プロフィールPROFILE

こにし たかおさんのプロフィール

住所
高松市
出身
高松市

普段の暮らしの中でオリジナル曲を作って ギターとオカリナ演奏しながらyoutubeで歌っていますよ。上手じゃないけど好きなので 頑張っていきますね^^

ブログタイトル
「小さな暮らしの優しいオリジナルソング♫」音楽療法♥
ブログURL
https://konitan999.hatenablog.com/
ブログ紹介文
不整脈を患った事から呼吸を丈夫にしようと 心や体に優しいオリジナルソングを作って歌うようになりました♫(楽しい音楽療法♥)
更新頻度(1年)

22回 / 85日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2019/10/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、こにし たかおさんの読者になりませんか?

ハンドル名
こにし たかおさん
ブログタイトル
「小さな暮らしの優しいオリジナルソング♫」音楽療法♥
更新頻度
22回 / 85日(平均1.8回/週)
読者になる
「小さな暮らしの優しいオリジナルソング♫」音楽療法♥

こにし たかおさんの新着記事

1件〜30件

  • スケッチ23話「秋の風吹く帰り道」曲のお話&楽譜♫

    https://www.youtube.com/watch?v=8JAMN_NJl3g ♫この曲は、秋(9月・10月)のお彼岸~お祭りの終わり頃の季節を秋の風と共に流れていく様子を歌に致しました。 ・彼岸花咲くお彼岸の稲穂が実る頃~・田んぼの稲を刈り入れが終わる頃~・お祭りの頃 と秋の季節が移り変わっていきます。 この曲は、20代の頃作った曲と54歳になって新たに書き加えた曲になります。 若い頃の自分と中高年になった自分との合作ということになりますね^^少し不思議な感じが致します。 でもこうして長い年月を経て一つのオリジナルの楽譜が完成いたしましたので とてもうれしい限りです。自分の子供が一人…

  • スケッチ22話 「雲の向こうの青い空」曲のお話&楽譜♫

    www.youtube.com もともと体力にはあまり自信がありませんでしたが 年を重ねてきて年齢的な体力不足を感じた今年の夏、雨や曇りの日の朝、出勤前に職場の近くの海を見ながら不安な気持ちを抱えながら 新しい希望を見つけようとして出来た曲です。雲の向こうに わずかに見えてきた光を 希望の光のように感じました。雨や曇りの日の次は 晴れの日がやって来ることを 歌に致しました。 体力不足のおかげで いい曲が出来ました。ありがとうございました。

  • スケッチ21話 「秋風のささやき」曲のお話&楽譜♫

    www.youtube.com (秋風の妖精がやって来た曲♫) 暑い夏も終わり 窓からは涼しい風が部屋に入るようになりました。「トントン。。トントン」と 小さな音がかすかに聞こえます。 風が鳴らす小さな音が まるで秋風の妖精が鳴らしているような そんな気がふといたしまして、 そんな風の入る夕べの窓に 遠い遠い国から遥々やって来て いたずらする優しい秋風が 少しうれしく可愛く感じました。秋風の妖精を 思い描きながら メルヘンチックに曲に致しました。

  • スケッチ20話 「裏庭の星あかり☆」曲のお話&楽譜♫

    www.youtube.com 夏のお盆も過ぎまして 少しは暑さも和らぎましたが まだまだ寝苦しい暑い夜は続きます。あんまり暑いので 夜、外に出て涼もうとしたら 星あかりがとてもきれいでした。そんな風な時に出来た曲です^^。 夏の真夜中の夜空の星は 普段より大きく見えまして 夏の星座の白鳥座やオリオン座、大熊座 小学校の時に習ったことを思い出します。小学生の頃 星座や宇宙が大好きでした。小学生の頃の自分も思い出してしまいました。 小学生だった頃のように純粋に夏の夜空を ちょっとメルヘンチックに 歌にしてみました。 銀河鉄道の夜 「銀河鉄道の夜」サウンドトラック

  • スケッチ19話 「お母さんと夜明けのお寺参り」曲のお話&楽譜♫

    www.youtube.com この曲は、お盆明けの少しだけ涼しくなった早朝に 母と一緒に車で近くのお寺参りをしたときのことが楽しく、いい時間を過ごせたので 歌に致しました。 お母さんは 車の中で僕に 若かりし日の素敵な思い出話をして来ます。独身時代の20代の頃が どうも楽しかったようで そんな頃のお話を聞かせてくれます。 お母さんのいろんなお話を聴きながら お寺参りに行きました。もうすっかり背筋も曲がってしまいましたが この日も笑顔でいてくれて嬉しかったです。 でも本当は 苦労のほうが多かったのを僕は知っています。病気もしたし、姉もなくなったし 小学生の頃母親と離れ離れになってしまったり、・…

  • スケッチ18話 「お遍路さんの通る道、夏(同行二人)」曲のお話&楽譜♫

    www.youtube.com 我が町の讃岐路には お四国参りをされてますお遍路さん達を よく見かけます。お話したり お菓子を差しあげたりする風習があり そんなお遍路さんに対する人々の思いやりや優しさを歌に込めました。 僕が20代の頃、都会から帰郷して「さ~これからどんな仕事にしようか」と悩んでいた時、答えが見つからずに 一人でお遍路旅(四国八十八か所参り)に出たことがあります。自転車で行ったのですが 山あり谷ありで、とてもとても大変な旅になりました。お遍路旅は、楽しい面もありますが厳しい修行道のような感じを受けました。 歌の中に出てくる「二人」というのは、お遍路さんと弘法大師空海さんのことを…

  • スケッチ17話「帰り道は金色の海」曲のお話&楽譜♫

    www.youtube.com 夏の夕方、汗だくで働き終わった海が見える帰り道に作った曲です。 職場の近くには 瀬戸内海の小さなコンテナ港があります。行き帰りの道には その海がよく見えます。夕方の仕事帰りに見る夏の海は ものすごく強い斜光に照らされて 金色にギラギラと輝いていました。行きかう人々の表情にも 輝きが届きます。 暑い中、一生懸命に働き終えた後で見る海の美しさや すがすがしさ 頑張った証で 頂く水さえおいしい そんな ホッとした仕事帰りのひと時を 歌に致しました。 ポスター ウォールステッカー シール式ステッカー 飾り 728×1030mm B1 写真 フォト 壁 インテリア おしゃ…

  • スケッチ16話 「夏休み前の鉄道地図」曲のお話&楽譜♫

    www.youtube.com 僕は 小学生の頃から 鉄道が大好きで この年になっても鉄道を見ているだけで 頭の中が旅をしている気分になります。また日本の鉄道地図を見てるだけで 行ったことのない所でも 土地の風景が思い浮かんでまいります。 今年ももうすぐ 夏休み(お盆休み連休)が近づいてきました。今年から子どもたちも就職して働くようになり 毎年行けないでいた鉄道旅行を 「今年こそは 行きたい!」そんな気持ちです。^^ 空想だけの時間は もうすでに旅が始まっている証。これも旅の楽しみの一つだと思い歌にしてみました。 鉄道いっぱい!日本地図の本 (ぷち鉄ブックス) [ 交通新聞社 ] 全日本鉄道旅…

  • スケッチ15話 「坂の上の細道」曲のお話&楽譜♫

    www.youtube.com この曲は、お墓参りに行ったときに出来た曲です。お墓は家の近くの山の中にあり とても急な坂道をず~っと登って行きますと 丘の上に出ます。丘の上の細道からの眺めは良くて 遠い讃岐山脈まで見渡せます。さらに静かな山道を登って行ったところにあります。 お墓には 亡くなったお姉さんとお父さんが眠っています。時々仕事を終えて お花を持って訪れます。お墓参りを終えて帰り道も きれいな景色を見ることが出来ます。 昔の家族の思い出と きれいな山からの景色が重なってこの曲が出来ました。 亡くなっても 今でも家族は家族なんですよね。

  • スケッチ14話 「畑から見えるわらぶきの家」曲のお話&楽譜♫

    www.youtube.com 夏の早朝は涼しいので 朝早く起きたら 裏の小さな畑で 野菜作りをいたします。朝採れたてのキュウリやプチトマトはおいしいですね。そんな時に作った曲です。 畑から見える山の中腹に 藁ぶき屋根の家があります。そのわらぶきの家を見てますと 昔の暮らしの様子を想像してしまいます。ちょっと昔の暮らしの声が聞こえてくるようで どこか懐かしく自分の子供の頃をも思い出したりもして 重ねてみたり致します。 当時のあの家の人々は のんびりと元気に暮らしていたのでしょうか」?仲良く暮らしていたのでしょうか?助け合って 声かけあって暮らしていたのでしょうか?今もわらぶきの家を見るたびに …

  • スケッチ13話「54歳青い空」曲のお話&楽譜♫

    www.youtube.com この曲は、子供達が学生生活を終えて 働き始めました。親として「ホッ」といたしました。これからは自分のやりたいことを もう少し増やしていこうといろんな事にチャレンジしたり 思い切って転職もしましたが、体力も落ちてきて 時には不安に駆られたりも致しました。 でも働き始めたばかりの子供たちが頑張ってる姿は、54歳の親である自分をも励ましてくれていました。「お父さんも 不安がっている場合じゃないな。前を見て頑張ろう^^」「前へ1歩踏み出そう!」なんて思わせてくれた事が とっても嬉しくって その気持ちを 歌に致しました。 ありがとう子供たち。^^ 勇気の花がひらくとき や…

  • スケッチ12話「オレンジ色の島のフェリー」のお話&楽譜♫

    www.youtube. この曲は 夕方 地元の香川県の高松駅そばのフェリー乗り場の港に行ったときに作った曲です。港の浮桟橋には 島へ向かう小さなフェリーが行き来いたします。夕方のオレンジ色の中で 島のフェリーを降りる人 また乗る人 そしてフェリーは夕方の海へと進んでいきます。 小さな島のフェリーが瀬戸の海を進んで行く様は とても気持ちよくて ずーっと眺めていても飽き足りません。きれいな夕方の海に進んで行く小さな島のフェリーを見ているうちに 自然と曲が出来た次第です。 【無添加】幻の極細ちりめんじゃこ5袋セット(80g×5)「少量えび混じり」瀬戸内海産【ちりめん】【乾物】【冷凍便】【香川県産】…

  • 恥ずかしがりの僕が「Youtubeで 顔出しにした意外な理由♥」

    www.youtube.com 僕は基本的に 恥ずかしがり屋で 人前でしゃべる事や ましてや歌うことなんか恐怖を感じるタイプなので youtubeを始めた時は顔を出さずにやってたのですが、ある時期に 子供が遠く県外に大学に行く事になりまして 離れ離れになりました。 子供は寂しくて電話を妻にちょくちょくかけていたようでしたので 子供が少しでも寂しくならないように お父さん(僕です)として してあげられることを考えました。すると思いついたのが「youtubeにでて、お父さんが元気にしている所をスマホで見てもらえば 少しでも笑顔になるかも!」と、そんなことを思いつきまして、それがきっかけでyoutu…

  • スケッチ11話「みかん畑の花咲いて」 のお話&楽譜♫

    www.youtube.com 暖かくなりました五月の連休に 住宅街を歩いてますと いつもと違う とってもとっつてもいい香りが漂ってきました。匂いに連れられて山のほうへと登っておりますと 段々畑が表れて 間違いなくあの畑のほうからいい香りが漂っていました。 近づいてみましたら みかんの木がたくさん植えられてる段々畑で そこには白い小さなみかんの花が沢山咲いていました。 とっても嬉しくなってその畑の淵の道を 行ったり来たりしながら香りを楽しみ また 白いみかんの花を見てました。みかんの花のつぼみはね、丸あるくてとってもかわいいんですよ。ホントに可愛かったです^^来年も楽しみなんですよ。 【送料無…

  • スケッチ10話  「あの頃の空」のお話&楽譜^^

    www.youtube.com 人生には とっても苦しい時期があります。僕も遠く離れた知らない土地で やったこともない苦手な仕事をやらなければならない時期がありました。そんな時、すぐ隣の職場で 仲の良い人と出会うことが出来て時には励まされたりして 苦しかった時期を頑張れました。 ぼくがすごく遠い所から通っていることや、土地勘がない山奥のエリアを担当してることや、未経験のこの仕事を頑張ってやっている事も、自分のことをよく知ってくれていました。良く叱られる僕を励ましてくれたり 声をかけてくれたり 「世の中は捨てたもんじゃないなア」と思わせてくれました。そんな出会いのおかげで とても苦しかった時期に…

  • 愛用している「MATSUOKA 松岡良治 クラシックギター 630mmスケール MC-70C/630」

    (MATSUOKA 松岡良治 クラシックギター 630mmスケール MC-70C/630) 僕はこのギターを愛用させていただいています。シンプルなデザインが 最高に好きです。 もともとは歌伴奏に使わずに 指を指板上で動かして弾く演奏(禁じられた遊び、恋は水色、などなどetc...)をしていましたので ストロークやアルページオやスリーフィンガー演奏には 指板幅51mmのこのギターでは ちょっと広いのですが、クラシックギター特有のナイロン弦の音が優しい感じで好きなので 気に入ってしまったので愛用させていただいております。特に!このギターのベース音の響きが良くて気に入っていますよ。弾いてて すごくい…

  • スケッチ9話 「通り過ぎる緑の風に~」のお話&楽譜^^

    www.youtube.com この曲は、ある春先の朝早くに 会社へ出勤途中の山の近道を自転車で通っていた時に すごくすがすがしい感じの朝で 早朝の山の風、緑、丘の上からの見晴らしなどが いつも以上に肌に感じまして うれしくてつい曲にしました。 寒い冬から暖かくなったばかりの新しい春の季節の訪れは 自然からの恵みを喜び 植物も生き物も とても爽やかに生き生きと感じてきました。いつもの通勤道も つい微笑みが浮かんでいました。^^ 老けない人の朝ジュース 見た目もカラダも変わる! (青春新書プレイブックス) [ 森由香子 ]

  • スケッチ8話「ちょっと海が見たくて」 のお話&楽譜^^

    www.youtube.com この曲は 同じ職場で 一緒に 働いてた人のことを 歌にしました。突然、退職されて 残念な気持ちになりました。 詩の主人公のこの方は 少し若い女性で、ある日入社してきました。とても明るい方です。でも体つきが細めで キャシャな感じの方でした。お仕事のペースが少し遅めでしたので 上司からその事をいろいろ言われていたようでしたが、持ち前の明るさで 頑張ってる様子でした。昼休みの時は みんなと一緒にテレビを見ながら昼食をとって 笑顔が見えていましたが 3か月過ぎたあたりで 仕事が大変に感じてたのか 急に辞めてしまいました。 ちょっと細かいことを言う上司だったので そのあた…

  • オリジナルソングの練習風景です。^^

    「オリジナルソング練習風景です」🥰ちょっと前に作った曲の「坂の上の細道」の歌とギターの練習をしました。あっ、昼ご飯食べるの忘れてたので ちょっと食べに行ってきます^^※youtube「坂の上の細道」https://t.co/gQMCFwo0I0 pic.twitter.com/i0G0Ool1Ni— こにしたかお(こにたん🌝)🎵🎸(^^♪🌳 (@TakaoKonishi9) 2019年11月2日 お仕事がお休みの日は、自宅の片隅で 歌とギターの練習をしております。いつも こんな感じでやっていて 楽しく、間違いながら 少しでも上手になれるよう 少しづつ練習しております。オリジナル曲をするために歌…

  • スケッチ第7話  「夕暮れ桜道」のお話&楽譜^^

    www.youtube.com 仕事を終えて、夕方帰り道、桜がとても美しく 今年も桜の花を見ることができてうれしくって 日が暮れていく中 歌にしました。 桜が咲く道沿いを会社から帰宅中、川沿いの道へと曲がる角に 桜の木があって 花が満開です。夕日に照らされた小さな花びら達は、濃いオレンジ色に透けて まだ寒い春の風にチラチラ揺れて まるで僕に手を振っているように見えました。 なんだか桜の花の妖精達が 楽しそうに喜んで 遊んでいるように見えて 僕もつい 笑みを浮かべていました。 疲れた会社帰りの僕を 笑顔にしてくれました。桜の花がとっても愛らしく見えました。ちょっとメルヘンかな?^^ メルヘンアー…

  • 働きながらする音楽の素晴らしさ♫

    僕は 自分で曲や詩を作って演奏して歌っているので シンガーソングライターということになるのかもしれませんが、あくまでも本業は 普通の会社務めです。 でも それがとてもよく感じています。芸人さんや プロのミュージシャンになろうとしているわけではありません。働きながら 隙間時間でささやかな音楽を楽しんでいます。仕事のない休日の自由な時や、出勤前のわずかな時間、また帰宅してから少しやったりしているくらいですが それくらいがちょうど 自分にはいいです。 そんな気楽な環境で音楽をしてますと、その恩恵は多く感じ取れます。ギターや歌も気が付いたら始めたころよりわずかに進歩もしていき それ以外にも 呼吸が良く…

  • スケッチ6話「さざんかの頃」 のお話&楽譜

    www.youtube.com この歌は 僕の自転車通勤道でのお話です。冬もそろそろ終わり春を意識する季節とはいえ まだまだ寒さ残る頃です。 「今朝も冷たいなア~今から会社かあ~近頃、いろいろあって 行きたくないな~ああ、」働くことは好きだけど 仕事以外の職場雰囲気や人間関係がどうも・・・なあ~。「でも働かなきゃなア~」「家族もいるしなア~あ~あ~~。」「転職しようかなあ~、でもなあ~」 そんなふうな時に ふと道沿いのさざんかの花々や その先のちいさなお花の姿がとても愛らしく見えまして この寒い中外で文句も言わずに香おるさざんかの花や 懸命に明るく咲こうとしている野花。なんか小さな希望といいま…

  • スケッチ5話「Blue days」の曲のお話♥楽譜付き^^

    www.youtube.com この曲は 若い頃、あまり知らない土地へ仕事に出張した時に、そこである女性に出会って 恋に落ちました。 御互い気持ちが通じていたように感じていましたが、しばらくして僕がこの土地の職場に長くはいられないことがお互い解っていたように思います。寂しさを感じていながら お互いを思いあって知らないかのように ささやかな笑顔で接しようとしていた事が 余計に心の重くのしかかります。 でもその時の思い出が 長い年月を経ても とてもきれいな思い出となって ずーっと心に残っています。その気持ちを大切に歌にさせていただきました。^^

  • 「秋の風吹く帰り道」の楽譜完成したよ^^

    オリジナルの新曲「秋の風吹く帰り道」が完成しました。うれしい~頑張りました。 この曲は、秋(9月・10月)のお彼岸~お祭りの終わり頃の季節を秋の風と共に流れていく様子を歌に致しました。 この曲は、20代の頃作った曲と54歳になって新たに書き加えた曲になります。 若い頃の自分と中高年になった自分との合作ということになりますね^^少し不思議な感じが致します。 でもこうして長い年月を経て一つのオリジナルの楽譜が完成いたしましたので とてもうれしい限りです。自分の子供が一人増えたように とてもうれしいです。これから練習を少しづつ重ねてまいりますね。

  • スケッチ第4話「お母さんごめんね 」 曲のお話

    www.youtube.com スケッチ1~3話は20代のころの作品ですが この曲から、30年過ぎた53歳になってから作った曲になります。 この曲は、育ててもらったお母さんに 些細な事で喧嘩になってしまいました。その時、つい言葉がきつくなってしまい、母の心を傷つけてしまいました。その出来事は、自分自身をも傷つけてしまい ただ悲しいだけで 何一つ良いことは無く ただ悲しいだけでした。そんな時 朝の出勤中の道端の小さな花に そっと「お母さんごめんね」とつぶやきましたら なぜか目に涙が浮かんできました。それだけ心が苦しかったのだと思います。でも言葉にする事によって 心が晴れてきたんですね。その時の気…

  • スケッチ第3話「11月の金星」 曲のストーリー

    www.youtube.com この曲は大学生の頃(昭和60年ごろかな?)、東京の安い6畳部屋のアパートの2階の窓際にもたれて 夕方の空を眺めたり 聞こえてくる近所の暮らしの声を聴いたりするのが好きでした。 あわただしい都会の様子ではなく 下町の住宅街の落ち着いた 静かな夕べの時間がとても好きでした。 11月の寒くなる頃は 夕方ともなれば寒くなり 窓を閉めたいのですが、聞こえてくる人の声や 窓から見える夕焼け空が美しくて 窓を閉めずに 開けて外を眺めている様子を 自然な感じで歌に致しました。

  • スケッチ第2話「春風」の曲のストーリー

    www.youtube.com この曲は、地元(香川県の高松)に帰って就職して 少し慣れたころに作った曲です。まだ20代の頃、ゴールデンウイークという長~い連休を いいお天気にもかかわらず特にやりたいこともなくまた、お金もなく ただ家でゴロゴロして楽しめるはずの連休を無駄に過ごしていて、「こんなんじゃだめだなあ~」なんて思ってはみたものの どうすることもできないジレンマの中、ただ出来ることは家の外に出て 外の風にあたるくらいのことでした。そして玄関を開けて家の外に出て見ましたら 温かな春風が、ぱ~っと舞い上がって ちょっとほっぺたをひっぱたかれたような気がしたのを覚えています。 あたたかな春風…

  • スケッチ第1話「高松3月中旬」 曲のストーリー

    www.youtube.com 今から30年以上くらい前になるでしょうか、僕が20代の頃かな?故郷(香川県の高松)で中途採用の印刷会社の社員として働き始めて間もない頃の寒い日々の朝 JRの駅のホームで通勤列車を 待っているほんのわずかな時、わずかに春の香りを感じて 歌に致しました。 務めてまだ間もないこともあり まだまだ不安な毎日の職場へ通うちょっと心細い日々の中、毎朝通う駅のホームの花壇に、チューリップの花が植えられていて 毎日の不慣れな仕事が待っている職場通いに不安を抱える中で、駅のホームのチューリップが 毎朝見るたびに少しずつ成長しているのを見るのが 小さな小さな楽しみの一つであったのを…

カテゴリー一覧
商用