searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

からあげさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

理系大学生のからあげです!よろしくお願いします! twitter -> https://twitter.com/karagefcb youtube -> https://www.youtube.com/channel/UC4sOdjoZjIvgPqGi8owmVEQ?view_as=subscriber

ブログタイトル
からあげ日記
ブログURL
https://fcb.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
サッカー観戦好き大学生の日常!
更新頻度(1年)

11回 / 178日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2019/10/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、からあげさんの読者になりませんか?

ハンドル名
からあげさん
ブログタイトル
からあげ日記
更新頻度
11回 / 178日(平均0.4回/週)
読者になる
からあげ日記

からあげさんの新着記事

1件〜30件

  • 人狼ゲームから学んだこと

    こんにちはからあげです。今回は人狼ゲームから学んだことを備忘録的な感じで書いていこうと思います。 みなさんは人狼ゲームをご存知でしょうか?簡単にゲームの説明をすると5−8人ぐらいで行うゲームです。村人側と人狼側に分かれて行います。プレイヤーはお互いに誰がどちらの陣営なのかということは知らされません(人狼陣営はお互いに誰が人狼かわかる)。昼に全員で会議を行い発言などから誰が人狼なのかを予測して投票で得票数が一番多い人が殺されます。人狼は毎晩村人を殺していきます。村人陣営には他人の役職を一人づつ占える占い師や夜人狼に襲われる人を一人だけ守ることができる騎士などの役職もあります。最終的に人狼陣営と村…

  • 世界一遅い!?2019年読んでよかった本3選

    どうもこんにちはからあげです!今回は2019年読んでよかった本を3つに絞って紹介します。では早速内容の方に移りましょう! 1.世界5大宗教入門 まず1つ目はこちらの本です。この本を読むまでは僕の宗教に対するイメージは怪しい、危険、胡散臭いなどネガティヴなものばかりでした。しかしこの本を読んで宗教の知識を学ぶと決して怪しいものでも危険なものでもないということがわかりました。確かに一部行き過ぎた解釈で危険な集団となっているのも事実ですが大部分の信者はそんなことはありません。冷静に考えてみれば世界にキリスト教は約20億人、イスラム教11億9000万人、ヒンドゥー教約8億1000万人、仏教3億6000…

  • サピエンス全史〜我々はなぜ食物連鎖の頂点に立てたのか〜

    どうもこんにちは!からあげです!今回は世界中で大ベストセラーとなったサピエンス全史の要約かつそれに自分の意見を交えたものを書いていこうと思います。 この本を読むと考え方の幅が軽く500倍くらいにはなります。もしかしたらもっと広くなってるかも?とにかく考え方の幅を広げられるというのは読書が持つ大きな力の1つですのでその幅を広げられたということでとても満足しています。 1.なぜ我々ホモ・サピエンスは食物連鎖の頂点に立てたのか 2019年現在地球上に人類は我々ホモ・サピエンス1種類しか存在しない。しかし600万年前ヒトとチンパンジーの最後の共通の祖先がいてその後の200万年前人類はアフリカ大陸からユ…

  • 2019年の振り返りと2020年の目標

    どうもこんにちは!からあげです!今回は2019年を振り返っていくと同時にそれを踏まえて2020年の目標も書いていこうと思います! 2019年がんばったこと 1.読書 2019年以前も読書はちょくちょくしていたのですが、今年の8月からはさらに読書量が増えました。きっかけは完全に中田敦彦さんのYouTubeです。以前から歴史に興味があり、学びたいと思っていたのですが何から始めていいかわからず結局何もしていませんでした。しかし夏休みに中田さんのYouTubeに出会い歴史の動画を見まくりました。中田さんの説明はとてもダイナミックでわかりやすくどんどん歴史にはまっていきました。そして中田さんが参考にして…

  • 就活生必読!!「苦しかったときの話をしようか」

    こんにちは!今日は就活生のバイブルになるであろう森岡毅さんの著書「苦しくなったときの話をしようか」について書いていこうと思います。読み終わった今一番言いたいことは「全ての就活生に読んでほしい」ということです。そんな良書の僕が気になったところを7個自分の考えも混ぜながら紹介したいと思います。 1.自分の軸を持て! まず1つ目は「自分の軸を持て」ということです。これは人生を充実したものにする上でとても重要なことです。自分の軸がないとやりたいことがわからなかったり、生きているのに死んでいるような状態に陥ってしまいます。実際に過去の自分がそうでした。大学1年と2年の間はやりたいことや自分の軸を持ってお…

  • ユダヤ人

    こんにちはからあげです。今回はユダヤ人について書いていこうと思います。 ユダヤ人には優秀な人が数多く存在します。アインシュタイン、マルクス、フォン・ノイマン、アドラー、スピルバーグ、キリスト、ラリー・ペイジ、マーク・ザッカーバーグなどなど他にもユダヤ人と呼ばれる超有名な偉人がたくさんいます。僕が最初そのことを知った時、なぜ優秀な人物が多いユダヤ人は尊敬ではなく迫害されるのかさっぱりわかりませんでした。その理由が宗教にあったからです。 1.ユダヤ教とキリスト教の成り立ち 実はユダヤ教とキリスト教が同じ神を信仰しています。先に生まれたのがユダヤ教です。そしてユダヤ教はユダヤ人のみが神に救われるとい…

  • 理系大学生が基本情報技術者試験を受けた話〜過去問を制する者はFEを制する〜

    宗教は怪しい? https://fcb.hatenadiary.jp/entry/2019/11/06/230156 はい!どうもからあげでーす。今回は先日受験した基本情報技術者試験(以下FE)に関して書いていきたいと思います。「文系が受けてみた」とか「少ない勉強時間で合格した」みたいな記事はよく見かけたんですが、「普通に勉強して普通に合格した」みたいな記事はあまり目にしなかったので、今回は普通の理系大学生が普通の勉強時間で受験した話を書いていきます。よろしくお願いします。 まずは結果から述べたいと思うのですが、2019年10月20日に受験をして2019年11月20日に結果が発表されました。そ…

  • 人生が辛い人は宗教を学べ!

    どうもこんにちはからあげです!今回は多くの日本人が認識を誤っている「宗教」について書いていきたいと思います!よろしくお願いします。 1.宗教は怪しい? 日本では多くの方が宗教は怪しい、怖い、危ないといった印象を持っているのではないでしょうか。何を隠そう私もそのうちの一人でした。宗教を勉強し始める2ヶ月前までは。宗教を少し学んだ後は、宗教って面白いな、辛い思いをしている人の心の拠り所になるのではないか?と考えるようになりました。なぜそのように思ったかを書きますので、ぜひお読みください。 2.宗教を学ぼうと思った理由 まず、僕が宗教を学ぼうと思ったきっかけを少し話させてください。みなさんは今オリエ…

  • 僕の人生を変えた本

    こんにちは、からあげです。今回は僕の考え方を大きく変えてくれた、【人生の「質」を上げる孤独をたのしむ力】という本を紹介していきたいと思います。初めてこの本を読んだのは約2年前です。最近2回目を読んで改めて良いなと思ったので、紹介していきます。 この本の内容を一文で表すと 周りの目は気にするな、自分の生きたいように生きろ です。この本を読み始めた当時、僕は周りの目ばかり気にしていてあまり人生を充実させられていませんでした。周りの人に常に気を使い、自分の意見を持たず、日々疲弊していました。思い返すと僕が周りに気を使いすぎるようになったのは高校生ぐらいからだと思います。当時私はサッカー部に所属してい…

  • 将来の夢

    突然ですが、皆さんは将来の夢や目標はありますか? 僕はあります。僕の将来の夢は 世界一好きな人と結婚して、一生幸せに暮らすこと です。幸せという言葉は少し抽象的なので、それをもう少し具体的に表現するとすると 「月に一度夫婦で外食に出かけ、時には旅行に出かけること」のようなイメージをしています。子供は欲しいとは考えていますが、絶対ではないので結婚相手の考え方なども取り入れながら将来決めていけば良いかなと思っています。 その上で、今、自分が考えなければならないことは 世界一好きな人と結婚するためには、今何をすれば良いか だと思っています。そしてそれを考えた結果具体的に僕がしなければならないことは …

  • 【サッカーWカップ予選】日本代表vsモンゴル代表 〜二次予選に欧州組を呼ぶ必要があるのか〜

    日本代表スタメン 権田、酒井、冨安、吉田、長友、遠藤、柴崎、伊東、南野、中島、永井 試合内容 埼玉スタジアムで行われたw杯二次予選のホーム開幕戦。日本は試合を終始支配し続け、見事6-0で勝利を収めた。 試合は開始序盤から日本がボールを保持しながら試合を進めていく。モンゴルは前線からプレッシャーをかけることなく4−4−2のブロックを自陣で構えた。 日本の今日の攻撃はサイド攻撃がメイン。特に伊東と酒井が組む右サイドに南野が絡む崩しに対してモンゴルDFは常に後手後手。日本は再三右サイドを突破し、クロスを上げまくった。日本の左サイドはというと中島や長友が相手をかわしてクロスをあげるシーンが多かった。こ…

  • 11km走りました!

    こんにちは、からあげです。 私は7月の中旬からランニングを始めました。ランニングを始めようと思った動機としては太ったから。これだけです。痩せたいんです。 始めたばかりの頃は4kmちょっと走るのが限界でした。走るペースとしては1km平均5分30秒とかで走ります。これを続けていくと1キロ4分台とかで走れるようになります。1km4分台で走れるようになったら走る距離を伸ばすというのが僕が個人で決めたルールです。 1キロ4分台で走れるようになったので、次は7km走るようにしました。走る距離を伸ばした日の目標はとにかく走りきることです。ペースは関係ありません。なので、7km最初に走った時は1km6分近くか…

  • 【映画】ナイスガイズ!感想(ネタバレ注意)

    あらすじ 1977年のロサンゼルス、シングルファーザーで酒浸りの私立探偵マーチは、腕力で揉め事を解決する示談屋ヒーリーに強引に相棒にされ、失踪した少女アメリアの捜索を開始する。 簡単なはずだった仕事は1本の映画にまつわる連続不審死事件へと繋がり、やがて2人はアメリカ国家を揺るがす巨大な陰謀に巻き込まれていく。 感想 まず一言。最高!! めちゃくちゃ面白かったです。ライアン・ゴズリング演じる、ちょっと頼りないマーチとラッセル・クロウ演じるヒーリーのコンビが絶妙。さらにそこに加えてアンガーリー・ライス演じるマーチの娘、ホリーも良いスパイスになっています。 最後のアクションシーンで、ヒーリーが殺し屋…

  • ノースロンドンダービー感想

    プレミアリーグ第4節アーセナルvsトッテナムのノースロンドンダービーを振り返っていきます。 両チームスタメン まずホームのアーセナルのスタメン。 基本システムは4−3−3でスタート。 続いてトッテナムはこちら。 ボール非保持はラメラが右ハーフ、エリクセンが左ハーフの4−4−2。ボール保持はラメラがトップ下に移動しての4−3−1−2の可変システムで試合に入りました。なので可変する間に少しだけ隙が生まれます。 比較的スパーズペースの前半 立ち上がりこそアーセナルが有利に試合を進めたものの、時間が進むにつれスパーズに試合の流れは傾いていきました。スパーズは無理に前線からプレッシングをかけるにではなく…

  • オサスナvsFCバルセロナ

    今回はラ・リーガ第3節オサスナvsFCバルセロナの試合を振り返ってみようと思います。3シーズンぶり?に一部に帰ってきたオサスナとのアウェーゲーム。バルサはメッシ、スアレスを怪我で欠く中での試合となりました。 バルサのスタメン この試合のバルセロナのスタメンは以下の通り 僕の推し、アルトゥールはまたもやベンチスタートとなってしまいました。 最悪の前半 前半ははっきり言って最悪でした。立ち上がりヌルっと試合に入って7分に先制ゴールを許してしまいました。その後もオサスナの勢いに終始圧倒されっぱなし。特にセメドのところでボールを失うシーンが多く見受けられてしまいました。チャンスらしいチャンスはほとんど…

  • 名古屋グランパスvsFC東京の感想

    今回は2019年8月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第25節名古屋グランパスvsFC東京の試合を振り返ってみようと思います。 名古屋グランパスのチーム状況 この試合の名古屋グランパスは宮原、吉田という両サイドバックが欠場のため3バックで試合に挑みました。3バックの一角にはブレイク中の藤井陽也が入りました。彼はめちゃくちゃ良い選手だと思います。間違いなく大事に育てていくべきです。 試合内容 試合の全体的な構図としては名古屋がボールを保持し中央突破からのゴールを狙う。FC東京はまず守備から入り、ボールを奪ったら素早く前線の永井、ディエゴ・オリベイラに渡してカウンターを仕掛ける。というのが主な…

  • 自己紹介

    こんにちは、からあげです。 今回は簡単に自己紹介をしていきます。 現在僕は愛知県の大学に通っています。普通の大学生です。 趣味はサッカー観戦です。地元のチームである名古屋グランパスの試合はよくスタジアムに観戦しにいきます。最近だと、8月10日に豊田スタジアムで行われた川崎フロンターレとの試合を見てきました。3−0と快勝し、スタジアムの雰囲気も最高でした。 また、FCバルセロナというスペインのチームも好きです。今年の春にスペインへ行き、生でFCバルセロナの試合も見てきました。 最近では、筋トレにもハマっています。家から10分ほどの所に、ジムがあるのでそこに通っています。今では通い始めて約1年が経…

  • ラ・リーガ第15節 アスレティック・ビルバオvsジローナ

    アスレティックスタメン エレリン、カパ、イェライ、ヌネス、デマルコス、ダニ・ガルシア、ベニャ、ウィリアムス、ラウール・ガルシア、コルドバ、アドゥリス。 ジローナスタメン イライソス、ポッロ、ラマーリョ、エスピノサ、フアンぺ、グラネル、ポルトゥ、ポンス、アレイクス・ガルシア、ボルハ・ガルシア、ストゥアーニ 人に対する意識の強いアスレティックの守備 ジローナは後ろから繋いで攻撃をして行く姿勢を見せた。基本立ち位置は3−4−2−1。後ろでの選択肢がなくなっても、一番前には空中戦に長けたストゥアーニがいるので蹴るという選択も用意してある。対するビルバオの守備は4−4−1−1。なのでジローナの両脇のCB…

  • プレミアリーグ第16節 チェルシーvsマンチェスター・シティ

    チェルシースタメン ケパ、アスピリクエタ、ルディガー、ルイス、アロンソ、カンテ、ジョルジーニョ、コヴァチッチ、ペドロ、アザール、ウィリアン マンチェスター・シティスタメン エデルソン、ウォーカー、ストーンズ、ラポルテ、デルフ、B.シルバ、フェルナンジーニョ、D.シルバ、マフレズ、スターリング、サネ シティのボール保持攻撃 チェルシーがハイプレスを仕掛けず、4−5−1のブロックを作ってきたので、センターサークル付近までのボール前進にはそれほど困らなかったシティ。ここからどういう攻撃を仕掛けていくかがポイントになるわけだが、最初の攻撃はセンターバックから同サイドのウイングにグラウンダーのボールをつ…

  • プレミアリーグ第15節 マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナル

    ユナイテッドスタメン デヘア、バイリー、スモーリング、ロホ、ダロト、マティッチ、エレーラ、ダルミアン、リンガード、ラッシュフォード、マルシャル アーセナルスタメン レノ、ムスタフィ、ソクラティス、ホールディング、ベジェリン、トレイラ、グエンドゥジ、コラシナツ、ラムジー、オーバメヤン、イウォビ システムがガッチリ噛み合った立ち上がり ユナイテッドもアーセナルも試合を3−4−3でスタートさせたため、お互いがほとんどオールコートマンツーマンのようになり、立ち上がりということもありボールの落ち着かせどころを見つけるのに苦労する両チーム。 ユナイテッドの解決策 ユナイテッドはボール保持時は3−4−1−2…

  • チャンピオンズリーグ第5節 パリvsリヴァプール

    パリのスタメン ブッフォン、ケーラー、チアゴ・シウバ、キンペンベ、ベルナト、ディ・マリア、ヴェラッティ、マルキーニョス、ネイマール、カバーニ、ムバッペ リヴァプールのスタメン アリソン、ゴメス、ロブレン、ダイク、ロバートソン、ミルナー、ワイナルドゥム、ヘンダーソン、サラー、マネ、フィルミーノ パリの前進vsリヴァプールのプレッシング パリはボール保持時マルキーニョスがCB間に落ちて3枚+ヴェラッティの4枚でビルドアップ。プレッシング時のリバプールはDFライン右からゴメス、ロブレン、ファンダイク、ロバートソン。中盤ラインワイナルドゥム、ヘンダーソン、ミルナー。前線にサラー、フィルミーノ、マネ。フ…

  • チャンピオンズリーグ第5節 PSVvsバルセロナ

    まずはPSVのスタメン。ズート、ダンフリース、シュバーブ、フィアへバー、アンヘリーニョ、ロサーリオ、ヘンドリクス、ロサーノ、ペレイロ、ベルフワイン、デ・ヨング。 続いてバルセロナのスタメン。テア・シュテーゲン、セメド、ピケ、ラングレ、アルバ、ラキティッチ、ブスケツ、ビダル、デンベレ、メッシ、コウチーニョ。 PSVは4−4−2で守備をスタート。デ・ヨングが前に出てブスケツにマークをつき、同数にすることもある。それを見たブスケツはCB間に落ちて相手のツートップに対して3vs2でボールを保持する。2トップの脇にラキティッチあるいはビダルが落ちてきてボールを受け取り、前進を試みるがPSVのスライドが早…

  • チャンピオンズリーグ第5節 PSVvsバルセロナ

    まずはPSVのスタメン。ズート、ダンフリース、シュバーブ、フィアへバー、アンヘリーニョ、ロサーリオ、ヘンドリクス、ロサーノ、ペレイロ、ベルフワイン、デ・ヨング。 続いてバルセロナのスタメン。テア・シュテーゲン、セメド、ピケ、ラングレ、アルバ、ラキティッチ、ブスケツ、ビダル、デンベレ、メッシ、コウチーニョ。 PSVは4−4−2で守備をスタート。デ・ヨングが前に出てブスケツにマークをつき、同数にすることもある。それを見たブスケツはCB間に落ちて相手のツートップに対して3vs2でボールを保持する。2トップの脇にラキティッチあるいはビダルが落ちてきてボールを受け取り、前進を試みるがPSVのスライドが早…

  • チャンピオンズリーグ第4節 ナポリvsパリ

    まずはナポリのスタメン。オスピナ、マクシモビッチ、クリバリ、アルビオル、ルイ、アラン、ハムシク、ファビアンルイス、カジェホン、メルテンス、インシーニェ。前回のパリ戦とスタメンは同じ。 続いてパリのスタメン。ブッフォン、ケーラー、チアゴシウバ、マルキーニョス、ベルナト、ムニエ、ドラクスラー、ヴェラッティ、ディマリア、ネイマール、ムバッペ。ブッフォン、チアゴ・シウバが復帰。前回は途中から3バックだったが、今回はスタートから3枚にして来た。ラビオの代わりにドラクスラーがスタート。カバーニが怪我の影響でベンチスタートのこと。中盤以降の立ち位置は試合を見てからではないとわからないスタメンとなった。 パリ…

  • チャンピオンズリーグ第4節 インテルvsバルセロナ

    インテルスタメン。ハンダノビッチ、ヴルサリコ、デフライ、シュクルニアル、アサモア、ベシーノ、ブロゾビッチ、ポリターノ、ナインゴラン、ペリシッチ、イカルディ。カンプノプで行われた試合からはダンブロージオ、ミランダ、バレロ、カンドレーバから4人代えてきた。コウチーニョが内側に入った時のジョルディ・アルバへの対応、ブスケツへの対応あたりが注目ポイント。 バルサスタメン。シュテーゲン、ロベルト、ピケ、ラングレ、アルバ、ブスケツ、ラキティッチ、アルトゥール、デンベレ、スアレス、コウチーニョ。バルサは前回対戦からラフィーニャをチェンジ。 立ち上がりのインテルは相当な勢いを持ってプレッシングをかけてきた。守…

  • プレミアリーグ第11節 アーセナルvsリヴァプール

    まずはアーセナルのスタメン。レノ、ベジェリン、ムスタフィ、ホールディング、コラシナツ、トレイラ、ジャカ、ムヒタリアン、エジル、オーバメヤン、ラカゼット。 続いてリヴァプールのスタメン。アリソン、アーノルド、ゴメス、ファンダイク、ロバートソン、ミルナー、ファビーニョ、ワイナルダム、サラー、フィルミーノ、マネ。 アーセナルのビルドアップは2CB+ジャカとトレイラの4人で行われ、サイドバックが高い位置を取る。対してリヴァプールの守備はウイングの二人が相手SBについて行くのではなく、背中でコースを消しながら高い位置を保つ。こうすることでボールを奪った後カウンターの時に人数を多くすることができる。もし浮…

  • チャンピオンズリーグ第3節 パリ・サンジェルマンvsナポリ

    まずはパリのスタメン。アレオラ、ムニエ、キンペンベ、マルキーニョス、ベルナト、ヴェラッティ、ラビオ、ムバッペ、ネイマール、ディ・マリア、カバーニ。 続いてナポリのスタメン。オスピナ、マクシモヴィッチ、アルビオル、クリバリ、ルイ、ハムシク、アラン、ファビアン・ルイス、カジェホン、メルテンス、インシーニェ。 ナポリは4-4-2で守備をスタート。パリはボランチ二枚に加えてディ・マリアがボール前進を助ける。 ナポリのボール保持攻撃は大外レーンをルイ、カジェホンで確保して、インシーニェ、ファビアンがそれぞれハーフスペースにポジショニング。 パリは守備時カバーニとムバッペがツートップ気味にポジショニングす…

  • チャンピオンズリーグ第3節 ドルトムントvsアトレティコ・マドリー

    まずドルトムントのスタメン。ビュルキ、ピシュチェク、ディアロ、ザガドゥ、アクラフ、ビツェル、デラネイ、ヴィツェル、プリシッチ、ロイス、ゲッツェ。 アトレティコのスタメンはオブラク、ファンフラン、ゴディン、リュカ、フィリペルイス、レマル、トーマス、サウール、コケ、コスタ、グリーズマン。 ドルトムントの守備ブロックは4-4-2で形成。あまり積極的に前プレを仕掛けることはなく、ゾーンディフェンスの基本を忠実に再現。ボールを持たされるとアトレティコ的には厳しい。 一方アトレティコの守備はがっつり前から捕まえに行く。ツートップをそのままドルトムントのツーセンターにぶつけてサイドに誘導、サウールが前に出て…

カテゴリー一覧
商用