searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

minさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
minのmaxブログ
ブログURL
https://kkminmin.hatenablog.com/
ブログ紹介文
音楽、読書、ドラマ、映画、旅、食べ物などなど。。 日頃自分が見たものや感じたもの、はたまた趣味についてを駄文ではありますがしたためております。
更新頻度(1年)

169回 / 365日(平均3.2回/週)

ブログ村参加:2019/10/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、minさんの読者になりませんか?

ハンドル名
minさん
ブログタイトル
minのmaxブログ
更新頻度
169回 / 365日(平均3.2回/週)
読者になる
minのmaxブログ

minさんの新着記事

1件〜30件

  • 今日私はこれを読んだ。

    すっかり秋が深まった気がする。 こんな寒く且つ雨の降る休日は毛布にくるまり読書でしょ。そのセオリーは過去から現在に至るまで沢山の人が提唱していると思うけど、私ももれなく賛同し便乗したってわけです。 そんなザ・便乗人間な私が読んだ本がこちら。インスタでフォローさせて頂いている方が読んでいた本。これまた便乗で購入し、読んでみたわけです。 津村さんの作品を読むのはこれがお初。色んなテイストの作品が収録される短編集なんだけど。題名にもなっている『サキの忘れ物』という短編が1番最初に収録されているんだけど、これに関してはピンとこなかったなぁというのが正直な感想。個人的推しは『喫茶店の周波数』だな。行きつ…

  • 連休中私はこれを読んだ。

    いやはやブログをサボりすぎた。 どんな感じで書いていたのかもう忘れ腐った。はい、私です。 皆さま連休中はいかが過ごされたでしょうか。私は温泉旅行に行って来ましたよ。コロナ渦ですがそんなの関係ねぇばりにイカついその名もGO TOなんとやらというかなりナウでクレイジーな政策を打ち出すジャパンに住んでいるのだからそりゃ勿論お出掛けてしちゃったわけですよ。 ま、温泉にズブズブに入って、海の幸貪り食べて部屋で昼酒して、寝腐ってただけなんですけど。 * そんな酒クズライフを少しばかり送っていたのだが、泊まった宿にささやかな図書館があり本を借りて酔っ払いながらも無事読了した。 それがこちら。 「羊と鋼の森」…

  • 今日私はこれを読んだ。

    『罪の声』 塩田武士 かの有名なグリコ森永事件を題材とした長編物。私はこの事件時生まれておらず、当然リアルタイムで知っている筈もない事件だ。ええ、これはただの若さ自慢である。 『グリコ森永事件』という言葉の認知も危ういレベルの私が、無知にもほどがあると言わんばかりの勢いで読み始めたがこれがかなり面白いストーリーで、するすると読めた。なんの予備知識も必要としない点が読み物としてのクオリティの高さをまず物語っている。そういうのって良いよね〜、読者に対しての安心保証。そういう心配りというか守備範囲の広さがヒットの要因なんだろうな。 しかしグリコ森永事件て指令書ゲームみたいなことしてるなぁと感心。さす…

  • 今日私はこれを読んだ。

    『ある閉ざされた雪の山荘で』 東野圭吾 そもそもこの本の存在を知ったのは、作家の朝井リョウさんの出演しているラジオ聞いていたとき。朝井さんが東野圭吾氏作品の中で好きな1冊として紹介していた。要するに、朝井さんのことが作品と人柄を含め大好きなので読んでみようと思った。 * 話は少しそれるが、宮崎あおいと玉木宏が出演しているちょっと昔の映画「ただ、君を愛している」で宮崎あおい演じる主人公が「好きな人の好きな人を好きになりたい」と言っていたのを思い出す。ちと捻れた発言なんだが気持ちはわからんでもない。でも私はどちらかというと「好きな人の好きなものを好きになりたい」かもしれない。やっぱり心の広さが四畳…

  • 願わくば、そこそこのブスで。

    藤くんが。 BUMP OF CHICKENのボーカル・ギターの藤原さんが。 結婚した。 * 基本的にそんなにお熱な俳優さんとかアーティストさんていないのだけど。藤原さんがまさか結婚するとは思っていたなかった。だからもうノーガードよノーガード。ガラ空きの右ほっぺに不意打ちの平手打ちをおみまいされた気分。しかも知ったのが今日の朝起きて1分後のことなのでさらに増すなんとも言えないサプライズ感。めでたいけど、めでたいのだけれど。 正直「うーーーん」だよ! だってさ、藤原さんて公共の物感があって、まさか人のものになるなんてそんな考え自体がまるでなかったのよ。本当予想外極まりないキャパオーバー祭りだわっし…

  • 自分とは合わない本の話。

    今読んでいる本がこちら。 なんだか近くて、知っている地名やら行ったことのある神社仏閣の名前とかがでてきて「おっ」と思ったのも束の間。なんだか入り込めない。 通勤電車の行き帰り30分程読み進めているのだが、まだ半分ちょっとすぎぐらい。入り込めない本って私はかなり進みが悪くなり、読む速度がかなり遅くなる。ファンタジー要素が苦手なのかもしれない。その世界観に入れるファンタジーと入れないファンタジーがあるのだが、その線引きもはっきりしない曖昧なままだ。難儀や。 この「スローターハウス5」も読み止めて久しいが、内容はまだ若干頭に残っているから再開することはそこまで難しくはないだろう。しかしこれもなかなか…

  • 脱毛の効果

    そういえば脱毛をして10日ぐらい経つ。目に見えた効果は。。 あります。 * 早くも脇とVIOの毛が抜けてきた。風呂上りには毎日ヴァセリンを塗っているのだが、脇とVIOに塗っていると、手に毛が! 「おぉ!抜けてるっっっ!」 よくよく考えたら当たり前なのだが、毛の濃い部分はよく抜けるし、抜けたのが実感しやすのだ。 最近専ら社畜ってて、良いことを探さないと自分が不憫に思えてならないという救いようのない事態に陥りがち。だからこの脱毛の効果が目に見えてわかるのは超絶ハッピー事項の一つに余裕でランクインした。 腕とか足はまだそこまで実感せず。 でもかなり痛いのを我慢したかいがあったなと本当に思う。次の脱毛…

  • 書いてみたいブログネタ。

    『2020年上半期おすすめ本20冊』っていう記事が書きたい。 * 別に20冊じゃなくても良いんだけど、取り敢えず20冊を選んでみて、それをざっくりとジャンル分けし、各本に3〜4行くらいの粋で完結な感想を添えて。書きたいわぁ。しかしそんなことしたらすごく本の読んでいるジャンルがかなり偏っているのがバレそうだ。それに今年に入って何の本読んだか忘れたわ。覚えてるのもあるけど、内容忘れていたりもするし、一度読んだ本を再読していたりもするし。「2020年上半期のおすすめ」というと些かビッグタイトルな気がしなくもない。というかね、20冊選ぶのがね、そもそもめんどくさい。だから書きたいのだけど、選ぶのがまず…

  • 『ナイルパーチの女子会』を読んだ。

    すごい胸糞悪かった。 主に女子の関係性について書かれているんだけど、主人公がびっくりする程空気が読めなくて、ずーっと他人に嫌な思いをさせてしまっているという、目も当てられない程の悲劇が延々とつづく。読んでいてとても疲れた。 人間関係、特に男子の介在しない女子の関係はちょっと特殊なのかもしれない。 * 主人公である大手総合商社に勤める30歳女性のE子と、同じく30歳で子なし主婦ブロガーS子がメインで描かれている。この2人が出会い、友人関係を築こうとするのだがもう全くびっくりするほど無理という話なのだ。その原因の一つとして、E子の「自分の尺度で話をし、自分の正義を振りかざす」という点が挙げられる。…

  • 『迷路館の殺人』読了。

    仕事が忙しいのと比例して読書も捗る。 なぜかわからないけど、そういう傾向にある。どうも私です。 またまた綾辻行人氏の人がばったんばったん殺されていってしまう本を読んでしまった。こう書くとサイコな本という印象を与えてしまいそうだが、そうではなくこちらはあくまでミステリーなのだ。殺人というだけで十分物騒なテーマだが、ミステリーはどこで、誰が、何で、どういう仕掛けを使って殺人を行ったかを推理すると謎解き冒険エンタメなのだ。こういうと読みたくなるだろう。 ミステリーは続きが気になるし、自分の推測が正しいのかの答え合わせもしなければならないので、一気読み必須。しかし今回も見事に騙されました。気をつけてい…

  • 残業のせいで全てのリズムが狂う。

    先日お話ししたように、唯一の上司が8月末で退職の運びとなり現在夏季休暇を取られている。 そのため、 上司が今までやっていた仕事が私に降りかかる→仕事が山ほど→仕事が終わらない→朝に前残業→夕方に残業 というものの見事な社畜Styleが確立されてしまっている。どこで間違えた?私社畜キャラじゃないのに。非人道的な省エネ体質なのに。 というわけで、今までブログを書いていた時間にブログを書くことができない。非常に困った。だってブログ書く時間を遅くすると睡眠時間が削られてしまう。休み前とかなら全然問題ないけど、平日にそれはさすがに無理。だって寝たいし睡眠大事だし。うーんうーん。内容をもっと薄くするか?い…

  • 「ブログサボりたい」そんな時は。

    人は仕事が忙しいだとか充実しているだとか、そういう感じになると私生活が雑になると思うのだが、異論はないだろうか。人間あれもこれも上手にバランスをとりながら実行していくだなんてそんなこと、できっこないのだよ。 というわけで、私は仕事がとても忙しくブログを書けない。ネタが思いつかない。しかしそれは人間の特性であるので決して私が悪いのではない。正直言ってこういう事態は度々訪れるのだが、もう慣れたものだ。焦らずに、ただブログのネタがないことや、書く意欲が全く湧かないことの原因を自分の中に探すのではなく、徹底的に周りと環境のせいにするのだ。そうするとほら、私は全く悪くなくなる。何なら被害者なんじゃないか…

  • 十角館の殺人を読んだ。

    かれこれ何日ぶりになるかわからない読書感想文だ。 しかし面白かった。読みやすいし、とっつきやすいし引き込まれやすい。ミステリー初心者も安心安全の作りになっている点もヒットの要因なんだろうなと思う。とにかく、あらすじはいつもながらあっさりと省きますよ。気になる方は是非読んでほしいので。 * 本作の登場人物の中で特に感情移入していた人物が「エラリイ」という人だった。今思うとこの人に注目していたのは、作中で探偵的な役割だったからなんだろう。これ以上言うとネタバレになるので慎重に。この本のミソは映像化できない点、所謂叙述トリックが輝く作品だ。注意して、ささやかな「なぜ?」という疑問を馬鹿にすることなく…

  • さらば、おばちゃん上司。

    上司が今日、最後の日勤を終えられた。 * 仕事の愚痴及び愚痴を本ブログにて書くことはままあったが、その愚痴の9割がこの上司(おばちゃん)に関してのものだった。経験豊富で病院内でもそれなりの地位を確立させていたおばちゃんは、ただでさえお局感が満載というのに、口うるさい、言い方が冷たい、やたら厳しいという人の上に立つ者がおおよそ持っていない方が無難という素質と気質をお持ちであった。 この際言い切ろう。その素質と気質のせいで周りと軋轢を生んでいた。私の所属する部署は私とそのおばちゃんの2人だけで、沢山の先輩方はおばちゃんと合わず、辞めるか他部署へ行ってしまったらしい。そういう典型的なザ・おばちゃんと…

  • マッチングアプリで出逢った人に会ってみた。

    遂に、この時がきた。 ちょっと前のブログ記事にて「マッチングアプリをやってます」とお知らせした。その時は正直実際に誰かと会うことになる展開はないだろうと思っていたのだが、実際に会ってきた。 * 彼のことは三郎くん(仮名)と呼ぶことにしよう。アプリの写真で拝見していた三郎くんの見た目の特徴は眼鏡で塩顔系。そして身長が180cmと高いところ。私からたぶん絡みに行った。使用していたマッチングアプリでは「いいな」と思う人に対し「いいね」だか「気になる」だかそういう評価を相手に送ることができた。それに対し相手も同じような評価をすると「マッチング成立」となり、やりとりが開始できるという仕組みだ。だから自分…

  • 昨今のビュッフェ事情。

    本日はお日柄も良く、流行り病も流行中でしたが家族でセンチュリーホテルの肉ビュッフェに行ってきた。勿論私の奢りで。入職3ヶ月だったが、何故かボーナスが出たので親を慰労する意味で行ってきた。こういうご時世だから勿論行くのは戸惑われたが、だからと言って自分たちのQOLを下げる行為はしたくない。悩みに悩んだ末行くことに。 ホテルも感染対策はバッチリ。隣の席に他の客が座らないようにしていたし、入り口の手指消毒と検温と徹底していた。また、驚いたのが手袋だ。 ビュッフェに並ぶ料理を取る際はビニール手袋とマスクの着用が義務付けられていた。また食事以外でマスクを取ることも避けるようにと最初に説明が入った。まだマ…

  • 肌あれのお知らせ。

    早い話が、今日はラブコメ映画観て過ごしました。 どうも引き籠もっているのは私です。 * 現実が色々大変で目を瞑るという意味を込めての引き籠りです。毎日激務で、23時ぐらいには布団に入っているのに肌あれしています。なんで?テンションがかだ落ちで尚引き籠りに拍車がかかりそう。否、拍車はすでに掛かっている。肌の治安において食生活が大事だということはわかっているが、油っこい食べ物や、砂糖が沢山含有された食べ物がニキビができるかできないかに直接関係があるとは証明されていないらしい。便通も悪くないし、やはりストレスか? というわけで、肌トラブルに対してどう対処すれば良いのか本当に手詰まり。肌断食を基本的に…

  • 医療脱毛・痛いをご報告

    いや結構びっくりする痛みだった。 あ、脱毛の話なんですけど。 * 私が契約していのは医療脱毛で契約コースは手・足・ワキ・VIOの5回コースだ。とりあえず施術ベッドが備え付けられた小部屋に通され、素っ裸になるよう案内された。「素っ裸か。。」とおののきつつもまぁVIOもするし、しゃーねーかと思い素っ裸へ。ベッドに仰向けに寝て毛布を被るよう指示されていたのでそのように。あ、プールで使う巻き巻きタオルを胴体に巻き付けてね、寝てたわけです。 そしたら看護師さんがやってきて、サクっとスタート。照射する場所にまずマーキングをしていた。ちょんちょんちょんとね、やられるわけなんですけどまぁこしょばい。(=くすぐ…

  • 自分の体臭くらい責任を持て。

    拝啓、このブログ。 読んでいる貴方はどこで何をしているのだろう。 * 雨が終わったと思ったら30°超えの世界。シンプルにやばい。こういう世界の変化に全くついていけていない方挙手。はい、そこら中のみんなですね、わかりました。 暑いも大変だが、この時期臭い問題も深刻だ。私ももれなく臭い。職場に着くとまず着替えるのだが、その時に香る自分の服の匂いとか思い出したら自信無くす程だ。言い訳すると服が臭いのは長雨で、部屋干しを強いられたが故なのだ。そしてやはり汗の匂いも混ざるので何とも言えない匂いを醸し出してしまうというロジックだ。 女性はエチケットの一巻か、自分の匂いが臭いかもしれないという危機感があるの…

  • どこからが浮気か論争

    テレビで夫に不倫をされた妻の反撃、みたいなのを見た。めちゃくちゃ面白かったし勉強になった。 そもそも法的に不倫とは「大人の関係になった場合」らしい。俗に言うにゃほにゃほをしてしまっていると不倫と認められるのだ。逆に言えばどれだけ「愛している」とか言いながらチュッチュしまくっていたとしても法的には不倫とされない。まずそれにびっくりした。「チュッチュは流石にアウトでしょ?!」と思った方挙手。はい、私もです。 皆さん、キスは不倫ではないのです。だからって奥さんや旦那さん、パートナーがいる方がむやみやたらにチュッチュしまくるとトラブルの元になるのでおすすめはしません。というか人としての品格を下げ、自尊…

  • 花束が欲しい。

    今日も元気に空回り。 どうもどうも、私です。 暑くなってきましたがそういえば8月、時の経つのが早すぎる。2020年はコロナのせいで時を過ごした感があまりないと思っていたのだが、確実に時は進んでいたようだ。 まぁそれは一先ず置いておいてと。 私、花束が欲しい。 たぶん人生で1度くらいしか花見をしたことがない。というのもお花というものにそもそも興味がなく、花見を楽しむ人々の感覚がよくわからないという人生を送っていたのだ。しかも都会で花見だなんてバトルでしかないかと思う。田舎に住んでるので私は関係ないが。そういうことで花を特段美しいと思えず、無視していた。しかし最近歳をとり、感覚が老生したのかまとも…

  • Think clearlyを読んで。

    たまには自己啓発本系を。 父も読書家で年間100冊程読む。父の本の傾向はこういう自己啓発本やビジネス系、実用書ばかり。私とは全く本のチョイスが異なるので面白い。自分が絶対に買わないだろうと思う本ばかりなので未知との遭遇が期待できる。 Think clearlyも父の本だ。 売れている本が苦手だったりする。みんな持ってるし、ネットで検索すればそういう売れている本の解説をしている人のなんと多いことか。だから『わざわざお金出して買って読まなくても、何書いてるのかあらかたわかるわ』という感想を持ち、縁遠くなる。Think clearly もどうやらかなり売れているみたい。内容は全く知らなかったが、私も…

  • 挑戦したいこと。

    ブログ毎日更新頑張ってます。 平日は週5で仕事しながらも、ブログ更新してます、できてます。自分を褒めたい。いえーい。 この成功体験?と言うべきか根性?と言うべきか迷うラインではあるこの事柄を、重くなくとも軽く受け止めることなく次のことに挑戦したい。 その挑戦したいこととは、、 新しいブログを開設! * だいぶ前のブログ記事で「ライブドアブログもやってます!」的なことを言っていたのだがそれを使うか、またはてなで新しいの作るか、まだ悩んでいる。めんどくさいのでライブドアブログ使うかな。ちょっとライブドアでもブログを書いていたのだが、嫌になって全部消したので現在まっさら状態。 そもそも、新しくブログ…

  • 可愛い子。

    西野七瀬が可愛い。 そういえば去年はあなたの番ですにどハマりしていて、久々にふHuluであな番を見た。話としても面白かったが「西野七瀬可愛いなぁ〜」と思い、彼女が着ていたような服を2着くらい買った去年。 今年見てもやっぱり可愛い。でも演技は正直イマイチだけどよく頑張っているなぁと老婆心満載で本日見ていた。 * 可愛い人を見ると自分も可愛くなろう、というモチベーションが爆上がりする。定期的に可愛い子捜索をネット上や日々の生活の中で行っていかないといけない。自分の美の底上げを行うためにも。 今日は私の美意識を上げまくってくれた西野七瀬さんのお写真でさよなら。

  • Will you marry me?

    基本、伝え方が9割というのに賛成している。 本には『自分の思っていることをそのまま口にしない』ということが書いてあった。これが結構難しい。みんな大体咄嗟に思いついたことを発して人とトラブったり、相手を傷つけてしまった経験があるのじゃないだろうか。だから、思っていることをそのまま言わず、一旦頭の中で精査することのできる人は言葉を発する人間としてとても優秀だと私は思っている。感情的になっている時って口が勝手に動き、余計なことを言っちゃう。口は災いのもととはよく言ったものだ。 そんなわけで、やはり何か相手に伝える時は工夫が必要だったり、素で相手に言うのではなくパッケージに入れた方が良いことの方が多い…

  • プリン力

    要領良く仕事がしたい。 私はMSW(メディカル・ソーシャル・ワーカー)として病院で働いている。病院によりMSWが忙しいかどうかの差はあると思うが、基本かなり忙しい部署になる。本当に日々病院内を駆けずり回りバタバタしていることから、仕事時間内になかなかその日の業務の振り返りを行うこともできず、度々同じ間違いを繰り返してしまう。そういう自分に辟易症を発症してしまっている。 はい、言い訳です。 努力する人は家帰って勉強したりしているんだ。私は疲れてベッドにバタンキューだからいかんのだ。これでもわかっている。あーあーあー。楽したいと思う自分と、知識をめちゃくちゃ引っ提げて「この人がいないと困る!」って…

  • 名作に思うこと。

    ジュラシック・パークとかジョーズが好き。サイコなことを言っちゃうと人間がガブりと喰べられるシーンを見るのが何故か好きなのだ。「おお、、、」ってなる。基本生態系の頂点に立っているのは人間だと思っている。その理由は単に数の暴力、というのもあるが様々な道具を使うことにより獰猛な動物を操っている、ように見えるからだ。 色んなアイテムを使い、基本強い人間がヤバい動物に一瞬でパクリと食べられちゃって呆気なくその人生が終了する様を見ると、人間そのものの儚さを嫌でも痛感せざるを得ない。そんな頂点にいるのに一瞬でやられちゃうという、なんとも矛盾し、引き裂かれている存在が人間だっていうことを強制的に意識させられる…

  • マスクの話。

    喉が痛い。 もしかして、ちょっと体調が悪いかも。。ってだけで「え!コロナ?!」みたいな流れになりそうで怖いし、そういう世界の雰囲気にうんざりしています。 どうも、人類です。 しかし喉が痛い日だった、昨日から今日にかけて。しかしこの喉の痛みは十中八九エアコン風邪だ。性別上私が女子だからとかじゃないと思うけど、やはり人間身体を冷やしちゃいかんね。夏と言えどすぐ体調崩す。エアコンは使い方間違えたらすぐ飼い主に牙を剥くからしつけに気をつけないといけない。しかもここのところ雨も続き、7月の割に寒い?日が続いたしね。自分が調子に乗って部屋を寒くしていたことは棚上げ。 * そんなちょっと調子に乗ってしまう人…

  • 連休明けフラフラ症候群

    突然ですが私はとある病にかかっています。それは連休明けに必ず訪れる謎の倦怠感と不安感、ソワソワし家中をうろちょろうろちょろ、挙げ句の果てには連休最終日の夜は早く布団に入ったにも関わらず、寝付くのは草木も寝静まるは丑三つ時という睡眠障害も併発するのだ。 それだけにとどまらない。 連休明けの朝はいつも以上に気合とやる気と根気がないとベッドから起き上がることもできない。なぜかね、ベッドがへばりついてくるのです。私をベッドから離さないように、宇宙のなんらかの力が働いているとしか思いようのない、不思議で厳かな体験を朝からするわけです。そんなある種感動的な場面に遭遇していたとしても時間は無慈悲なもので、も…

  • 本と本の狭間にて。

    同時進行に色々と本を読んでいるので、なかなか本を読み終えれない問題に遭遇中。 森見さんのご本人が表紙(左下)の本は再読中というか、読んでいる本の途中でパラパラ読んだりしているのでノーカン。その上のカリ・モーラという小説と右下のピンク本(川上未映子さんの本)は読了。 カリ・モーラの著者は映画の「羊たちの沈黙」や「ハンニバル」でおなじみのトマス・ハリス。今回もかなり猟奇的なヤバい奴と美人で強い女の子との一騎打ちで手に汗握る展開だった。やっぱり強い女の子は良い。題名の"カリ・モーラ"がその主人公なのだが、映像化されてないけれどどうせスタイル抜群でグリーン・アイで小麦肌な絶世の美人像が易々と想像できる…

カテゴリー一覧
商用