 《黙想》神さまはそばにいて力づけてくださる。

  • 日々の聖句 2022年9月13日 希望の源

    主はわたしの砦、わたしの歌。 主はわたしの救いとなってくださった。詩編118編14節 希望の源である神が、信仰によって得られるあらゆる喜びと平和とであなたがたを満たし、聖霊の力によって希望に満ちあふれさせてくださるように。 ローマの信徒への手紙15:13 《黙想⦆希望の源は神。

  • 最も重要な掟 2022年9月11日 聖霊降臨節第15主日礼拝説教要旨 週報No.24

    マルコによる福音書12:28∼34 イエスはお答えになった。「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。マルコによる福音書12:29 《本日の講壇》 一人の律法学者がイエスさまの前に進み出て、「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか」と尋ねました。イエスさまは率直に「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』 第二の掟は、これである。『隣人を自分のように愛しなさい。』 この二つにまさる掟はほかにない」と答えてくださ…

  • 隅の親石 2022年9月4日 聖霊降臨節第14主日礼拝説教要旨 週報No.23

    マルコによる福音書12:1∼12 聖書にこう書いてあるのを読んだことがないのか。『家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった。マルコによる福音書12:10 《本日の講壇》 ぶどう園を作った人は、ぶどう園の主人、持ち主です。「農夫たち」は、ぶどう園の主人から、ぶどう園を貸し与えられて働く者たちです。ぶどう園の主人は旅立っていき、やがてぶどうの収穫を受け取るために、僕を農夫たちのところへ送りました。ところが農夫たちは送られてくる僕に乱暴をし、殺したりしました。最後に主人が送った息子をも捕まえて殺し、ぶどう園の外に放り出してしまったというたとえを、イエスさまは祭司長、律法学者、長老たちに話されま…

  • 行きなさい。あなたの信仰があなたを救った 2022年8月28日 聖霊降臨節第13主日礼拝説教要旨 週報No.22

    マルコによる福音書10:46∼52 そこで、イエスは言われた。「行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」盲人はすぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。マルコによる福音書10:52 《本日の講壇》 イエスさまと弟子たち、従う群衆はエリコの町を通り過ぎようとしていました。道端に座っていたティマイの子、バルティマイという盲人はナザレのイエスがおられると聞くや、「ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください」と叫びだしました。 ところが多くの人々が黙らせようとしました。イエスさまがエルサレムへと急いでおられるからです。それでも彼はますます「ダビデの子よ、わたしを憐れんでください」と叫…

  • 手を置いて祝福されるイエスさま 2022年8月21日 聖霊降臨節第12主日礼拝説教要旨 週報No.21

    マルコによる福音書10:13∼16 はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」マルコによる福音書10:15 《本日の講壇》 イエスさまは弟子たちに「わたしの名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。わたしを受け入れる者は、わたしではなく、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである」と教えておられました。 イエスさまはついてくる群衆を教え、また、ファリサイ派の人々と議論をなさっておられます。そういうところに子供をつれて人々がやってきます。ちょうど、教会の受付のところにいる人のように、弟子たちは集まってく…

  • 日々の聖句2022年8月16日 後の世代に語り継ごう

    子孫に隠さず、後の世代に語り継ごう 主への賛美、主の御力を 主が成し遂げられた驚くべき御業を。詩編78編4 また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家 の中のものすべてを照らすのである。マタイによる福音書5:15 《黙想》 後の世代に福音を伝えるにはどうしたらよいのだろう。 七曜の執成 わが家庭の一人ひとりのために 親戚と友人などのために 若き者の教育のために

  • 日々の聖句 2022年8月15日 御救いを喜び歌う声が天幕に響く

    御救いを喜び歌う声が主に従う人の天幕に響く。 主の右の手は御力を示す。 主の右の手は高く上がり 主の右の手は御力を示す。詩編118編15~16 そこで、マリアは言った。 「わたしの魂は主をあがめ、 わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。 ルカによる福音書1:46~47 《黙想》主への讃美の声を響かせていきたい。 七曜の執成 全地の福音宣教のために 困難な道が拓かれるために たたかう宣教師のために

  • 互いに平和に過ごしましょう 2022年8月14日 聖霊降臨節第11主日礼拝説教要旨 週報No.20

    マルコによる福音書9:42~50 塩は良いものである。だが、塩に塩味がなくなれば、あなたがたは何によって塩味をつけるのか。自分自身のうちに塩を持ちなさい。そして、互いに平和に過ごしなさい。マルコによる福音書9:50 《本日の講壇》 イエスさまは弟子たちにかなり厳しく、つまずきとなるものを取り除くように教えられます。「わたしを信じるこれらの小さい者の一人をつまずかせる者は、大きな石臼を首に懸けられて、海に投げ込まれるがよい」とか、片手、片足、片目が「あなたをつまずかせるなら、切り捨てて捨ててしまいなさい」と言うのです。それは「命にあずかる」ことに力点が置かれています。神さまが与えてくださる命から…

  • 誰がいちばん偉いか 2022年8月7日 聖霊降臨節第10主日 平和聖日 礼拝説教要旨 週報No.19

    イエスが座り、十二人を呼び寄せて言われた。「いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕える者になりなさい。」マルコによる福音書9:35 《本日の講壇》 カファルナウムにお着きになられたイエスさまは、弟子たちに「途中で何を議論していたのか」とお尋ねになりますが、彼らは黙ってしました。イエスさまは十二人を呼び寄せ、「いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕える者になりなさい」と言い、一人の子供の手を取って抱き上げ、「わたしの名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。わたしを受け入れる者は、わたしではなくて、わたしをお遣わし…

  • 日々の聖句 2022年8月6日 ただひたすら注意して

    ただひたすら注意してあなた自身に十分気をつけ、目で見たことを忘れず、生涯心から離すことなく、子や孫たちにも語り伝えなさい。申命記4:9 だから、どのように受け、また聞いたか思い起こして、それを守り抜き、かつ悔い改めよ。もし、目を覚ましていないなら、わたしは盗人のように行くであろう。わたしがいつあなたのところへ行くか、あなたには決して分からない。ヨハネの黙示録3:3 《黙想》目を覚まして、よく見て、よく聞くことができるようにしたい。 七曜の執成 罪の悔い改めと赦しのために すでに召された者のために 来るべき主の日のために

  • 日々の聖句 2022年8月2日 起きよ、光を放て

    起きよ、光を放て。 あなたを照らす光は昇り 主の栄光はあなたの上に輝く。イザヤ書60:1 あなたがたはすべて光の子、昼の子だからです。わたしたちは、夜にも暗闇にも属していません。テサロニケの信徒への手紙一5:5 《黙想》主の栄光に照らされて光の子にされていることを覚えて歩みます。

  • 日々の聖句 2022年8月2日 相手を優れた者と考える

    我々は皆、唯一の父を持っているではないか。 我々を創造されたのは唯一の神ではないか。 なぜ、兄弟が互いに裏切り 我々の先祖の契約を汚すのか。マラキ書2:10 何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、フィリピの信徒への手紙2:3 《黙想⦆相手を自分より優れた者として対していきたい。 七曜の執成 わが家庭の一人ひとりのために 親戚と友人などのために 若き者の教育のために

  • 日々の聖句 2022年8月1日 平和の神が共にいてくださる

    わたしは唇の実りを創造し、与えよう。 平和、平和、遠くにいる者にも近くにいる者にも。 わたしは彼をいやす、と主は言われる。イザヤ書57:19 平和の源である神があなたがた一同と共におられるように、アーメン。 ローマの信徒への手紙15:33 《黙想》平和の主が共にいてくださることを覚えて感謝いたします。 今月の聖句 森の木々よ、喜び歌え 主を迎えて。 主は地を裁くために来られる。 七曜の執成 全地の福音宣教のために 困難な道が拓かれるために たたかう宣教師のために

  • 日々の聖句 2022年7月31日 神さまが助けてくださる

    わたしを遠く離れないでください 苦難が近づき、助けてくれる者はいないのです。詩編22:12 あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。コリントの信徒への手紙一15:10 《黙想》神さまが助けてくださることを覚えて祈ります。 七曜の執成 キリストの教会のために 主のよみがえりの使信のために 仕える聖職者のために

  • 信仰のないわたしを助けてください 2022年7月31日 聖霊降臨節第9主日礼拝説教要旨 週報No.18

    その子の父親はすぐに叫んだ。「信じます。信仰のないわたしをお助けください。」マルコによる福音書9:24 《本日の講壇》 イエスさまは群衆の一人から、悪霊に取りつかれている息子を弟子たちのところに連れてきたけれども、何にもできなかったと聞き、「なんと不信仰な時代なのか。いつまでわたしはあなたがたと共にいられようか。いつまで、あなたがたに我慢できようか」と嘆き、「その子をわたしのところに連れてきまさい」と言われます。 その子の父親はイエスさまに「おできになるなら、わたしどもを憐れんで助けてください」と願うが、「『できれば』と言うか。信じる者には何でもできる」との答えに、父親はすぐに「信じます。信仰…

  • 日々の聖句2022年7月30日 イエスさまの声を聞く

    民はヨシュアに答えた。 「わたしたちの神、主にわたしたちは仕え、その声に聞き従います。」 ヨシュア記24:24 そこでピラトが、「それでは、やはり王なのか」と言うと、イエスはお答えになった。「わたしが王だとは、あなたが言っていることです。わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの世に来た。真理に属する人は皆、わたしの声を聞く。」ヨハネによる福音書18:37 《黙想》イエスさまの御声を聞いて歩みたい。

  • 日々の聖句 2022年7月29日 進むほどに光が増す

    神に従う人の道は輝き出る光 進むほどに光は増し、真昼の輝きとなる。箴言4:8 愛する者たち、わたしたちは、今既に神の子ですが、自分がどのようになるかは、まだ示されていません。しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています。なぜなら、そのとき御子をありのままに見るからです。ヨハネの手紙一3:2 《黙想》進むほどに光が増す幸いを感謝します。

  • 日々の聖句2022年7月28日 偽りの神々に従う者たちが忠節を捨て去ろうとも

    偽りの神々に従う者たちが 忠節を捨て去ろうとも ヨナ書2:9 世も世にある欲も、過ぎ去って行きます。しかし、神の御心を行う人は永遠に生き続けます。ヨハネの手紙一2:17 《黙想》 神の御心を行うことができますように。 七曜の執成 わが民族と政治のために 国々の相互の理解と平和のために 真実と福祉向上のために

  • 日々の聖句 2022年7月26日 神を畏れ、栄光をたたえなさい

    その日には、あなたたちは言うであろう。 「主に感謝し、御名を呼べ。 諸国の民に御業を示し 気高い御名を告げ知らせよ。イザヤ書12:4 わたしはまた、別の天使が空高く飛ぶのを見た。この天使は、地上に住む人々、あらゆる国民、種族、言葉の違う民、民族に告げ知らせるために、永遠の福音を携えて来て、大声で言った。「神を畏れ、その栄光をたたえなさい。神の裁きの時が来たからである。天と地、海と水の源を創造した方を礼拝しなさい。」ヨハネの黙示録14:6~7 《黙想》 神を畏れ、栄光をたたえます。 七曜の執成 わが家庭の一人ひとりのために 親戚と親戚と友人のために 若き者の教育のために

  • 日々の聖句 2022年7月25日 神、主によって力を奮い起こす

    兵士は皆、息子、娘のことで悩み、ダビデを石で打ち殺そうと言い出したので、ダビデは苦しんだ。だが、ダビデはその神、主によって力を奮い起こした。サムエル記上30:6 使徒たちが、「わたしどもの信仰を増してください」と言ったとき、 ルカによる福音書17:5 《黙想》 神、主によって力を奮い起こせるように、信仰を増してください。 七曜の執成 全地の福音宣教のために 困難な道が拓かれるために たたかう宣教師のために

  • 日々の聖句 2022年7月24日 神の都、神のいます聖所、幕屋

    大河とその流れは、神の都に喜びを与える いと高き神のいます聖所に。 神はその中にいまし、都は揺らぐことがない。 夜明けとともに、神は助けをお与えになる。詩編46編5~6 そのとき、わたしは玉座から語りかける大きな声を聞いた。「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、 ヨハネの黙示録21:3 《黙想》 神の都、神のいます聖所、神の幕屋は、人の間にあり、神が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となる幸い、わたしもそのうちにあります。 今週の聖句 ヤコブよ、あなたを創造された主は イスラエルよ、あなたを造られた主は 今、こう言われ…

  • 日々の聖句 2022年7月23日 雄々しく強くあれ

    わたしは、強く雄々しくあれと命じたではないか。うろたえてはならない。おののいてはならない。あなたがどこに行ってもあなたの神、主は共にいる。」ヨシュア記1:9 それゆえ、わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、そして行き詰まりの状態にあっても、キリストのために満足しています。なぜなら、わたしは弱いときにこそ強いからです。コリントの信徒への手紙二12:10 《黙想》 主が共にいてくださるからこそ、どんな状態にあっても満足できます。 七曜の執成 罪の悔い改めと赦しのために すでに召された者のために 来るべき主の日のために

  • 日々の聖句 2022年7月22日 主の恵みの御言葉

    「約束なさったとおり、その民イスラエルに安住の地を与えてくださった主はたたえられますように。その僕モーセによって告げられた主の恵みの御言葉は、一つとしてむなしいものはなかった。列王記上8:56 それで、安息日の休みが神の民に残されているのです。 ヘブライ人への手紙4:9 《黙想》主の恵みの御言葉は、一つとして空しいものはない。 今月の聖句 神に、命の神に、わたしの魂は渇く。 いつ御前に出て 神の御顔を仰ぐことができるのか。詩編42編3節 今週の聖書 互いに重荷を担いなさい。そのようにしてこそ、キリストの律法を全うすることになるのです。ガラテヤの信徒への手紙6:2 七曜の執成 十字架のみわざのた…

  • 日々の聖句 2022年7月21日 神の御心に適った悲しみ

    お前は自分の道を思い起こし、姉たちと妹たちを受け入れるとき、恥を負うであろう。わたしは、彼女たちを娘としてお前に与える。しかしお前が契約を守ったからではない。 わたしがお前と契約を立てるとき、お前はわたしが主であることを知るようになる。 こうして、お前が行ったすべてのことについて、わたしがお前を赦すとき、お前は自分のしたことを思い起こして恥じ、自分の不名誉のゆえに、二度と口を開くことはできなくなる」と主なる神は言われる。エゼキエル書16:61-63 神の御心に適った悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします。 コリントの信徒への手紙二7:10 …

  • 日々の聖句 2022年7月16日 苦難の中を歩んでいるときにも

    わたしが苦難の中を歩んでいるときも 敵の怒りに遭っているときにも わたしに命を得させてください。 御手を遣わし、右の手でお救いください。詩編138編7 あらゆる場合に神に仕える者としてその実を示しています。大いなる忍耐をもって、苦難、欠乏、行き詰まり コリントの信徒への手紙二6:4 《黙想》 あらゆる場合に命を得させてくださる神さまに仕える者としての実を示すことのできる者とさせてください。 今月の聖句 神に、命の神に、わたしの魂は渇く。 いつ御前に出て 神の御顔を仰ぐことができるのか。詩編42編3節 今週の聖書 互いに重荷を担いなさい。そのようにしてこそ、キリストの律法を全うすることになるので…

  • 日々の聖句2022年7月15日 信仰によって義とされたわたしたち

    主を畏れる人に救いは近く 栄光はわたしたちの地にとどまるでしょう。 慈しみとまことは出会い 正義と平和は口づけし 詩編85編10~11 このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、 ローマの信徒への手紙5:1 《黙想》イエスさまを信じることが、神さまと歩む始まりです。 今月の聖句 神に、命の神に、わたしの魂は渇く。 いつ御前に出て 神の御顔を仰ぐことができるのか。詩編42編3節 今週の聖書 互いに重荷を担いなさい。そのようにしてこそ、キリストの律法を全うすることになるのです。ガラテヤの信徒への手紙6:2 七曜の執成 十…

  • 日々の聖句 2022年7月14日 主の恵みと憐れみはすべての人に

    主はすべてのものに恵みを与え 造られたすべてのものを憐れんでくださいます。詩編145編9 あなたがたの天の父の子となるためである。父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。 マタイによる福音書5:45 《黙想》 主の恵みと憐れみは今日もすべての人に与えられている。 今月の聖句 神に、命の神に、わたしの魂は渇く。 いつ御前に出て 神の御顔を仰ぐことができるのか。詩編42編3節 今週の聖書 互いに重荷を担いなさい。そのようにしてこそ、キリストの律法を全うすることになるのです。ガラテヤの信徒への手紙6:2 七曜の執成 わが民族と政治のために 国々の…

  • 日々の聖句 2022年7月13日 行きなさい

    わたしは、彼らの間に一つのしるしをおき、彼らの中から生き残った者を諸国に遣わす。すなわち、タルシシュに、弓を巧みに引くプルとルドに、トバルとヤワンに、更にわたしの名声を聞いたことも、わたしの栄光を見たこともない、遠い島々に遣わす。彼らはわたしの栄光を国々に伝える。イザヤ書66:19 それから、イエスは言われた。「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。マルコによる福音書16:15 《黙想》 遣わされる者は「行って」ということが大事。 今月の聖句 神に、命の神に、わたしの魂は渇く。 いつ御前に出て 神の御顔を仰ぐことができるのか。詩編42編3節 今週の聖書 互いに重荷を担いな…

  • 日々の聖句2022年7月12日 生ける神に希望を置く

    わたしの主なる神は、わが力。 わたしの足を雌鹿のようにし 聖なる高台を歩ませられる。 指揮者によって、伴奏付き。ハバクク書3:19 わたしたちが労苦し、奮闘するのは、すべての人、特に信じる人々の救い主である生ける神に希望を置いているからです。テモテへの手紙一4:10 《黙想》 生ける神に希望を置く者として、言葉も行いも整えて行くことができますように。 今月の聖句 神に、命の神に、わたしの魂は渇く。 いつ御前に出て 神の御顔を仰ぐことができるのか。詩編42編3節 今週の聖書 互いに重荷を担いなさい。そのようにしてこそ、キリストの律法を全うすることになるのです。 七曜の執成 わが家庭の一人ひとりの…

  • 洗礼者ヨハネの生き返り 2020年7月10日 聖霊降臨節第6主日礼拝説教要旨 週報No.15

    マルコによる福音書6:14∼29 ところが、ヘロデはこれを聞いて、「わたしが首をはねたあのヨハネが、生き返ったのだ」と言った。マルコによる福音書6:16 《本日の講壇》 「ヘロデ王」とあるが、ローマの傀儡としてイスラエルの全土を治めたヘロデ大王の息子ヘロデ・アンティパスのことで、彼はガリラヤとペレアの領主でありました。イエスさまの評判を聞いた彼は、「わたしが首をはねたあのヨハネが生き返った」と言いました。ヨハネとは、洗礼者のことです。 彼は彼自身の罪を厳しくただすヨハネを疎ましく思い、捕らえて牢に入れていました。彼の妻へロディアは、彼の兄弟フィリポから無理やり奪い、結婚していたのです。ですから…

  • 日々の聖句2022年7月10日 働き、望ませ、行わせてくださる神様

    「イスラエルの家よ、この陶工がしたように、わたしもお前たちに対してなしえないと言うのか、と主は言われる。見よ、粘土が陶工の手の中にあるように、イスラエルの家よ、お前たちはわたしの手の中にある。エレミヤ書18:6 あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神であるからです。フィリピの信徒への手紙2:6 《黙想》 わたしのうちに働いて、望ませ、行わせるのは神様です。 今月の聖句 神に、命の神に、わたしの魂は渇く。 いつ御前に出て 神の御顔を仰ぐことができるのか。詩編42編3節 今週の聖書 互いに重荷を担いなさい。そのようにしてこそ、キリストの律法を全うすることになるのです。 …

  • 日々の聖句2022年7月9日 渇いている人々

    主が彼らを導いて乾いた地を行かせるときも 彼らは渇くことがない。 主は彼らのために岩から水を流れ出させる。 岩は裂け、水がほとばしる。イザヤ書48:21 祭りが最も盛大に祝われる終わりの日に、イエスは立ち上がって大声で言われた。「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。 ヨハネによる福音書7:37 《黙想》 今日もイエスさまのところに行こう。 今月の聖句 神に、命の神に、わたしの魂は渇く。 いつ御前に出て 神の御顔を仰ぐことができるのか。詩編42編3節 今週の聖書 人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。」ルカによる福音書19:10 七曜の執成 罪の悔い改めと赦し…

  • 日々の聖句2022年7月8日 飽きずに励んでいれば

    わたしはお前たちの悪事の結果に従って報いると 主は言われる。わたしは火を周囲の森に放ち 火はすべてを焼き尽くす。」エレミヤ書21:14 たゆまず善を行いましょう。飽きずに励んでいれば、時が来て、実を刈り取ることになります。ガラテヤの信徒への手紙6:9 《黙想》 飽きずに励むことは大事なことと思います。 今月の聖句 神に、命の神に、わたしの魂は渇く。 いつ御前に出て 神の御顔を仰ぐことができるのか。詩編42編3節 今週の聖書 人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。」ルカによる福音書19:10 七曜の執成 十字架のみわざのために わが教会の会員のために 主の愛のみわざのために

  • 日々の聖句2022年7月7日 主の御手をもって、いかなる者をも大いなる力ある者とすることができる

    富と栄光は御前にあり、あなたは万物を支配しておられる。勢いと力は御手の中にあり、またその御手をもっていかなるものでも大いなる者、力ある者となさることができる。歴代誌上29:12 そして、子供たちを抱き上げ、手を置いて祝福された。マルコによる福音書10:16 《黙想》 イエスさまの祝福の御手が置かれていることに感謝します。 今月の聖句 神に、命の神に、わたしの魂は渇く。 いつ御前に出て 神の御顔を仰ぐことができるのか。詩編42編3節 今週の聖書 人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。」ルカによる福音書19:10 七曜の執成 わが民族と政治のために 国々の相互の理解と平和のために …

  • 日々の聖句 2022年7月6日 神の光に照らし出されて

    太陽は再びあなたの昼を照らす光とならず 月の輝きがあなたを照らすこともない。 主があなたのとこしえの光となり あなたの神があなたの輝きとなられる。 20あなたの太陽は再び沈むことなく あなたの月は欠けることがない。 主があなたの永遠の光となり あなたの嘆きの日々は終わる。イザヤ書60:19 わたしたちがイエスから既に聞いていて、あなたがたに伝える知らせとは、神は光であり、神には闇が全くないということです。ヨハネの手紙一1:5 《黙想》 神さまの光に照らされていることを覚えて、それがゆえにありのままで歩んで行きたい。包み隠したとしても、神さまの光は照らし出してしまうのだから。 今月の聖句 神に、…

  • 日々の聖句 2022年7月5日 信仰によって生きる

    アブラムは主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。創世記15:6 だから、信仰によって生きる人々こそ、アブラハムの子であるとわきまえなさい。ガラテヤの信徒への手紙3:7 《黙想》 アブラハムは主を信じたことを、主は彼の義と認められたように、主の約束がなることを疑ってしまったり、信じられない思いが起こったとしてもなお、主への信仰によって生きて行きたいと願います。 今月の聖句 神に、命の神に、わたしの魂は渇く。 いつ御前に出て 神の御顔を仰ぐことができるのか。詩編42編3節 今週の聖書 人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。」ルカによる福音 書19:10 七曜の執成 わが家庭の一…

  • 故郷では敬われないイエ スさま 2022年7月3日 聖霊降臨節第5主日 礼拝説教要旨 週報No.14

    マルコによる福音書6:1~13 イエスは、「預言者が敬われないのは、自分の故郷、親戚や家族の間だけである」と言われた。マルコによる福音書6:4 《本日の講壇》 イエスさまはご自分の故郷にお帰りになり、安息日に会堂で教えておられると、人々はイエスさまにつまずいてしまいます。彼らはイエスさまをひどい言葉で侮辱したので、イエスさまは「預言者が敬われないのは、自分の故郷、親戚や家族の間だけである」と言い、彼らの不信仰に驚かれました。 イエスさまはそのあと十二人の弟子たちを宣教に遣わすにあたって、二人一組にして、何も持って行くなとお命じになり、汚れた霊に対する権威を与えられました。それから迎え入れる家が…

  • 日々の聖句2022年6月30日 主はわたしの偉大な救い

    主はわたしの力、わたしの歌 主はわたしの救いとなってくださった。 この方こそわたしの神。わたしは彼をたたえる。 わたしの父の神、わたしは彼をあがめる。出エジプト記15:2 力ある方が、 わたしに偉大なことをなさいましたから。 その御名は尊く、ルカによる福音書1:49 《黙想》 神さまと共に生きる者としてくださったから、主なる神さまを父と呼び、崇 め、賛美します。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 今週の聖句 疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわ…

  • 日々の聖句2022年6月29日 命を得よ

    わたしは今日、天と地をあなたたちに対する証人として呼び出し、生と死、祝福と呪いをあなたの前に置く。あなたは命を選び、あなたもあなたの子孫も命を得るようにし、申命記30:19 永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。ヨハネによる福音書17:3 《黙想》 神さまとイエス・キリストを知りたいです。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 今週の聖句 疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしの…

  • 日々の聖句2022年6月27日 何が主に喜ばれるか

    それなのに、あなたの同胞は言っている。『主の道は正しくない』と。しかし正しくないのは彼らの道である。エゼキエル書33:17 何が主に喜ばれるかを吟味しなさい。 エフェソの信徒への手紙5:10 《黙想》 正しい道を進んでいるか、吟味することが必要です。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 今週の聖句 疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。マタイによる福音書11:28 七曜の執成 全地の福音宣教のために 困難な道…

  • 日々の聖句2022年6月26日 生き返らせてくださる神

    あなたは多くの災いと苦しみを わたしに思い知らせられましたが 再び命を得させてくださるでしょう。 地の深い淵から 再び引き上げてくださるでしょう。詩編71編20 わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える。わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな。ヨハネによる福音書14:27 《黙想》 再び、命を得させてくださる神を信じて、平安を得て歩みます。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 今週の聖句 疲れた…

  • 主があなたにしてくださったことを知らせなさい 2022年6月26日 聖霊降臨節第4主日 礼拝説教要旨 週報No.13

    マルコによる福音書5:1~20 イエスはそれを許さないで、こう言われた。「自分の家に帰りなさい。そして身内の人に、主があなたを憐れみ、あなたにしてくださったことをことごとく知らせなさい。」マルコによる福音書5:19 《本日の講壇》 湖の向こう側に渡られたイエスさまは舟から上がられると、汚れた霊に取りつかれた人に出会われました。悪霊はイエスさまに「いと高き神の子イエスよ、構わないでくれ。この地方から追い出さないでほしい」と懇願し始めました。イエスさまが悪霊に「汚れた霊よ、この人から出ていけ」とお命じになられたからです。また、イエスさまは霊どもに名前を尋ねると、「名前はレギオン。大勢だから」と答え…

  • 日々の聖句2022年6月25日 あなたがたもするように

    あなたは、人が自分の子を訓練するように、あなたの神、主があなたを訓練されることを心に留めなさい。申命記8:5 わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、模範を示したのである。ヨハネによる福音書13:15 《黙想》 イエスさまが弟子たち一人一人の足を洗って模範を示し、あなたがたもするようにお命じくださったことに応答できますように。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 今週の聖句 あなたがたに耳を傾ける者は、わたしに耳を傾け、あなた…

  • 日々の聖句2022年6月24日 主の教えは完全

    主の律法は完全で、魂を生き返らせ 主の定めは真実で、無知な人に知恵を与える。詩編19編8 そこで群衆は、「では、わたしたちはどうすればよいのですか」と尋ねた。 ヨハネは、「下着を二枚持っている者は、一枚も持たない者に分けてやれ。食べ物を持っている者も同じようにせよ」と答えた。ルカによる福音書3:10-11 《黙想》 悔い改めにふさわしい生き方ができるように祈ります。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 今週の聖句 あなたがたに耳を傾ける者は、わた…

  • 日々の聖句2022年6月23日 思い切って大胆に御言葉を語ることができるように

    主はこう言われる。 ヤコブのために喜び歌い、喜び祝え。 諸国民の頭のために叫びをあげよ。 声を響かせ、賛美せよ。そして言え。 「主よ、あなたの民をお救いください イスラエルの残りの者を。」エレミヤ書31:7 主よ、今こそ彼らの脅しに目を留め、あなたの僕たちが、思い切って大胆に御言葉を語ることができるようにしてください。使徒言行録4:29 《黙想》 思い切って大胆に御言葉を語ることができますように。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 今週の聖句 …

  • 日々の聖句 2022年6月22日 知恵ある者の生き方をせよ

    戒めを守って、命を得よ。 わたしの教えを瞳のように守れ。箴言7:2 あなたがたの中で、知恵があり分別があるのはだれか。その人は、知恵にふさわしい柔和な行いを、立派な生き方によって示しなさい。ヤコブの手紙3:13 《黙想》 知恵ある者の生き方ができるように導いてください。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 今週の聖句 あなたがたに耳を傾ける者は、わたしに耳を傾け、あなたがたを拒む者は、わたしを拒むのである。わたしを拒む者は、わたしを遣わされた方を…

  • 日々の聖句2022年6月21日 幼子、乳飲み子の口によって、ほめたたえられる主

    幼子、乳飲み子の口によって。 あなたは刃向かう者に向かって砦を築き 報復する敵を絶ち滅ぼされます。詩編8編3 他方、祭司長たちや、律法学者たちは、イエスがなさった不思議な業を見、境内で子供たちまで叫んで、「ダビデの子にホサナ」と言うのを聞いて腹を立て、イエスに言った。「子供たちが何と言っているか、聞こえるか。」イエスは言われた。「聞こえる。あなたたちこそ、『幼子や乳飲み子の口に、あなたは賛美を歌わせた』という言葉をまだ読んだことがないのか。」マタイによる福音書21章15~16 《黙想》 幼子、乳飲み子の歌う声をも、神さまは喜んでくださる。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、…

  • 日々の聖句2022年6月20日 神はお一人

    あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない。出エジプト記20:3 シモン・ペトロが答えた。「主よ、わたしたちはだれのところへ行きましょうか。あなたは永遠の命の言葉を持っておられます。あなたこそ神の聖者であると、わたしたちは信じ、また知っています。」ヨハネによる福音書6:68~69 《黙想》 神の聖者としてイエスさまが持っておられる命の言葉にあずかる幸いを感謝します。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 ] 今週の聖句 あなたがたに耳を傾…

  • 病人を癒されるイエスさま 2022年6月19日 聖霊降臨節第3主日 礼拝説教要旨 週報No.12

    マルコによる福音書1:29~39 イエスはいろいろな病気にかかっている大勢の人たちをいやし、また、多くの悪霊を追い出して、悪霊にものを言うことをお許しにならなかった。悪霊はイエスを知っていたからである。マルコによる福音書1:34 《本日の講壇》 イエスさまと弟子たちは会堂を出て、シモンの家に向かいます。シモンのしゅうとめは熱を出して寝ていたので、人々はイエスさまに彼女のことを話します。イエスさまは側に近寄って、手を取って起こしました。熱が去った彼女は一行をもてなします。 夕方に多くの人たちが、病人や悪霊に取りつかれた者をイエスさまのもとに連れてきました。町中の人たちが戸口に集まって来ています。…

  • 日々の聖句2022年6月19日 受けるよりは与える方が幸いである

    散らしてなお、加えられる人もあり 締めすぎて欠乏する者もある。箴言11:24 あなたがたもこのように働いて弱い者を助けるように、また、主イエス御自身が『受けるよりは与える方が幸いである』と言われた言葉を思い出すようにと、わたしはいつも身をもって示してきました。」使徒言行録20:35 《黙想》 弱い者を助けることができるように、働けますように。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 ] 今週の聖句 あなたがたに耳を傾ける者は、わたしに耳を傾け、あなた…

  • 日々の聖句2022年6月18日 主は必要を満たしてくださる

    主は渇いた魂を飽かせ 飢えた魂を良いもので満たしてくださった。詩編107編1 わたしの神は、御自分の栄光の富に応じて、キリスト・イエスによって、あなたがたに必要なものをすべて満たしてくださいます。フィリピの信徒への手紙4:19 《黙想》 主は過不足なく必要を満たしてくださる方です。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 今週の聖句 主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがた一同と共にあるように。コリントの信徒への手紙二13:13 …

  • 日々の聖句2022年6月17日 あなたがたは、選ばれた民、王の系統を引く祭司、聖なる国民、神のものとなった民

    わたしの魂よ、主をたたえよ。 主よ、わたしの神よ、あなたは大いなる方。 栄えと輝きをまとい 光を衣として身を被っておられる。 天を幕のように張り 詩編104編1~2 しかし、あなたがたは、選ばれた民、王の系統を引く祭司、聖なる国民、神のものとなった民です。それは、あなたがたを暗闇の中から驚くべき光の中へと招き入れてくださった方の力ある業を、あなたがたが広く伝えるためなのです。ペトロの手紙一2:9 《黙想》 私たちが神のものとされた理由は、私たちの側にはありません。神さまの御業を宣教する理由も同じです。神さまが私たちを用いてくださいます。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印…

  • 日々の聖句 2022年6月16日 天の父はあなたがたの必要をご存じ

    あなたたちは、あなたたちの神、主に仕えねばならない。主はあなたのパンと水を祝福するであろう。出エジプト記23:25 だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。マタイによる福音書6:31~32 《黙想》 必要を知っておられる天の父に委ねて歩むことができるように。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8…

  • 日々の聖句 2022年6月15日 あなたの出で立つのも帰るのも、見守ってくださる主

    あなたの出で立つのも帰るのも 主が見守ってくださるように。 今も、そしてとこしえに。詩編121編8 しかし、主は真実な方です。必ずあなたがたを強め、悪い者から守ってくださいます。テサロニケの信徒への手紙二3:3 《黙想》 僕の出で立つのも帰るのも、主が見守ってくださることを覚えて歩みます。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 今週の聖句 主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがた一同と共にあるように。コリントの信徒への手紙二13…

  • 日々の聖句 2022年6月14日 善い業を始め、成し遂げられる方

    【都に上る歌。ソロモンの詩。】 主御自身が建ててくださるのでなければ 家を建てる人の労苦はむなしい。 主御自身が守ってくださるのでなければ 町を守る人が目覚めているのもむなしい。詩編127編1 あなたがたの中で善い業を始められた方が、キリスト・イエスの日までに、その業を成し遂げてくださると、わたしは確信しています。エフェソの信徒への手紙1:6 《黙想》 善い業を始められた方が、終わりの日までに成し遂げてくださると信じて歩みます。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃…

  • 日々の聖句 2022年6月13日 ふさわしい答え

    わたしたちの救いの神よ あなたの恐るべき御業が わたしたちへのふさわしい答えでありますように。 遠い海、地の果てに至るまで すべてのものがあなたに依り頼みます。詩編65:6 わたしの名によってわたしに何かを願うならば、わたしがかなえてあげよう。」ヨハネによる福音書14:14 《黙想》 神さまはふさわしい答えを持っておられる方であることに信頼して、求め、探し、門をたたいて行きたい。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 今週の聖句 主イエス・キリスト…

  • 日々の聖句 2022年6月12日 キリストに向かって成長

    あなたは多数者に追随して、悪を行ってはならない。法廷の争いにおいて多数者に追随して証言し、判決を曲げてはならない。出エジプト記23:2 むしろ、愛に根ざして真理を語り、あらゆる面で、頭であるキリストに向かって成長していきます。 エフェソの信徒への手紙4:15 《黙想》 キリストに向かって成長させてください。 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。雅歌8:6 今週の聖句 主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがた一同と共にあるように。コリントの…

  • あなたはわたしの愛する子 2022年6月12日 聖霊降臨節第二主日礼拝説教要旨 週報No.11

    すると、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という声が、天から聞こえた。マルコによる福音書1:11 《本日の講壇》 今日は子ども祝福式礼拝です。子どもたちも一緒に礼拝をいたします。そして礼拝の中で、子どもたちの健やかな成長を願い、神さまの祝福を求めてお祈りをする時を持ちます。 イエスさまはガリラヤ地方のナザレという町に住んでおられました。そこからヨルダン川で人々に洗礼を授ける働きをしたヨハネさんのところに、イエスさまは来られたのです。ヨハネさんは集まって来る人々の罪の告白を聞いて、悔い改めの洗礼を授けていました。でもイエスさまには罪がありません。それなのにイエスさまはヨハネさんから…

  • 日々の聖句 2020年6月10日 傷つける言葉は怒りをあおる

    柔らかな応答は憤りを静め 傷つける言葉は怒りをあおる。箴言15:1 怒ることがあっても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません。悪魔にすきを与えてはなりません。エフェソの信徒への手紙4:26~27 《黙想》 箴言の言葉はその通りです。経験しています。 今週の聖句 彼は答えて、わたしに言った。 「これがゼルバベルに向けられた主の言葉である。 武力によらず、権力によらず ただわが霊によって、と万軍の主は言われる。ゼカリヤ書4:6 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように…

  • 日々の聖句 2022年6月9日 罪が戸口で待ち伏せ

    もしお前が正しいのなら、顔を上げられるはずではないか。正しくないなら、罪は戸口で待ち伏せており、お前を求める。お前はそれを支配せねばならない。」創世記4:7 この自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです。だから、しっかりしなさい。奴隷の軛に二度とつながれてはなりません。ガラテヤの信徒への手紙5:1 《黙想》 「怒り」は罪を招くことを覚えます。 今週の聖句 彼は答えて、わたしに言った。 「これがゼルバベルに向けられた主の言葉である。 武力によらず、権力によらず ただわが霊によって、と万軍の主は言われる。ゼカリヤ書4:6 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あ…

  • 日々の聖句2022年6月8日 人を分け隔てしてはなりません

    主は貧しくし、また富ませ 低くし、また高めてくださる。サムエル記上2:7 わたしの兄弟たち、栄光に満ちた、わたしたちの主イエス・キリストを信じながら、人を分け隔てしてはなりません。ヤコブの手紙2:1 《黙想》 分け隔てなく人に接することができるように祈ります。 今週の聖句 彼は答えて、わたしに言った。 「これがゼルバベルに向けられた主の言葉である。 武力によらず、権力によらず ただわが霊によって、と万軍の主は言われる。ゼカリヤ書4:6 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 合唱 一 愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散ら…

  • 日々の聖句 2022年6月7日 わたしに仕えようとする者は、わたしに従え

    サムエルは民に言った。「恐れるな。あなたたちはこのような悪を行ったが、今後は、それることなく主に付き従い、心を尽くして主に仕えなさい。 むなしいものを慕ってそれて行ってはならない。それはむなしいのだから何の力もなく、救う力もない。サムエル記上12:20~21 わたしに仕えようとする者は、わたしに従え。そうすれば、わたしのいるところに、わたしに仕える者もいることになる。わたしに仕える者がいれば、父はその人を大切にしてくださる。」ヨハネによる福音書12:26 《黙想》 イエスさまに従い、仕える者としてくださいと祈ります。 今週の聖句 彼は答えて、わたしに言った。 「これがゼルバベルに向けられた主の…

  • 日々の聖句 2022年6月6日 ご自分の霊を分け与えてくださった神

    わが子ソロモンよ、この父の神を認め、全き心と喜びの魂をもってその神に仕えよ。主はすべての心を探り、すべての考えの奥底まで見抜かれるからである。もし主を求めるなら、主はあなたに御自分を現してくださる。もし主を捨てるならば、主はあなたをとこしえに拒み続けられる。歴代誌上28:9 神はわたしたちに、御自分の霊を分け与えてくださいました。このことから、わたしたちが神の内にとどまり、神もわたしたちの内にとどまってくださることが分かります。 ヨハネの手紙一4:13 《黙想》 ご自分の霊を分け与えてくださった神さまに感謝します。 今週の聖句 彼は答えて、わたしに言った。 「これがゼルバベルに向けられた主の言…

  • 聖霊に満たされて 2022年6月5日 聖霊降臨祭礼拝説教要旨 週報No.10

    五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、 使徒言行録2:1 《本日の講壇》 今日は聖霊降臨祭の礼拝です。使徒言行録2章は「五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると」で始まります。「五旬祭の日」はギリシャ語のペンテコステの訳です。「五旬祭」は50日目という意味で、ユダヤではこの日、春の小麦の収穫祭、そしてモーセがシナイ山で十戒を授かったことを記念する祭りが行われ、エルサレムには多くの信心深いユダヤ人たちが集まっていたのです。 イエスさまが約束された聖霊が降るまで、エルサレムに留まっているようにと命じられたので、弟子たちは毎日、一つになって集まり、聖霊が降るまで祈り、待ち続け…

  • 日々の聖句 2022年6月5日 神はわたしの心の岩

    わたしの肉もわたしの心も朽ちるであろうが 神はとこしえにわたしの心の岩 わたしに与えられた分。詩編73編26 被造物だけでなく、“霊”の初穂をいただいているわたしたちも、神の子とされること、つまり、体の贖われることを、心の中でうめきながら待ち望んでいます。わたしたちは、このような希望によって救われているのです。見えるものに対する希望は希望ではありません。ローマの信徒への手紙8:23~24 《黙想》 体が衰え、心の折れるときにも、神さまはわたしの心の岩であることに感謝します。 今週の聖句 彼は答えて、わたしに言った。 「これがゼルバベルに向けられた主の言葉である。 武力によらず、権力によらず た…

  • 日々の聖句 2022年6月4日 主は彼らの前を歩まれた

    主は彼らに先立って進み、昼は雲の柱をもって導き、夜は火の柱をもって彼らを照らされたので、彼らは昼も夜も行進することができた。 かつて書かれた事柄は、すべてわたしたちを教え導くためのものです。それでわたしたちは、聖書から忍耐と慰めを学んで希望を持ち続けることができるのです。ローマの信徒への手紙15:4 《黙想》 讃美歌Ⅰ編188番を思い出しました。聖書の言葉の導きを昼も、夜も受けながら歩みたいと思います。 今週の聖句 わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」ヨハネによる福音書12:32 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に…

  • 日々の聖句 2022年6月3日 あふれるばかりに感謝しなさい

    告白をいけにえとしてささげる人は わたしを栄光に輝かすであろう。 道を正す人に わたしは神の救いを示そう。」詩編50編23 キリストに根を下ろして造り上げられ、教えられたとおりの信仰をしっかり守 て、あふれるばかりに感謝しなさい。コロサイの信徒への手紙2:7 《黙想》 「告白」(新共同訳)は「感謝」(協会共同訳)と違った訳が当てられています。ニュアンスが違う訳があると、み言葉の味わいが深まるような気がします。 今週の聖句 わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」ヨハネによる福音書12:32 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなた…

  • 日々の聖句 2022年6月2日 いただかなかったような顔

    主よ、わたしたちを御心に留め 祝福してください。 イスラエルの家を祝福し アロンの家を祝福してください。詩編115編12 あなたをほかの者たちよりも、優れた者としたのは、だれです。いったいあなたの持っているもので、いただかなかったものがあるでしょうか。もしいただいたのなら、なぜいただかなかったような顔をして高ぶるのですか。コリントの信徒への手紙一4:7 《黙想》 神さまから豊かな恵み、祝福をいただいているにも関わらず、いただかなかったようなひねくれた思いにもなることがあったりします。 今週の聖句 わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」ヨハネによる福音書12:3…

  • 日々の聖句 2022年6月1日  報いを受けねばならない

    主よ、諸国の民を裁いてください。 主よ、裁きを行って宣言してください お前は正しい、とがめるところはないと。詩編7編9 なぜなら、わたしたちは皆、キリストの裁きの座の前に立ち、善であれ悪であれ、めいめい体を住みかとしていたときに行ったことに応じて、報いを受けねばならないからです。コリントの信徒への手紙二5:10 《黙想》 裁き主なる神の裁きがあることを覚えて、これまでの「善であれ悪であれ」行いを見直し、これからの歩みへ備えたいと思います。 今週の聖句 わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」ヨハネによる福音書12:32 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あ…

  • 日々の聖句 2022年5月31日 わたしに御心を留めてください

    主よ、あなたが民を喜び迎えられるとき わたしに御心を留めてください。 御救いによってわたしに報いてください。詩編106編4 しかし、わたしたち一人一人に、キリストの賜物のはかりに従って、恵みが与えられています。エフェソの信徒への手紙4:7 《黙想》 「わたしに御心を留めてください」と主にお願いするしかありませんが、「キリストの賜物のはかりに従って、恵みが与えられてい」ることを覚えて感謝します。 今週の聖句 わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」ヨハネによる福音書12:32 今月の聖句 愛する者よ、あなたの魂が恵まれているように、あなたがすべての面で恵まれ、健康…

  • 日々の聖句 2022年5月30日 わたしを気遣ってくださる主

    主よ、わたしは貧しく身を屈めています。 わたしのためにお計らいください。 あなたはわたしの助け、わたしの逃れ場。 わたしの神よ、速やかに来てください。詩編40編18 希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。 ローマの信徒への手紙5:5 《黙想》 今月の聖句が5月27日まで来月の聖句になっていたようです。これもまあ良いかと。主はわたしの希望が水泡に帰すことがないように気遣ってくださるというけれど、まずは希望を抱くことからかな。 今週の聖句 わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」ヨハ…

  • 高いところからの力に覆われるまで 2022年5月29日 復活節第7主日礼拝説教要旨 内海教会

    ルカによる福音書24章44~53 説教要旨 イエスさは弟子たちに、旧約聖書に記されているご自分に関することは、すべて実現すると言われます。それからイエスさまは聖書の言葉を悟ることができるように、弟子たちの心の目を開いてくださり、メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活すること、罪の赦しを得させる悔い改めが主の名によって宣べ伝えられること、エルサレムから始まって、あなたがたはこれらのことの証人となると言い、高いところからの力に覆われるまで、エルサレムにとどまるように命じられたイエスさまは、ベタニアで弟子たちを祝福しながら天に昇られました。弟子たちは主を賛美し、礼拝し続けます。 内海教会との…

  • 日々の聖句 2022年5月27日 神さまがお与えくださった力に応じて

    ダビデは更に言った。「獅子の手、熊の手からわたしを守ってくださった主は、あのペリシテ人の手からも、わたしを守ってくださるにちがいありません。」サウルはダビデに言った。「行くがよい。主がお前と共におられるように。」サムエル記上17:37 語る者は、神の言葉を語るにふさわしく語りなさい。奉仕をする人は、神がお与えになった力に応じて奉仕しなさい。それは、すべてのことにおいて、イエス・キリストを通して、神が栄光をお受けになるためです。栄光と力とが、世々限りなく神にありますように、アーメン。ペトロの手紙一4:11 《黙想》 神さまがお与えくださった力に応じて、神さまと人とに奉仕することができますように。…

  • 霊を受けたのは、律法からか、それとも信仰からか

    ガラテヤの信徒への手紙3章1~14節を読みました。ここでのパウロの主張は、霊、すなわち神さまの子となる霊を受けたのは、いったい律法からであるのか、信仰からであるのか、とガラテヤの信徒たちに問いかけ、福音を聞いて信じたからであることを納得させようというものです。神さまの子となる霊は、アブラハムとその子孫とに約束された祝福と置き換えられてもいます。ですからその祝福は、信仰によって与えられる霊であり、義でもある。義こそ、神さまに喜ばれることであるが、律法によれば義であるどころか、人間の罪が明らかになるのみで、それゆえに神さまの前に立つことができないことを突きつけられるだけです。キリストの福音を信じた…

  • 日々の聖句 2022年5月26日 白髪になっても

    主の家に植えられ わたしたちの神の庭に茂ります。 白髪になってもなお実を結び 命に溢れ、いきいきとし 詩編92編14~15 ところで、今はあなたがたも、悲しんでいる。しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない。ヨハネによる福音書16:22 《黙想》 白髪になる前に剥げたけれど、主に会う幸いを望んで生きています。 今週の聖句 神をたたえよ。 神はわたしの祈りを退けることなく 慈しみを拒まれませんでした。詩編66編20 今月の聖句 わたしを刻みつけてください あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。 愛は死のように…

  • 日々の聖句 2022年5月25日 神さまはただお一人

    偉大さ、力、光輝、威光、栄光は、主よ、あなたのもの。まことに天と地にあるすべてのものはあなたのもの。主よ、国もあなたのもの。あなたはすべてのものの上に頭として高く立っておられる。歴代誌上29:11 神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。 この方はすべての人の贖いとして御自身を献げられました。これは定められた時になされた証しです。テモテへの手紙一2:5~6 《黙想》 ただお一人なる神さまこそ、あらゆるものを御手に持っておられる方。この方に信頼して、祈りつつ歩みます。 今週の聖句 神をたたえよ。 神はわたしの祈りを退けることなく 慈しみを拒まれません…

  • 非難すべきこと 2022年5月24日

    ガラテヤの信徒への手紙2章11~21を読みました。パウロという人は攻撃性のある人であったようです。ユダヤ教徒として活動していた時には、キリスト者を迫害し、殺してしまうことも辞さないような者でした。それが神さまに従うパウロの姿勢であったからです。そのパウロはキリストに出会い、キリスト者になりました。そしてパウロは神さまによって、異邦人に福音を伝える伝道者として召されたことを、エルサレムの教会にいって主だった者たちと共有し、ペトロを始めとするエルサレムの教会は割礼を受けたユダヤ人たちに、そしてパウロとその従者たちは異邦人に向かうことを確認し、異邦人には割礼は強制されることはないということの合意を取…

  • 日々の聖句 2022年5月24日 たとえ罪を犯しても

    どうか主が、激しく怒られることなく いつまでも悪に心を留められることなく あなたの民であるわたしたちすべてに 目を留めてくださるように。イザヤ書64:8 わたしの子たちよ、これらのことを書くのは、あなたがたが罪を犯さない ようになるためです。たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい 方、イエス・キリストがおられます。ヨハネの手紙一2:1 《黙想》 主なる神さまがいつまでもわたしの罪、悪に目を留められるならば、ど うして神さまがお怒りになられずにはおれないでしょう。父なる神さまの もとに弁護者であり、正しいお方であるイエスさまがおられて、とりなし てくださっていることに感謝します。 今週の…

  • 役割分担 2022年5月23日

    ガラテヤの信徒への手紙2章1~10節を読みました。聖書を続けて読むということをしています。毎日、更新をしたいところですが、集会での奉仕やその他の働きのために書き込みできないときもあります。 今日の聖書箇所ではパウロが伴う者たちとエルサレムを訪れ、教会の主だった人たちと対面して、キリストの福音を伝えることについて話し合ったようです。 今日ではこういう会議は書面、あるいはZoomを用いてWeb会議で、なかなか対面して、互いに意見を交換したり、質問したり、祈り合うことができないでいます。そのような中でも、必要なことは互いに了解し合えるような工夫をしながら、キリストの福音の宣教のために仕えて行くことが…

  • 日々の聖句 2022年5月23日 喜んで歌う

    わたしたちの力の神に向かって喜び歌い ヤコブの神に向かって喜びの叫びをあげよ。詩編81:2 あらゆる場合に神に仕える者としてその実を示しています。大いなる忍耐をもって、苦難、欠乏、行き詰まり、 悲しんでいるようで、常に喜び、貧しいようで、多くの人を富ませ、無一物のようで、すべてのものを所有しています。コリントの信徒への手紙二6:4、10 《黙想⦆ 音痴だけど、歌っていいですよね。神さま。 「わたしたちの力の神」、「ヤコブの神」こそ、わたしの神であり、主です。このお方を主とし、主の御名をいただいている者は、すべてのすべてである主を内に迎えているがゆえに、他に何もできないけれど喜んで歌いたい。 七…

  • ユダヤ教徒サウロから、キリスト者パウロへ

    ガラテヤの信徒への手紙1章10~24節を読みました。サウロは、ユダヤ教徒としてキリスト者を迫害していました。その迫害者サウロは、イエスさまに出会い、信じてキリスト者になった証が記されていました。神さまに背を向けている者でも、キリストを迫害する者でも、キリストはその人を救い、変える力があります。それをパウロは神の福音と言っているのです。神さまを信じる者、イエスさまを信じる者にしていただいたことに感謝をしています。

  • 日々の聖句 2022年5月21日 銀を愛する者

    銀を愛する者は銀に飽くことなく 富を愛する者は収益に満足しない。 これまた空しいことだ。コヘレトの言葉5:9 食べる物と着る物があれば、わたしたちはそれで満足すべきです。 9金持ちになろうとする者は、誘惑、罠、無分別で有害なさまざまの欲望に陥ります。その欲望が、人を滅亡と破滅に陥れます。テモテへの手紙一6:8~9 《黙想⦆ 欲望に陥りがちな生活を戒めていただきました。 七曜の執成 罪の悔い改めと赦しのために すでに召された者のために 来るべき主の日のために

  • あなたがたは喜びで満たされる 2022年5月22日 復活節第6主日礼拝説教要旨 週報No.8

    ヨハネによる福音書16:12~24 《本日の講壇》 イエスさまは弟子たちに、真理の霊があなたがたのところに来て、導いてくださり、真理をことごとく悟らせてくださると言われます。真理の霊は、救いの真理をことごとく悟ることができるように導いてくださるのです。 また、イエスさまは彼らに、「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる」と、彼らは分からなくなってしまいます。イエスさまはそんな弟子たちに、今は悲しんだり、苦しんだりするけれども、再び、イエスさまが会ってくださるとき、心から喜ぶようになると言ってくださいます。 イエスさまと別れる弟子たちは、…

  • 違った福音はない 2022年5月20日

    ガラテヤの信徒の手紙1章1〜9節 今日からガラテヤの信徒への手紙を読んでいきます。パウロはキリストの使徒であることを主張してこの手紙は始まり、ガラテヤの町で福音を宣教して教会を建てたパウロがその町から離れてすぐ、彼が宣教したキリストの福音からガラテヤの信徒たちが離れてしまい、違った福音に走ったことを知り、あきれてしまいながら書いたものです。伝道者があきれてしまうほど、早くキリストの福音から離れて、違った福音に走った者たちに違った福音などないと否定して、キリストの福音に立ち返るようパウロはこの手紙を通して訴えています。律法であれ、自己実現であれ、何であれ、キリストの福音から、あなたがたを離れさせ…

  • あなたは怒っているが、それは正しいことかヨナ 2022年5月19日

    夜になって聖書を読み始めようかと思い、日々の聖句2022の聖書日課でヨナ書を開きました。今日はヨナ書4章ですが、せっかくヨナ書を開いたので、全部、とにかく読みました。預言者であるアミタイの子ヨナは実在したのかは、学者の間で議論のあるところです。預言者ヨナが実在したにせよ、しないにせよ、旧約聖書の預言者の中でも特異な存在であることは一読して十分、窺い知れるところです。主なる神さまからニネベの町に裁きを告げるようにと遣わされたヨナは、ニネベに行くことを嫌い、主から逃れようと、ヤッファの港からタルシシュ行きの船に乗り込み、船底まで下って眠り込んだという出来事で始まっているのです。 神さまはそんなヨナ…

  • 日々の聖句 2020年5月20日 わたしの罪悪は耐え難い重荷

    わたしの罪悪は頭を越えるほどになり 耐え難い重荷となっています。詩編38編5 規則によってわたしたちを訴えて不利に陥れていた証書を破棄し、これを十字架に釘付けにして取り除いてくださいました。コロサイの信徒への手紙2:14 《黙想⦆ 「わたしの罪悪は頭を越えるほどになり」との罪の自覚は、まさに主の十字架を前にしたときになされることです。そして「耐え難い重荷となって」いるものを、主は共に担ってくださることを覚えます。 七曜の執成 十字架のみわざのために わが教会の会員のために 主の愛のみわざのために

  • 日々の聖句 2022年5月19日

    神は憐れみを忘れ 怒って、同情を閉ざされたのであろうか。」詩編77編10節 律法が入り込んで来たのは、罪が増し加わるためでありました。しかし、罪が増したところには、恵みはなおいっそう満ちあふれました。ローマの信徒への手紙5:20 《黙想⦆ 「律法」があることによって、神の義に達しえない自らの罪を知り、神さまの憐れみを求めて祈ることに導かれます。祈りに導かれることは、何であれ幸いです。神さまは恵みをもって答えようとしてくださっているのだから。 七曜の執成 わが民族と政治のために 国々の相互の理解と平和のために 真実と福祉向上のために

  • 日々の聖句 2022年5月18日

    弱い者を塵の中から立ち上がらせ 貧しい者を芥の中から高く上げ 高貴な者と共に座に着かせ 栄光の座を嗣業としてお与えになる。 大地のもろもろの柱は主のもの 主は世界をそれらの上に据えられた。サムエル記上2:8 初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。 ヨハネによる福音書1:1 《黙想》 創造主の言による新たな創造の世界のうちを歩んでいることを覚えて祈ります。 七曜の執成 与えられた隣人のために わが職場の仲間のために ことに苦しむ者のために

  • 日々の聖句 2022月5月17日

    これもまた万軍の主から出たことである。 主の計らいは驚くべきもので 大いなることを成し遂げられる。イザヤ書28:29 キリストはおいでになり、遠く離れているあなたがたにも、また、近くにいる人々にも、平和の福音を告げ知らせられました。エフェソの信徒への手紙2:17 《黙想⦆ 万軍の主の驚くべき計らいにより、このような者にも福音を告げ知らせてくださるキリストに感謝し、祈ります。 七曜の執成 わが家庭の一人ひとりのために 親戚と友人などのために 若き者の教育のために

  • わたしはまことのぶどうの木、あなたがたはその枝 2022年5月15日 復活節第5主日礼拝説教要旨 週報No.7

    ヨハネによる福音書15:1~11 わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。ヨハネによる福音書15:5 《本日の講壇》 イエスさまはご自分と父なる神さまを農夫とぶどうの木の関係として語られます。そしてご自分と弟子たちの関係は、ぶどうの木とその枝として語ってくださいます。イエスさまと私たちの関係もまた、その通りです。ですから私たちはまことのぶどうの木であるイエスさまとつながっていることによって、豊かな実を結ぶことができるのです。 私たちはイエスさまにつな…

  • 日々の聖句 2022年5月15日

    しかし、主の御名を呼ぶ者は皆、救われる。 主が言われたように シオンの山、エルサレムには逃れ場があり 主が呼ばれる残りの者はそこにいる。ヨエル書3:5 ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです。」 使徒言行録4:12 《黙想⦆ 呼び求める主の御名こそ、イエスさま。イエスさまの御名によって、これまでも、今日も、これからも、何でも望むところを願って祈って行こう。 七曜の執成 キリストの教会のために 主のよみがえりの使信のために 仕える聖職者のために

ブログリーダー」を活用して、荒さんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
荒さんさん
ブログタイトル
あなたは神様に愛されている!!!
フォロー
あなたは神様に愛されている!!!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用