プロフィールPROFILE

あきちゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
あきちゃん家のブログ
ブログURL
http://akichanchi.blog.jp/
ブログ紹介文
『あきちゃん家のニューヨーク生活』でおなじみのあきちゃん家が3年間のNY生活を終えて遂に帰国!初めて日本での生活をスタートさせた3歳息子とのドタバタな日々のエピソードをつづる、アラフォー母ちゃんのブログ。
更新頻度(1年)

26回 / 33日(平均5.5回/週)

ブログ村参加:2019/10/17

あきちゃんさんのプロフィール
読者になる

あきちゃんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,342サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 70 60 130 100 60 80 540/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,061サイト
2016年4月〜17年3月生まれの子 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 920サイト
転勤族育児 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,277サイト
ニューヨーク情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 633サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 14,826位 14,375位 14,008位 13,824位 14,465位 13,545位 11,435位 978,342サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 70 60 130 100 60 80 540/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 517位 491位 478位 475位 507位 467位 383位 65,061サイト
2016年4月〜17年3月生まれの子 14位 14位 14位 14位 16位 15位 11位 920サイト
転勤族育児 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 65サイト
海外生活ブログ 1,747位 1,705位 1,686位 1,661位 1,674位 1,604位 1,441位 35,277サイト
ニューヨーク情報 28位 28位 28位 28位 29位 28位 26位 633サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,342サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 70 60 130 100 60 80 540/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,061サイト
2016年4月〜17年3月生まれの子 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 920サイト
転勤族育児 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,277サイト
ニューヨーク情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 633サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あきちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あきちゃんさん
ブログタイトル
あきちゃん家のブログ
更新頻度
26回 / 33日(平均5.5回/週)
読者になる
あきちゃん家のブログ

あきちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 日本酒と男気。

    夕食は青森市内にある『むつわん』で。ここのお店はワタシも初。夫イチオシの美味しいお店とのことで今回は予約してみました。娘ちゃんはDAISOで買ったというパズルや小さいブロックで遊ぶべく、店開き中😁その隙にちゃっかり友の膝を独占する息子🤣仕事あがりの夫も合流し、

  • 絶対食べてほしかった郷土料理

    青森県にはご当地うまいもんが実は沢山あるのだが、その中でも、友達が青森に来たら絶対に食べさせたいものがあった。帆立の貝殻に、ホタテや鰹節、ネギを入れて味噌で煮込んで卵で閉じた料理がそれ。これが青森県の津軽地方の郷土料理のひとつである貝焼き味噌。美味しい貝

  • 三内丸山遺跡で写ったもの

    さて。青森の観光地といえば三内丸山遺跡。三内丸山遺跡は縄文時代前期~中期の遺跡。ここに遺跡があるらしいぞというのは江戸時代から知られていたようだけども、本格的調査に乗り出したのは時は流れて1990年代はじめ。ここに野球場を作ろうじゃあないか!ということで土地

  • 天の邪鬼な平社員の下剋上

    新青森駅で彼女と娘ちゃんを迎えた時のこと。「やっほ~。おひさ~🖐️🙂」な感じで、改札から出てきた彼女たちを出迎えた。出たよ、わたし得意の照れ隠しの術が(笑)内心めちゃくちゃ熱烈歓迎で心の中では飛び上がってるくせに、それを態度で示せないという天の邪鬼っぷり。こ

  • その時は意外と早くやって来た

    NYで住み始めたばかりの頃は、はじめての子育てinはじめての海外で戸惑うことや不安感、ホームシックな時期でもありました。過ぎてしまった今はNYが大好きで良い思い出ばかりだったと思えますが、あの頃は新生活にワクワクもあったと同時に環境に慣れることや日々の子育てに

  • 重装備の御ホルモン様。

    【前回の続きです!そして鹿角市旅行記事の最終回よ!】鹿角市最後の観光地?に選んだのは幸楽。旨いホルモンが食べられる鹿角市の名店。毎年夏になると大学時代の友達たちが集いBBQするのが恒例になっているのだが、ここのホルモンを毎年持ってきてくれる友のおかげで「いつ

  • 会わなかったの?

    【前回の続きだよ】熊に出会わず無事に湯瀬渓谷散策を終えた我が家が次に向かったのは鹿角市の道の駅。そこで見つけた屋台のきりたんぽ屋さん。注文するとオバチャンが目の前で焼いてくれてアツアツの焼きたてを食べることができるという嬉しいお店。美味しそうな香りに誘わ

  • ある日森の中熊さんに出会っ・・・

    【前回の続き】チェックアウトをし、湯瀬渓谷の散策。予め言っておきたいのだが、わたしは手付かずの大自然の類があまり得意ではない。大自然の中にいくと、鼻穴全開でマイナスイオンを体内に取り込もうとする位の解放感と気持ちよさを感じるので、大自然は好きなのだ。じゃ

  • そんなおばはんに私はなりたい。

    【前回のつづき】日本に帰ってきて、日本の細やかな気遣い文化の素晴らしさを改めて感じるとともに、その細かさが圧となって私の胃を刺激することもしばしば。でも、こんな気遣いは優しくて最高!湯瀬ホテルに宿泊して一夜明け、息子の誕生日当日。朝もはよから、父ちゃんと

  • 認定ならず

    【前回の続き】さて、息子の誕生日前夜祭in湯瀬♨️ホールケーキは持っていけなかったので、息子の大好きなドーナツにろうそくさしてお祝い🎁🎂一口大のミニドーナツわんさかの上にポン・デ・リング(プレーン)がドーン。ハッピーバースデーのお歌の後は上手にろうそくフーを

  • 偏食3歳児の夕飯in旅館

    【前回の続き】かめ虫騒動で動揺した気分を紛らわしてくれたのは美味しい夕食。その前にラウンジの無料ドリンクバーでかめ虫騒動で疲労した心を癒す。「マスター、おとなりの女性にリンゴジュース1杯ご馳走して」的な写真が撮れたが、如何せん3歳児。ドリンクのお供はうんちく

  • 不安感増す夜

    【前回の続きです】グダグダながらもようやく湯瀬ホテルに到着し、チェックイン。部屋の雰囲気もなかなかよろし。そして早速電話でもしもしごっこする電話小僧。まさかフロントに電話をかけるスキルは無かろうとノーマークでいると、電話口から漏れ聞こえる「はい、こちらフ

  • 人生ってそんなもの

    【前回の続きです】息子の誕生日前日に泊まったのは秋田県鹿角市にある湯瀬ホテル。我が家から湯瀬までは車で高速道路に乗って約一時間半のところ。その日、日中あれやこれやと用事ができてしまい、高速を走って湯瀬に向かっていたのは16時ころ。誰だ、朝の9時には家を出よ

  • お誕生日の過ごし方。

    先日、息子が3歳になりました。ろうそくは息子の好きな新幹線。ケーキは美味しいと評判のケーキ屋さんで買った果物がたっぷりのった生クリームケーキ🎂ハッピーバースデーのお歌を歌い、ろうそくをフー🕯️✨去年はお歌の後にフーするということがわからずにぽっかーんだった

  • 帰国後2回目の息子の歯科検診。

    医療系の記事が続いていますが、今日は歯科検診のことについて。以前、帰国後の歯科検診のことについて書きましたが(➡️http://akichanchi.blog.jp/archives/2317774.html)、今回は最近行った帰国後2回目の歯科検診での様子と先生のアドバイスについて記録しておこうと思い

  • 津軽の心とハロウィン文化。

    とても満足な買い物をした。ハロウィンの金魚ねぶた。金魚ねぶたとは津軽の祭り「ねぶた祭り」に欠かせないもので、灯籠の役割。江戸時代末期には既に金魚ねぶたは存在していたのだとか。そんな伝統ある金魚ねぶたにハロウィンバージョンが登場。秋の収穫を祝うハロウィンの文

  • 帰国後の予防接種事情②

    【前回のつづきです】保健センターに相談に行ってから早数ヶ月。帰国前は息子の予防接種についてあれほど気になっていたのに、「3歳までに水疱瘡!BCGは要相談!」という見通しがたったら安心してしまい、元来ずぼらーな母はそのまま小児科に行かず放置すること約半年。3歳の誕

  • 帰国後の予防接種事情①

    ~海外生活中から帰国後で気になっていたのが息子の予防接種のこと。日本では項目に含まれているものがNYでは含まれていなかったり、予防接種のスケジュールや内容にも多少違いがあったりして(国が違うのだから当然か)、日本帰国後にうまく引き継いで不足なく予防接種を受け

  • こどもの発想力

    こどもの発想力ってすごい。最近、インスタのストーリーで時々アップしている息子の発想シリーズ。↑これは「いちょう」で、↑逆さまにすると「モウフー」だそうな。(いないいないばぁ!のキャラクター)細長いまつぼっくりを拾っては「月」「バナナ」と天体にも果物にも例え、壁のシ

  • 神様が取り付けてくれたストーブ。

    朝は寒いなと思っても昼にはポカポカ日差しが暖かい青森です。しかし、ウルトラスーパー極寒の津軽の冬はもうそこまで忍び寄っている・・・ってなわけで、我が家も遂にストーブ取り付けました。今はまだまだヨユーでも、突然ストーブが必須になるのが津軽。その時になってか

  • クセが強い出会い。

    公園に行くといつも色んな出会いがあり、初対面の人と会話することも珍しくはない。そんな一期一会の出会いを楽しんでいるのだが、今日の出会いはまた一段と印象的な出会いだった。その人は年齢的にはおばあちゃんの層に入るのだろう。が、しかし、おばあちゃんといっても、

  • あーぉ

    NYの百均、ジャックスから$7弱で買ってきていたオモチャを遂に開封した。アルファベットや数字、イラストが描かれている小さな積み木なのだが、近頃アルファベットおたくになりつつある息子にとって、まさに今でしょのタイミング。ジャックスで$7だから、この積み木が高いの

  • かぼちゃにそっくりなあの人

    世はハロウィン。この季節がやってきて、NYにいた頃が無性に懐かしく感じる。街中かぼちゃやゴーストだらけ、オレンジと黒に染まるNYの街並みは散歩しているだけで楽しく、目と心の保養。ここからのNYは怒濤のイベントラッシュに突入するが、ハロウィン後は街中が一気にクリ

  • 尻と椅子

    前にもブログにちらりと書いたが、息子はEテレの「みいつけた!」の「イスの応援団」に絶賛はまり中。彼らと一緒に踊ったりゲームに参加したくて仕方ない様子で、テレビ前を占領して今日もイスの応援団になりきる。テレビの前で満面の笑みでぐるぐると回っていたので、「なに、そ

  • フリーサイズのスカーチョを待つ未来。

    息子もわたしも風邪っぴきのとある日、デパート内のプレイエリア→サンマルクでお茶(コメダ珈琲の豆菓子を持参したことは秘密)→生活用品&食料品買い物→帰宅・・・という流れで半日過ごしたわけだが、夜になり、お風呂に入る時になってある事実に気づいてびっくり仰天。脱衣

  • こうして暴露されてゆく

    寒くなり 公園とかには 行きたくない待てよママ 僕は公園 行きたいよ(母・息子、それぞれの心の俳句)気温関係なく公園行きたい息子と、寒くなってきたから室内にいたい母。毎朝繰り広げられる「公園いく」「公園あとで」の戦い。あとでと行っておきながら、結局行くのは公園

  • 2年前のあの日。

    もうじき3歳になる息子。今月末のお誕生日はどんな感じに過ごそうかとぼんやり考え中です。水切りヨーグルトを使った食パンケーキを作っていた2年前の誕生日が懐かしいな・・・と、ふと1歳の誕生日の時に書いたブログを見返してみたら懐かしすぎてもはや遠い遠い昔のような。

  • 夫のクールポコ事件。

    先月まとまった期間家をあけなければならなかった時期があり、その間夫に植物たちの管理をお願いしていたところ、何か色々大惨事になっておりまして。どーん。生態に合わせて日光に当てたりお水をあげたりしなきゃならんのですが、夫、日光にあてすぎた。やっちまったなー!

  • 己の体の理解

    弘前市に先月openしたトランポリン専門の施設「トランポスタジアム」に行ってきました!一歳年上のアニキと一緒に。母ちゃんとは手をつなぐのイヤイヤしておきながらアニキはいいんかい!笑ここ、トランポリンが15面ほど張られてて、こども用トランポリンや競技用トランポリン

  • 雑把の汁。

    津軽の郷土食、じゃっぱ汁作ってみた。自分で言うのもなんだけど、美味しかった!じゃっぱ汁とはなんぞや?という方もいるだろうから解説。雪国青森県の先人たちは極寒の真冬でも食べられる保存食、干物や漬物を重宝してきたんだけど、タラや鮭の干物をアラごと野菜と一緒に

カテゴリー一覧
商用