プロフィールPROFILE

yonaosihiromiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自分流👁考え・生きる
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yonaosihiromi
ブログ紹介文
歳をとる。環境が変わる。時代が変わる。見えてくるものがある。感じるものがある。言わなきゃいけないことがある。身近なところから問題提起し解決する。
更新頻度(1年)

26回 / 26日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/10/18

yonaosihiromiさんのプロフィール
読者になる

yonaosihiromiさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,636サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 0 30 40 30 20 20 160/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,578サイト
法律・法学・司法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 105サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,450サイト
70歳代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 409サイト
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,777サイト
弁護士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 426サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 30,584位 30,417位 29,468位 30,369位 33,394位 27,858位 26,531位 977,636サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 0 30 40 30 20 20 160/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 186位 195位 188位 194位 213位 189位 178位 4,578サイト
法律・法学・司法 3位 3位 3位 3位 4位 3位 2位 105サイト
シニア日記ブログ 548位 537位 533位 542位 573位 525位 494位 3,450サイト
70歳代 79位 76位 76位 74位 77位 71位 69位 409サイト
士業ブログ 255位 245位 242位 241位 261位 225位 209位 4,777サイト
弁護士 20位 18位 18位 15位 20位 18位 16位 426サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,636サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 0 30 40 30 20 20 160/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,578サイト
法律・法学・司法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 105サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,450サイト
70歳代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 409サイト
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,777サイト
弁護士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 426サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、yonaosihiromiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
yonaosihiromiさん
ブログタイトル
自分流👁考え・生きる
更新頻度
26回 / 26日(平均7.0回/週)
読者になる
自分流👁考え・生きる

yonaosihiromiさんの新着記事

1件〜30件

  • 気になる写真

    英国の第一次、第二次大戦の戦没者追悼記念日の式典の一枚の写真が気になる。涙を拭うエリザベス女王が気になるわけではない。ケイト・ミドルトンでもない。メーガン・マークルである。メーガン・マークルの写真はいつ見ても気になる。一種の違和感である。理由はよくわからない。でも、多分この写真は何らかのヒントになるような気がする。ま、どうでもいいんですが・・・気になる写真

  • マイケル・ブルームバーグ元ニューヨーク市長、民主党候補として大統領選出馬? 超高齢社会の縮図?

    マイケルブルームバーグ氏がアラバマ州で大統領選の民主党予備選の立候補者として登録したという。ここ同氏については、数年前からことあるごとに立候補するのではという噂があった。民主党候補に献金したり、銃規制活動に多額の献金をするなど特に2018年ころからは積極的に政治活動にかかわっていたので、そういう憶測を呼んでいた。しかし、2020年の大統領選に立候補、断念したとみられていたと思う。最近の民主党で左派(サンダース氏、ウォーレン氏)の躍進ぶりをみて、変心したようである。直近のアイオワ州の世論調査では中道派で本命と思われていたバイデン氏が全国的に無名だったあのビート・ブティジェッジ氏にも抜かれまさかの4位という結果だったことが後押ししたのかもしれない。第一印象は2020年大統領選は超高齢社会の縮図ということ。サンダース...マイケル・ブルームバーグ元ニューヨーク市長、民主党候補として大統領選出馬?超高齢社会の縮図?

  • 今の日本、女性は職場で眼鏡着用許されないらしい??

    いずれも英国のマスメディアから。上はガーディアン、下はBBCのそれぞれタイトルから借用。最近は見た目を気にする男性も眼鏡を使用せず、コンタクトレンズを使う人が多くなったとの認識だった。女性はもともと見た目を気にするもの、だから眼鏡を使わない、当たり前と単純に考えていた。テレビでも、日本であれ外国であれ、男性が原稿等を見る必要から眼鏡をかけるが、やむを得ずの行動なので見られては不味いとでもいうふうに、そそくさと眼鏡をとる様子は見慣れている。最近では逆に、女性が敢えて眼鏡をかけたままというのを見るようになった。眼鏡をファッションのツールとして使うもので、それはそれでステキである。BBCの記事をみると、禁止の根拠が会社のポリシーなのか世間の常識の反映なのかはっきりしていないという。どうやらテレビ番組で取り上げられたよ...今の日本、女性は職場で眼鏡着用許されないらしい??

  • 忘れられない体験は?と聞かれて即座に答えられる?

    有楽町界隈を歩いていて、超有名なテレビ局のインタビュアーに呼び止められた。何か質問があるという。いつもならお断りであるが、今日はややハイだったのであろう。「まー、いいか」若干の前置きがあって、いよいよ本番となる。「忘れられない体験は?」虚を突かれた感じで怯んでしまった。体験といっても仕事の体験もあれば私生活の体験もある。いい思い出として忘れられない体験もあれば、忘れたいが忘れられない体験もある。あまりにも漠然としていて、咄嗟には浮かんでこない。ということでお断りすることにした。申し訳ないと思う必要もないが、期待に応えられなかったということで申し訳ないと思った。その後、どなたかがお答えになったものと思うが、ご苦労様と申し上げたい。多くの通行人の中からなぜ私が?という疑問はある。赤と黒がステキだから、という。これは...忘れられない体験は?と聞かれて即座に答えられる?

  • 仮想現実か拡張現実か そしてAha momentへ

    人に何かを伝えたいとき、あるいは自分自身が何に感動するのか、人それぞれと思う。自分自身の感動をどう表現するか、なかなか難しい。人を感動させるどころか、自分自身の感動を文章で表現することは到底できそうにない。写真や描画の方がわかり易い。特に写真の場合は、撮るだけでいい。とは言え、毎日毎日、変化のある写真を撮るというのは、現実問題として難しい。また、気分や感情を表す写真となると、そもそも、そういう事態は頻繁にあるわけではない。どういう風に表現するか、これまた至難の技。絵とかスケッチで創作できればいいが、時間もかかるし、そもそもそういう能力はない。最近、仮想現実とか拡張現実という言葉が流行っている。全く仮想の世界をつくるのは、絵などよりもっと難しい。でも、現実にちょっと新しい情報を加えて、別の世界をつくることならでき...仮想現実か拡張現実かそしてAhamomentへ

  • 書類作成に一日を潰した!

    特になし。あれでもなしこれでもなしと考えを巡らし一つの書面に纏めるのは大変だ。書面作成には目的がある。事実を取捨選択する。いかに説得力あるものに仕上げるか。一か所を変えると全体に及ぶことが多い。書いている途中で見方とか評価が変わることも多い。差し当たりは、形をつくるところまでは成し遂げたい。書類作成に一日を潰した!

  • 分身ロボが人間の補助、清掃員ロボットほしいな

    扉の開閉、ドリルの操作、自動車の運転……など人間のように手先の細かい作業をこなすことができるロボットが生まれたという。こここんな感じらしい。日経電子版から借用。マンション住まいをしている。一番気になるのが共用部分の清掃である。何人か交代したが、清掃員さんによって極端な差がある。そのうえ高齢化によって、掃除などできないんじゃないと思われるような人もいる。どういうわけか、全然意識していないのに気づくタイプである。いつもより暗いと思ったり、どうしてだろうとみると電灯が消えているとか、小さなごみが落ちているとか、床にシミがとか、おかしいと思うといつもあるものがないとか、逆にいつもないものがあるなどとにかく、自分でもうんざりするほど「気づく」のである。ということで、清掃員さんに注意というかお願いすると、素直に聞いてくれな...分身ロボが人間の補助、清掃員ロボットほしいな

  • Apple 銀座

    アップル銀座の建物、いつもと違う。ショップ内では無料のセッションがあると聞いた。今日は休日のせいか受講者でごった返していた。子供たちの姿が目立った。銀座店はアメリカ以外では世界最初のショップだという。日本人のアップル好きが理解できた。急に特別な存在に見えた。悟ったこと:写真を上手くとりたい。事実を伝えるため。芸術作品を撮りたいわけではないらしい。両者は必ずしも同じではないようだ。スッキリした。Apple銀座

  • 民事事件の誤判は何故起こるのか 誤判は日常茶飯事か

    刑事事件の冤罪についてはニュースで華々しく取り上げられる。大抵は死刑判決に関するもので極めて深刻だと考えられているからであろう。一方、民事事件については誤判(比ゆ的に冤罪といってよい)についてはほとんど話題にならない。一つには、個人の問題と考えられているのだろう。一つには、それほど大したことではないと考えられているのだろう。本当にそうだろうか?最近は、オレオレ詐欺やその他特殊詐欺に巻き込まれる人は多い。これは社会問題である。そういう時代背景もあるのだろうが、事実無根の裁判を起こす輩もいる。おそらく、想像以上に多いと思う。一つ一つは命にかかわるような重大な事柄ではないとしても、社会全体としてみた時の影響という点では、刑事事件の冤罪などはるかに及ばないほどの深刻で重大なものである。なぜ民事事件の誤判が起こるか、今、...民事事件の誤判は何故起こるのか誤判は日常茶飯事か

  • 思い出のサンスベリア

    久しぶりに知人と会って楽しくおしゃべりした。帰って玄関扉を開けるとサンスベリアが迎えてくれた。当たり前になっていた。このサンスベリアはその知人から18年前にいただいたものだということを思い出した。増えすぎて困っているということだった。最初の数年は植え替えをするなどそれなりの面倒を見ていたが、それもしなくなった。思い出したら水をやる。大きくなり過ぎたら適当に切る。枯れたのをみつけると取り除く。以上。水のやり過ぎはよくなさそうということだけは肝に銘じている。いただいたときは、こんなに長く付き合うとは思いもしなかった。縁とは不思議なものである。例によって少し遊んでみた。・・・・・昨日、郵便局の悪口を書いた。早速、本日午前中に配達完了メールが届いた。ビックリした(これは大変と慌てて配達したかな?!?)思い出のサンスベリア

  • 郵便局がおかしくなった?

    簡保の詐欺的商法があった。今度は切手を悪用した横領。別納料金の仕組みがどうなっていたのか、わかった。随分、無駄をしていたように思う。それにしても半端じゃない横領額、なぜ防止できなかったのか疑問である。規律のゆるみ以外に考えられない。規律のゆるみは郵便物の配達業務に及んでいるように思う。仕事柄、文書の提出期限には敏感である。提出期限を間違うと権利を完全に喪失することがあるからである。今日も本日中に配達される予想でレターパックで送った。早朝にポストに投函した。これまでの経験ではそのはずだった。追跡すると5日到達予定とある。日、祝日は止む得ないとしても、土曜日までの配達業務を中止するようになったということだろうか?そういえば土曜日中止の話は聞いたことがあるような気がする。最近では配達のイレギュラーを時々見受けるように...郵便局がおかしくなった?

  • 信念に従って生きる、元気をもらった

    あっという間に10月も最終日。この歳になると変わりようもない。結局は、自分の信念に従って生きていくことだと思う。今年訪れたエジプトのピラミッド。古代世界最大の建造物であるクフ王のピラミッドである。4500年以上もの悠久のときを経ているという。圧倒されるというよりは、一瞬にして荘厳と厳粛と静寂の雰囲気に包みこまれてしまった。宿泊したホテルの庭からは二つのピラミッドが見えた。ピラミッドはサハラ砂漠という大自然と一体になっていた。私も一体となった。偉大な自然と一体となったせいか、落ち着きと安らぎを覚えた。ホテルの中でもここからみるピラミッドが最高だと思った。なんと池に逆さピラミッドの姿がくっきりと映り込んでいるではないか!!初めて気づいた。砂漠の中に立つピラミッド、普通に考えれば絶対にあり得ない。感動ブログを続けてき...信念に従って生きる、元気をもらった

  • 見ているのに見ていない

    「シャーロックホームズの冒険」の作者であるコナンドイルは「あなたが見てはいるが、観察していない(It'sbeingseen,butyouaren'tobserving.)」と言ったという。そんなことはわかっている、と思っていた。ところが、観察どころか、そもそも見ていないことが多いのかもしれないと愕然としたことが最近あった。月に数回乗り換える地下鉄駅がある。我が家の最寄駅のある地下鉄線のホームに降り立った。いつものとおりのこと。どういうわけかその日は黄色が目に飛び込んできた。いつからこんなにハデハデのホームドアに塗り替えたのだろう?そういえば最寄りの地下鉄駅のホームドアはどうだったのだろうと初めて気になった。いつも使っている地下鉄駅のホームドアの扉の枠の色など気にしたこともなかった。いづれにしてもこんなにハデハデ...見ているのに見ていない

  • 最近、雨降りが多くなった?気候変動のせい?

    最近、気候が変わったように気がする。雨が多くなったかな?出掛けようとして玄関のドアを開ける。雨が降りそうな予感がする。あるいは今にも雨が降りそう。天気アプリでチェックし、念のために傘を持参しよう。今日も夕食の買い物のでかけるとき、同じことをした。そんなときは、軽量で小さく折りたためる傘がいい。ということで、捨てようと思いつつ捨てられない、20年ほど使っている傘の登場となる。新しく購入した傘より出番が多い。昔は日本の雨といえば、今日は雨の日というように一日、しかもしっかりと雨が降っていたように思う。40年以上も前にロンドンに住んでいた時、ロンドンでは雨といえば、通り雨だった。傘を忘れても、お茶を飲んでいる間に止んでしまう。今の日本の雨は昔のロンドンの雨を思い出させる。だから、雨といってもそれほど気にはならない。ス...最近、雨降りが多くなった?気候変動のせい?

  • ISバグダディ指導者の急襲は?

    トランプ大統領によるバグダディの急襲は、オバマ大統領のオサマビンラディンのそれを思い出させる。突然のようにも見える。シリア撤退に対する身内を含む非難のあらしの影響があるのだろうか?それとも、全くの偶然、タイミングが良かっただけなのだろうか?弾劾問題に影響するのだろうか?何か月も気になっていたことの事務整理をした。すっきりしたが、新たな課題も・・・・ISバグダディ指導者の急襲は?

  • 日曜日の銀座はおもしろい

    日曜日の銀座通りは歩行者天国。外国人も多い。地方から来ているらしい人も多い。老いも若きも。家族連れ。恋人たち。友達同士。お一人様。とにかく、いろとりどりである。そして人だかりのしているところでは、誰かが何かのパフォーマンスをしている。今日は天気よく穏やかな秋日和。ヨガマットを買いに有楽町へ。その足で銀座四丁目まで歩いた。お茶が振舞われていた。日曜日は青空市も賑やかになる。地方の業者の出店。こだわりの商品である。ほとんどが食料品。嵩張ることを考えると買う気にはなれない。見るのは楽しい。都心に青物市、本来はミスマッチだが、今では見慣れた風景になった。お茶席の有無にかかわらず銀座で着物姿をみることも珍しくなくなっている。アップルマークも見える。帰りの電車の中で羽生のカナダ優勝をチェックした。家につくと、シリアでISの...日曜日の銀座はおもしろい

  • 移り変わる空、淡いピンクの雲からくっきりと見える富士山を経てオレンジいっぱいの空へ

    今日は一日中空の変化に驚くばかり。カーテンを開くと淡いピンク色の雲が空いっぱいに広がっていた。淡い水色の空と淡いピンクの雲は理想の組み合わせ。幸せそのもの。全天がピンクで覆われているのか、ふと気になり、反対側の空を見たくなった。反対側は全く違った空だった。一方だけを見た人同士が挨拶したら、お互いに理解できなかったに違いない。お昼近くに居間の窓から青空にくっきりと浮かぶ富士山が見えた。中腹ごろまで白い雪に覆われている。まだ10月なのに・・・こういう富士山を見ると、凛とした気持ちになる。夕方にはその富士山はオレンジ色に包まれていた。濃淡のオレンジ色の帯が雰囲気を醸し出している。空全体に広がる青みを帯びた灰色の雲は富士山の稜線に繋がっている。オレンジに隠れそうな富士山が「ここにいるよ」とみる者の視線を導いているように...移り変わる空、淡いピンクの雲からくっきりと見える富士山を経てオレンジいっぱいの空へ

  • 仕事をした?!

    今日は仕事をした。というと奇妙に聞こえるかもしれない。英文覚書をチェックした、顧問会社の。たった1枚である。改めて国際化を身近に見た感じだ。これまでなら、文書化しなかったかもしれない。日本のものであれ、英文のものであれ、契約書のようなものは専門家がみれば、意図ははっきりわかる。意図を隠したとしてもわかる。ただ、見え方、見せ方は、日本と外国では違っているように思う。随分長い道を歩いてきたな、とつくづく実感した。仕事をした?!

  • 司法委員、手続きの重要性などなど

    一日とりとめもないことに考えをめぐらせながら過ごした。昨日の司法委員に関する手続きの重要性については、かなり以前から考えているところである。肝心かなめなところはいかに実現するかだ。例えば、つい最近、どこかで参院選の違憲判決があったようだ。もう私たちは衆院選、参院選についてどこで違憲判決があっても驚かない。むしろ違憲でないという判決ならニュース性を感じる。政治家も違憲判決に慣れて、彼らにとってはニュースでもなんでもない。行動を起こす必要など一切感じないはずだ。いつまで続けるつもりなのかと代理人さんたちにも疑問を感じる。安倍首相は例によって、○○「しなければならない」と威勢よく断言するが、具体的にはどうするのか???ゴーン被告弁護団は違法捜査を主張して控訴棄却の請求をしたという。認められるのは難しいとは思うが、その...司法委員、手続きの重要性などなど

  • 司法委員、制度疲労?手続きこそ決定的!

    以前から気になっていること。歳のせいかとも思う。簡易裁判所には司法委員という人がいる。裁判所のホームページから借用。(それにしても裁判所のホームページも充実している。驚きだ。)要するに社会人としての健全な良識のある人であればいいことになる。誰もが知っていると思われる調停委員のような感じ。司法委員は簡易裁判所にのみ認められている。その役割等は以下のとおり。簡裁にはクレジット会社などからの金員請求のようなものがほとんどといっていい。多くは、争う意はなく、要は手元不如意につき支払えないというケース。手元不如意だからといって払わなくいいというわけではない。とはいうもののない袖は振れない。というわけで、和解ねらいが多いのである。簡裁は事件数が多いので、裁判官は超多忙である。和解、減額や支払い回数の話し合いは、別に裁判官で...司法委員、制度疲労?手続きこそ決定的!

  • 即位礼正殿の儀

    今日22日は天皇陛下が公式に即位を国内外に宣明する儀式が行われた日。内外から2000名の招待客ということだが、一般の国民はテレビで見ることになる。CNNでみた。CNNのリポーターは「オレンジ色」の重要性を述べていた。昇る朝日の色だと説明していた。天皇陛下の装束の色は、茶色っぽい色と思っていたので、オレンジ色という表現にはやや驚いた。正式には「黄櫨染(こうろぜん)」という色だそうだ。色だけは実際に見てみないとわからない。儀式全体を見て、色遣いは日本独特だと感じた。アジア系ではあるが、深みとしっとりとした上品な色合いは日本にしかない。品格を感じさせる。日本人として誇りを感じる。カーテンは飾りじゃないことを知った。カーテンが開かれ、天皇陛下のお姿が現れ、カーテンが閉じられ、お姿が隠れる。まさしく儀式である。外国人では...即位礼正殿の儀

  • 今日はちょっと遊んだ!一枚の写真が素晴らしい芸術作品に?

    帰りの電車で、ふとアプリで遊んでみた。随分以前にダウンロードしたものだった。写真がペイント風になるものだった。取り敢えず3種類ほど試してみた。10種類以上ありそう。上半部を切り取るとバランスのとれたスケッチ(色付けしたもの)ふうになりそうだ。元の写真はといえばこれ!満月に見とれてシャッターを押したが、写真の目は厳しい。おぼろ月のように雲が薄くかかっている。購入したばかりのアイフォン11の広角機能を使ってみた。いつもより広がりがある。黄色っぽいのは、ゴッホっぽいなどと、一人悦に入る。筋トレで心地よい疲れが・・教室に通うとそれなりに頑張るので、筋肉はしっかりと感じるようだ。ほろ酔い気分(アルコールでなくてもなり得る)で、画家になったつもり???このところ2回ほど海外からの電話(アメリカ、スイス)の着信があった。心当...今日はちょっと遊んだ!一枚の写真が素晴らしい芸術作品に?

  • 買い物難民体験記

    行きつけの食料品スーパーマーケットがリニューアルのため暫く閉鎖。折り悪く、昔からあった地元のスーパーマーケット、こちらは閉店したばかり。おそらくマンションが建つのではないだろうか?コンビニには真前にあるが、1か月以上となると、コンビニだけでは無理。近所を探索することにした。自動車🚘で通りがけに見ていたスーパーマーケットに徒歩で下見に行った。徒歩での所要時間🚶‍♂️と駐車場の有無のチェックだ。徒歩時間片道15分はちょっと⁇キツイかな⁉️駐車場はあった2000円で無料ならなんとかなる。お店の雰囲気も周囲の雰囲気もOKである。ホッとした。もう一つ発見があった。お店というのはそれぞれに特徴がある。いつも同じようなもので飽き飽きしていたので気分転換になった。生花があるのと日常雑貨が充実しているのが良かった。手頃な値段の果...買い物難民体験記

  • EU離脱、決まるか?|最後はあっけないか

    おそらく、多くの予測に反して?EU側が英国の離脱条件を認めてしまった。現在、英国議会で審議中。ここEU離脱はしばしば離婚といわれている。ある意味そうかなと思う。到底和解不能と思われるような離婚訴訟も急転直下話し合いで解決することがある。そのためには、双方が疲れることである。2年も争っていると、いい悪いは別にして、落ち着く先は見えてくるものである。どうしようもないものである。いかに泥沼から抜け出すか?そのときに誰かがプッシュすることである。そして、何でもいい、双方の顔を立てるような言い訳をつくればいいのである。これ、大事。納得できる理由は必要である。最悪の場合、何もない場合は、前に向かって進めるじゃない、などという理由のこともあり得る。つまらない人に関わっていてもいいことないわね、などというものである。ケースバイ...EU離脱、決まるか?|最後はあっけないか

  • 生活が変われば服装が変わる|仕事の見極め時

    サラリーマンと違って自由業の場合、どこまで(何歳まで)どの程度続けるかは本人次第なので、難しい。何となく方向性は見えていても、最後のポイントはある。そんなことを考えていると、服装が随分変わったことに気づいた。いつもスーツ派で、ハイヒールしかはかない。海外旅行でも同じ。ハイキングだって同じ。どこだか忘れたが、ツアー中にいつもハイヒールを履いている若い女性がいた。若いというのは、こちらから見てで、実年齢はベテランの入り口あたりにいた。昔の自分自身をみた思いだった。仕事中心の生活の時期は、遊びも仕事帰りの感覚なので、服装もそうなるわけだ。そのうち、いつの間にか、世間全体がカジュアルっぽくなった。スティーブ・ジョブズの新製品発表会の服装は、いつもTシャツだった。そのうち、スーツにスニーカーもありになった。この男性、ネッ...生活が変われば服装が変わる|仕事の見極め時

  • 100歳旅行、健康教室

    趣味といえるものがあるとすると、海外旅行かな。いや、趣味というより、生活の一部かもしれない。最近、重い荷物を持つのが負担に感じるようになった。荷物は減らせばいい。身体だけは減らすわけにも代わりを頼むわけにもいかない。ということで、月3回ほど、健康教室に通い、体を鍛えている。今日は、リズム体操だった。なかなか覚えられないが、楽しさにひかれて参加している。これは筋トレだが、ウウウ~ン、手前の女性、ひょっとして私?足がすごーく逞しいみたい?!どうしようーとにかく、楽しんできた。それが一番!すごーくおなかがすいちゃった!100歳旅行、健康教室

  • 英国EU離脱はあるのか? 女王の演説は影響したか?

    一時はほぼ不可能とみられていたEU離脱、かすかな望みも?ここ勿論わからない。ようするに英国のEU離脱というのは、離婚を考えればいい。離婚というのはなかなか難しい。特に一方が離婚したくないときはそうである。EUの本音は離婚はしたくない。また英国のいわゆる支配者層は、最高裁をふくめ、離脱反対である。だから、ダラダラと引き延ばしをしている。そんな風に見える。しかし、いったん離婚手続きが進み始めると、元に戻ることはほぼない。そんな中エリザベス女王はジョンソン首相の書いた施政方針を議会の新会期開催にあたり朗読した。10月31日のEU離脱が最優先という。女王はそのまま読み上げることが慣例という。政権がかわれば180度変わった演説をするわけである。いくら女王とはいえ、生きた人間。そう生易しいこととは思えない。専門家はいかに女...英国EU離脱はあるのか?女王の演説は影響したか?

  • 体調不調これも台風のせいか|金木犀の香り

    台風19号、最大級だというので、いろいろ準備した。その一つに、食料品の確保があった。いつも使っていたスーパーマーケットが改装のために利用できないというプレッシャーもあった。捨てるのは勿体ない。昔人間で関西系の人間である。ということで必死に食べた。良くなかった。頭までふらふらになった。家に閉じこもっていてはますます暗くなる。出掛けたところでのできごと。何か匂ってきた。??匂いには敏感。あたりを見回した。金木犀だった。ちょっと遅いかな?ちょっと厳しい感じだった。金木犀は香りがなければ、目立たない。金木犀は咲き始めたころのふわっとした香りがいいな・・それでも外に出て自然に接して、やや元気回復かもしれない。体調不調これも台風のせいか|金木犀の香り

  • 真実とは何か|映画羅生門から|いつも悩まされている!

    司法に係るものは、いつも真実とは何かに悩まされている。当事者本人は気が付いていないことも多い。潜在意識ではわかっていても、意識するところまでいかないことは多い。しかし、真実が何かによって、法律構成や主張の仕方が異なり、当事者の運命を決めるといって過言ではないほど重要なのである。また真実と事実は微妙に、しかし真逆になるほど異なるものである。なぜなら、真実には当事者の主観が含まれるからである。動機や意図である。たとえば、最初からだますつもりの人は、客観的行動(事実)は本人の真意とは異なる。複数人が絡む事柄について全体の真実など実際には知りようないのかもしれない。それでも事件解決に必要な限度では何とか解明する必要があり、したいと思って日々悪戦苦闘している。どうすれば真実に近づけるのかということはいつも考えているという...真実とは何か|映画羅生門から|いつも悩まされている!

  • 台風一過の青空|空は有限?言葉は大事

    東京は台風により大きな影響は受けなかったようだ。台風一過の青空、秋晴れになったようだ。清々しい。自動車でちょっと買い物に出かけた。いつもみる東京タワー、青空に映えていた。空はいつも気になる存在。果てしなく広がっているからだ。最近のあるとき、ふと気になり、空ってどこまで広がっているのだろうか。空の向こうに大気があり、宇宙が広がっているとしても、空はそれらと一体なのだろうか、と。ということで、グーグルってみた。「地上から見た大気」とか「地上から見上げたときに頭上に広がる空間」などという説明もあったが、ストンと腑に落ちたのは「目に見える範囲内の頭上に二次元的に広がる背景とそこまでの空間」というものだ。ということは、空というのは、見えるものということになる。空の色は変わるし、そこに浮かぶ雲も絶えず変化している。としても...台風一過の青空|空は有限?言葉は大事

カテゴリー一覧