searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

yonaosihiromiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自分流👁考え・生きる
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yonaosihiromi
ブログ紹介文
歳をとる。環境が変わる。時代が変わる。見えてくるものがある。感じるものがある。言わなきゃいけないことがある。身近なところから問題提起し解決する。
更新頻度(1年)

205回 / 365日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2019/10/18

本日のランキング(IN)
フォロー

「ブログリーダー」を活用して、yonaosihiromiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
yonaosihiromiさん
ブログタイトル
自分流👁考え・生きる
更新頻度
205回 / 365日(平均3.9回/週)
フォロー
自分流👁考え・生きる

yonaosihiromiさんの新着記事

1件〜30件

  • 大谷翔平!気になる

    たまたま大リーグに移籍のニュースをみたことから気になる存在になった。野球のことは一切知らない。プロ野球の選手のことも知らない。(勿論、昔には長島選手や王選手のことは知っていたが、それだけ。)大谷選手のニュースだけは勝手に目に入ってきた。とうとう今年は全開。だれも止められない勢いのようだ。アニメをみてみよう。ここ疲れるニュースばかりの中で、SHOHEIOHTANIの活躍ぶりを知らせるニュースほど嬉しいものはない。何よりも嬉しいのはアメリカ人を熱狂させていることだ。自然体で。のびのびと。爽やかに。あの童顔は日本人のものだが、プロ野球の本拠地でリラックスして楽しんでいる様子をみるとグローバル時代の日本の若者、頼もしく感じる。SHOHEIOHTANIは東京五輪の分まで頑張ってくれているようだ!大谷翔平!気になる

  • 2021年7月12日

    7月11日(日)夕方、激しい雷雨があった。カーテンを全開にして窓ガラスにぶつかる激しい雨風、空中で激しく踊り狂う雨風、鳴り響く激しい雷の音を楽しんだ!明日の金融事態宣言発出を控え、大掃除をしてくれたようだ。窓を開けると、程よく冷えた風が、暑さ疲れと自粛疲れを癒してくれた。緊急事態宣言、効果があるのかないのか、そんなことはどうでもいい。大きなイベントがあると交通規制が実施される。それと同じようなものではないか。オリンピックのための交通規制は1か月の前から行われている。必要性があるような所ではない。そのために、パーキングメーターが使えなくなった。意味があるのかどうか??とういうことで、すんなりと理解した!??そんなことを考えていると・・・そういえば前の首相は五輪延期の理由をつぎのように述べていた。新型コロナに打ち勝...2021年7月12日

  • イシグロカズオの「クララとお日さま」を読んで

    「クララとお日さま」はイシグロカズオのノーベル文学賞受賞後初の小説である。正確に言えば、アマゾンのAudibleで聴いたのである。所要時間:標準スピードで13時間28分。途中で眠ってしまったり、ややいい加減なこともあった。クララはAIを搭載したAF(人口親友)と呼ばれる子供の友達用ロボットである。クララは物事を見通す目、観察力や理解力という特別の能力をもつAFだった。意図やあらすじは著者ご本人に語ってもらったものを見ることにしたい。ここ。広い視野での問題意識については、ここ。我ながら相当手抜きの感想である。というより思い付きのようなものだ。第1部と最後の第6部は対になっていると思う。著者の言いたいことは第6部にまとまっている。最初、聴いたとき(第6部)使命を終えたクララが廃品置き場におかれていることに、胸が痛ん...イシグロカズオの「クララとお日さま」を読んで

  • コロナ禍の運動習慣

    本日14日、3道県の緊急事態宣言対象地域の追加、3県のまん延防止等重点措置の適用が決定。コロナ感染地域が全国的に拡大中。国民としては我慢あるのみ。自粛期間中に何か成果があったか?運動を習慣化できたことがある。運動といってもウオーキングと身体を動かすことである。今のところ、連続記録225日達成中である。コロナ禍の運動習慣

  • ワクチン接種予約、とれた!!

    区役所の65歳以上の高齢者の新型コロナワクチン接種の予約が5月10日から開始。接種開始は17日から。焦ってもしょうがない。開始二日目夕方頃、練習のつもりで、ホームページを覗いてみた。何となく使い勝手がよさそうだった。7会場を掲載の順番に従って検索してみた。6月の20日前後まで日程がとってあるようだった。最後の7番目の会場になって、19日からの最後の1週間は空きがあるようだった。思い切って1回目を予約することにした。ワクチンはファイザー製である。2回目はどうにかなるだろう。1時間後ころに、2回目は確保されているというメールが届いた。システムがシャットダウンしたとか、アクセスが集中して接続困難などのニュースばかりを目にしていたので、今でも信じられない気持ちである。思いがけなくもコロナ後に向けて動き始めることになった...ワクチン接種予約、とれた!!

  • 緊急事態宣言延長??+菅首相のリーダーシップ

    久し振りに銀ブラに行くことにした。不要不急ではないが、通常のお買い物兼である。地下鉄の車中でニュースをチェックしていて、初めて延長初日だと気づいた。元々、延長は既成事実のようなものだったので、頭の中には解除は5月末とインプットされていた。お店の対応もマチマチのようであった。概して、規制は緩やかなように見えた。国の場当たり対応にはウンザリである。国民の一人としては、日々の感染状況をニュースをみて、自衛するしかない。情けないことである。自粛生活も1年以上になると、フラストレーションが溜まりに溜まっている。はっきりと感じる。飲酒をしたり、大勢で騒ぐ必要はないが、ウインドーショッピング程度はしたい。・・・・・ところで、菅首相は危機のときのリーダーなのだろうか?疑問がいつも頭をよぎる。首相の訪米以来、気になっている写真が...緊急事態宣言延長??+菅首相のリーダーシップ

  • 桜開花 

    1か月お休みしていた。特に何かしたわけではない。桜が咲いていた。21日に緊急事態宣言解除方針という。コロナも咲く?なんてことにならないように祈りたい。今年は花粉症がややキツイ。目がかゆいのが厄介だ。鼻水を隠すために?マスクをしている。久し振りに開放感を味わった。桜開花

  • 地震はコロナより怖い

    東日本大震災から10年になろうとしているときに地震。長かった。軽い地震のようだと判断しようとした途端、大きな揺れになった、横揺れか、縦揺れか、グルグル揺れか、とにかく、癖のある揺れ方だった。ただひたすら止むのを祈った。東京では震度4だった。各部屋を回ってみたが、この程度では、特に異常は生じないらしい。10年前は事務所にいた。交通機関はストップしたので歩いて帰ったことを思い出した。あの時は、棚から落ちそうになっていたものがあった。10年たっても当時の余震という。暫く余震に気を付けるようにとの気象庁の注意。余震の期間というのはどの範囲をいうのだろうか。震源近くの人の「コロナを怖いと思っていたが、地震はもっと怖い」との感想。コロナは外出自粛するなど、個人としての対応策がある。地震は襲われると、なすに任せるしかない。震...地震はコロナより怖い

  • アメリカも新しいスタート?

    アメリカも新しいスタート?

  • 毎日気が変わるとは日々新たにである!

    ファイザー製のワクチンがベルギーから成田空港に到着した由、何よりである。何回分が到着したのだろうか??このところ毎日新しいスタートをしている。毎日、朝目が覚めると、新しい見方、考え方が浮かんでくる。大変、いい雰囲気である。何、それって一日坊主???否、違う。改善、改良である。よって、日々新たにである。毎日進歩しているのである。さて、どちらか?どちらとも言えそうにも思う。でも、大事なことは、どう思っているかではないだろうか。日々新たにと思えば、そうなるに違いない。そうなるに決まっている!!そう思うと、確かに、今日は一歩進んだ。間違いない。毎日気が変わるとは日々新たにである!

  • 弁護士「私は猫ではありません」リモート裁判で

    五輪の問題も事実上決着したようで、何より。米テキサス州のオンライン裁判でのハプニング。弁護士が子猫の姿で。弁護士いわく「私は猫ではありません(I'mnotacat.)」裁判官いわく「それはわかっています(Icanseethat.)」判事が愉快なトラブルとしてツイッターに投稿して世界中に拡散されたという。ここビデオはここ判事がツイッターに投稿した気持ちがよくわかる。これは是非見なきゃ!!他人事じゃない。先日のマイクロソフト・チームズでビデオ会議のつもりが、電話会議になってしまったことを思い出した。猫でなくてよかった。😌弁護士「私は猫ではありません」リモート裁判で

  • 森会長、居直るほど悪影響が・・・

    国民として恥ずかしいですよね!一秒でも早い決断を!森会長、居直るほど悪影響が・・・

  • 森会長、女性蔑視発言、ご自分でお決めになるしか

    なかなか収まりません。とうとうIOCは「絶対に不適切」「IOCのコミットメントと五輪アジェンダ2020の改革に矛盾している」との爆弾声明を発表。ここ辞任するかどうかの最終判断は森会長ご自身がなさるしかありません。世界中の人が見ている。一番重要なことは、やはり、オリンピック精神の尊重ではないだろうか。森会長、女性蔑視発言、ご自分でお決めになるしか

  • 東京五輪、科学に基づいて判断をのバイデン大統領の発言について

    東京五輪開催について、とうとう米大統領の声が聞こえた。「科学に基づき判断」をということらしい。実際にコロナに打ち勝つ見通しもない中「世界がコロナに打ち勝った証」に開催などという非現実的なことを言っても何の意味もない。特に、五輪は、無観客でやればいい、などという簡単なものでない。五輪は、世界中から集まった競技者が競うところに意味がある。今、この現実の中で、安全に世界中から競技者が東京に集まれるかである。それはそれとして、この「科学に基づき判断」というのも、同床異夢の可能性もある。菅首相のGoToキャンペーンもご本人によれば、専門家の意見を尊重したのである。菅首相の場合は、コロナよりも経済優先、というよりは、特定の業界を優先したいというのが心底からの動機なので、「科学に基づき判断」というのは、口先だけの体のいい弁解...東京五輪、科学に基づいて判断をのバイデン大統領の発言について

  • 一輪の赤い薔薇

    急に春らしくなった。バラは、色や本数によって意味が違うといわれている。一本の赤い薔薇の意味は知っている。今日は、全く関係がない。一輪の赤い薔薇があるだけで部屋に規律と格調をもたらしてくれた。もうそろそろお別れ時である。その余韻を楽しんでいる。ただそれだけ・・一輪の赤い薔薇

  • マイペースで運動を!

    アップルウオッチでアクティビティを始めて4か月超が経過。「目一杯頑張らなきゃ」いけない、とばかりに日々のゴールを大幅に超えてやってきた。でも、運動は一生継続するもの。頑張り過ぎることに疑問を持つようになっていたが、決心がつかない。ようやく、マイペースでやれそうになった。一日のゴールを達成した後は、運動時間は終わりと決めた。ゆったりした気分になった。となると、次は何をするか?それが問題だ!マイペースで運動を!

  • 東京オリンピック組織委員会・森会長発言について

    コロナの影響で開催が危ぶまれる中、森会長の女性蔑視発言、困ったもんだ。謝罪会見での発言を含め、要領よく、整理されていた記事。ここみんなそれぞれの感想があると思うが、個人的には「時代遅れ」というのが一番相応しい。東洋経済の記事を読んで感じるのは、そもそも、人間性に問題があるということ。他人に対する思いやりとか自分の立場についての配慮は全くない。首相の器じゃなかった。「恥ずかしい」というのは、そういう人が日本の首相であったこと、そして五輪の会長であることについて、国民としての感情である。そもそも、コロナの収束も見えない中で、五輪開催を強行することに反対する人は多い。流れを決定的にすることになるかもしれない。それにしても恥ずかしい。世界中から注目を浴びているので。ナニナニ?今の首相はどうだって?困ったもんだ。東京オリンピック組織委員会・森会長発言について

  • 上空からピラミッドを見ると

    このところエジプトに執着しているかな?いや、ニュース等でみることが多くなっただけだ。ということは、ブーム?かな。ギザの三大ピラミッドは観光客が多すぎて、神秘性や歴史を感じるのは難しい。少し離れた展望台からは砂漠の中に建つ三基のピラミッドを見ることはできる。もし、上空から人のいないピラミッドを見ることができたら、4000年前に戻れるかもしれない。そんなビデオをみた。ここ「端正」の一言である。気の遠くなるような長い時間をほぼ完全な形で残ったのは、無駄のないシンプルさゆえであろう。神聖さや荘厳さが伝わってくる。こういう偉大な遺跡に触れると、人間の底知れぬ力を感じる。東京五輪が開催されようがされまいが、そんなことはどうでもいい。今は、新型コロナを収束させることである。上空からピラミッドを見ると

  • 初めてのWeb会議?

    初めてのWeb会議。相手(複数)の顔も声も聞こえる。こちらの声も聞こえる。こちらの顔が画面に出ない。カメラ機能が働かなかったようだ。ということで、ハンズフリーの電話会議のようになってしまった。でも相手のお顔を拝見しながらなので、迫力はあった。Web会議も悪くはない、というのが感想である。初めてのWeb会議?

  • 緊急事態延長とそれぞれの思い

    予定どおりというか、1か月の緊急事態延長が決まった。ここワクチン接種遅れの日本は気になるところである。そろそろ限界のようである。2月になると、梅を見たいなと思う。随分昔の大学時代に、春休みに入り、帰省前の、特にすることもなくなった。まだ冷気が強いが、陽射しは春だった。北野天満宮の梅をどうしても見たくなった。多分、満足したのだと思うが、その記憶はあまりない。それ以来、春になれば、梅を見たいなという思いが湧き上がってくる、必ず北野天満宮の梅に対する大昔の想いと共に。家での食事にも飽き飽きだ。買い物ついで、あるいはふらりとランチをしたい。特別なものである必要はない。普通のランチを、普通にしたい。それだけである。普通の生活をしたい、ただそれだけである。緊急事態は何とかこれでおしまいにしたいものである。緊急事態延長とそれぞれの思い

  • 行列のできるラーメン屋さん

    ウオーキングコースの一つにいつも行列いっぱいのラーメン屋さんがある。午後3時ころでもまだこの程度の行列である。外から見る限りカウンター席だけのようである。換気をするために入り口ドアが開放されている。外も中も密である。クラスターの話は聞かない。良く観察すると、行列待ちの人はみんなマスクをしている。お喋りする人もいない。一人客が多いせいでもある。店内はというと、食べることに集中している。外に出るとすぐマスクをする。なるほどこれでは感染しようもない。コロナの下、やってはいけない食事は?自ずから分かろうというものである。行列のできるラーメン屋さん

  • 緊急事態延長の世論調査に思うこと

    2月はけじめの良い月曜日から始まる。気分転換、フレッシュなスタートにしたい。とはいえ、コロナの勢いは衰えず、コロナと共に生きるしかない。世論調査では2月7日に期限を迎える緊急事態宣言の延長を求める回答が9割に達したという。ここ世論調査はあまり関心がない方だが、この調査については、同感である。最初の緊急事態宣言については、コロナのこともわからず、世間全体がやや過剰反応気味だった。政治家はというと腰が引け無責任だった。二回目の今回は、緊急事態に柔軟に対応できているように見える。コロナとの付き合い方を体でわかってきた。要するに人のいるところではマスク着用すること、マスクを外さなければならないところは避けることである。やむなくマスクをとるときは、話をしない、沈黙することである。ということは、やや異常ではある。普通の人が...緊急事態延長の世論調査に思うこと

  • 事実の発見には違和感を

    2021年も早、今日で1か月が経過する。29日は今年最初の満月(ウルフムーン)だった。真正面に満月が。月に向かって歩いた。仕事をしていて(仕事以外でもそうだが)いつも思うことがある。事実の発見の重要性についてである。事実を間違うと、法律を正しく適用しても、否、正しく適用すればするほど、正義に反することになる。事実を間違わないこと、正しい事実を発見することというのは、100%正しい必要はない。判断を左右する事実を間違わないことである。重要な事実ほど、発見のきっかけは、些細で無関係にみえるものである。違和感を感じたらそこに正しい事実が潜んでいるものである。直ちにはわからないかもしれないが、注意深く観察を継続すると、違和感はシグナルだったことが分かる。この違和感というのは、ユングのいう、集合的無意識の部分に感じるのだ...事実の発見には違和感を

  • アストラゼネカは大丈夫?

    緊急事態宣言の解除は難しそうだ。期待のワクチン接種であるが、実際に確保できる見通しがあるのかスッキリしない。ファイザーやモデルナについて「契約する」とある。「契約する」と「契約した」では大違いである。また、契約しても実際に計画通り供給されるかどうかはわからない。現に、今、英国とEU間でアストラゼネカのワクチンの供給を巡って激しい対立を生じている。アストラゼネカが英国を優先することにしたためだ。更に、アストラゼネカのワクチンについて、ドイツは65歳以上の高齢者には使用しない考えをまとめた。高齢者に対する効果について十分なデータが得られていないためという。日本の65歳以上の高齢者は3600万人である。英国では高齢者について問題ないとしてアストロゼネカのワクチンを使用しているという。有効性について問題提起があった以上...アストラゼネカは大丈夫?

  • コロナの中で、気は持ちよう

    28日夕方ころ、雪がチラホラした。何か心に決めたことがあるときは、雪であろうと雨であろうと関係ない。今、私たちは既にウイズコロナである。コロナ下だからといってできないことはない。ただ、一歩を踏み出すきっかけがあればいい。そのきっかけは何でもいい。気持ちの持ち方を変えれば、今まで気づかなかったことがきっかけになる。このところ、毎日、そういう思いで生きている。ウイズコロナだからできるのかもしれない。何だっていい。前向きで、一歩一歩確実に進んでいる。それを実感することで、また力を得る。すべては気の持ちようである。コロナの中で、気は持ちよう

  • ワクチン接種計画、供給の契約があるだけでは?

    高齢者3600万人の接種を6月に完了する態勢づくりの準備を始めたという。2月までに医療従事者(先行接種)1~2万人3月までに医療従事者370万人の接種をするという。世界では1月26日現在。1番はアメリカ2184万回2番は中国1500万回3番が英国705万回4番はイスラエル383万回という。ドイツやイタリアでもワクチン接種は始まっているが、EUはワクチンの供給が遅れているとして不安が広がっている。日本は3社と契約しているというが、いずれも米英の会社である。米国もバイデン政権になってワクチン接種を急いでいる。英国しかりである。契約通りに供給されるとみるのは安易すぎる。準備も必要ではあるが、ものがなければ始まらない。イスラエルのネタニヤフ首相はファイザーと17回にわたり直接交渉し、ワクチンの早期確保につなげたという。...ワクチン接種計画、供給の契約があるだけでは?

  • いろんな想い1年

    昨年の今日は「世界一高い山エベレストを見る」旅の出発を翌日に控え準備に慌ただしくしていた。何やら怪しい得体の知れない新型コロナの姿がチラホラし始めていた。1年前のスケジュール帳をみると、何やら思いがあったようである。2年目に向けて引き続き歩み続けていくことになろう。いろんな想い1年

  • 顔を見ながら話すことの大切さ

    週末の積雪の予報が外れたようで、ほっとする。陽射しも穏やかでいい一日だった。1か月ほど前から、意思の疎通がうまくいかず、イライラしていた。一旦、イライラすると、加速することはあっても、減速することはない。不信感は不信感を呼ぶ。どうやら、限界点に達したようであった。思い切って、出かけることにした。コロナ禍かどうかは問題ではない。完全に雲が晴れたわけではないが、解決に向かって大きく一歩進んだようである。ローマ教皇とどのようにしてチャネリングしたのか、1世紀に活動し、3回の大伝道旅行を行いキリスト教の普及に貢献したパウロを例に、教皇が対面の重要性を強調したとのニュースをみた。ここ滞っていたことが動き始めた勢いで、2、3のこまごまとしたことも片付いてしまった。今も大昔も対面はリモートでは得られない人を動かす大きなエネル...顔を見ながら話すことの大切さ

  • 都庁のイルミネーションは消え、コロナは深く広く潜入

    ズーと気になっている。緊急事態再宣言の後、都庁のイルミネーションは消えたまま。新型コロナの勢いに負けたのだろうか。ずる賢い新型コロナと正面切って争わず、持久戦に持ち込むことにしたのだろうか。なるようにしかならない。恐れず、油断せず、侮らず、嵐の去るのを待つことにしよう。都庁のイルミネーションは消え、コロナは深く広く潜入

  • アップルが自動車に参入

    アップルが自動車に参入というニュースを聞いた。実際にはかなり前から計画があるらしい。個人的には自動車もドライブも好きな方である。ただ、今はいつ自動車を手放すか、運転をやめるか、免許証を返納しようかを考える年齢になっている。これからの自動車はEVで自動運転車に決まっている。テスラや既存の車メーカーとどのように違うのだろうか。見当もつかない。ここが、楽しい。アイフォンやアップルウオッチで生活が変わった。アップル自動車でどのような変化が現れるのか?アップルウオッチと同じころにアップルの株を1株買った。1万円少々。お遊びである。ということで、大変関心がある??長生き社会のプラス面である。アップルが自動車に参入

カテゴリー一覧